小作 タクシー。 小作駅

タクシー料金についてわかりやすく教えて!早朝に利用した場合、割増料金はかかる?

小作 タクシー

歴史 [ ]• (27年):青梅鉄道(後の青梅電気鉄道)立川 - 青梅間開通と同時に開業。 旅客および貨物の取り扱いを開始。 (14年):年間乗降客約110,000人(1日平均303人)。 (19年):青梅電気鉄道がに指定され国有化。 青梅線の駅となる。 (昭和27年):当駅構内から流出した貨車4両がまで暴走し、引き込み線に停車中の貨車に激突し、大破。 (昭和36年):貨物の取り扱いを廃止。 (昭和57年):10両編成への対応のため、ホームを延長。 (昭和61年):橋上駅舎に改築。 (昭和62年)4月1日:に伴い、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。 (13年):「」の利用が可能となる。 (平成17年):この日をもっての営業が終了し、「」を設置。 (平成24年):「もしもし券売機Kaeruくん」の営業終了。 駅構造 [ ] 2面2線を有するで、を有している。 によるで、により管理されている。 (、多機能券売機併設)が設置されている。 かつてはが構内に設置されていたが、に廃止された。 その代替として「」が設置されたが、2012年2月27日をもってそれも撤去された。 JR中央線と青梅線立川駅 - 青梅駅間は、前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどにオレンジ帯の電車に2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行う。 そのため当駅は、12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する工事や信号設備改良などが実施される。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 青梅線・ 上り ・・・方面 2 青梅線 下り ・・方面 (出典:) 利用状況 [ ] (平成30年)度の1日平均は 16,297人である。 近年の推移は下記の通り。 年度別1日平均乗車人員 年度 1日平均 乗車人員 出典 1990年(平成 02年) 14,219 1991年(平成 03年) 15,372 1992年(平成 04年) 16,112 1993年(平成 05年) 16,096 1994年(平成 06年) 15,921 1995年(平成 07年) 15,951 1996年(平成 08年) 16,885 1997年(平成 09年) 16,873 1998年(平成10年) 16,863 1999年(平成11年) 16,822 2000年(平成12年) 16,872 2001年(平成13年) 17,322 2002年(平成14年) 18,061 2003年(平成15年) 18,006 2004年(平成16年) 18,002 2005年(平成17年) 18,070 2006年(平成18年) 18,228 2007年(平成19年) 18,223 2008年(平成20年) 17,843 2009年(平成21年) 17,525 2010年(平成22年) 17,451 2011年(平成23年) 17,252 2012年(平成24年) 16,909 2013年(平成25年) 17,180 2014年(平成26年) 17,065 2015年(平成27年) 17,408 2016年(平成28年) 17,067 2017年(平成29年) 16,514 2018年(平成30年) 16,297 駅周辺 [ ] 東口には会社や商店が立ち並び、西口は閑静な住宅街となっている。 公共施設など [ ]• 青梅年金事務所 教育施設 [ ]• 商工業施設・金融機関など [ ]• 青梅事業所 2017年3月閉鎖• 羽村技術センター• 日立アプライアンス 青梅事業所• 末広店• テックランド羽村店• 青梅末広郵便局• (JA西東京) 新町支店• (JAにしたま) 小作支店• 羽村小作台• 小作支店• 羽村支店 観光・公園など [ ]• グリーントリム• 武蔵野公園 その他 [ ]• そうしんホール青梅 バス路線 [ ] すべてによる運行 西口(小作駅西口) [ ] 1,2番乗り場はロータリーの中、3番乗り場はロータリーの外にある。 1番乗り場• 福30 羽村堰上経由 行 休日1本のみ• 小05 南口行• 青20 行 2番乗り場• コミュニティバス「」小作コース 小作立体・小作本町会館経由と小作駅東口・グリーントリム公園経由を交互に運行 3番乗り場 ロータリー外• 小06 行• 小13 行(菅生学園学びの城非経由・急行便あり)• 小14 菅生学園学びの城経由 菅生高校行• 小15 菅生学園学びの城行(急行便あり) 東口(小作駅東口) [ ]• 小02 三ツ原循環東回り• 小03 三ツ原循環西回り• 深夜バス 市営住宅・大門循環• リムジンバス:行(早朝のみ)• 深夜急行バス(発)・深夜ご帰宅バス(立川発):河辺駅北口行(土休日運休。 ただし深夜ご帰宅バスは土曜日も運行)• コミュニティバス「はむらん」• 小作西コース 武蔵野公園前・羽村駅東口方面行• 小12 菅生高校行/西東京団地行• コミュニティバス「はむらん」• 小作西コース 武蔵野公園前・羽村駅東口方面行• 羽村中央コース 羽村市役所行き その他 [ ].

