煉獄 死亡 柱の反応。 【鬼滅の刃】炎柱・煉獄さんの刀や呼吸を使った技を紹介!

鬼滅の刃最強の柱は誰だ?柱の強さランキングTOP9【2019年最新版】

煉獄 死亡 柱の反応

鬼滅の柱 — lack lalalalack 鬼滅の刃における「柱」とは、鬼を狩る鬼殺隊(政府非公認組織)の中での最高位の剣士のことを言います。 「柱」は一般隊士とはケタ違いの強さを持っており、その名の通り鬼殺隊を支える「柱」となって日々鬼を狩っています。 「柱」の画数が九画ということから定員は九名となっており、死亡や引退などで「柱」に空きが出た際には、階級が「甲」の実力がある一般隊士の中から選ばれます。 一般隊士の階級は10段階評価で、「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」となっており、甲(きのえ)が最高、癸(みずのと)が一番下の階級です。 一般隊士が「柱」になるには、十二鬼月を倒すか鬼を五十体倒すこと。 早い人で2年、普通は5年ほどかかると言われています。 柱の強さランキング第9位は、蟲柱(むしばしら)胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)です。 (「花の呼吸」は「水の呼吸」からの派生) 体格面で他の柱に劣るしのぶは、柱の中で唯一鬼の頸を斬ることができません。 その反面押す力や突く力は柱の中でもトップクラスに強く、そして速い。 戦闘スタイルは藤の花を用いた鬼を殺す毒を自ら考案し、その毒を使い鬼を滅殺します。 痣の発現は最後までありませんでした。 柱の腕相撲ランキングは9人中最下位。 柱の強さランキング第8位は、(元)音柱(おとばしら)の宇髄天元(うずいてんげん)です。 さらに音の反響を聞いただけで、上階にいる人間や物体の空間把握が可能なほど聴覚が優れているので、諜報活動にも長じている。 忍のお頭としての訓練によって、戦場で味方を統率する能力が高いため戦闘指揮者としても有能。 戦闘計算式である「譜面」を用いた戦闘を得意とするが、解析に時間がかかるのが欠点。 巨大な二刀流と、鬼にダメージを与えることができる特殊な爆薬丸を同時に使い鬼を滅殺します。 柱の強さランキング第7位は、蛇柱(へびばしら)の伊黒小芭内(いぐろおばない)です。 痣 発現なし 柱の腕相撲ランキング 9人中8位 戦績 なし 生死 生存 伊黒小芭内(いぐろおばない)は、基本の呼吸である水の呼吸から派生した「蛇の呼吸」の使い手。 蛇のようにうねる変則的な太刀筋、かつ正確に標的へ攻撃を当てることができる剣技が持ち味。 柱の腕相撲ランキングでは胡蝶しのぶの次に力が弱い伊黒小芭内だが、柱合会議では炭治郎を左肘一本で抑え込むほどの体技を持っている。 上弦の陸、妓夫太郎・堕姫に勝利した宇髄天元に対して、「たかが上弦の陸~」「お前程度でも~」という見下した様子の台詞から、天元よりも柱としての強さがあるように窺えます。 口元の包帯やオッドアイ、いつも首に巻いている蛇・鏑丸(かぶらまる)など見た目の謎もさることながら、剣士としての実力に関しても謎な伊黒小芭内はまだまだ未知数な部分が大きい。 柱の強さランキング第6位は、恋柱(こいばしら)の甘露寺蜜璃(かんろじみつり)です。 炎柱・煉獄杏寿郎の継子として炎の呼吸を学び、そこから甘露寺蜜璃に合わせてアレンジしたのが「恋の呼吸」。 甘露寺蜜璃は、 見た目は華奢なのに筋肉の密度が常人の8倍あるという特殊な肉体を持っている。 ) 彼女が1歳2ヶ月の頃、弟を妊娠中だった母を気遣って15kgもの漬物石を持ち上げるというエピソードがその凄さを物語っている。 この超筋肉体質であるがゆえ日々のエネルギー消費も膨大で、それを補うために相撲取り3人分(現在はそれ以上)の食事を摂っていたという。 柱の腕相撲ランキングでも、女性ながら煉獄杏寿郎や不死川実弥、冨岡義勇と並び同率3位になったのも納得です。 上限の肆・半天狗戦では憎珀天(ぞうはくてん)の、常人であれば肉体が滅びてしまうほどの攻撃を受けても、この超筋肉体質のおかげで耐えることができた。 甘露寺蜜璃愛用の日輪刀は、とても薄くて柔らかく、ヒラヒラとまるで新体操のリボンのような刀を使用。 超筋肉体質ではあるが女性ゆえの柔らかい筋肉で、かつ広い関節の可動域を生かした攻撃は、宇髄天元をも超える速さで技を繰り出します。 上限の肆・半天狗戦では痣も発現済み。 上限の肆・半天狗戦では、憎珀天との攻防をたった一人で耐えしのぎ、致命傷を受けることなく五体満足で勝利するという快挙を成し遂げました。 