結婚式 招待状 マナー。 【結婚式の招待状】宛名の書き方やマナーを見本を例に手書きのプロが教えます

招待状返信のマナーとは?【ゲスト編】

結婚式 招待状 マナー

結婚式のペーパーアイテムの中で ゲストが一番はじめに手にする招待状。 ふたりの好きなテイストで彩られた招待状は 結婚式への期待をふくらませてくれるすてきなアイテムですよね。 招待状は何ヶ月前にオーダーして、何ヶ月前に発送するべきかご存じですか? 投函時期は遅すぎるのはもちろん早すぎてもNG! ゲストからの返信がとどこおり 「返信がそろわないから準備がすすまない!」 なんて焦る原因にもなります。 そこで今回は、招待状の発送時期と招待状制作のスケジュール 投函する際に注意したい点もご紹介していきますね。 返信はがきがそろって 結婚式のゲストが確定するのは挙式の約1~2ヶ月前。 その後は席次表や席札などのペーパーアイテムに名前を入れたり、 引き出物やお料理を発注したりと、結婚式準備もいよいよ大詰め! 結婚式の準備をスムーズにすすめるためにも 招待状のスケジュール管理が大切です。 返信はがきの期日は はがきを投函してから約1ヶ月後に設定します。 発送が遅くなると ゲストの予定が埋まってしまう可能性があるのはもちろん ゲストの返信がなかなか来ないと、焦ってしまいますよね! 逆に早くなる分には良いんじゃない?と思いがちですが 早すぎると相手のスケジュールがはっきりせず 待っている間に返信はがきの存在を忘れられてしまうことも。 ゲストの返信を急かすことなく、 返信はがきをスムーズに受け取りたいことを考えると 結婚式を挙げる側にとっても、招待される側にとっても 3~2ヶ月前が理想的とされています。 万が一、ゲストに欠席者が出てしまった場合も 1~2ヶ月あれば他のゲストに声を掛けてみることもできますよね。 余裕をもった発送がカギになります。 手渡しの場合も郵送と同じく 3~2ヶ月前で大丈夫です。 招待状を送るゲストには 「結婚式を挙げることになりました。 招待状を送ってもいいですか?」 と事前に連絡するのを忘れずに! 先に欠席者がわかれば招待状も無駄にならず、 欠席が確定しているゲストに招待状が届くことで ゲストが引け目を感じることもありませんよね。 友人や知人にはLINEやメールでもOKですが 主賓となる上司や会社関係の人には 直接口頭で報告するのがおすすめです。 事前確認は挙式の半年くらい前にするのが一般的。 あまりギリギリになってしまうと 他の人の結婚式と被ってしまう可能性も。 絶対に来て欲しいゲストには、早めの連絡がおすすめです。 「お日柄」を気にする場合は 消印の日付が「大安」か「友引」になるように投函しましょう。 その場合、返信はがきの期日も 投函日から約1ヶ月後の大安か友引の日に 設定しておくのも忘れずに。 お日柄を気にする場合は特に注意! せっかく大安を選んで投函しても 消印は別の日になってしまう可能性もあります。 窓口に持っていけば 切手の貼り忘れや重さの確認もしてもらえるので 少し面倒でも窓口でお願いするのが安心です。 招待状の料金を一括で支払える とっても便利なサービスです。 10通以上の同一料金の郵便物を 同時に送るときに使えます。 料金別納郵便は切手不要で オリジナルのスタンプやシールでの投函が可能! ふたりが選んだ招待状に さらにオリジナリティをプラスすることができます。 送る時期やマナーを守ることで お互いが気持ちよく結婚式の日を迎えることができますよね。

