めざましテレビ大塚。 めざましテレビ大塚範一さんの現在は?病気は?現在の画像は?

めざましテレビの大塚さんの夏休み

めざましテレビ大塚

ニッポン』 2002年~2006年 大塚範一さんは、1973年、早稲田大学を卒業後、NHKに入社。 同期入社には、あの池上彰さんや紅白歌合戦の司会者も務めた宮本隆治さんなどもいました。 1994年3月にNHKを退職し、フジテレビの専属アナウンサーとして『めざましテレビ』のメインキャスターを担当。 その後、フリーアナウンサーに転身しますが、闘病のために番組を降板するまでフジテレビの朝の顔として活躍されていました。 大塚範一さんの白血病の闘病経緯 大塚さんは、2011年11月、63歳の時に急性白血病を発症しました。 体調不良を理由に『めざましテレビ』の出演を休業しましたが、その後、血液のがん・白血病の一種である 「急性リンパ性白血病」との診断を受けます。 休業中の大塚さんは、『めざましテレビ』に電話出演した際、「完全復帰は、2012年の3月、4月頃になると思う」と話していました。 しかし、治療は長期に渡ることが分かり、2012年4月以降の番組リニューアルとともに出演の降板が発表されました。 この時も、大塚さんは電話出演をしてコメントを発表しましたが、まだ病院での長期生活を送っている最中であることを明かしました。 この度の番組大幅リニューアルに伴い、私は「めざましテレビ」キャスターを辞することになりました。 昨年11月突然お休みを頂いてから間もなく4ヶ月、暖かくなる頃の復帰を目指して療養を続けてきましたが今しばらく時間がかかることが明らかになり、この決定に至りました。 番組開始以来足掛け18年の長きにわたって変わらず寄せられたご支援に深く感謝し、新生「めざましテレビ」にも同様の熱い応援を賜りますよう心からお願い申し上げます。 私は変わらぬ闘争心で闘病を続けております。 近く回復の暁には「めざましテレビ」のスタジオにお邪魔して、あらためてお礼のご挨拶をさせて頂くつもりです。 その時を楽しみに!有難うございました。 そして、2013年2月放送の『めざましテレビ』に約1年ぶりに生出演し、復帰を果たしました。 その際、 2013年4月スタートの『アゲるテレビ』では、大塚さんがメインパーソナリティーを務めることが発表されていました。 その間、バラエティ番組にも出演していた大塚さんでしたが、 復帰を目前に控えた2013年3月、白血病が再発してしまいます。 大塚さんは、再び闘病生活に戻ることとなります。 大塚範一さん、白血病闘病の現在は? 大塚さんは、2014年6月、『徹子の部屋』 テレビ朝日 に出演しました。 抗がん剤の副作用によって顔がむくんでいましたが、これまでの壮絶な闘病生活について話しながらも、元気になられた様子で軽快なトークをする大塚さんの姿に、視聴者や関係者からも安堵の声が聞かれました。 番組中のトークでは、 多い日で70~80錠の薬を飲んでいることを明かしました。 また、大塚さんは、 2020年の東京オリンピックでキャスターとして仕事をすることを目標に治療を頑張っていると語っていました。 この時の『徹子の部屋』の出演以来、大塚さんはメディアには出演していないようです。 大塚範一さんの復帰を、心から願っています。 \がんへの備えが不安な方へ/.

