アサクリ オデッセイ 選択肢。 【アサシンクリードオデッセイ 攻略】「天秤マーク」の選択肢って何か意味があるの?

歓喜のバルナバス

アサクリ オデッセイ 選択肢

遊びはここまでだ。 片目野郎に言っておけ。 次にやったら、残りの目をイカロスにくれてやるとな 思わず、 「姉さん!」と慕いたくなるたくましさ! この時代に、女性が傭兵をやっていこうと思ったら、これくらい 肝っ玉が座ってないといかんのでしょう。 今回の舞台は紀元前およそ400年の 古代ギリシア。 前作となる『アサシンクリード オリジンズ』に比べると、巨大な建造物が少なく、ちょっと地味かなぁ?と思っていましたが、 ギリシアは海がとても綺麗です。 はじめての海 「バルナバス」という気のいいおじちゃんを助けると、なんと、 船と船員を授けてくれました。 命の恩人ではあるけれど、とんでもなく太っ腹です! さて、初めての海へと漕ぎだします。 アサシンクリードの海戦は数回遊んだことがある程度なので、 これだけガッツリ船で旅をするのは初めて! すごいよ!波のうねりが!! わたしは海が怖い人なので、クジラがジャンプしているのを見たときは 感動よりも恐怖でした! って、ほんとビビりました。 笑 船を使えるようになると、 完全なオープンワールド。 どこ行ってもいいぞ! の状態へと突入するので、寄り道しまくりです! 地図を埋めたいし、 「?マーク」にある ミニミッションを履行していくのが楽しい! でもまぁ。 まだ主人公のレベルが7だったので、高レベル帯には足を踏み入れられず、 寄り道もそこそこにストーリーを進めます。 父親との再会 幼い頃に、父親の手によって崖から突き落とされた過去をもつカサンドラ。 なんの因果か、 最初のクエストは父親の首をとることでした。 父親を殺すか、殺さないかは、 プレイヤー自身の選択に委ねられています。 父親の首をとるという依頼を受けているので、殺さないとまずいのかな?と思いつつも、ここでは 「殺さない」を選択。 ま、自分らしい選択ですね。 善悪や、生死による選択肢は迷うことがないので、選びやすいです。 少しレベルも上がったので、ここでしばし探索を再会。 レベルがどんどん上がっていきますが、レベルアップ時にもらえる スキルポイントが大量に余っていることに気づきます。 どうやら、ストーリーを進めないとスキル強化の上限が解放されないようで、必殺技も使えない状態で 強敵に挑みまくっていたわけです。 なんかね、思ってたんですよ。 笑 なるほど、ストーリーを進めて、 槍を強化しないと強くなれないのか!ということにようやく気付きました。 探索を一時中断してストーリーを進め、槍を強化してしまえばもう、こちらのもの! 延々と探索とサブクエストを進め、 気がつけばレベルは33! マップを全てクリアにすることでワープポイントを使えるようにして、やっと移動が快適になりました。 ちなみに、主人公のレベルに応じてメインストーリーの敵レベルも上がっていくので、 無双状態になることはありません。 まぁ、そのせいでメインクエストを放置してしまったという一面もありますね。 レベル差があった方が 「そろそろストーリー進めないとな」という焦りも芽生えたはずなので。 はじめてのロマンス 実はここに至るまでに、 選択肢による恋愛要素は幾度となくありました。 しかし、その相手というのが曲者で、ヨボヨボのおばあさんだったり、絶対一夜限りだろうなと思しきヤル気マンマンの鍛冶屋だったりと、 ロクなやつがいねぇ! いやまぁ、実際にはもっとまともな方々もいたのですが、カサンドラが強い女性ですから、 惹かれるなら異なるタイプの相手だろうと思っていたので、剣士や戦士はすべてお断りしてきたんですよね。 そんなわたしが初めてのロマンスの相手に選んだのは 「ディオナ」という女性。 あ、プレイ済みの方はここ、笑うところですよ?笑 そろそろロマンスを見てみたいという時期でしたし、戦いのイメージのない相手だったので、一夜を共にしました…。 しかーし! 一夜を明かしたその直後に、 裏切られたぁ〜!! 悪いやつやった〜!! 初恋は苦い味。 わたしのカサンドラは見る目なしです。 笑 ちなみに、次に ロマンスを体験したのは村医者の「リカオン」。 