コード ブルー 3 キャスト。 コードブルー3のキャストと相関図は?俳優女優の経歴も徹底紹介!

コードブルーのキャストシーズン1とシーズン2&キャスト相関図を再確認!

コード ブルー 3 キャスト

2nd season:初回は20分拡大。 最終回は30分拡大。 3rd season:初回・最終回は30分拡大。 第2回・第5回・第9回は15分拡大。 スピンオフドラマ:最終回は5分拡大。 『 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(コード・ブルー ドクターヘリきんきゅうきゅうめい)は、系で断続的に放送されたシリーズである。。 主演は。 1st seasonは、からまで「」枠で放送された。 1st season最終回で描かれた事故から数週間後のフェロードクターの活躍が描かれた新春スペシャル『 -明日への別れ-』が、に「」枠で放送された。 2nd seasonは、からまで「」枠で放送された。 他枠で放送されたドラマの続編を「月9」枠で放送するのは今作が初めてである。 また、「月9」枠でを題材としたを放送するのも今作が初めてであった。 3rd seasonは、からまで「」枠で放送された。 に劇場版が公開された。 これに先立ち、スピンオフドラマ『 -もう一つの日常-』が同年から7月27日まで関東ローカルで 5夜連続放送された。 また、公開翌日のには、3rd seasonの総集編に劇場版の前日譚を加えた特別編『 -もう一つの戦場-』が「土曜プレミアム」枠で放送された。 2019年12月7日に劇場版が「土曜プレミアム」枠で地上波初放送された。 概要 [ ] タイトルの「コード・ブルー( Code Blue)」とは、容態が急変し、緊急での蘇生が必要な患者が発生したという意味の医師、看護師の中で使用される隠語である。 に全国配備を目指す特措法が成立するなど近年必要性が叫ばれている。 本作はを舞台に、フライトドクター養成(救急科専門)研修シップの一環としてやってきた若きフライトドクター研修生や指導医達、それにドクターヘリに携わる人々の奮闘と葛藤を描いている。 また、大災害や負傷者多数の現場における活動の厳しい現実を扱った話も多数挿入された。 3rd seasonや劇場版では、仕事以外の場面も度々描かれた。 物語 [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2012年10月)() にフェローシップ研修でやって来た、4人のフライトドクター候補生・藍沢耕作、白石恵、緋山美帆子、藤川一男と1人のフライトナース・冴島はるかが、直面する救命救急センターでの日々、人生と医師・看護師としての職務との間で揺れ動き葛藤しつつ、救急救命や災害医療に奮闘する姿を描く。 3rd seasonでは新たに、フェロー・名取楓馬、灰谷俊平、横峯あかり、ナース・雪村双葉の4人が加わり、5人が後輩に指導しながら翔北救命を支える立場になる。 劇場版では5人が集結し、それぞれの道を歩む決意をする。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 藍沢耕作(あいざわ こうさく)〈29 - 40〉 演 - 本作の主人公。 両親は彼が子供の頃に離婚し、母親は自殺したが父親は健在であることが判明する。 6歳から祖母・絹江に育てられたため、親との思い出がほとんどない。 藤川曰く「永遠のおばあちゃん子」。 ただ、その絹江も劇場版から2年前の2016年に死去する。 容姿端麗であることから女性の患者から好かれることが多いが、藍沢自身は恋愛やその手の話に疎い。 (ソニック系)と爪いじり、親指の擦り合わせを頻繁に行う。 食事の際は大体白石・緋山・藤川とテーブルが違う。 いつもサンドイッチを食べている。 聴診器はゴム管が灰色の物を愛用する。 若くして経験を多く積み、自分の腕を磨くことに貪欲な野心家。 目標は「人より多くのミッションをこなし、名医になること」。 冷静沈着にして、患者に感情移入しないことで先輩医師からの評価も得ており、恩師でもある黒田からは「生まれながらの外科医だ」と評価される。 翔北救命赴任初日に初めて患者を診た時、他のフェローが戸惑う中で冷静に輪状甲状靭帯切開をする。 その後、初めてのドクターヘリ出動では工作機械に右腕を巻き込まれた19歳の作業員の右腕切断を決行し、その時の気分を高揚した様子で白石に語る。 また、フェローだけで当直した際は黒田を待たずに緊急手術を決行する。 しかし、黒田の右腕を切断したことをきっかけにして、今までは単なる処置の1つでしか考えなかったことが、次第に自らの決断で患者の人生を変えてしまうことへの迷いや心の痛みが生まれてくる。 親の真相が明らかになった時は、退院する絹江に対して母・夏美の墓参りを、これからは重荷を半分背負わせて欲しいとお願いする。 フェロー課程を卒業し、翔陽大学附属北部病院の脳外科へ進む。 亡き母・夏美の墓参りで最初にフェロー課程修了を夏美に報告する。 3rd seasonでは、翔北病院の脳外科のエースとなっている。 トロント大学の臨床医師として新海と共に推薦候補に挙がったこともあって現時点で救命に戻るつもりはなかったが、人手不足に陥り未熟なフェローたちへの指導もままならない救命の窮状を目の当たりにしたことから、推薦獲得のための症例数稼ぎも兼ねる形で救命に戻ることとなる。 指導医としては横峯の面倒を見ることが圧倒的に多い。 西条からトロント大学の臨床医師として推薦されるものの、天野奏の手術の責任を抱え込んで辞退を考えたが、白石の言葉も受け、3rd season 明けからトロント医科大学へ行くことを決意する。 普段はぶっきらぼうな物言いで指導も厳しいが、性格は優しい。 劇場版ではトロントに一度出向いており、成田空港に戻ってきたところ、事故の現場に遭遇。 緋山には「あいつが重症患者呼んでんじゃないの」と言われた。 いつもと変わらず落ち着いて患者を処置する。 海ほたるの現場にて、白石を追うのに気を取られ漏電した水たまりを踏みそうになった雪村を咄嗟に突き飛ばして庇ったが、その結果自身が感電して踊り場から下の階へ転落する。 肺挫傷などの重傷で翔北に搬送されるが、翌日の午後に意識が戻る。 3週間後、藤川・冴島の結婚式の翌朝に再びトロントに発ち、最終シーンでは現地での活躍が描かれている。 「ドクターヘリの技術を故郷に持ち帰る」為に明邦医科大学病院より翔北救命にやって来る。 明邦医科大学の教授を父に持ち、自らも医師として患者に接する。 暇さえあれば、医学書を読んだりする典型的な優等生。 緋山曰く「医学書オタク」。 スクラブの両ポケットに当直のマニュアルなどたくさん入っている。 緋山曰く「カンガルー」。 受身姿勢で失敗を恐れる性格。 好きな食べ物は、クリームシチュー。 人と話をする時は相手が誰であっても決して名前を呼び捨てにしない。 手ぶら状態で走る時は、服の両側ポケットに入っているメモ帳が落ちないように押さえながら走ることが多い。 食事の際は緋山とよく同じテーブルで話している。 フェローで最初にドクターヘリ出動するが、何も出来ずに終わってしまう。 八街市内の化学工場で発生した爆発事故で現場に向かった際、の安全確認を受けずにボイラー室に入り、危うく落ちてきた鉄骨で大怪我を負いそうになる。 とっさに同行していた黒田に庇われ自身は事なきを得るが、代わりに鉄骨の下敷きとなった黒田は右腕を切断する大怪我を負ってしまう。 その切断が原因で外科医としての黒田の人生を奪ったと激しく自分を責め、田所に辞職願を提出するほど思いつめる。 しかし、緋山と冴島、そして周りのドクター・ナースの支えで辞職願を撤回し、引き続きフェロー課程を続ける決心をする。 新春SPでは列車事故の負傷者をトリアージ、治療をしていたがヘリ搬送を予定していた男性の容態が悪化。 助かる見込みがないと断定し、男性の家族からの罵声を浴びせられながらも他の助かる見込みがある患者の搬送を優先させた。 その後翔北に帰還するも、助けられなかった患者とその家族に対する自責の念に苛まれ、一人病院のエレベーター内で号泣した。 2nd seasonでは黒田からの「誰よりも多くヘリに乗れ」という言葉を励みに必死に仕事に勤しみ、強い意志と的確な判断、そして患者に対して割り切ることのできる冷静さを得て急成長を遂げる。 その反面、本来の暖かみが失われたのが元で周りの人物に激しい批判を受けてしまう。 父に対しては、フェロー課程修了後は東都大学へ行くように勝手に薦められたり、患者から離れて学会や講演会ばかり出されたりして批判的だったが、父の真意を知り和解する。 飛行機不時着事故で両足の骨折をして入院し退院した父に、フェロー課程修了とシニアドクターとして引き続き翔北に勤めることを報告する。 3rd seasonでは、翔北救命センターのフライトドクターのスタッフリーダーとなり、「黒田先生の救命を超える救命を作る」という目標に奮闘するが、黒田を真似ようと仕事をするのは絶対無理と分かり、「強いリーダーシップもない、すぐへこむ、いつも迷ってばかり」の自分なりの救命を作り精一杯やっていくことを決意する。 1話では、藍沢に指揮官になれと言われ、目覚める。 最終話でも、藍沢に「指示を出すという形で俺たちを守ってくれ」と言われる。 指導医としては灰谷の面倒を見ることが圧倒的に多い。 火事で住む場所を失った緋山を居候させている。 服や物を部屋一面に散らかし放題にするのに頭を悩ませていたが、緋山がエボラ出血熱の感染疑惑により隔離病室で一夜を過ごすことになって、初めて家に居ないことに寂しさを感じ、今後も同居を容認するような発言をする。 また、劇場版ではビデオメッセージの場面で同居している。 最終回では、自分のことを「できる人間」と見て、できない者の気持ちはわからないと言った灰谷に対し、前述の1st seasonでの事故のことを話し、「灰谷先生はきっと人の役に立つ医者になる」と励ます。 劇場版冒頭では災害医療の講習会の講師を務めるが、出動要請が入り現場にて藍沢と再会する。 藍沢が感電によって意識不明になった際には、自らが応急処置を施し翔北へ搬送した。 その後は意識が回復するまでICUでつきっきりで看病していた。 終盤では、当初予定していた結婚式をやむなく取りやめた藤川と冴島に内緒で病院の中庭での結婚式を計画。 橘に2人を中庭に行かせるよう促し、自身は腹痛を訴える患者のフリをしながら2人を会場へと導いた。 藤川から冴島へのサプライズビデオメッセージを頼まれた。 私立医大を卒業後、聖秀大学附属病院での2年間のスーパーローテート研修を経て翔北救命へやって来る。 人一倍プライドが高く競争心が強いためやや傲慢なところもあるが、根は世話焼きで心優しいので、疎まれることはあっても本当に嫌われることはない。 その反面、情に脆いところがあり、その性格が災いして後述の騒動を引き起こしてしまう。 人の話を聞く時は、腕組み・足組みすることが多い。 おにぎりは基本的に梅を食べ、前日から放置している食べかけもたとえ夏場でも気にせず食べる。 また服や物を平気で部屋一面散らかし放題にしたままにするなど整理整頓には無頓着。 食事の際に白石とよく同じテーブルで話している。 1st seasonでは、以前に先輩の手伝いという形で「救急搬送と胎児心拍」の論文を執筆した実績があると嘘をつき尊敬する三井に誉められ、自信をもって初めてのドクターヘリ出動したものの、不測の事態にパニックを起こしてしまい何も出来なかった事に呆然とする。 やがて、黒田、三井らに鍛えられて経験のない手術に挑み、順調に経験を積んでいく。 その過程で得た患者との触れ合いが、常にどんな患者とも正面からぶつかり、絆を育んでいくスタンスを確立してゆく。 新春SPでは、列車脱線事故の救護作業中に高所から落下し、胸部の打撲による、を起こし瀕死の重傷を負う。 事故の混乱の最中で発見が遅れたが黒田によって発見され、一時心停止したものの藍沢や黒田の処置(心嚢穿刺)により心拍を回復し、翔北にて心臓手術を受け一命を取り留める。 しかし、発見が遅れたために心停止時間も不明で、昏睡状態が続き脳へのダメージが懸念されたが、奇跡的に意識を回復し勤務にも復帰する。 2nd seasonでは、列車脱線事故で受けた手術跡を隠すため、ユニフォームの下にを着ている。 また、の()に苦しみ、症状を一時的に抑えるために冷えたを頻繁に所持している。 白石とは、克服治療の件でたびたび口論を繰り返すが和解する。 白石に後押しされる形でを受け、手術は無事成功する。 手術後からは心身ともに健康な状態に戻れたが、脳死状態の男の子の延命を中止した際、母親に書面での同意(DNRオーダー)を得なかったことが問題となり、実際に訴訟に発展することはなかったものの1か月間の謹慎処分を命じられ、これがとなり患者と接する事に恐怖心を抱くようになる。 その後の飛行機不時着事故の救命作業中に出会った母子との交流と橘の支えがきっかけで、医師としての自分を再び見つめ直すことが出来るようになる。 最終的に、入院と謹慎によるブランクが難点となり予定通りにフェロー課程を卒業出来なかったが、引き続きフェロードクターとして勤務を続ける。 3rd seasonでは、翔北を離れ青南周産期母子医療センターの産科救急診療科の産婦人科医になっていたが、師弟関係でもあった三井から翔北に帰ってくるよう頭を下げられ翔北救命に戻ってくる。 また、三井の休職理由を本人から聞かされる。 指導医としては名取の面倒を見ることが圧倒的に多い。 やがて、患者として運ばれてきた緒方のどこまでも前向きな姿勢に好感を抱き、青南周産期母子医療センター勤務時に書いていた論文を教授に横取りされて提出された事、代わりの新人が入ったため翔北救命以外に居場所がなくなった事を話す。 緒方がリハビリテーション科に転科した後もリハビリの手助けをしたりと引き続き交流を深める。 の感染疑惑のため病室に入った時も緒方が面会に訪れ、全ての感染症が陰性だったと検査結果が出た後に緒方と初めて食事デートに出掛ける。 その後に緒方から障がいを持っている自分と付き合うと医者キャリアを疎かにすると気遣って別れ話をされるが、自分の気持ちを伝えてそれでも付き合うことを告白する。 出勤初日(3rd第1回)に住んでいたマンションが火事になり、自分の部屋は消防の消化液で着替えもろとも無残な状況となり住む場所を失う。 その後白石に交渉し一度は拒否されたものの、白石の住むマンションに一時的に居候することになる。 白石の部屋を瞬く間に混沌の世界へと変えた緋山は3rd第8回にて引っ越し先の部屋を見つけて当初は出ていくつもりでいたが、白石の説得を受け「大家が寂しがるからやめた」と、引っ越しを取り消す。 3rd第9回で青南周産期母子医療センター時代の恩師である桜井から、周産期母子医療センターの医局長として推薦される。 劇場版では、周産期医療センターへの異動に伴って自身の新しい住居も見つけ、居候している白石の自宅マンションでは引っ越しの準備に追われていた。 そんな中、緒方のリハビリも兼ねて一緒に料理をしていた際、こと細かく指示をする緒方に嫌気が差し思わず「文句があるなら自分で作れ」と緒方が手の不自由であることを知りながら罵声を浴びせてしまったことを白石に打ち明けている。 その後の藤川と冴島の結婚式にて同席した緒方に謝罪し和解した。 藍沢がトロントへと発った1ヶ月後には周産期医療センターで医局長として活躍する様子が描かれている。 冴島はるか(さえじま はるか)〈27 - 37〉 演 - 救命センターの、フライトナース。 岳南大学医学部教授を父に持ち、代々医師の家系に育つ。 親と同じく医師の兄と姉がおり、二人とも非常に優秀だったため末っ子の彼女は、両親にとってどうでもいい存在と思い込む。 