宿命意味。 「宿命」と「使命」の違いとは?分かりやすく解釈

宿命(しゅくみょう)

宿命意味

宿命と運命はどちらも自分の意志に関わらずやってくる避けて通れないものという意味です。 しかし、宿命が生まれる前に決まるのに対して、運命は生まれた後に決まります。 「宿命」をもっと詳しく 宿命とは自分の意志に関わらずやってきて、避けて通れないもののうち、生まれる前に決まるものを指します。 そして、生まれる前に決まってしまうため、まったく変えることはできませんし、避けて通ることはできません。 ちなみに、宿命の「宿」は「前世からの」という意味を表します。 そして、宿命の例としてはやがて死ぬこと、家族や貧富などの生まれた時の環境、身長や顔など身体の特徴、運動神経などの才能などがあります。 つまり、生まれてからの努力で変えるのが難しいものを宿命と言うわけです。 また、みなさんの中には性格は変えられると思っている方も多いと思いますが、性格はある程度遺伝によって決まっていて、大きく変えることは難しいので、これも宿命と言えるでしょう。 そのほかにも、実は勉強の得意、不得意も半分以上、遺伝によって決まっています。 これは生まれてからの努力によってある程度変えることはできますが、ある程度宿命だと言うことができるでしょう。 「運命」をもっと詳しく 運命とは自分の意志に関わらずやってきて、避けて通れないもののうち、生まれた後に決まるものを指します。 生まれた後に決まるため、運命はその人の行動次第で変えることができます。 ただ、予測はできないので、やっかいです。 また、避けられないものもありますが、運命の中には避けることができるものも存在します。 ちなみに、「宿命のライバル」という言葉がありますが、ライバルというものは自分が望めば避けることできるので、どちらかというと「運命のライバル」という表現のほうが適切でしょう。 ただ、これは避けられないという意味を強調するために「宿命」という単語を採用しているのかもしれません。 そして、運命の「運」とは巡り合わせのことを表しています。 また、一般的にはこのように用いますが、実は運命という言葉の意味には「宿命」の意味が含まれているため、広い意味では宿命も運命の一種だと言うことができます。 まとめ 以上、この記事では、「宿命」と「運命」の違いについて解説しました。

次の

宿命数(覚醒数)とは?計算方法と各数字の意味・有名人[数秘術]

