ポケモン 耐久型。 耐久ポケモン対策にオススメのポケモン・戦術まとめ

【ポケモン剣盾】ウインディの型紹介①物理耐久型②チョッキ型③アタッカー型④物理特殊両受け型【ウインディ育成論】

ポケモン 耐久型

6月12日8時から15日22時まで『』の伝説レイドバトルに登場している「 ラティアス」の使い道を紹介します。 今回の記事では、ラティアスの使い道について紹介します。 ・覚える通常技• りゅうのいぶき(ドラゴン)• しねんのずつき(エスパー)• あまえる(フェアリー) ・覚えるゲージ技• げきりん(ドラゴン:2ゲージ)• サイコキネシス(エスパー:2ゲージ)• かみなり(でんき:1ゲージ) ラティアスの使い道は? ラティアスの使い道を紹介します 通常技のあまえるが非常に強力 ラティオスと大きく違う点として、通常技として「 あまえる」を習得可能。 「かくとう」「ドラゴン」「あく」のポケモンに対して非常に有利に立ち回ることが可能になりますし、 高威力を生かして通常技で押し切るという立ち回りも可能になるので、バトルの主導権を握ることも。 特に、ハイパーリーグやマスターリーグの常連ポケモンである ギラティナや、 はがねタイプ対策として選出されることの多いかくとうタイプポケモンに対して非常に強く出られるので、手持ちポケモンが少ないトレーナーさんにとっては、勝率アップの為の要にもなり得るポケモンかも(自身もドラゴンタイプやゴーストタイプの技で弱点を突かれてしまうので注意は必要)。 高威力のゲージ技をタイプ一致で使用可能 ラティオスはタイプ一致のゲージ技として「 げきりん」と「 サイコキネシス」を習得可能。 ジムバトルやレイドバトルで使用する場合、りゅうのいぶきやしねんのずつきで一気にゲージを溜めて、ゲージが溜まり次第ガンガン使用すればかなりのダメージを与えることが可能。 ドラゴンタイプの手持ちが少ないトレーナーさんにとっては、 お手軽高火力アタッカーとしての運用も可能です。 ラティオスは防御ステータスも高く、 長く場にとどまることで総ダメージ量も伸ばしやすいですよ。 GOバトルリーグやロケット団とのバトルで使用する場合、どちらも高威力ですがやや重めの技ではあるので、使うタイミングが少し難しいのがネック。 シールドを削り切った後半戦であれば確実に技をヒットさせることが可能(しかも防御力が高いのでゲージ使用前に倒されてしまうことが少ない)なので、ここぞというタイミングで使用してみましょう! 高い防御ステータスを持ってるのでトレーナーバトル向けの性能 上記でも触れましたが、ラティアスは 非常に防御ステータスの高いポケモン。 GOバトルリーグでは 攻撃力よりも耐久力が重視されるシーンも多く、ある程度ステータス厳選をした(ハイパーリーグでは攻撃ステータスが低く、防御とHPが高い個体が理想。 マスターリーグではとにかくステータス重視。 スーパーリーグではCPの関係で基本的には採用不可)個体であれば、バトルの主導権を握ることも可能。 上記でも紹介した通り、 げきりんやサイコキネシスなどの重い技がメインとなるので、シールドが無くなったタイミングを見計らって使用するのがコツかも(シールドを使わせる為に、あえてシールドがあるタイミングで使うという考え方もありますがケースバイケースですね)。