医学部を意地で受験するものの、試験に落ちてしまいに進む。 卒業後は翔北病院に入り、最年少で看護師として抜群の技術と並みの医師以上の知識を持ち合わせるようになる。 藤川も「そこら辺の医者より優秀だ」と評している。 時折言いたいことははっきりと言う性格で、歯に衣を着せない辛辣な言葉を投げかける。 年齢が近いフェロードクターに対しては慇懃に接するものの、本音は自分がなる事の出来なかった医師になりながら自分より経験と実力のない彼らのことを見下していたが、フェローのみの当直時に、救急搬送された患者をシニアドクター不在の中(連絡を受け、駆けつけた黒田が途中から参加)藍沢らフェロー全員が一丸となり命を救ったことを機に少しずつ認めていくようになる。 3rd seasonからはプライベートでは4人とタメ口で接するようになった。 医学部受験の際に家庭教師として紹介されたことで交際を始めた恋人・田沢が居たが、彼が難病・ALSを発症したことで、介護したりいずれは看取らねばならないという負担に耐え切れず、更に田沢が包丁で頸部を切り自殺未遂を起こした事もあって会う事を避け続けていたが、しばらくの後によりを戻す。 2nd seasonで発作を起こし翔北に入院した田沢の世話をするも、死に近づくに連れて変貌していく田沢の姿に頭を悩ませる。 そして遂に田沢の最期が訪れようとしていたが、その瞬間にドクターヘリ要請が入り出動することになる。 結果田沢を看取ることはできず、翔北へ戻るヘリの機内で藍沢から田沢の死亡を無線連絡で知らされる。 田沢のお別れ会に彼からプレゼントされたブローチを身につけて参列し、彼への想いを涙ながらに語った。 田沢の生きているときに叶えられなかったが、彼が待ち望んでいた花見に行った事で彼の留守電を消去し区切りをつける。 藤川のことを最初は煩わしく思っていたが、恋人である田沢の死後に元気をなくしていたところ、彼の言葉で立ち直り次第に心を開いていく。 3rd seasonでは藤川と恋仲で同棲しており、妊娠7週であることが判明する。 そのことを藤川に話そうとしたが先に彼が妊娠に気づいていたことを知り、彼からされたが自分の仕事にやりがいも感じており色よい返事をしないままにする。 ヘリ出動中に患者のを浴び、吐瀉物の匂いで意識を失って倒れる。 ヘリに同乗した灰谷の話から、患者が自殺するために服用したが原因であると藍沢が特定し一命を取り留め、運び込まれたにて回復した際改めて藤川からプロポーズされる。 藤川を選んだ理由は、辛いときは立ち直るのを待ったりと一緒に歩こうとしてくれるからであり、先導してくれるタイプだった田沢とは異なるその姿勢を好ましく思ったからだと最終回で藤川が入院した時に告白する。 妊娠が病院内に知れ渡った後はヘリを降り雪村のフライトナース指導にあたるが、子宮頚管無力症で倒れ、緋山が頸管縫縮術(マクドナルド手術)で緊急で手術するもしてしまう。 流産後しばらくしてフライトナースに復帰し、以前のような働きぶりで雪村を圧倒する。 流産のショックにかつて恋人を失くした経験も重なり、大切な人を失うことへの恐怖から藤川に患者よりも自身の身の安全を優先してほしいという本音を抑え切れなくなるが、最終的には藤川の選択を尊重する。 劇場版では、翔北に搬送されてきた末期ガンの患者・富澤未知と心を通わせ、余命が残りわずかしかなく、婚約者との結婚式も果たせていない彼女のために、本来自分達の結婚式を行うはずだった日を急遽キャンセル、彼女達に日程を譲る決意をした。 最後には白石たちの計らいから翔北で藤川と結婚式を行う。 幼少の頃は持ちで、現在の職務につけるのも微妙であったほど重かった。 母親からは献身的な愛情を注がれている。 お調子者で明るい反面、臆病なのにかなり見栄っ張りな性格 で、フェローの中ではムードメーカー的存在。 藍沢や黒田のいないところでは大口を叩くものの、本人が現れた直後に恐縮することが多い。 森本を上司であるにも関わらず、軽口を叩いたり同志目線で接したりして、梶と共にからかうことが多い。 食事の際はよく白石と緋山のテーブルに話しに行き、藍沢や冴島も誘おうとする。 当初(1st)のスキルは他のフェローに比べ見劣りするためヘリ出動を認めてもらえず、黒田から他所の病院への異動を薦められるほどであった。 南房総道トンネル多重衝突事故で、フェローの中では最後にドクターヘリ出動を果たす。 2nd seasonまでにはヘリの出動回数は大幅に増え、藍沢・白石とほぼ同じになった事で「俺は黒田チルドレンの一人」と調子に乗って髭を生やし、黒田と同じタイプのメガネをかけるようになる。 常に患者目線であることから橘からは一目置かれており、現場で患者を救えなかったことに対し心の痛みや迷いが生じることがある。 フェロー課程修了を黒田に最初に報告し、現場で救える命と救えない命が必ずあることを改めて知りフライトドクターを続ける事を決意する。 3rd seasonでは翔北救命センターの整形外科専門の救命医になり、フェローが失敗や悩みで落ち込んでいる時は温かく接する。 以前から何かと気にかけていた冴島が恋人の死を受け入れられずに苦悩する姿を見て、彼女を自分なりの言葉でかけ続け元気付ける。 3rd seasonで、冴島と恋仲で同棲していることが判明しておりプロポーズの末に結婚する。 地下鉄崩落事故で親とはぐれた少年を2次崩落から庇い、瓦礫に下半身を挟まれたことで動けなくなってしまう。 左足が瓦礫から解放された際にによる心室頻拍を起こしたため、右足が解放された際の再発を阻止するために右足の血流を遮断されるが、瓦礫撤去が難航し血流を遮断できる限界時間を迎えたため、藍沢により動脈のみを一時的に解放し静脈を遮断したまま足から帰ってきた毒素を含む静脈血のみを体外に捨てるが行われ、足を切断せずに一命を取り留めヘリ搬送され、その後は順調に回復する。 地下鉄崩落事故の2次崩落で入院した際には、冴島を心配させないためにも一般整形に進む事を決意し整形外科部長からも歓迎されたが、冴島の「自分の進みたい道を選んでほしい」との言葉でラストシーンでは足を引き摺りながらも救命に復帰する。 劇場版ではドクターヘリを見学する小学生達にとことん振り回され、一緒にいた冴島と緋山に呆れられる。 また冴島との結婚式を翌週に控えており、職場にウェディングドレスを複数試着した際の冴島の写真を持ち込んでは事ある毎にどのドレスにするのか本人に迫るほか、白石にビデオカメラを渡し他のスタッフらにビデオメッセージを撮ってもらうように頼む。 藍沢が意識不明となった際には宿直室で藍沢が撮ったビデオメッセージを見て涙を流し、冴島にもう一度結婚式をしようと電話する。 3週間後、白石の計らいによって無事に病院内で結婚式を執り行うことができ、サプライズで届いた田所のハガキを朗読し冴島ともども涙を流した。 翔陽大学附属北部病院救命救急センター [ ] フライトドクター [ ] フライトドクターは事故状況に応じて、1名から3名でヘリ搭乗する。 基本的にはシニアドクター1名とフェロー1名の計2名が搭乗することが多い。 フェローを含めて6名から8名体制で動いていることがドクターヘリ運航表で読み取れる。 三井環奈(みつい かんな) 演 - (1st season - 3rd season) 救命センターの医師、フライトドクター、専門はと。 冷静沈着で合理主義だが、情熱家の一面も持つ。 フェロードクターの成長に期待している。 かつて妊婦と胎児の命を救えなかった事で、その際の患者家族への対応の不手際により、遺族から提訴される。 その裁判中に倒れた原告・真壁を迅速な処置により命を助ける。 その一方で、相馬弁護士から謝罪しない徹底抗戦で裁判に挑むように言われたが、裁判では真壁に謝罪してしまう。 入院中の真壁と対面した時に、真壁の妻が搬送された当時の事を話し、最初は脱出の環納が困難で真壁の妻の命を優先にしようとしたが、真壁の妻の手の温もりと自分の息子が生まれた日とが重なり、医者であることを忘れ母子感情が芽生え、母子共に救おうとして却って母子共を救えなかった事で改めて謝罪する。 当時の状況を伝えた事で、自らの人となりを相手に理解させることが出来て、提訴が取り下げられ和解に至る。 かつては黒田や西条、橘と同じく本院の救命所属だった。 また、橘は元夫。 3rd seasonでは、橘と再婚しているが、10歳になる息子・優輔が6年前から移植でしか助かる見込みのないを患っており、移植なしで生存出来る時間が残りわずかとなったため、看病に専念し休職を決断する。 個人的理由で人手不足の救命を離れる負い目から休職理由を語ろうとしなかったが、息子が病気だということを緋山に知られ全てを話す。 その翌日のカンファレンスにて改めて一同の前で謝罪し、事情を理解してくれたことへの感謝の言葉も述べた。 第2回以降からはつきっきりで優輔の看病をしているも、優輔と同じく拡張型心筋症を患っている子供が急変した際にはすぐさま応急処置をするなど、休職中でありながらもドクターとしての手腕を発揮する。 劇場版には未登場。 黒田脩二(くろだ しゅうじ) 演 - (1st season - 2nd season) 救命センターの医師、フライトドクター、専門は。 フライト回数800回を超える才能・経験ともに優れた救命センターのエース。 かつては翔陽大学病院の本院で勤務しエゴイスティックな性格が災いしてのでいたが、を立ち上げるのに田所から腕を買われ翔北救命にやって来る。 ヘリの初搭乗は1998年8月9日。 10年という年月をかけてドクターヘリ事業を軌道に乗せる。 前年に引き続き、田所の命令によってフェロードクターの指導を行うことになる。 周りには厳しく、とりわけ若い人材を嫌っている。 藍沢他フェロー達の赴任初日の際は、「ドクターヘリでは1つのミスも許されない。 ミスは即、患者の死だ。 」とフライトドクターの厳しさを伝える。 藍沢達の成長を見るにつれ、少しずつ彼らを評価するようになる。 1st第8回で八街市内の化学工場で発生したボイラー爆発事故現場で鉄骨が落下した際、白石を庇った為に腕を挟まれ動けなくなり、救出のため藍沢により右腕を切断され、ヘリ搬送される。 1st第9回では、森本と藍沢による接合手術を受け縫合は成功したが、外科医としての人生を奪われてしまう。 担当は森本。 元妻・北村有里子には、仕事で家族を顧みなくなったことで離婚を言い渡される。 息子・健一とは彼が1歳の時に別れており、黒田のことを父親だという事実を知らずにいたが、有里子が父親のことを明かしたと告げ、健一が転院する際は父親と認知され別れる時に手を振られる。 新春SPでは、空港へ見送りに向かっているなど 、関係は修復されつつある模様。 新春SPでは、田所から救命部長にならないかと話をされるものの「挿管も出来ないような医者がいちゃいけない」と断り 、リハビリに専念すると伝える。 翔北を去ってからは、二度の神経移植手術と国立中央リハビリテーションセンターで1日2時間のリハビリを続ける。 2nd第10回では、田所の見舞いに来て現在はをしていると話している。 トンネル多重事故や鉄道脱線転覆事故、飛行機不時着事故ではフェローたちに指示を出すなど手助けをする。 3rd season、劇場版には未登場。 翔陽大本院より翔北救命にやって来る。 田所に「黒田先生のかわりはあなたしかいない」と言われ、フェロー達のフライトドクター認定を一任される。 普段は陽気で如才のないたち振る舞いでつかみどころがない。 よく看護師と飲みに行っている模様。 当時指導医だった西条により、医師を職務と割り切る事を身につける。 しかし、過去に24週で取り出された超未熟児に対し、経験を積むためなら救命不能であっても処置を続けろと指導された際には深く悩み、後に24週の妊婦が搬送された時にその同時のことを思い出すなど、本質的には情に篤い。 三井とは患者に感情移入し過ぎてしまうという点で似た者夫婦であり、離婚については後に三井に対して「患者遺族とのトラブルを抱えた妻を支えることに耐え切れなかった」と心境を打ち明けている。 緋山がDNRオーダーを取らなかった事の説明会で、防戦一方だった緋山に対して、「(サイン)させなかったのは、させなかった理由があるからなんじゃないか?それを今ここで話すべきだ。 」と、緋山が本音を打ち明けるきっかけを作る。 3rd seasonでは、翔北救命センターの部長となり三井と再婚し、拡張型心筋症にかかっている息子・優輔を翔北に転院させる。 その後臓器移植の優先順位で優輔が1位となった際には、返事の期限が差し迫る中で本人に拒否されてしまい思い悩んでしまう。 しかし見兼ねた緋山の説得により、本人の意思を無視し強制的に移植手術にために三井とともにヘリで転院搬送する。 搬送中の機内にて優輔に自分の気持ちをしっかり伝えた。 森本忠士(もりもと ただし) 演 - (1st season - 2nd season) 救命センターの医師、フライトドクター、専門は。 フェロードクターにも快活に接する救命センターを和ませる存在。 休憩中・スタッフステーションで待機中の際は肩のつぼ押しグッズを多用する。 2002年3月17日の初出動以来フライトドクターとして400回以上のヘリ出動を経験している。 その活躍ぶりから学会などに呼ばれることもある。 大規模災害時には現場に行かず、救命センターにて医療スタッフ全体の統括指揮を任されることが多い。 また、現場でフェローが処置に困った際もCS室から指示を出して、患者を救う事もある。 飄々とした性格で患者を前にしても決して熱くなったりすることはないが、「救命の世界に『もしも』は存在しない」という信念のもと救命医として活躍する。 CS・轟木との関係は、毎回気になる素振りを見せるものの相手にされず、1st最終回でやっと2人きりの食事に誘われるものの、フェローの体調に気を遣って当直を代わったのが裏目に出てしまう。 2nd第1回で挙式するまでに進展する ものの、挙式を挙げる前なのに振り向いてくれない事 に悩み、嫉妬から轟木には入院しているニクソンの嘘の病室番号を教えてしまう。 しばらくの後、轟木・ニクソンとの三者会談が行われ、轟木から挙式キャンセルを言い渡されてしまう。 キャンセル料は轟木と折半する。 轟木と一緒に田所の見舞いに行った際は、挙式キャンセルの件は田所に伝わっておらず、終始ぎくしゃくした素振りを見せる。 紆余曲折はあったものの、最後は轟木とよりを戻す。 3rd season・劇場版では未登場であり、他の病院に勤務中。 名取颯馬(なとり そうま) 演 - () (3rd season、劇場版) 救命センターの医師、フライトドクター候補生。 名取総合病院の院長兼経営者の一人息子。 瑛凜大学医学部を卒業。 父の命令で仕方なく翔北救命へやって来る。 同期の中では実力も知識もあるが、医療に対する熱意がなく医師としての自覚が欠如している。 暇を見つけては、で調べ物をする。 はゴム管が黄色い物を愛用する。 第5回では出動した際、救助した患者・倉田のを見落として、二次救急の病院へ搬送してしまう。 その失敗を軽く考え、「また次の機会にうまくやればいい」などと他のフェロー達に言い放ったことから、白石に「私たちには次があるが、患者さんに次はない」と一喝されてしまう。 第6回で脳死患者に対する緋山の真摯な対応を見たことで、患者の心に寄り添えない自分自身の冷淡さに気まずさを感じるなど、医師としての在り方を考えるようになる。 それ以降は緋山に対して、彼女が親しくしている緒方に嫉妬するほど、強い想いをよせるようになる。 第8回では出動先の成田空港で、患者・堀内豪のラインを取ろうとするが針を刺した直後に患者が覚醒し、更にその弾みで誤って針を緋山の指に刺してしまう。 その結果、エボラ出血熱の感染が疑われた緋山が隔離される事態となってしまい、後に感染が否定された緋山が無事に復帰した際には安堵と自責の念で涙を流した。 