リカオンもカサンドラとは異なるタイプの人物で、医者として患者のために尽力するも、訳あって心を閉ざしている男性。 やさしい心の持ち主なので、今度は裏切られることはなく、それ以降は誰とも恋愛していない 一途なカサンドラです。 ポイベーとの別れ カサンドラが育った島で仲良くしていた「ポイベー」という少女。 おそらく、選択肢しだいでは彼女が死なない結末もあったのでしょうが、 わたしの物語ではポイベー死んじゃいました。 好奇心旺盛で、戦火にもとび込んでいくような ポイベーを応援してしまったのがいけなかったんだろうなぁ。 でも、お別れのシーンが美しかったです。 母との再会 母をたずねて三千里…、とは言いませんが、生き別れた 母親を探して旅をしてきたカサンドラ。 いよいよ母親と再会することができました。 この時だけは、強いカサンドラの表情が溶けていくよう。 親の前では子供の顔になりますね。 しかし、さすがはカサンドラの母といったところでしょうか。 おかあちゃんもなかなか好戦的! 狼に襲われている子供たちをみても、 「あれは試練なのよ、助けたらスパルタのためにならない」と放置。 「スパルタ教育」という言葉はここから生まれたんだろうな〜と思うようなシーンでした。 (子供たちを助ける選択をして母に呆れられました。 笑) アトランティスの秘宝 お母さんと再会できたところで、レベルが40を超えたので、クリアできうる サブクエストを全てクリアしていくことに。 数あるクエストの中でも面白かったのは、 神話上の生き物と戦っていくクエスト。 最初に戦ったサイクロプスでテンションだだ上がりでした! これまでは、どんなに強い敵でも対人戦ですから、 迫力という点では物足りない部分があったんです。 と、思っていたら、 父、登場! なるほど! 最初に父を殺していたか、殺さなかったかで、 物語が分岐するんですね! ステントールの驚いた顔! カサンドラは父を生かしておいたのさ! 父にもステントールの力になってやれと助言したのさ! 古代ギリシアは、自分が生きていくために他を蹴落としていく厳しさのある世界だったので、こういう 丸い結末を迎えられるとスッとしますね! 助言なんて聞いてない! 素晴らしい選択をできた家族の確執から一転、今度はうまくいかなくて 「ぐぬぬぅぅ…」となったストーリー。 「コスモスの門徒」と呼ばれる組織員を倒していくことがカサンドラの目的でもあるのですが、事情があって門徒に入っている「ラゴス」という人物がいるということ。 母は 「殺すべき」とい言い、ブラシダスは 「門徒から抜けさせるべき」と言う。 母には悪いけれど、わたしの中では殺しはご法度。 ブラシダスの 「門徒から抜けさせるべき」という案に賛同します。 しかし…。 「商人」というコスモスの門徒に対してどう対処したかで、分岐があったようで、助けたいと思いつつも信用してもらえず、 始末するしかなくなってしまいました。 おそらく、カサンドラの家族の物語がメインだろうと思い、3つあるメインストーリーのうち 「コスモスの門徒」と 「アトランティスの秘宝」の2つを終わらせてから挑みました。 神話上の生き物たちとのボス戦めちゃくちゃ楽しかったし、 一体、どんなボス戦が待っているんだろう!ワクワク! そんな期待を胸にストーリーを進めます。 「コスモスの門徒」に魅入られた弟「アレクシオス」に母と共に再会。 もちろん、 「お前とは戦いたくない」を選択。 感動的な親子の抱擁です。 ん? ん? んんん〜? ボス戦はッ!? う、うーん、戦わないを選択した場合、戦闘はないみたいですね! というか、推奨レベル的に 「メデゥーサ」がラスボスだったのかもしれない…。 えーっと、これにて『アサシンクリードオデッセイ』、クリアです! エピローグでは、母、義父、義弟、弟、カサンドラの5人が揃って食卓を囲みます。 たぶん、 ここにポイベーがいればベストエンドだったんだろうなぁ…。 まとめ 『アサシンクリード オデッセイ』は選択肢によってプレイヤーごとに体験しているストーリーが違うと思いますので、 わたしの物語を振り返りながら書いてみました。 みなさんはどんな物語を紡がれたんでしょうか? いろいろ聞いてみるのも面白そうですね! 大作オープンワールド、 たっぷり楽しませていただきました!.