上限の陸戦で左手と左目を失ってしまった宇髄天元と比較すると、その強さは文句なしでしょう。 もし、打たれ強さランキングがあれば、柱の上位に入るのは間違いなさそうです。 特異体質の超筋肉フィジカルによる攻撃力、防御力、スピードは柱の中でも上位に入りそうです。 がしかし 唯一の欠点は、警戒心の低さですね。 (物語的に必要なおバカ枠ですが…) 初見の上限の鬼に対しても、不用意に突っ込んで危うく窮地に陥りそうになったりします。 甘露寺蜜璃だからこそ事なきを得ていますが、普通の鬼殺隊員なら死んでいても全然おかしくはありません。 その点を踏まえて、柱の強さとして甘露寺蜜璃はこの順位にしました。 今後の活躍によって順位変動は十分ありそうなキャラですね。 スポンサードリンク 呼吸法 炎の呼吸 戦闘スタイル 柱の中でもトップクラスの剣技と体技 痣 発現なし 柱の腕相撲ランキング 9人中、同率3位 戦績 下限の壱・魘夢に勝利 生死 上限の参・猗窩座戦にて死亡 煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は、基本の呼吸である「炎の呼吸」の使い手。 煉獄杏寿郎は、柱の中でもトップクラスの実力を持つ剣士。 「炎の呼吸」を数百年以上に渡り代々受け継いできた、名門煉獄家の長男として生まれた煉獄杏寿郎。 生まれながらに持った天賦の才を厳しい鍛錬によって、剣技、体技ともに極限まで練り上げ、その実力は柱全員から一目置かれる存在でした。 戦闘時には、素早い戦況把握と優れたリーダーシップによりチームを指揮する能力も高い。 劇場版でも描かれる無限列車編では、下限の壱・魘夢(えんむ)相手に二百人の乗客を誰一人死なせず戦いを指揮した。 数十から数百トンはありそうな車両横転の衝撃を緩和するほどに、その技の威力は凄まじいものがあります。 その後、上限の参・猗窩座の急襲に遭い命を落としますが、誰一人として死なすことなくその責務を全うしました。 猗窩座には、「至高の領域に近い」とその強さを認められるほどでした。 痣の発現は最後までありませんでした。 猗窩座戦での死亡を伝えられた柱達の反応を見ると、煉獄杏寿郎は柱の中でも一目置かれた中心的な人物であったことが窺えます。 煉獄杏寿郎は炎の呼吸を代々継承されてきた煉獄家の長男で、小さい頃から天賦の才を練り上げてきた剣士ときたらその実力は折り紙付きです。 亡くなった時点での他の柱との比較であれば、柱の強さランキング上位は間違いないでしょう。 しかし物語が進んだ現時点では、他の柱も痣が発現したり、上限との戦闘によって窮地に追い込まれることで覚醒したりと、当時よりも柱達のその力に変化があるのも事実。 ゆえに、亡くなった時点での煉獄杏寿郎の実力と、現時点での他の柱の実力を考慮すると、このあたりの順位になるのではないかと思います。 登場シーンがそんなに多くないにも関わらず、ここまで印象に残るキャラも凄いなと思いますね。 鬼滅読者にも煉獄さんのファンは多いですし。 劇場版の無限列車編が待ち遠しいです。 柱の強さランキング第4位は、水柱(みずばしら)の冨岡義勇(とみおかぎゆう)です。 呼吸法 水の呼吸 戦闘スタイル 柱トップレベルの剣術で鬼を滅殺する 痣 発現あり 柱の腕相撲ランキング 9人中、同率3位 戦績 上弦の参・猗窩座に勝利 生死 生存 冨岡義勇(とみおかぎゆう)は、基本の呼吸である「水の呼吸」の使い手。 主人公・竈門炭治郎が初めて出会う鬼殺隊士で、第一話から登場し炭治郎と禰豆子を鱗滝左近次に紹介するなど物語のキーパーソン的立ち位置。 冨岡義勇独自に編み出した拾壱ノ型「凪」は、海が無風状態のごとく、義勇の間合いに入ったすべての技は無になり凪いでしまう。 最終選別で何もできなかった自分は、水柱になる資格はないとずっと思い続けてきましたが、炭治郎の根気強い説得により錆兎との約束を思い出し、託されたものを水柱として後に繋いでいこうと決心しました。 柱稽古では風柱の不死川実弥とほぼ互角の試合をしていたことから、ランキング2位から5位くらいまでの実力はほぼ拮抗していることが窺えます。 上弦の参・猗窩座戦では、痣を発現し炭治郎とともに勝利を収めた。 水柱はいつの時代もいたと言われており、冨岡義勇は基本の呼吸である「水の呼吸」の使い手の水柱であることもランキングのポイントです。 柱稽古での不死川実弥とのほぼ互角の戦いや、柱の腕相撲の力比べもいい勝負をしているため、ランキング2位から5位くらいまでは柱の強さ的にそこまで差はないのかなと。 物語の序盤で炭治郎と禰豆子を鱗滝左近次にお願いする際、「突破して、受け継ぐことができるかもしれません」と手紙に書いていたのは、自分ではなく柱としてふさわしい誰かに水柱になってもらいという思いがあったのかもしれません。 