軽減税率は いつまで 続く のか。 軽減税率はどれが対象商品でいつまで続くのか

ウォーターサーバーも増税で値上げされる?軽減税率の対象なの?

軽減税率は いつまで 続く のか

軽減税率とは、2019年10月1日から実施される予定の消費増税における経過措置です。 今回の消費増税ではほとんどの商品の消費税率を10%に引き上げますが、飲食料品や新聞は例外的に8%に据え置きます。 この軽減税率によって、消費者に何が起こるのか、また小売店はどのような対応が必要になるのか、図を使ってわかりやすく解説します。 【目次】• 消費税の軽減税率制度とは 軽減税率とは、特定の商品の消費税率を一般的な消費税率より低く設定するルールです。 例えばスーパーマーケットの場合、消費税率8%のままの商品と10%の商品が並ぶことになります。 そのため軽減税率は複数税率とも呼ばれます。 軽減税率の導入は、「低所得者へ経済的な配慮をする」という目的のもとで進められています。 具体的には、所得に関係なく一律の割合で納める必要のある消費税について、生活する上で必須となる食料品などの税率を低くするというものです。 しかし、実際に低所得者対策として有効なのかという点においては一部懐疑的な意見もあり、議論の対象となっているのも事実です。 いつから施行されるの?いつまで? 国税庁は軽減税率を、消費増税と同時(2019年10月1日)に導入すると公表しています。 軽減税率は例外(経過措置)という位置づけですが、国税庁は「いつまで行うのか」「社会情勢がどのようになったら終了するのか」については言及していません。 軽減税率が導入されると、消費者や小売店などに影響が出ます。 消費者は買い物のときに、税率の計算が一律でなくなることによって、「結局、いくら支払わなければならないのか」と混乱するかもしれませんし、物品を購入するときの予算立てが複雑になります。 小売店や飲食店はさらに大きな影響を受けるでしょう。 まず軽減税率に対応したレジに変更しなければなりません。 また、店員やスタッフなどに十分な教育をしておかないと、客から受け取る消費税額の過剰や不足が起こりかねません。 また経理事務も軽減税率の導入に伴って変更が必要です。 対象品目と消費者への影響 国税庁は軽減税率の対象になる品目を公表しています。 それによると、酒類を除く食品表示法に規定されている飲食料品と週2回以上発行されている新聞は軽減税率の対象になり、消費税8%に据え置かれます。 一方で、酒類、外食、ケータリングの食事などについては軽減税率の対象とならず、消費税率10%が適用されます。 そのため、普段から自宅でよくお酒を飲む人や外食の頻度が高い人は消費増税による影響を受けやすいといえます。 それでは次に、8%なのか10%なのか混乱しそうな商品やサービス、また適用有無の線引きがややわかりづらいものについてQ&A形式でみていきます。 Q:ハンバーガーショップなどはイートインとテイクアウトで税率が変わるの? ハンバーガーショップや牛丼チェーンでは、外食として店の中で食べる(イートインする)ことも、商品を買って帰る(テイクアウトする)こともできます。 外食の定義は「飲食の設備を設置した場所で行う食事の提供」です。 そのため、イートインの場合は外食として扱われるので消費税率は10%ですが、テイクアウトの場合は飲食料品を買ったことになり8%で済みます。 また、宅配ピザやそばの出前などは外食に該当しないため、軽減税率が適用され消費税率は8%据え置きとなります。 Q:テイクアウトの料理とアルコールのセット商品はどうなるの? 飲食店が料理とアルコールのセットをテイクアウトとして販売した場合の消費税率は、料理については8%ですが、アルコールについては10%となります。 