幻影戦争 最強キャラ。 【FFBE幻影戦争】最強キャラランキング

【FFBE幻影戦争】キャラ評価一覧

幻影戦争 最強キャラ

オルランドゥ自身もリミットバーストで 広範囲大ダメージ+自身にヘイスト効果と手数を増やす際にも優秀な性能を持つ。 剣聖は前衛アタッカーとして優秀なジョブで、 防御デバフや 十字範囲攻撃のスキルを習得可能。 ナイトまで開放すると 被ダメージ軽減も可能になるので前衛としては優れたキャラといえる。 FFTではゲームバランスが崩れる程の圧倒的性能だっただけあり、本作においても 火力だけでいえばトップクラスの性能を誇るキャラ。 に比べてHPが大幅にアップしており、弱点であった耐久値をカバー。 範囲光属性キラーのカタストロフィ等、刺さりやすいアビリティも嬉しい。 総合的に見てアタッカーとしての性能は文句無し。 宿命の王子 シュテル・リオニスの上位互換といって差し支えない性能といえる。 ただ、 移動力が相変わらずの3と コスト100のキャラなので育成難易度が高いのはネック。 と同等の育成難易度となっているので無課金が手を出す際には注意が必要なキャラ。 第一に、期間限定キャラとなっているので育成期間が短く無課金の人にはオススメ出来ない。 尚且つ、 パラディンジョブにて高耐久を獲得出来るのも嬉しい。 マスターアビリティは 素早さ+10%、さみだれ射ちに必中効果が付与とかなり強力な効果になっている。 唯一の懸念は 弓武器で良質なものが無い程度。 アタッカーとしても壁役としても実に優秀な性能を誇る。 火力は同時実装のに比べると劣るが、それでも 範囲ストップの不動無明剣などを習得出来たりと便利な技を保有。 耐久力が高く、敵の行動を制限出来る点から考えると対人戦での活躍を見込める。 味方へのバフ効果等も保有しており、サポート兼タンクとして運用可能。 対人戦は勿論のこと、白磁の塔などの高難度クエストで長期的にタンクを請け負える点が魅力。 移動力は低いものの、 シフトアタックなどで前線にも出やすくマスターアビリティで攻守アップを行えるなど防御のみに秀でているという訳でもないのがポイント。 攻守に復帰力と三拍子が揃っており、 トラストマスターで得られるアクセサリーも強力。 リセマラするタイミングで取れる機会があるなら是非とも狙っておきたいところ。 サポートアビリティでも 風属性攻撃アップの激成風のルーン、精神貫通率・命中アップのシャープマインドと火力を底上げする効果を豊富に持つのが特徴。 全体的にステータスも高水準に設定されており、非常に強力な性能を誇る。 激成風のルーンは氷属性耐性ダウンのデメリットがあるものの、最大レベルまで上げるとデメリットが無くなる点も嬉しい。 マスターアビリティは 精神貫通率+20、魔力+10%。 現環境で最高の盾役であるエンゲルベルトに対して高ダメージを狙える為、対人戦において活躍。 素早さも高く行動順が回ってくるのも早いので一気に距離を詰めて高ダメージを狙える性能。 育成段階では回避を盛り切れず耐久面に難を感じるが、育成を進めていくと解消される。 対エンゲルベルト用に獲得しておくのも有り。 過去に実装されていた槍使いは火力面は優れていたものの、機動力がお通夜状態であった為中々手を出しにくかった。 しかし、新ジョブのヴァルキリーで習得する「迅突の極意」は 刺突攻撃+素早さアップの優れもの。 火力面に関しても 攻撃アップ+防御貫通効果の「戦乙女の彗眼」や、マスターアビリティによる 攻撃力+20%など十分実用レベル。 さらに 「トリプルピアッサー」によるチェイン稼ぎや、 必中効果の「シュアリーバースト」で高難易度にも対応可能。 今から始める場合には入手しておくと使い勝手が良いキャラである事は間違いない。 遠距離攻撃&範囲攻撃に特化した性能を持ち、 アビリティボード&マスターアビリティ&サポートアビリティ等で大幅な火力アップが可能。 射撃ユニットの中ではトップクラスの火力を誇る為、遠距離から高ダメージを狙える優れたキャラ。 同時に 殲滅力も高く周回性能も高いので使いやすくオススメ。 マスターアビリティでは 氷属性キラーも同時に獲得出来たりと、対人戦でも刺さる点は魅力。 反面、 耐久値が低く物理アタッカーに近付かれるのは苦手。 壁役のヘイトを上げて狙われにくい環境を作っておく必要がある。 長距離攻撃+高火力のキャラであり、 防御貫通の補助アビリティ等を保有しており壁役に対して高い効果を発揮出来る。 尚且つ、マスターアビリティで 攻撃+10%土属性キラー+15%を獲得可能。 育成のしやすさから多用されているに対しては特に脅威。 勿論、同属性のに対しても同じ。 メインクエストでは勿論の事、PVPでも活躍出来る性能は是非とも獲得したい。 