コーン スネーク 飼育。 コーンスネークの飼育!夏と冬の温度は何度にすればいい?

カリフォルニアキングスネークとは?生態と飼育方法を紹介!ハンドリングの方法やおすすめの餌は?

コーン スネーク 飼育

コーンスネークってどんなヘビ? コーンスネークはペットとして飼うことができるヘビの中では、特に初心者におすすめな入門種として幅広く売られていて、飼いやすさなどからも人気が高い種類のヘビです。 一般的に「ナミヘビ」とも呼ばれており、ペットショップでもたくさんの種類のコーンスネークが販売されています。 また愛好家もとても多くいて、たくさんブリードされています。 同じコーンスネークでも非常にたくさんの色や、模様のバリエーションが存在し、たくさんの愛好家たちに親しまれているヘビでもあります。 コーンスネークの種類や価格に関してはこちらの記事でも詳しく紹介しています。 コーンスネークの飼育環境は? コーンスネークは寒さには強いヘビです。 しかしいくら寒さに強いとは言っても、限度があります。 冬に寒くなりすぎるとエサの食いつきが悪くなり、消化不良を起こしてしまう危険があります。 適度に保温してあげる必要がありますね。 しかしコーンスネークはアメリカの寒い気候にも適応するため、冬季休眠する習性も持っています。 これをウィンタークーリングと呼びます。 しかし、まだ小さな幼いコーンスネークの休眠は危険を伴います。 休眠させるのであれば、生後一年経ってからにした方が無難だと言われています。 コーンスネークのエサ エサは特に生きているエサ「活餌」である必要はありません。 ペットショップにはエサように「 冷凍マウス」が売られていますので、それを利用します。 冷凍マウスと言っても、サイズがたくさんありますので、飼っているコーンスネークの大きさに合わせてマウスの大きさを変えましょう。 冷凍マウスは冷凍庫で保管しておきます。 与えるときに自然解凍するか、湯煎解凍をしてから与えるようにします。 解凍する際の注意点として、 解凍させすぎないようにすることが重要です。 解凍しすぎるとマウスが腐敗してしまいます。 エサの与え方 エサを与えるときは、解凍したマウスをコーンスネークの口元まで持っていきましょう。 その際ピンセットを使用すると便利です。 口元まで持っていくとそのうち食いつきますので、食いついたらあとは勝手に飲みこんでくれます。 育ち盛りの若い個体であれば、エサは週に2回、大人の個体であれば週に1回のエサで十分です。 コーンスネークを飼うときのおすすめケージ 昆虫用のプラケースやアクリルケースでも飼育することはできますが、爬虫類専用に売られている爬虫類ケージを使用するのが最もおすすめです。 プラケースなどではコーンスネークが成長した後、体に見合わず小さくなってしまいます。 成長後を見越して初めから大きめのケージを使用するようにしましょう。 ケージの大きさは、ヘビがとぐろを巻いた大きさの3倍くらいの幅があるもので十分です。 特に高さは必要ありませんので、幅、奥行きが広いものがオススメです。 ケースバイケースシリーズ ケースバイケースシリーズはその高機能な面からも、とても人気が高い爬虫類ケージです。 ケージ底にパネルヒーターが入るように設計されているところや、前面スライド扉にカギが付いていたり、電源コードを出す穴が天井に付いている等、便利な機能が満載なのです。 スポンサードリンク パネルヒーター ケージ内が寒くなりすぎないようにヒーターで保温する必要があります。 ペット用のヒーターはたくさんありますが、コーンスネークにおすすめのヒーターはずばり「パネルヒーター」です。 特におすすめのパネルヒーターを紹介します。 ナイーブは先ほど紹介したケースバイケース専用のパネルヒーターです。 これとケースバイケースがあれば、とりあえず温度管理は大丈夫でしょう。 この他にもワット数やサイズによるパワーの違いがありますので、お使いのケージに合わせてちょうど良いサイズのパネルヒーターを用意すると良いでしょう。 パネルヒーターの使い方注意点 パネルヒーターは ケージの底全面に敷くのではなく、床の半分以下に敷くようにします。 こうしておくことで、暑くなりすぎた場合の逃げ場を用意することができます。 暑いとヒーターが無い場所に自分で移動してくれます。 床材 床材は小動物用のウッドチップを使用すると良いです。 もっと手軽なものを使用することもできます。 この場合新聞紙を敷いたり、キッチンペーパーでも代用できます。 コーンスネークのおしっこやフンの吸収の事を考えると、吸水性の良い犬猫用のペットシーツが特におすすめですね。 水入れ コーンスネークは水に浸かるのも好きです。 水のみとしても使えるようにタッパーを用意すると良いでしょう。 脱皮 コーンスネークは他のヘビと同じく脱皮を繰り返して大きくなります。 脱皮が近づくと、体の色が徐々に濁ってきます。 目の色も濁ってきますので、このような変化が現れると脱皮が近いと思って良いです。 最初は体の具合が悪いのかと心配になるでしょうが、心配ありません。 脱皮には適度な湿度が必要で、頻繁に水に浸かるようにもなりますので、水を切らさないように注意することも必要ですね。 エサも食べなくなりますが、あまり構わず、無事に脱皮が終了するまで見守ってあげましょう。 ハンドリング(スキンシップ) コーンスネークはスキンシップとして手に持つことができます。 飼い始めてしばらくすると慣れてきて、手に持つことができるようになります。 コーンスネークは触られるのが好きというわけではありませんので、あまり触りすぎないようにすることも重要です。 またエサを食べた後などもハンドリングしない方が無難です。 食後に腹部に触ると吐いてしまう事もあります。 まとめ コーンスネークは比較的簡単に飼うことができますが、注意点もたくさんあります。 コーンスネークの寿命は10年~15年と長く生きてくれます。 コーンスネークの特徴や習性をよく勉強して、上手に付き合うようにしましょう。 その他のヘビ その他、ペットにできるヘビがいますので、併せてチェックしてみて下さいね。 スポンサードリンク こちらの記事もあわせてどうぞ.