アルコールは軽減税率の対象外であるため、スーパーマーケットで買っても、外食(イートイン)で飲んでも消費税率は10%です。 ただしノンアルコールビールは軽減税率が適用される飲料に該当します。 そのため、テイクアウト料理とセットにした場合は、料理もノンアルコールビールも消費税率は8%になりますが、レストランなどで飲めば、「外食、イートイン」に該当するので10%になります。 Q:なぜ新聞に軽減税率が適用されるの? 新聞は軽減税率の対象となり、消費税率は8%に据え置かれます。 ただし軽減税率の対象になるには「週2回以上発行して、政治、経済、社会、文化などの一般社会的事実を掲載していること」「定期購読契約に基づくもの」の2条件に合致していなければなりません。 つまり、自宅に配達される日本経済新聞などの全国紙や都道府県ごとに発行されている地方紙、スポーツ新聞などは「新聞」に該当するので、消費税率は8%に据え置かれます。 一方で、駅のキオスクやコンビニで売られている新聞の購入は、定期購読契約に基づいていないので、消費税は10%になります。 また、企業が自社製品のPR目的で「新聞」と名付けて不定期に発行するものやインターネット回線を利用する新聞の電子版は「新聞」に該当しないので、これらの消費税率も10%になります。 新聞が軽減税率の対象になるのは、消費税を減額することで国民がニュースや知識を得るためのコストや負担を減らすためです。 消費税は文字通り「消費行動」に課す税ですが、新聞の購入は単なる消費行動ではないと考えられています。 生きるために必要な情報を入手したり、知的好奇心を満たしたり、活字文化を楽しんだりする行動であるとされるため、軽減税率の対象になったのです。 Q:イチゴ狩り園で食べるイチゴと持ち帰るイチゴは税率が違うの? イチゴ狩りやリンゴ狩りは、入園料を支払った果樹園内で飲食が提供されることになるので、消費税率は複雑になります。 例えばある果樹園でイチゴ狩りをするとき、果樹園への入園料の消費税率は10%です。 この果樹園の料金設定が「園内で収穫してその場で食べるイチゴは無料(入園料に含まれている)」となっている場合、イチゴは食料品でありながら、果樹園への入園料にかかる10%の消費税を支払うことになります。 また、「園内で食べるイチゴは有料」となっている場合でも、園内でイチゴを食べることは「外食」とみなすこともできるので、この場合もイチゴにかかる消費税率は10%となります。 しかし「果樹園内で収穫したイチゴの持ち帰り料金が入園料と別料金」と設定されている場合、消費税率は8%になります。 軽減税率の対象となる食品を買ったことになるからです。 Q:学校給食は外食ではないの? 学校や老人ホームなど介護関連施設で出される「給食」は、軽減税率の対象となり消費税率は8%据え置きです。 対象となる学校給食は、全児童・生徒に対して提供されるものであり、学生食堂のように利用が児童・生徒の選択制の場合は軽減税率の対象外となります。 老人ホームなどの場合は、一定の入居者に対して行われる食事の提供で、食事代が1食あたり640円以下、1日の合計が1920円までであれば軽減税率の対象となります。 以上のように、軽減税率の導入は、普段の生活の中のさまざまなシーンに影響があり、導入からしばらくは混乱してしまうことも多いかもしれません。 小売店の対応 軽減税率導入による影響は、当然のことながら消費者だけでなく、商品・サービスを提供する企業側にも及びます。 実店舗の小売店を保有する会社はレジやPOSシステムの改修が必要になるでしょう。 またネット小売(EC)を展開している企業でも、軽減税率の対象商品を販売していればシステム変更が必要になります。 小売店が軽減税率の対応を円滑に進めるポイントと、対策費の軽減を図ることができる補助金制度についてご紹介します。 