クリフに勝つ。 レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

GOロケット団クリフ戦考察(11月9日)ニャース・カビゴン・ドダイトス【ポケモンGO】

クリフに勝つ

エンジョイ勢の筆者が、『』に登場している、ロケット団幹部の1人「クリフ」にやっと勝てた話です。 CP2,000未満のハリテヤマ・シャワーズだけで撃破 先々週あたりに筆者 ですが、その後もコツコツとレーダーを作りあげまして、先日クリフと対戦いたしました。 見た目からしてイカツいクリフ。 でも、お髭がポケストップみたいな形で実はオシャレさんかも知れないと気付いてから、少しかわいく思えてきました。 さて、本題。 目の前に現れたクリフさんに勝つために、まずは相手のポケモンを探ります。 CPの高いポケモンで1戦。 私の出会ったクリフは「ニャース」「サンドパン」「バンギラス」を使ってきました。 ロケット団幹部は使ってくるポケモンが数種からのランダムなので、まずは何を使ってくるか把握するのが大事です。 今回は「ニャース」と「バンギラス」用にかくとうタイプ、「サンドパン」用にみずタイプを用意するのが良さそう。 ということで、いろんなポケモンで挑んでは負け、挑んでは負けを繰り返し、最終的に選んだポケモンがこの3匹! 全員CP2,000以下、育成も十分じゃなくてごめんなさいな3匹です。 シャワーズに至ってはその場で進化させて、ありったけのアメで育成しました。 ニャースにはハリテヤマを使い、サンドパンになったらシャワーズに変更。 バンギラスにはハリテヤマとルカリオの2匹で挑む作戦です。 実践 まずは作戦通りにハリテヤマでニャースを。 この時、相手にシールドを1回使わせることに成功。 その後もう一度技ゲージが溜まったのですが、削りきれると判断して通常技でニャースを撃破。 次にサンドパン。 すぐに、シャワーズに変えて画面をタップタップタップ! 技ゲージが溜まり2回目のシールドを使わせることに成功。 最後の強敵バンギラス。 シャワーズの通常攻撃でちょっとだけHPを削り、ひんしになって交代したのがハリテヤマ。 なんと、ルカリオくん出番なし! 笑。 CP10,000越えのバンギラスに、CP2,000以下のハリテヤマ勝が圧勝を納め、クリフの悔しそうな顔を見ることができました。

