デイサービス メッセージカード。 『敬老の日』メッセージカードの手作りできる?デイサービスでも簡単に作れる?

【高齢者の誕生日メッセージの書き方】おすすめ!!メッセージ例文&注意点を紹介!

デイサービス メッセージカード

『敬老の日』メッセージカードの手作りできる? 敬老の日とは「9月の第3月曜日」をさしていて、 長年かけてお仕事や生活で社会につくしてきたご高齢(65歳以上)を敬愛し、長寿を祝う日とされています。 お祝いの仕方はさまざまかと思いますが、孫から手作りのメッセージカードをもらえると、きっとおじいちゃんおばあちゃんは飛び跳ねるほど嬉しいでしょうね! 親族のかただけでなくても、日ごろお世話になったかたへの 何気ない手作りメッセージカードは、送る側も良いものを作りたいと思いますよね。 この記事では作り方の説明などをしていきます。 『敬老の日』デイサービスでも簡単に作れる? デイサービスの職員さんから利用者さんへ送ることも、毎年の行事なのではないでしょうか? 時間のない職員さんでも手軽に作れる方法はあります! 以下では、手作りメッセージカードの作り方や種類、ポイントなどをご紹介していきますね。 『敬老の日』メッセージカードの手作りはどんなものがある? 敬老の日。 我が姪 4才 が幼稚園で「おじいちゃんとおばあちゃんへ」的なメッセージカード?を書いて、それが母宛てに届いたのを見せてもらったんだけど、なぜか私まで…。 久しぶりだったので、大歓迎でたくさんのお土産を持たせてもらいました。 むすめからはメッセージカードをプレゼント(文字は旦那さん)。 来年はお手紙書けるといいね。 「これからもお世話します。 」「困っていたらいつでも助けます!」というような やってあげる、という言葉は避けるようにしましょう。 こころのこもった感謝の気持ちや、 長生きしてほしいという言葉を表すことが大事ですね! スポンサーリンク 利用者の写真を貼った手作りカード! 敬老の日以外にも、クリスマスやお正月などいろいろなイベントがデイサービスにはあるかと思います。 思い出のメッセージに添えて、写真を選ぶのも雰囲気があっていいですよね! 他にも写真の周りをマスキングテープでアレンジしたり、折り紙を貼るのも素敵です。 ちょっとこだわった飛び出すカード! とっても素敵ですね!もらった側も嬉しいと思うに違いないです! 一度覚えてしまえば、母の日や父の日、お祝いのメッセージカードにも使えそうですね。 『敬老の日』メッセージカードの例文は? 敬老の日に使えるメッセージカードの例文を調べてみたので、ご紹介していきます! ・おじいちゃん、おばあちゃん、敬老の日おめでとうございます。 いつまでもお元気な二人でいて下さい。 ・敬老の日おめでとうございます。 またおばあちゃんのご飯食べたいな。 今度遊びに行ったときに、つくってね。 ・敬老の日おめでとうございます。 ご長寿日本一を目指して、いつまでも元気でいてください。 『敬老の日』メッセージカードの手作りできる?デイサービスでも簡単に作れる?のまとめ.

次の

敬老会の出し物デイサービスのメッセージカード例文と保育園児の参加

デイサービス メッセージカード

施設では、利用者さんの誕生日を何らかの形でお祝いすることがあると思います。 その都度個別にというわけではなくとも、その月が誕生日の利用者さん数名を一緒に祝うところも多いでしょう。 その際には誕生日祝いと言うことで昼食やおやつが特別メニューになる施設も多いかと思いますが、 職員さんの手で用意できるプレゼントとしては「メッセージカード」もありますね。 特別高価なものではありませんが、 心のこもったプレゼントの代表格と言っても過言ではないでしょう。 高齢者の方へのメッセージカード作成のポイント メッセージカードはあまりお金をかけずに、相手に気持ちを伝えることができるプレゼントです。 しかし、 100円ショップなどで買ってきたメッセージカードにただ単にお祝いの言葉を書いて渡すというだけでは何だか味気ないような気がしませんか? どうせ用意するなら手作りがいいでしょう。 カードのデザインを考え、手書きのメッセージを添える。 それだけでも受け取った立場としては嬉しいものです。 そこで趣味の話題などに触れると、その利用者さんが他の利用者さんや職員さんと話していた 「あの話をちゃんと覚えていてくれたんだ」と思っていただけるでしょう。 例えば、ガーデニングが趣味の方の場合は「〇〇さんが育てたお花の話を、ぜひまた聞かせてくださいね。 」などの一文を入れるだけで、全員に同じ文章を贈っているわけではなく、 個別に考えてくれているんだ、と感じていただけるでしょう。 「お誕生日おめでとうございます。 」に加えて、このような言葉を入れることができると良いですね。 文章があまり被らないように意識し過ぎると、その方へ送るからこそ書けるメッセージがなかなか思い浮かばないこともあるでしょう。 その場合は、 無理にひねった文章を考える必要はありません。 「いつまでもお元気で、長生きしてくださいね。 」「お体に気を付けてください。 」といったその方の健康を気遣うような文章を入れるのも良いかと思います。 メッセージカード作成の注意点 先に述べたポイントだけを意識すればいいわけではありません。 勿論、 注意するべき点もあります。 とは言え、自分の家族や友人に送る言葉のように 馴れ馴れしすぎるものになってもいけません。 その辺りのさじ加減は難しいかもしれませんが、普段の施設利用時間の中で利用者さんとの関係づくりができていれば、その辺りの加減も自然と掴めるようになってくるでしょう。 贈る相手は高齢者ですので、若い世代と比べると当然視力は低下しています。 私たちが問題なく読めるサイズの文字でも利用者さんにとっては読めないサイズであったり、読めた場合でも読みづらいと感じるサイズであったりします。 文字はできるだけ大きいサイズであったり、太字で書くように意識してみましょう。 とは言え、大きすぎてもスペースを圧迫するのでカードのデザインに合わせてその辺りの加減は必要です。 ペンの色もただカラフルにすれば良いものでもありません。 紙の色によっては、見えづらくなる文字色になる可能性もあるため、 基本は黒のペンを使用し、複数の色を使う場合は、読みづらい色にならないかをよく確認しましょう。 せっかくの心のこもったメッセージも、相手が読みづらいようでは伝わりにくくなってしまいます。 メッセージカードのデザインを考える段階から、贈る相手のことを考えて作れるといいですね。 また素敵な歌声を聞かせてくださいね。 誕生日祝いだけではなく、退院祝いも兼ねたような形にもなりますね。 喜ばしい他の出来事に関しても1言入れることで、よりその方に向けてのメッセージであるという印象が強まりますね。 ここでは 3つの例を挙げてみましたが、 メッセージカードには正解はありません。 完全な正解はないからこそ、お祝いの素直な言葉を伝える方法として魅力的なのがメッセージカードなんです。 まとめ いかがでしたでしょうか? メッセージカードは手作りのプレゼントであるため、全く同じものは今後つくることはできないものです。 そのため、カードのデザインのパーツの 1つ 1つ、文字の 1つ 1つに、 丁寧に心を込めてつくってみてください。 気持ちを伝えるプレゼントですので、適当な作業をしてしまえばそれが伝わってしまうものであるとも言えます。 既製品のように完成された形でなくても全く問題ありません。

