看護師 休職 理由。 最新データでみる看護師の辞めた理由と転職先に求める条件

看護師は休職と再就職を繰り返す?

看護師 休職 理由

状況に応じて聞かれる質問例• 6、休職期間がありますが大丈夫ですか?• 7、なぜ職場復帰しようと思ったんですか? 代表的な質問と応募書類で触れた内容が被ることがあります。 だからと言って、応募書類に書いたままをそのまま言えばいいものではありません。 応募書類に記載した内容を踏まえて、矛盾がないように気をつけつつ簡潔に回答しましょう。 それぞれの質問に対する注意点と回答例を以下に紹介します。 質問1:自己紹介(PR)をお願いします 面接担当者から、「自己紹介(PR)をお願いします」と言われるよりは、「まずはご自身のことを紹介してくださいますか?」や「簡単な経歴を教えてください」と言った言い回しが多いです。 ポイント• 業務に支障はないことをアピール この質問の意図は、「今後も休職する可能性があるのか」「ブランクによって業務に支障があるか」を聞いています。 面接担当者としても、採用前に不安要素は聞いておきたいと思うのは普通です。 休職していた理由、そして、問題が解消しているのなら、その旨を伝えましょう。 面接は会話を意識!一方的な会話は控える 面接担当者は、あなたの履歴書と職務経歴書を把握した上で面接をしています。 その情報に合わせて、求職者の人柄や雰囲気、適切に返答できるスキルがあるかを判断するために面接を活用しているのです。 大切なことは、面接だからといって気張らず、会話を意識して臨みましょう。 1つの質問に対して、聞いてもいないことを続けざまに答えていると、聞いている側もウンザリしてしまいます。 また、長ったらしい説明は「話をまとめられない」「要領が悪い」といった印象を与えてしまうため、とにかく簡潔に聞かれたことだけを話すように意識することが大切です。 そういう人って会話しただけでわかるからね。 とにかくダラダラと話さず、会話を意識することが大切ね。 応募書類の内容と矛盾が内容に注意する 事前に提出している履歴書と職務経歴書の内容に対して、矛盾のない一貫した内容を話すことは重要です。 例えば、地域医療に貢献したいと記載しておきがながら、がん看護のスペシャリストになりたいとか。 これは本人が何をやりたいのか、将来どうしていきたいか、疑問に感じて点なので、病院としても採用するメリットを感じにくいようになります。 自己PRや志望動機は病院の強みや方向性に沿って書くことが多いと思います。 本音と建前を上手に使い分けて応募書類の内容と矛盾しないようにしていきましょう。 まとめ:本番で慌てないための準備は徹底的に! 面接で緊張してしまい頭が真っ白になるのは、実は単なる準備不足が原因です。 事前準備している回答内容が頭にしっかり入っておらず、思い出しながらしか答えることができないので、本番でパニックになってしまうのです。 質問に対する回答を暗唱できるまで練習し、本番に慌てないよう対策を立てておきましょう。

