日用品 10 パーセント。 消費税増税でおむつや生理用品はどうなる?日用品は軽減税率対象外

【消費税10パーセント】駆け込みで買い込んだのはテッシュや洗剤など日用品

日用品 10 パーセント

過去、消費増税で景気に影響がなかったことなどないですので、財務省は底抜けの馬鹿だらけか、恣意的に嘘をついているかです。 法律も守らない無法集団なので何でもしますよ。 増税前に買いだめするというのは今までもそうであったように、次回もそうなるかと思います。 私は法人税率を上げて、消費税を無くす方がいいと思います。 消費こそ、資本主義経済の根本部分ですので、これに税金を課すほど馬鹿らしい事はないと思います。 マイナンバー制もありますので、所得税逃れも減る事ですし、無くしたほうがいいですね。 前回でも、かなりが節約に回った結果、経済に悪影響、税収も財政再建には程遠かったですね。。 消費者(国民)としては、収入が上がった一部を除けば、殆どの人が上がらない状況で、3%の増税だったら、3%の消費を我慢して過ごすことを選択した。 次は、2%でさらに、軽減税率も採用されるので、増税率は2%に満たない。。 だから・・また、節約に回る人が多いでしょう。。 つまり、節約できる範囲だから、節約するんです。 節約できないほどの増税ならば、増税前に買い増しし。 その後は、節約しきれないので買わざるを得ない。 賃金もそうなんです・・ 最低賃金を微増させても、何も現実は変わらない。 大幅に、上げれば、、税金を払える人が増えるので、政府の税収が増えて財政はよくなるのです。 安倍ちゃんは、思い切りが悪すぎですね。 せっかく、野田さんにもらった政権なのに、なんで、約束を果たさにのですかね!.

次の

消費税が2019年10月、10パーセントに引き上げ!買っておきたいものは?

日用品 10 パーセント

過去、消費増税で景気に影響がなかったことなどないですので、財務省は底抜けの馬鹿だらけか、恣意的に嘘をついているかです。 法律も守らない無法集団なので何でもしますよ。 増税前に買いだめするというのは今までもそうであったように、次回もそうなるかと思います。 私は法人税率を上げて、消費税を無くす方がいいと思います。 消費こそ、資本主義経済の根本部分ですので、これに税金を課すほど馬鹿らしい事はないと思います。 マイナンバー制もありますので、所得税逃れも減る事ですし、無くしたほうがいいですね。 前回でも、かなりが節約に回った結果、経済に悪影響、税収も財政再建には程遠かったですね。。 消費者(国民)としては、収入が上がった一部を除けば、殆どの人が上がらない状況で、3%の増税だったら、3%の消費を我慢して過ごすことを選択した。 次は、2%でさらに、軽減税率も採用されるので、増税率は2%に満たない。。 だから・・また、節約に回る人が多いでしょう。。 つまり、節約できる範囲だから、節約するんです。 節約できないほどの増税ならば、増税前に買い増しし。 その後は、節約しきれないので買わざるを得ない。 賃金もそうなんです・・ 最低賃金を微増させても、何も現実は変わらない。 大幅に、上げれば、、税金を払える人が増えるので、政府の税収が増えて財政はよくなるのです。 安倍ちゃんは、思い切りが悪すぎですね。 せっかく、野田さんにもらった政権なのに、なんで、約束を果たさにのですかね!.

次の

消費税増税でおむつや生理用品はどうなる?日用品は軽減税率対象外

日用品 10 パーセント

もともと与党のうち公明党が軽減税率の導入に積極的で、自民党には慎重論がありました。 ですが、景気の後退が予想以上に進んでしまったこともあり、自民党内にも軽減税率導入の声が聞かれるようになったということのようです。 軽減税率の対象品目としては、主に食料品や日用雑貨類などの「 生活必需品」です。 そうすることで、低所得者の負担を減らし、高所得者から大く税金を徴収するということを主眼として軽減税率という制度が導入されているわけです。 ただ、高所得者であっても生活必需品は必要ですので、軽減税率を導入しても、低所得者の負担を軽減出来ないという考え方も存在します。 以下、その辺りについて解説しましょう。 「 累進性」というのは、 高所得者、いわゆるお金持ちから多く税金を徴収するという性質のことをいいます。 「 逆進性」はその「累進性」逆ですので、 低所得者から多くの税金を徴収するということになりますが、大雑把に言いますと、概ね、消費税がこの「 逆進性」を持つものであると主張する党派と、「逆進性」はないものとする党派や評論家との間で議論されているのがこの「 消費税の軽減税率」の導入の問題点ということになります。 具体的に説明しますと、総収入のうちに占める「 生活必需品にかかる費用」は、必然的に 低所得者ほど高くなる傾向にあると主張するのが「逆進性あり」とする人々の主張です。 そのため、生活必需品にも他の品目に適用される税率と同じ税率を適用すると、当然、 高所得者よりも低所得者のほうが負担率が高くなる、という現象が起きてしまうというわけです。 しかし、「逆進性なし」とする人々の意見はこうです。 低所得者は安価な生活必需品を購入し、高所得者は高価な生活必需品を購入する傾向にあることから、消費税の負担額は必然的に 高所得者の方が高額にのぼるのであり、その状況下で生活必需品に軽減税率を適用すると、 逆に高所得者の負担を多く軽減してしまうことになりかねない、というものです。 また、その他にも、軽減税率を導入することで税収が減ってしまうことにより増税の意味を成さなくなる(増収できなくなる)という意見や、軽減税率ではなく収入の額に応じた「税額控除」などで対応すべきだという意見など、様々な意見が出ており、審議に時間がかかっている模様です。

次の