次の

会話中、選択肢の前に付いているアイコンの意味

アサクリ オデッセイ 選択肢

もくじ• アサシンクリードオデッセイの舞台 今作は 古代ギリシアを内包するエーゲ海が丸々舞台となっています。 グーグルマップで現在のギリシャ周辺を確認したところ、ほとんどゲームと一致していました。 想像以上にそのまんまだったので、ちょっと感動しました。 ゲーム開始時に主人公がいる島 「ケファロニア島」も実在します。 前作のアサシンクリードオリジンズでは古代エジプトが精巧に再現されていましたが、今作もそれに負けず劣らず見事な再現度です。 また【レオニダス】【ソクラテス】【ヘロトドス】【ヒポクラテス】などの 古代ギリシアの歴史的な著名人も多く登場します。 アサシンクリードオデッセイの評価・レビュー 会話シーンの選択肢によってストーリーに深みが増した 今作から会話(イベント)シーンで主人公の台詞が選べるようになりました。 選択次第でその後の会話の展開が変わったり、場合によってはストーリーにまで影響します。 システム自体はいままでの他のゲームにも散見するので、プレイするまでは特段期待してはいませんでしたが、実際に遊んでみると思っていたより選択肢の質が高く、ストーリーもわりと大きく分岐します(選択肢1つで重要なキャラクターが死ぬことも)。 おかげで従来のシリーズよりも圧倒的に主人公、世界観に感情移入しやすくなりました。 感情移入のしやすさといえば、今作は 主人公の表情も豊かです。 他のオープンワールドゲームと比較しても、ここまで表情から人間っぽさが感じられる作品はなかなかありません。 広大なオープンワールドで美しい景色を満喫できる エーゲ海をまるごと再現した広大なマップとそこに浮かぶ島々の山頂から眺める景観は、80時間以上プレイした今でも見飽きることはありません。 テレビ画面の中にある【作り物の景色】のはずなのに、あまりにも壮大でリアルなそれには畏怖の念すら感じます。 誇大ではなく時折本当に自分が旅をしているような感覚に陥ることもあります。 VRのような仮想現実で旅行が楽しめる日もそう遠くはないかもしれません。 ゲーム難易度は低め。 ゲーマーは【ハードモード】が丁度良いかも オデッセイに限らず、アサシンクリードシリーズはどの作品も難易度低めです。 最近のものは初期の頃と比較すると若干難しくなってますが、それでも他のアクションゲームと比べると簡単です。 なので、私は最初から最後まで難易度ハードでプレイしていました。 たとえゲームオーバーになっても直前から始められるし、デスペナルティがあるわけでもないので、ある程度アクションゲームに慣れている人なら余裕だと思います。 逆にアクションゲームにあまり慣れていない人は難易度【ノーマル】あるいは【イージー】がオススメです。 ゲーム中いつでも難易度の変更は可能なので、簡単すぎると思ったら調整できます。 戦闘のバランスがちょうど良い。 無双プレイはできません アサシンクリードの醍醐味といえば【暗殺】です。 背後からこっそり近づきスキルを使って一撃必殺。 基本的にゲーム開始から終了まで、ひたすらこの【暗殺】を繰り返します。 仮に敵に見つかった場合、仲間を呼ばれる前にとどめを刺さないと次から次へと増援が駆けつけて大惨事に。 初期のアサシンクリードではいくら増援がきても無双プレイで殲滅きたんですけどねー。 アサシンクリードオデッセイはそこまでぬるくないので、増援に紛れて【賞金稼ぎ】の猛者までやってきます。 こうなるともう手に負えないので、一時退却するしかありません。 水を差すように挿入される現代パートが面白くない アサシンクリードシリーズは、現代パートと過去パートを行き来してストーリーが進行します。 現代で【アニムス】と呼ばれる装置を使い、歴史上の人物の人格へダイブし、現代に残る秘宝(エデンのかけら)の在り処を探し出すことが現代パートの目的です。 一方、過去パートで操作する主人公にとっては現代パートの目的なんて当然知ったことではありません。 彼らはシリーズ毎に異なる別の目的のために行動します。 プレイヤーは基本的には過去パートの人物を操作して【アサシン】となるわけですが、上述したようにたまに現代パートに戻って【ただの凡人】を操作します。 この現代パートが面白くない 過去パートで主人公や他のキャラクターたちにすっかり感情移入して世界観を満喫していたのに、そこへ水を差すように現代パートが挿入されるのはなかなかストレスです。 「現代パートなんて無くせばいいのに」と思うんですが、なぜか全シリーズで一貫してるんですよね。 現代パートだけはストーリーが過去作から全て繋がっているので、その繋がりを断ちたくないのかもしれません。 ただ、前作(アサシンクリードオリジンズ)以降、現代パートが減ってプレイアブルのほとんどが過去パートとなりました。 今作(アサシンクリードオデッセイ)においても現代パートのプレイアブルはかなり少なかったです。 海戦が爽快感皆無で面白くない アサシンクリードブラックフラッグから導入された海戦。 この海戦が面白くない 動きがもっさりしてて操作しづらく(船だから仕方ない部分ではありますが)、敵船を攻撃しても演出が地味で当たっているのかよく分からない。 かといってそれほど頭を使うわけでもなく作業になりがち。 総評:アサシンクリードシリーズの正統進化。 神ゲー寄りの良ゲーでした 全体的に高水準で遊びやすく、誰もが楽しめるゲームだと思います。 いくつか不満はあるものの、めちゃくちゃハマりましたし、寝る間も惜しんで遊ぶ日もありました。 【メインストーリー】【サイドストーリー】【戦闘・暗殺】【スキルシステム】【ハクスラ】【コスモスの門徒 世界各地にいる小ボス 】などなど楽しい要素が満載です。 余談ですが、オデッセイをプレイしてから古代ギリシアの歴史に興味が湧いて、色々調べたりして勉強してます。 三國無双やってから三国志に興味湧く流れと同じですね。 笑 そういう意味では歴史の勉強にもなるかもしれません。 ところどころ史実に基づいたストーリーになっているので、古代ギリシアの雰囲気や価値観みたいなものは掴めると思います。

