山里亮太 蒼井優。 山里亮太&蒼井優、交際前の“奇跡の共演”再放送が話題「隣に未来のお嫁さんいる」

【山里亮太&蒼井優】が電撃結婚!青天の霹靂で蒼井優の一途な想い

山里亮太 蒼井優

4月1日放送の「」 フジテレビ系 は、ゲストにの、が登場。 山里が妻・との結婚までの裏話を明かした。 国分は会見で語られていない部分があるはずだと深堀りする。 山里は自身が出演している恋愛バラエティ番組「テラスハウス」を蒼井が好きだということから「『テラスハウス』の裏話をエサに釣ってた」という。 山里はもし話が盛り上がれば、蒼井が自分のことを好きになってくれるかもと、「ガンガンよこしまっすよ」と下心があったことを告白。 ただ蒼井の方は単に「テラスハウス」に興味があっただけで、国分は2人を引き合わせたキューピットとされる山崎に「正確には恋のキューピットじゃないよね。 『テラスハウス』をよく知ってるおじさんに会わせようとしただけ」と笑う。 国分は普段からネタをノートに書き留めていたり、真面目な一面を持つ山里に、蒼井との対面の際も準備をしていったのかと聞くと、山里は「ガチガチですよ」と語気を強くし、未公開情報やスタッフからの裏話などありとあらゆる情報を用意したことを明かす。 「1時間に30回笑いとったらだいだい女はこっち振り向く」という先輩からの名言を糧に、必死に笑わせたという山里。 けれどもそのときの手ごたえは「さすがに0です」と、話す。

次の

山里亮太、蒼井優にiPadのカメラ位置訊かれ「バカにしないでくれよ…ここでしょ?」とまさかの…!?

山里亮太 蒼井優

4月1日放送の「」 フジテレビ系 は、ゲストにの、が登場。 山里が妻・との結婚までの裏話を明かした。 国分は会見で語られていない部分があるはずだと深堀りする。 山里は自身が出演している恋愛バラエティ番組「テラスハウス」を蒼井が好きだということから「『テラスハウス』の裏話をエサに釣ってた」という。 山里はもし話が盛り上がれば、蒼井が自分のことを好きになってくれるかもと、「ガンガンよこしまっすよ」と下心があったことを告白。 ただ蒼井の方は単に「テラスハウス」に興味があっただけで、国分は2人を引き合わせたキューピットとされる山崎に「正確には恋のキューピットじゃないよね。 『テラスハウス』をよく知ってるおじさんに会わせようとしただけ」と笑う。 国分は普段からネタをノートに書き留めていたり、真面目な一面を持つ山里に、蒼井との対面の際も準備をしていったのかと聞くと、山里は「ガチガチですよ」と語気を強くし、未公開情報やスタッフからの裏話などありとあらゆる情報を用意したことを明かす。 「1時間に30回笑いとったらだいだい女はこっち振り向く」という先輩からの名言を糧に、必死に笑わせたという山里。 けれどもそのときの手ごたえは「さすがに0です」と、話す。

次の

山里亮太、妻・蒼井優に見破られたウソ「すげえなと思った」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

山里亮太 蒼井優

この日は元TBSアナウンサー吉川美代子が選ぶ傑作選ということで、約2年前の2018年8月17日の回をプレイバック。 それが、ゲストとして山里と蒼井が共演した回だった。 昨年6月、付き合って2か月で蒼井とスピード結婚した山里だが、このオンエア当時はもちろん交際前。 この日のスタジオでは、放送日の8月17日が蒼井の誕生日ということで、司会のくりいむしちゅー有田哲平らと一緒に祝福するという偶然も。 同番組は、事前の打ち合わせと全く違うことがスタジオで繰り広げられるムチャぶりが恒例。 この日、いきなり時事ネタを斬ることを振られた山里は大慌て。 「いろいろお話したスタッフがいたんですけど、その方と説明がちょっと違うことが多すぎて……」と動揺すると、隣にいた蒼井が思わず吹き出す場面も。 芸人&女優という組み合わせが多いこの番組。 女優のほうも番組の「裏台本」に乗っかり、全く関係のない話をするのがお決まりで、蒼井が「安室奈美恵さんは知らないが『編む』ことは知っている」と手芸の話を始めると、山里は「どうかしてるでしょ」「強引に持ってくね」とツッコミ。 彼と同じくハイテンションで「おっはようございまーす!」と挨拶すると、何も知らなかった山里は「ちょっと待ってくれ!」「(本家の)許可は取ってんのかい?」と激しく動揺。 このあとも「クイズッス」を完全に踏襲した形でクイズが展開されていたが、山里は蒼井のテンポの良い喋りに「悔しいけどすごい上手いな」と、うなだれていた。 これに対して蒼井は「見てるだけでこっちも幸せになりますね」とコメント。 翌年、2人は実際に記者会見をすることになる。 今となってはまさに貴重な2ショット映像となったが、SNS上では「このときからお似合い」「隣に未来のお嫁さんいるよ」「人生なにがあるかわからないね! 」など、奇跡の共演に改めて驚く声が寄せられていた。 《杉山実》.

次の