次の

【ポケモンGO】サカキのスイクン対策!7月のタスク内容について

クリフに勝つ

ベトベター・エレキブル対策• カイリキー対策• オムスター・ラグラージ・ガラガラ・バンギラス対策• ドダイトス対策 1体目の「ベトベター」と2体目に「エレキブル」は、 優秀な「じめん」技を覚える「フライゴン」あるいは「ランドロス」がおすすめです。 2体目以降に出てくる「オムスター・ガラガラ・バンギラス・ラグラージ」は「くさ」タイプが共通の弱点です。 「くさ」タイプポケモンを1〜2体揃えて挑みましょう。 「くさ」タイプポケモンは 耐久面を考えると 「モジャンボ」が優秀ですが、「リーフブレード」や「ハードプラント」を覚えたポケモンでも活躍できます。 2体目に 「カイリキー」が出てきてノーマルアタック(技1)が「カウンター」だった場合は非常に脅威です。 「かくとう」技に2重耐性のある「ゴースト」タイプポケモンである 「ギラティナ」や「シャンデラ」がおすすめです。 そして 「ドダイトス」は2重弱点となる「こおり」タイプの 「マンムー」や「グレイシア」でやられる前に一気に攻めましょう。 勝てるパターン・ポケモンを見つける GOロケット団リーダーはどのポケモンを出してくるかバトルを開始するまでわかりません。 もし「このポケモンには勝てない」というような場合は、 別の場所のリーダーを探して別ポケモン・パターンでバトルをするのもアリです。 (偶然同じポケモンとなることもあり) 「クリフ」に対して 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン• ラプラス対策• ナッシー・フーディン対策• サメハダー・ダーテング対策• ヘルガー対策 1体目の「ラプラス」が非常に強いです。 1体目・2体目と連続で「ラプラス」が出てきた場合のパーティは間違いなくGOロケット団最大の突破難易度です。 「ラプラス」はまともに1対1でバトルして突破できるポケモンはほぼいないため、2体の体勢がおすすめです。 最初の1体目で1枚以上シールドを消費させ、2体目以降でガッツリ弱点を突いて攻撃していきます。 「ナッシー・サメハダー・ダーテング・フーディン」は「むし」タイプポケモンで攻めます。 「ハッサム」がタイプ耐性があり覚える技構成も非常に優秀なためおすすめです。 同じ技構成となる 「カイロス」も活躍できます。 後続のポケモンによっては連戦で倒すことができます。 「サメハダー・ダーテング」は「あく」技が非常に強力なため、タイプ耐性があり弱点を突くことができる「かくとう」ポケモンがおすすめです。 技発動が速い「ルカリオ」や「カイリキー」が活躍します。 「ヘルガー」はノーマルアタックが 強力な「ほのおのキバ」だったことを考えて「みず」タイプポケモンを出します。 「ラグラージ」あるいは 「カイオーガ」がおすすめです。 勝てるパターン・ポケモンを見つける 「シエラ」も「ラプラスには勝てない」というような場合は、 別の場所のリーダーを探して別ポケモン・パターンでバトルをするのもアリです。 (偶然同じポケモンとなることもあり) 「シエラ」に対して 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン• クヌギダマ・ハガネール・ハッサム対策• リザードン対策• カメックス対策• カイリュー・ボーマンダ対策 「クヌギダマ」「ハガネール」「ハッサム」には 「リザードン」や「バシャーモ」など弱点となる「ほのお」タイプで攻めます。 「ハガネール」は耐久力ありですが攻撃性能がそれほど高くないため落ち着いて攻めましょう。 1体めの 「クヌギダマ」に対しては、 できれば発動が速い技を開放して相手のシールドを消費するまで「リザードン」であれば「ドラゴンクロー」、「バシャーモ」であれば「ブレイズキック」の連打がおすすめです。 相手の「リザードン」には 「ラグラージ」、「カメックス」には 「モジャンボ」または 「ジュカイン」と弱点を突くことがで素早くスペシャルアタックを撃つことができるポケモンで攻めます。 「カメックス」も技が「かみつく」の場合はなかなか手強いです。 「カイリュー」と「ボーマンダ」は2重弱点となる「こおり」タイプポケモンで一気に攻めます。 技構成が優秀であ る 「マンムー」がおすすめです。 勝てるパターン・ポケモンを見つける 「アルロ」についても 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン バトルに勝利するための基本方針 GOロケット団リーダーはかなりの強敵です。 少しでも勝利に近づくためにどのようにポケモンを選出してバトルをすれば良いか、基本的な方針を紹介します。 とにかくシールドを早く使わせる 「GOロケット団リーダー」の使ってくる「シールド」がやっかいです。 これを早めに、 できれば自分よりも早く「シールド」を全部使わせます。 「シールド」は自分も敵もバトルを通じて2回使うことができます。 敵にこれを早く消費させる(ゼロにする)ために、こちらから繰り出す1体目は素早くスペシャルアタックを撃つことができるポケモンを用意します。 そのためには、 ノーマルアタック(わざ1/通常技)はエネルギーが早くたまる技を持ち、スペシャルアタック(わざ2/特別技)は少ないエネルギーで放つことができる技を持つポケモンを選択します。 タイプ耐性と耐久力を優先に選ぶ これは「GOロケット団したっぱ」とのバトルにも通じることですが、 「相手の弱点を突く」よりも「 相手からのダメージをどれだけ抑えることができるか」でポケモンを選出します。 ポケモンは3体までしか出せず、全て倒されると負けです。 負けないバトルをするためには、倒されないことが重要です。 ジムバトルやレイドバトルのように攻撃性能優先の選び方ではなく、 防御・HP種族値も高く、相手の攻撃技のタイプに耐性があるポケモンを選びましょう。 相手パーティを確認する 「GOロケット団リーダー」は2体目と3体目はパターンがあるとはいえ、 どのポケモンを出してくるかわかりません。 場合によってはその出してくるポケモンによってこちらの出す対策ポケモンも変わります。 最初は全滅しても良いと割り切って、相手の出すポケモンを確認することも有効です!。 負けても同じ場所に出現しているリーダーと再戦すれば出してくるポケモンは同じです。 相性の悪いリーダー・ポケモンバトルは避ける 例えば、手持ちポケモンが揃っていなかったり強化できていなかったりなどで「ラプラスを出されたら負ける」「クロバットには勝てる気がしない」という場合もあります。 そんなときは、 そのリーダーと遭遇したり相性の悪いポケモンを出してくると確認できた時点で別のリーダーとのバトルへ移りましょう。 同じリーダーでも別の場所へ行くと2体目・3体目は異なるポケモンを出してきます。 (偶然同じとなる場合もあります) まずは自分が勝てるリーダー/パターンを見つけて勝利し、ポケモンを育成して少しずつ勝てるパターンを増やしながら楽しんでいきましょうー GOロケット団バトル関連情報.

