ユーチューブ 稼げない。 介護系ユーチューバーYouTuberはいくら稼げるの?なぜ稼げないの?

最近の日本のユーチューブが面白くない

ユーチューブ 稼げない

・顔に自信がある人 ・顔に自信がなくても熱狂的なファンが欲しい人 顔に自信がある人はぜひ顔出しするべきです。 「人は見た目じゃない」と言いたいところですが、初対面は見た目がほぼ100%です。 美男美女は十分なアピールになるので、顔出しに問題がない人はぜひ顔出ししましょう。 もし顔に自信がなくても顔出しはメリットがあります。 キーワードは親近感です。 顔出しすると視聴者はあなた個人を認識します。 近所のお兄ちゃん、お姉ちゃん、友達のように「この人がやってるんだ」と思われることは 熱狂的なファン化につながります。 先に書いたように「顔出し=人気」ではないことを理解しましょう。 副業でYouTuberになる場合は顔出しなしですね。 【おすすめ】YouTubeで顔出ししなくても稼ぎやすい動画ジャンル では顔出ししなくても稼げるジャンルについて解説します。 手元だけ映せば完結する動画や、画面だけを映せばよい動画がおすすめです。 ゲーム実況 ゲームの面白さが伝わればOKです。 ゲームは上手くなくても大丈夫ですが、実況や編集が上手い必要はあります。 「赤髪のとも」さんはマインクラフト実況で伸びたYouTuberです。 編集にセンスがあります。 (現在は顔出し(マスク)しています) やってみた系 興味深い実験的な面白さ interesting とネタ的な面白さ funny のどちらかは必要ですね。 やってみた系は顔出ししている人が多い傾向はありますが、隙間を探してチャレンジしてみてください。 参考YouTuberは「圧倒的不審者の極み! 」さん。 再生回数が異常ですね。 一見意味もなく需要もなさそうなことでも突き詰めると変化する良い例です。 ニュース系 センスが問われるジャンルですがチャンスありです。 ニュースと言っても報道番組のようなニュースだけでなく、アイドル専門のニュース、Twitterで話題のニュースなどたくさんの切り口があります。 顔出ししている人の方が有利ではありますが、顔出しなしでも問題ありません。 なお、後ほど解説しますが「文字 字幕 スクロール動画」は絶対にやめましょう。 ペット系 鉄板です。 僕が実際に稼いでいるので間違いありません。 主役はペットであり、飼い主(YouTuber)はついでで、むしろ顔出しが嫌がられることもあります。 鳴き声などを聞かせたいとき以外は編集で音声をカットすればよいので声を出す必要もありません。 もしペットを飼っているならチャンスですが、人気になるためにペットを飼うのはやめましょう。 下心が視聴者に見抜かれて叩かれます。 命を扱うには愛が必要です。 僕の場合は最終的に顔出ししましたが、理由は単純明快です。 「バイノーラルマイク」という専用のマイクを使うことでクオリティが上がります。 バイノーラルマイク(イヤホン)があれば録音ができますが、紹介した動画のようにスタンドを使うのがおすすめです。 顔出しなしでもおすすめできない、やってはいけない動画ジャンル 先ほど少し書きましたがおすすめできない、むしろやってはいけないジャンルがあります。 文字 字幕 スクロール動画• 無断転載動画 など、YouTubeの規制(ガイドライン)に違反する動画です。 チャンネルが削除(BAN)される可能性や、収益化できない(広告が付けられない)可能性が高く、時間がムダになります。 詳しくはこちらに書いています。 「顔出しなし」「声出しなし」動画に必要なものとは? 基本的にはスマートフォンがあればカメラとしての役割は十分ですが、ゲーム実況等の場合はPCやキャプチャーボードが必要です。 高いカメラやマイクなどの機材は必要になったら買えば良いです。 最低限あると便利なアイテムとはこちらをどうぞ。 YouTube副業で稼ぐのに「顔出し」は必要ない 繰り返しですがYouTubeで活動するのに顔出しは必要ありません。 大切なのは「視聴者はどんな動画が見たいのか」です。

