バッテリーが危険にさらされています。 バッテリーの膨張は非常に危険

バッテリー上がり対処で逆接続するとどうなるのか|危険性と対処法

バッテリーが危険にさらされています

パソコンやスマホでネットを利用していると、突然「セキュリティの警告」という表示が出て驚いた経験はないでしょうか?よくあるセキュリティ警告メッセージを挙げてみると、以下のようなものがあります。 セキュリティシステムが破損しています• ウイルスに感染しています• システムのアップデートが必要です• バッテリーが損傷しています(スマホの場合)• このサイトのセキュリティ証明書には問題があります などなど、この他にも色々なセキュリティ警告メッセージがあります。 また、上記と同じ意味合いでも微妙に言い回しが異なるものなど、かなり多くの種類があります。 こうした警告が表示されると、多くの方は「大変なことになった」と動揺することと思います。 しかし、こうしたセキュリティ警告メッセージの多くは偽物です。 上記の例では、一番下の1つを除いてすべて偽物の可能性が高い文言ばかりです。 なぜこのような偽のセキュリティ警告があるのか?• 警告が偽物であるかどうか判別する方法は?• もし本物であった場合の対処法は? この記事では、こうした疑問にお答えするための情報をまとめました。 特に偽のセキュリティ警告においては攻撃者の術中にはまって被害に遭わないためにも、以下の情報をお役立てください。 目次: 1. 「セキュリティの警告」が出たら、まずすること 1-1. 偽の警告であることを疑ってみる ネット利用をしていて突然、セキュリティの警告というメッセージが出たらまず考えていただきたいことがあります。 それは、その警告が偽物である可能性です。 本物と偽物を見分ける方法は次章「2. 偽のセキュリティ警告を見分ける方法」で解説しますが、これまでと同じように利用しているだけなのに見たことがないようなセキュリティ警告が出たら、「偽物なのでは?」と疑ってみてください。 1-2. 警告の文言を調べてみる この記事の冒頭では、以下のようなセキュリティ警告は偽物の可能性が高いと述べました。 セキュリティシステムが破損しています• ウイルスに感染しています• システムのアップデートが必要です• バッテリーが損傷しています(スマホの場合) これらのメッセージに、どことなく共通している点にお気づきでしょうか。 それは、一般のユーザーが不安を感じるようなキーワードが使われている点です。 「破損」「ウイルス」「感染」「バッテリー損傷」などなど、今すぐ何らかの対処をしないと大変なことになると脅しているかのような言葉が目立ちます。 こちらは、実際にWindowsパソコンでネット利用をしていた時に表示された「システム警告」です。 細かいことですが、日付の表記もなぜか1月の部分だけ漢字です。 文言だけでもこれだけ不自然な点があるので、同様の警告メッセージが表示された時には疑いの目で文言を読んでみてください。 1-3. なぜ、セキュリティ警告が表示されるのか考えてみる この警告が出たとき、何をされていましたか?誰もがアクセスするようなメジャーなサイトを見ているだけではこのような警告が出てくる可能性はほぼ無いと思っても良いでしょう。 そのような状況で、わざわざトラップのような仕掛けを作ってこうした偽のセキュリティ警告を表示させることに、どんな目的があるのでしょうか。 最もよくあるのが、前項の事例にある更新ボタンのように何らかのアクションを起こさせて偽のセキュリティソフトをインストールさせることで収益を狙ったり、さらにひどい場合はウイルスに感染させたり、フィッシング詐欺によって個人情報を盗み出す、などの悪事が真の目的です。 そうなると偽のセキュリティ警告が表示されるというのは極めて危険な状態であるとお感じかも知れませんが、偽のセキュリティ警告が表示されているだけでは、まだ被害は発生しませんのでご安心ください。 本物と偽物を見分ける方法を次章で解説しますので、まずはそのメッセージの真贋を確認するまではくれぐれも何もアクションを起こさないようにしてください。 偽のセキュリティ警告を見分ける方法 2-1. セキュリティソフト以外から警告 偽のセキュリティ警告が表示されるタイミングとして、よくあるのが「何らかのサイトを開こうとした時」です。 