多少精神的な未熟さもありましたが、しつこい炭治郎のおかげで水柱としての覚悟がやっとできたのかなと思います。 キーパーソン的立場として、また今後いいところで物語を進める働きをするのか、はたまた無惨によってあっけなく殺されてしまうのか、今後の冨岡義勇も目が離せません。 柱の強さランキング第3位は、霞柱(かすみばしら)の時透無一郎(ときとうむいちろう)です。 刀を握ってわずか2ヶ月で柱になったという天才剣士・時透無一郎は、始まりの呼吸である「日の呼吸」の使い手の末裔。 正確には、上弦の壱である黒死牟の人間時代・継国巌勝(つぎくにみちかつ)の遠い子孫にあたる。 上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)戦では、覚醒して痣を発現し、単独で撃破するという快挙を成し遂げました。 上弦の壱・黒死牟戦では、初見で月の呼吸に対応できず終始劣勢を強いられましたが、その成長速度の速さから戦いの最中、下半身を失いながらも透き通る世界に至り、赫刀(かくとう)を発現させました。 時透無一郎は、剣士としての才能、伸びしろは柱の中でもダントツでトップです。 このランキングの決め手としては、黒死牟戦で下半身を切られ瀕死の状態ながら も 透き通る世界に至り、赫刀を発現させる才能と最後まで屈服しない精神力の高さです。 早い人でも2年はかかると言われる「柱」に、刀を握ってから2ヶ月でなるほどの才能やセンスに加えて、血反吐を吐くほどの努力をかかさないなど付け入る隙もない。 呼吸を極めたものが辿り着く、『透き通る世界と赫刀の発現』という最強設定も死亡することが決まっていたからというのもあったのかもしれません。 もし時透が、悲鳴嶼や実弥のようにもっと実戦経験を積んでいたら、間違いなく柱最強の剣士となっていたでしょう。 柱の強さランキング第2位は、風柱(かぜばしら)の不死川実弥(しなずがわさねみ)です。 呼吸法 風の呼吸 戦闘スタイル 稀少な稀血を利用した喧嘩殺法 痣 発現あり 柱の腕相撲ランキング 9人中、同率3位 戦績 上弦の壱・黒死牟に勝利 生死 生存 不死川実弥(しなずがわさねみ)は、基本の呼吸である「風の呼吸」の使い手。 身体中にある無数の傷が物語っているように、圧倒的な実戦経験が不死川実弥の最大の強み。 不死川実弥のその豊富な実戦経験に基づく、戦闘時の勘や攻撃予測が柱の中でもずば抜けています。 初見の上弦の壱・黒死牟の攻撃にも対応できていることがその証拠。 ちなみに、痣発現済みの時透無一郎は初見で黒死牟の攻撃を躱せませんでした。 そして稀血の中でも稀少な、鬼を酩酊させる稀血の持ち主。 敢えて自分を傷つけさせてその血を流し、鬼を酔わせて滅殺する。 上弦の壱・黒死牟に、悲鳴嶼と実弥が「柱の中でも実力上位」と評される。 黒死牟戦で痣発現済み。 黒死牟戦では、悲鳴嶼行冥、時透無一郎、不死川玄弥とともに勝利を収めた。 柱の強さランキング第1位は、岩柱(いわばしら)の悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)です。 呼吸法 岩の呼吸 戦闘スタイル 鎖に繋いだ鉄球を振り回し、エコーロケーションを駆使して攻撃を繰り出す 痣 発現あり 柱の腕相撲ランキング 9人中1位 戦績 上弦の壱・黒死牟に勝利 生死 生存 悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)は、基本の呼吸である「岩の呼吸」の使い手。 柱の強さランキングでは、悲鳴嶼行冥が文句なしのぶっちぎり1位です。 上弦の壱・黒死牟をして「これほどの剣士を拝むのは三百年ぶり」と言わしめるほどに、練り上げられた究極の肉体。 現・柱メンバーの中では年長者で一番経験もあり、柱メンバーの精神的支柱として鬼殺隊を牽引している。 柱の腕相撲ランキングではもちろんダントツ1位。 悲鳴嶼の戦闘スタイルは、鎖に繋がれた巨大な鉄球を振り回しながら、その音の反響で周囲の状況をみるエコーロケーションを駆使した攻撃。 悲鳴嶼行冥は鬼と同等の成長速度を持ち、最強の鬼である黒死牟との戦いの最中で透き通る世界に入ることができました。 痣は黒死牟戦で発現済み。 不死川実弥の刀とぶつかりあったときに、悲鳴嶼行冥の鉄球と実弥の刀は始まりの剣士である縁壱の赫刀(かくとう)のように 赫く(あかく)染まりました。 黒死牟戦では、不死川実弥、時透無一郎、不死川玄弥とともに勝利を収めたが、時透と玄弥を失ってしまう。

