青森 国際 ホテル。 「青森国際ホテル」がコロナの影響で倒産(帝国データバンク)

Aomori Kokusai Hotel: 2020 Room Prices, Deals & Reviews

青森 国際 ホテル

新型コロナの影響を受け休業している中で、25日に運営会社が破綻。 市内の経済界や観光業界、市民らに衝撃が走った。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics この件について、東奥日報などは以下のように報じています。 レストラン、宴会場、結婚式場…。 青森市中心部にある青森国際ホテルは長年、宿泊施設としての機能に加え、さまざまな役割を担い、市民にとって身近で親しみ深い存在だった。 新型コロナウイルスの影響を受け休業している中で、25日に運営会社が破綻。 「残念」「また再開して」-。 一夜明けた26日、市内の経済界や観光業界、市民らに衝撃が走り、悲嘆の声や再出発への期待が聞かれた。 国際ホテルを巡っては、運営会社がかつての建物改修による借り入れや、長期の不況、少子化などによるブライダル市場の縮小などで苦しい経営を強いられていたところに、新型コロナ感染拡大による休業が追い打ちを掛け、金融機関から融資を受けられないまま、25日、青森地裁に破産申請した。 報道によれば、かねてより厳しい経営状況だったところに新型コロナウイルスの影響が直撃。 これがトドメとなって、倒産に追い込まれたとしています。 今回の青森国際ホテルのように経営状況が苦しい会社にとって、今回の新型コロナウイルスの自粛ムードはまさに致命的。 今後時差的に、ますます倒産を発表する会社は多くなるだろうと予測されています。 1948年に開業した老舗ホテルでした。 河北新報などによれば、従業員は78名おり、27日時点で全員解雇が言い渡されているといいます。 東北地方に在住の人であれば、青森国際ホテルを結婚式の宴会場として利用したことがあるという人も多いはず。 実際、結婚式での利用客は多く、そのニーズに応えるために近年多額の改装費を投じていたと言います。 しかし、思った以上にブライダル部門が伸びず、徐々に売上は落ちていったとのこと。 この状況下で、新型コロナウイルスの影響が直撃し、国際ホテルの中山大輔社長は25日付けで破産申請をおこなったといいます。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 まだまだ、これから破産、倒産ラッシュになるんでしょうね。 古い建物は維持費が大変ですし。 今年は宿泊業で生き残るのは、かなり厳しいと思います。 10年ぐらい前に、青森の友人に招かれた結婚式では、普通に500人ぐらい招待していて驚いた。 盛大にする土地柄とのことだったけれども。 老舗や高級店なんかは余計に大変だろうな。 客が少なくても「レベルを下げることは許されない」と自分達で自己暗示をかけてしまっている。 客が激減してるのにあの豪華な朝食バイキング、めちゃくちゃもったいない。 バイキングは人数が多くて初めて利益が出るのだと思うのだが。

次の

青森の老舗ホテル破産、コロナで打撃 後継は蔦温泉運営 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

青森 国際 ホテル

青森国際ホテル 青森市新町1-6-18、67室 を運営する(株)国際ホテル 青森市新町1-6-18、設立2011年7月、資本金500万円 は5月25日、青森地裁に破産を申請した。 負債総額は約16億円。 1938年創業の(株)国際ホテルが前身。 同社は青森駅にほど近い恵まれた立地で国際ホテルを運営し、ブライダル、宿泊施設に加え、レストランとしても人気を集め、2001年3月期には約16億円の売上高を計上していた。 しかし、同業他社との競合激化、さらには冠婚葬祭の簡素化により業況が悪化し、建物改装による借入金も負担となっていた。 このため、会社分割により2011年7月、同社を設立し事業を移管。 旧:国際ホテルは(株)MS商事に商号を変更し、2011年11月に特別清算開始決定を受けた。 その後、同社は債務を圧縮し再建を図ってきたが、2020年に入り新型コロナ感染拡大により宴会や宿泊のキャンセルが相次ぎ、2020年3月と4月の売上が激減。 緊急事態宣言の全国拡大に伴い、ホテルも4月21日より全館休業していたが、運転資金を確保できず資金繰りが急速に悪化し、事業継続が困難となった。 同ホテルは青森市内では高い知名度を誇り、客室総数は67室(シングル40室、ツイン20室、ダブル5室、和室1室、スイート1室)、宴会・レストラン部門を主体とする事業展開であった。 2013年3月期に約9億円あった売上も、2020年3月期においては約7億円まで落ち込んでいたという。 ホテルは現在休業中だが、同社は建物と土地について、5月20日に「」 青森県青森市荒川八甲田山中、31室 や蔦温泉を運営する城ケ倉観光(青森市)と売買契約を締結。 城ケ倉観光はレストランや宴会場、ホテルとして活用する方針を示しているという。 再開時期は未定。 や、現地メディア が報じた。 によると、青森県青森市には宿泊施設が82、部屋数にして4,862室が提供されている。 新規開業予定も2施設、303室が新たに供給される見込み。 【合わせて読みたい】.

次の

青森国際ホテル(青森) ホテル・宿泊予約 【楽天トラベル】

青森 国際 ホテル

青森国際ホテル(青森市新町1丁目)を運営する「国際ホテル」(中山大輔社長)が25日に青森地裁に破産手続きの申請をしたことがわかった。 すでに同社は建物と土地について、「ホテル城ケ倉」(青森市)や「蔦(つた)温泉旅館」(十和田市)などを運営する城ケ倉観光(青森市)と売買契約を締結しており、城ケ倉観光は今後ホテルやレストランとして活用する。 民間調査会社帝国データバンク青森支店によると、青森国際ホテルは1948年に開業。 全客室は67室と市内のビジネスホテルに比べて少なく、宴会やレストラン部門主体の事業を展開してきた。 多額の改装費をかけるなどしてブライダル部門に力を入れてきたが、少子化による市場の縮小などで集客は伸び悩んでいた。 2013年3月期は約9億円あった売上高は、20年3月期には約7億円まで落ち込んでいた。 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、ホテルは4月21日から宿泊、宴会、レストランを含む全館休業に入っていた。 過去の建物改修による負債を抱えていたところに新型コロナウイルスの影響が重なり、資金繰りが立ち行かなくなったという。 負債額は約16億円に上るとみられる。 城ケ倉観光は1966年創業。 ホテル、レストラン事業や病院給食事業を手がけている。 4月28日に国際ホテルから売買に関する相談があり、5月20日に契約締結に至ったという。 青森国際ホテルの従業員約80人はいったん解雇される。 城ケ倉観光の丹野智宙・最高経営責任者は取材に対し、「新型コロナウイルスの影響で自社のホテルも厳しい状況にあるが、青森市を代表する老舗ホテルがなくなるのはつらかった。 全従業員は厳しいが、少なくとも10人前後は雇用を継続したい」。 施設の再開時期については、「宴会自粛のムードも続いており、全く見通しが立っていない状況。 今後行政側と相談して決めたい」と話した。 (仲川明里).

次の