レンタカー ナンバー プレート。 カーリースを利用したら、車のナンバーは何になる?ナンバープレートの種類などと併せて解説!/カーコンカーリース もろコミ(もろこみ)

日本のナンバープレート

レンタカー ナンバー プレート

国内を走る車には所有者などの情報を示したナンバープレートが付いています。 ここではレンタカーの定義を知るとともに、色々な意味を持つナンバープレートについても紹介していきます。 レンタカーの定義 レンタカー会社は、道路運送法第80条第1項に定めるところによる許可を得た上で、車を有料で貸し出すことのできるレンタカー業登録を行なっています。 レンタカー業とは、正しくは自家用自動車有償貸渡業のことを指しています。 レンタカー業登録を行なった会社であれば、どんな車種でも扱えるかといえばそうではなく、例えばマイクロバスなどはレンタカー会社として2年以上営業したという実績が必要になるなど、車により取り扱うための条件が課せられるケースもあります。 ナンバープレートの大きさ 車の所有者を識別するための自動車登録番号標(ナンバープレート)は日本では文字や数字を凸型にアルミニウムに刻印するのが一般的です(字光式ナンバーは除く)。 大きさは大型番号標、中型番号標、小型番号標の3つに分けられています。 ナンバープレートの配色 ナンバープレートの色は大別すると白地に緑文字の「自家用自動車用」、緑地に白文字の「事業用自動車用」、黄地に黒字の「自家用軽自動車用」と主に3種類に分かれます。 レンタカーはレンタカー会社が車を有償で貸していることから、事業用である緑地に白文字のナンバーかと想像しがちですが、レンタカー自体は自家用自動車扱いとなるため、白地に緑文字のナンバープレートが付けられています。 ナンバープレートには、使用の本拠、種類・用途による分類番号などが書かれている他、ひらがな一文字で書かれる事業用判別文字も明記されています。 しかし、識別しづらいなどの理由から「ん」「お」「し」「へ」の4つのひらがなは使わないことになっています。 レンタカーで使う2つのひらがな 貸渡業であるレンタカーには、この事業用判別文字のひらがなに「わ」、あるいは「れ」が使われます。 多くのレンタカーのナンバープレートに「わ」が付けられますが、北海道や鹿児島などの離島で使われるナンバープレートは、本島の物と区別するため「れ」が付けられます。 様々な情報が記載されたナンバープレートは、万が一の事故や車が盗難された際などに、所有者を識別するための大切な証明となるのです。 ナンバープレートは道路運送車両法施行規則第7条により、しっかりと見やすい位置に取り付けることが定められています。 「わ」がつく自家用車も存在 ナンバープレートにひらがなの「わ」が書かれてあっても、レンタカーであるとは限りません。 最初にレンタカーで登録し、そのあと、レンタカーとしての登録を辞めた場合などは、そのまま「わ」がナンバープレートに付いたままで、自家用車として使っていることもあるからです。 全国のレンタカー会社をお探しの方はこちらへ.

次の

カーシェアリングの車はナンバーでわかる?レンタカーとの区別は?

レンタカー ナンバー プレート

その昔、ナンバー制度が導入された頃まで話は遡ります。 レンタカーに使われる平仮名が決定した後に、全国各地の陸運局へ「レンタカーには【わ】を使うぞ!」という、FAXが届いたらしいのですが、この時のFAXの性能ってそこまで良い物じゃなくて、文字とかがかなり不鮮明だったそうです。 で、北海道の陸運局では【わ】か【れ】か判別が付かなかったそうです。 結果、「レンタカーなんだから【れ】だろう」という安易な理由で、【れ】をレンタカー用の平仮名番号として使う事になったそうな。 ただ、今では全国に統一させる形で、北海道でも「わ」ナンバーが使われているそうです。 しかし、47都道府県全てに同じ文面のFAXが届いてるはずなので、もっと多くの都道府県が同じ間違いをしていてもおかしくないと思うのですが・・・。 というか、そもそも実際に使う前に本部に確認しないとダメでしょ!というポイントでも有りますけどね。 「よ」は駐留軍人用車両 「よ」は、日本で退役又は除隊をした軍人の自動車に使用されます。 現役の軍人や本国から輸送してきた自動車などには、ローマ字が使用されます。 一般人の感覚からすると「そこ分ける必要が有るのかな?」とも思いますが、ナンバー制度が導入された当初は分ける必要が有ったのでしょう。 上記以外は自家用 上記以外とは、「さ行」や「た行」、「な行」、「は行」、「ま行」、「や行」を指します。 自家用の用途が一番多い事から、多くの「ひらがな」が割り振られています。 軽自動車は取扱いが少し異なる 軽自動車は、上記の登録車とは少し取り扱いが異なり、以下のようになっています。

次の

【レンタマップ】レンタカーはなぜ「わ」ナンバー!?ナンバープレートの謎|レンタカーライフ!

レンタカー ナンバー プレート

日本のナンバープレートは、地域名・分類番号・ひらがな・一連指定番号で構成される。 日本におけるナンバープレートは一見、昔から大きく変わっていないように見えるものの、実はなんども制度が変更されてきた。 過去、昭和20年代には横長の欧州のナンバープレートのような形で発行されことがあるものの、昭和30年代には現在とほぼ同じ形に統一されている。 8mm)。 さてここ最近、このナンバーに変化があったことを知っている人も多いだろう。 ナンバープレートのニュースとしてもうひとつ挙げられるのが、「分類番号へのローマ字の導入」だ。 下の画像、赤の下線部「分類番号」の3桁のうち、下ふた桁にローマ字を表記できるようにするものである。 これは2017年1月に国土交通省が施行したもので、2018年1月から実際にナンバー交付されている。 画像加工により制作した架空の番号。 「N」は存在しません。 なぜこんな制度が必要になったのかといえば、1999年にはじまった希望番号制度の普及により、いくつかの数字に人気が集中したからだ。 誕生日や記念日などに由来する数字であればまだ在庫に余裕はあるようだが、地域によって「・・・1」や「・・・8」など抽選となる数字で事態は切迫していた。 そこでアルファベット26文字の中から「A」や「C」、「F」など10文字を選択、分類番号の下ふた桁に導入できるように制度を変更。 ちなみに、B(ビー)やI(アイ)、O(オー)など16文字のアルファベットは、数字と混同する恐れもあるため欠番となっている。 導入されたアルファベット10文字 A C F H K L M P X Y この分類番号を指定することはもちろんできないのだが、時期を見計らって希望の番号を獲得することはできるのかもしれない。 そこで、車種名やエンジンの型式などクルマ関連でなにかいい文字列はないか、思い巡られてみた……。 しかし、4AGや13Bなどは論外だし、32Rや33Zも組み合わせ不可だ。 頭文字を「3」か「5」に限定した3桁で、さらにアルファベットを入れるとなると意外にも思い当たらないものである。 とはいえ、ナンバープレート発行元を混乱させないためにも、こうした小細工はしないほうが良さそうだ。

次の