灰谷俊平(はいたに しゅんぺい) 演 - (3rd season、劇場版) 救命センターの医師、フライトドクター候補生。 幼い頃にドクターヘリに救助してもらったことがあり、それがきっかけで「人助けができる医者」になることを目指して、翔北救命へやって来る。 真面目で優しいが、スキル的に劣っていることやその事実に対するコンプレックスから自信が欠けており、大事なところでは腰が引けてしまう。 一方で、第8回や最終回のように患者を注意深く観察し隠れた症状を発見、死の淵から救ってもいる。 第3回で白石・冴島と共に出動した際、搬送中の患者・秋本が嘔吐して、その影響で中毒症状が出てしまう。 灰谷には甘い臭いを感じることができたことから、原因物質がであることが判明し、同じく中毒症状で倒れた冴島を救うきっかけになる。 第6回では、横峯とともに現場の冷凍倉庫で救命を行うが、停電が起きてしまう。 輸液が少なく暗い状態だったが、白石のサポートと藍沢の励ましを受け、動脈の結紮に成功し出血を止める。 第7回では出動した際にドクターヘリが不時着し負傷したが、自身が不用意な発言でパイロットに焦りを抱かせたせいで事故が起こり、そのために救助が遅れて患者の一人・大島将を死なせてしまったと気に病みとなり、ある日駅のホームから転落。 頭部に大怪我を負い、印西市消防本部の救急隊によって翔北救命に搬送される。 第8回から、傷は完治しきっていないが職場復帰する。 白石による確認で、ホームからの転落が衝動的な自殺未遂であったことが明らかになる。 第9回では、前述のヘリ不時着事故の責任を1人で抱え込むようになってから、ヘリ出動しても現場との無線連絡が出来なくなってに陥り、白石に当面のヘリ出動から降りる事を伝える。 その後は精神科でのカウンセリングを受けながら勤務を続け、特別編の最後でヘリ出勤に復帰している。 劇場版では中国語を喋ることができると明かされており、フェリーの中国人客の案内を聞いて海に投げ出されて溺水状態だった少年を発見するが、その少年が脳死状態となったことを知って両親にどう接すればいいのか苦悩する。 横峯あかり(よこみね あかり) 演 - (3rd season、劇場版) 救命センターの医師、フライトドクター候補生。 小学生の時に観た医療ドラマの主人公 に憧れ、翔北救命へやって来る。 積極的で物怖じしない明るくマイペースな性格から、患者やその家族に寄り添い打ち解けるのが早い。 前述がきっかけで救命に入ったため少し夢見がちなところがあり、救命現場の厳しい現実に動揺してしまうことが多い。 髪をねじりながら話すのが癖。 聴診器はゴム管が桃色の物を愛用する。 雪村とは、初めは話しかけるものの自分がすぐ他の事に注意が向いてしまい相手の話を聞いていない事で呆れられることが多かったが、後に打ち解け互いに励まし合うまでになる。 第2回では現場に赴いた際、藍沢から指示され患者の救助プランを立て、ヘリの中で瀕死の患者の処置をする。 そのことについて藍沢にダメ出しされた点が多かったが、プランの立て方と前述の処置の方法については評価される。 第6回ではヘリ出動先で麻酔無しで患者の止血をしようと切開するも、患者が激痛のあまり中止を懇願するのに怖気づき、治療を止めてしまう。 第8回では、REBOA(大動脈内バルーン遮断)を提案、躊躇する灰谷を励ましそれを名取が決行し患者を救う。 フライトナースと看護師 [ ] フライトナースは1名でヘリ搭乗する。 2名から5名体制で動いていることがドクターヘリ運航表で読み取れる。 雪村双葉(ゆきむら ふたば) 演 - (3rd season、劇場版) 救命センターの新人看護師、フライトナース。 環境のひどい家を早く出て、一人で生きていけるようになりたかった理由で看護師になる。 プライドと向上心が高く、いち早く周りに認められようと強い物言いをしてしまい、最初は仕事に関すること以外は自ら話そうとせず、患者や他のスタッフに対しても一定の距離を置いて接したりと無愛想な態度が目立ち、フライトナースとして腕を磨き経験を積むことに懸命である一方、患者の家族に寄り添うことや看護師の仕事以外の雑務を必要のないことだと思い毛嫌いしていたが、患者や医師を精神的にサポートするのも看護師の役目であるという冴島からの助言を受け、自ら率先して挨拶をするようになり会話の輪の中にも入るようになる。 自らに親しげに話しかけてきていた横峯とは、当初はほとんど相手にしないなどの態度を取っていたが、行動を共にすることも多くなるまでに親しくなり、時折毒を吐きつつも互いに励ましあう仲になる。 一時内勤になった冴島に代わりドクターヘリに乗るようになるが、冷凍倉庫の事故現場で藍沢の介助についた際、フライトナースに復帰した冴島との実力差 を思い知らされ、一層の精進を心に誓う。 劇場版では、アルコール中毒の母の入院をきっかけに藍沢から家族関係について考えてみるよう助言されるが、医師となれた藍沢は恵まれた環境にあったのだという反発心から拒絶してしまう。 後に自分を庇って藍沢が感電した事故をきっかけに、家庭環境については藍沢も恵まれていなかったことを知り、母との接し方に変化が生まれた。 大原澄子(おおはら すみこ) 演 - (1st season・新春SP) 救命センターの看護師長。 村田香織(むらた かおり) 演 - (1st season・新春SP) 救命センターの看護師。 川名陽介(かわな ようすけ) 演 - (1st season-2nd season) 救命センターの看護師、フライトナース。 平野麻美(ひらの あさみ) 演 - (1st season-2nd season) 救命センターの看護師(1st season・新春SP)、救命センターの看護師、フライトナース(2nd season)。 工藤時生(くどう ときお) 演 - (1st season) 救命センターのフライトナース。 看護師 演 - (1st season) 救命センターの看護師。 辻陽子(つじ ようこ) 演 - (2nd season) 救命センターの看護師。 園田大介(そのだ だいすけ) 演 - (2nd season) 救命センターの看護師。 相田蒼羽(あいだ あおば) 演 - (2nd・3rd season) 救命センターの看護師(2nd season)、救命センターの看護師、フライトナース(3rd season)。 広田扶美(ひろた ふみ) 演 - (3rd season・劇場版) 救命センターの看護師。 3rd season 第3回にてドクターヘリの空気が汚染されていることを緋山と藤川に伝える。 第8回では職場復帰した灰谷が治療に使用する薬品について何度も確認するため文句を言う場面もある。 管理職 [ ] 田所良昭(たどころ よしあき) 演 - 〈特別出演〉(1st season - 2nd season) 救命センター初代部長、救命センターの医師。 専門はだが的オペも一通りこなす。 若い時に勤めていた大学病院の人間関係に嫌気がさし病院を逃れ、鹿児島沖の小さな離島で20年間1人で医療に従事していた時期がある。 その後本院の救命に来て、後にを立ち上げる。 ドクターヘリを導入した当初は、みすぼらしいヘリポートに小さなヘリが止まっているだけの救命センターだったが、黒田を呼び寄せ10年という年月をかけ、翔北を県内有数の救命センターへと育て上げる。 大規模災害などで負傷者が多く搬送される場合には、他の医師と共に初療室で治療をする。 部長の立場でフェロードクター達を見守り応援し続ける。 フライトドクター育成は、シニアドクターの下で現場で経験を積ませ、技術を身につけさせる方針。 黒田を救命センターに呼び寄せた事で、彼が右腕を切断し外科医としての人生を奪ってしまった事、彼の家庭を壊してしまった事に責任を感じている。 2nd第8回で部長室に仰向け状態で意識不明となる。 の結果、のが飛んでを圧迫して引き起こしたものと診断される。 西条による血栓摘出および血管形成術が行われ、動脈瘤が血管壁に癒着してを遮断出来ないため止血するのに困難を極めたが、万が一に備えて呼んだ心臓外科医・町田によるで体温を下げて血液の循環そのものを停止した状態にされてから、西条による手術が再開される。 体温を下げた状態が予定以上に長くかかったものの、もなく一命を取り留める。 3rd seasonでは未登場。 劇場版では一瞬だけではあるが回想シーンに声無しで登場(エンディングにはクレジットされていない。 藍沢、白石、緋山、藤川、冴島にそれぞれの成長を喜び、励ましの言葉と元気でやっていることを知らせるハガキを送っており、藤川に対するハガキの「島には自分一人しか医師が居ないため都合が付かず、結婚式には参列できない」という内容から、翔北を離れて離島での医療活動に戻ったことが明かされている。 救命センター以外の医療関係者 [ ] 西条章(さいじょう あきら) 演 - 翔北病院の最年少部長。 黒田とは学生時代から切磋琢磨してきた仲で、長年のライバル。 「医学は本質的に不確実、同じ手順、同じ環境で同じ医師が手術を行っても助かる患者と助からない患者がいる。 全力は尽くすが、結果は医者の手を離れたところに存在する。 」というのが信条。 どんな難しい手術でも、親族や親しい関係者の手術でも、感情を表に出さず「いつも通り」と平常心を持って常に挑み、「医者は神じゃない」と救命の限界と現実をわきまえた冷静な一面を持つ。 かつては本院で救命医として勤務する。 その時に研修医だった橘の指導医を務める。 やがて、脳の神秘に魅せられ、さらには自分のスキルへの自信も手伝い、より難しい手術を求め脳外科へ転科する。 脳に損傷のある患者は救命では手が出せないということもあり、救命からのコンサル依頼を受ける。 たびたび呼び出される救命には「人使いが荒い」「尻拭いはこのへんでいいか?」と愚痴をこぼすことが多い。 一方で、白石に「怖い上司に潰されないようにね」と黒田に向けた揶いの意も含みつつ激励したり、黒田の元妻・北村有里子や黒田に対し息子・健一のことを気遣ったり、橘と三井のお互いに似た弱い一面を気遣ったりする。 3rd seasonでは藍沢・新海の直接の上司として登場する。 救命からのコンサルには、自身は携わっておらず後進の新海に一任している模様。 新海広紀(しんかい ひろき) 演 - (3rd season、劇場版) 翔北病院の脳外科医。 藍沢をライバル視している。 腕が確かなだけでなく、人心掌握術にもたけている脳外科のエース。 トロント大へのレジデント候補という一つしかない席を藍沢と争っている。 藍沢が救命に移ってからは、救命からのコンサルを受け持つ。 第7回にて、第4回終盤で急変して藍沢が執刀するはずだった天野奏の脳腫瘍摘出手術中に、ICU患者の容体急変で藍沢が途中離脱せざるを得なくなり、腫瘍からの出血多量で命の危険があったためやむなく執刀する。 第8回にて、奏の執刀に踏み切った際、自分が腫瘍を切れば藍沢を出し抜けるという思いがあったと藍沢に告白する。 手術は十分に成功しており予定通り藍沢が執刀しても結果に大きな違いはなかったとはいえ、手術に競争意識を持ち込んだ上に奏の後遺症も防げなかったことで、藍沢共々罪悪感を抱えることとなる。 最終回では救命からの要請で千葉新都市地下鉄の崩落事故現場に出動し、重症頭部外傷の患者の治療を担当する。 井上宣顕(いのうえ のぶあき) 演 - (3rd第4回・第6回・第9回) 翔北病院の医で橘の親友である。 橘たちの苦悩を目の当たりにし、献身的に橘親子のため力を尽くしている。 春日部(かすかべ) 演 - (1st・2nd season) 1st第5回から登場。 翔北病院の事務長。 病院内のもめ事は当事者に対して必ず口やかましく言い、もめ事が解決すると必要以上に喜ぶ。 相馬(そうま) 演 - (1st・2nd season、3rd第7回) 1st第6回から登場。 翔北病院の顧問。 1st第6回では、三井のに対して彼女に徹底抗戦するよう促す。 1st第9回では、安全管理委員会では、フェロードクターの無能さを指摘し、フェロー制度およびフライトドクター制度の存続に対して批判的な立場をとる。 2nd第7回では、緋山がDNRオーダーを取らなかった事に対する証拠保全申立事件を謝罪しない徹底抗戦で進める方針。 家族の一言が簡単に息の根を止める事で緋山のキャリアを終えるのは不本意と述べる。 3rd第7回では、調査委員会においてドクターヘリ着陸失敗のせいで、患者1人が死亡したかの報道をした事に対する因果関係の有無を救命スタッフ・ヘリ運航スタッフに問い詰める。 岡崎(おかざき) 演 - (2nd第7回、3rd第7回) 2nd seasonで翔北病院の副院長として登場。 緋山に無期限の医療行為禁止を言い渡す。 3rd seasonで翔北病院の理事長として登場。 救命に2週間ドクターヘリ出動停止、ヘリ運航スタッフの早川・鳥居に当面のドクターヘリ搭乗禁止を言い渡す。 二宮栞(にのみや しおり) 演 - (特別編SP) 灰谷のPTSD克服のためのカウンセラー。 翔北病院の医師として働く。 ドクターヘリ運航スタッフ [ ] パイロット・整備士は各1名でヘリ搭乗し、CSは1名で指示する。 パイロット・整備士は各2名、CSは1名または2名体制で動いていることがドクターヘリ運航表で読み取れる。 梶寿志(かじ ひさし) 演 - (1st season - 3rd season第1回) 航空会社に所属している飛行時間3,000時間超のドクターヘリのベテラン。 遊覧ヘリや報道ヘリを担当していたが、藍沢たちフェローシップが入る一年前からドクターヘリを担当するようになる。 いつも陰ながらフェロードクター達を応援し、フェロードクター達が悩んでいる時はさりげない言葉で励ます。 藤川と一緒に森本をからかうことが多い。 17歳年下の妻がおり、いつもかわいらしい愛妻弁当を持参している。 2nd第8回では、かつて今の妻と親友が結婚した際に、それを祝福しつつも半分以上嫉妬したせいで親友が死んだと思い込み、懺悔の気持ちも込めて毎日欠かさず電話して、2年7カ月23日をかけて妻との結婚に至った事を、ドクターヘリに医療用具を詰め終わった冴島を眺めている藤川に語る。 ヘリの離陸前に安全のお守りを握り締める習慣がある。 2nd第10回で、田所の手術成功祈願を込めたお守り数個を田所に渡すように冴島に頼む。 3rd seasonでは同じくドクターヘリパイロットの早川が主に出演のため、第1回のみ出演。 劇場版では未登場。 安西康行(あんざい やすゆき) 演 - (1st season - 2nd season) 航空会社に所属しているドクターヘリの。 轟木聖子(とどろき せいこ) 演 - (1st season - 2nd season) コミュニケーションスペシャリスト。 翔北病院の運航管理CS室で、ドクターヘリや消防・救急にランデブーポイントの指示や患者・現場情報の伝達、患者の受け入れ先病院の打診を行う。 梶や安西と同じく航空会社に所属している。 1st第8回でアメリカ人の彼氏 がいる事を明らかにするが、1st最終回で彼氏・ニクソンが妻子持ちであることが分かり別れる。 別れる告白をした時に森本を食事に誘うが、当直のため代わりに整備士の安西を誘おうとする。 2nd第1回で森本と挙式をする予定で話を進めていたが、2nd第3回で元彼・ニクソンが入院していると知り動揺する。 2nd第4回でニクソンにお姫様だっこされている写真を見つめ、森本・ニクソンとの三者会談を提案する。 2nd第6回で森本・ニクソンとの三者会談が実現し、森本との挙式をキャンセルする。 2nd最終回で森本とよりを戻す。 3rd以降未登場。 町田響子(まちだ きょうこ) 演 - (3rd season、劇場版) コミュニケーションスペシャリスト。 