抗 うつ 剤 飲ま ない 方 が いい。 抗うつ剤とアルコール(お酒)は大丈夫?

うつ病になり服薬した薬(抗うつ剤、睡眠薬)の減薬体験記と、薬に対する考え。

抗 うつ 剤 飲ま ない 方 が いい

>痛みによる鬱状態なのでイライラが治らないという症状ならあります 痛みをなくせばうつ状態が治るのではないですか 薬は医者にきいたほうが良い うつ病治療の四本柱は「休養」「環境調整」「薬物治療」「精神療法」です 「休養」が大事 仕事は1年位休職する。 中途半端にうつ病を治し復職しない。 うつ病は脳が疲れているから何も考えずのんびり過ごす。 仕事でも首に負担がかかる仕事をやっていたため 「首、背中がカチカチに固くなっていた」 最近うつ病になる方の原因はパソコン、スマホを長時間使った為姿勢が悪くなり首に負担がかかり首が悪くなっている。 「うつ病の原因は首の骨の歪み、背骨の歪み、猫背、スマホ首(ストレートネック)です」 姿勢は壁にかかと、お尻、背中、両肩、後頭部をつけてください。 それが正しい姿勢です。 頭が壁につかないのはスマホ首(ストレートネック)になっている 私の家では私と娘がうつ病になりました 娘は仕事のストレスがたまり精神的におかしくなってきたので精神科に行ったらうつ病の診断をされました。 娘に聞いたら睡眠は取れるが食事があまり取れなくなっている。 何故かわからないが涙が出てくる 目玉焼き、卵焼き、ゆで卵などの卵料理を朝飯、昼飯、晩飯に食べさせ、オカズは肉料理(時々魚料理)を食べさせご飯は茶碗半膳と味噌汁。 食べれるときは納豆、豆腐などを食べさせタンパク質中心の食事に変えました。 間食はさせず、飲み物は常温の水のみ飲ませた(7、食事参照)。 スマホの電源を切り10時30分までには布団に入り寝る 女の方は出産、生理などで体から血が少なくなっているので、血の元となる鉄を摂らないとうつ病の症状が出ます。 「だるい。 体が重い。 イライラする。 頭痛がする。 元気が出ない」は鉄分不足が原因であることを示しています。 プロテインを朝,夕飲む 娘は鉄分(サプリ)を取らなくても治ったので、初めにたんぱく質中心の食事を1か月間行いその後、鉄(サプリ)を飲む事をお勧めします うつ病の時は幸せを感じるセロトニンと喜びを感じさせるドーパミンが不足しています。 食べれないならプロテインを3食飲む。 プロテインを飲むことで胃腸が整い、消化力が戻ってくれば、肉もしっかり食べられるようになってきます。 初めに息を全部吐きながら丹田(ヘソから指3本ぐらい下)にチカラを入れます。 お腹を凹ましたままの状態で鼻から息を3秒で吸い、7秒で息を口から「フ~」と吐く。 肩甲骨周りの筋肉が緩んできて楽になってきます。 歩くときは足のカカトから着地するように歩きます。 歩くときは全部息を吐いてから始める。 その後再度呼吸法を行い歩く。

