グク 熱愛。 ジョングク(BTS)の熱愛説は事実無根.. Big Hit 側 CCTV流出に法的対応

ジョングクとツウィのキス画像流出!熱愛疑惑を徹底解剖してみた!

グク 熱愛

BTSのジョングクに熱愛相手が報道される これが例のグクがタトゥーアーティストの女性イ・ミジュと飲んでいる写真と、グクらしき人物がその人をハグしている写真らしいですが、女性が付けてるマスクの色違いますよね その女性には彼氏がいるらしく、恐ろしいことにジョングク君に激似です。 バックハグ彼氏さん説が私の中では濃いです。 事件も起きていないのに防犯カメラの映像が流出してしまうのが驚きです。 これを見て「防弾少年団のジョングクだ」と瞬く間に拡散されてしまうって、事務所も本人もかなりビックリしたでしょうね…。 (日本語訳全文) 私とジョングクは絶対に恋人関係ではありません。 今出回っている話や、私になりすました人が誤解を招く状況がやるせなくて書き込みを掲載します。 どんな答えを出しても信じず、勝手に解釈してもっとひどいコメントをつけられることが明らかなので、何も言わずにいました。 改めて申し上げますが、私とジョングクが恋人関係だとか、私のイニシャルを(彼の体に)タトゥーで入れたなどの話は絶対に事実ではありません。 ジョングクとはただの親しい友人程度で、そのことによって私と周りの人々が傷つき、ファンの方々もひどく傷ついたようでとても申し訳なく思っています。 今後は何も話さないつもりです。 絶対に無視しているわけではないことだけは分かってほしいです。 kstyle. ksn? 親しい友人関係であることは認めています。 しかもミジュさんには彼氏もいるようで、ご本人にとっても迷惑な報道ですよね…。 ただ、しっかりと自分の言葉で発信してくれている誠実さにとても好感が持てます。 きっと素敵な女性なんでしょうね! 今回の件でインスタのフォロワー数が数万人単位で激増し、現在8万人以上のフォロワーがいるミジュさん。 投稿されているタトゥーのデザインもとても可愛いので、今後予約を取るのが難しくなりそうですね。 GFRIENDは、小さな芸能事務所からデビューして成功を収めた数少ないアイドルグループとしても知られています。 2016年に韓国のあらゆる新人賞を総なめにしたことで地位が確立され、日本でもかなりの人気を誇っていますよね。 二人は同じソウル芸術学校の卒業生で、学生時代から交流があったことも噂になった要因と言われています。 他にも、お互いの好きな曲が同じだったりしたこともネット上で熱愛を疑う一因になっていたようですが、結局お互いが交際を発表したりすることはなかったので信ぴょう性はあまり高くないのかもしれませんね。 ネットの反応 ジョングクの熱愛事件簿自分用まとめ ・グクはタトゥー関係の友達と遊んだだけ。 ・CCTV流出のバックハグの写真は日付も違うしマスクの色も違う。 本人だと断定できない。 ・彼女なのではと噂されている金髪のイケイケねーちゃんには恋人がいる。 まぁ色んな意見があるとは思うけど。

次の

ジョングクの彼女はシンビ?熱愛を裏付ける証拠が多すぎてつらい!

グク 熱愛

さらに「ジョングクは今回の休暇期間で巨済島 コジェド を訪問中、普段から付き合いのあるタトゥーショップの知人たちと現地を訪問していたことが分かった。 ジョングクはタトゥーショップの知人たちおよび巨済島の知人たちと共に食事をして団体でカラオケに行った。 その内容が歪曲されて拡散されることになった」と説明。 また、Big Hit側は「アーティストの長期休暇期間にあったわずかな個人的な日常が歪曲されたことに対して遺憾に思う」とし「CCTVの流出および不法撮影の有無などに関して確認後に個人情報流出および私生活侵害に対して強力に法的に対応する予定だ。 また、虚偽事実の流布時にも例外なく法的対応する方針だ」と強調した。 これに先立ち、この日午前に韓国内のあるオンライン コミュニティーにBTSのジョングクの目撃談が掲載され、あるネットユーザーは、巨済島でジョングクと推定される人物が金髪の女性を後から抱いている姿が捉えられた写真を公開して熱愛疑惑を提起した。 しかし、一部のネットユーザーの間では「ジョングクに似ているが、歌手のHash Swan ハッシュ・スワン ではないか」という意見も飛び交い、全く関係の無かったHash Swanがとばっちりを受けるというアクシデントに巻き込まれた。 吐きそう.. 」と不快感を吐露した。 この一連の報道を耳にしたネットユーザーたちは 「やっぱりBig Hit。 事務所の対応が早い!」 「さすがアーティストの管理を徹底してる」 「ジョングク、ずっと応援しています!」 「Hash Swanに攻撃した人も法的対応すべき」 「Hash Swanが可哀想.. 完全にとばっちり.. 」 などの反応を見せて、Big Hitの対応の早さを称賛する一方で、Hash Swanに対して慰めや励ましの言葉が掛けられている。

