太宰 治 遺書。 作家別作品リスト:太宰 治

山崎富栄

太宰 治 遺書

が最初に刊行した小説集。 そのタイトルが「晩年」というところが、なんとも人を食っている。 さらに、冒頭の「葉」がの引用で始まり、太宰自身の最初の一文が「死のうと思っていた」なのだから、まあなんというか、太宰はまさに最初から太宰だったのだ。 もっとも、実際に最初に書かれた作品は「葉」の次にある「思い出」。 てらいなく自身の子供時代を綴った好短編である。 全体的な印象としては、なかなか入り込めない作品が多かった。 とっかかりが乏しいというか、これは読む側の問題もあると思うが、散漫になりがちな意識をぐいぐい惹きつける、たとえば「」や「斜陽」、あるいは晩年の短編集のような迫力があまりない。 読み手の方でかなり配慮しないと読みきれないような印象の作品が多かったように思う。 なかでちょっと面白かったのは、幻想的な変異譚の秀作「魚服記」、主人公の名前が『』の主人公と同じ大庭葉蔵で、作者自身がちらちら登場してコメントを述べるじみた「」(自身の心中未遂事件を扱っている)、短いがどこかぞわりと怖い異様な感覚の「玩具」あたりだろうか。 著者は「遺書のつもり」で本書を出したというが、ここで「遺書」を存分に書ききれなかった残念が、のちの傑作群の創造につながっているのかもしれない。 hachiro86.

次の

太宰治の遺書を全文読めるページがあれば教えてください。(それか、この場で...

太宰 治 遺書

は、でのみの取り扱いとなります。 ・価格は出品者が設定したものです。 また、古書には、年月の経過による紙の変質などがある場合があります。 購入前にコメント欄の内容、コンディション、価格などの条件を必ずご確認のうえ、ご不明な点はください。 ・古書の出品コンディションは、通常の書籍の出品コンディションと異なります。 古書をご購入の前に、出品者にコンディションを確認されることをおすすめします。 (コンディション・ガイドラインは) ・表示のタイトル、定価などの書誌情報は、発売当時の情報をもとにしている旨あらかじめご了承ください。 ・ Amazonマーケットプレイス R の商品は、注文確定後、オンラインでのキャンセルはできませんのでご注意ください。 キャンセルをご希望の場合は、ください。 ・古書についてのヘルプ、Q&Aは。 --このテキストは、版に関連付けられています。 本名、津島修治。 東大仏文科在学中に非合法運動に従事するもやがて転向、本格的な執筆活動へ。 35年 昭和10年 、「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。 この頃からパビナール中毒に悩む。 39年、井伏鱒二の紹介で、石原美知子と結婚。 平穏な生活を得て、「富嶽百景」「女生徒」「走れメロス」などの多くの佳作を執筆。 戦後、『斜陽』でベストセラー作家となるが、「人間失格」を発表した48年、「グッド・バイ」連載中の6月13日夜半に山崎富栄と玉川上水で入水し、没 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです --このテキストは、版に関連付けられています。 内容(「MARC」データベースより) This book offered all this and more to Yours Truly and so I am giving the book 5 stars and an A from me. Started reading this book earlier on a flight from New York, about 10 hours ago. Between plane changes, doing laundry, and dinner it is now 12:30 am and I work in 8 hours. If you read this review, please read this book, it was totally wonderful. 10 stars I've read a lot such a different story which was so nice to read and so interesting I read this book in a day and a half in fact at 12 midnight It's pretty unusual for a man to be writing feature articles in the society section of a newspaper in the 40's. I found the plot to be engaging and the pacing about right. It's a good read for an afternoon. It was full of details that made a difference. You won't want to miss one word of this beautiful book. I am definitely a fan and look forward to reading more of the author's work! Though I am an avid reader, I have difficulties lately in falling into a book. I loved this book. I notice that some of the negative reviews thought the narrative was improbable and they did not like the ending. 太宰治は「人間失格」と「走れメロス」のみしか知らず、また先二つは中高の国語の時間に習ったがえらく退屈だった。 最近になって坂口安吾作品を読み漁っていたところ、「不良少年とキリスト」という響き良く面白そうなタイトルを見つけ、読んだ。 ミステリー作品かとルンルン気分で読んだら、太宰治の解説文だった。 解説文の様だったが、なんだか切なくなったのと坂口安吾が「斜陽」はヤバイと褒めちぎっていたので、早速読んだ。 坂口安吾の評した通り「斜陽」はヤバかった。 タイトルから陰鬱そうだが、陰鬱って悲しいとか苦しいだけじゃないんだがって感じで。 かつ人間失格と比べスピード感が若干上がっているためスイスイ転落できる。 もうあっという間に没落ですわ。 高校の時にもしこれを読んだとしてヤバイと感じるかは不明。 「不良少年とキリスト」から「斜陽」を読むことができて、よかった。 沢山深読みできました。

次の

三鷹市|太宰ゆかりの場所

太宰 治 遺書

が最初に刊行した小説集。 そのタイトルが「晩年」というところが、なんとも人を食っている。 さらに、冒頭の「葉」がの引用で始まり、太宰自身の最初の一文が「死のうと思っていた」なのだから、まあなんというか、太宰はまさに最初から太宰だったのだ。 もっとも、実際に最初に書かれた作品は「葉」の次にある「思い出」。 てらいなく自身の子供時代を綴った好短編である。 全体的な印象としては、なかなか入り込めない作品が多かった。 とっかかりが乏しいというか、これは読む側の問題もあると思うが、散漫になりがちな意識をぐいぐい惹きつける、たとえば「」や「斜陽」、あるいは晩年の短編集のような迫力があまりない。 読み手の方でかなり配慮しないと読みきれないような印象の作品が多かったように思う。 なかでちょっと面白かったのは、幻想的な変異譚の秀作「魚服記」、主人公の名前が『』の主人公と同じ大庭葉蔵で、作者自身がちらちら登場してコメントを述べるじみた「」(自身の心中未遂事件を扱っている)、短いがどこかぞわりと怖い異様な感覚の「玩具」あたりだろうか。 著者は「遺書のつもり」で本書を出したというが、ここで「遺書」を存分に書ききれなかった残念が、のちの傑作群の創造につながっているのかもしれない。 hachiro86.

次の