さらにマスターアビリティでも 魔力+20%と火力を底上げしつつ、 アビリティ発動時間-20%と詠唱短縮も可能。 魔法詠唱中は非常に不利な状況となる為、その点をカバー出来るのは大きなメリット。 火力枠としても採用出来る上に、 時魔道士をサブジョブにすればクイック等でサポートにも回れる。 物理攻撃全般に弱い点はネックだが、それを差し引いても狙う価値は十分。 その他、リミットバーストで 範囲麻痺など対人戦でも活躍出来る性能。 周回性能は永遠の魔女 メディエナに軍配が上がるが、対人戦はこちらの方が上。 12位:永遠の魔女 メディエナ キャラ性能&個別評価 魔力が高いので魔法アタッカーとして運用したいキャラ。 相手を深追いする必要もなく、安全に威力の高い攻撃を行える点はメリット。 忍者としてサブアタッカーで運用も出来たりと火力要員として幅広く使える。 若干射程が短い事で等に比べて前に出なければならず被弾は多め。 ただ 魔法職では珍しく耐久面に優れており、尚且つステップマジックによる移動後攻撃で距離も詰めやすいのが魅力。 攻守に秀でているだけでなく、回復能力も習得出来るので汎用性の高いキャラといえる。 攻守速が高く、MOV+1を習得する事でネックとなる移動力を補う事も出来る。 さらに、も所有している 範囲ストップ付与の不動無明剣を習得したりとジャマー要素もある強力な性能。 敵の行動を制限しつつ高い移動力で敵を撃破出来るなど、優れたアタッカー性能を誇る。 育成段階にもよるが、 近~中距離まで対応出来るので狙っておいて損はない。 ただ 火力を最大まで高める為には捨て身をセットしなければならず、そうなるとやはり耐久面に不安を感じる。 ハイト 高低差 が高いほど効果が増す魔法や、 レベルが4の倍数の敵に対してダメージ増加の魔法を持つ。 高火力を生むにあたって条件があるものの、むしろ条件を満たせば高い効果を望めるのはプラスポイント。 中でもサポートアビリティの 「レベル4をレベル3に」を習得する事で、レベルが3の倍数に対して大きな効果を発揮可能。 特に対人戦ではレベル99のキャラが豊富にいるので、確実にセットしておかなければならないアビリティといえる。 範囲も広く高低差のある地形でも対応出来る上、広範囲の敵を一掃出来る為周回性能はかなり高め。 回復能力も持ち合わせているのでサポートも担える優秀なキャラ。 レインと同じとはいえ、こちらのロールは斬撃アタッカーとなっており 武器に迷う心配が無いのが魅力の1つ。 さらに 命中率も高く、安定してダメージを与えられる安心感も併せ持つ。 ただ、 移動力が低く素早さも召喚獣や装備で盛らなければそこまで高いとは言えない。 尚且つ 射程も短く機動力をカバー出来るものが少ないのもネック。 アタッカー性能は高く優秀なので、最低でも行動順を早めるような装備編成で運用したい。 精神の高いタンクとなっており、魔法攻撃に強いのが特徴。 魔法ダメージ軽減&ヘイトアップのアストラルガードを習得出来る為、魔法攻撃が得意なへの対策としても運用可能。 さらに 自身の魔力も高く、魔法アタッカーとしても十分な火力を発揮。 機動力にやや欠けるものの、 攻撃範囲の広いスキルが多いのでそこまで気にならない。 同時期に実装された高難易度クエストである白磁の塔20階をクリアすることでほぼ専用武器であるクリムゾンセイバーを獲得出来るのも有難いところ。 狙うのなら武器も一緒に獲得しよう。 メインジョブが忍者のキャラはSSRののみとなっており、URでは初実装。 尚且つ ソルジャーで捨て身のアビリティを習得する事で火力アップも行える。 育成もしやすく、 時魔導士を開放する事で味方のサポートも可能。 尚、SSRのシャドウリンクスはレアリティの割にかなり優秀なので獲得しておく事をオススメする。 と同じメインジョブなので 安定した火力を誇る。 接近戦~遠距離までこなせるアタッカーとなっており宿命の王子 シュテル・リオニスを確保していないのなら狙うのも有り。 ただしシュテルを既に持っているのならそこまで優先する必要は無い。 ファイナルファンタジータクティクスの主人公で、コラボ記念で実装。 性能を度外視して獲得したいファンの方も多いハズ。 アタッカー兼サポート要員としての運用が出来るが、メインアタッカーとして運用したいなら育成を行って忍者まで早めにサブジョブを開放させたい。 育成に時間がかかる部分はある。 攻撃力が高く、斬撃攻撃に特化したユニット。 捨て身、バイキングの心得で火力を大幅に底上げ出来るのでアタッカーとしての運用がオススメ。 毒針を習得する事で直線だが、遠距離からの攻撃も可能。 ただ、 Moveアップ系のアビリティが無いので機動力に欠けるのがネック。 22位:宿命の王子 シュテル・リオニス キャラ性能&個別評価 火力が高いアタッカー枠。 