次の

【ポケモン剣盾】ウインディの型紹介①物理耐久型②チョッキ型③アタッカー型④物理特殊両受け型【ウインディ育成論】

ポケモン 耐久型

Contents• スーパーリーグで強い耐久型ポケモンはブラッキー? ポケモンGOでの トレーナーバトル 対人戦 スーパーリーグで活躍できる ポケモンの中では高ステータスで 技が強力なポケモンが 使いやすいポケモンといえます。 しかし、戦略上パーティに入れると 活躍できるポケモンとして 耐久型のポケモンが挙げられます。 イーブイの進化形である ブラッキーはその代表格で 技は強力でないものの 耐久力高く、バランスの良い ポケモンといえます。 ポケモンGOの対人戦スーパーリーグで活躍する耐久型ブラッキーのスペックは? ブラッキーは あくタイプののポケモンですが 今までのジム戦、レイドバトルでは 活躍の場があまりありませんでした。 今回の対人戦スーパーリーグで ブラッキーが活躍するための最適技と スペックをご紹介していきたいと思います。 240 というスペックになっており ブラッキーは 攻撃が低めではあるものの バランスの良いステータスで 防御値が高いため耐久度が 非常に高いポケモンです。 最大CPは2137ですので スーパーリーグで使用する場合は スーパーリーグの 規定であるCP1500以下に調整し、 強化の際には必ず確認するように ご注意ください。 また、 ブラッキーのタイプ相性は以下のようになっています。 391 以上が ブラッキーの基本スペックになります。 スーパーリーグで強いブラッキーの使い方は? ブラッキーの使い方としては 耐久型で相手の技を 受けることが出来るため 相手の出方をみるための 偵察、様子見の役目が出来ます。 高耐久度を誇る ブラッキーは 先鋒として使用して 相手のシールドを消費させるという 戦略をとる場合には かなり使えるポケモンといえるでしょう。 また、あく技はほとんどのタイプの ポケモンを相手に等倍で通る技です。 ですので、耐久度が高く 粘りながらある程度のダメージを 与えるという事が出来ます。 また、伝説のポケモンの中で スーパーリーグに使用され 猛威を振るっているクレセリア対策としても 非常に有効なポケモンといえるでしょう。 ブラッキーのパーティの組み方としては スーパーリーグ最強といわれる マリルリと組み合わせると 非常に使いやすいのではないでしょうか? ブラッキーはイーブイから イーブイのアメ25個で進化出来るため 育成しやすいポケモンといえるでしょう。 ブラッキーが図鑑に埋まってない時のみ、 進化させるイーブイを「Tamao」 または「タマオ」という名前にすると ブラッキーになりますが すでにこの裏技は使用している方が 多いと思いますので、 進化させたいイーブイを 相棒ポケモンにして 一緒に10km歩いたあとの 「夜時間」にイーブイを進化させて ブラッキーにするようにしましょう。 スーパーリーグでブラッキーが強い最適技構成は? ブラッキーのおぼえる技は あまり強力ではありません。 オススメの技1と技2の 組み合わせとしては 技1だましうち 技2イカサマ の組み合わせか 技1バークアウト 技2あくのはどう という組み合わせが 攻撃力を考えても おススメ出来ると思います。 技3として解放を考えた場合、 とっておきという 2018年8月のコミュニティデイで 捕獲したイーブイがおぼえている技があります。 ノーマルタイプの技のため あくタイプの技とは 差別化が出来るため とっておきの技を持つ イーブイを ブラッキーに進化させて スペシャルアタックを 解放させたいところですが とっておきを持つ個体で スペシャルアタックを解放すると 技が変更できないという報告もあります。 その場合はあくのはどうとイカサマが 選べないので注意が必要です。 スーパーリーグでブラッキーが弱い相手は? ブラッキーはあくタイプのため フェアリータイプ かくとうタイプ くさタイプは苦手です。 スーパーリーグで使用される ポケモンの中では 基本的に ブラッキーの 耐久度が勝るケースが多いのですが 上記3タイプの技をおぼえている ポケモンには注意が必要です。 特に「じゃれつく」をおぼえている マリルリなどには歯が立たないため 交代して ブラッキーは 温存という戦略をとることに なると思います。

次の

耐久型のおすすめ|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

ポケモン 耐久型

火力も受けポケモンの中では高い方なので、攻撃していけるのも優秀だ。 くろいきりで積み技をケア くろいきりを搭載すれば、相手の積みポケモンに起点にされずに立ち回れる。 こごえるかぜですばやさを下げた後にくろいきりを使うと、すばやさも元に戻ってしまうので注意しよう。 かえんだまで状態異常が効かない かえんだまが発動すれば状態異常が効かなくなる。 しかし、かえんだまが発動する前にどくどくを入れられると、ふしぎなうろこは発動するが毒で削り切られる可能性があるため注意。 サイクル戦だとドヒドイデの方が強い サイクル戦に関しては、同じ耐久ポケモンのドヒドイデの方が使いやすい。 さいせいりょくを持つため、HP管理もしやすいのが特徴。 ドヒドイデとの差別化としては、火力があるため自身でポケモンを倒しにいける点だ。 かえんだま型の対策 ポケモン 立ち回り ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・ちょすいで水技が無効 ・電気技を習得する ・ ミラーコートに注意 ・水技を半減で受けれる ・パワーウィップを習得 ・ ねっとうのやけどに注意 ・氷わざが等倍で入ってしまう ・水技を半減で受けられる ・草技をタイプ一致で撃てる ・ ねっとうのやけどに注意 ミラーコートをケアする ミロカロスはミラーコートを持っていることがある。 特殊技で攻撃すると返り討ちにされるため、ミラーコートをケアしつつ戦うことが必要。 ボルトチェンジからあくタイプに繋げる ミラーコートはエスパー技なので、あくタイプで無効化できる。 立ち回りの一例として、 ボルトチェンジでダメージを入れつつ、あくタイプを出してミラーコートを無効化することも可能。 やけどにならない場合かちきを疑う 1ターン目終了時にやけどが発動しなかったら、かちきを疑って戦おう。 能力が下がると特攻が2段階上昇するため、いかくやダイマックス技などでミロカロスの能力を下げないように気をつけるのがコツだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の