次の

煉獄杏寿郎

煉獄 死亡 柱の反応

スポンサーリンク 無限列車映画は炎柱の煉獄が登場! まずは「鬼滅の刃」ファンから、 煉獄さんへの登場に対する期待についてお見せします。 — ぱんくま clipnotebook 内容を原作の漫画で読んで知っていても、やはり映像としての 煉獄さんの活躍を観たい方は多いようです! 炎柱の煉獄が登場! 多くの人が活躍を待ち望んでいる煉獄さんのプロフィールや名台詞、また無限列車に乗る経緯などについてまとめます。 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう ・誕生日 5月10日/年齢 20歳 ・身長 177cm/体重 72kg ・声優 日野聡 ひのさとし ・鬼殺隊の柱メンバーの1人、炎柱を司る。 無限列車に乗った理由 そして、物語のきっかけとなる煉獄さんが何故、無限列車に乗っていたのかというと、 列車内に鬼が潜伏していて行方不明となった人々の調査に来たのでした。 短期間で40人以上もの人が行方不明になっており、鬼殺隊から派遣された剣士でさえも消息を経っていた状況でした。 『だから柱である俺が来た!』という名台詞と共に勇ましさを示す煉獄さんの姿がありました。 スポンサーリンク 煉獄杏寿郎はいつ死亡する? ここからは、煉獄さんが死亡してしまう経緯についてお教えしますが、具体的に どんな死に方をするのか知りたくないという方は見ないで下さい。 煉獄杏寿郎は鬼との戦いで死亡した。 煉獄は上弦の三の 猗窩座 アカザ との戦いによって死亡しました。 猗窩座は鬼の力で傷がすぐに治癒されますが、煉獄の傷は治すことができず 満身創痍になっていき、 胸を貫かれてしまいました。 炭治郎と伊之助の加勢により、状況の不利さを感じた猗窩座は退散したので、煉獄はすぐに死ぬことはありませんでした。 自身の命が僅かだと悟った煉獄は、炭治郎に炎柱の手記の中に「ヒノカミ神楽」について書かれているかもしれないこと、そして 父と弟への遺言を残して最期を迎えました。 スポンサーリンク 煉獄の死亡に柱達の反応は泣く者多数? 「無限列車編」の結末に煉獄の死が待っているシナリオに対して 『泣く』というコメントを残す人が多くいますので、具体的にどの様な点が涙を誘っているのかご紹介していきます。 胡蝶しのぶを含む何人かは、煉獄程の強さを持つ人物が死んだことに対して、 静かに受け止めていました。 しかし、小芭内に関しては「俺は信じない」と返し、他にも 動揺を隠しきれない柱もいたようでした。 ファンにとっても 煉獄さんの死亡は衝撃的で悲しい出来事でしたが、仲間であり同志である柱達にとってもそれは同様のことでした。 また、煉獄さんが亡くなった後、煉獄の父に炭治郎が会いに行き、煉獄の最後の言葉を父が知って涙するシーンは家族の絆や蟠りがゆっくりと解けて戻って行く感覚に涙無しでは見れません…。