宿命意味

宿命と運命の違い 宿命と運命の違いを分かりやすく言うと、 宿命は前世の行いによって定められている命に宿った運であり、運命は自然界の巡り合わせによって現れる人間の運勢であるという違いです。 また、 宿命は命や魂に宿っているものであり、変えることが出来ないとされていますが、運命は前世の行いとは関係せず、自分の強い意志によって変えることが出来るものであるとされています。 宿命というのは、前世の自分の行いによって生まれる前から背負っているものであるとされています。 例えば、前世で良い行いをした人は、今生でも良い環境のもとに産まれるというようなものです。 人間というのは、前世の記憶を持ち合わせることは出来ないものです。 そのため、前世の自分の行いが良かったのか悪かったのかは、わかりません。 しかし、今世の行いが来世の自分の宿命を決めるのだと考えることにより、今生で良いことを行おうという志を持つことは出来ます。 宿命という言葉は元々は仏教用語であり、今世で良い行いをして、来世へ魂を繋げていこうという意味を持っています。 対する運命というのは、自分の前世での行いなどには関わらず、自然界の現象によって引き寄せられる人間の幸不幸のことを意味しています。 天地や人体を貫いて存在すると言われている運気の流れのことを運命と表現したりもします。 例えば、星占いなどでわかるのが、人の運命です。 これは星の並びやその人の生まれた月日などを照らし合わせて運を読み解くものです。 このように、運命の場合には、先を予測することが可能である場合もあります。 先を予測することで、運命には対応することが出来ます。 つまり、運命というのは、自分の力で変えることが出来る場合もあるとされているものです。 また、天の巡り合わせのようなものでもあり、偶然とも思える出来事がきっかけで運命の出会いをすることもあります。 そのような場合には「運命の赤い糸」「運命の人」などと呼ばれたりもします。 宿命の意味 宿命とは、 命に宿っていて生まれる前の世から定まっている人間の運のことを意味しています。 宿命というのは、漢字の通り「命に宿っている」という意味を持つ言葉です。 前世からの因果に関わるものであり、今を生きるその人自身には関係のないものです。 宿命というのは、元々は仏教用語であり、前世におけるその人の善悪の所業によって決まるものであるとされています。 前世の自分が良い行いをしていたか、それとも悪い行いをしていたかによって、今生の自分の運勢も決まるという考え方です。 そのため、宿命というのは生まれる前からその人の魂が持っているものとされています。 類語としては「定め」(読み方:さだめ)や「宿運」(読み方:しゅくうん)という言葉があります。 このように「宿命」というのは、現在の行いによって、次に生まれ変わった時の運まで決まってしまうという考え方により、来世で苦労をしないように、今生で良いことを積み重ねましょうという仏教の教えのひとつであると言えます。 つまり宿命というのは、自分の力では変えることの出来ないものであるけれど、自分の魂の責任であると言うことも出来るものです。 前世の自分の行いによってもたらされた、今生の自分の運のことを宿命と呼ぶのだと覚えておくようにしましょう。 宿命の「宿」という字を使った言葉としては、前世からの因縁を意味する「宿世」、年老いて経験を積んだ老巧な人を意味する「宿老」、勤務者が泊まり込みで夜の警備に当たることを意味する「宿直」などがあります。 運命の意味 運命とは、 自然界の現象によって現れる人間の運勢のことであり、人間の意志を超越して人に幸や不幸を与えるものを意味しています。 運命というのは、人間の身の上にめぐる運気のことを意味しています。 前世とは関係なく、今生の自分に関わることです。 運命というのは、自然界の現象によって引き寄せられる運勢のことであり、天地や人体を貫いて存在する大きな力であると考えられています。 運命というのは占いなどの結果として用いられる「運勢」(読み方:うんせい)と同じような意味を持つものです。 つまり、運命というのは、星や月の動きと生まれた月日などを組み合わせることによってある程度見つめることの出来る運の流れであるとも言えます。 予見できる場合もあり、昔は占いによって導かれる運命によって、都の場所を定めたりもしていました。 このように「運命」というのは、ある程度予測したりすることが出来るものであり、また場合によっては回避することが出来るものである可能性があります。 宿命とは違い、前世の自分の行いとは関係のないものです。 運命の類語としては「運勢」や「天命」(読み方:てんめい)などがあり、もっと分かりやすい言い方をすると「巡り合わせ」などと表現することも出来ます。 運命とは、前世とは関係なく、今世の自分に降りかかるもので、人間の意志を超えて幸運や不幸を与えるものであると覚えておくようにしましょう。 一般的に運命は意志の力で変えることが出来るということも覚えておくと良いでしょう。 運命の「運」という字を使った言葉としては、運がよいことや巡り合わせがよい様を意味する「幸運」、物事がある方向に進もうとする傾向を意味する「気運」、戦いの勝ち負けの運命や武士、軍人としての運命を意味する「武運」などがあります。 宿命の例文 5.その人が何歳まで生きられるのかというのもまた、宿命的な問題なのかもしれない。 この言葉がよく使われる場面としては、生まれる前、前世より定められているその人自身の持っている運のことを表現したい時などが挙げられます。 宿命というのは、生まれながらに決まっているもので、その人の命に宿った状態であるものを言います。 例えば、宿命という言葉は、例文3のように「宿命のライバル」や「宿命の相手」などの表現でよく使用されるものですが、これは前世からライバルであっただろうと思われるほどに、因縁が深いということを意味しています。 宿命というのは、その人の魂に宿っているものなので、自分自身の意志で変えることの出来ないものです。 人間は陸上で生きるのが宿命であり、水中では生きられないように、変化させることが出来ないものを「宿命」と呼びます。 運命の例文 5.彼の人生は数奇な運命を辿ることになる。 この言葉がよく使われる場面としては、人間の意志の力を超えて、自然界の現象によって現れる人間の幸不幸の運勢のことを表現したい時などが挙げられます。 運命というのは、その時々の自然界の流れによって決まるものであり、前世とは関係ありません。 運命という言葉を使う場合には例文3のように「運命の悪戯」と表現したり、例文4のように「運命の人」と表現したりします。 これらの「運命」というのは、前世から決められていたものではなく、自然の流れによって結びついたという意味を持ちます。 人間が皆持っている、人生の大きな運の流れによる巡り合わせが「運命」というものです。 運命は自分の強い意志で変えることが出来るとされることもあります。 例えば、不幸な運命に見舞われても、それに負けずに良い方向に運命を持っていくことが出来るという考え方です。