この場合、攻撃者が偽の警告メッセージを表示させるページを用意しておいて、そこにやってきたユーザーに対してこのページを表示することで不安を煽っているわけです。 そもそも、パソコンやスマホのOSそのものにはこうした警告を発する機能はありません。 セキュリティソフトを導入している人の場合、セキュリティソフトが反応しないようなものに対してブラウザが反応するとは考えにくく、セキュリティソフト以外からのセキュリティ警告は偽物であると考えられます。 セキュリティソフトを導入していない場合は、そもそもこうしたメッセージが表示されること自体が怪しいのです。 例外としてWebブラウザが警告する「危険なサイト」の表示はセキュリティソフトをインストールしていなくても出ることがあります。 ブラウザはウイルスなどのマルウェアを検知することはできませんが、既知の危険なサイトの警告はできるようです。 以下のスクリーンショットはGoogle Chromeで危険なサイトに訪問しようとした際に表示された警告です。 2-2. 警告音が鳴っている 偽のセキュリティ警告には「不安を煽る」という目的があるため、警告音を鳴らすなどのテクニックを悪用することもあります。 先ほどご紹介した事例でも、「ブーブーブー」という大きな音が鳴りました。 その他にも音声合成で「ウイルスに感染しています!」というメッセージを発するタイプや、スマホの場合はバイブ振動を伴うタイプもあります。 セキュリティソフトが発する警告や、ブラウザなどのソフトから発せられる警告が、このような扇情的な挙動をすることはありません。 2-3. 解決方法が不自然 偽のセキュリティ警告に見られる特徴としてもうひとつ押さえておきたいのが、不自然な解決方法です。 セキュリティソフトが何か脅威を検知したのであれば、通常はそのまま自動的に削除されます。 「電話をかける」「ソフトをダウンロード、インストールする」「メールを送る」といった行動を求めてくることは、まずありません。 こうしたアクションを求めているということは偽物である可能性が高く、この指示通りに動くことで攻撃の実害が発生してしまいます。 偽のセキュリティ警告と思われる場合の正しい対処法 3-1. 無視して閉じる 偽のセキュリティ警告が表示された時の正しい対処法は、 メッセージを無視して閉じることです。 不安を煽るようなメッセージを表示している(または警告音などを鳴らしている)だけなので、それを閉じてしまえばメッセージも消えますし、音も鳴らなくなります。 こうした偽のセキュリティ警告に出くわすのはアダルト関係など怪しげなサイトが多いので、もうそのサイトには近寄らないようにしましょう。 3-2. 指示通りに何かをインストールしてしまったら 初めて偽のセキュリティ警告に出くわしてしまった人の中には、そのメッセージの内容ゆえに指示通りにしてしまったという場合もあるかも知れません。 もし指示通りに何かをインストールしてしまった場合は、すぐにアンインストールしてください。 それでも何か残っているのでは?と不安に感じる方も多いと思いますので、その場合はセキュリティソフトでスキャンしておくと安全度が高くなります。 何もセキュリティソフトを導入していない場合は、以下にあるような有名な有料のセキュリティソフトを入れてチェックすることをオススメします。 ウイルスバスター以外のセキュリティソフトはそれぞれ最適化されたファイアウォールを搭載しており、Windowsの内部から外部に向けての通信を監視しているため、無料ソフトと比べて大切な情報が盗まれる可能性は低いと言えます。 ウイルスバスターはWindows標準のファイアウォールをチューンすることでほぼ同様の機能を実現しています どの製品も期限内は有料版と同様の機能が無料で使用できます。 体験版使用にクレジットカード番号などは不要です。 ノートン以外の製品に関してはそれぞれの会社の手順に従ってください セキュリティソフト名 体験版日数 Mac版含む 最大60日間 30日間 30日間 30日間 また、これらの実績のあるセキュリティソフト企業がリリースしているセキュリティアプリであれば、実際に存在する数多くのウイルスを検知してくれます。 