HP消費で大ダメージを与えられたり、 HP吸収アビリティによって生存率も高め。 自身でのHP管理がしやすく他キャラに依存しない火力の高さが優秀。 火力を第一に考えるのであれば入手しておいて損は無い。 ただ、攻撃枠として運用するよりも味方のサポートを行いながら壁役としての使うのがオススメ。 パラディンを開放して耐久面を高めれば攻撃枠のキャラと前衛に出向き攻められる。 MOVが3とそこまで高くは無い。 リミットバーストは範囲が若干特殊ではあるが 3ターンの魅了付与。 魅了状態は味方を攻撃してしまう為、対人戦での活躍も視野に入る。 槍使いの足の遅さをカバー出来るジョブ構成になっている。 接近戦が得意なジョブは狭い場所で行動選択が出来ない場合もあるので遠距離攻撃用のキャラとして確保したい。 魔法特化のキャラも遠距離攻撃出来るが、 ガンナーはチャージ時間が無いのも利点。 移動以外の行動選択が出来なくさせるドンアクなども使える為、被ダメージ軽減にも有効。 サブジョブに忍者、狩人を持っているのもポイントが高い。 全てのアビリティを漫勉なく育成していけば高性能なキャラとして仕上がるが序盤ではの方が火力面では活躍出来るだろう。 長い目で見るのなら獲得しておくのも有り。 範囲攻撃+CTデバフを付与したりと、戦闘を優位に運ぶ能力も豊富。 配布武器であるエクスカリバーの装備も行える為、最初から武器にも困らない点も有難い。 汎用性の高い性能となっており、獲得しておけば非常に便利。 ナイトは火力がそこまで無い代わりに、耐性値が高く耐久面に特化している。 サブジョブの侍のアビリティである刀魂を習得する事である程度の火力を出せるものの、 メインはデバフ要員や味方の壁としての運用がオススメ。 火力が高いジョブが多く、初期からジャンプなどを使って高ダメージを出せるのが魅力。 竜騎士は高低差をカバーするjump+1も習得出来る為、移動もしやすいのがポイント。 ただ、 素早さが若干低めに設定されているのででカバーしたい。 特にURは素早さアップ+刺突攻撃アップの効果を得られる為、相性が良くオススメ。 ヒーラーは貴重だが、メインクエスト等で使う機会は少な目。 というよりも 敵数が多ければ回復が間に合わずに落とされてしまうケースが多い。 蘇生スキルに関しては有難いが、それなら力押しでガンガン攻めた方がおすすめではある。 高難易度では活躍する場はあるかも知れないが、優先すべきは火力枠。 ステージによって運用方法を変えたりと、2役こなせるのはメリット。 ただ、サポート役よりも回復役を求めるのであればの方が秀でているのでそちらを狙うようにしたい。 32位:鋼の守護者 エンゲルベルト キャラ性能&個別評価 貴重なタンク役のジョブを持つキャラ。 HPが高く敵の攻撃を引きつけられる為、味方を守るのに便利。 特に後衛からの攻撃魔法を得意とする黒魔導士などと編成すると活躍出来る。 序盤ではそこまで必要としないが、 中盤から活躍する機会も増えてくるキャラ。 とはいえ攻撃力がそこまで突出している訳でもなくの方が余裕で上。 ガンブレイカーや竜騎士、赤魔導士と火力だけでなく幅広く運用出来るジョブを保有しているのでステータスよりもジョブ目当てで獲得したい。 ただ、ガチャからは直接は排出されずガチャでメダルを獲得して交換の流れになる。 課金前提なら狙うのも有りだが、そうでない場合はスルーでOK。 34位:信念の女拳闘士 ジザ キャラ性能&個別評価 素早さが高いアタッカー。 シーフで盗むも出来、 槍術士で2マス貫通攻撃も出来たりと便利。 攻撃力は若干低めに設定されているものの、素早さが高いので使い勝手が良い。 HPも高めで生存率が高いのもポイント。 35位:赤き獅子王 エルデ・リオニス キャラ性能&個別評価 火力が高いアタッカー枠。 その他、 侍として味方へサポート効果を付与する事で戦闘を優位に出来る。 火力に特化しているだけでなく、 多岐に渡って使える便利な性能といったところ。 上位キャラに比べて優先度は低いが、優秀なキャラ。 ステータスも攻撃寄りとなっており、噛み合った性能が使いやすい。 ただ、 素早さがかなり低くなっているので行動順で先手を取る事は難しいキャラ。 優秀なアタッカーではあるが、それならの方が上。 37位:勇猛なる賢王 ロブ・ホルン キャラ性能&個別評価 火力よりもサポート能力が多めのキャラ。 ただ、序盤はサポート能力を求めるよりも個人火力を必要とするので優先度はそこまで。 後半の事を考えて確保するにしても他の上位キャラを確保しておいた方が便利。 序盤~終盤まで腐ることなく使える枠となっているので、序盤で獲得しておけば安泰です。 キャラを覚醒する事で使用出来るジョブが解放されるので、ジョブの組み合わせでキャラを選ぶのも1つの選択基準ともいえます。 