次の

「宿命」と「運命」「使命」「宿業」の違いとは?

宿命意味

自分が進むべき道は?あなたが生まれてきた意味、人生の目的を知るための方法について 自分が生きている意味、生まれてきた宿命とはどのようなものでしょうか? 何かそこに生きる意味があるのだとしたら、それはどのようなものなのでしょうか? それがわかれば、もっとあなたの人生ははっきりと進むべき道が見えてきます。 自分が生まれてきた意味、そしてこれから生きていく意味や人生の目的を自分で知るためのとっておきの方法をご紹介します。 人生にはいろいろな時があります。 嬉しい時も悲しい時も全てにあなたが成長するために意味があるものです。 その意味さえわかればどんな苦しいことがあっても乗り越えていける力を身につけることができるでしょう。 なんのために生まれ、なんのために生きるのかということを知る方法をお伝えします。 辛い時は自分の本当の生き方を見つけるチャンス 生きていると、辛いこと苦しいこと、悲しいことから避けることはできません。 仏教の教えでは「人生とは苦しみそのものだ」という言葉もあるほどです。 つまり苦しみを経験することが人生そのものであるという考え方ですが、こればかりだとますます苦しくなってしまうことでしょう。 もちろん人生には苦しい時が必ずあります。 大切なのは、その苦しみにどう向き合うかという姿勢です。 苦しみを逃げるのか、それとも立ち向かうのかという態度一つで運命も大きく変わっていくものです。 苦しみの経験に対する選択肢はたくさんあり、また自分の手に決定権があります。 あまりにも苦しい時には「自分はなんで生きているのだろう?」と思わずにはいられないこともあります。 しかし、その苦しみを経験し、いずれかの選択をするときほど、本当の自分に出会うのです。 辛いときほど、自分の本当の生き方がどこにあるのか、生きる意味はなんなのかを知ることができるでしょう。 人生に対して無気力や虚しさを感じる時は変革のチャンス そこまで辛い経験がないとしても、なんとなく日常を過ごしていると不安になることもあると思います。 「わたしの人生ってずっとこのままで何もないんじゃないかしら?」と感じることもあるでしょう。 またそこそこうまく行っている時でも「わたしの人生ってこのままでいいのかな?」と思うこともあります。 生きている意味を問うのは、人間としてある意味では通常のことです。 現代はあまりにも情報が多く、またそれを追いかけるのに必死なので、自分自身に向き合うことはあまりありません。 普通は生きる意味をもっと掘り下げて考えるのが人間のありのままの態度ですが、そうではない中でフッと人生や自分について考えると不安な気持ちが出てきてしまうことも確かです。 本来はとても自然なことだということ、また考えれば考えるほど、自分そのものがどういうものかわかったり、この世界などのつながりなども意識するようになります。 それは決して悪いことではありません。 むしろ、人生に無気力感や虚しさを覚えるときほど、自分を変革するチャンスがやってきていると受け止めると良いでしょう。 また自分を見つめることで、本当の自分が少しずつ姿を表してくるので、自ずと方向性も見出すことができます。 虚しさや無気力感を感じている時は、なんらかのストレスを感じていたり、心が疲れているので少し体や心を休めつつも、「これから変わって行く時がきているな」と受け止めると自然に道が開かれていくでしょう。 やりたいことがわからないときほど、自分を見つけるチャンスになる 夢を実現させようと頑張っている人や一生懸命な人をみると、尊敬の心が生まれたり、憧れの目を持って見つめたりします。 