次の

超シンプル!コーンスネークの飼い方や必要なもの

コーン スネーク 飼育

コーンスネークは、身体も丈夫で比較的飼育も容易だと言われており、環境の変化への順応性も高いそうです。 ただし、コーンスネークを含むヘビ類は湿気のある場所を好み、乾燥した場所を嫌いますので、湿度の管理が必要です。 そこで今回は、コーンスネークの飼育で湿度は高いのと低いのどちらが良いのかを調べてみました。 コーンスネークの飼育 湿度が高い場合 コーンスネークだけでなく、ヘビ類は乾燥を嫌いますので、ある程度の湿度が必要だと言われています。 理想的な湿度は60%くらいですが、脱皮前は霧吹きなどを使用して少し多湿にするのが良いそうです。 ただし、 湿度が高すぎるとカビが生えたりと菌が増殖することがあるとされています。 また、脱皮不全や皮膚病などコーンスネークの体にも影響を及ぼすことがあるそうですので、基本的には60%から70%くらいを保つと良いでしょう。 ケージに 結露が出るような状態は湿度が高すぎることが多いので注意しましょう。 こまめに管理できない場合は、大き目のケージを用意し、ケージの中で温度や湿度の差を作る、 パネルヒーターをケージの半分にだけ設置する、ウエットシェルターを設置する などすると、コーンスネークが好きな方に移動できるので良いと言われています。 コーンスネークの飼育 湿度が低い場合 湿度が高すぎるのも良くないですが、低すぎるのも脱皮不全など個体に悪影響があるようです。 湿度が30%を下回ると注意が必要ですので、霧吹きでケージ内を湿らせたり、ウエットシェルターや水入れをヒーターの上に設置するなどの対策をとることが大切だと言われています。 どちらの状態でも個体に影響が出てしまいますので、必ず温度計と湿度計をケージ内に設置しこまめに管理するようにしましょう。 スポンサードリンク まとめ ヘビ類は暑い時期にジメジメした場所にいることが多いですよね。 ですから、コーンスネークを飼育する際にも、湿度が高めの方が良いそうです。 ただ、あまり高すぎても低すぎても良くないですから、常に一定の湿度を保てるように注意しましょう。 環境が合わないと病気になる個体もいるようですから、こまめに管理してあげたいですよね。 スポンサードリンク.