翔北病院の運航管理CS室で、ドクターヘリや消防・救急にランデブーポイントの指示や患者・現場情報の伝達、患者の受け入れ先病院の打診を行う。 飛行機オタクで、出動要請のない時はCS室で飛行機のプラモデルを作っている。 エリザベスと名付けるヘビをペットとして飼っている。 早川正豊(はやかわ まさとよ) 演 - (3rd season、劇場版) 第2回から登場。 航空会社に所属しているドクターヘリの。 要請先の患者情報を聞いて「助けたい」という思いに動揺して運航に支障が出てはいけないという考えを持っており、運航時は患者情報などの無線は一切聞かないようにしている。 第7回で出動先の習志野市内の市営グラウンドで着陸しようとした際にで砂埃が舞い、視界不良に陥り方向感覚と高度感覚を失ってしまい、着陸に失敗。 機体のメインローターを木に接触させてしまい、ドクターヘリが運航できなくなってしまう。 調査委員会を通じて当面の間ドクターヘリ事業から外されることとなったが、最終回終盤で復帰する。 鳥居誠(とりい まこと) 演 - (3rd season、劇場版) 航空会社に所属しているドクターヘリの。 赤いフレームの眼鏡をかけている。 第7回でのドクターヘリ着陸失敗による責任として、調査委員会を通じて当面の間ドクターヘリ事業から外されることとなったが、最終回終盤で復帰する。 患者(準レギュラー) [ ] 藍沢絹江(あいざわ きぬえ) 演 - (1st season - 2nd season) 1st第5回から登場。 藍沢の祖母。 両親のいない藍沢を一人で育ててきた。 1st seasonでは、買い物をしている時に転倒して大腿部骨折で翔北に救急搬送される。 見舞いに訪れた藍沢の事を思い出せなくなっていた事から、転倒のが原因での症状が出ていると診断される。 その後は小銭を誤飲したり、取り上げられた財布を必死に捜しまわったりしてがひどくなり、一時はベッドにベルトで押さえつけられる。 財布を持って藍沢と一緒に売店に行った時は、品物を買い漁る。 初めは白石に担当されるが、黒田により身内に世話になるのが認知症改善には効果的との理由で、藍沢に担当変更される。 新春SP版では、や精神的ケアが功を奏して本格的な認知症に至ることなく症状が改善し、藍沢の事を思い出す。 退院後は「青雲の里」に入居する。 2nd seasonでは、を起こし翔北に救急搬送される。 入院中の「殺した。 お前が夏美を殺した。 」といううわごとは、藍沢が親の真相を知ろうとするきっかけとなる。 第8回で退院する。 最終回で藍沢と一緒に夏美の墓参りに行く。 劇場版にて、2年前に亡くなっていることが白石より明かされている。 田沢悟史(たざわ さとし) 演 - (1st・2nd season) 1st第7回から登場。 元々は医で冴島の恋人。 冴島の兄の勧めで学生だった冴島の家庭教師になる。 同期の心臓外科医の中で最初に執刀した事に誇りを持つ。 を患っており余命は数年。 かつて包丁で頸部を切り自殺未遂を起こす。 これらの事から恋人である冴島に避けられるが、1st最終回でよりを戻す。 その後も病状は悪化の一途を辿り、死期が近いことを感じて、2nd第1回で自らの意思で延命拒否の同意書(オーダー)にサインをする。 2nd第2回で急変し最期まで入院する事になる。 2nd第5回をもって平成22年2月5日午前10時12分に他界した。 その後、遺体はされ、前日まで酸素濃度確認をして自分の病と向き合い病理解剖の数値を示した事によって、白石から彼の両親に「田沢さんは最後まで医者でした」と告げられた。 担当は藍沢だけだったが、後に白石も加わる。 大山恒夫(おおやま つねお) 演 - (1st season - 劇場版) 1st第7回から登場。。 バンコクでを受けしなければならないのにを食べを起こし救急搬送される。 その後は電話で彼氏にふられた事によりケーキを大食いして再び腸閉塞を起こし、田所と三井による緊急手術を受ける。 担当は白石。 2nd seasonでは、スナック「すれちがい」をトムと一緒に経営しており、担当だった白石は時折顔を出している模様。 3rd seasonでは、店がバー「めぐり愛」に代わっている。 藍沢のことをいたく気に入っている一方で、白石と緋山にはブスと罵る。 劇場版では、藤川と冴島の結婚式の二次会のために店を提供する。 名取の事も気に入っている。 橘優輔(たちばな ゆうすけ) 演 - (2nd season)、(3rd season、劇場版) 橘と三井の息子。 2nd seasonは写真のみ出演。 3rd seasonの物語開始の6年前にが判明して、3年ほど前からを装着している。 3rd第1回で翔北に転院する。 同病院で入院している17歳の男子高校生が状態となり、可能な心臓が来るかもしれない可能性があったが、井上が橘に臓器移植順位は2位と伝えられ、その時点での臓器移植はなくなる。 しばらくして臓器移植順位が1位となったものの、橘が自分の病気が悪化して以降心の奥で他の子供が死ぬのを待つようになったことを感じ取っており、尊敬する父の心を自分の存在が歪めてしまっていると感じて生きる気力を失い、移植を拒否する。 しかし、緋山の叱咤を受けた橘に無理やりドクターヘリに乗せられて城南循環器医療センターで心臓移植を受け、自力で立って歩けるまでに回復する。 移植に向かうヘリの中で、自分に生きてほしいと強く願う橘の言葉を聞かされたことで、最終的には無理やりにでも心臓移植を受けさせてくれたことに感謝を示し、将来は父親の様な立派な医者になると告げる。 劇場版では、脳死と診断された男の子の両親を勇気づけるためにと橘に呼ばれ、両親と対面する。 天野奏(あまの かなで) 演 - (3rd season) 第2回から登場。 将来を期待されるの14歳少女。 検査結果で3. 5cmもあると診断され、すぐに手術をしないと命に関わることから両親はそれを望んでいるが、手指を動かす神経にが入り組んでいる事で、後遺症が残る可能性が高いことからピアノが弾けなくなることを恐れ本人は手術を拒んでいる。 しばらくの後、を起こしてに搬送され入院する事になる。 入院中に頭痛や嘔吐がひどくなり早急の手術が避けられなくなった時、藍沢から必ずピアノが弾き続けられるようにすると約束されたことで彼の執刀を条件に手術を承諾し、翌朝に痙攣を起こして緊急手術を受ける。 その甲斐あって回復するが、右手に麻痺が残り落胆し続けるようになる。 その後、藍沢から手術中の他の患者の急変によって腫瘍は新海が取ったことを打ち明けられ、最後まで手術する約束を破ったことを謝罪されるが、それ以降藍沢を恨み続けるようになる。 しばらくの後、新海から「藍沢は後遺症が残れば恨まれたり訴訟になる可能性も覚悟の上で、手術を承諾させ奏の命を救うために困難な約束をしたのであり、キャリアや向上心のために手術を行った自分とは違う」と、藍沢のことを許すよう頼まれる。 その後はリハビリを続けている時に顔を見せた藍沢に対し、ピアニストとして復帰する意欲を語るなど、前向きな姿勢を見せるようになる。 緒方博嗣(おがた ひろつぐ) 演 - (3rd season、劇場版) 第3回から登場。 を獲得した料理店のシェフであるが、食材のイワナを釣っていた際の転落事故による中心性で両腕に回復困難な麻痺が生じ、細かい作業が困難となってしまう。 復帰に意欲を見せているがシェフの座を弟子()に奪われる。 緋山に好意があるような行動を多々している。 第4回で緋山も好意を寄せているが既婚である。 第5回で離婚を決意し、の証人欄への署名を緋山に頼む。 第7回でリハビリ病棟へ転科する。 離婚してからは緋山とますます親密になり、第8回で彼女が隔離された際は禁止されているにも関わらず見舞いに行ったり、その後はデートしたりするようになる。 現在は上総リハビリテーションセンターでリハビリしている。 劇場版では、罵声を浴びせられながらも緋山に料理を教え、物語後半では藤川と冴島の結婚式にて料理を振る舞う。 その他(準レギュラー) [ ] 白石博文(しらいし ひろふみ) 演 - (2nd season) 明邦医科大学の教授で白石の父。 田所と大学の同期生。 高名な医だが、ステージIVのを患っており余命は長くない。 医師として現場に立てなくなるまで後進の育成にあたろうと、学会や講演に全国を飛び回っている。 白石に東都大学のへ進むように薦める。 自身の講演会に来た白石に直後まで批判されたが、誤解されたままだと後悔する事となるため真相を打ち明かす。 第10回で講演先の青森に向かうため搭乗した旅客機が不時着。 自らも重傷を負いながら救護所には行かず、レスキュー隊と共に一次を行い、現場に到着した白石と再会後は共に負傷した乗客の処置にあたる。 乗客の負傷処置が一段落した後、左太腿の負傷の他に実は右足を骨折していた事 が分かり翔北に入院する。 妻には散々怒られる。 藍沢誠次 (あいざわ せいじ) 演 - (2nd season) 藍沢の父。 塾講師で以前は夏美と同じ研究職。 受付で「山田一郎」と偽って絹江の見舞いに行く。 優秀で常に前を行く夏美への僅かな嫉妬から、妊娠・出産によって夏美にキャリアの遅れが出れば、自分と同じ場所に引きずりおろせるのではという思いを抱く。 そのため、自分の存在が精神的に不安定となった夏美の重荷になるのではという考えから離婚して家を出ており、夏美の死後は絹江に頼んで藍沢には自分も死んだと伝えさせる。 これらの件が原因で、生存を知った藍沢からは不信感を抱かれ、影で「嘘ばっかりだな」とまで言われる。 元妻である夏美の墓参りは、藍沢と絹江に内緒で毎年夏美の命日の翌日に行く。 藍沢と鉢合わせした際は、藍沢から命日に墓参りするように言われる。 劇場版でもなお、藍沢との距離はあまり近くはなっておらず、藍沢の緊急連絡先にも名前は登録されていなかった。 1日4時間・週3回のをしている。 の経験有。 ペットのトリマーになるのが夢。 右前腕の感染コントロールが不能となり切断に同意する。 手術前に右手で藤川と握手する。 森本による切断手術を受ける。 担当は森本と藤川。 滝川珠代(たきがわ たまよ) 演 - 不明 頭に釘が刺さって入院している身寄りの少ない女性。 滝川の俳句仲間 演 - 、、 滝川珠代の見舞いに来た俳句サークル「七草会」の仲間。 滝川の姪 演 - 滝川珠代の見舞いに来た姪。 滝川が目覚めた時に見舞いに行けた事を緋山に感謝する。 第2回「医師の責務」 [ ] 小村(こむら) 演 - ビルの看板落下物に直撃し、頭部外傷と肋骨骨折によりヘリ搬送される。 初療室で処置されようとする際は、を身に着けている事で強く拒否する。 最初はにのため怖がって受けられなかったが、藤川の度重なる説得と男子トイレでのを受け、最終的にノンワイヤーのブラジャーを身につけることで心が落ち着き、閉所恐怖症を忘れて検査を受けられるようになる。 担当は藤川。 西口八重(にしぐち やえ) 演 - 歯痛で深夜の救急外来に来た外来患者。 藍沢の診察で冠動脈疾患によるであった事を見落とされたため翌日院内で心肺停止で倒れる。 を使用されて心拍が戻るものの、で意識不明のため入院し、しばらくして目を開け意識が戻る。 担当は黒田だが、主に藍沢が様子を見る。 横田英子(よこた えいこ) 演 - 鼻周辺の出血で来た外来患者。 白石により骨折と診断され入院する。 当初恋人・大野正()からのと考えられていたが、実はのため、彼に頼んで殴らせた行動ということが明らかになる。 初めは鼻の形成手術を拒否したが、白石の叱咤により承諾し手術を受ける。 担当は白石。 少年とぶつかった妊婦 演 - スーパーマーケット近辺で自転車に乗った少年とぶつかって子宮壁を強打し、状態になる39週の妊婦。 ドクターヘリが到着するまでその場にいた女性 ()に支えられる。 最初は緋山に処置されていたが不測の事態で緋山がパニックになり、代わって三井の処置を受ける。 後に藍沢も加わり救急車内で出産する。 その後、現場近くの成田南総合病院にヘリ搬送される。 妊婦とぶつかった少年 演 - 自転車に乗っている時に、スーパーマーケット近辺で妊婦とぶつかる。 三井と緋山が現場に到着した時は意識あったが、突然吐いて倒れる。 頭部強打によるで三井による緊急処置を受ける。 容態が安定してからは緋山に代わって処置され、現場近くの病院に救急搬送される。 第3回「急変」 [ ] 本山由希子(もとやま ゆきこ) 演 - 階段から転落し、と左手骨折で入院する。 入院中は亡くなった息子・直也の幻覚を見て話しかけている。 手のひらに爪が食い込むほどの激しい頭痛に耐えていたため、MRI検査して前頭葉にがあるのを西条に発見される。 最初は亡き息子の事を月日が経つ毎に忘れる自分が嫌になり手術を拒んでいたが、白石と夫の説得を受けて改める。 担当は白石。 本山邦夫(もとやま くにお) 演 - 由希子の夫。 夜中に白石と面会し息子のためにも由希子は手術すべきと言われたが、息子は2年前に事故で亡くなったと白石に伝える。 若杉貴子(わかすぎ たかこ) 演 - 転倒して足の負傷で来た外来患者。 職種は弁護士。 腹痛もあったためCT検査で確認したところ茎捻転が見つかり入院する。 入院中は仕事をするなど手を焼かせる。 その後はに転科する。 担当は緋山。 島田洋二(しまだ ようじ) 演 - 泥酔状態で転倒して救急搬送される。 しかし、実際はビルの非常階段から転落したによるもので容態が急変する。 藍沢他フェロー全員の力によって後に黒田が来たが、一命を取り留める。 小倉友基(おぐら ゆうき) 演 - 薬物を使用して前後不覚になり55階のベランダから飛び降りた大学生。 奇跡的に肋骨骨折程度で済みヘリ搬送される。 終始横柄な態度で騒ぎ立てるが、冴島の一喝で大人しくなる。 担当は藍沢。 雪村南(ゆきむら みなみ) 演 - で入院している。 小野寺から何年もストーカー行為を受けており、彼女をイメージしたフィギュアを数体プレゼントされる。 担当は藤川。 小野寺(おのでら) 演 - 南のストーカー。 自ら胸を刺して救命に搬送され入院する。 入院中に南のおならを聞いて、あっさり冷める。 売店のおばさん 演 - 小野寺が包丁を買いに来た売店の店員。 第4回「母の愛」 [ ] 藤川静子(ふじかわ しずこ) 演 - (1st最終回) 藤川の母。 藤川のことが気がかりでこっそりと様子を見に翔北にやって来る。 藍沢に地元のそば饅頭を差し入れとして渡したり、ぜんそくで苦しんだ子供の頃の藤川の事を話す。 仕事に悩んでいる藤川に電話をかけ、「うるせえな!俺は仕事で忙しいんだよ!」と虚偽交じりの八つ当たりをされる。 投書箱に女子高生に扮して達筆な字で「藤川先生はとてもいい先生だと思います フライトドクターになればいいのになと思います」と書いて入れ、藤川に読まれる。 最終回は声のみ出演。 宮本茂(みやもと しげる) 演 - 極度の貧血とめまいで来た外来患者。 診察中に突然激しく吐血して倒れるが、原因不明により検査入院する。 冴島にごみ箱から空の血液容器を発見されたことから、後にによる行為 であったことが判明する。 同部屋で入院し退院したての藤川の言葉 で心が軽くなって病院を出る。 担当は白石。 飯田敏夫(いいだ としお) 演 - 三島地区の大野川に飛び込んだ際に、川底で頭を打った大学生。 大学の部活は部に所属し、をしている。 頭蓋内損傷、左上肢麻痺でヘリ搬送される。 翔北に到着後、不同で急変し西条によりが急速に進行と診断され、初療室で処置後、手術室で緊急手術を受ける。 その後、西条によりと診断され、一生首から下が動かない状態となる。 その後、に転科する。 担当は緋山。 飯田の母 演 - 飯田の友人 演 - 、 第5回「過去」 [ ] 真壁清(まかべ きよし) 演 - (1st第7回・第8回) かつて三井が術中に死なせてしまった妊婦・真壁朋子()の夫。 