次の

花粉症薬、危険で医師も飲まない?脳出血、不整脈、内臓機能抑制、感染症の恐れ

抗 うつ 剤 飲ま ない 方 が いい

とりあえず生きてます。 薬は減りません。 あまりにも減らないので、もう 服用するのをやめてしまおうかと思うぐらい。 そもそもうつ病って投薬治療で治るのかと疑問に思ってきたので、いろいろ調べてみました。 今回はうつ病の服薬を患者自身の判断で、勝手にやめていいかについてお話しします。 うつ病の薬は飲まないほうがいい? うつ病の薬は、飲まないほうがいいのかと多くのうつ病患者が一度は思うこと。 そもそもうつ病の主な症状は、気分が落ちこみ無気力状態になるといった精神状態なので治療が難しいです。 現在の日本ではカウンセリングと投薬治療などが行われており、 投薬治療の方がメインとなっています。 抗うつ薬の服用を始めても、1ヵ月以内にやめてしまうことが多々あり、その理由としては• 症状が改善しない。 副作用がきつい。 などが挙げられています。 抗うつ薬は、効果があらわれるまでに4習慣から6週間かかるといわれているので、その間は服用し続けることが必要。 一般的に吐き気や眠気などが抗うつ薬の副作用として挙げられますが、これも服用を続けながら気になったことについてメモをとり、受診時に医師に相談するようにしましょうね。 メモをしておかないと、診察日にその時のことを伝え忘れてしまうことが多々あります。 特にうつ病という状態で体調が万全ではないので 記憶力なども低下していることが多い。 健康な状態でも忘れてしまうことが多いので、 家族に同伴してもらえないのであれば、メモは必須と言えるでしょう。 副作用があるからうつ病の薬を飲まない方がいい? うつ病の薬で多い副作用は、 眠気や倦怠感(だるさ)。 便秘や吐き気、下痢などの消化器症状を訴える患者さんもいます。 個人差はありますが、 口の渇き・眩暈(めまい)・頭痛などもあります。 うつ病の薬にはさまざまな副作用が存在しますが、そのほとんどは 飲み始めて1週間以内にあらわれるといわれてる。 治療の初期にあらわれる副作用に、どのように対応できるかが投薬治療の鍵になっているのです。 ただし、副作用があまりにもつらいときは担当医師に相談し、薬を変えてもらってしばらく様子をみるようにしましょう。 医師は患者さんの症状を診たり、体感症状を聞いて抗うつ薬を処方するのですが、 治療の初期段階では薬の量を少なめから始めて体の反応や副作用がないかなどの経過を見ながら、徐々に効果が出る量まで増やしていくもの。 うつ病の症状は目に見える形で発熱や咳、発疹が出るわけではないので慎重に治療が行われます。 初期の段階でうつ病と診断されても、経過によっては双極性障害など他の疾患の可能性もあるため投薬は慎重に行われます。 そして、一定期間服用してもらうことで薬の効果を診ながら調節し、症状が収まるかどうか、さらに再発の可能性を判断しつつ、少しずつ薬の量を減らしていき、医師が最終的に治療を終了させます。 このとき うつ病は完治とは言わず、寛解と言う。 抗うつ薬の量のコントロールはとても難しく、患者さん本人やご家族素人ではなかなか判断ができません。 もし途中で医師の指示に従わずに 患者本人の判断で薬をやめてしまうと、発汗、吐き気、ふるえ、不眠、混乱、悪夢、めまいなどの症状が出ることもある。 それにうつ病は再発も起こしやすく、再発するごとに うつ病は治りにくくなることが報告されています。 薬の量のコントロールは、ぜひ医師の指示に従うようにしましょうね。 まとめ うつ病と医師により診断されたら、薬を正しく用法用量を守って服用しましょう。 体調に異変を感じたら独断で服用を中止せず、処方してもらった医師のいる病院へ連絡をして相談すること。 副作用があまりにもしんどいようならば、 再度診察をしてもらい薬を変更してもらうなどの対処をしてもらうといいでしょう。 またうつ病という病気の特殊性から担当医師または病院と性格が合わないなどがあると今後の診察も回復にも影響が出てきます。 少しでも 不安を感じたり合わないように感じるならば、別な病院を受診してみるのもいいでしょう。 うつ病の症状や重さ軽さは個人差が大きくあります。 あなたに合った治療が見つかるといいですね。 体験談:なかなか減薬できない で、 今の私はうつ病で薬は飲まないほうがいいのかと言うとそんなことは全くない。 抗うつ薬を減らすと、朝に起き上がれなくなります。 就寝前のリフレックスなくしたらダメ。 嫁が休みの日だったので、息子を保育園に預けられないということはなかったのですが、それ以降は同じ薬飲み続けています。 季節の変わり目なのが原因か なんかまた夜中にぜん息の症状見たいのが出て吸入器使ってるみたいなんです。 「みたい」ってのは、記憶があいまいだから。 たまに日中も苦しくなって吸入器を使うんですけど、そのときに メーター確認すると、めっちゃ残数が減っているんですよ…。 これ夜中に睡眠薬服用してる意識朦朧とした状態で使ってるんだと思う。 「やばいっすね。 」 なんかもう健常者遠いっすね。 まぁ、うつ病って一生ものなんだけど。