のように貴重なジョブを持つキャラを優先するのもおすすめです。 どれも強力なジョブでそれぞれに強みがある為、どれを選んでも使いやすい。 SSRの中でもかなり使いやすく、強力なキャラ。 遠距離攻撃に特化しているだけでなく、素早さも高くシーフでの盗む系アビリティの運用も可能。 マスターアビリティでは 命中+30、暗闇・ドンムブ・ドンアク発動率アップを習得。 回避パーティに対して強みを発揮出来る事は勿論、高い素早さを活かして初手で行動制限を付与出来れば戦況は大きくこちらに傾くだろう。 素早さだけでいえばと同率という点から見ても実に優秀。 移動力の低さはネックだが、元々遠距離攻撃を行うジョブなのでそこまで気にならない。 忍者がメインジョブのキャラは貴重&優秀な部類に入るのでSSRといえども確保しておいて損は無い。 クリティカル発生率アップの3段攻撃、夢幻三段などを習得可能。 しかも難易度は低さの割に 壁役としては非常に優秀な為、最優先での育成をオススメ。 HPの高さ、そして固さは対人戦においても活躍してくれる上に キラーブレードによる人キラーも火力要素としては十分。 勿論、アタッカーと比べてしまうと火力は劣るが壁役としての性能はかなり高い。 どんな編成においても活躍してくれる汎用性の高さも魅力の1つ。 回避特化のタンクとして実装され、シーフの心得を習得する事で機動力も確保可能。 アビリティボードで 素早さアップも+10出来たりと、SSRの中では優秀。 さらにマスターアビリティでも 回避+10、消費AP-20%と回避能力を底上げ出来る。 火力が欲しい場合には刀魂をセットする事である程度カバー出来るのも有難い。 ただ火力面に重視するよりも長所を伸ばして、回避タンクとして運用するのがベスト。 足回りが速いタンクは貴重な為、獲得しておくと便利。 さらに 最大覚醒時に習得出来る「闇の剣」でHP吸収可能なので、低い耐久面を自身でカバー出来るのも有難い。 火力不足ならば入手しておけば活躍してくれる事は確実。 入手方法はログインだけ。 必ず入手しておきたい。 高威力の黒魔法に回復効果の多い白魔法を習得。 少ない移動力に関しては忍者で開放出来る「縮地」をセットすれば十分カバー可能。 の下位互換のようなものとなっており、周回性能が高い。 URキャラを育成するよりかは育成素材も少なく済むのでSSRキャラではオススメ。 耐久力が高く、タンクとしての運用をオススメ。 機動力に欠ける部分があるものの、 縮地を習得出来る為十分カバー可能。 魔力も割と高く、エアロガ剣等で火力を出せたりと汎用性が高く使い勝手の良いキャラ。 攻守共に秀でた性能を誇る為、UR育成が厳しいなら狙っても良いだろう。 バイキングの心得や集中アビリティによって火力を大きく上げられる遠距離アタッカー。 マスターアビリティでは クリティカル+50を獲得出来る為、数値以上のダメージに期待が出来る。 素早さを底上げするアビリティボードもある上に、 狙い撃ちによる必中攻撃も強力。 耐久値は正直紙なので、タンクの後ろから攻撃を行うように編成したい。 移動力の低さはネックとはいえ遠距離攻撃メインなのでそこまで気にしなくてもOK。 狩人の心得をセットする事で射程を+1出来る為、機動力のカバーとして使おう。 メインジョブが狩人のキャラではトップクラスの火力を誇る為、育成を視野に入れるのもあり。 全てのジョブが魔導士系となっており、攻撃+ジャマー+サポートを1人で補えるのが特徴。 マスターアビリティで 魔力+25%など、火力に関してもSSRキャラでは申し分ない。 長期戦にも対応出来る為、育成しても損にはならないSSRといえる。 その反面、 斬撃攻撃には弱くなっており、対人戦等では正直活躍の幅は狭い。 物理斬撃キャラは多くが高火力な為、太刀打ちするには荷が重い。 尚且つ同時開催されているFFコラボイベントによりヤ・シュトラの欠片も比較的簡単に集める事が出来るので、期間内であれば 限界突破も他キャラより簡単に出来るのもポイント。 性能面も魔法タイプのアタッカーとして序盤から活躍してくれるのでオススメ。 優先して 育成を行えば回復能力も覚えられる為、幅広く運用が出来るキャラといえる。 ただ、性能としては他でも十分代用の利く存在となっているのであえて優先して狙う必要性は少ない。 シーフジョブ持ちで手持ちに優れた性能のキャラがいないのなら狙うのも有り。 機動力に欠けるものの、配布キャラと考えれば攻守に優れた性能を誇る。 HPが高く、HP吸収のスキルを持つので長期戦にも対応可能。 ただ、素早さと足が遅すぎて前線に出るのにタイムロスがあるのがネック。 覚醒は見送るにしても最大まで限界突破出来る分の欠片だけは集めておきたい。 15位:命知らずの一番剣 シュゼルト キャラ性能&個別評価 高火力のアタッカー。 