三井を告訴した張本人。 翔北病院の受付で三井を出すように怒鳴る。 第7回で千葉中央裁判所での公判中にで倒れ、翔北ドクターヘリで搬送される。 この時の三井の迅速な処置のおかげで一命を取り留める。 担当は緋山。 第8回で三井の提訴を取り下げる。 松原俊夫(まつばら としお) 演 - (1st第6回) とを併発し倒れ、後に手術中の全身麻酔に耐えられず死亡した松原秀治の息子。 妻・春江()と共に、秀治の年金目当てで延命手術を希望する。 担当は白石。 横山浩輝(よこやま ひろき) 演 - 工場解体現場ガス管爆発による事故の負傷者。 爆風事故の際に鉄筋が腹部に刺さる。 意識混濁した時に、黒田の電話指示の下で藍沢にされ、アオルタクランプの後に白石・冴島の力も借りて腹部に刺さっている鉄筋から離れる。 その後ヘリ搬送され一命を取り留める。 入院時に妻()・息子(不明)・娘(不明)と対面を果たす。 入院時の担当は藍沢。 山本(やまもと) 演 - 真壁の弁護士。 山本祐二(やまもと ゆうじ) 演 - 負傷した作業員。 担当は三井。 作業員 演 - 負傷した作業員。 緋山が手術に取りかかったが、出血多量で亡くなった。 作業員 演 - 緋山に「(上記の作業員は)助かるんだよな? 」と聞く。 第6回「無償の愛」 [ ] 小田浩一(おだ こういち) 演 - 結婚に反対したことが原因で娘の有美()によって屋根から突き落とされ負傷、ヘリ搬送される。 検査を進めていくうちにステージIV(末期)のであることが発覚する。 担当は緋山。 上村秀雄(うえむら ひでお) 演 - 微熱と腹痛と吐き気で来た外来患者。 息子の久志()は黒魔術を使って呪いをかけたから病気になったのだと言う。 入院中は土を食べたり看護師を奥さんと見たりして奇妙な行動をする。 その後は奇妙な行動が見当識障害であることを察した冴島の機転で、仕事の疲れと歯の治療時の細菌感染が引き起こしたであることが発覚する。 担当は藤川。 第7回「告白」 [ ] 田沢俊子(たざわ としこ) 演 - (1st第5回、2nd第5回) 田沢の母。 田沢と一緒に翔北で行われる「難病患者を支える家族会」に参加する。 2nd第5回で田沢を最期まで看取った冴島に感謝し、田沢のお別れ会で冴島にスピーチする事を勧める。 1st第5回は声のみ出演。 第8回「避けられぬ決断」 [ ] 福島達夫(ふくしま たつお) 演 - 夏祭りの山車の下敷きになり、右下肢開放骨折および左大腿部から腹部にかけて山車の木片が突き刺さり、負傷しヘリ搬送される。 同じく事故に巻き込まれ負傷した一家全員が救急搬送される。 黒田による緊急手術で腹部に突き刺さっている木片が抜かれた後は安定していたものの、突然不同で痙攣を起こし、CT検査でが発見され、西条による緊急手術を受ける。 担当は藤川。 福島重蔵(ふくしま しげぞう) 演 - 達夫の父。 をいじったりベッドを勝手に抜け出しヘリの操縦席に乗ったり緋山にセクハラ行為をしたりと藍沢達を困らせていたが、発熱したため緊急CT検査を行ったところ、結腸損傷によるが発見され、黒田による緊急手術を受ける。 担当は緋山。 福島清美(ふくしま きよみ) 演 - 達夫の妻。 達夫が無事だと知った途端に、部屋を変えてほしいと騒ぎ出す。 同時期に達夫と重蔵の容態が急変し、二人分の緊急手術同意書のサインを求められて取り乱すが、最後は納得する。 担当は白石。 福島結菜(ふくしま ゆうな) 演 - 福島夫妻の9歳になる娘。 ませた性格で藍沢に興味津々となり、入院中は「コーサク」と呼ぶ。 捜し物の黒い金魚と違うが普通の金魚を渡した藍沢を、勝手に3番目の彼氏に指名する。 担当は藍沢。 第9回「壊れた絆」 [ ] 北村有里子(きたむら ゆりこ) 演 - (1st第3回・第10回・最終回、新春SP) 黒田の元妻。 ドクターヘリ事業の立ち上げに伴い再び仕事にのめり込んでいき、次第に家族を顧みなくなった黒田に耐えきれず、10年前に離婚している。 離婚後はアメリカで暮らしており、一時帰国した際に息子の健一が事故に遭う。 最終回で黒田が実父である事を健一に伝える。 第3回・新春SPは声のみ出演。 北村健一(きたむら けんいち) 演 - (1st第10回・最終回) 黒田と有里子の息子。 二人の離婚後は有里子に引き取られるが、それ以来一度も黒田と顔を合わせていない。 アメリカから一時帰国した際に、成田空港のエスカレーターから転落してを起こしヘリ搬送される。 緊急手術を無事終えたものの転倒時に意識障害があったため、その後MRI検査で確認した結果が見つかる。 西条による腫瘍摘出手術を開始したものの、腫瘍と言語中枢神経との境目が分からず困難を極める。 局部麻酔に切り替えて話しながら境目を見極めるアウェイク手術に変更し、黒田の力を借りて無事成功する。 白石 演 - (2nd第6回) 白石の母。 電話で白石を励ます。 第10回「揺れる心」 [ ] 神田美和子(かんだ みわこ) 演 - 妊娠36週目の妊婦。 自宅で本棚の下敷きになりし、他の病院を9件も受け入れを断られた後に翔北救命センターに救急搬送される。 胎児仮死が進行しており藍沢たちは母体を優先しようと決めたが、子供を諦め切れない彼女の様子を見て、藍沢は母子共に救う方針に変更し三井は同意する。 三井によるの後に、藍沢によるタオルパッキング止血に伴う骨盤骨折手術を受け、母子共に一命を取り留める。 神田昭夫(かんだ あきお) 演 - 美和子の夫。 息子・雄一()の為と生まれてくる子供は諦めようと美和子に諭す。 最終回「生と死」 [ ] 澤野明夫(さわの あきお) 演 - 南房総自動車道神明トンネル多重衝突事故でトレーラーの積荷に挟まれ下敷きとなりトンネル内に残されたケガ人。 左足をする。 頸動脈損傷で脳に十分な血流が流れない事によってを起こしたため、頸動脈を緊急切開しバイパスによって脳の血流を再開させ一命を取り留めヘリ搬送される。 左半身麻痺となり、リハビリしても麻痺が残ったままの可能性を残してしまう。 担当は白石。 彼に対する処置は、トンネル内のガソリン漏れでからの避難指示を振り切っての行為だったため、急遽病院内で安全対策委員会が開かれる事になる。 澤野良江(さわの よしえ) 演 - 澤野の妻。 澤野の車の助手席に乗っていて前述事故に巻き込まれ腹腔内出血を起こし、息子の秀明()を置いてヘリ搬送される。 搬送中にを起こし急変するが、黒田の指示の下で緋山による穿刺 が行われ意識が回復する。 担当は緋山。 谷口優(たにぐち すぐる) 演 - オートバイで恋人の小西を連れて、新潟の花火大会に向かう途中で前述事故に巻き込まれる。 トラックの下に潜りこむようにしてオートバイは横倒しになって足が挟まれた状態。 割れたバイクのカウルが胸に突き刺さり大量で危険な状態のため、藍沢による処置を施されるが、により現場で死亡した。 レスキュー隊によりオートバイが取りだされたのは、彼が亡くなった後である。 小西(こにし) 演 - 谷口の恋人。 前述事故で右腕を骨折する。 白石による処置が終わり外に避難されようとしたが断り、谷口が処置されているのを見続ける。 新春SP(2009年) [ ] 今野良平 演 - 患者。 容態悪化を白石から先に気付かれ、緋山にと指摘される。 検査の結果、緋山の指摘通りとなり手術され一命を取り留める。 家族は指摘した緋山に感謝する。 柏原あや 演 - 心臓外科のフェロードクター。 容態悪化した今野を検査すべきかどうかで緋山との口論で問題を起こし、上司に厳重注意を受ける。 脱線事故の2次災害でヘリ搬送された緋山の心臓外科医()による緊急手術の助手を担当する。 2nd 第2回では白石・緋山の会話にて名前のみ登場。 奥田智則(おくだ とものり) 演 - 新千葉鉄道脱線転覆事故で被害が集中した2両目の乗客。 膝のによるの重体。 黒田の指示の下で藤川が止血処置した後、迅速に翔北に搬送され血行再建手術を受け、長時間のによる足の切断を免れる。 事故現場で処置されている時は母からの電話に出られなかったが、入院時に藤川の配慮で母へ電話をする。 担当は藤川。 細井雄介(ほそい ゆうすけ) 演 - (2nd第10回・最終回) 木更津南消防本部の新人。 初出動が想像もしなかった大事故現場だったため酷く狼狽していたが、藤川と共に奥田を救出する。 2nd seasonでは笹川消防本部の救急隊員。 飛行機墜落事故において救護作業中に頸動脈すれすれに飛行機の部品が突き刺さり、固定されてヘリ搬送されるものの病院到着間際に咳による大量出血で死亡した。 この時の担当は藤川。 野口隼人(のぐち はやと) 演 - 前述事故で車体の残骸の下敷きになって、を起こした8歳の少年。 西条の電話指示の下、藍沢によりレスキュー隊員から借りたドリルで処置をされ一命を取り留める。 野口響子(のぐち きょうこ) 演 - 前述事故で車体の残骸の下敷きになった隼人の母。 藍沢が隼人を穿頭しようとする時に取り乱してしまう。 河野彰司 演 - 前述事故で容態悪化した男性。 痛み刺激で除脳肢位が出てきて、対光反射もなくなり、助かる見込みが少ない事から、白石によってヘリ搬送を後回しにされる。 その白石の行動に、妻の和美()はひどく悲しみ、娘の洋子()は強く非難する。 緋山公夫(ひやま きみお) 演 - 緋山の父。 事故で汚れた緋山の備品を拭いた後、終始緋山の看病をする。 2nd season(2010年) [ ] 第1回「聖夜の奇跡」 [ ] 米田弘樹(よねだ ひろき) 演 - 利根川橋で起きたオートバイに乗った男性との正面衝突事故で母・雅子の運転する自転車の助手席に乗って川に飛ばされた7歳の少年。 うつ伏せ状態で見つかり既に心肺停止・低体温状態、藍沢の蘇生処置の下で救急搬送される。 その後ランデブーポイントへ行き、雅子を搬送しで引き返したドクターヘリに移され搬送される。 体温回復を早めるために開胸して温かいバスタブに入れる処置を行い回復したはずが、心肺停止が長すぎて脳内に酸素が回らなかった事でが開いたままとなり、という植物状態と診断される。 橘の許可の下、緋山によって小児治療のトップレベルである兼田医療センターに転院ヘリ搬送される。 搬送中に奇跡的に目を開く。 米田雅子(よねだ まさこ) 演 - 前述事故で自転車に乗っていた弘樹の母。 とでヘリ搬送され、橘による緊急手術を受ける。 白石の配慮により、一晩だけにいる弘樹の隣に移され対面を果たす。 第2回「自らの道」 [ ] 北山治 演 - 夫婦喧嘩で妻・弓子が投げた灰皿が頭部に当たりケガを負いヘリ搬送される。 頭部に3針縫う程度の傷だったが、意識が悪かったため一応CT検査とMRI検査したところ、記憶中枢にが見つかる。 手術による切除・の2つの中から手術を選ぶ。 手術前に白石に対して万が一のことがあった場合、弓子に「生まれ変わっても一緒になりたい」と言うように伝言する。 手術後は以前の記憶を失うものの、弓子に再プロポーズする。 担当は白石。 北山弓子(きたやま ゆみこ) 演 - 北山の妻。 北山の一目ぼれでプロポーズされ結婚する。 手術による切除か放射線治療の同意書の説明に北山と同席する。 脳腫瘍の手術により以前の記憶を失った北山から、世話をするうちに再プロポーズを受ける。 井上正俊(いのうえ まさとし) 演 - 烏場山の工事現場における鉄材落下事故で下敷きになり、同僚の作業員()に運び出された作業員。 話せる程度に安定していたが、突然意識を失う。 藤川による処置を行ったがによって現場で死亡した。 担当は藤川。 小宮山達彦 演 - びまん性脳損傷で入院している救命の患者。 脳のダメージで一時的に理性が薄れており、突然暴れて止めに入った藤川を殴ったり、看護師にしたりする。 彼がセクハラしたところは妻・静江()に見られ落胆させる。 藤川が鼻血を拭いた際に脳脊髄液と混在するダブルリングを発見し、CT検査の結果頭蓋底骨折・と分かり、西条による緊急手術を受ける。 担当は藤川。 大森奈津(おおもり なつ) 演 - 海外での注射を受けたものの顔のあざとだるさを訴えた外来患者。 診察中に意識を失って入院する。 初めの右腕のあざは、急変した時にはを起こすまで進行してしまい、森本による緊急手術で右腕を切断したものの死亡した。 後に彼女の夫()から、日本へ帰国する前に魚料理を食べてに感染していたことが分かる。 担当は緋山。 第3回「真実と嘘」 [ ] 松井透(まつい とおる) 演 - 吉川中央駅の階段で起きた将棋倒し事故でスキー板が骨盤を貫通され、サークル仲間の木沢と串刺し状態になった大学生。 下敷きになっている衰弱した木沢・恵理を励まし続ける。 彼女と思っていた恵理から木沢と付き合っている事を告げられてショックを受ける。 アドレナリンの作用もあって意識ははっきりしているが、大血管の損傷を突き刺さったスキー板が辛うじて塞いでいる上に体勢的に事前の大動脈遮断も困難で、病院搬送のためにスキー板を切断しようとすれば致命的な大量出血を起こす状況であった。 藍沢の説明を受けて木沢・恵理の救出を優先することに同意し、スキー板切断の際の大量出血により現場で死亡した。 木沢広之(きざわ ひろゆき) 演 - 前述事故でスキー板が右足を貫通され、サークル仲間の松井と串刺し状態になった大学生。 恵理の彼氏。 および外傷性により不同した急変時は、西条によって現場で処置される。 松井の決断によってスキー板を切断されてヘリ搬送され、西条による緊急手術を受ける。 森田恵理(もりた えり) 演 - 前述事故でスキー板は貫通されなかったものの左損傷しており、サークル仲間の松井・木沢の下敷きになり身動きがとれない大学生。 木沢の彼女。 松井の決断によってスキー板を切断されてヘリ搬送され、三井と森本による緊急手術を受ける。 斉藤沙希(さいとう さき) 演 - 前述事故に巻き込まれて一時的に意識を失ったこともあり、ヘリ搬送を嫌がったが緋山に強制的にヘリ搬送される。 出血原因をCT検査するとと分かる。 初めは摘出手術同意書を破り捨てるが、隣で入院している田沢に「やれる手術があるだけ幸せだよ」の言葉で同意書サインを決意し手術を受ける。 担当は緋山。 上条敏明(かみじょう としあき) 演 - 前述事故に巻き込まれる。 白石による胸部挫傷の処置を終え搬送されようとしたところ、出血多量のためされる。 心臓マッサージされたものの、先天的なで回復の見込みがないため、白石は処置を止め現場で死亡した。 担当は白石。 上条久枝(かみじょう ひさえ) 演 - 敏明の母。 事故にあった敏明が目の前で処置されることに気が動転し、処置する白石を罵倒する。 白石が敏明の処置を止めた際にも罵倒する。 上条洋三(かみじょう ようぞう) 演 - 敏明の父。 敏明の処置を止めた白石に対して罵倒する久枝を制して処置終了を承諾する。 リチャード・ニクソン 演 - (2nd第4回) 1st最終回で別れた轟木の元彼。 前述事故で搬送される。 日本語が話せる。 轟木に対して妻子持ちだと言っていたが、森本の問診により独身であることが判明し、森本と轟木との仲をよりいっそうこじらす事になる。 第4回「過ぎし日」 [ ] 木島由紀菜 演 - 店の看板で頭を打ってヘリ搬送される。 頭部CT検査と妊娠24週のため救命に入院する。 入院中にで意識を失い、三井によるを受けて超として赤ちゃんは取り出される。 赤ちゃんの一命を取り留めたものの予断は許されない状況。 初めは産んだ事に後向きだったが、藍沢の言葉 で態度を改める。 担当は藍沢。 奥田剛三 演 - 前日に白石から生ガキを食べた事による感染症と診断されたが、再度腹痛で来た外来患者。 緋山が腹の膨らみを見ての切迫破裂を疑い、心臓外科の東()がCT検査の後、緊急手術を行ない事なきを得る。 奥田通子 演 - 奥田の妻。 