次の

BTS

グク 熱愛

この公式声明は16~17日にかけて報道された、 BTS ジョングクの熱愛疑惑に反論するものだ。 疑惑は、ジョングクと思われる人物が、一人の女性をバックハグしている写真が流出したことによるものだった。 これに対してBig Hitは、17日午前に声明文を発表した。 報道を受けてから数時間で声明文を出すという迅速な対応に、多くのファンが感心した。 一方で、 公式声明の内容があまりにも詳しすぎることが、一部のファンの間で話題になっている。 その例として、今回の声明文には、以下のような記述がある。 「BTSのメンバー ジョングクは、今回の休暇期間に 巨済島を訪問した際、知り合いのタトゥーショップ店員が現地にいることを知りました。 これを受けて、彼はタトゥーショップの定員たちや、巨済島にいる現地の方々と共に食事をし、その後、カラオケに行きました。 その内容が湾曲されて広まっておりこのような事態に及んだと考えられます。 」 ここには、ジョングクのプライベートな出来事がたくさん書かれている。 プライベート流出ならぬ、 プライベート放出となっている。 しかし、この「TMI」な公式声明はファンを安心させることに一役買っていることは確かだろう。 ジョングクに対するプライベートな情報が発表されたのは、心苦しいことだが、これによって疑惑の拡散にストップがかかったことは紛れもない事実だ。 Big Hitが「TMI」な公式声明を出すのは、これが初めてではない。 これまでに発表された「TMI」公式声明を見ていこう。 「LOVE YOURSELF」コンサートツアー中に起きたジョングクのけがについての声明文 「ジョングクは約2時間前にリハーサルやサウンドチェックを終えた後、公演場内の 待機室で軽くウォーミングアップをしていました。 その途中、家具にかかとをぶつけ、かかとが大きく裂けました。 これを受けて、緊急医療スタッフが公演場で負傷部分を処置しました。 医療スタッフからは、大きなけがではないが、出血する恐れがあるため、ダンスを踊ってはいけないと診断されました」 この声明文も、ジョングクがケガをするまでの流れからケガ後の流れまでを事細かに説明している。 さらに、こんな声明文が出されたこともあった。 2016年年末、負傷によるSUGAのスケジュール不参加についての声明文 「20日、SUGAは宿舎で休んでいた際、 ドアの段差に引っかかって転び、耳を負傷しました。 すぐに整形外科を訪ねたところ、負傷部位に負担をかけるような行動は控えるようにという診断を受けました。 21日の再診時、耳のけが以外には異常はないが、ケガを直すために1週間ほどダンスの練習や公演などには参加しないのが最善だと医師からの勧告を受けました」 この声明文もまた、SUGAが負傷した時の状況やその後の経過について詳しい説明がされている。 このように、 Big Hitの公式声明文にはたくさんの情報が詰め込まれている。 では、なぜBig Hitの声明文にはこのような特徴があるのだろうか。 これらの 「TMI」声明文を読むファンの気持ちを考えると、これがいかに重要かがわかる。 常に完璧でレベルの高いパフォーマンスが求められるBTS。 突然のスキャンダルや負傷、またそれらによるスケジュール不参加は、ファンに大きな不安を与える。 そして、その不安を軽減してくれるものこそが「TMI」情報だ。 この情報によって、ファンは、彼らが自分たちと同じ不完全な人間であると理解しやすくなる。 そして、そんな彼らに、応援の声をかけたくなるのだ。 世界を股にかけて活躍するBTS。 彼らのステージに対する情熱は計り知れない。 完璧なパフォーマンスを求める大衆に、精いっぱい答えようと努力し続けるBTSだが、一方で、リーダーのRMは「 僕たちはファンの皆さんと同じように不安になったり苦悩したりしている」とも語っている。 そんな人間らしさが感じられる彼らの気持ちを最大限に伝えるには「TMI」声明文が必要なのかもしれない。

次の