ジュピター ガンダム。 HGBD:R 「ジュピターヴガンダム」 レビュー

HGBD:R 「ジュピターヴガンダム」 レビュー

ジュピター ガンダム

HGBD:R ジュピターヴガンダム ジュピターヴガンダムのボックスアート。 宇宙戦仕様の機体という事で、宇宙空間で出撃するジュピターヴガンダムが描かれています。 特徴としてはマーズフォーやヴィートルーと違い、 本キットだけでジュピターヴガンダムが再現できる点です。 ダイバーはヒロトが記載。 アースリィから数えると4体目のキット化です。 ホイルシールの量は少なく、ツインアイやセンサー部の色を補うもののみ付属します。 コアガンダム(宙間戦闘イメージカラー) まずは 宙間戦闘イメージカラーの コアガンダムから見ていきます。 今までのコアガンダムからの形状変更はありませんが、 成形色は微妙に変わっています。 (左がHGアースリィガンダムに付属の基本カラーのコアガンダム、右が今回の宙間戦闘イメージカラー) イエロー部は蛍光色っぽいかなり明るい色になり、クリアパーツもブルーからグリーンに変更されています。 ジュピターアーマー 本キットの売り、 ジュピターアーマーがこちら。 ホワイトを基調としたカラーリングで、 マルチコンテナビット(上のスラスター部分)と足裏のスラスター位置を変えれば、 高速形態としての運用も可能との事です。 パーツがポロリする事もなく、非常にカッチリとした状態で展示できるのが売りだと思います。 下部には ビームガトリングガンを取り付けます。 他アーマー同様、専用のミニスタンドも付属します。 ジュピターアーマーにコアガンダムを乗せて展示する事もできるぞ! ドッキングしなくてもかっこいいっす……。 ジュピターヴガンダム コアガンダムにジュビターアーマーをドッキングさせた状態、ジュピターヴガンダムがこちら。 装着方法は他タイプと同様で、慣れればすぐに切り替えできる感じです。 真っ白なカラーリングが非常にかっこいいぞ……。 宇宙戦仕様らしいデザインの背部推進ユニット(マルチコンテナビット)が特徴です。 可動域は広く、手足ともに大きく広がります。 手足の関節も大きく曲がり、キレイにヒザ立ちさせる事ができます。 このあたりはさすがビルド系キットといった感じですね。 上半身は360度回転します。 頭部をアップで。 アンテナ先端には安全フラッグありです。 左右のダクトまわりは要塗装です。 合わせ目は段落ちモールド化されています。 トサカ前後のセンサー部グリーンはホイルシールで色を補います。 胸部をアップで。 全身がほとんど真っ白なジュピターヴですが、蛍光色っぽいイエローがいい感じでアクセントになっています。 ジュピターヴアーマーから外したパーツを全身に取り付けていきますが、合わせ目は出ません。 肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。 ショルダーアーマーは前後はめ込み式ですが、上部に合わせ目は出ません。 内部からダークグレーのパーツが露出するパーツ構造で、色分けが良好です。 一部くぼみは要塗装となります。 両腕にはビームガンユニットの マニファービットを装備。 あまり目立たないですが内側には肉抜きがあります。 こちらも内部からダークグレーのパーツが露出し、立体的な色分けを実現しています。 フロントアーマーは大きく上がり、裏側には適度にモールドが刻まれています。 リアアーマーは固定です。 関節含め、脚部も合わせ目が出ません。 大きく傾き、接地性は良好です。 足裏にはスラスターが造形。 つま先などに大きな肉抜きがありますが、こういうデザインかな?股下にはスタンド用の3mm穴が空いています。 背部マルチコンテナビットは上下と 横方向に可動します。 接続強度もちょうど良く、ストレスフリーに色々な方向へ動かす事ができます。 クリアブルー成形のランナーレススタンドを使い、ジュピターヴガンダムを展示。 センサー部グリーンはシールです。 上部は段落ちモールド化されていますが、下部には少し合わせ目アリです。 ビームガトリングガンを構えるジュピターヴガンダム! ガトリングガン+マニファービットで。 ビーム・サーベル抜刀! サーベルの柄はコアガンダム系共通の形です。 斬りかかるジュピターヴガンダム! 二刀流で。 軸接続で、360度ロール回転します。 背部の マルチコンテナビットは、前腕部に取り付ける事もできます。 この状態でビームエフェクトパーツを取り付ければ…… ビームナックルになります。 クリアピンクの専用ビームエフェクトパーツは、特殊な形をしたものが2本付属します。 攻撃! また、 ビームシールドとしても展開可能です。 こちらも専用の特殊なエフェクトパーツになっており、左右で違う形をしているのが特徴で、結構分厚いです。 ビームシールドを展開! 同梱のランナーレススタンドに展示する事もできます。 ビットというだけあり、マルチコンテナビットは設定的にも遠隔操作が可能な武器だったりします。 色々なパターンで展示ができます。 他のプラネッツシステム系ガンプラと比較。 コアガンダムベースの他ガンプラ同様、安定のクオリティで立体化されている模様。 マーズフォーやヴィートルーと違い、 本キットだけでジュピターヴが再現できるのも売りだと思います。 かなりオススメ! 以上、「HGBD:R ジュピターヴガンダム」のガンプラレビューでした!.