奥田の初期診察で誤診した白石に謝罪される。 奥田友則 演 - 奥田夫婦の息子。 病棟の窓から誤って転落し、右肺の損傷とによりとなる。 白石と緋山によるクラムシェル開胸(両側開胸)後の心臓マッサージによりが現れ、大動脈遮断とによって心拍が戻る。 その後、肺損傷の修復が行なわれ一命を取り留める。 冴島豊 演 - 冴島の兄。 冴島の高校時代の回想シーンに登場。 田沢と同期の医者。 田沢に冴島の家庭教師に就くように勧める。 第5回「愛する人」 [ ] 田沢文雄 演 - 田沢の父。 子供の頃から友達の多かった田沢に誇りを持つ。 上野未来 演 - 「清風園」にいる7歳の少女。 ジョンと名付ける犬のぬいぐるみを片時も離さない。 送迎バスの窓から友達にジョンを投げ出され、後にジョンを捜しに施設から抜け出しジョンを抱え転んで動けなくなった中沢町の国道脇で保護される。 低体温・頭部胸部大腿部打撲痕で救急搬送される。 頭部CT検査でが見つかるものの、血腫が小さいため経過観察で入院する。 血腫が増大し左半身麻痺の症状が出た頃に、西条による緊急手術をそばにジョンを置いて受ける。 手術後は施設の職員()に付き添われて脳外科に転科する。 担当は藍沢。 第6回「秘密」 [ ] 内藤妙子 演 - スナックを錦糸町で開いている。 先月に翔北のに来院し、のステージIVと診断されて以降通院せずにいたが、大量吐血でヘリ搬送され消化器科では手が回せず、救命で入院する事になる。 芳雄にはと嘘をつく。 担当は藍沢と白石。 内藤芳雄 演 - 妙子の息子。 京都大学の医学部を受験する。 妙子の嘘をほとんど見抜いている。 将来は妙子のスナックの近くでとして、スナックの常連客を無料で診ると妙子に自慢させる事を思っている。 野上翼(のがみ つばさ) 演 - バイクに激突される事故によって状態の6歳男児。 直美の、最後に抱きしめてやりたいとの要望に緋山が答える形で呼吸器を外され死亡した。 担当は緋山。 野上直美(のがみ なおみ) 演 - (2nd第7回・第8回・最終回) 翼の母。 1日に3度の面会時間全てでを流しながら、翼が奇跡的に目覚めるのを待つ。 緋山との対話を通して、現実を受け入れるようになり、最後の願いとして呼吸器を外された翼を抱きしめた。 その後、兄の介入により事態は訴訟騒ぎに発展するが、第9回で緋山への提訴を取り下げる。 最終回で、緋山に対してフライトドクター認定されなかった事、説明会で守れなかった事を謝罪する。 野上明彦 演 - (2nd第7回・第8回) 直美の兄、翼の伯父。 直美が同意書(DNRオーダー)にサインしないまま、翼の呼吸器が外されたことを問題視して裁判沙汰にする。 その後、第9回では直美の意思にもとづいて提訴を取り下げる。 桐原夏美(きりはら なつみ) 演 - 藍沢の母。 現在故人(声で登場)。 祖母・絹江から藍沢に彼女は胃ガンで亡くなったとされていたが、2nd seasonで休職がキャリアの遅れに繋がる研究者の立場から出産に迷いを抱いたことへの後悔や、出産時に病気で子宮を摘出せざるを得なかったことなどから精神的に不安定になり(いわゆる)、ビルの屋上の壊れた柵から飛び降りて自殺したことが、彼女が元夫・誠次に宛てた手紙により明らかとなる。 第7回「あやまち」 [ ] 西口 演 - 岳来山の登山ガイド。 強風を避け、安全な登山ルートに変更したところ、予期せぬ落石事故が起きてしまう。 登山客の根本泰造・房枝夫妻を巻き込んでしまった事に強く責任を感じており、現場に駆け付けた藍沢と白石に瀕死の泰造を助けてくれるよう懇願する。 処置中も事あるごとに口を挟んでしまい、最後には藍沢に窘められてしまう。 根本房枝 演 - 岳来山の登山中に落石に巻き込まれ、自分を庇った夫・泰造が胸を打ち、開放性胸部損傷による大量出血で瀕死の状態となる。 冴島が救急バッグにサテンスキー を入れ忘れ、止血困難な状況となるが、森本からの助言でハイラーツイスト によって何とか止血し、ヘリ搬送される。 その後、初療室での救命処置により一命を取り留める。 第8回「理由」 [ ] 羽田秀雄 演 - 野上兄妹の弁護士。 説明会で緋山を強く責める。 時田早苗 演 - 通勤中の事故で亡くなった娘の姿を求め、度々病院に現れる。 岸田翼 演 - 千葉県立高倉西高校のサッカー部員。 試合後の弁当で出たイワシの蒲焼でによるを起こし、サッカー部専用のマイクロバスで他の部員たちと共に翔北救命に運び込まれる。 見た目で藍沢をFW、藤川を補欠に例えるなど、何事もサッカーと絡めて話す。 点を取り目立つFWのポジションを好みDFの大江に対しては小馬鹿にしたような言動も取るが、チームメイトとして信頼もしている。 当初は軽症と見られていたが、大江が頭を打ってCT室に運ばれたと聞いて慌てて走ったため、運動誘発性の遅発反応によってを起こし呼吸停止したが、藍沢や白石による緊急処置で一命を取り留め入院する。 担当は藍沢。 大江岬 演 - 岸田のチームメイト。 岸田と同様の原因で翔北救命に運び込まれる。 症状自体は軽症 だったが、白石が耳からのとバトル兆候 に気づき、西条による頭部CT検査の結果、転んで頭を打った事によると判る。 脳神経症状はなかったが、経過観察のために大事をとって入院する。 担当は白石。 第9回「心の傷」 [ ] 青山美樹 演 - バイク転倒で負傷した右足にを発症し入院した外来患者。 藍沢と森本による緊急処置で足の切断は免れたものの、会話がおかしくなる事やバイクで転んだ時の記憶がないといった異常が見られたため、頭部CT検査を実施。 結果、頭蓋底にが発見され、バイク転倒の原因は腫瘍による意識の喪失だったことが判明する。 に関するリスクの説明を受けた上で西条による腫瘍の除去手術を受けるが、右半身に麻痺が残ってしまう。 近いうちに一人息子の一樹と同居するはずだったが、清美・一樹が見舞いに来た際に、麻痺を隠して一樹に別れを告げる。 担当は藍沢。 青山清美 演 - 美樹の母。 一樹を3歳から預かっている。 美樹の見舞いで、彼女の辛い気持ちを察する。 青山一樹 演 - 美樹の9歳の息子。 3歳から清美に預けられている。 近いうちに美樹と同居するはずだったが、見舞いに来た際に美樹から同居出来ないと聞いたため文句を言う。 美樹が麻痺している事を知らないまま病院を出る。 山本信弘 演 - 発作で外来患者として来た少年。 激しく呼吸が困難だったためされ入院する。 幼少時代に喘息持ちだった藤川が、目が覚めたときに知らない場所に一人だと心細いからという理由で、母親の代わりに付き添う。 山本宏美 演 - 信弘の母。 家に置いてきた信弘の下の子の熱が下がらず入院に付き添えない為、藤川に代わりを頼み込む。 担当は藍沢と藤川。 田上信夫 演 - 練習中に立ち木に激突し、怪我を負ってヘリ搬送されたプロのスキー選手。 過去に大怪我した時に腰に入れてたボルトをお守りとして持っている。 MRI 検査でによる中心性頸損と分かり、これ以上競技を続ければ狭窄症の悪化で日常生活にも支障が出ることから引退を勧告される。 入院中は必死にリハビリして娘の楓に滑る姿を見せたいため現役生活を諦めきれなかったが、白石から自分も父親に憧れて医師になったが、その父が病で余命わずだという話を聞かされ、「(娘にとって父親は)ヒーローじゃなくていい。 元気でいて欲しい。 」という言葉で現役引退の決断を下す。 不要となったボルトのお守りを白石にプレゼントするも、娘の楓に白石からプレゼントされる。 担当は白石。 田上和美 演 - 田上の妻。 大怪我続きだった田上が現役引退する事に安堵する。 田上楓 演 - 田上の娘。 前述のボルトのお守りを白石からプレゼントされるが、それがどういうものか分からず、「大きくなったらパパに聞いて」と白石に言われる。 田所麗子 演 - (2nd第10回・最終回) 田所の妻。 田所に口出しすることが多い明朗な性格。 田所が弱気になった時には常に寄り添って励ます。 第10回「岐路」 [ ] 町田 演 - (2nd最終回) 翔北病院の心臓外科医。 田所に対するの手術を担当する。 増田貴志 演 - 母()に連れられて、タバコの誤飲で外来患者として来た少年。 母が吸いがら代わりに使っていた空き缶に、ジュースが入っていると思い飲んでしまったのが原因。 藍沢による胃の洗浄で事なきを得る。 自分よりも妻の多恵を心配するなど会話はできていたが、もあり、助かる見込みはほとんどなかった。 医療過誤問題によるトラウマに苦しむ緋山は積極的な救命処置 ができず、見かねた橘によりが施されるも間もなく死亡した。 宮元多恵 演 - 宮元の妻。 前述事故で頭部に出血はあるものの軽傷。 救護所でやっと再会できた瀕死の夫の治療を涙ながらに訴えるが、緋山から救命の見込みがほとんどないことを告げられた上、会話が不可能になる気管挿管によって残された僅かな可能性に賭けるか、何もしないで話をしながら最期を看取るかの選択を迫られ混乱してしまう。 古川翔太 演 - (2nd最終回) 前述事故で腕と背中にと胸を負傷している8歳の少年。 エコー検査で外傷性のと判る。 事故の衝撃で破裂した横隔膜の裂け目から胃や腸、などの臓器が内にはみ出し、肺が圧迫されて重度の呼吸障害を起こした危険な状態。 橘の指示の下、緋山が現場で開腹し、臓器を元の位置まで戻して肺を膨らませると共に横隔膜の裂け目に滅菌タオルを詰める救命処置を行なった後、救急搬送される。 担当は緋山。 古川知子 演 - (2nd最終回) 翔太の母。 前述事故で左腕を負傷する。 医療過誤問題によるトラウマに苦しむ緋山からは翔太の開腹処置を成功させる自信がなく無理だと打ち明けられるが、「私も他の医者を呼びたい。 ただ、運が悪いとは思わない。 だけどここで先生に諦められると可能性0なんだよ。 今翔太を救えるのは先生だけなんだ。 」と悲愴な面持ちの緋山を叱咤し翔太の治療を懇願する。 緋山のトラウマが消えるきっかけとなる。 北村英樹 演 - (2nd最終回) 不時着した飛行機内に息子の勇樹を置いてきたと絶望と悲観にくれる。 しかし藍沢と冴島に説得され治療を拒否する勇樹に声をかけ励ます。 最終回「卒業〜奇跡の定義」 [ ] 北村勇樹 演 - 北村の息子。 成田空港北東の山林で起きた飛行機不時着事故で機体の残骸の中に取り残される。 藍沢が駆け付けた時に、自分の事より北村の事を心配する。 藍沢により右足の切断が必要と判断されるも治療を拒否したが、北村の励ましの中で藍沢により右足を切断されヘリ搬送される。 担当は藍沢。 中越美咲 演 - 前述事故で負傷した妊娠中の乗客。 東京で遠距離恋愛している彼氏と父親の公平を引き合わせた帰りに事故機に乗り合わせる。 自身は幸いにも軽傷で済んだが、公平は瓦礫に挟まれ瀕死の重傷を負ってしまう。 引き合わせの場で公平が仕事の事で彼氏に文句をつけたことが原因で親子喧嘩しており、このまま最後になってしまうのではと悔やんでいたが、白石父娘の救命処置 によって公平の命が救われた事で仲直りの機会を与えられ深く感謝する。 3rd season(2017年) [ ] 第1回「遙かなる願い」 [ ] 消防隊長 演 - (3rd第9回・最終回) 「かずさ七夕まつり」で山車が民家に横転した事故に出動している。 現場に到着した白石たちに、この事故の患者は15名程度で、そのうち重傷者は3名(太っている女性、浴衣を着た女性、祭り衣装の男性)と報告する。 3rd第9回・最終回での千葉新都市地下鉄の崩落事故にも出動し、白石に医療指揮の依頼をする。 蒔田中央駅側トンネルの2次崩落後に、他の消防隊員を引き連れて隣の辻が谷駅へ向かう。 事故処理が一段落した後の蒔田中央駅前広場で、取り残されている同僚の藤川の心配をする白石を気遣う。 七夕まつりで重傷の妊婦 演 - 前述事故で最初に重傷者として報告された太っている女性。 緋山と名取により左下肢開放骨折を処置されるが、緋山が悠斗の処置をしている時に、腰のあたりから出血して意識を失う。 その後に緋山が戻りを受けて、体型で見落としていたがし破水していることが分かり、現場で女児を出産しその後救急搬送される。 担当は緋山。 橋爪悠斗 演 - 前述事故で山車と家の壁に立ったままの状態で挟まれる8歳の少年。 最初に駆け付けた横峯には全く手に負えず、白石が交代して処置にあたる。 厳しい体勢の中、緋山と二人がかりでして呼吸管理をしながら救出を待つが、で手遅れになる可能性が高い為、白石からの要請で現場に来た藍沢がによりを取り除き、救出後は最優先で翔北にヘリ搬送される。 肋骨骨折と肺からの出血もあったが、で意識を回復する。 まつりで飾るつもりだった短冊 は病院の談話スペースに飾られる。 担当は藍沢と白石。 橋爪 演 - 悠斗の父。 仕事が多忙なために意識不明の悠斗に対して「かずさ七夕まつり」に行けなかった事を詫びるが、悠斗が「かずさ七夕まつり」で飾ろうとした短冊に「将来はパパみたいな駅長になる」と書いていた事に感動する。 村野 演 - (3rd第2回) 翔北病院の小児科看護師。 橘に急ぎで渡すように言われた優輔の検査結果を救命医局にいた緋山に渡す。 第2回「導く者」 [ ] 宮本望海 演 - 妊娠15週で右足開放骨折してヘリ搬送された17歳の女性。 3か月もの間は家出中で、その間に高校を退学してしまう。 妊娠と知った瞬間から出産する事を決意している。 最後まで定時に帰り出世しない父の勉を軽蔑して怒鳴り合うが、彼から一人で自分を育てた時の苦労を聞かされ落ち着く。 担当は緋山と名取。 宮本勉 演 - 望海の父。 望海の妊娠を認めず説明も受けようとしなかったが、緋山の説得により望海との話し合いの場に応じ、一人で子供を育てる苦労を望海に聞かせる。 最後は緋山に子育てしようとする望海を支える事を約束する。 千葉もえか 演 - 石ヶ浦マリーナで発生した上架中の船の落下事故に巻き込まれ、母と妹のさやかと共に重傷を負った7歳の少女。 による腹痛を訴えており、さやかに続いてランデブーポイントの印旛カントリークラブ駐車場からヘリ搬送される。 搬送中、により重体となったが、白石の指示の下で横峯がによる緊急脱気を行ない一命を取り留める。 担当は藍沢と横峯。 千葉さやか 演 - 前述事故に巻き込まれたもえかの4歳になる妹。 母親の診断を終えた横峯の背後で崩れ落ちるように倒れる。 による急性のあるいはのの可能性が高い為、最優先でヘリ搬送される。 担当は藍沢と横峯。 千葉 演 - 前述事故に巻き込まれたもえかとさやかの母親。 現場到着時の横峯によるFAST で異常はなく軽症と思われたが、救急車での搬送中、による出血が原因ので閉塞性ショックに陥る。 搬送に付き添った藍沢は心嚢穿刺による解除を試みるが失敗 し、後、を剪刀で切開し血腫を除去した後、損傷部から挿入したのバルーンを心臓の中で膨らませてから引っ張り、内側から栓をする形での止血を行ない、ランデブーポイントからヘリ搬送される。 第3回「命より大切なもの」 [ ] 秋本二郎 演 - 世界中が注目する新薬の開発合戦に敗れて、生きる気力を失って服毒自殺を図ったアルツハイマー病の研究者。 木更津森林公園で巡回中の警備員に意識不明状態で発見され、その後ヘリ搬送される。 搬送中に嘔吐し、吐瀉物を浴びた冴島は意識を失い、白石と灰谷も体調不良を訴える。 汚染原因究明の数分後、ヘリ同乗した灰谷は甘い匂いを感じ白石が感じなかったとの証言から、汚染原因が自殺するため飲んだによるものと分かる。 その毒物の入ったカプセルが溶けきる前に嘔吐したために一命を取り留める。 その後は妻・美也子()が同席の上で、精神科医のカウンセリングを受け回復したかに見えたが、彼女の目の前で病棟の渡り廊下から飛び降り自殺を図る。 肝臓・腸管損傷が著しく出血が止まらなかったため、を受ける。 24時間経過して止血したため、損傷修復手術を受け再び一命を取り留める。 