SSRの中でもトップクラスの攻撃力を誇る為、URキャラが不足しがちな序盤に居れば助かる。 HPがやや低めに設定されているので、先を見て運用するのなら早めに育成を行って狩人にしておきたい。 高火力での援護射撃は強力の一言。 16位:白き光の礼拝者 祈り キャラ性能&個別評価 SSRの中でも屈指の回復性能を誇るキャラ。 しかし、必要性が高いのは回復能力よりも火力要素。 その為、いくら高い回復能力を持ち合わせていても正直優先度は低め。 但し、 蘇生能力を持っており味方が戦闘不能になった場合などには活躍してくれる。 ただ、 真っ先に落とされる可能性が高く壁役のキャラと同時編成は必須。 17位:慈愛の王妃 ヘレナ・リオニス キャラ性能&個別評価 SSRの中でも 魔力がトップクラスに高く、魔法アタッカーとして優秀。 ボスや雑魚相手にも運用出来る性能となっているので、獲得しておいて損は無いキャラ。 その他、時魔導士や白魔導士としての運用も出来る為パーティの足りない部分も補強してくれる。 18位:誇り高き竜騎士 ロレンツォ キャラ性能&個別評価 初期ジョブが竜騎士となっており、 ジャンプや竜血などで高火力を出せるキャラ。 攻撃力自体はそこまで高くは無いものの、高威力のアビリティを持つので序盤で入手出来れば重宝する。 槍術士のアビリティで刺突のダメージアップを行えたりと、ステータス値以上の火力を持つ。 序盤は火力が低くく、長期戦になりがちなので狙っておくのも有り。 火力が高く、移動力もカバー出来るのでSSRの中では割とシンプルに使いやすい性能。 SSRトップクラスのに比べると素早さは劣るが装備や召喚獣、ヴィジョンで盛れば普通に運用可能なレベル。 ただ、似た性能のキャラは他にもいるのでシムールでなければならない理由はない。 初期ジョブは侍で悪くは無いのだが、他アタッカーの方が火力も高かったりする。 その為、戦士や忍者のアビリティを習得出来るように早めに育成しておきたい。 弓での遠距離攻撃+回復能力で味方をサポートするのに秀でているキャラ。 ガンナーにもなれるが、 魔力が高いのでクレリックなど魔法系のアビリティをセットした方が便利。 攻撃系の魔法だけでなく、回復系の魔法を使用する事も出来る為 サブヒーラーとしての運用も可能。 ステータスでの魔力はそこまで高くは無いものの、汎用性が高く便利。 状況に応じて幅広い運用が出来るので入手しておけば様々な場面で活躍してくれるだろう。 23位:奈落の暗殺者 ライリュウ キャラ性能&個別評価 素早さが高く、遠距離から攻撃を行えるガンナー。 他にも シーフのアビリティを習得出来る為、盗むなどで周回にも便利。 攻撃力も割と高く、幅広く運用が出来るのでオススメ。 攻撃力特化のバイキングかガンナーで射程範囲をカバーするかで別々の運用方法が可能。 ただ、 MOVが3と移動力に欠ける為その分を補うガンナーを選択するのがオススメ。 とはいえ、ガンナーが3つ目のジョブに配置されている為ある程度育成しなければ開放されない。 SSRキャラをそこまで育成するメリットも無いので、狙う価値は低め。 ただ、壁役として運用するのなら育成のしやすさ等も含めてがオススメ。 パーティに2体も壁役は必要ないので、運用するのであれば竜騎士などで火力役として運用したい。 イベントクエストをクリアする事で獲得出来るキャラとなっているので入手難易度は高くない。 ジョブの組み合わせもそこまで特筆すべきものでは無い。 イベント配布のキャラなので獲得しておいて損は無いといったところ。 ナイトのサブジョブを開放出来れば耐久面も上がり接近戦を仕掛けやすくなるが、既に他に有能なキャラがいるのなら素材を捧げる価値は薄い。 27位:求滅の異邦人 ヴィストラール キャラ性能&個別評価 攻撃力が高く、初期ジョブがシーフのキャラ。 敵からアイテムを盗んだりも出来る為、周回等では役立つ性能。 HPが低く打たれ弱いので後半の運用では、先手必勝タイプのソルジャーにするのもおすすめ。 URキャラでシーフジョブを持つのはのみ。 その為、リセマラする場合はジザをあえて狙うよりもこちらを狙っておきたい。 28位:幻視する槍術士 ラマダ キャラ性能&個別評価 槍術士で 射程2マス範囲に攻撃可能なキャラ。 その為、 敵が並んでいる場合には同時攻撃も可能。 しかし、 味方と敵が横並びになっている場合には味方も巻き込んで攻撃してしまう場合もあるので注意。 攻撃系のアビリティが多いものの、 ステータス上の攻撃力が若干低めとなっているのでアタッカーとしてはやや不向き。 アタッカーはURキャラを狙うのがオススメ。 29位:戦場の赤き焔 リリシュ キャラ性能&個別評価 SSRの中でも 高い攻撃力を誇るキャラ。 HPも高く、前衛としてガンガン攻めていける性能となっており壁役としての運用も可能。 