ノートン以外の製品についてはそれぞれの会社の手順に従ってください。 3-3. 脅迫めいた文言に恐れる必要はありません 何らかのソフトをインストールさせたり、どこかのサイトにアクセスさせたりする手口以外に、「電話をかけさせる」「メールを出させる」「お金を振り込ませる」などを指示してくる場合もあります。 言うまでもありませんが、こうした指示に従ってはいけません。 そうしない場合は「ウイルスの感染を止められない」「重大なファイルの破損がある」など脅迫めいた文言を表示しているケースもありますが、すべてただの脅しなので無視してください。 セキュリティ警告が本物の場合の対処法 4-1. (Android)このサイトのセキュリティ証明書には問題があります。 「このサイトのセキュリティ証明書には問題があります。 」というセキュリティ警告が表示され、特に何らかのアクションを求めていない場合は本物である可能性大です。 これはサイト側の問題で、このメッセージにもあるようにセキュリティ証明書が期限切れになっていたり、まだ有効でないことなどが原因です。 ユーザー側の問題ではないのでそのまま続行しても基本的に問題はありません。 4-2. このWebサイトで提示されたセキュリティ証明書は、信頼された証明機関から発行されたものではありません。 「このWebサイトで提示されたセキュリティ証明書は、信頼された証明機関から発行されたものではありません。 」という警告が表示された場合、こちらも原因はサイト側にあります。 セキュリティ証明書は自己署名によって自作することもできますが、それは認証局事業者の認証を得ているわけではなく、自分で「私は安全です」というオリジナルの証明書を発行しているようなものです。 そうしたセキュリティ証明書を使用しているサイトにアクセスしようとすると、この警告メッセージが表示されます。 サイト側のセキュリティに対する甘さも原因の一端なので、個人情報を入力するような利用は避けた方が良いでしょう。 4-3. セキュリティで保護されたWebページ コンテンツのみを表示しますか? httpという通常の通信とhttpsというセキュリティの高められた通信が混在しているページにアクセスしようとすると表示される警告メッセージです。 こちらもサイト側の問題で、普通にページを見るだけであればセキュリティ上の致命的な問題があるわけではありません。 「はい」「いいえ」を選べるので、「はい」を選択するとメッセージの通り、セキュリティ保護された部分だけが表示されます。 仮に画像だけがセキュリティ保護されていない場合は、画像だけが抜けた状態で表示されます。 httpとhttpsについては以下の記事をご参照ください。 まとめ ここまで偽物、本物のそれぞれにおいてよく表示される警告メッセージをご紹介した上でその真贋や対処法を解説してきました。 ほとんどの方が、何らかのメッセージを見たことがあるのではないでしょうか。 厄介なのはセキュリティ警告に本物と偽物が混在していることですが、この記事の情報を活用してちゃんと見分けることができて、指示に従ってしまうことさえなければ必要以上に恐れることはありません。 偽のセキュリティ警告に騙されて攻撃が本物になってしまわないよう、くれぐれもご注意ください。 , あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。 「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。 この方法は、以下のようなメリットがあります。 ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン• ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出• 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除 ノートンセキュリティは30日間 最大60日間 無料で最新版がご利用いただけます。 今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。