円滑に対応するためのポイント 軽減税率の導入を円滑に進めるために、ここでは「商品の税率の確認と価格表示の変更」「帳簿や請求書の記載方式の変更」「軽減税率対応レジ・新システムの導入」「従業員教育」の4つのポイントについて解説します。 商品の税率の確認と価格表示の変更 まず小売店の経営者や店長は、自店で取り扱っているすべての商品について税率を確認しておいたほうが良いでしょう。 消費税率が8%に据え置かれるのは「酒や外食以外の飲食料品と週2回以上発行されている定期購読の新聞」だけですが、例外がたくさんあります。 その例外を正確にとらえ、価格表示を変更していく必要があります。 また価格表示の変更にあたっては、2019年9月30日の夜に一斉に行うことも考えられるため、スタッフの確保が必要になるかもしれません。 帳簿や請求書の記載方式の変更 軽減税率が導入される2019年10月1日以降、小売店などは帳簿づけや請求書の発行などの経理事務を大幅に変更する必要があります。 軽減税率に対応する請求書のことを「区分記載請求書」といい、軽減税率(8%)対象のものと標準税率(10%)対象のものを、別々に記載しなければなりません。 軽減税率対応レジ・新システムの導入 軽減税率が導入されると、消費税率8%と10%に対応していないレジやPOSシステムは小売店などで使うことができません。 また受発注システムを導入している場合も、複数の税率に対応しているのかどうか確認する必要があります。 小売店の経営者などは、レジ、POSシステム、受発注システムのメーカーに問い合わせて、• すでに軽減税率に対応しているタイプなのかどうか• 非対応タイプの場合、改修できるのかどうか• その場合の費用はいくらになるのか• 改修期間はどれくらいになるか といったことを確認しておいたほうが良いでしょう。 2019年10月1日が近づくと、レジメーカーやシステム会社が混雑することが予想されますので、早めの対応をおすすめします。 従業員教育 小売店の場合、客が軽減税率を理解していないことが想定できます。 そのため従業員やスタッフを教育して、客の質問や苦情に対応できるようにしておいたほうが良いでしょう。 新システムの導入には補助金がある 軽減税率に対応するため、受発注システムを改修したり、新たなレジを購入したりする場合、公的な補助金(軽減税率対策補助金)を受けることができます。 軽減税率対策補助金にはA型とB型の2つのタイプがあり、最大で費用の3分の2が補助されます。 A型は新しいレジを購入したり、レジのシステムを改修したりする場合を、B型は受発注システムの入れ替えや改修する場合を対象にしています。 国は軽減税率対策補助金事務局を設置しているので、詳しく知りたい場合など問い合わせすることをおすすめします。 【軽減税率対策補助金】 URL: ここまでご紹介してきたとおり、軽減税率は対象品目の線引きが難しく、誰もが正しく理解するには時間がかかるものと思われます。 が、2019年10月の開始に向けて社会の仕組みはどんどん変わっていきます。 特に消費税を支払う消費者は、社会の変化に取り残されて困ることがないように、今後も新しい情報を敏感に察知し理解するようにしましょう。 また軽減税率の導入直後からしばらくは、小売店や飲食店などで混乱が生じることが考えられるため、特に小売業に関わる方は、軽減税率の対象になる商品の把握のほか、システムや経理業務への対応、補助金の手続き、従業員や店員への教育など事前の準備が欠かせません。 本記事も参考にスケジュールを組んで進めていくことをおすすめします。 おすすめのコンテンツ: 増税の消費者影響を調査したい、といった市場調査・ネットリサーチのご相談はコチラから.