次の

GOロケット団クリフ戦考察(11月9日)ニャース・カビゴン・ドダイトス【ポケモンGO】

クリフに勝つ

2019. 27 ポケモンGO攻略情報 匿名 【ポケモンGO】ロケットリーダー「クリフ」と遂に遭遇!実装は間もなくなのか? 博士の最新レポートで遂にロケットリーダーが登場 日々更新されている博士のロケット団に関するレポートで登場が予想されているクリフと初めて遭遇したことが報告されています。 モンスターボールの髭の形をしたクリフと戦える日も近い!? ウィロー博士とブランシェがクリフが遭遇!最新レポート ウィロー博士の調査レポート:影から迫る脅威が10月27日に更新され、博士とブランシェが初めてロケット団のリーダーと遭遇したことが報告されています。 日付:2019年10月26日 件名:[ウィロー博士の調査レポート]最初の邂逅 今日、GOロケット団のロケットリーダーに初めて遭遇した。 「ロケットレーダー」の試作品のテストを進めるために、わたしはアシスタントとしてブランシェを選んだ。 GOロケット団の追跡機能をテストしてみたが、試作品は誤動作をし続け、あてもなくランダムに無関係なポケストップを示すだけだった。 ブランシェは、計画通り事が運ばないときにふと見せる苛立ちの表情を、一瞬だけ見せた。 そして、予期せぬことが起こった。 こちらがGOロケット団のロケットリーダーを探していたのに、先に向こうがわたしたちを見つけ出してしまったのだ。 モンスターボールのような形のヒゲを生やした大柄な男が、わたしたちに近付いてきた。 わたしのパソコンに仕込まれていた画像の男、GOロケット団のロケットリーダー「クリフ」そのものだった。 彼は口を開くと、まず「お前達はGOロケット団の縄張りを荒らしている」と警告してきた。 写真の通り見た目こそ恐ろしそうな風貌をしていたが、向こうに戦う気はなく、意外にも威圧感のない声でわたしたちに立ち去るように言ってきた。 しかし、それはクリフがわたしたちに見せた唯一の優しさで、もしこちらからバトルを仕掛けたら絶対に引かなかったはずだ。 わたしとブランシェは、ひとまず引き下がることにした。 まだこちらはバトルへの備えができていなかった。 研究室に戻ると、クリフと遭遇した時に、どんな行動をとればいいのか自分には判断がつかなかったとブランシェも話していた。 「ロケットレーダー」の開発進捗も悪く、珍しく目の前の状況をうまく飲み込めていないようであった。 冷静にならないとダメだ。 わたしとブランシェには、まだ仲間がいる。 彼らの力も借りることにしよう。

次の