次の

結婚式招待状の返信マナー《出席》の書き方

結婚式 招待状 マナー

結婚式の招待にメールを使うメリット・デメリット 本来、結婚式の招待状は直接または電話で招待を打診して、紙の招待状をしたためて、返信はがきを受け取るのが一般的なマナーでした。 しかし現在は挙式・披露宴・二次会を一部省いたお披露目会や、簡略化しまとめた1. 5次会のようにカジュアルなパーティ婚スタイルの結婚式が増えています。 家族や親しい友人のみでラフな間柄のゲストが多いため、そういった場合に限りメールやメッセージアプリ、WEB招待状を使った簡潔な招待が、多くなりつつあります。 結婚式の招待状にメールを使うメリット ゲストに気を使わせたくない、結婚式を固くなくカジュアルなパーティにしたいと思う場合は、メールでの招待は適しています。 招待側のメリット ・準備費用が削減できる。 ・ゲストに迅速届き、既読もチェックできる。 ・ゲスト出欠の確認・集計がスムーズ。 ゲスト側のメリット ・返信の手間がかからない。 返信マナーの確認の手間も少ない。 ・会場の地図や住所・連絡などパーティのデータの持ち運びが携帯のみで済む。 結婚式の招待状にメールを使うデメリット フォーマルな結婚式の招待はひと手間かけるものという認識が一般的なため、お披露目会スタイルでも結婚式として認識してほしい場合はメールではなく紙の招待状がおすすめです。 ・ゲストに結婚式が軽いもの・カジュアルなものと捉えられてしまう。 ・招待の仕方を間違えるとゲスト側が軽んじられていると感じ気分を害してしまう。 com 事前にすべてのゲストにメールで招待する断りを 全ゲストに直接会うor電話での告知を メールでの招待はラフなものと受け取られてしまうため、いきなりメールでのアナウンスは絶対にNGです。 必ず事前に直接会うかまたは電話で、結婚式として正式に招待したいことをゲストに伝えましょう。 なぜメールでの招待なのかの理由を説明する 直接会ってや電話での招待の際に、出席の意向の確認が取れたら、カジュアルな結婚式「お披露目会」にする理由と、メール・WEBでの招待形式にすることを伝えておきましょう。 「披露宴ほどあまり大げさにしたくない」「返信などでゲストの方々に負担をかけたなくない」「ゲストとラフに楽しみたい」などの、お互いにとって前向きな理由を伝えます。 ゲストに手抜きと思われないために、ゲストにとっての配慮であることをきちんと説明しましょう。 フォーマルなゲストには紙の招待状との送り分けを フォーマルなゲストとは 年配・目上・仕事上で重要なつながりがある関係性のゲストのことです。 年配の親族や身内、恩師、仕事の上司、お世話になった方、仕事上で重要なつながりのある方は、本来お披露目会のようなカジュアルな結婚式では手厚いおもてなしが難しいため招待しないケースが多いのですが、お食事会ウエディングや少人数ウエディングでは招待するケースがあります。 フォーマルなゲストには紙の招待状用意を このようなゲストには、紙の招待状を用意して、手渡しか郵送する配慮が必要です。 メール招待OKのカジュアルな結婚式「お披露目会」とは メールでの招待がOKな結婚式はカジュアルな結婚式に限られます。 カジュアルという言葉は普段使いという意味で、一般的に結婚式でよく使われる「フォーマル(形式)」とは逆の意味です。 その形式を、新郎新婦の希望に合わせて簡略化し、合理的にカスタムした結婚式全般に対して「カジュアルな結婚式」や「お披露目会」「1. 5次会」という表現を使います。 結婚式の儀式の部分より娯楽やパーティに力を入れた結婚式や、挙式と二次会をなくし披露宴のみの結婚式など、新郎新婦の状況に合わせいろいろな形があります。 ゲストの金銭的負担を減らしたお披露目会 会費制結婚式 招待ゲストにご祝儀を包んていただくのではなく、新郎新婦が一律の参加会費を設定していただく形の結婚式です。 一般的なご祝儀相場(30000円)よりも安く設定されていることが多く、金銭的負担が減りゲストが参加しやすい結婚式です。 会場がカジュアルな場所のお披露目会 レストランウエディング 一般的によく選ばれるフォーマルなホテルや式場ではなく、レストランやカフェなどデイリーシーンでも使用する場所を会場に選んでいる結婚式です。 ガーデンや公園・バーベキューができる屋外のようなケースも。 ラフな会場の場合や立食スタイルでは、メールやWEBでの招待を選択することがあります。 挙式を済ませた、または、挙式を簡素化したお披露目会 1. 5次会・帰国後パーティ 現在のチャペル式や神前式は独立したセレモニー会場の貸し切りが必要なため、挙式を省いて披露宴のみ、または同じ会場で行える人前式の形式での結婚式。 または、挙式は海外やリゾート地で家族など少人数ですませ、お披露目会のみというケースも。 二次会寄りのパーティではメールやWEB招待状を選択するケースが多いです。 家族や親族のみの少人数での結婚式 お食事会ウエディング・少人数ウエディング 家族・親族のみの家族婚、ごく親しい友人などで行う少人数ウエディングなど。 