次の

HGBD:R ジュピターヴガンダム レビュー

ジュピター ガンダム

HGBD ジュピターヴガンダム レビュー HGBDで発売された宇宙戦仕様のジュピターヴガンダム。 価格は2,200円です。 余剰パーツはポリキャップ以外ありませんでした。 シール類は各種センサーを補う物のみで最小限です。 まずはコアガンダム。 今回もアースリィなど他のガンダムと同様にコアガンダムにアーマーを装着させる方式のキットとなっています。 コアガンダムの造形や武装は変わっていませんが 成形色が宙間戦闘イメージカラーというカラーリングに変わっています。 キットはヴィートルーやマーズフォーと同様にがベースで使われているポリキャップはPC002となります。 頭部造形なども変わらないので頬のバルカンやダクトなどは塗装が必要です。 胸部のクリアパーツは明るめのクリアグリーン。 宙間戦闘カラーなそうですが、ガラッと配色が変わった訳ではないので G-3カラーコアガンダムほどの変化はありません。 黄色パーツがかなり明るく見えたので蛍光カラーかなと思いましたが違うようです。 ただクリアパーツは蛍光仕様でした。 クリアピンクのパーツも反応はあまりしませんが一応蛍光のようです。 バックパックなどは特に変更なしでサーベルが取り付けられています。 他のガンダムと同様にシールド取り付け用ジョイントもセット可能。 腕部や脚部はこれまでと共通で前腕や脛のパーツを抜く事で少年体型のプロポーションを再現しています。 続いてジュピターアーマー。 他のアーマーと同様に骨組みとなるフレームに各種装甲を取り付けて再現します。 各パーツの配置も大体他のアーマーと同じなので全体的な構造は似ています。 カラーリングはホワイトが基調になっていてモノトーンの落ち着いた色味でした。 機体下部にはビームガトリンガン、両サイドにはマニファービットが装着されています。 またバックパックにはスラスターにもなるマルチコンテナビットが接続されています。 機首周りやマニファービットなど。 各パーツはしっかり接続されていてこれまでと同様にポロリはありません。 フルバーニアンのブーストポッドを角ばらせたようなマルチコンテナビットはバーニアのようなパーツがあり その他にも3mm穴や3mmピンがあるためカスタムもしやすい作りになっています。 足首部分にも大きめのバーニアが造形されています。 コアガンダムと並べて。 今回も角度変更などはできないシンプルな物ですがスタンドが付属しています。 コアガンダムの武装は今までと共通でコアスプレーガンとコアシールドが付属しています。 成形色が本体と同じになった以外に違いはありません。 平らな所が多く比較的上にコアガンダムを乗せやすい印象。 今回のジュピターアーマーはマルチコンテナビットと足首の角度を変える事で 高速形態に変形できます。 角度を変えるだけのシンプルな変形ですが バーニア類が1方向を向くのでなかなか迫力のある後ろ姿に変化します。 サーベルはこれまで通りコアガンダムに使いやすい短いタイプも付属していました。 コアガンダムをプラネッツシステムの数字順に並べました。 左から、、、ジュピターヴ(宙間戦闘イメージカラー)の順です。 ヴィートルー付属のG-3だけ異質な感じがありますが、ほかはアースリィのノーマルカラーと大きな違いはありません。 続いてジュピターヴガンダムへの換装。 アーマーのフレームから各パーツを外し、コアガンダムに取り付ける事で換装できます。 換装方法や換装箇所はアースリィなどと同じでパーツも一部流用されています。 換装してジュピターヴガンダムの完成です。 