序盤では火力役が必要になるので、入手しておいて損は無い。 ただ、 アタッカーをURで確保するのであれば優先度は低め。 回復~状態異常回復まで様々な場面で活躍してくれる有難い性能。 クレリックとして与ダメージにも期待出来ない事も無いが、ヒーラーとしての運用がメインなのでそこまでオススメはしない。 31位:電光石火の格闘娘 メリルーク キャラ性能&個別評価 蘇生能力を持つアタッカーとして使えるキャラ。 ナイトとして運用する場合にはデバフ効果を敵に付与出来る為、戦闘を優位に運びたいならオススメ。 ただ、URの上位キャラを狙う場合なら優先度は低め。 32位:孤高の独裁王 クーリ・ウェズエット キャラ性能&個別評価 狩人として 遠距離攻撃を行えるキャラ。 攻撃力は低いものの、 竜騎士ジョブを保有しているので火力アップの要素などを豊富に持つ。 ジャンプはジャンプ中に対象が攻撃範囲からいなくなれば攻撃を行えないスキルだが、当たれば高火力。 ただ、URキャラを最優先にするのが第一なので器用貧乏なSSRキャラをあえて狙う必要は薄い。 総合評価 基本的にSSRキャラはURキャラよりも性能が劣る為、優先度は低めとなっています。 URキャラランキングの上位を狙う際に同時排出されたら有難い、程度に思っておきましょう。 とはいえ、序盤で役立つヒーラーやアタッカーは入手しておいて損はありません。 配布キャラや初期キャラもランキングに入っていますので、先ずはそちらを育成するのもおすすめです。

次の

【幻影戦争】【疑問】今人権レベルの最強キャラっている?

幻影戦争 最強キャラ

FFBE幻影戦争をダウンロードする• 名前を入力する(重複可能・後から変更可能)• チュートリアルをクリアする(ストーリースキップ可能)• プレゼントから幻導石などの報酬を受け取る• ガチャを引く• レアリティ ユニット ビジョンカード UR 2. 00014% 2. 00014% SSR 7. 99455% 8. 00156% SR 31. 42920% 20. 00140% R 8. 57160% 20. パーティー編成では 5体+フレンド1体まで組み込むことができるので、なるべく多くの高レアキャラを当てておくと、序盤から攻略が楽になるだろう。 なお、マルチプレイでは各プレイヤー(4人)が、 1体ずつユニットを連れて行ける。 つまり、お気に入りのユニット1体に強い召喚獣や武具、ビジョンカードを装備して強くしていくのがおすすめだ。 中でも、ギルガメッシュは報酬のUR武具 「エクスカリバー」が使え、メインジョブ 「翼ある者」は強力なジョブだ。 翼ある者は自身への強化や、味方のHP回復とあらゆる場面で活躍が見込めるジョブ。 なお、CT溜まる早さダウンスロウ効果も非常に強力なスキルとなっている。 アヤカはメインジョブが 白魔道士なので、優秀な後衛のヒーラーだ。 回復系のキャラは貴重な存在となっており、サブジョブは 「時魔道士」でこれまた優秀なジョブ。 時魔道士は味方のCTを溜めるやすくしたり、敵のCTを溜めにくくしたりと、戦闘を優位に運んでくれるだろう。 FFBE幻影戦争|各ジョブの特徴 ジョブ 性能・評価 戦士 前衛の物理アタッカータイプ 自身の攻撃強化や味方の回復ができる ナイト 前衛の物理アタッカータイプ 敵へ攻撃する際に、攻撃・魔力を 弱体化させることができる ソルジャー 前衛の物理アタッカータイプ 火力に特化しており、HPを消費 して大ダメージを与える モンク 前衛の物理アタッカータイプ 連続拳によるチェインや、ためる による大ダメージを狙える 槍術士 前衛の物理アタッカータイプ 貫通攻撃可能な槍に加え、 クリティカル発生を上げる 白魔道士 後衛のヒーラータイプ 味方のHPの回復に特化 味方の耐久をあげることも可能 黒魔道士 後衛の魔法アタッカータイプ 詠唱時間はあるが高威力・範囲魔法 攻撃が可能 シーフ 前衛の物理アタッカータイプ 素早く機動力に優れ、敵から物を盗む 緑魔道士 後衛のサポータータイプ 味方の属性耐性を強化したり、 敵の防御・精神をダウンさせる 侍 前衛の物理アタッカータイプ 味方のBraveや回避を上げる パラディン 前衛の物理攻撃に強いタンクタイプ 防御特化で敵からの攻撃を引き付ける 時魔道士 後衛のサポータータイプ 敵味方のCTを管理できる クレリック 後衛のサポータータイプ 味方の状態効果予防や光・闇属性耐性 強化などを行う 忍者 前衛の物理アタッカータイプ 素早く機動力に優れ、敵から狙われにくい 竜騎士 前衛の物理アタッカータイプ ジャンプ攻撃が可能で槍と竜剣を使用 翼あるもの 前衛の魔法アタッカータイプ 攻撃・自身強化・味方HP回復ができる FFBE幻影戦争|基本データ.

