中村 俊輔 インスタ。 本田圭佑の暴言に、中村俊輔がブチ切れ? 6年前の争いを清水ブログ暴露&炎上の真相

小栗旬・中村倫也も集うムロツヨシのインスタライブが面白い

中村 俊輔 インスタ

英大手『ユーロスポーツ』が毎週発表する週間ベストゴール。 なんとそのチャンピオンに日本が世界に誇るファンタジスタ・中村俊輔選手が君臨していると話題になっている。 投票で選出されるだけに、彼のゴールで心躍った人がそれだけ多いということだ。 そのプレーは他のノミネートされたゴールと合わせて、激しい争いを繰り広げているぞ! ・ノミネートされたゴール チャンピオンとして君臨している話題のゴールは、2013年10月27日に行なわれた J1 第30節の大分トリニータ vs 横浜F・マリノスの試合でのものだ。 前半45分に右サイドで FK を得た中村俊輔選手は直接ゴールを叩き込んでしまう。 中村俊輔選手の代名詞とも言える「フリーキック」だが、角度のないところからコース、スピード共に申し分ない完璧なものだった。 投票のメインである欧州の人はチャンピオンズリーグでのマンU戦での衝撃を思い出した人も多かったことだろう。 ・投票次第では永遠にチャンピオン 『ユーロスポーツ』が行なっている投票は、チャンピオンが次週まで持ち越され、4人のチャレンジャーが倒さない限りは君臨し続けるというノックアウト方式だ。 連続で死守することは難しいが、投票次第では永遠にチャンピオンということもあり得る。 ・挑戦者たち 今回ノミネートしているプレーには年代を問わず、世界中の好プレーが集まっており、鮮やかなプレーの連続だ。 また、新たなチャレンジャーにはスーパーオウンゴールもノミネートされており、その動向に注目が集まっている。 ちなみに中村俊輔選手の FK 弾は彼自身にとっても記録的なゴールで、FKでのJ1最多ゴールを17に伸ばし、単独トップに躍り出た。 また、自身初のシーズン2桁得点も記録、さらにはクラブの最多得点も更新した。 ノミネートの行方と合わせて、更なる彼の活躍に期待したい。 参照元: 執筆:.

次の

【海外の反応】中村俊輔へのリスペクトがすごい。監督やチームメイトはもちろん、あの有名選手からのコメントも

中村 俊輔 インスタ

現在、魔法の左足から放たれたフリーキックが世界中から称賛の声を集めている。 それはJ1リーグ2ndステージ第9節の浦和レッズ戦、横浜・Fマリノスの中村俊輔選手が前半28分に決めた芸術的なゴールのことだ。 日本代表GK西川選手も止めることができなかったフリーキックであったため、改めて彼のスゴさを再確認した人も多いだろう。 しかし、全盛期の彼を知らない人たちにとっては「何がスゴかったの?」と思うこともある。 ということで今回ご紹介するのは、中村俊輔選手のスーパーゴール集。 何度見ても飽きることがないほどファンタスティックな内容は必見だぞ! ・どれをとってもスーパーゴール 中村俊輔選手のスーパーゴールが収められているのは、YouTubeにアップされただ。 再生時間が約12分と少々ボリュームありだが、まったくといっていいほど長いと感じない。 というのも、そのプレーひとつひとつがまさしくファンタジスタそのもの。 Jリーグはもちろん、イタリアのレッジーナ時代、スコットランドのセルティック時代と、どれをとっても芸術的なのである。 ・芸術的ゴールの数々 プレーの内容も幅広く、代名詞であるフリーキックをはじめ、ミドルシュートなどなど。 その中でも力強いシュートがあれば、ゴールへパスをしたかのような狙いすましたループシュートもある。 他にもボレーや、なかなか見る機会がないヘディングからのゴールも収録。 特に海外でのプレーを知らない人は、見入ってしまうこと間違いなし。 海外の実況が 「ナカムーラ!」と、興奮して絶叫する理由がよくわかるはずだ。 ・これから更なる活躍に期待 先日決めたゴールで自身の持つ直接FKのJ1通算記録を「19」に更新した中村俊輔選手は、37歳ながらむしろ円熟味が増しているようにさえ感じる。 彼が蹴る前のワクワク感は唯一無二。 まだまだ魔法は終わらない。 参照元: 執筆:.

次の

【衝撃サッカー動画】中村俊輔選手の FK 弾が海外サイトの週間ベストゴールに選出! 現在もチャンピオンに君臨しているぞ!!

中村 俊輔 インスタ

歴代の名手がズラリ、気性の荒かった「史上最も献身的なミッドフィルダー」も選出 近年、スコティッシュ・プレミアリーグを席巻しているセルティックだが、過去を振り返っても様々な選手たちが本拠地セルティック・パークで素晴らしいパフォーマンスを披露してきた。 英サッカーメディア「90min」は今回、セルティックの「究極の25人」を発表。 往年の名選手たちが名を連ねたなか、元日本代表MF(横浜FC)もメンバー入りを果たした。 守護神は3人。 8人の選手が選ばれたDFでは、プレミアリーグへと巣立った2人もメンバー入り。 「この世界最高のセンターバックを秘密にしようとしたが、それは無駄だった」と表現されたようにセルティックで115試合に出場してリバプールへと旅立ったオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、「モダンでダイナミック」なプレースタイルで能力の高さを示してアーセナルへと旅立ったスコットランド代表DFキーラン・ティエニーが選出されている。 中盤には、気性の荒さと激しいタックルこそありながらも「緑と白のシャツを着た史上最も献身的なミッドフィルダー」と称された元スコットランド代表MFスコット・ブラウン、セルティックの3連覇に貢献した元ブルガリア代表MFスティリアン・ペトロフなどが名を連ねている。 セルティック時代の中村を象徴する2本のFK弾 英称賛「見ていて楽しかった」 そして、忘れてはならないのが「ミスター・フリーキック」と評された中村だ。 UEFAチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦での二つの見事なFKなど、セルティック・パークを魅了した中村に対して、「見ていて楽しかったし、彼の貢献は世界中のセルティックファンの間で忘れられないものになるだろう」と称賛の言葉を送っている。 また、ストライカー部門では元イングランド代表FWクリス・サットンらとともに、「セルティックの最高の選手の1人」として313試合に出場して242ゴールを記録した元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーションも名を連ねている。 時代を彩る様々な選手たちが揃うなか、彼らと同様にメンバー入りを果たした中村。 彼のFKは今後もセルティックサポーターの心に残り続けるだろう。 (Football ZONE web編集部) 外部サイト.

次の