次の

【適応障害】退職理由と引き止め|退職が決まった日のお話【看護師】

看護師 休職 理由

患者名• 受診日・診断日• 身体所見・症状の経過• 休職期間の日付• 病院情報と医師のサイン 等の記載があります。 休職期間は、看護師の希望を聞く医師もいますが基本は医師の指示になります。 ここでは、「まず医師の診察を受けて診断書をもらう」ということについて述べていきます。 定期入院・怪我の入院で休職する場合 入院の場合、事実確認がとりやすいため、職場には 書類なしの事前連絡でも承諾を得られることが多いです。 診断書には、担当の医師に入院期間の他に退院後の自宅安静の期間を合わせて確認し、記載してもらうようにしましょう。 精神的な休息で休職する場合 精神関係で休職する場合は、精神科・心療内科を受診して診断を受けます。 子供の入院等の付き添いで休職する場合 子どもの入院のために休職する場合は、 診断書は必要ではありませんが上司によっては、事実確認で請求される場合があるため確認が必要です。 自身の「入院や怪我での休職」という扱いが受けられないため、有給使用もしくは欠勤扱いとなり欠勤となれば当然無給となります。 子の看護休暇制度を設けている場合もある 職場によって、5日程度の「子の看護休暇」という制度を設けているところもありますが「給与は欠勤扱いと同様」「ボーナスや退職金の換算の際に欠勤としない」等、独自のルールを設けていることもあるため、職場に確認しましょう。 師長(上司)へ診断書を提出し休職希望を伝える 医師の診察を受けて診断書をもらうことができたら、師長へ診断書を提出して「 休職する理由」「どのくらい休職したいか」等の休職希望を伝えることが必要です。 それでは、以下で詳しく説明していきます。 休職する理由を伝える 師長に診断書を提出し、「病名」に至った経緯を簡単に説明します。 診断を受けた日から期間が空かないように、診断書を受け取ったら迅速に上司へ連絡して報告するための 日付・時間を確認します。 休職の期間について相談する 休職する場合それぞれの師長に伝える内容については、以下の通りです。 定期入院や怪我の場合 ・入院期間 ・自宅安静の期間 診断書に記載されている期間の中で 子の看護や精神的な休息の場合 ・現時点での休職期間 ・延長の可能性の有無 ・延長期間 仮の見通ししか立たないことが多いため 3. 休職期間中の給与について確認する 看護師が休職する場合、休職期間中の給与について確認することが必要です。 休職期間中の看護師の給与について、以下に見ていきましょう。 休職中の給与は病院に規定によって異なる 休職時の給与の支払いについて法的な規制はなく、職場での休職時の規定によって「 給与が出る職場」「出ない職場」があるため、職場に確認が必要です。 病気や怪我で連続する3日間を含み4日以上続けて仕事を休んでいる。 給与をもらっていない。 上記の条件を満たしている場合、健康保険から「傷病手当金」が出ます。 傷病手当金は、 支給期間や支給額等の条件等があるため、詳細は自分の加入する社会保険に問い合わせて確認してみましょう。 休職期間前にスタッフへ業務を引き継ぐ 看護師が休職する場合それぞれの、休職期間前にスタッフへ業務を引き継ぐことについては、以下の通りです。 入院や安静で休職する場合 ・段取りを組み進めると引き継ぎがスムーズ。 事前に予定が決まっていることが多いため 精神的な休息での休職の場合 ・リーダーやメンバーへの直接の引き継ぎは難しい可能性がある。 診断の翌日から休むことが多いため ・自分しか分からない残った仕事は引き継ぐことが必要。 補足説明! 「病棟での受け持ち患者の評価」「退院に向けての書類」等がある場合は、上司を通して伝えてもらうようにします。 看護師が休職する場合の注意点 休職する看護師が注意すべき点については、どのようなことがあるのでしょうか。 以下に詳しく見ていきましょう。 病欠扱いの場合は無給になること 休職を上司へ伝えた際、傷病による「病欠」として扱うと無給となりますが、 有給として休めば給与支給となり、ボーナスも勤務時と同様の額が支給となります。 上司としても有給は限られているため、復帰時期の見通しが立ちやすくなりますが、有給を使い切ってしまうと「復帰後に突発的な疾患にかかった際に欠勤扱いとなる」「次の有給支給まで休み希望を出せない」等の事態になってしまいます。 注意点! 年度末に有給の残りを給与に加算して支給する職場もあるため、「自身の残りの有給数」「有給支給月の確認」「職場の制度」等を確認することが必要です。 就職先が決まっていない場合の退職は避ける 身体・精神共に疲労困憊していると、休職せずにすぐ退職する看護師もいますが、やりたいことや次の就職先を決めていないうちは、すぐに退職することを避けましょう。 次の就職先を決めていないうちに退職することを避ける理由については、以下の通りです。 金銭問題があるため 無給であっても健康保険の切り替えと支払い、住民税等の支払いは継続しなければなりません。 失業手当金は、 条件と準備が必要であり支給までに時間がかかるため、無給の間の生活費は自身でなんとかしなければなりません。 履歴書が不利になるため 今の職場をすぐに退職してしまうと次の就職先を探す際に履歴書で空白の期間ができてしまい、不利になる場合があります。 まとめ 退職する場合は、体力を消耗しますが 休職することで冷静になり考える時間をつくることにもつながるでしょう。 休職までの準備期間は、.