次の

初心者でも飼える!コーンスネークの飼育方法

コーン スネーク 飼育

生き物をを飼育するにあたってそのもののことを知っておくことは大事なことです。 飼育し始めて「こんなはずではなかった…」なんてことになっては飼われた方も可哀想です。 室温が低温なところを温度を上げたり 高温なのを下げるのにはちゃんとした設備投資や維持費が高くなることを理解して設備しておきましょう。 ・餌がマウス・ラットになります。 爬虫類専門店等で冷凍したものを販売していますので 入手は困難ではありませんが 「ネズミを触るのは…」と思われるのであれば難しいかもしれません。 慣れると以外に気持ち悪くはありませんよ。 また 保管場所は衛生面の注意やご家族の同意がないと到底家庭用の冷蔵庫の冷凍室等には入れられません。 新しく餌保管用に冷凍庫を購入されることをお勧めします。 ・ヘビも生き物ですから病気や怪我をします。 爬虫類の診察や治療できる獣医は結構少ないです。 病気や怪我に備えてみつけておきましょう。 医療費が気になるでしょうが 他の動物と比べても特別高くは無いと思います。 ・飼育用具を用意しましょう。 コーンスネークの寿命は上手に飼育してあげれば最低でも12~3年はあると思います。 大きくなれば1m以上になります。 最初用意したものから大きなケージと買い変えなければならなくなるかもしれません。 餌は一生与え続けなければなりません。 エアコンやヒーターを使用すれば電気代も掛かります。 そういう維持費を考えると生体の代金よりもかなり掛かることを理解して飼育を始めましょう。 目安としてはトグロのサイズを目安に幅が トグロの3倍以上 奥行きが2倍以上あればよい。 基本的に地表性であまり立体活動はしませんので 高さはそれほどなくても良いとされますが 高ければ枝など入れればそれなりに上ります。 逃げられないようにしっかりと蓋のできるケージを用意して下さい。 ・基本的に紫外線は必要としません。 安価であり サイズもいろいろあって個体の大きさによって使い分けられるのが良いです。 数を多く飼育するにはこのタイプは経済的にもスペースの確保にも最適でしょう。 私はこれを使用しています。 鍵がつけられないのでしっかり蓋をし 帯を巻くように幅広のゴムなので止めるなど逃走防止気をつけたほうが良いでしょう。 画像は積み重ねのできるケージで上部のフタはスライド式で 一部上部に引き上げて手前に引かないと開かない構造になっているもので これの手前に開き戸も付いたものもある。 000円~6. 000円程。 ガラスということでディスプレイして美しく見せることができます。 通気性と保温保湿を注意するようにしましょう。 専用の蓋などもありますがしっかり閉まるというものではない為 逃走防止に工夫を凝らす必要があります。 また 重量があるというのが難点です。 多くを飼育しない方には最も適したケージでしょう。 鑑賞するにはディスプレーも楽しめます。 見た目を気にしなければ ペーパータオルや新聞紙で充分です。 要は余分な湿気や水分を吸収してくれればいいということです。 紙を敷いた場合下に潜ってしまうので注意する。 因みにうちでは最初人工芝を使っていましたが 糞をするたびに洗っていると大変な労力と時間を要する為 今では新聞紙を使って週に二回ほど糞をした後に交換しています。 飲用の為だけでなく湿度維持や脱皮前に水に入り脱皮し易くします。 容器はトグロを巻けるほどの大きさがあれば何でも良く 多くの飼育者は100円均一のタッパウエアーを加工し(蓋に穴)使用しています。 ・あまり小さな生体の場合溺れることがあり 深くなり過ぎないようにいた方が良いかもしれません。 ・水容器の中できまって糞をするようになる個体もいます。 直ぐに水を換えてやればそれが癖になり床材を汚さなくなるものもいるので手間が掛からない固体になることもあります。 ・個体によってはきれいな水しか飲まないものもあり 見た目が汚れてなくとも2~3日で交換した方が良い。 ・プレートヒーターの上になるように置くと湿度が上がりすぎるのでそこには設置しないよう気をつけましょう。 落ち着かない幼体ならともかく ある程度成長したら必要なくなり撤去して良いでしょう。 タッパを加工して水入れを作ると結構その中に入り 乾燥も防げるので脱皮の為にもその方が良いかもしれません。 プレートヒーターを使った保温が一般的のように言われますが火傷の恐れもあるので注意しましょう。 ・水容器を入れておけば特に湿度を気にする必要はありませんが 冬の乾燥時期には体調不全から脱皮不全を起しやすいので たまに霧吹きをした方が良いこともあります。 ヘビは餌を食べる時に顎をはずし 更には下顎は左右に顎が外れるのでかなり大きなものを呑み込みます。 ただ 大き過ぎる餌は内蔵に負担を掛けてしまいます。 ・生まれたての幼ヘビ 孵化直後のハッチングサイズ は小さいのでピンクマウスSSがギリギリかもしれません。 餌のサイズはその餌を販売しているショップで様々です。 大きすぎるようでしたら小さく切ったピンクマウスを与えると良いでしょう。 ・ベビー 生後2~3ヶ月のベービーorジュブナイルサイズ の時は週2から3回程度を目安とし 糞をしたら次を与えるといった感じが良いでしょう。 ・大きくなったら週1回から2週に1回程度で良いでしょう。 ただし個体差があるのでその生体の様子を見ながら与えましょう。 ・餌が大きすぎたり量が多すぎて吐き戻しがある場合もあります。 適度な大きさや量を把握し 固体の負担にならないようにしましょう。 ピンクマウスから毛が生えたファジーなどに変える場合 消化しにくくなるので吐き戻しがある場合はもう一度ピンクマウスに戻すことも考慮した方が良いかもしれません。 飼育数が増えるとサイクルや状況を把握しにくくなります。 必ずケアシートをつけるようにしましょう。 ・お知り合いのブリーダーの方に「メスを太らせ過ぎないというのも大事かもしれない」とお聞きしました。 『太らせすぎるとタマゴが小さくなり 卵数が増える傾向にある。 』 と言うことです。 産まれてくるハッチリングが小さくて餌付きにくくあったり 育つのが遅かったりすることがあるようです。 繁殖を考えて飼育する場合は メスの給餌には気をつけた方が良いようです。 ただし冬眠から目覚めたら多く給餌し栄養をつけた方が良いようです。 その個体個体をちゃんと把握していくことが重要です。 どんな生き物にも命がありそれを飼育するものはその命を守るという責任があります。 愛護動物をみだりに殺し又は傷つけた場合は 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処されます。 また 愛護動物に対しみだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行った場合 あるいは遺棄した場合は 50万円以下の罰金に処されます。 まずどこから迎え入れますか?お知り合いの方から譲ってもらいますか?爬虫類専門店もしくはペットショップから迎え入れますか?直接その子をまじかで見て買いますか?それともインターネットですか?それもオークションなどで落札しますか? いづれにせよ迎え入れる前にその個体についてしっかり確認しておかなければならないことがあります。 ・個体の種類や名称等は?一言でコーンスネークと言ってもいろいろな種類があります。 それは色や柄だけでなく 慣れればその個体の大きさや種類からある程度の丈夫さ 消化器官 など大まかな察しがつきます。 解らないで迎える時は販売者と相談して最初はできるだけ丈夫で飼い易い種から選ぶと良いでしょう。 ・生年月日か輸入年月日 そしてできれば性別や生産地等も知っておくと良いでしょう。 