宇宙戦仕様の機体という事で背面にはブーストポッドも兼ねるマルチコンテナビットが装着。 機体カラーは白メインのカラーリングで足首の形状なども特徴的です。 機体の配色は成形色でほぼ再現され 肩のスリットなど一部の細かいグレーを補うぐらいで良さそうです。 バックパックや肩の先端、足首&武装などは新規部分も多いですが 胴体や腕、脚の一部のアーマーは他と共通の造形になっています。 換装ギミックなども共通のためプロポーションのバランスは他のガンダムと変わりません。 頭部アップ。 頭部はコアガンダムのアンテナの上にアンテナを被せる方式で 額の赤いパーツにも被さっているのが独特です。 胴体のアーマーは色が白くなった以外は特に他と変わらず。 背面のマルチコンテナビットは基部で回転とスイングが可能です。 バックパックはアースリィなどと同じ角型ジョイント。 バックパックのジョイントを2穴に対応させるパーツも変わらず付属していました。 肩アーマーは先端にフィンやノズルなどがある形状になりました。 側面のノズルも色分けされているのは良いですね。 また合わせ目も出ませんし端のバーニアは3mmジョイントとしても使えます。 腕部のアーマーにはマニファービットが取り付けられています。 こちらは3mm穴で接続されていますが裏面は結構目立つ肉抜きあり。 ですが合わせ目は出ません。 腰や脚部の一部も共通のアーマーですが足首など一部の造形が違います。 足首などは接地面が少なめの形状になりました。 裏面はバーニアが造形されていますがこちらも肉抜きは大きめ。 付属の武器はビームガトリングガンになりました。 こちらはコアスプレーガンに砲身を取り付ける方式。 モナカなので下側の一部に合わせ目が出ますが上側は段落ちモールド化されています。 マルチコンテナビットはフレキシブルに可動するので色々な角度でセット可能。 動きが付けやすいです。 ビームガトリングは劇中のような砲身の回転は出来ず固定となります。 ただ太さなどは十分で銃口も別パーツで開口されていました。 可動範囲などはと変わりません。 腕部のマニファービットは肩に取り付ける事で固定砲台になるそうです。 コンテナはバックパック基部から取り外し、先端を引き出して回転させる事で腕部に装着可能になります。 ビーム刃が付属しているのでビームナックルとして使えたり シールドエフェクトを取り付けてビームシールドにする事もできます。 ビームシールドは派手めの造形ですがHGなので先端は丸いです。 それと結構厚みがあるパーツでした。 各ビットには3mm穴があるので色々なスタンドで浮かせる事も手軽に出来ます。 ビームサーベルですが今回はクリアピンクの物が付属。 ですがアースリィの物と比べると色が薄くなっていました。 各機体で細かく色が変えられているのは面白いですね。 こちらもプラネッツシステムの数字順で並べてみました。 それぞれ共通パーツも多いものの、個性があり並べて飾るのも楽しいです。 以上HGBD ジュピターヴガンダム レビューでした。 今回は宇宙戦仕様の機体という事で背面にはフルバーニアンのような大きな推進機が装着されています。 さらに腕のマニファービットやその推進機となっているマルチコンテナビットが ビット兵器としても運用可能になっているのが特徴的な機体です。 キット自体はシンプルな配色なのもありますが、 各スラスターも細かく色分けされて合わせ目も最小限ですしアースリィの構造を引き継いでいるので可動なども良好です。 それと今回はヴィートルーやマーズフォーのように武器セットがないと武装が足りないといった事もなくこのキットのみで完成しますし、 各ビットも様々な形態が楽しめるのでおすすめのキットです。