次の

軽減税率制度は何が対象? いつまで続く? キャッシュレス決済なら最大5%ポイント還元。増税時の今とるべき行動とは?

軽減税率は いつまで 続く のか

「逆進性」とはざっくり言ってしまうと「本末転倒な矛盾」といった意味合いになります。 消費税として国がわたしたち国民から集めたお金は社会保障などと言う名で、私たちの生活をより豊かさにするために使われます。 このことを富の再分配、所得再分配などと言います。 消費税はお金持ちもそうでない人も、みんな平等に支払わなければならないものです。 お金持ちであれば、消費税が上がったとしても貯蓄が多いので大した負担ではありませんが、 お金持ちでない場合は消費税が上がると、単純に使えるお金が減り、今までできていたことを節約していく必要が出てきます。 本来は「富の再分配」でお金を持っている人たちから税金としてお金を集めて、そうでない人たちに還元しようというものだったのに、消費税を上げたことで一番打撃を受けるのが本来救われるはずだったお金持ちでない人たちです。 「これっておかしいんじゃね?本末転倒じゃね?」ということを堅苦しく言った言葉が「逆進性」です。 「逆進性の緩和」とは、「お金持ちでない人たちができるだけ困らないようにしよう」ということです。 軽減税率は意味ある? 軽減税率は逆進性の緩和のために導入されることになっています。 軽減税率が意味あると主張する意見として、「他国ですでに実施しているから日本も乗っかろう」というものがあります。 確かにEU加盟国でも導入されている国が多く、フランス・ドイツ・イギリスなどでも食料品などさまざまな品目に軽減税率が導入されています。 いわゆる先進国で導入されているのだから、日本も軽減税率を導入することで逆進性の緩和に効果を発揮するのではないか、という考え方です。 軽減税率は意味ない理由は? 軽減税率を導入している国がある一方で、そうした国が実際には本来の目的であった「逆進性の緩和」を実現できていないので、軽減税率を導入すべきではないという意見もあります。 軽減税率を導入する意味ないという人たちが主張するポイントは大きく3つです。 お金持ちほどトクをする• 制度がややこしいしめんどくさい• 税収が減って増税の意味がない 詳しく見ていきましょう。 お金持ちほどトクをする 軽減税率は「一部の食料品など品目に対しては低い消費税を適用する」という制度です。 お金持ちでもそうでない人でも誰でも平等に軽減税率を受けることができます。 お金持ちとそうでない人とでは、どちらの方が頻繁に、高価な買い物をするかといえばお金持ちです。 つまり、お金持ちほど軽減税率の恩恵を受けやすくトクをします。 実際に財務省が軽減税率の家計への効果を試算した結果、お金持ちほど税金の負担が軽減されるというデータを示しました。 軽減税率での税負担軽減額 所得の低い層 年収238万円未満 中位層 年収355万〜500万円未満 所得の高い層 年収738万円以上 1,430億円軽減 2,190億円軽減 2,880億円軽減 単純に軽減税率の恩恵を最も多く受けられるのがお金持ちでない人たちではないということ、 そして本来は得られたはずのお金持ちの人たちからの税収が減ってしまうという2つの問題点があり、軽減税率が意味ないと言われています。 制度がややこしいしめんどくさい 軽減税率の制度は消費税10%でなく8%で済むという点ではうれしいのですが、ややこしくめんどくさいです。 私たち消費者にとっては• どれが軽減税率の対象なのか• どういう買い方をすれば軽減税率適用なのか この2点がややこしさ、めんどくささの原因です。 そして消費者以上に軽減税率の制度に振り回されるのがお店や税務署です。 スーパーやコンビニは特に2種類の消費税に対応しなければいけないので、仕事はややこしくなり、税務処理でもめんどくささが増します。 そうした税務処理のコストが増えることのしわ寄せとして、消費税率が引き上げられる可能性があり、実際にEUなどの軽減税率を導入済みのくにで起こった事実でもあります。 また軽減税率導入前の日本でも、生理用品が軽減税率の対象でないことがTwitter上で批判されていました。 すでに軽減税率を導入している多くの国で、軽減税率の対象となる品目はまちまちです。 今後、一度でも「新たに軽減税率の対象となる品目」を作ると、「じゃあこの商品も」と後に続く例が増え続けます。 そうした動きは消費者たちだけでなく、企業からも起こる可能性があり、私たち消費者をはじめとした多くの人たちが振り回されることになるでしょう。 1兆円の税収減になると言われています。 このしわ寄せとしてたばこ税などが引き上げられる予定ですが、それでも不足分には足りないと言われています。 すでに軽減税率を導入している国の場合、不足した税収分を補うために消費税率をより一層引き上げることでバランスを取ろうとしていたりします。 日本でも将来的には消費税率15%、そして20%と言われていますが、その根拠として「軽減税率で不足した税収を補うため」と言われるようになる可能性があります。 また、税収減のしわ寄せとしてたばこ税以外にも「総合合算制度の見送り」や「免税事業者からの徴収」があります。 私たちに大きく関わるのは「総合合算制度の見送り」です。 総合合算制度の見送りとは? どれだけ供えていたとしても、病気は突然やってきます。 そうした病気などの医療費・介護費・保育費といった負担額が一定額以上に達した場合に補助金が出るというものです。 医療費の限度額申請の拡大版といったイメージでしょうか。 