次の

大塚範一の現在!白血病の病状~独身で結婚しない理由も総まとめ

めざましテレビ大塚

Contents• めざましテレビ大塚範一さんの現在は?病気は? 大塚範一さんは、2011年に急性リンパ性白血病を発症。 そのため、「めざましテレビ」から、一旦はなれなければ ならなくなります。 抗がん剤治療のためには、やはり長期休養が必要だったの ですね。 それまでは、ただの一度も出演を休んだことがなかった そうなので、本当に辛かったでしょうね。 その後、一度は復帰を果たしたのですが、残念ながら再発が 確認されます。 そして、度重なる治療の結果、現在、症状は安定しているようです。 しかし残念ながら、完全に治ったとは言えないようですね。 急性リンパ性白血病は、リンパ性白血病の中でも、たちが悪いと 言われています。 最近では、女子水泳の池江璃花子選手も急性リンパ性白血病と 診断されて、たいへん注目されていますよね。 めざましテレビ大塚範一さんの現在は?現在の画像は? その後大塚範一さんは、2012年4月に「めざましテレビ」の メインキャスターを正式に降板。 頑張って治療に専念されたのですが、十分な回復が得られ なかったようです。 大塚範一さんは休養発表時と同様に番組に生電話で出演されています。 この時の放送、私もすごく覚えています。 番組休養してからは、たくさんの視聴者から応援のメッセージが 寄せられたそうで、大変元気をいただいたというコメントが印象的 でした。 その後2013年10月、「めざましテレビ」の20周年記念特番の 生放送に電話出演。 約8ヶ月ぶりに近況を報告しています。 そして、2014年4月には、インタビュー・ドキュメンタリー番組 「ワンダフルライフにも出演。 抗がん剤の副作用によって、お顔がむくんでしまって いて、とっても心が痛みました。 6月には、「徹子の部屋」にも出演されたのですが、その時は 目が充血していたのが気になりました。 これ以降は、再度治療に専念するということで、公の場には 出られていませんので、これが最新の画像ということになります。 「めざましテレビ大塚範一さんの現在は?病気は? 現在の画像は?」のまとめ 大塚範一さん・・・テレビからはなれて、ずいぶん経ちますので 心配ですね。 またテレビで元気なお姿を拝見したいです。 頑張り屋の大塚さんですから、きっと帰ってきてくれる ことでしょう。 その日が来るのを、楽しみにしています。 大塚範一さん・・・頑張れ!!!.

次の

大塚範一アナの急性リンパ性白血病の闘病経緯…現在は?

めざましテレビ大塚

「以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。 12月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではコメントが読み上げられ、手術後の回復が順調であることをアピールしていた。 「'11年11月に急性リンパ性白血病のため、『めざまし』を休業し治療に専念。 しかし、本人が不在のまま、翌年3月に降板が発表されました。 '13年2月には461日ぶりに『めざまし』に生出演するなど本格復帰を目指していましたが、 同年3月に白血病が再発。 臍帯血移植手術をし、9月には退院して復帰へのリハビリをしていました」(スポーツ紙記者) '14年には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演するなど、徐々にテレビに復帰。 しかし、'15年5月放送の『世界HOTジャーナル』(フジ系)以降は、テレビに姿を見せていない。 そんな中、フジテレビ局内では、ちょっとした騒動が起きていた。 全く連絡が取れない状態 「 今年は『めざまし』が25周年なので、何らかの形で大塚さんに出演してもらおうと接触を試みたのですが、まったく連絡がつかなくなってしまったんです。 '17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者) 現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。 それだけに、局側としても25周年という節目には、最大の功労者を迎えたいという気持ちが強かったのだろう。 そこで、大塚アナと連絡がとれないことについてフジテレビに問い合わせると、 《番組側と大塚範一氏側は連絡が取れる状況にあり、ご指摘のような事実は一切ございません》 とFAXで回答が寄せられた。 だが、実際に週刊女性が大塚アナの個人事務所に電話をしてみると、引っ越したため不通に。 マネージャーの携帯に電話をしても、すぐに留守電になってしまい期限までに連絡は来なかった。 NHKで大塚アナと同期だった佐塚元章アナも不安の色を隠さない。 「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、 1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。 メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。 私や仲間も、すごく心配しているんです」 そこで、『めざまし』時代に住んでいた渋谷区内の賃貸マンションに行ってみると、すでに部屋は解約ずみ。 個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、 「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。 ときどき、事務所の方と思われる人が出入りしていますが、もうここには住んでいないんじゃないかなあ」(同じマンションの住人) と、最近の目撃談を聞くことはできなかった。 だが、ここにきて大塚アナは、大きな決断をしていた。

次の