サラ番2 ゲーム数。 【サラ番】ゾーン狙いしたら頂ラッシュ初期ゲーム数110G!!事故の気配がムンムンしますね!

【サラ番2】モードと直撃どっちが大事、お宝台を拾うためにお宝台を捨てたよ

サラ番2 ゲーム数

モード サラリーマン番長2のモードは全部で3つあります。 通常A モードA 、通常B モードB 、天国の3つです。 モード別の高確B ボーナス当選しやすいゾーン それぞれのモードで高確Bに期待できるゲーム数が違います。 モード別の高確B突入期待度は下記です。 天井は799G モードB:100・300の前半で必ず高確Bに突入。 同様に、モードAでも100や300Gで雫ステージに行く可能性がある。 モード移行率 追記 設定 モードA モードB 天国 1 76. 設定が1or6なら使えそうですが、2or6の配分ならこれだけで判断するのは少し難しそうです。 ゲーム数毎のボーナス期待度 引用元: 特徴としては下記です。 200Gと比較すると 400Gのゾーンが弱い。 500G台での当選もそこそこ期待できるため、モードBの割合も比較的高い。 天井恩恵 通常Aの天井に隠された恩恵あり 、天井狙い目 天井ゲーム数 モード 天井 A 799G B 561G 天国 99G 天井恩恵 天井到達時はボーナス確定ですが、通常Aの天井 799G 到達時にはさらなる恩恵があります。 その恩恵は 初期継続率優遇 初期漢気ポイント優遇 です。 モードAの天井 799G でボーナスに当選した場合は ハンコがMAX状態になります。 この恩恵は想像以上に強い恩恵です。 これに関しては期待値見える化のだくおさんが出しているに詳しく記載されていますので、そちらをご覧ください。 天井期待値の詳細やこの恩恵によって期待枚数が何枚増加するか詳しく記載されています モードAの天井に恩恵があるおかげで、思ったよりも天井狙いをしやすい機種であることが判明しました。 逆に、全体の機械割は変わらずに、天井に恩恵があるということは他にしわ寄せがきます。 通常Aの450Gと通常Bの210Gでは天井までのゲーム数はほとんど同じですが、天井恩恵がある分、前者の方が期待値が高いことにご注意ください。 この恩恵についてはもっと話題になっても良いと思いましたが、全く話題にすらなっていません。 ハンコがボーナス確定画面でいきなりMAXになる演出は違和感しかありませんが、多少違和感を感じてもほとんどの人は気にも止めないと思います。 番長3の15ベル天井も最初は発表されていませんでしたが、隠されていました。 こういう隠された天井恩恵とかはすごく面白いと思ったので、メーカー側も積極的に取りいれて欲しいです。 打てないと思っていたのが、実は打てましたってなる瞬間がたまらねえんだw 天井狙い目ゲーム数 380GからボーナスorAT当選まで打つ。 モードA抜けの440Gでも天井恩恵と600Gのゾーンが強いため、ここでやめずに必ず打ち切りましょう。 やめ時 やめどきを考える上で覚えておくべき重要な演出があるので、それらを説明してから詳細なやめどきを設定していきます。 シャッター演出 ボーナス終了後、AT終了後にシャッター演出が発生しますが、これでモードを示唆しています。 3つのパターンあり ロゴなし ロゴあり 白黒 ロゴあり 色付き モード別のシャッター演出振り分けは下記です。 この条件なら色付であれば68. 追記 モード移行の解析が出ましたので、改めて計算し直しました。 下記が解析を使った正式版 1 設定1 :モードA:76. シャッター モードA モードB 天国 ロゴなし 84. シャッター モードA モードB 天国 ロゴなし 71. モードBが確定している状況でも100Gからはほとんど期待値がないので、色付の場合も天国確認後やめか、モードBの100Gのゾーンだけ回して止めが良いと思います。 即営業会議 シャッター演出後、即営業会議から始まる場合があります。 この場合、天国の期待度がUPする可能性があります。 解析待ち 実践では高設定で2回だけ確認しましたが、どちらもモードBでした。 これに関しては解析待ちですが、天国のみを回しても良い気がします。 天井恩恵と600Gのゾーンが強いことでモードAが確定した400Gのゾーン抜けでも十分に期待値があるので、ここでやめないようにしましょう。

