世界の株価 ウォンドル。 USDKRWチャート

1 世界経済の現状と今後の見通し

世界の株価 ウォンドル

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。 仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。 また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。 金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。 Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。 すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。 Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

次の

韓国、株価急落とともにウォンも対ドル・対円で急落|韓国経済.com

世界の株価 ウォンドル

234251 1203. 750000 1374. 080625 225. 776502 841. 782375 171. 983941 1512. 150750 788. 456250 866. 007194 37. 985169 40. 829998 72. 065735 886. 805658 175. 466087 155. 250464 1276. 511135 281. 842660 53. 645678 24. 352620 16. 052033 0. 081587 16. 746987 132. 972848 129. 671123 184. 581768 327. 684769 1. 524680 0. 005378 3908. 279221 320. 940091 283. 548866 0. 173651 75. 234375 0. 330973 1695. 422535 343. 202942 0. 792619 107. 120000 122. 277480 20. 091530 74. 909016 15. 304606 134. 564144 0. 088947 70. 163600 77. 064748 3. 380246 3. 633403 6. 413027 78. 915574 15. 614478 13. 815518 113. 594910 25. 080777 4. 773853 2. 167105 1. 428448 0. 007260 1. 490291 11. 833065 11. 539249 16. 425669 29. 160201 0. 135679 0. 000479 347. 792208 28. 560002 25. 232610 0. 015453 6. 695000 0. 029453 150. 873239 30. 541142 0. 070534 情報提供元:.

次の

リアルタイムチャート

世界の株価 ウォンドル

23日に韓国株が急落する中で対ドルと対円のウォン相場もウォン安傾向を見せている。 この日午前9時50分現在韓国総合株価指数(KOSPI)は前取引日より97.44ポイント(6.22%)安の1468.71を記録中だ。 取引開始直後にはKOSPI急落で取引が一時中断されることもした。 対ドルと対円のウォン相場も2%以上のウォン安となっている。 ソウル外国為替市場でこの日午前9時50分現在のウォンの対ドル相場は前取引日より34.7ウォン(2.79%)のウォン安ドル高となる1ドル=1279.5ウォンを記録している。 対円のウォン相場は前取引日より24.40ウォン(2.16%)のウォン安円高となる100円=1156.48ウォンを記録している。 先週の韓米スワップ締結により通貨危機の不安は軽減されたが、世界的な景気低迷への懸念が続き、株価下落とウォン安が起きたと分析される。 joins. 19日の発表で、オーストラリア、ブラジル、韓国、メキシコ、シンガポール、スウェーデンの各中銀には最大で600億ドルを、デンマーク、ノルウェー、ニュージーランドの各中銀には300億ドルを貸し出すことになり、この枠組みは少なくとも6カ月間の継続予定とした事で、1ドル1200ウォン台となったが、1200ウォンは危険水域であり、さらにウォン高へ押し上げる力はなさそうだ。 中央銀行である韓国銀行が保有する外貨準備高は、2019年末現在で4088億ドルである。 中国の3兆956億ドル、日本の1兆3173億ドル、スイスの8366億ドルには及ばないが、世界で9番目の外貨保有国・地域であり、IMFが公表している外貨準備ても、韓国は十分な額を保有している。 市場介入によりウォン安を食い止めるだけのドルの現金を得るまでには、タイムラグが生じてしまい、その間ウォン安が急激に進んでしまう可能性がある。 ウォンが急速に下落する際には、外国為替市場で迅速な市場介入、すなわちドル売りウォン買い介入が必要であり、ドルの現金が必要となる。 しかし、大部分の外貨準備は流動性の低い資産で運用されているため、現金化するためには流通市場で売却する必要があり、迅速かつ大量にドルの現金に換えることは容易ではない。 もっとも95%の有価証券というが、かなりの比率で不良債権と言う話もある。 また600億ドルについては、民間金融機関のドル流動性の確保にすぎないわけで、為替の安定と言う部分では、結果でしかない。 為替スワップは、ドルの流動性を高め、ドルの資金不足による倒産を防ぐことが目的となる。 なので為替安定と言うには現実にはもっと多くのドル資金が必要となる。

次の