次の

【FFBE幻影戦争】2020年!URランキング。最強キャラは誰?

幻影戦争 最強キャラ

フォーギヴン・ディソナンスを倒せばクリア• 取り巻きを倒す意味は薄い• 宝箱の回収は最優先 フォーギヴン・ディソナンスを倒せばクリア FF14コラボクエストのEXは、ボスモンスターである「フォーギヴン・ディソナンス」を倒す必要があります。 HP以外のステータスは低めに設定されているものの、固有アビリティのダメージ倍率が高く、HPを4桁確保できないキャラは概ねワンパンされます。 低確率にはなってしまいますが、ドンムブやスロウが通ってしまいます。 射程はあくまで1、かつAPは常識的な値に留まっていますから、以降は敵のアクティブターンで距離を離せば封殺も可能です。 死体に引っ掛けてハメることも可能 フォーギヴン・ディソナンスは、ボス恒例の4マスサイズユニット。 戦闘不能になった敵や味方を上手く使えば、動けない状況を簡単に作れます。 あとはCTを上手く調整し、2回行動できる時に攻撃して離脱を繰り返せば、ダメージを受けずに攻撃を繰り返せます。 まぁそのうちクリスタルになっちゃうんだけど クリスタルを取られるとほぼ詰み フォーギヴン・ディソナンスのHPは驚異の5,000超え。 HPを割合回復してしまうクリスタルを取られると、4桁単位でHPが回復して一気につらくなります。 HP回復はこちら陣営も喉から手が出るほどほしいものなので、クリスタルは積極的に回収しましょう。 取り巻きを倒す意味は薄い FF14コラボクエストのEXは、取り巻きの雑魚モンスターを倒す意味が薄いクエスト。 むしろ雑魚処理にCTを使ってしまうと、フォーギヴン・ディソナンスへの与ダメージが不足してしまいがちです。 取り巻きは範囲攻撃の巻き込みや、ボスへ攻撃が届かない時のAP回復のついでに処理するくらいで丁度いい印象を受けました。 アレ相手に持久戦は無理 宝箱の回収は最優先 FF14コラボクエストのイベントアイテム「トーンストーン魔典」は、マップ上に2つある宝箱でのみ獲得できます。 トーンストーン魔典以外に周回のうまみは一切ないため、EXに挑戦するなら必ず宝箱も回収しましょう。 各EX適正のあるオススメキャラ EX1の適正キャラ 最適正 理由 エンゲルベルト ・光属性で相性抜群 ・HP2,000の確保が容易 適正 理由 サンクレッド ・光属性で相性抜群 ・連撃スキルでチェイン数を稼げる ギルガメッシュ ・斬耐性低下が優秀 ・広範囲スキルでサボテンダーを巻き込める ロブ・ホルン ・光属性で相性抜群 ・サポアビの構成が超優秀 エルデ・リオニス ・ためるによる超火力 ・死体ハメで一方的に攻撃可能な射程2 ジザ ・ためるによる超火力 ・闇属性で弱点を突ける シュテル・リオニス ・火力の高いメインソルジャー ・闇属性で弱点を突ける 「漆黒の反逆者」EX1の適正キャラはこんな感じ。 光属性かつ高耐久の斬ユニット「エンゲルベルト」は最適正キャラで、火力も足りちゃうのでフレの高レベルエンゲルだけで倒せると思います。 ロブは単純に火力が高い EX2の適正キャラ 最適正 理由 エルデ・リオニス ・相性の良い火属性 ・ためるによる超火力 適正 理由 メディエナ ・現状最強の魔アタッカー ・リミバで氷属性耐性を下げられる ヤ・シュトラ ・現状最強の火魔アタッカー ・ワープスキルで宝箱回収が楽 ・HP確保がしんどい ジザ ・ためるによる超火力 ・闇属性で弱点を突ける シュテル・リオニス ・火力の高いメインソルジャー ・闇属性で弱点を突ける 「漆黒の反逆者」EX2の適正キャラはこんな感じ。 あえて最適正キャラを挙げるとすれば、火属性かつためるを持っているエルデ。 敵のMoveが7なので、射程の長い槍である点も逃げられづらくて嬉しいところ。 