次の

抗うつ剤、抗不安剤、睡眠導入剤の量について

抗 うつ 剤 飲ま ない 方 が いい

現役医師20人が飲まないと答えたクスリを特集する記事 たまたま、目に止まったこの記事。 に掲載されているそうです。 広く使われているクスリでも、じつは重篤な副作用をもたらすことがある。 医者は、自らが服用したり患者に投与したりした経験から、「 本当のクスリの怖さ」を知っている。 都内の大学病院に勤務する循環器内科医はこう本音を明かす。 「患者さんには普通に処方していても、 自分では絶対に飲みたくない、家族には飲ませたくないというクスリはけっこうあります」 現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」糖尿病 高血圧 花粉症 インフルエンザ完全保存版一覧表 医者が絶対に飲まないクスリ一覧は画像ファイルで一般名 さっそく、記事を読み進めたのですが肝心なクスリ一覧が画像ファイルで、先発品の商品名ではなく一般名(いわゆる「ジェネリック」。 後発品でも通用する処方名)なんですね。 製薬会社への遠慮かしら? というわけで、このリストから精神科に関係するものだけ抜き出して、 よく知られている商品名で紹介します。 商品名と一緒に、製薬会社が公開している 添付文書から、リストで指摘されている副作用に関連するキーワードがある箇所を抜粋します。 ただし、副作用の内容やパーセンテージ等をどう 評価するかについては、医師または薬剤師に確認してください。 医者が飲まない「うつ病」のクスリ 一般名:パロキセチン、フルボキサミンなど(SSRI) 「パロキセチンは副作用が強く、 体重の増加や 性機能障害などが多く認められるので自分では使いたくない」(内科医・40代)。 「とくに、 頭痛と 吐き気を訴える患者が多い」(クリニック院長・40代)。 副作用:パキシル錠(速放錠): 頭痛133例(9. 1%) 重大な副作用:抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH):低ナトリウム血症,低浸透圧血症,尿中ナトリウム増加,高張尿,意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(頻度不明)があらわれることがあるので, 食欲不振, 頭痛, 嘔気, 嘔吐,全身倦怠感等があらわれた場合には電解質の測定を行い,異常が認められた場合には,投与を中止し,水分摂取の制限等の適切な処置を行うこと. その他の副作用:0. 1~ 5 %未満: 食欲不振、 性欲障害、勃起障害・射精障害等の性機能異常、頭痛 その他の副作用:0. うつ病が改善するという根拠はほとんどない」(内科医・岡田正彦氏)。 併発している患者には処方されなくなってきたが、知らない医者が出したときが危険」(糖尿病専門医・辛浩基医師:) 商品名:ジプレキサ(一般名:) 安全性(使用上の注意等)に関する項目: 著しい 血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、 死亡に至る場合があるので、本剤投与中は、血糖値の測定等の観察を十分に行うこと。 禁忌内容とその理由(原則禁忌を含む): 糖尿病の患者、糖尿病の既往歴のある患者 添付文書: 一般名:エスシタロプラム 「 心電図に異変が生じることがあり、死亡リスクの高い致死性不整脈を起こす危険性も」(精神科医・50代)。 「投与した患者に重篤な 肝障害が起こったケースがあったので、あまり使用したくない」(常喜医師:) 商品名:レクサプロ(一般名:) 禁忌(次の患者には投与しないこと): QT延長のある患者(先天性QT延長症候群等)[心室 頻拍(torsades de pointesを含む)、心電図QT間隔の過度な延長を起こすことがある。 ] 慎重投与(次の患者には慎重に投与すること): 1 著明な徐脈等の 不整脈又はその既往歴のある患者、QT延長を起こすことが知られている薬剤を投与中の患者、うっ血性心不全、低カリウム血症の患者[本剤の投与によりQTが延長する可能性がある。 ] 2 肝機能障害のある患者[本剤のクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するおそれがある。 だが、作用が強すぎて薬に対する 依存性も高いので、なるべく使いたくない」(林医師) 商品名:デパス、セデコパン(一般名:) 重大な副作用: 依存性(頻度不明):薬物依存を生じることがあるので,観察を十分に行い,慎重に投与すること. また, 投与量の急激な減少ないし投与の中止により, 痙攣発作,せん妄, 振戦, 不眠, 不安, 幻覚, 妄想等の離脱症状があらわれることがあるので, 投与を中止する場合 には, 徐々に減量するなど慎重に行うこと. 添付文書: 一般名:ゾルピデム 「服用すると、夜間に寝ぼけて行動することがある。 実際に私が投与した患者で、夜中に病院を飛び出して自殺をはかった患者がいた。 その症例を見たので自分が飲むのは絶対嫌だ」(精神科医・40代) 商品名:マイスリー(一般名:) 用法・用量に関連する使用上の注意:本剤に対する反応には個人差があり、また、 もうろう状態、睡眠随伴症状(夢遊症状等)は用量依存的にあらわれるので、本剤を投与する場合には少量(1回5mg)から投与を開始すること。 添付文書: 一般名:トリアゾラム 「処方が多い睡眠薬の一つ。 過量投与:他のベンゾジアゼピン系薬剤と同様に本剤の過量投与において死亡が報告されている。 また、本剤を含むベンゾジアゼピン系薬剤と アルコールとを過量に併用した患者で死亡が報告されている。 添付文書: 一般名:ブロチゾラム、フルニトラゼパム 「普通の患者には効果があるが、高齢者に使うと、わけのわからないことを言ったり、暴れだしたりするせん妄を引き起こすケースが多く逆効果になる。 認知症の患者にはとくによくない」(大和田医師) 商品名:レンドルミン(一般名:) 高齢者への投与:少量から投与を開始するなど慎重に投与すること。 [高齢者では運動失調等の副作用が発現しやすい。 ] 添付文書: 商品名:ロヒプノール、サイレース(一般名:) 意識障害:うとうと状態から昏睡等の意識障害があらわれることがあるので、注意すること。 特に 高齢者においてあらわれやすいので、慎重に投与すること 高齢者への投与:高齢者へ投与する場合には、慎重に投与すること(【用法・用量】の項参照)。 [運動失調、意識障害等の中枢神経抑制症状があらわれやすい。 ] 添付文書: 添付文書:.

次の