次の

休職か退職か迷ったときの考え方

看護師 休職 理由

看護師が辞めたいと思う理由• 人間関係の悪化• 職場環境の不満• 給与や待遇の不満• 仕事内容 辞めたい理由はいくつかありますが、なかには2つ3つの理由が組み合わさった人もいます。 次に各理由についてどんな状況で看護師を辞めたいと思ったのか紹介しましょう。 看護師が辞めたいと思う理由その1、人間関係の悪化 先輩看護師や上司からイジメやパワハラを受け、辞めたいと考える看護師も少なくありません。 師長に話しかけても無視されたり、無理な仕事量を押し付けられたりなど、同僚も見て見ぬふりをしながら誰も助けてくれない状況さえあるでしょう。 パワハラが日常化してしまうと出勤時間が近づくにつれ腹痛や吐き気がひどくなったり、健康にも大きな影響を与えます。 場合によってはうつ病になるなど深刻なケースも考えられるので、どうしようもないときは我慢せず家族や友人に相談し、転職に向けてアクションを起こしましょう。 看護師が辞めたいと思う理由その2、職場環境の不満 残業や夜勤など拘束時間の長さや不規則な勤務形態も不満が溜まりやすく、つねに看護師が辞めたい理由の上位にランクインしています。 若いうちは勢いで乗り切れますが、経験を重ねるにつれて他の職場と比べる視野が広がったり、自分のキャパシティを超える仕事量を任されたりと、自分の職場に疑問を感じてくるものです。 また、ライフスタイルに合わせて働き方も変化していかないとズレが生じ、結局どうしてもプライベートが犠牲になってしまうので、より良い生活を送るためにも我慢できない場合は転職を考えましょう。 看護師が辞めたいと思う理由その3、給与や待遇の不満 責任が大きい仕事を任されるようになっても給料が変わらなかったり、施設で働いていて介護職の方と給料がそれほど変わらないのが不満だったりと、給料や待遇を理由に看護師を辞めたいと考えている人も多いです。 特に20代後半ぐらいから新人教育など仕事はどんどん増えていくのに、給与は全然上がらないことに不満を感じ、30歳前後で転職や退職を検討し始める人が多いです。 無理して給料の低い職場で頑張る必要もありません。 条件が良い病院が見つかれば、すぐにでも転職しないと自分が損するばかりですよ。 看護師が辞めたいと思う理由その4、仕事内容 基本的に看護師が足りていないため、患者さんの意向を汲み取れないまま機械的に看護を行っていて、「自分がイメージしていた仕事ができない」と、看護業界の理想と現実を目の当たりにする人もいるのではないでしょうか。 また、希望している科になかなか配属されなかったり、都合のいいように使われているだけで時間だけが過ぎていくなんて、なんともやるせない気持ちになりますよね。 病院が変われば自分のやりたい仕事に人手が足りていないなんてこともよくあります。 さっそく求人広告を見て、そんな職場がないかチェックしてみましょう。 中でも残業や夜勤など、拘束時間が長いためにプライベートを犠牲にしなきゃいけないことが苦痛で辞めたいと思う人が多いようです。 仕事に一生懸命な時期もいいですが、自分の生活も大事に考えて欲しいですね。 看護師不足で辞めるに辞められない現状が! 看護師業界は常に人手不足が起こっているので、辞めようと切り出しても引き止められる場合があります。 とくに次のような状況では、引き止めにあいやすいので注意してください。 職場の看護師が人手不足で余裕がない場合• プリセプターや経験5年以上の中堅看護師の場合• 他にも辞めようと考えている人や、産休・休職に入る人がいる場合• 国公立や大学病院の看護師で、3月以外に辞める場合 これらの場合、辞めたいという意思を上司に伝えても、なかなか承諾してくれません。 そんなときは次に紹介する引き止めにあいにくい理由を使って、上司を説得してみましょう。 引き止めにくい看護師の退職理由とは 引き止めにくい退職理由• 両親の看病が必要になったなど、家庭の事情を理由にする• 家族が自分の体調を心配して辞めるよう説得していると伝える• 通勤が困難な場所に引っ越す 自分だけの理由では弱いので、家庭の事情も含めた自分だけではどうにもならない退職理由を挙げて、上司を説得してみましょう。 上司ももちろん人間ですので、家族が一番大事なのはよく知っています。 家族を掛け合いに話しを切り出せば、どんなに仕事が忙しく看護師が足りない状況でも納得してくれるでしょう。 家族を理由に出してもダメなら、通勤に支障が出るくらい遠くまで引っ越すというのも1つです。 そこまでバレそうな嘘はつきたくない人もいるかと思いますが、どうしても辞めれないようなら最後の手段として法律を持ち出しましょう。 最後の手段!民法第627条を盾に看護師を辞める 誰にも仕事を辞める権利があります。 辞めたいと思ったら上司からどんなに猛反対されようと法律を盾に辞める権利を行使することができます。 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。 引用元:民法第627条 第1項 このように雇用契約も退職届を出して2週間もすれば終了します。 