次の

サイドクエスト「家族の価値」攻略チャート

アサクリ オデッセイ 選択肢

基本的な感じはアサシンクリード・オリジンズと同じですが、会話や行動の選択肢によってストーリーが変化するようになっているようです。 どう変化するかは2週目をやってみないと分からないのですが。 感じとしては、EAのドラゴンエイジ・インクイジションやマスエフェクト・アンドロメダのようなアクションRPGに似ています。 NPCとの会話に選択肢ができて、平和的に解決したり、暴力的に解決したり自分で決められるようになりました。 また、会話の選択肢によっては、仲間にできたり、恋愛関係に持って行けたりします。 アサインクリード・オデッセイもフォトモードあり アサシンクリード・オデッセイではゲームモードの選択ができます。 Guided Modeというのは目的地全てにマーカーが出るようです。 割と分かりやすく、目的地に近づくとイカロス(ドローン的な鷲)を使えというように教えてくれるので、何分も迷うということはありませんでした。 僕はアサクリシリーズの海戦が苦手なんですが、アサシンクリードオデッセイの海戦は、アサクリ4ブラックフラッグやアサクリ・ローグの海戦よりもやりやすくなっているので良かったです。 船の操作がしやすくなっていて、戦闘が終わると船の体力が自動回復しますし。 注意点としては、船を入手後に高レベル地帯に踏み込んでしまうと、その辺にいるオオカミにすら瞬殺されてしまいます。 序盤はなるべくメインストーリーに沿って移動しましょう。 でも、どちらに対しても攻撃することができます。 また、アイテムの表示が赤くなっている物は「盗む」ことが可能です。 ただ、盗んでいるのが見つかると攻撃されたり、賞金稼ぎからの手配度が上がるポイントとして加算されるようです。 アサシンクリード・シンジケートにあった「ギャングウォー」みたいなアテネ軍対スパルタ軍の合戦もあります。 合戦中は体力が回復しないので注意が必要です。 難しい場合には防具のレベルを上げておきましょう。 また、オプションボタンを押して、十字キーの左でメニュー画面を出し、セーブスロットにセーブすることも可能です。 選択肢で迷ったら、セーブスロットに新しいセーブデータを作っておくと良いでしょう。 まずアサシンクリード・オデッセイの序盤では、アサシンのスキル画面右下の周囲のアイテムが分かるようになるスキルを取得しましょう。 上ボタン長押しで探索し、アイテムの位置が分かるようになります。 また、十字ボタンの上長押しで敵も探知できるため、洞窟の中などのイカロスが使えない場面では有効です。 スキルに関する追記: ウォリアーのアビリティー、セカンドウインド Second Wind: もしかしたら日本語版の訳が違うかもしれませんが を中盤で取得したらめちゃくちゃゲームが楽になりました。 25%でも戦闘中に体力回復できるととても楽です。 アドレナリンメーターがたまれば何回も使えますし。 セカンドウインドは序盤ですぐに取っておけば良かったと思いました。 体力回復スキルがあればゲームの難易度が格段に下がります。 イカロスの索敵能力はシンクロすると上がる アサインクリード・オデッセイでのステルスの基本は今まで通りと同じです。 ただ、注意したいのがステルス状態での攻撃でも一撃で倒せない王冠マークの敵がいることです。 そこで役に立つのが下に書くスローモーションになるスキルです。 戦闘やステルスで地味に使えるスキルが、敵に発見されてから5秒間スローモーションになるというスキルです。 