天野道隆 演 - 奏の父。 手の麻痺を恐れて手術を渋る奏に対して、早く受けるよう叱る。 天野 演 - (3rd第4回・第5回) 奏の母。 奏が手術でピアノを弾けなくなるかもしれない事に落胆する。 奏が入院中に頭痛や嘔吐を起こした時は、背中をさすって楽にさせようとする。 第4回「笑顔の効能」 [ ] 佐倉暁人(さくら あきと) 演 - 橘優輔と同じを患う11歳の少年。 9歳の時に拡張型心筋症と診断された。 心不全症状が重篤であったものの日常生活可能になるまで回復する。 しかしのコントロール不良で翔北病院小児科に入院する。 入院して3日後、肺出血、によるを併発して止血不能で死亡した。 この時緊急手術にあたったのは橘をはじめとする救命スタッフ、循環器内科の井上で移植希望登録をしてから635日目のことだった。 北原健太郎 演 - 印旛川河川敷の花火大会会場付近でカセットコンロが爆発し、バーベキュー用の鉄串が首に刺さった8歳の少年。 刺さった状態のままドクターヘリで翔北に搬送される。 父()は軽度の火傷を負い、母()は彼の姿に終始混乱する。 鉄串が左頸動脈を傷つけていたが、脳の交通動脈が未発達で動脈を遮断できない為、藍沢と新海による左腕の血管を左脳に一時的につなぐバイパス手術によって血流を確保してから動脈を遮断の上、鉄串の抜き取りと仮性動脈瘤 の切除、血管縫合を行ない一命を取り留める。 入院中は冴島の配慮により、ベッドを正面に向け移動され花火を見る。 緒方由希 演 - (3rd第5回) 緒方の元妻。 緒方の働いていた料理店のオーナーでもあり、彼の才能を高く評価し「店を大きくする」という夢を託していたが、緒方の頚髄損傷によってその夢が奪われたことへの失望から一気に関係が冷え込んだ。 そのため、緒方の弟子を後任のシェフと決めた上で緒方に離婚を切り出しており、後に成立する。 第5回「寄り添う人」 [ ] 倉田正敏 演 - 佐倉市八街市酒々井町消防組合のレスキュー隊員。 佐倉市内の団地内下水道工事中の増水で作業員が流され救助にあたっていた際に負傷する。 名取によって上腕筋骨折と診断されて、事故現場近くの二次救命医療機関の酒々井中央病院に搬送される。 その後急変してショック状態の意識不明となり、ドクターヘリで翔北に転院搬送される。 ショック状態の原因は初期評価の際に名取が見落としたであることが分かる。 藤川による緊急手術を受け一命を取り留める。 吉崎を救出出来なかった自責の念にかられる状態でいるのを妻・和美()に心配される。 かつて岳来山土砂崩れ事故で多くの負傷者を救えなかったことが原因で自責の念にかられて、精神科に通院していたこともある。 吉崎孝司 演 - 下水道工事中の増水で当時いた作業員。 の意識不明状態でヘリ搬送される。 意識不明の原因は低酸素脳症による。 その後、痛み刺激に反応する。 第6回「落胆の向こう側」 [ ] 山口匠 演 - 部活動中の事故によりを負い、脳死判定を受けた高校生。 摘出された臓器は10歳代から60歳代までの6人の患者に移植された。 臓器摘出後のエンゼルケア は緋山と名取が担当した。 守口 演 - 冷凍倉庫内での荷崩れ事故で負傷した従業員。 冷凍室が停電になり扉が閉ざされた後で、足の傷から大量に出血し倒れているところを横峯・灰谷に発見される。 麻酔がない状態だったものの、冷凍室のドアが開くまで待っていては命に危険が及ぶと判断され、白石の指示の下で最初は横峯により止血処置をされるが、激痛に悲鳴をあげ中断してしまう。 痛みに怯え処置を拒んでいたが、横峯と代わった灰谷の説得を受け、痛みに耐えて処置を受け、搬送される。 現場での冷却処置や迅速な搬送によって虚血による足の切断も免れ、その後で入院する。 荷物の積み方のズレに気付きながらも口に出す勇気がなく、事故を引き起こした事を後悔する。 太田 演 - 前述事故で負傷した従業員。 冷凍室で落下した棚の隙間に挟まれた状態で発見される。 藤川により右肩骨折と診断され、後に雪村により止血と肩の固定をされる。 冷凍室が停電になり扉が閉ざされた際は、後からやって来た横峯と灰谷が守口を処置しているのを明るく励ます。 担架に乗せられ救急搬送される前に、横峯と灰谷に対して「先生、ありがとう」とお礼を言う。 飯塚 演 - 前述事故で負傷した従業員。 意識不明状態で従業員()に運ばれる。 藍沢によりの疑いで処置されるが、血腫が見つからず脳全体が腫れている事からと診断され、処置後救急搬送される。 第7回「失敗の代償」 [ ] 大島将 演 - 上双電鉄東津田沼駅付近踏切の人身事故の負傷者。 美央との結婚式を挙げに彼女と一緒に会場へ向かう途中で、踏切内で立ち往生している折笠の救助にあたった際、事故に巻き込まれる。 呼吸、頸動脈の触知が弱かったためされるものの、大動脈断裂で救命困難と白石に診断される。 その後、美央の懇願に灰谷が答える形で心臓マッサージしたものの、ついにしてしまい死亡した。 大島美央 演 - (特別編) 大島の妻。 前述事故の負傷者。 大島と共に折笠の救助にあたった際、事故に巻き込まれる。 で翔北に救急搬送される。 入院中は大島の死で途方に暮れる。 緋山から大島の検視結果を言い渡され、その後結果通知を肌身離さず持っている。 特別編では、悲しみを抱きながらも懸命にリハビリに励む姿が描かれる。 折笠トミ 演 - 前述事故の負傷者。 踏切内で立ち往生している時に事故に遭う。 腸間膜損傷で翔北に救急搬送される。 その後不同で解離を起こし、藍沢と新海によるハイフローバイパス術の緊急手術を受け一命を取り留める。 第8回「孤独な夜」 [ ] 堀内豪 演 - 自然保護団体の取材で西アフリカ各国を回っているジャーナリスト。 成田空港到着ロビーで倒れ、の疑いでヘリ搬送される。 初療室に運び込まれた直後に吐血し、エボラウイルス感染が疑われた。 原因を探るために感染症研究センターに連絡し検体を採取されるが、結果が出る前にで死亡した。 その後、死亡原因がに属する毒ヘビにかまれたものと判明した。 川田慎一 演 - 仮病と疑う母()に連れられて、鉄棒から落ちて胸痛と腹痛で来た外来患者。 灰谷が診察したものの異常が見つからず、打撲した箇所と本人が痛がっている箇所が異なったことから経過観察で入院させる。 翌日、灰谷の目の前で急変し、ショック状態となる。 原因は、打撲によって部にできた仮性動脈瘤 が破裂してを起こしたものと分かる。 藍沢らシニアドクターが他の急患に対応のため不在の中、灰谷・名取・横峯の3人が対応。 血圧が低下し拍動が触れない為、カットダウン によるREBOA にて脳への血流を確保した後、駆けつけた藍沢らによる緊急の脾臓部分摘出手術によって容態は安定する。 担当は灰谷。 第9回「運命の1時間」 [ ] 両角孝平(もろずみ こうへい) 演 - 33歳の選手。 ハーフタイムのウォーミングアップ中、車いすごと階段から落ち、で救急搬送される。

次の

ドラマ【コードブルー】シーズン1 キャストとあらすじ 百合ドラマ

コード ブルー 3 キャスト

8月28日に放送された「コードブルー3」の第7話。 この回では、踏切事故が起き3人の負傷者が出たためドクターヘリが出動します。 しかしヘリは着陸に失敗。 ヘリの到着を急かしてしまった灰谷が責任を感じてしまいます。 さらには結婚を翌日に控えた新郎の命を助けられなかったことにも負い目を感じるのです。 どちらも灰谷のせいではありませんでしたが、彼は塞ぎこんでしまいました。 第7話の次回予告では、そんな灰谷が睡眠薬を飲んで飛び降りるシーンが映り視聴者はざわついています。 さらには名取が患者に注射針を刺した瞬間に患者が覚醒し暴れたため、その注射針が緋山に刺さってしまいます。 その患者は西アフリカを回っており、何らかの病気に感染している恐れがありました……。 ドラマ後半になって、メインキャストの命が危ぶまれるという第8回の予告は話題を呼びました。 しかし8話では灰谷が無事復活、緋山も最終的には感染症にかかっていないことが分かり、救命メンバーの絆がより深まった回となりました。 この記事の後半では、各話のあらすじをネタバレを含めて詳しく紹介しています! 救命救急センターでフライトドクター候補生としてがむしゃらだった5人は、10年経ちそれぞれの道を歩みだしていました。 藍沢耕作は脳外科医として経験を積む毎日。 同じ脳外科医である新海広紀と、トロント大学の臨床医師に招かれる枠を争っていたのです。 白石恵はフライトドクターのリーダーとして周囲をまとめる活躍ぶりを見せています。 藤川一男と冴島はるかも救命医を引っ張る存在に成長。 緋山美帆子は産婦人科医の道を歩んでいました。 以前、藤川は冴島に恋心を抱いていましたが、その思いが叶い2人は同棲生活を送っていました。 さらには冴島の妊娠が発覚し藤川は喜びを見せます。 そんな中、新人フェロー名取颯馬、横峯あかり、灰谷俊平とフライトナースを目指す雪村双葉が救命センターにやってきます。 白石は未熟な4人を育てようと奮闘しますが、白石たちを育てた三井環奈が救命救急センターを離れることになったのです。 人手不足と高いパフォーマンスを発揮できない状況を知り、緋山は救命に戻ることを決意。 藍沢も救命の部長・橘啓輔から戻ることを懇願されていましたが、脳外科医としてのプライドは高く、中々首を縦には振りませんでした。 そんな中お祭りで山車が転倒。 転倒した家に少年が挟まれてしまい、フライトドクターたちが駆け付けます。 しかし人手不足の中、頼りない新人フェローたちに現場は混乱。 白石はすがる思いで藍沢に電話をかけました。 白石たちが新人フェロー時代に切磋琢磨した5人が集結し、無事少年を助け出すことに成功します。 さらにこの事故をきっかけに藍沢は指導医として救命に戻ることを決意したのです。 藍沢が救命に戻ってきてから1週間が経った頃、新人フェローをまとめる白石と、彼らに厳しく当たる藍沢はよくぶつかるようになります。 横峯あかりは藍沢を尊敬しているようでしたが、藍沢はそれを突き放すかのように厳しく当たります。 そんな時、重症の骨折患者・宮本望海が病院に運ばれてきます。 なんと彼女は17歳ながらに妊娠しており、それを知った父・勉は激怒。 子供を育てるということは「自分の自由が奪われ、いつなんどきも子供のために生きなければいけない」という勉からの説教を受けた望海でしたが、それを聞いたうえで産みたいと決意します。 17歳の望海は出産を決意しますが、藤川との子供を授かった冴島は出産を決意しきれずにいました。 フライトナースのエースとして活躍し、仕事の楽しさがやっとわかった彼女にとって、この環境を捨てることは一大決心なのです。 横峯は藍沢に認められようと、ひたむきに模型で胸腔ドレーンの練習をしますがうまくいきません。 そんな中、救命要請が入り藍沢、横峯、冴島の3人がヘリで事故現場に向かいました。 向かうヘリの中で藍沢は、横峯に患者の処置を一任すると言い横峯は戸惑いを隠せません。 横峯は探りながらも患者3人の診断、その後の処置を指示します。 藍沢に4歳の少女を任せ、横峯は冴島とともに7歳の少女をヘリに乗せ病院に。 そのヘリの中で7歳の少女の容態が急変し、少女の命は横峯の手に託さることとなりました。 遠隔で藍沢・白石からの指示を受け、横峯は無事、緊張性気胸の処置を完了させます。 無事命を救うことができたのです。 病院に戻った藍沢は「よくやった」と横峯に声をかけ、それを見ていた白石は信頼している医師・黒田からのその言葉が嬉しかったこを思い出し、自らが成長したことに気づくのです。 14歳の天才ピアニスト・天野奏は、脳に3. 5cm以上の腫瘍があり一刻も早く手術を行わなければならない状況。 しかし彼女にとって、手術をするということは命よりも大切なピアノから離れることになるのです。 いつ何時も命を優先しなければいけないという使命を担う医者にとって、彼女の対応は悩ましいものでした。 そんな中、森林公園で男性が倒れているとの連絡が入り白石、灰谷、冴島の3人が現場に駆け付けます。 ヘリで運んでいる最中、患者が吐き気を催し嘔吐してしまいます。 すると吐しゃ物を浴びた冴島は意識を失い、ヘリに乗っていた白石、灰谷も体調不良を訴えます。 原因不明の何かにヘリ内の空気が汚染されているとのことでした。 意識を失った冴島は妊娠中だったため早急な措置が必要でした。 しかし毒ガスの原因がつかめずに20分が経過。 赤ちゃんの父親である藤川は、今朝「赤ちゃんのためにヘリを降りてほしい」と言うつもりだった、と後悔を滲ませます。 藍沢にヘリの中での様子を聞かれ灰谷のファインプレーにより、毒ガスの原因は患者が自殺するために飲んだシアンということが分かります。 しばらくして冴島は意識を取り戻し、藤川は安堵の笑みを浮かべます。 藤川は改めて、おなかの中にいる赤ちゃんを産んでほしい、結婚しよう。 とプロポーズ。 冴島はベッドの上で涙を流しながら、プロポーズを受けました。 自殺を図ろうとした男性も、シアンのカプセルが溶けきる前に吐き出していたため一命をとりとめます。 妻の支えもあって再び命を歩むことを決めたのでした。 橘と三井の息子である優輔は、拡張型心筋症で数百日もの間、ドナーが現れるのを待っていました。 そんな中優輔が胃炎にかかりICUに運ばれます。 ICUの隣には年が近く同じ拡張型心筋症の暁人が。 2人は外で遊ぶことはできませんが、お互いの存在が心の支えとなり仲を深めていきました。 しかし暁人が突然、心破裂してしまいます。 循環器内科の医師・井上宣顕を中心に緊急オペを行いましたが惜しくも暁人は命を落としてしまいます。 父・橘から暁人の死を告げられた優輔。 死を告げられた時は表情を変えなかった優輔ですが、花火大会の夜、花火を観ながら暁人に思いを馳せ「暁人くんと一緒に見たかったな」ともらすのです。 幼いながらに友達を失ってしまった悲しみ、自らも同じような状況にいるということが優輔にのしかかります。 そこで橘は思い出話で優輔を笑わせ、一緒にいた三井も笑顔になります。 母の笑顔を見た優輔は「笑顔のお母さんがいい」と子供らしさを滲ませました。 一方で周産期医療から離れ人手不足の救命センターに戻っていた緋山も、自身の選択が正しかったのかと悩んでいました。 そんな中患者として運ばれてきた料理人の緒方の症状が思ったよりひどく、料理人生命が絶たれようとしていました。 彼にとって絶望ともいえる状況でしたが、緒方は希望を捨てることはありませんでした。 その姿勢に緋山は感心し笑顔を見せるのでした。 緋山美帆子は気にかけている患者・緒方に妻がいることを知り複雑な感情を抱いていました。 そんな中、下水道工事中の作業員と彼らを助けに出動したレスキュー員が負傷してると連絡が。 白石、名取、雪村がヘリに乗り現場に駆けつけます。 名取は意識のあるレスキュー隊員・倉田正敏の治療にあたり、意識がない患者・吉崎孝司の対応を白石と雪村に任せ救命センターに搬送します。 名取は患者・倉田を軽傷と判断し近くの病院に搬送しました。 しかし実は倉田は骨盤を骨折しており、容態が急変。 翔北救命センターに戻されてしまいます。 これまで、医療技術はあるのに情熱をもって患者と向き合えなかった名取にとって、このミスは彼の感情を大きく動かす出来事ととなりました。 一方で意識不明の患者・吉崎孝司を対応していた救命センターでは冴島が突然倒れこんでしまいます。 緋山と藤川が必死に処置にあたりましたが、冴島は本来出産時まで開くことのない子宮口が開いてしまう子宮頚管無力症になり、流産してしまいます。 もっと早くヘリを降りるべきだったと後悔を滲ませる冴島に、彼女の支えていけるか不安を募らせる藤川。 そんな藤川の様子を見て、藍沢は「悲しみが溢れるこの場所 救命センター に笑顔をもたらしている」「辛い人生を乗り越えるために結婚するんだ」と励ましました。 