次の

HGBD:R 「ジュピターヴガンダム」 レビュー

ジュピター ガンダム

では箱絵からどうぞ。 パケ絵はビームガトリングガンを装備したジュピターヴガンダムが掲載。 背後には分離したコアガンダムとジュピターアーマーが共に掲載されています。 やは別途ウェポンズを購入して完成させる必要がありましたが、こちらはこのキット一つでユニットやウェポン各種も含まれているので、と同じようなデザインになっています。 パッケージサイズは一般的なHGよりも大きめ。 横幅や高さが1cm程度大きいサイズです。 これは背部に背負うユニット(マルチコンテナビット)やそれを使ったエフェクトパーツ、武装類が付属しているためかと。 横絵は分離合体ギミックやビット各種の詳細、ジュピターヴガンダムの詳細などが掲載。 なかなか近未来的なGP01フルバーニアンっぽい印象もありますね。 コアドッキングカスタムの画像がかなりかっこいいですが、他のキットと組み合わせることで、掲載されているものよりもさらに自分好みのキットに仕上がるかも。 全部で4袋分のランナーです。 説明書はHGBD系のフォーマット。 ジュピターヴガンダムの機体解説やダイバーであるヒロトに関して記載されていますが、ヒロトの情報はこれで何体目・・・?;劇中のヒロトに合わせた記載がされているので、アースリィ、マーズフォー、ヴィートルー、ジュピターヴと説明書を見ていくだけで、少しずつヒロトの劇中での変化が確認できるという・・・; 一通り説明書をどうぞ。 以上、説明書でした。 プラネッツシステム採用機なので、構造は他のユニット類と同じ分離合体構造です。 白い外装なのもいいですが、ジュピターアーマーが通常形態と高速形態に変形するのもいいですね。 変形といってもちょっと変化するだけですが、フライトタイプからフォートレス(要塞)タイプのようなフォルムになるので、その点はどこかダブルゼータのGフォートレスっぽさがあって好みです。 カラーガイドは意外とシンプル。 わずか4色で構成されています。 塗装がラクなのはいいですが、イエローの箇所って塗装しなくても良いんですかね; では各ランナーを簡単に見ていきます。 ホワイト、イエロー、レッド、クリアーグリーンのイロプラランナーで、ジュピターアーマーやコアガンダムの頭部や胴体部パーツ。 HGBD:Rアースリィガンダムからの流用ですが、右下の頭部アンテナやバックパックパーツが省かれています。 ホワイト成型色で、コアガンダムのアック部外装パーツやシールド、ジョイントパーツなど。 アースリィガンダムからの流用ですが、左上のバックパックやシールド、脚部パーツなどが省かれています。 ダークグレー成型色で、コアガンダムの関節や胴体、ジュピターガンダムの脚部パーツ、コアスプレーガン、シールドパーツなど様々。 ダークグレー成型色で、ジュピターアーマー用の基部パーツや台座パーツ、脚部パーツなど。 アースリィガンダムからの流用ですが、大部分が省かれています。 ダークグレー成型色で、マニファービットやマルチコンテナビット、ビームガトリングガン、ジュピターヴガンダムのソール部パーツなど。 以下、ジュピターヴガンダム用の新規ランナーです。 F1はホワイト成型色で、ショルダーアーマーやマニファービットパーツ。 F2はクリアーピンク成型色で、マルチコンテナビットのビームシールドエフェクトパーツやビームナックル用のビーム刃パーツです。 BA-0はクリアーブルーのランナーレス台座。 SB-9はクリアーピンクのコアサーベル、ビームサーベル刃です。 以上です。 このプラネッツシステムの各ユニットは、キット(アーマー)出れば出るほどカスタマイズ性が高くなるのが良いですよね。 付属の武器や装備によって様々な形態が再現可能なので、より複雑な重装備仕様にすることもできそうです。 ですがビルドダイバーズRe:RISEも2nd Seasonに入ることで、少し様相が変わってきているようです。 発表された機体は敵ガンダムがコアドッキングカスタム対応機ですし、ゼルトザームの形状を持ちつつガンダムタイプのフェイスをしたガンダムテルティウムなど、敵味方で入れ換わっているかのようなスタイルに。 謎な部分が多いので、2nd Seasonにもより興味が湧いてきますね。

次の