次の

寿タクシー(羽村のタクシー)

小作 タクシー

歴史 [ ]• (27年):青梅鉄道(後の青梅電気鉄道)立川 - 青梅間開通と同時に開業。 旅客および貨物の取り扱いを開始。 (14年):年間乗降客約110,000人(1日平均303人)。 (19年):青梅電気鉄道がに指定され国有化。 青梅線の駅となる。 (昭和27年):当駅構内から流出した貨車4両がまで暴走し、引き込み線に停車中の貨車に激突し、大破。 (昭和36年):貨物の取り扱いを廃止。 (昭和57年):10両編成への対応のため、ホームを延長。 (昭和61年):橋上駅舎に改築。 (昭和62年)4月1日:に伴い、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。 (13年):「」の利用が可能となる。 (平成17年):この日をもっての営業が終了し、「」を設置。 (平成24年):「もしもし券売機Kaeruくん」の営業終了。 駅構造 [ ] 2面2線を有するで、を有している。 によるで、により管理されている。 (、多機能券売機併設)が設置されている。 かつてはが構内に設置されていたが、に廃止された。 その代替として「」が設置されたが、2012年2月27日をもってそれも撤去された。 JR中央線と青梅線立川駅 - 青梅駅間は、前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどにオレンジ帯の電車に2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行う。 そのため当駅は、12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する工事や信号設備改良などが実施される。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 青梅線・ 上り ・・・方面 2 青梅線 下り ・・方面 (出典:) 利用状況 [ ] (平成30年)度の1日平均は 16,297人である。 近年の推移は下記の通り。 年度別1日平均乗車人員 年度 1日平均 乗車人員 出典 1990年(平成 02年) 14,219 1991年(平成 03年) 15,372 1992年(平成 04年) 16,112 1993年(平成 05年) 16,096 1994年(平成 06年) 15,921 1995年(平成 07年) 15,951 1996年(平成 08年) 16,885 1997年(平成 09年) 16,873 1998年(平成10年) 16,863 1999年(平成11年) 16,822 2000年(平成12年) 16,872 2001年(平成13年) 17,322 2002年(平成14年) 18,061 2003年(平成15年) 18,006 2004年(平成16年) 18,002 2005年(平成17年) 18,070 2006年(平成18年) 18,228 2007年(平成19年) 18,223 2008年(平成20年) 17,843 2009年(平成21年) 17,525 2010年(平成22年) 17,451 2011年(平成23年) 17,252 2012年(平成24年) 16,909 2013年(平成25年) 17,180 2014年(平成26年) 17,065 2015年(平成27年) 17,408 2016年(平成28年) 17,067 2017年(平成29年) 16,514 2018年(平成30年) 16,297 駅周辺 [ ] 東口には会社や商店が立ち並び、西口は閑静な住宅街となっている。 公共施設など [ ]• 青梅年金事務所 教育施設 [ ]• 商工業施設・金融機関など [ ]• 青梅事業所 2017年3月閉鎖• 羽村技術センター• 日立アプライアンス 青梅事業所• 末広店• テックランド羽村店• 青梅末広郵便局• (JA西東京) 新町支店• (JAにしたま) 小作支店• 羽村小作台• 小作支店• 羽村支店 観光・公園など [ ]• グリーントリム• 武蔵野公園 その他 [ ]• そうしんホール青梅 バス路線 [ ] すべてによる運行 西口(小作駅西口) [ ] 1,2番乗り場はロータリーの中、3番乗り場はロータリーの外にある。 1番乗り場• 福30 羽村堰上経由 行 休日1本のみ• 小05 南口行• 青20 行 2番乗り場• コミュニティバス「」小作コース 小作立体・小作本町会館経由と小作駅東口・グリーントリム公園経由を交互に運行 3番乗り場 ロータリー外• 小06 行• 小13 行(菅生学園学びの城非経由・急行便あり)• 小14 菅生学園学びの城経由 菅生高校行• 小15 菅生学園学びの城行(急行便あり) 東口(小作駅東口) [ ]• 小02 三ツ原循環東回り• 小03 三ツ原循環西回り• 深夜バス 市営住宅・大門循環• リムジンバス:行(早朝のみ)• 深夜急行バス(発)・深夜ご帰宅バス(立川発):河辺駅北口行(土休日運休。 ただし深夜ご帰宅バスは土曜日も運行)• コミュニティバス「はむらん」• 小作西コース 武蔵野公園前・羽村駅東口方面行• 小12 菅生高校行/西東京団地行• コミュニティバス「はむらん」• 小作西コース 武蔵野公園前・羽村駅東口方面行• 羽村中央コース 羽村市役所行き その他 [ ].