冷凍倉庫内で荷物が落下する事故が起こります。 白石は患者多数と判断し、まずは藍沢、藤川、雪村を現場に送りました。 追って横峯と灰谷も現場に駆け付けます。 冷凍倉庫には多くの商品があるため、冷凍室の電源は切れません。 藍沢と雪村はすでに患者を治療していたため、後から来た横峯と灰谷が冷凍室内の患者を救助することになりました。 すると間もなくして落雷があり、冷凍倉庫周囲一帯が停電してしまいます。 冷凍室にいた横峯と灰谷は閉じ込められてしまったのです。 さらには大量に流血している患者を見つけ、新人フェローはパニック状態。 冷凍室の扉が開くのを待っていては患者の命は助からないのです。 一刻も早く手を打たなければいけない状態で、灰谷は動揺してしまい何もできません。 そんな状況を見かねた横峯がメスを入れるも、麻酔なしの患者が泣き叫ぶため、これ以上メスを入れられなくなってしまいました。 そんな中、藍沢は灰谷に向かって「シアンガス中毒の時に何もできなかった自分がいただろ」「また嘆くのか、患者を救うのかはお前が決めることだ」と背中を押します。 この一言で灰谷は覚悟を決め、患者の治療に当たるのです。 患者は無事一命を取り留め、灰谷は1人の人間を救うことができました。 担当患者・天野奏に後遺症を残した状態で手術を終えた藍沢は、かねてから新海と争っていたトロント大へのレジデント候補の座席を譲ることを決意します。 一方、緋山美帆子は緒方博嗣のリハビリを行っていました。 患者として運ばれてきたときから彼の魅力に気づいていた緋山ですが、2人の仲は治療・リハビリを通して縮まっています。 そんな2人を見て「緒方のどこがいいの?」と聞く名取は、どこかヤキモチを焼いているよう。 そんな中、踏切事故で3人が負傷しているためドクターヘリの要請が入ります。 すぐに現場に駆け付けましたが、天候の乱れから患者を乗せたヘリは着陸に失敗。 結婚式を控えていた夫婦の夫は、ヘリの不時着により亡くなってしまい、ヘリの到着を急かした灰谷は責任を感じふさぎ込んでしまいます。 倉庫の端で灰谷が落ち込んでいると、横峯と雪村が通りかかります。 お互いどうして医者を目指したのかという話題になり、医療ドラマに憧れていたことからという横峯、複雑な家庭環境からはやく自立したかったという雪村、幼少期にドクターヘリに助けてもらい目指したという灰谷の、それぞれの気持ちが明らかになります。 ただ、灰谷は思った以上に責任を感じており睡眠薬を飲んでホームから転落したのです。 周囲からすれば自殺未遂に見える行為……。 灰谷はどうなってしまうのでしょうか。 藍沢と天野奏の話によると奏の手術中、藍沢は席を外したと言います。 それが原因で奏はオセロを裏返すのすらままならない状態です。 その日、ホームから転落した灰谷が復帰。 頭に包帯を巻きながらも無理に明るく振舞う様子に、白石たちは戸惑っていました。 そこに12歳の男の子が母親とともに来院。 灰谷は大事をとって入院するように、と手配します。 一方、緋山、名取、雪村は成田空港で男性が倒れたとの一報を受け現場に駆け付けます。 名取がラインを取ろうと患者に注射針を刺したところ、患者が覚醒し注射針が誤って緋山の小指に刺さってしまいました。 患者は救命センターに運ばれたのち吐血。 調べた結果、男性は西アフリカを周っていたジャーナリストで動物との接触がありました。 患者はICUで死亡が確認されます。 致死率80%と言われているエボラ出血熱の可能性が疑われ、緋山の血液も含めて検査依頼を出しました。 隔離された緋山の元に、彼女を心配した緒方が訪ねてきます。 その日、緋山と緒方は夜ご飯を一緒に食べるデートの約束をしていたのでした。 緋山に支えられた緒方は、今度は自分があなたを支えたいと胸の内を話します。 検査結果が出るまで不安な一夜を過ごした緋山でしたが、結果は陰性。 死亡した男性もエボラ出血熱には感染しておらず、死因は毒蛇に噛まれたためでした。 一方、灰谷が大事をとって入院させていた12歳の少年の血圧が突然低下。 藍沢や白石は他の患者の手術に追われており、少年の命は灰谷、名取、横峯3人の手に託されました。 「これ以上患者の命を落としたくないんでしょ」という横峯の一言で3人は応急処置をすることを決意。 名取が先頭に立ち、藍沢たちが駆け付けるまで命を繋ぐことができました。 藍沢は3人に向けて「よくやった」と声をかけました。 救命センターに3人の急患が運ばれてきます。 藍沢をはじめとするメンバーたちは処置に尽力し、運ばれてきた患者3人は命を落とすことなくICUに運ばれて行きました。 それぞれの成長とチームワークを実感していた救命チームですが、そんなメンバーの人生が変わろうとしていました。 灰谷はヘリ墜落の一件ですっかり自信をなくしてPTSDに。 名取もラインを取り損ねたミスが父の耳に入り、父の病院で働くよう言われていました。 一方で緋山は周産期医療センターに医局長として戻ってきてほしいと依頼を受けます。 藍沢はトロント大のレジデントに推薦されますが、「救命に残る」と宣言するのでした。 橘啓輔と三井環奈の息子・優輔は、3年間心臓移植のドナーを待ち続けていました。 このところ優輔は「疲れた」と口にするようになります。 そんな時、心臓移植の順番が回ってきたとの報告を受けるのです。 心臓移植をするには1時間以内に同意の連絡を入れなければいけません。 父である橘はやっとの思いで手術が受けられることに安堵しながらも、息子に報告します。 すると優輔は「心臓移植を受けない」と宣言したのでした。 もともと優輔は命を救う存在である父のことを尊敬していました。 しかし優輔がドナーを待つようになってから、橘は新聞の死亡欄をチェックするようになり、そんな息子は父の姿に悲しんでいたのです。 息子が「移植を受けない」と宣言したのに対し、父は移植を受けるよう手続きを進めます。 反抗する息子に橘は「お父さんは嫌われたっていい。 優輔に生きてほしい。 お父さんは優輔のことが大好きだから。 」と伝えるのでした。 そんな中、千葉新都市の地下鉄開通前の線路内にて崩落事故が発生したと連絡が入ります。 救命チームは総動員で現場に駆け付け、藍沢と藤川は地下2階の崩落現場に向かいます。 大切な人をこれ以上失いたくないと思っている冴島は藤川を引き止めますが、藤川は医師としての責任を果たすため現場に向かいました。 しかし藍沢が異変に気づいた瞬間、再び崩落が発生。 藍沢は意識を失ってしまったのです……。 崩落事故に巻き込まれてしまった救命チームのメンバーたち。 藍沢と雪村は崩落に巻き込まれましたがすぐに意識を取り戻し、緋山と名取の無事も確認されました。 しかし藤川は男の子をかばおうとして石の下敷きになってしまいます。 藤川がかばった少年・かけるは藤川のペンライトを持って1人で脱出。 それを横峯が発見し、救命チームは藤川が下敷きになっていることに気付きます。 藍沢と冴島が藤川の元に駆け付けましたが、藤川は心室頻拍になっていました。 藍沢はその場で処置すると判断し、冴島とともに藤川の命を救います。 一方、緋山と名取は妊婦の救助についていました。 残念なことに母体がもたないと判断され、緋山はその場での出産を提案。 緋山と名取の懸命な説得により、無事赤ちゃんの命を救うことができました。 崩落事故から2日後、藤川の命は助かりましたが彼は救命から離れることを白石に伝えます。 藤川の決断に冴島は「本当にそれでいいの?」と尋ねるのでした。 一方名取は救命に戻りたいと、父に報告。 緋山の説得により名取は救命センターに残ることになりました。 また緋山は、緒方に「少し手のかかる彼氏でも大丈夫」と告白。 新海は、手術の後遺症が残る奏のもとへ向かいます。 「藍沢は医者生命をかけてまで奏を救おうとしていた」とライバルの気持ちを代弁し、奏は前を向くようになります。 橘の息子・優輔も移植手術が成功し自分の足で立てるようになっていました。 優輔は気持ちを改め、父のような医者になりたいと誓うのです。 藍沢はトロント大に行くことを決めていました。 かつてフェローとして切磋琢磨してきた藍沢と白石は、自分たちの成長を実感しながら、師である黒田にはかなわないという実力も認め、それぞれの道へと進みだすのでした。 ciatr編集部編集員。 名古屋在住、月1で渋谷に通う編集部の古株で、ciatrでは邦画・邦ドラマを中心に担当しています。 映画好きがきっかけでciatrで働き始めましたが、仕事で国内ドラマを担当し始めてからドラマも気になってチェックするようになりました。 好きな俳優は山田孝之、好きな女優は満島ひかりです。 国内ドラマの最新情報は常にチェックしているので、気になる情報を分かりやすく迅速にお届けすることには自信があります。 最近はNetflixボタンのあるテレビを買ったことで、Netflix とamazonプライムビデオ に入り浸っています。 当時話題だったけど観れてなかった国内ドラマやアニメを観るのが、日々のルーティーンに。

次の

コードブルー3で勝村政信が出ない理由はあのドラマが関係か!?森本先生の結婚相手CS役の女優って誰?

コード ブルー 3 キャスト

スポンサーリンク コードブルー3の第3話のあらすじ(ネタバレ)とキャストについてお送りします。 田鍋梨々花さんと言えばあの「ミスセブンティーン」でグランプリに輝いて「Seventeen」モデルとして活躍中のモデル&女優さんです。 なんとコードブルー1~3の全シーズンが今なら 期間限定で無料で見れるのです! フジテレビオンデマンド(FOD)で期間限定で配信されています。 しかしはるかは「は?なんで今結婚なの?わたしが妊娠してなかっても結婚してたの?」と突き返したのです。。 そんな中、藍沢耕作(山下智久)は、ある患者のことについて頭を抱えていました。 その患者とは天野奏(田鍋梨々花)です。 (田鍋梨々花さん特集「」) 奏は天才ピアニストとしてかなり期待されているのですが、なんと彼女の脳に大きな腫瘍が見つかったのです・・ 致命傷にもなりうる腫瘍。 彼女の両親は一刻も早く奏の手術を求めていました。 藍沢はそんな奏のことについて悩んでいたのです。 命よりも自分が大切だと思っていることを選んでもいいものなのか?と。 一方で脳外科の奏の担当医、新海広紀(安藤政信)もこのことで頭を悩ませていたのです。 ・・・ 有名な料理人の緒方博嗣(丸山智己)が救命に運ばれてきました。 緒方は頸椎に脱臼骨折を負っていました。 彼は渓流でイワナを釣っていた時にそこで足を滑らせ転落してしまったのです。 そんな緒方のことを救命医の緋山美帆子(戸田恵梨香)は興味を持ちます。 というのも、この料理人の緒方はこだわりの料理人で、自分が負傷している状況でも渓流で自分が釣ったイワナのことを心配していたからです。 「そこのイワナ・・早く店のいけすに・・」と・・ どんな状態でも料理のことを第一に考える緒方。 しばらくして緋山に聞きました。 「俺、また包丁握って厨房に戻れるよな?」と・・ 果たしてそんな緒方は無事に回復して再び厨房に立つことができるのでしょうか? スポンサーリンク そんな中、緊急でドクターヘリの要請が入ります。 森林公園で男性(秋本二郎)が倒れてしまったという緊急連絡が入ったのです。 この要請を受けて白石恵(新垣結衣)たちがすぐに現場に向かいました。 それは、妊娠中の冴島はるかもドクターヘリに同乗していたので、はるかの身の上が心配だったのです。 汚染されたヘリ内ではるかとお腹の子供は無事なのでしょうか。。 ヘリが病院についてからすぐに藍沢たちが白石やはるかたちに緊急処置をしました。 ヘリに乗っていたフェローの灰谷俊平(成田 凌)と白石はなんとか意識を保っていましたが、はるかは気を失ったままでした。 森林公園で倒れていた患者は秋本二郎。 製薬会社のパイオニア的存在だったのですが、製薬の開発競争でライバルに負けてしまい毒物を服用して自殺しようとしていたのです。。 秋本はいったん応急措置で回復しましたが、なんと奥さんの前で病院の渡り廊下から飛び降りたのです!! すぐに藍沢たちは秋本の応急処置をしましたが、なかなか出血が止まりませんでした。 このまま輸血を行うと命が危険だったため、藍沢たちは「ダメージコントロール」ということでいったん手術を中断して様子を見ることにしたのです。 そして24時間後、再び手術を再開することにしました。 出血は止まっていたので処置をしてなんとか命はとりとめたのです。 体は生きたがっていました。 でも秋本の心はこれから生きたがるのでしょうか? ・・・ 一方、料理人の緒方に緋山は頸椎に脱臼骨折しているので厨房に戻るのは難しいかもと伝えたのですが、緒方は元気に言いました。 「そんなの統計上の話でしょ?俺には当てはまらないかもしれないじゃん?」 「俺、見えるんだ。 俺がすでに厨房に立っている姿が」 「過去は変えようがないんだから「今」どうするしかないじゃん」 と超前向きな発言をして緋山は笑ったのです。 藤川は言いました。 「俺ははるかと生きたい。 おなかにいる子供と3人で。 これからも家族が増えると思うけど、これからもずっとはるかと生きていきたい。。 だから結婚してほしい。 」 するとはるかは答えました。 「目を覚ましたとき、私最初に誰のことを思ったと思う?赤ちゃん」 「わたしとあなたの赤ちゃん」 そしてはるかは藤川の手をぎゅっと握ったのです。 ・・・ フェローの灰谷は白石に告白します。 「僕、向いていないと思うんです。。 灰谷はあまりにも過酷で人の命を預かる救命で自分がこの先、務まるとは思えなかったのです。 しかし、白石は言いました。 「医者は臆病な方がいい時もあるんだよ。 今回、藍沢先生がダメージコントロールのために手術を途中で中断したのも、藍沢先生は臆病だったからかもしれない。 臆病さという慎重さも医者には必要なんだと。。 するとその話を聞いていた藍沢は灰谷に言いました。 「シアンの匂いを感じれる人間は40%しかいない。 おまえはその40%の中にいた。 おまえが気づいたから冴島も白石も助かったんだ」と。。 ・・・ ピアニストの天野奏は藍沢に言いました。 「大丈夫だよ。 わたしちゃんと手術する。 でも弾けなくなるようにしないで・・」と言ったのです。 その後、奏は手術の同意書にサインをしようとしたのですが「先生、わたしやっぱりこわい」とつぶやいたのです。 奏は結局、サインはしなかったのです。。 藍沢は大いに悩みました。 彼女がもし普通の女の子で失うものが大きくなかったら、こんなにも悩むことはなかっただろう。。 ・・・ 第3話のあらすじ&ネタバレは以上となります。 脳には大きな腫瘍があり早急な手術が必要なのですが、本人はピアノが弾けなくなるリスクを危惧して拒否しているのです。 では、天野奏を演じる田鍋梨々花さんについてシェアさせていただきます。 田鍋梨々花さんは「ミスセブンティーン2016」でグランプリに輝いて、現在は「Seventeen」の専属モデルとして活躍しているモデルさんです。 山中の渓流でイワナ釣りをしていたところ足を滑らせて負傷し、救命救急にやってくることになります。 料理人の緒方を演じる丸山智己さんですが、42歳で身長185cmというイケメンモデル・俳優さんです。 その演技力はものすごく評判がよくて、2005年の映画「NANA」ではヤス役を演じました。 また2014年の映画「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」では敵キャラのアンジ役を演じてその演技力が絶賛されました。 ドラマにも数多く出演していて2012年のドラマ「リーガル・ハイ」や2015年ドラマ「銭の戦争」、2017年「貴族探偵」等、話題のドラマに出演しています。 最新のサービスの詳細については上記のFODの公式ホームページでご確認ください。

次の