しかしふと自分を振り返ると、自分には何もやりたいことがないのではないか、という気持ちが生まれてしまうこともあります。 また人と比べて、自分にはそこまで情熱を燃やせるものがないと落胆してしまうこともあるでしょう。 しかし、誰しもが同じ目標を持って歩んでいるわけではありません。 あなたにはあなたの情熱が燃やされる「何か」が必ず用意されています。 情熱を感じていない、やりたいことがわからないのはまだそれに出会っていないだけのことです。 それに出会うことができれば、自然とやる気や情熱が湧き上がり行動を起こしていくものです。 やりたいことがわからないときほど、本当に自分のやりたいことを見つけるチャンスです。 わからない時は焦りを感じますが、その焦りがあなたに本当にやりたいこと、いわば宿命と出会いやすい時でもあります。 方法としては、手当たり次第、興味のあることにトライしてみること、体験教室などに足を運んでみることです。 思っているより、楽しかったという経験があなたを次の一歩に進めてくれるでしょう。 ただし、思っているだけで、何も行動しなければやりたいことがわからないままです。 また意外なところで楽しさを発見することもあるので、食わず嫌いをせずにいろいろなことにトライしたり、興味を持つように心のアンテナを敏感にしておきましょう。 自分を見つめるために日記などをつけてみる 自分がどのような存在かわからない。 生きている意味がわからないときには、日記などをつけてみると良いでしょう。 そこにありのままの自分の本音を書いてみましょう。 また日記というのがどうも好きではないということもあるかもしれません。 その場合は、日記ではくても絵を書いてみたり、他の表現方法でも構いません。 またその際は新しいノートを使用することです。 もし紙に書くのが億劫だと感じるなら、スマホで気軽にかけるアプリもあったり、タブレットではさらに電子ペンなどもあるので、楽しんで続けられる工夫も必要です。 日記をつける、何かを記す、あるいは作るという時間こそ、自分と向き合っています。 実際には書く、作るという行動をしながらも自分を模索しているのです。 そんな時間を大切にすることで、自分の生きる意味があるときにふと与えられるのです。 生まれてきた意味、生きる目的を考えることはとても良いことだし、それを感じるとき、あなたの人生がゆっくりと良い方向に変化していくのよ? また悩むことってすごく大切なことなの。 悩んでいる自分はイヤだけど、その経験があるからこそ、さらに魅力的になれるのよ? 悩みが何にもない人って一見羨ましく見えるかもしれないけれど、話してみるとすごい薄っぺらだし、作り物の輝きなのよ? 本物は熟練された美しさの中にあるの。 睡蓮の花が美しく咲くのは、泥の中で育つから。 その泥を経験することこそが、あなたがあなたらしく生きることで必要なことなのよ。 なんのために、だけではなく「誰のために生きるのか」 生まれてきた意味や生きる目的を考えるとき、忘れてしまうのが「誰のために生きるのか」という視点です。 「なんのために」は大切ですが、それは自分一人のことしか見えていません。 しかし「誰のために」は自分以外の相手が存在します。 そのことを踏まえながら生きることで自分も他者も大切にすることができ、真の人生の目的、生まれた意味を知ることができるのです。 micaneの占いは楽しんで頂けましたか? 「micaneの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。 」 「もっと無料の占いを試して見たい…。 」 「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。

次の