恐らくは接待対象であるヤ・シュトラですが、魔SSRなのでHP700の確保にはそれなりの育成が必要です。 ちなみにジザやシュテルは高火力・高素早さの闇アタッカーなので、EX1ともどもオススメ。 披ダメも痛いですけど……。 スポンサードリンク• HP1のサボテンダーを処理• 宝箱回収および補助をかけつつ進軍• フォーギヴン・ディソナンスを集中攻撃 「漆黒の反逆者」EX1は、URのコラボユニット「サンクレッド」を使わせるためのマップ。 とはいえEX自体のコンセプト上「素早さ」ステータスが欲しいので、鈍足気味なサンクレッドはかなり育成しないとツラいです。 ボスの弱点に斬撃と光属性が追加 特殊アビリティ ・光属性アビリティ攻撃耐性ダウン ・斬撃攻撃耐性ダウン 「漆黒の反逆者」EX1では、ボスに斬撃耐性低下効果と光属性耐性低下効果が追加されています。 同属性によるダメージ軽減を受けながら大きなダメージを与えられるため、光属性ユニットで挑戦すると難易度は大きく下がります。 サボテンダーに近づかれたら負け 取り巻きとして出現するサボテンダーは、超火力低耐久。 アクションアビリティ「針千本」で固定1,000ダメージを与えてくるため、育成済みの前衛以外はワンパンされてしまいます。 かといってサボテンダーの初期位置はどれもボスから少し遠く、そちらを気にかけすぎると今度はボスを削りきれません。 HP4桁を確保できると楽 アタッカーのHPを1,000を確保できると、そのユニットは生存率が一気に上がります。 敵は倒せるユニットを優先して狙うので、針千本の対象に選ばれにくくなり、結果与ダメージを稼ぎやすいです。 オート攻略は絶望的 「漆黒の反逆者」EX1は、オートでの攻略が絶望的。 こちらのAIが倒しやすいサボテンダーを狙ってしまううえ、倒し損ねたサボテンダーには4桁ダメージを貰ってサクサク倒されていきます。 EX2は常識的な取り巻きが用意されており、オートでの攻略も可能なので、ミッション消化後はそちらの周回を推奨。 宝箱回収および補助をかけつつ進軍• フォーギヴン・ディソナンスを集中攻撃 「漆黒の反逆者」EX2は、ボスを集中攻撃してしまうのが一番楽だと思います。 取り巻きはウルフや白魔などのよく見かけるものばかりで、HP5,137の前ではケアルなんて誤差なので、範囲アビリティに巻き込めれば巻き込むくらいの意識で。 EX1よりも攻撃的な性能 EX2のフォーギヴン・ディソナンスは、EX1よりも攻撃的な性能。 HPこそ1,000程度下がっているものの素早さが60あり、実質的な火力は1. 5倍にまで上昇しています。 また、Moveは驚異の7となり、およそマップのドコからでも自ユニットが狙われてしまう印象を受けました。 HP確保が必須 素早さ60、かつMove7で初手大ダメージアビリティを使うため、EX2へ連れて行くキャラはHP確保が必須。 耐性が低下しているからといって、レベル40程度の魔ユニットを連れていっても、行動前に倒されてしまいます。 どうしても低耐久ユニットを連れて行くなら、それ以上の低耐久ユニットも同時に編成して囮にするしかありません。 ボスの弱点に火属性および魔法が追加 特殊アビリティ ・火属性アビリティ攻撃耐性ダウン ・魔法攻撃耐性ダウン EX2のフォーギヴン・ディソナンスには、「火属性アビリティ攻撃耐性ダウン」と「魔法攻撃耐性ダウン」の効果が追加されています。 火属性ユニットであれば大ダメージを与えられるほか、ファイアなどの火属性魔法であれば、両方の耐性ダウンの恩恵を受けられます。 ケアルの回復量は微々たる物 EX2には取り巻きとして白魔道士が出現しますが、概ね無視してしまって構いません。 そのくせ回復量はケアルなので200以下。 白魔を殴る余裕があるなら、そのターンにボスを殴れば200ダメージは出せるはずです。

次の