その場合、攻撃しても一発で暗殺できないので敵に発見されてしまいますが、スローモーションが発動してその間に弓矢のヘッドショットで倒すことが可能です。 倒せなくても体力は削ることができます。 MGSVの見つかった時のスローモーションに似てます。 エイムが苦手な場合には弓矢を完全にひかずに、L2を押し込んだままR2連打で連射しましょう。 ダメージは減りますが、弓矢を短い間隔で使えます。 イカロスの探知能力はシンクロする度に上がっていきます。 例:最初の島のゼウス像の頂点。 敵や宝箱をイカロスで探知しやすくなります。 そのため、 序盤の島ではなるべく早めにシンクロしておいた方が良いです。 スタート地点の島にシンクロできる場所が2か所(上の画像のマップの緑色の羽の場所。 画面の左上と右下あたり)あるので、最初に馬に乗ってシンクロさせてしまっても良いです。 ファストトラベルできるようになりますし。 アサインクリード・オデッセイでは賞金稼ぎに狙われるのがうっとうしいです。 敵の拠点を攻略しようとしている時に賞金稼ぎが追いかけてきたり。 賞金のスポンサーにお金を支払って手配を消してもらうこともできますが、賞金稼ぎを倒すとレアリティーの高いアイテムが手に入るので倒した方が良いでしょう。 ただ、 少なくとも賞金稼ぎと同レベル以上になってから戦った方が良いです。 賞金稼ぎはけっこう強いので。 基本的な戦い方は近接攻撃です。 武器も色々あるのですが、僕が序盤でよく使ったのは短剣などの短い武器と弓矢を組み合わせて戦うことです。 1対1の場合には R2長押しでため攻撃ができるスキルを取得して、R2を長押ししながら、敵が間合いに入って来たらため攻撃を放ちます。 敵が吹っ飛んで倒れるので、ロックオン中に弓矢でヘッドショットを狙って追撃すると倒しやすいです。 敵が複数いる場合には、ステルスでなるべく減らしてから、R3でロックオンして後退しつつ弓矢でヘッドショットを狙っていくと複数の敵でも割と楽に倒せました。 地形は敵の位置から下よりも上に立った方が良いです。 体力回復が必要な時に逃げやすいというのもあります。 戦闘中は体力が自動回復しないので、建物の上に登ったり、障害物に隠れていったん敵に追われなくなるまで待ちます。 そうすると自動回復します。 なかなか良い働きをしてくれるので敵の注意を引き付けたり、敵の数を減らすのに利用しましょう。 アサシンクリードオデッセイでは 敵とのレベルが1違うだけでも難易度がだいぶ変わるので、戦闘が難しいと思ったらサイドクエストでレベル上げした方が良いでしょう。 フィールド上に表示されるサイドクエストとは別にメッセージボードにサイドクエストのお願いがあったりするので、たまにチェックすると良いです。 アサシンクリード・オデッセイの武器と防具の選び方 レジェンダリーはキープ アサシンクリード・オデッセイではゲームを進めると武器が大量に手に入ります。 どれを残したら良いか分からなくなりますが、とりあえず序盤では武器と防具のレベルが高い物を装備していきましょう。 アサシンクリード・オデッセイの武器と防具にはレアリティーがあります。 僕はアサクリ・オリジンズで序盤でレアリティーの高い武器を売りまくって後悔したので、アサクリ・オデッセイでは同じ失敗はしませんでした。 序盤ではほとんど出ませんが金色のレジェンダリーと紫色のレアはとりあえずキープします。 なぜなら、 鍛冶屋で自分のレベルまでアップグレードができるからです。 レジェンダリーの武器や防具には強力な特殊効果が付いているので、武器のレベルが低いからといって売らない方が良いです。 後で、アップグレードして役に立つかもしれませんから。 