また、大人数は招待できない海外やリゾート地での挙式と会食パーティだけの結婚式などがあります。 ごく親しく少人数しか招待しないため、メールやLINEでの招待をとるカップルも多いです。 入籍済みの結婚式 ファミリーウエディング 入籍済・または結婚出産後に家族との絆を確かめ合うためのファミリーウエディングなどがあげられます。 準備期間や手間を短縮するため、メールやWEB招待状を選択するケースがあります。 結婚式・お披露目会の招待を知らせるメールツール一覧 パソコン・スマートフォンからのメール 招待状の主流のツールです。 使用にいくつかの注意点があります。 【注意点】 ・プライベートなアドレスへは、個人情報にナイーブになっているゲストも多いので、できるだけ新郎新婦が送る ・幹事が送る場合は事前に幹事からメールが行くことをゲストに伝え、ドメイン拒否設定などは解いておいてもらう ・複数のアドレスに一括送信をする際には、他の送信先が出ないようBcc送信にする配慮を ・文字化けを防ぐため機種依存文字・絵文字の使用は避ける ・絵文字の使用は親しい友人のみにする ・迷惑メールと間違われぬよう、件名ははっきりと記入する メッセージアプリを使用 招待状としての使用度が急激に上がっているのがLINEやMessengerなどのメッセージアプリです。 既読機能で送り漏れ、確認漏れがないか確認できますし、ゲストからの返信率も高いため、メールに代わる勢いで使用率が伸びています。 グループにわけ一括送信もできるため、友人グループごとの文面の送り分けにも便利です。 WEB招待状 メールアドレス・SNSのアカウントを利用したWEB招待状の利用も増えています。 無料と有料のサービスがありますが、招待状の既読・出欠管理・名簿のダウンロード・会費のカード決済など手間が省けるサービス内容です。 また、新郎新婦の近況やフォトを公開するページも作成でき、結婚パーティまでのコミュニケーションツールとして利用できます。 お披露目会スタイルの結婚式の招待メールの構成 お披露目会スタイルの結婚式の招待メールは、次のような内容で構成されます。 基本的な内容は、紙の結婚式招待状と変わりません。 メールという便利なツールを使う分、パーティ内容の記載は充実させ、ゲストに分かりやすく親切であることを心がけましょう。 招待状本文 文面は一般的な結婚式と同じで、頭語、時候の挨拶から始まり、結語で締めます。 パーティの趣旨がアットホームな場合は、あまり堅苦しくない丁寧な言葉で、二人が行いたいパーティの様子が伝わるよう文面で工夫しましょう。 また、カジュアルな結婚式の招待状では、挨拶文の中に結婚式の形式や様子がさりげなくうかがえる文章を盛り込みます。 いくつか代表的な文面の文例がありますので、参考にしてください。 カジュアルな結婚式がわかる招待状の例文は 共通記載部分 「招待状に必ず記載必要なパーティ案内の内容」は、送り分けをしてもどの人にも必要な内容なので、書式は統一して送りましょう。 返信メッセージ欄 返信の際にゲストからの要望(アレルギーの有無や宿泊手配の確認など)をヒアリングするために、メッセージ欄を設けましょう。 パターン別・招待状の本文(冒頭部分)の例文 カジュアルな結婚式やお披露目会でのメール招待状の本分を、よく選ばれる結婚式パターン別にご紹介します。 通常のお披露目会や1. 駐車場がない場合はそれを明記して公共の交通機関からの最短アクセスを。 会費 会費制の場合はご祝儀やお祝いを辞退する旨を明記しましょう。 ドレスコード お披露目会のドレスコードはセミフォーマル・スマートカジュアル・カジュアルあたりの表記が多いです。 共通カラーやアイム・季節のアクセサリーや素材の指定など、遊び心を加えて、会場に統一感や一体感を出すことも。 ゲストが簡単に手に入りやすい、コーディネートに取り入れやすいものにする工夫や、わかりやすい言葉でフォローを。 出欠の返信方法、締切日 招待状の到着から2~3週間後を目安に締切りを設定します。 差出人は新郎新婦でも、出欠の返信を新郎新婦ではなく幹事のアドレスにしたい場合はその旨の明記を。 出欠は1か月前にはそろっているように段取りましょう。 連絡先 幹事を立てている場合は幹事を、幹事が特にいない場合は自分たちのTEL・アドレスを記載します。 「幹事の名前」と幹事がOKであれば「連絡先(携帯電話番号、アドレス)」も記入しましょう。 ゲストからの相談窓口、連絡先になります。 カジュアルな結婚式やお披露目会のメール招待状例文まとめ カジュアルな結婚式「お披露目会」では、ゲストの招待状をメールで招待することができますが、その前にゲスト1人1人に招待をしたいことを、直接会ってまたは電話できちんと伝え、紙ではなくメールやWEB招待状で案内することを事前に断り伝えておく、という配慮が大切です。 なぜ今回のお披露目会の案内がメールなのかの理由がきちんと伝わっていれば、ゲストが気持ちよくメールを受け取ることができます。 年配者や目上の方への招待は、できれば紙の招待状を使用する送り分けを検討しましょう。 FEATURE 人気の記事特集•