辞めたいのに辞められないというのは法律違反なんです。 訴えるのは面倒ですが、労働基準監督署に相談するのは簡単ですので問題が大きくなった場合はこちらも活用してみましょう。 退職理由を素直に言ったら通じないようなところには、このような工夫も必要です。 どんな状況でも引き止められないような、漏れのない理由を伝えて、キレイさっぱり済ませましょう。 辞める時期から逆算して3ヶ月前には退職願を 次に辞めるタイミングについて考えます。 民法上では2週間前と説明しましたが、なかには1ヶ月前や3ヶ月前と予め入社時の労働契約書などで決められている病院もあります。 契約を交わしている場合はそちらが優先されるので、退職願を提出する前にもう一度自分の職場の就業規則がどうなっているか確認してください。 引き継ぎが必要な場合もありますので、社会人のマナーとして3ヶ月前には退職願を出し、上司に辞める意向を伝えましょう。 就業規則で決められていても、なるべくなら上司も早めに知らせてもらいたいものです。 退職の医師が固まってからで構いませんので、できるだけ早めに報告するようにしましょう。 メールじゃダメ!正しい退職願の書き方 退職願をメールで済ませようと考えている看護師の方がいるかもしれませんが、必ず書面で提出してください。 退職願なんて書いたことがない人ばかりだと思いますので、次に退職願の書き方の例を紹介します。 実際の退職理由については口頭で説明し、退職願の書面にはどんな理由であっても「一身上の都合により、」と書くのがマナーです。 定型文通りで失礼かな?と思う方もいるかもしれませんが、この書き方は退職願を書く際の一般常識ですので問題ありません。 また、場合によってはフォームが用意されている職場もあります。 フォームがある場合はそちらを利用し、提出するようにしてください。 どんな理由があっても退職願には「一身上の都合により」と書くのは簡単でいいですね。 また、退職願用のフォームが用意されている職場は、それを利用して必要項目だけ書けばいいので、さらに簡単です。 退職願を出すときの注意点!口頭で理由を伝えよう 退職願は必ず病院の院長や理事長など最高責任者宛てで出します。 できれば口頭で理由を説明するためにも直接手渡したほうが良いですが、院長が忙しくて会えないなど状況によっては上司に渡す場合もあります。 その際は、退職願を封筒に入れて上司に渡してください。 封筒をのりづけする必要はありません。 封筒の表面中央に「退職願」と、裏面の左下に自分の所属と名前を記載しておきます。 退職願と退職届の違いって!? 退職願のほかに「退職届」というものがあります。 混同しがちですが、微妙に違いがあるんです。 退職願はあくまで希望であって、「退職したいのでお願いします」と相談するニュアンスがあります。 一方、退職届は「退職します」と相手と相談する隙も与えず、固い意思を伝える場合に使用します。 この2つを特に区別せず、職場によってはどちらでも構わない場合も多いですが、退職願と退職届に違いがあることだけは覚えておきましょう。 退職願は正式な書類ですので、出す際のマナーは重要です。 必ず手渡しで口頭での説明も添えて渡してください。 また、退職願と退職届の違いは失礼のないようにちゃんと覚えておく必要があります。 退社するまでひと踏ん張り!引き継ぎと転職活動について 退職願を出したら、あとは退職日まで自分の業務の引き継ぎや転職をする場合は転職活動を行います。 転職活動については、退職願を出す前から始める人もいますが、円満退職を希望する場合は、退職願を出したあとに行いましょう。 求人広告のなかには、「入社日相談に応じます」と記載のある職場もあります。 しかし多くは今すぐ看護師がほしい職場ばかりなので、合格してから退職願を出して3ヶ月も引き継ぎをしていては、転職先も困って他にすぐ働ける看護師を採用してしまいます。 在籍している間は責任をもって、各業務を疎かにしないよう気を引き締めて働いてください。 自分が抜けて同じ職場の看護師が困らないよう自分しか知らない仕事や情報は、ちゃんと引き継いでくれる人に伝えておきます。 看護師を辞めたい理由でもあったように、人間関係や給料の問題で退職を考える人も多いようです。 パワハラやイジメにあった人は一刻も早く辞めたいと思うでしょうが、円満退職ができるよう遅くとも一ヶ月前には退職の意思を伝えましょう。 病院同士のネットワークがあるかもしれないので、社会人としてのマナーが守れないまま退社をすると次の転職に響く恐れもあります。 看護師は人の命を支えるお仕事ですので、それなりの責任感やマナーは守って行動してください。 退社前にいろいろ考えることも多いと思いますが、周りに相談できる人がいなかったら転職サイトの転職エージェントに相談してみる方法もあります。 転職エージェントは転職のプロですので、今まで様々な転職事例を見ています。 あなたの病院が他の病院とくらべて悪い職場環境かどうかや、他にもっと条件の合う職場はないか無料で調べてくれます。 転職まできめ細やかなサポートをしてくれますので、ぜひ活用してみてください。

次の