次の

鬼滅の刃映画「無限列車」結末ネタバレ・内容!煉獄杏寿郎死亡シーンありでその後生きてた?

煉獄 死亡 柱の反応

剣技においては、天賦の才をたゆまぬ修練と最前線で戦い続けた経験で磨きぬいており、その技の威力は 数十~百トンはあろう列車横転の衝撃を緩和するほどに凄まじい。 このため鬼殺隊最上位陣には、信頼と共に一目置かれていた。 が初めて対面した際、であるを連れている事に対する処遇は 「鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」とした上で、 「鬼もろとも斬首する!」と溌剌とした口調で即断した。 しかし後に炭治郎、、と行き掛かり上、汽車に潜むの"の壱"・討伐の任務を共とした際に、傷つきながらも命をかけて乗客の人々を守る彼女の姿を見て認識を改め、彼女を鬼殺隊の一員として認めるようになる。 幼い頃に故人である母親から説かれた「 弱き人を助けることは 強く生まれた者の責務です」という言葉と、抱きしめられた腕の温もりを心の支柱としている。 少年時代は父から情熱的な指導を受けていたが、母の死と同時に父が酒に溺れ指導を放棄したため、以降は一人で家にあった炎の呼吸の指南書を読み込んで柱まで登りつめた。 父に背を向けられ心無い言葉を返されることに寂しさや苦しみも抱えていたが、責務を果たすために前を向き続けた。 後進の面倒見も良い好漢だが、稽古が厳しすぎるため弟子入りした者は皆逃げ出してしまい、登場時点では継子はいなかった。 なお、現恋柱のは煉獄の元・継子である。 剣士としての実力は言うに及ばず、咄嗟の戦況確認能力と、居合わせた若輩の剣士達の実力を素早く見抜き的確な指示を飛ばす戦術眼をっており、指揮官としても有能である。 また、前述の魘夢討伐の任務に際して 駅弁(牛鍋弁当)十一人前を平らげる 大食い振りを見せて炭治郎を驚かせた(もっとも、炭治郎は後にと遭遇する事になるのだが…)。 驚いたときには 「よもや」、好物であるを食べるときには何故か 「わっしょい」が口癖であるらしい。 柱の中でも実力は上位である事は間違いなく、"上弦の参"であると互角に渡り合い、あと一歩の所まで追い詰めた。 後に猗窩座は、が発現したと竈門炭治郎と二人を相手にして戦う程の実力者である事が判明。 実際に彼が死んだあと同じ柱のは、「 には煉獄でさえ負けるのか」と発言している辺り、他の柱からも一目置かれていたのは間違いない。 の人々 家族構成 父 (しんじゅろう) 元柱。 人的損耗率の高い鬼殺隊において柱にまでなったが、ある日突然剣を捨てた。 本人曰く、自分の無能に打ちひしがれたところに妻の死が重なり酒に溺れたらしい。 それ以降は剣士もやめ、まだ幼い実の息子たちからも背を向けた。 初登場時は周りに対するあたりが強かったが、杏寿郎が最期まで自分に恨み言一つ言わず己の体を気遣っていたと知り、涙を流す。 現在は反省し、炭治郎に謝罪の手紙を送った事が遊郭編で判明している。 最終局面の無限城編においては、と共にの護衛を行っている。 キメツ学園世界では剣術道場師範。 最近門下生が減っているので凹んでいる。 母 (るか) 故人。 病床の身であったが、強さと優しさを備えた美しい女性。 杏寿郎の在り方に大きな影響を与えた人物。 次男の千寿郎が物心つく前に逝去。 キメツ学園世界では書道教室の先生。 弟 (せんじゅろう) 存命中。 兄とはやや歳が離れている模様。 兄と瓜二つの顔立ちをしているがどこか気弱な印象。 