超少子高齢化社会を見越した制度なのですが、軽減税率の税収減を補うために見送られると言われています。 軽減税率よりも給付金の方が意味ある? 軽減税率を導入する意味ないと言われるポイント3つ• お金持ちほどトクをする• 制度がややこしいしめんどくさい• 税収が減って増税の意味がない について見てきました。 軽減税率は意味ないと言われる人たちが代替案として挙げるのが給付金」です。 お金持ちほどトクをする制度にならないためには所得層で区切って給付すればよいのですが、このあたりは理解がなされずに「軽減税率」という字面と言葉の響きの方が賛同を得られてしまう現状も影響しています。 軽減税率の目的や問題点は? 軽減税率の目的や問題点はなんでしょうか? 軽減税率の目的やなぜ導入されるのか? 軽減税率は逆進性の緩和、低所得者の税負担を軽減するために導入されると言われています。 2019年10月1日からの消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減税率では、生活する上で不可欠な食料品などの税率を8%に抑えることで生活への負担を少なくしようという考えです。 低所得者への税負担を軽減すると言う意味では、給付金も存在しますが「軽減税率」が選ばれた理由としては、「消費税の増税への不満を押さえ込む」というものが考えられます。 すでに軽減税率を導入している国でも使われている手法で、 「消費税は社会保障費などを賄うために上げなければならないけれど、生活必需品は軽減税率の対象でできるだけ家計に負担がないようにしたから」 と言われたら、なんとなく分からないけれど受け入れてしまう心理を利用しています。 「給付金」は一時的なもので「ばら撒き」という概念が強く批判されやすい状況にありますが、軽減税率はそのようなレッテルがないこと。 そしてこれは完全な憶測ですが、 2019年10月1日から導入される軽減税率の対象品目は食料品と一部の新聞のみと少ない状況です。 これを生活必需品全般に拡充させる動きを政治家が先導し、実現させることができたとなれば恰好のパフォーマンスになり得ます。 軽減税率はいつからいつまで? 軽減税率は2019年10月1日の消費税8%から10%への増税とともに軽減税率を導入することが決まっています。 いつまで軽減税率が適用されるのかは未定です。 あくまで「経過措置の一つ」という立ち位置なので、将来的に廃止される可能性があります。 軽減税率がなぜ新聞に導入されるか 軽減税率の対象となる「新聞」は限られており、すべての新聞が軽減税率の対象というわけではありません。 「政治、経済、社会、文化等に関する一般的社会事実を掲載する週2回以上発行される新聞に限る 定期購読契約に基づくもの 」 と規定されています。 定期購読契約でなければならないので、駅のキオスクやコンビニで定期的に購入しているだけではダメです。 新聞の「電子版」は新聞扱いではないので対象外です。 軽減税率がなぜ新聞に導入されるのか、その理由としてはすでに軽減税率を導入しているイギリスなどが新聞を軽減税率の対象にしていたことが影響しています。 私たちが生活に必要なニュースなどの情報を得るため、そして教養のために不可欠な媒体が新聞だと見なされていたことが挙げられます。 ちなみにイギリスの場合は新聞だけでなく「books and newspaper」となっており、書籍も対象となっています。 軽減税率を導入している国を参考にしたというのであれば、書籍も対象となるべきですが日本の軽減税率はあくまで食料品と新聞の一部のみです。 このことから推測できる理由は2つ。 一つは新聞社に対して優遇することで政治的に優位に働くことがある。 もう一つは連立与党である公明党の支持母体・創価学会の「聖教新聞」を守るため。 といったところでしょうか。 あくまで憶測の域をでないことからも、明確な軽減税率の対象とそうでないものの線引きはない可能性があり、今後は軽減税率の対象品目が増えていくきっかけになると考えられます。 まとめ ・軽減税率が消費税増税とともに導入 2019年10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられ、それに伴って「軽減税率制度」を導入することになりました。 ・逆進性の緩和とは何かわかりやすく解説 「逆進性の緩和」とは、「お金持ちでない人たちができるだけ困らないようにしよう」ということです。 ・軽減税率は意味ある? 軽減税率が意味あると主張する意見として、「他国ですでに実施しているから日本も乗っかろう」というものがあります。 ・軽減税率は意味ない理由は? 軽減税率を導入する意味ないという人たちが主張するポイントは大きく3つです。 お金持ちほどトクをする• 制度がややこしいしめんどくさい• 税収が減って増税の意味がない ・軽減税率の目的やなぜ導入されるのか? 低所得者への税負担を軽減すると言う意味では、給付金も存在しますが「軽減税率」が選ばれた理由としては、「消費税の増税への不満を押さえ込む」というものが考えられます。 ・軽減税率はいつからいつまで? 軽減税率は2019年10月1日の消費税8%から10%への増税とともに軽減税率を導入することが決まっています。 いつまで軽減税率が適用されるのかは未定です。 ・軽減税率がなぜ新聞に導入されるか すでに軽減税率を導入しているイギリスなどが新聞を軽減税率の対象にしていたことが影響しています。 いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