次の

敬老の日にメッセージカードを手作りしてデイサービスで渡す!作り方と例文は?

デイサービス メッセージカード

スポンサーリンク 敬老会のメッセージカードに使える無料テンプレート! 敬老会のメッセージカード、渡す相手が大人数になるほど予算もかかる! ということで、無料で使えるメッセージカードのテンプレートについて、いくつかご紹介します。 カードに添えるメッセージが一言なのか、それなりに長いのか、によっても、使いたいデザインが違ってくると思います。 メッセージを書く余白が大きい物、小さい物や、可愛いデザイン、シンプルなデザイン、などテイストの違うものを載せましたので、目的に合ったものがみつかるのではないでしょうか? 【和風】【メッセージ欄大・小あり】 敬老の日のメッセージカードデザインは数も多く、和風でセンスの良いものが豊富です。 長めのメッセージでも一言メッセージでも、余白のあるものないものがそろっているので、気に入るものが何かしらみつかりそうです。 【可愛い】 敬老の日のメッセージカードテンプレートは数は少ないですが、とても可愛いイラストで使い勝手の良いデザインです。 【可愛い】【和風】【メッセージ欄大・小あり】 メッセージ欄が大きい物と小さい物と各種そろっていて便利。 同じページに肩たたき券のテンプレートもあります。 【きれい】【和風】【メッセージ欄大】 色合いのきれいな和風のカードが中心。 花のモチーフが多いので女性受けしそう。 メッセージ欄は大き目のも中心です。 【シンプル】 名刺サイズまたははがきサイズでダウンロードできます。 名刺サイズはA4に10枚入った状態で利用できるので便利。 上品で高齢の方に受けの良さそうなデザインや、ちょっと可愛らしいデザインなど、無料でも結構レパートリー豊富にあるものですね。 印刷物とは違って、手作りならではの温かみがあり、敬老会でのおもてなしの一つとしては良い方法ですよね。 とは言え、大人数が出席する敬老会となると、1から作るのは中々の労力! もし余力があって、準備するスタッフ内で何とかなりそうな場合はそれでも良いのですが・・・ 一つのアイデアとして、 近くの幼稚園や保育園、子供会に声をかけてボランティアで手伝ってもらう、という方法も考えてもよいかもしれません。 もちろんお願いする相手に事前の調整は必要ですが、保育園などで日々の活動の合間に少しだけメッセージカード作りの時間を割いてもらえれば、ある程度の枚数も少ない費用(材料費=画用紙代程度?)で準備できる可能性があります。 メッセージは、その敬老会がどういった集まりかにもよって違ってきますね。 たとえば老人ホームやデイサービスなど、馴染みの方々が集まる施設であれば、個々人に合わせたメッセージを入れるともらった方も嬉しいですよね。 踏み込んだ一言メッセージ例文• 今度~のお話を聞かせてくださいね。 また一緒に~のお話しましょう!• 笑顔の〇〇さんにお会いできるのいつも楽しみにしてます! 無難な一言メッセージ例文• これからもご指導のほどよろしくお願いします。 ご長寿のお喜びを申し上げます!• 敬老の日おめでとうございます。 ただし、介護老人ホームなどの場合は「お元気で」などのメッセージは要注意。 人によっては「元気ならこんな所にはいない!」などと思う方もいるようです。 あまり敬老の日の雰囲気にこだわらず、普段の興味あることや会話していること、趣味のことなどについて軽く書くというのが、文面も明るい雰囲気になり良いのではないでしょうか! 敬老会のメッセージカード準備について<まとめ> 敬老の日に開く敬老会でのおもてなしの一つにメッセージカード。

次の