後で繁殖させる目安にもなりますし これまでの飼育の状況を知る目安にもなります。 ・購入前の給餌や脱皮のサイクルを聞いておきましょう。 購入個体の状態や給餌のタイミングが把握しやすくなります。 動物取扱業届登録(届け出)業者は個体の管理記録が義務付けられているので必ず確認してください。 動物取扱業届登録(届け出)業者は購入者に対して説明するよう義務づけられています。 また反対に購入者は説明を受けた後 販売者に説明を受けた事を記載した書類に署名する義務があります。 ・ネットなどで初めて迎えるショップなどは注意しましょう。 1枚の画像で状況を判断することは大変難しく 到着した子を見たとき あまりの状態の悪さに驚かされることも少なくありません。 画像が随分前のもので到着した個体は衰弱していたり 触らなければ解らない骨格奇形 拒食や脱皮不全 そして画像と違う個体を送ってくる悪徳ショップもあります。 事前にショップの情報を仕入れ確認してからのお迎えをしましょう。 ヘビは人の言葉を理解できません。 ですが上手に接してあげれば気持ちは通ずるところは必ずできるでしょう。 思いやり 可愛がってあげる為にも先ず最初にヘビに対する恐怖感はなくした方が良いでしょう。 人が脅えながら扱えば 触れられるヘビも脅えます。 ・適切な大きさの設備(ケージ 水入れ等)で飼育しましょう。 小さな個体には小さめのケージが適切です。 また 大きすぎる水入れに多くの水を入れると幼蛇は溺れる可能性もあります。 そして個体の体調や衛生面には気をつけるためにも設備は清潔に保つことは重要です。 ・適度な温度 湿度管理のもとで飼育しましょう。 自然化でも悪天候はあります。 しかし飼育下ではその免疫はなく ワイルドの個体に比べると体調も崩しやく 大きな気温の変化等に順応しにくくもなっています。 できれば1日1度は温度と湿度等のチェックをしましょう。 ・ヘビは脱走の名人です。 思わぬ小さな隙間から脱走したり 大きくなれば蓋などを押し上げたり ずらしたりする力もできてきます。 ヘビが脱走しないように常に注意を怠らないようにしましょう。 掃除の後や給餌のの後には必ず蓋が開かないようにちゃんとできているか確かめましょう。 ・水は常に新鮮なものを与えましょう。 汚れた水は飲まない個体もいるので 2~3日に一度は交換した方が良いでしょう。 時に必ず水容器で糞をするのが癖になる個体もいるので その時は脱糞後に速やかに交換してあげましょう。 ・餌の大きさは個体のサイズや消化具合に合わせてしっかり解凍し 消化しやすいような温度で適切に与えましょう。 吐き戻しなどあった場合は必ず原因を突き止め改善しましょう。 ・ヘビが嫌がる事はやめましょう。 元々ヘビは臆病で人に触られることを好みません。 可愛いからといって触りすぎるとストレスから拒食等を起こし死亡する場合があります。 特にベビーや購入して間もない生体や神経質な生体の場合は触るのは必要最低限にしましょう。 シェルターも入れてあげると良いでしょう。 ・首を掴むのはやめましょう。 人が怖がり恐る恐る触れるとヘビも脅えます。 優しくすばやく両手で安定するように持ってあげましょう。 ・一見 人に馴れているようでもそれはただおとなしくしているだけで 犬のようになついている訳ではありません。 人の気分や気まぐれで触って遊ぶのはやめましょう。 ヘビにも生活リズムがあり 寝ている時や脱皮前後 食後等に触りすぎると健康を損ねる可能性があります。 掃除等でどうしても触らなければならない時があるので 人がヘビの扱いに慣れるようにしましょう。 ヘビが落ち着いている状態の時に胴体の真ん中辺りを 上からゆっくりと手を近づけて 下からすくいあげるようにして持ち上げます。 その時の力加減は強くもなく弱くもなく 優しく扱いましょう。 