次の

タクシーを呼ぶ|タクシー|京王自動車株式会社

小作 タクシー

歴史 [ ]• (27年):青梅鉄道(後の青梅電気鉄道)立川 - 青梅間開通と同時に開業。 旅客および貨物の取り扱いを開始。 (14年):年間乗降客約110,000人(1日平均303人)。 (19年):青梅電気鉄道がに指定され国有化。 青梅線の駅となる。 (昭和27年):当駅構内から流出した貨車4両がまで暴走し、引き込み線に停車中の貨車に激突し、大破。 (昭和36年):貨物の取り扱いを廃止。 (昭和57年):10両編成への対応のため、ホームを延長。 (昭和61年):橋上駅舎に改築。 (昭和62年)4月1日:に伴い、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。 (13年):「」の利用が可能となる。 (平成17年):この日をもっての営業が終了し、「」を設置。 (平成24年):「もしもし券売機Kaeruくん」の営業終了。 駅構造 [ ] 2面2線を有するで、を有している。 によるで、により管理されている。 (、多機能券売機併設)が設置されている。 かつてはが構内に設置されていたが、に廃止された。 その代替として「」が設置されたが、2012年2月27日をもってそれも撤去された。 JR中央線と青梅線立川駅 - 青梅駅間は、前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどにオレンジ帯の電車に2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行う。 そのため当駅は、12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する工事や信号設備改良などが実施される。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 青梅線・ 上り ・・・方面 2 青梅線 下り ・・方面 (出典:) 利用状況 [ ] (平成30年)度の1日平均は 16,297人である。 近年の推移は下記の通り。 年度別1日平均乗車人員 年度 1日平均 乗車人員 出典 1990年(平成 02年) 14,219 1991年(平成 03年) 15,372 1992年(平成 04年) 16,112 1993年(平成 05年) 16,096 1994年(平成 06年) 15,921 1995年(平成 07年) 15,951 1996年(平成 08年) 16,885 1997年(平成 09年) 16,873 1998年(平成10年) 16,863 1999年(平成11年) 16,822 2000年(平成12年) 16,872 2001年(平成13年) 17,322 2002年(平成14年) 18,061 2003年(平成15年) 18,006 2004年(平成16年) 18,002 2005年(平成17年) 18,070 2006年(平成18年) 18,228 2007年(平成19年) 18,223 2008年(平成20年) 17,843 2009年(平成21年) 17,525 2010年(平成22年) 17,451 2011年(平成23年) 17,252 2012年(平成24年) 16,909 2013年(平成25年) 17,180 2014年(平成26年) 17,065 2015年(平成27年) 17,408 2016年(平成28年) 17,067 2017年(平成29年) 16,514 2018年(平成30年) 16,297 駅周辺 [ ] 東口には会社や商店が立ち並び、西口は閑静な住宅街となっている。 公共施設など [ ]• 青梅年金事務所 教育施設 [ ]• 商工業施設・金融機関など [ ]• 青梅事業所 2017年3月閉鎖• 羽村技術センター• 日立アプライアンス 青梅事業所• 末広店• テックランド羽村店• 青梅末広郵便局• (JA西東京) 新町支店• (JAにしたま) 小作支店• 羽村小作台• 小作支店• 羽村支店 観光・公園など [ ]• グリーントリム• 武蔵野公園 その他 [ ]• そうしんホール青梅 バス路線 [ ] すべてによる運行 西口(小作駅西口) [ ] 1,2番乗り場はロータリーの中、3番乗り場はロータリーの外にある。 1番乗り場• 福30 羽村堰上経由 行 休日1本のみ• 小05 南口行• 青20 行 2番乗り場• コミュニティバス「」小作コース 小作立体・小作本町会館経由と小作駅東口・グリーントリム公園経由を交互に運行 3番乗り場 ロータリー外• 小06 行• 小13 行(菅生学園学びの城非経由・急行便あり)• 小14 菅生学園学びの城経由 菅生高校行• 小15 菅生学園学びの城行(急行便あり) 東口(小作駅東口) [ ]• 小02 三ツ原循環東回り• 小03 三ツ原循環西回り• 深夜バス 市営住宅・大門循環• リムジンバス:行(早朝のみ)• 深夜急行バス(発)・深夜ご帰宅バス(立川発):河辺駅北口行(土休日運休。 ただし深夜ご帰宅バスは土曜日も運行)• コミュニティバス「はむらん」• 小作西コース 武蔵野公園前・羽村駅東口方面行• 小12 菅生高校行/西東京団地行• コミュニティバス「はむらん」• 小作西コース 武蔵野公園前・羽村駅東口方面行• 羽村中央コース 羽村市役所行き その他 [ ].

次の