きら クラ 終了。 NHK番組表・トップページ

「きらクラ」に関するQ&A

きら クラ 終了

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

きらクラ!

きら クラ 終了

毎週楽しみにしているNHK-FMの番組『きらクラ』の公開収録に行ってきました。 5月8日の申込締切りから2週間後くらいに当選のハガキが返送されてきました。 やった〜〜〜!! その後の番組放送で『応募したけれどはずれました…』というお便りが読まれていたので、やはり当選はラッキーだったようです。 どのくらいの競争率なのかしらね。 当日の会場受付でこのハガキを提示して観覧券と引き換えてもらう仕組みで、主催者側で座席指定してある旨書かれています。 どの席になるのかは運まかせですが、開場の2時間まえから引換が始まるので、もしかしたら先着順でA列1番から引き換えるのかな。 ハガキ1枚で2人入場できるとのことなので、下の子を誘って行ってきました。 当日は13時頃にチケットを引き換えてもらい、時間まで近所のデパートでお昼を食べたり店内をウロウロして開場入りしたのは15:30頃。 15:45分の開演時刻ちょうどには、NHK水戸の職員さんや番組スタッフが登場し収録時の注意事項を聞きます。 場を温めるようなトークもあり、ワクワク感が高まります。 番組ディレクター『コダマッチ』が予想以上に若くてちょっとビックリしたりね。 その後ふかわさんと真理さんが登場。 16:00ジャストにお馴染みのオープニングテーマが流れ出し、開場全体が番組の中へ入っていきます。 その後はまるまる1時間、完全に番組として進んでいきます。 構成の都合で中断などを挟むのかと想像していたので、ちょっと驚きました。 17:00に15分の休憩が入りましたが、収録再開もキッチリ時間通り。 コダマッチが秒単位で会場側にも指示を出します。 私の席から見える位置にスタッフ用のデジタル時計が置いてあり、キューが出た瞬間数字がピタッと変わったのを目にしました。 ゲストとのトーク中にも、ふかわさんと真理さんに合図を出したり、時間的な指示と思われるものを伝えていましたよ。 ゲストの演奏中は、真剣な面持ちで進行をチェックするふかわさん。 なごやかな中にも、緊張感が伝わってきます。 またゲストの演奏でも通常の演奏会なら曲と曲の間にフーッと気が緩みますが、今回は演奏が終わっても番組は続いているわけで、出演者やコダマッチは緊張の糸を緩めることがないのです。 お客さんと会話のやりとりをする場面では、スタッフがマイクを持って客席を走っている間無音放送にならないよう、ふかわさんがトークで繋ぐ様子に『なるほどラジオならではだなあ』と感心したり。 いつもはラジオを通して聞いているお二人のトークが生で繰り広げられているのもすごく新鮮。 毎週、家や車の中で一緒にラジオを聞いている下の子も、『生きらクラDON』や『生BGM選手権』を結構楽しんでいました。 『真理さん、写真より実物の方が何倍もカワイイ!!』と感激したりね。 『生きらクラDON』では5つお題があり、私はなんとか3つクリア。 自信満々で思いっきり手を挙げた曲で、『そこの勢い良く手を挙げた眼鏡のかた』とこちらの方を指差されたので、『もしかして私??』と思ったら3つ隣の席の方でした。 うーん、残念。 ご自愛ステッカーをゲットしたかったなあ。 終了するのも普段ラジオで聴いているのと同じく、テーマ音楽をバックにリスナーのラジオネームを読み続けるふかわさんと真理さん。 ステージ下のコダマッチが秒数を数えながら合図を出して時間通りに終了です。 出演者と客席が同じ緊張感を味わいながらの2時間。

次の

音楽: 山好きかっちゃん

きら クラ 終了

ここにNHKの番組編成に関係している人がいるとも思えませんけど。 いてもここでその説明はしないでしょうね。 この番組が終了することに不満を持ってもNHK側で決定したことですから翻らないと思うし、どうしても不満ならこんな知恵袋に投稿せず、NHKに直接電話して抗議すればよろし! 私は下の せル氏とは違って、いままでのこの手の番組の中ではいちばん楽しかったですね。 笑瓶氏の話術はさすがだし、あんまりクラシックに詳しくなくてもそれなりに笑わせてくれました。 あのくらいの煽り、イジリがあるほうがよっぽど刺激的で楽しいですね。 彼の声質を別に不快に感じたことはありません。 もともとああいう声って知ってますしね。 浩子さんの天然ぶりも自然に笑えました。 まあ、最近の若い女性の常識はあの程度でしょう。 そんなにもんくいうほどのレベルではないと思います。 それより何と言っても声が綺麗で明るくて若々しくてわたしは好きでした。 年配の女性の少し重くて暗い声(よく言えば落ち着いた声)よりわたしはよっぽど好きです。 クイズが専門的になりすぎてますか??? 「ドン!」の問題にしても、出題曲はよく考えていたと思いますよ。 今週の問題曲もまた小学生向けになってるし。 ベルクやシュトックハウゼンなんか出されれば、さすがにどうかな?とは思うけど。。。 私は嫌な一週間の始まりの月曜の朝に聞くのが楽しみでした。 私もあのコンビの番組でなくなることが残念な人間のひとりです。 まぁ、個人の感想です(と書けば、万事いいのね(笑))。

次の