消費税増税が決定!ウーバーイーツは軽減税率が適応されるのか

軽減税率は いつまで 続く のか

この増税日程については、最終決定事項としてほぼ間違いない日程となっております。 この消費税増税にあたって何かと話題に上げられるのが『軽減税率』ですが、この言葉ちょっと小難しくあまり頭に入ってこないという方も多いと思います。 「消費税の負担が軽くなるのかな?」 「何かこういうのって小難しくてよく分からない・・・」 「わかりやすく簡単に言うとどんな内容なの?」 「そもそも期間はいつからいつまでが対象?」 「対象品目は何が対象なの?」 「そもそも軽減税率制度の導入は決定・確定なの?」 って疑問が出てきてしまいます。 私自身もこの記事を書く前は軽減税率って何だかよく分かっていませんでした。 だからこそ、そんな 自分でもこの『軽減税率制度』が分かるように、必要な情報に絞ってわかりやすく簡単に説明していきたいと思います! なお、この記事は 政府発表情報や国税庁の情報をしっかり調べた上で書いていきますので、その点安心してもらえればと思います。 という事で今回は『消費税の軽減税率制度とは?期間はいつからいつまで?日程は確定か?』という内容で、結論ベースでお届けしていきます! 目次• それは政府としても認識している点で、軽減税率制度とは『 一般庶民が困らないよう、一部対象品目に限り消費税の負担を軽減させる措置』の事なんです。 そのため一般庶民 特に低所得者 が困らないよう、• 誰もが買う生活必需品である『食料品・飲み物』は税金負担を減らす制度 軽減税率 という訳です。 このように 軽減税率とは、低所得者への配慮を目的としています。 経過措置という言葉も良く聞くけれど、パッとわかりやすい言葉ではありませんよね。 しかし、その期限については未定となっており、今現在発表されておりません。 『経過措置』の項目で説明した通り、今後の景気や経済状況、国民の反応など『経過観察』を経て、最終的な期限を決定するのではないかと思われます。 しかし別記事で述べている通り 『消費税増税の延期は無い』と私は考えており、つまり軽減税率も間違いなく2019年10月1日で最終決定していると考えています。 この点についてもちゃんと調べてみると、国税庁のHPにも「平成31年10月1日から軽減税率制度が実施されます。 」とハッキリ明記されております。

次の