次の

車のバッテリーの危険性

バッテリーが危険にさらされています

甲斐寿憲のキニナルモバイル: 今やITはビジネスにプライベートに不可欠なもの。 特にスマートフォンやタブレット、ノートPCといったモバイル関連は、現代人にとって必須アイテムになりつつある。 日常のニュースや何気ない雑談の中にも、モバイルの話題をすることも増えてきているはず。 本連載ではモバイルを中心とした気になる話題をライターの甲斐寿憲がメーカーや開発者、ユーザーに直撃取材をし「実際にどうなのか?」を検証を交えて紹介。 今話題の人気の製品、気になるメーカーの動向を分かりやすく紐解いていく。 ひょっとすると、そこに新たなビジネスチャンスのヒントが隠れているかもしれない。 ぜひ、大人のITスキルの一貫として役立てていただきたい。 気がつけば2016年も残りわずかということで、今年もまた年末年始がやってくる。 年末年始といえば仕事や家事が忙しくなる季節だが、それ以上に帰省など外出の機会が増える時期でもある。 「飲み会の途中でスマホのバッテリーが切れた」「帰省途中で充電ができる場所が見つからない」といった経験をした人も多いのでは。 この電池の蓄電容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で示される。 また、低価格のモバイルバッテリーには注意が必要だ。 安い商品=「旧製品」または「途上国で生産されて輸入された製品」と考えていいだろう。 特に注意が必要なのは、メーカー名のない激安モバイルバッテリーだ。 「激安モバイルバッテリーを分解したら、中身の半分以上は砂袋が詰まっていた」「実測してみると表記の半分以下の容量しか充電できなかった」といった粗悪品が、SNS上で話題になっていた。 さらに、モバイルバッテリーは蓄電するので「危険なモノ」でもあることも認識しておく必要がある。 最近ではスマホ「Galaxy Note 7」の発火事件によって、内蔵バッテリーの危険性が認知されつつあるが、モバイルバッテリーも同様にバッテリーを搭載した製品である。 メーカー名のない製品は注意が必要だ。 関連記事• 派手なファッションに身を包み、喜怒哀楽はあまり見せない。 アイドルであるにもかかわらず、ときに変顔をする。 そんな「きゃりーぱみゅぱみゅ」が、なぜ人気があるのだろう? と疑問を感じている人も多いのでは。 彼女がブレイクした理由を、キャズム理論で分析したところ……。 「PCを使ったことがない」という新社会人が増えてきている。 「若い人のほうがITスキルは高い」と思っている人が多いと思うが、なぜこうした現象が起きているのか。 理由を探っていくと……。 格安スマホ「FREETEL(フリーテル)」がよく売れている。 FREETELを製造・販売しているプラスワン・マーケティングは、いまの状況をどのように見ているのか。 同社の大仲常務に話を聞いた。 多くの人が「早く欲しい」「新しい機能を使ってみたい」と思っているだろうが、そもそもなぜ日本人はiPhoneが好きなのか。 世界に目を向けると……。 PC市場の縮小が止まらない。 米ガートナーなどの調べによると、この4年でPC出荷台数は1億台以上も減少、市場規模は約3分の2になってしまった。 このままこの市場は縮小の一途を辿るのだろうか……?• かつて「メアド教えて」と言われたら、教えるのはiモードに代表されるケータイメールだった。 しかし今や携帯電話メッセージの主役はLINEに取って代わられている。 2013年の1月、ある象徴的な出来事があったのだ。

次の

バッテリー上がり|雨の日は危険?正しいケーブルのつなぎ方

バッテリーが危険にさらされています

フィッシングと不正なソフトウェアの検出はデフォルトでオンになっています。 検出がオンのときには、以下のようなメッセージが表示されることがあります。 このいずれかのメッセージが表示された場合は、そのサイトにアクセスしないことをおすすめします。 アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました: アクセスしようとしているサイトは、パソコンに不正なソフトウェア(マルウェア)をインストールしようとする可能性があります。 偽のサイトにアクセスしようとしています: アクセスしようとしているサイトは、フィッシング サイトの可能性があります。 不審なサイト: アクセスしようとしているサイトは、安全でない不審なサイトの可能性があります。 この先のサイトには有害なプログラムがあります: アクセスしようとしているサイトは、ユーザーをだまして、ウェブ ブラウジングの際に問題を引き起こすプログラムをインストールさせようとする可能性があります。 このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています: アクセスしようとしているサイトは安全ではありません。 もしかして: [サイト名] またはこのサイトは正しいですか?: アクセスしようとしているサイトは、意図したサイトと異なる紛らわしいサイトの可能性があります。 重要: ダウンロードは慎重に行ってください。 サイトの中には、ウィルスに感染しているというメッセージを表示して、有害なソフトウェアをダウンロードさせようとするものがあります。 有害なソフトウェアをダウンロードしないよう注意してください。 安全でないサイトを表示する 警告が表示されたページにアクセスすることは可能です(ただしおすすめはしません)。 偽のサイト(「フィッシング サイト」、「ソーシャル エンジニアリング サイト」などとも呼ばれます): 虚偽のウェブサイトなどを介し、ユーザーをだましてオンラインで危険な操作(パスワードや個人情報の入力など)を行わせようとするサイトです。 危険なサイト(「マルウェア サイト」、「迷惑ソフトウェアの配布サイト」などとも呼ばれます): パソコンに危害を加えたり、ウェブ ブラウジングの際に問題を引き起こしたりする可能性のあるサイトです。 方法をご覧ください。 Google セーフ ブラウジング: Google では、ユーザーを危険なウェブサイトから保護するため、不正なソフトウェアやフィッシングの危険性があるウェブサイトのリストを管理しています。 また、サイトを解析し、危険なサイトと判断した場合は警告を表示します。 職場や学校の Chromebook を使用している場合: すでにネットワーク管理者がフィッシングや不正なソフトウェアの検出を設定している可能性があります。 その場合、この設定は変更できません。

次の