次の

結婚式・招待状のマナーについて(送る側と受け取る側)

結婚式 招待状 マナー

1 受付は早めに済ませる! 会場に着いたら、荷物を預けたり、女性はメイクを直したり、披露宴の開宴前に済ませておきたいことも多いですよね。 また、結婚式では、久しぶりに会う友人も多いもの。 受付へ行く前にばったり友人と出くわして、つい話に花が咲いてしまうこともありえます。 用事を済ませたり、ゆっくり友人とおしゃべりしているうちに、気付けば開宴ぎりぎりで大慌て・・・! そんなことにならないように、受付は余裕をもって開宴の15分前までには済ませておくのがベター。 ゲストで混み合うことも考えられるので、受付をスムーズに済ませるためにも、会場には30分くらい前までに着いておいた方が安心です。 もちろん遅刻は厳禁。 事前に交通機関を調べて、時間に余裕をもって出発しましょう。 ただ、不測の事態でやむを得ず遅刻をしてしまうことも・・・。 万が一遅刻しそうになったら、分かった時点ですぐに会場に連絡しましょう。 新郎新婦に直接連絡しても、結婚式当日は準備で慌ただしく、連絡がつきにくいかもしれません。 会場の担当者経由で新郎新婦に遅刻を伝えてもらいましょう。 あらかじめ会場の連絡先をメモしておくと安心ですね。 次からは、受付の流れに沿ってポイントを見ていきましょう。 2 まずはお祝いの言葉を伝えよう 受付に着いたら、まずは両家の代表である受付係に 「本日はおめでとうございます」 とお祝いの言葉を伝えましょう。 受付は親しい友人が担当している場合もありますが、照れずにきちんと伝えます。 こちらから名前を名乗ることで受付がスムーズになりますね。 3 ご祝儀は一言添えてスマートに渡す 挨拶が済んだら、次はご祝儀を渡します。 ご祝儀は、袋が汚れたり傷んだりしないよう、必ず袱紗(ふくさ)に包んで持参しましょう。 ご祝儀を渡すタイミングになったら、ご祝儀袋を袱紗から取り出します。 袱紗をさっとたたみ、その上にご祝儀袋を乗せて渡すとスマートです。 このときご祝儀袋の向きは、受付から見て正面になるようにし、必ず両手で渡しましょう。 渡すときには、 「ささやかですがお祝いの気持ちです」 「心ばかりのお祝いでございます」 など、ひと言添えるとスマート。 あなたが新郎新婦の親族などで、ご祝儀を前もって渡している場合は、 「お祝いは済んでおります」 「お祝いは先日お届けしております」 などと伝えるといいですね。 夫婦や家族などの連名でご祝儀を渡す場合は、代表者が渡しましょう。 4 記帳は自筆で丁寧に 祝儀を渡したら、次は「芳名帳(ほうめいちょう)」というゲストの名前や住所を書く帳簿に記帳をします。 芳名帳に記帳するのは、 ・出欠の確認 ・席次表の名前に間違いがないかの確認 ・住所の変更がないかの確認 のため。 また、芳名帳は新郎新婦の記念としても残るものなので、丁寧に記帳しましょう。 「字が上手くないから・・・」といって、友人などに代筆を頼むのはいけません。 丁寧に気持ちを込めて、自分で書くことが何よりのお祝いになりますので、頑張って書きましょう。 ただ、小さい子どもの場合は両親が代わりに書いてあげてくださいね。 夫婦や家族で記帳する場合は、代表者が姓名を書き、その横に他の家族が名前を書きます。 ゲストカードの場合 最近では、「ゲストカード」というスタイルも増えています。 これは、芳名帳の代わりとなるカードに、ゲストがあらかじめ記入するスタイルで、受付の時間を短縮することができます。 招待状に「ゲストカード」が入っていたら、前もって記入しておき、受付で渡しましょう。 「ゲストカード」にはお祝いの言葉を書く欄があることも多いので、ぜひ心を込めてメッセージを書いてくださいね。 お車代はありがたく受け取ろう 記帳(ゲストカードの受け渡し)が終わると、席次表などの配布物を受け取り、受付は終了です。 その際、受付から交通費などとしてお車代を渡されることがあります。 もし渡されたら、ありがたく受け取るようにしましょう。 無理に断ろうとすると、新郎新婦から依頼されている受付係も困ってしまいます。 「ありがとうございます」とお礼をしっかり伝えて、受け取りましょう。 後日、新郎新婦にもお礼を言うのも忘れずに。 遠方で直接会えない場合は、電話やメールでも大丈夫ですよ。 5 慌てず、騒がず、落ち着いて 受付をする際、慣れていない分緊張してしまうかもしれませんが、焦って歩きながらご祝儀を取り出したりするのはスマートではありません。 焦る必要はありませんので、落ち着いて受付を済ませるようにしましょう。 また、親しい友人が受付係を担当していると、つい話しかけたくなりますよね。 でも、たとえ久しぶりに会ったとしても、その場で騒いだり、大きな声で盛り上がったりするのはマナー違反です。 他のゲストの迷惑にもなりますのでやめましょう。

次の