兄とは異なり剣才に恵まれず、名門・煉獄家に生まれながら、どれだけ稽古をつけてもらっても日輪刀の色が変わらない己を恥じていた。 しかし炭治郎との出会いと兄の言葉により、勇気をもって剣士以外の自分の道を歩むことを決断した。 キメツ学園世界では何事においても平均的な中学生。 人間関係 「強さというものは 肉体に対してのみ使う言葉ではない この少年は弱くない 侮辱するな」 後進の育成に熱心であることからもうかがえるように、作中では基本的に後輩との繋がりが強い。 甘露寺蜜璃 同じく鬼殺隊で柱を務める剣士。 上述の通り、彼女は元々杏寿郎の弟子として炎の呼吸を学び、彼女自身、炎の呼吸に対する適正もあったが、彼女の動きがあまりにも独創的である為にとして教えることを断念した。 竈門炭治郎・我妻善逸・嘴平伊之助 最期の任務で同席した一般隊士。 通称、。 列車での事件の際には、三人同時に「継子にしてやろう」と言っており、の血によってパワーアップした魘夢を三人とともに討伐した。 継子には出来なかったが、彼の生きざまは三人に強い影響を与えており、特に炭治郎は上弦の鬼戦や人への相談など、重要な局面では杏寿郎の顔を思い浮かべ、彼の遺言である 「」「胸を張って生きろ」といった言葉を思い返す程、杏寿郎の事を今なお慕っている。 もしも本当に継子になっていた場合、いい師弟となっていたかもしれない。 竈門禰豆子 当初は鬼であると言う事から処分することを求めたが、列車で共に人間の為に戦っていた姿を見たことで考えを改め、最終的には鬼殺隊の一員であることを認めた。 能力 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で、鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 全集中 7巻にて設定が明かされた。 担当教科は。 教育熱心で歴史愛も強いため、 授業中に生徒を投げ飛ばしたり騎馬戦を始めたりしてしまう。 しかしながら生徒からの人気は高く(バレンタインのチョコ獲得数は 28個)、歴史の成績が悪い者は学園にいないという。 公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では、モテるための秘訣を善逸に訊かれた時に「 特にないな!モテたいから学校に来ているわけではないし!」と返答し、当の善逸から「 何の役にも立たないですね もういいです」と憎まれ口を叩かれていた。 余談 本作には奇抜ながらも実在する苗字が多く登場するが、煉獄姓の実在は未確認。 本誌掲載時、「玖ノ型 煉獄」を発動した際、「火の呼吸」と表記されていたが、単行本8巻収録にあたり、「炎の呼吸」へと訂正された。 初登場は単行本5巻、退場するのが8巻と非常に短い登場ではあったがその人となりと生き様は後輩である炭治郎たちに大きな影響を与え、ひたすら前向きで真っ直ぐな性格から多くの読者からもそのあまりにも早すぎる死を惜しまれている。 …のキャラクター。 「」、「名前の元ネタが火属性」、「熱血な性格」と共通点多し。 、、…こちらもであり、 『炎を操る』、『主人公達を導く兄貴系キャラクター』繋がり。 彼らもまた煉獄と(ただし、山本元柳斎に関しては『兄貴系キャラクター』には当てはまらず、炎に関連する能力と最後に辿る運命が共通している)。 …更にのキャラクター。 当人の項目でも触れられているように、まず 「顔付きがそっくり」で、加えて 「明朗快活な性格」、「常に大きい声で話す」、「父親との確執」など、共通点が多い。 関連記事 親記事.

次の