ストレスが堪らない程度でケージに戻します。 舌を出しながら手に巻き付いたりすればハンドリングは成功です。 これを根気よく繰り返していくと触ってもそんなに嫌がらないようになります。 注) 逃げようとしている固体は無理に掴んではいけません。 恐怖感を与えるだけです。 ・小さい時は落ち着かない個体であっても大きくなるに連れおとなしくなる個体が多いようです。 気長にゆっくり慣れ親しんでいきましょう。 ・もし万が一噛まれたとしても慌てないでください。 馴れた個体であっても驚いた時等には噛むことがあります。 コーンスネークには毒もないので命に関わるような事はありませんが 噛まれた時に驚いたて急いで手を引っ込めると 傷もひどくなりヘビの牙が折れる事がありますから落ち着いて対応してください。 牙が刺さってないか確認し流水で洗い、しっかり消毒してください。 毒をもたないコーンスネークでもマウスなどを食べて口の中は雑菌も多い。 化膿したら破傷風などの感染症の疑いもあるので早めに病院で治療を受けることをお勧めします。 また ヘビも牙が折れてそこから菌が入りマウスロッドになることもあります。 充分気をつけましょう。 ・噛んだまま離してくれない場合はテレホンカード等をヘビの顎と噛まれた部分にゆっくり差し込むと離れやすいです。 飼育者はこまめな清掃を心がけましょう。 動物の愛護及び管理に関する法律においてはケージ等の毎日の清掃が義務付けられています。 これは生物全般に指示し決められたもので 複数の爬虫類やヘビを飼育しているものにはとても困難な仕事です。 しかし 個体がストレスを感じない程度に清掃することが本当の意味で愛護精神であると私は思います。 清潔な環境はストレスを感じない程度に保つことが望ましいと思います。 ・ケージや水入れは常に清潔に保ちましょう。 できればケージや水入れは定期的に消毒するよう心がけましましょう。 目安としてケージは月に1回くらい 水入れは週に1回くらいは最低消毒しましょう。 また 餌の解凍容器やピンセット等も使用前 使用後に消毒して保管しましょう。 消毒方法は煮沸(熱湯)消毒が簡単ですが 消毒薬や漂白剤を使用した方が効果的です。 消毒薬や漂白剤等の薬剤を使用する場合は 薬剤が絶対に残らないように念入りに洗い流してください。 洗えない場合は念入りに拭き取るようにしましょう。 動物病院等で使用している消毒薬で拭き取る必要のない物もありますので 動物病院等で聞いてみるのもいいでしょう ・糞や残された餌は悪臭を放たないようビニール等に密封して処分しましょう。 ・ヘビや餌に触る前と後には殺菌用石鹸等で念入りに手を洗いましょう。 今のところヘビから人に感染する菌やウィルス等は確認されていませんが 予防のため手洗いは必ず怠らないでください。 しかし無計画な繁殖は世話をする上で維持費の問題など飼育を困難にさせます。 不幸なヘビを増やさない為にも『遺伝の知識』などしっかり学んで繁殖を行ないましょう。 春になってヘビが目を覚まし 1回目の脱皮直後にオスとメスを出会わせると交尾をするでしょう。 メスは産卵の前にも1回脱皮をすることが多いく最大で30個ほどの卵を産みます。 また性別の判定方法については ヘビの性別判定にはポッピングと呼ばれる方法と セックスプローブと呼ばれる器具を使う方法があります。 ベビー等 サイズが小さい場合はポッピングと呼ばれる方法で調べる方が安全なためこの方法が使われます。 50cm以上になればセックスプローブを使用して調べる事もできますが 安易に行なうと個体を傷つける可能性が高い為 専門的な知識と技術が必要ですから専門家や医師の指導の下で行ってください。 繁殖について詳しくは… Copyright c 2008~ Fallen Angels Corn Snakes Section All rights reserved.

次の