次の

サラリーマン番長2(サラ番2) 設定判別 設定示唆 終了画面

サラ番2 ゲーム数

2014年にホールデビューを果たし、今なお多くのプレイヤーから支持を得ている「押忍! サラリーマン番長」の続編が、約6年の時を経て激動の6号機市場に参入! 出玉増加のカギとなるAT「頂RUSH」は1Gあたり約3. 注目ポイントとして挙げたいのは、誰しもが1日に1回は引きたいと思っていたであろう上乗せ特化ゾーン「頂SRUSH」への突入率で、こちらは前作比で約10倍にまでアップしている。 より身近になった頂SRUSHは性能が低くなった訳ではなく、AT中の大目標である「残り差枚数300枚到達」を達成するために欠かせないファクターとなっているため、前作以上に重要な特化ゾーンと言っても過言ではない。 告知タイプは轟・鏡・操の3種類が用意されているが、いずれも抽選内容は変わらない。 青7BBは消化中の継続率上乗せ抽選が大幅に優遇されているため、赤7BBよりもAT突入期待度が高くなっている。 7揃いはAT確定!! 金シャッターが閉じればAT確定!! 黄文字企業名出現で特定設定以上確定!! 決算ボーナス消化中は画面右側に様々な企業名が表示されるのだが、黄色文字の企業名からスタートした場合は特定設定以上が確定する( 頂総決算ボーナス中は黄文字企業の表示なし)。 黄文字の企業名は 決算ボーナス1G目かつ肉のマサムネから順番に表示されていくため、いきなり風呂屋剛衛門や青山モータースが表示される可能性はナシ。 また、企業名が全て表示された後は2周目に突入するが、内容は1周目と変わらないのでわざわざ手を止めて確認をする必要はない。 BB中の3戦突破や赤7揃いなど、メインルートから当選したATのセット数振り分けは上表の通りで、3セットが選択された場合は設定5の可能性が大幅にアップ。 AT後の引き戻しゾーン中に 自力でATを引き戻した場合はセットストックが消費されないため、チャンス役を引いた際は注意しよう。

次の

サラ番2の天井狙い目、ヤメ時など。勝つために必要なことだけ凝縮!

サラ番2 ゲーム数

201~232、401~432,601~632,801~832Gのが熱い• レベル2確定のゲーム数がありますが、解除率が低いので無視• 251~、451~、651~、851~も熱いテーブルがあります。 701~732Gで解除しやすいテーブルがあるのでここでの解除を通常Bと間違えないようにしましょう。 101~132、301~332,501~532,701~732、901~932Gが熱い• レベル2確定のゲーム数がありますが、解除率が低いので無視• テーブルによって熱いゲーム数が異なるので見抜く事は難しい• 詳細は分からないですが、テーブル1からテーブル2に以降があれば見抜くことは可能です。 通常A特徴同様に100G台が偶数ゲームが熱い• 普通に考えると、高設定になるほど解除しやすいテーブルに移行すると思います。 今回の解析で重要な事は、設定変更時のテーブルの特徴です。 100G台が偶数のテーブルはレベル5確定です 設定変更時はかなり狙い目になります。 また、 剛天ステージはレベル3~5Lvの高確の可能性が高いようです。 これによって、テーブルを見抜ける場合もあるかもしれません。 (現状の解析では、見抜けても設定推測は出来ませんw) 正直前作より複雑なゲーム性になっています。 通常Aでもテーブルによっては、700G台でゲーム数解除もあります。 これは気を付けた方がいいですね。

次の