背景が黒い武器や防具はいらないので売ってしまいましょう。 青はちょっと素材が手に入るので解体しても良いです。 レジェンダリー(金色)以外は売却でも良いかもしれません。 序盤は青が出たらラッキーという感じですね。 黒いやつはインベントリーが見にくくなり邪魔なのでどんどん売却しましょう。 アサシンクリード・オデッセイの序盤では拾った武器だけでも全然行けると思います。 そのため、矢のクラフト以外に資源は全く使用していません。 敵が強すぎると思ったら、防具などをアップグレードした方が良いでしょう。 アサシンクリードオデッセイ「コンクエスト」の簡単攻略法 オーバーパワーでコンクエストが簡単に アサシンクリードオデッセイには、「コンクエストバトル(制圧戦)」というアテネ対スパルタの合戦があります。 一対一でちまちま戦っていると、味方側のメーターが減っていき戦に負けてしまいます。 そのため、 序盤ではコンクエストバトルはメインストーリーで必要な場合以外はやらずに、オーバーパワーを複数回使える中盤くらいからやった方が良いです。 弓矢特化の場合、斧のR1攻撃でアドレナリンメーターを溜めて、まとめてオーバーパワーで敵を吹っ飛ばすと簡単にクリアできます。 特に、武器にオーバーパワーに必要なアドレナリンメーターが1減るという特殊効果が付いていると更に楽になります。 たとえば、ミノタウルスの斧なんかは中盤で手に入るので、取って置くと最後まで役に立ちます。 オーバーパワーが2メーターで使えるようになるので、オーバーパワーの矢で複数の敵を一気に倒して無双できます。 ただ、たまに「コンクエスト」が海戦の場合があり、海戦の場合にはある程度船をアップグレードしないといけないので難易度が高いです。 アサシンクリード・オデッセイでバグった たまに馬でフィールド上を走っているとフリーズした!?と思うことが3回くらいありました。 10秒くらい止まってまた動き出しました。 同じようなことがアサシンクリード・オリジンズでもありました。 あと、洞窟内でオオカミのボスが岩の中にはまり込んで倒せなくなるというバグがありました。 こういう場合には、オプションボタン、十字キーの左でメニューを出して、ロードして直近のセーブデータからやり直します。 ロードし直すと、ちゃんとオオカミのボスを倒してロケーションの目標完了することができました。 オプションボタンを押してから十字キーの上でクイックセーブが可能なので、洞窟に入る前とか、クエストを受ける直前なんかには念のためクイックセーブしておいた方が良いでしょう。 アサシンクリードオデッセイはほとんどバグにも遭遇せず、楽しめています。 サブクエストも豊富で、かなり長い時間楽しめそうなゲームになりそうです。 2018年10月7日追記: 30時間ほど遊びましたが、サイドクエストばかりやっていたので全然メインストーリーが進んでいません。 3分の1くらいでしょうか。 アサシンクリード・オリジンズよりも戦闘スキルが多彩で、アサシンクリードオデッセイはステルス要素がある面白いアクションRPGになっています。 アビリティーはリセットして取得し直すことができますから、弓矢に特化したアビリティーにしてみるとか、色々と試しています。 多分、サブクエスト、探索なんかをやっているとクリアまで100時間くらいかかるでしょう。 2018年10月8日追記: 50時間くらい遊びましたが、まだ半分くらいかな?という所です。 弓矢に特化した装備とアビリティーにしたら、ゴーストリコンワイルドランズみたいな狙撃ゲーになりました。

次の