次の

稼げない底辺ユーチューバーの将来は悲惨なニートざます

ユーチューブ 稼げない

ユーチューバーは稼げるのか、将来性は? スネちゃまが、趣味のラジコンやカードゲームを生かしてユーチューバーを始めようとしているざます。 ママは、パパの貿易会社を継いでほしいと思っているざますけど、一応ユーチューバーの現状と将来性を調べてみたざます。 ・ユーチューバーの収入の目安は1万回再生されて1000円程度とされる。 ・登録者数1位のヒカキン氏は動画チャンネル数が多く、、出版、役員(ユーチューバーを束ねるUUUM社 としてのマネジメント業など多岐にわたることから月収で1千万を超えると見られる。 ・登録者数30位前後の「 love movie ch」の動画平均再生数は14万回程度。 月平均アップロード数は16程度。 従って月収は22万円程度。 ・登録者数60位前後の「 HetareBBoy」の動画平均再生数は1.8万回程度。 月平均アップロード数は30回程度。 従って月収は5万4千円程度。 ・登録者数90位前後の 「soezimax」の動画平均再生数は3300回程度。 月平均アップロード数は30回程度。 従って月収は9900円程度。 ママは驚いたざます。 ユーチューバーとして大卒平均月収の20万円程度を稼ぐためには全国で40位位にいなければならないざます。 全国40位というと地味ざますけど、47都道府県あるざますから都道府県で1位。 都道府県で2位レベルなら全国90位で月収は9900円……。 想像以上に厳しい世界だったざます。 比較するために看護師のことを書くざます。 ママの知り合いに看護師がいるざますが、専門学校卒でも就職率はほぼ100%ということざます。 初任給は25万程度は超えるということざます。 日本看護協会の資料を見ると、全国に看護師は150万人ほどいるざますけど、パートを除いても、間違いなく100万人以上は月収25万円を超えているざます。 ユーチューバー 全国 40位以内に入ってようやく月収20万円程度。 看護師 全国 100万位以内でも月収25万円以上。 ママは言葉を失ったざます。 想像以上に厳しいのがユーチューバーの世界ざます。 ママが気に入っているがなぜ過激な動画を投稿しているかがよくわかったざます。 ・金魚を捌いて飼い主に食べさせる動画 ・エボラ出血熱にかかったと嘘を言い血を流すふりをする動画 ・自宅ポストにいたずらした高校生を突き止め親と口論する動画 ・ヒカキンの本の悪口を言い燃やす動画 ・女性二人をナンパしホテルで現金風呂に入る動画 ここまでやっても登録者数は30位前後ざます。 確かに動画全体の再生数は徐々に伸びているざます。 将来現在の5倍くらいまで市場が広がっても、食べていくためには全国でベスト200くらい(都道府県で5位レベル!)には入らなければならないざます。 スネちゃまもこの数字を見ればパパの会社を継ぐと言い出すはずざます。 ユーチューバーの将来は悲惨? スネ夫君のママの試算どおりだとするとユーチューバーの道は茨の道であることが分かります。 ただ、現在大学を卒業した場合の正社員就職率は7割弱しかなく、運よく就職できても不安定な中小企業やブラック企業も多いので、本当に満足した職業人生活を送れるのは5割程度だと思います。 そして、就職できなかったあるいは就職をしたくない学生がユーチューバーを目指すのもよく分かります。 現在では就職に成功したとしても次のような会社がまだまだ目立つのが現状だと思います。 ・朝のラッシュ ・12時台の混雑時に全社揃って慌ただしくランチ ・残業 ・深夜の帰宅 ・休みは週1回 ・休日出勤も 以前ならこういったハードな仕事をこなせば、毎年給与が上がりサラリーマンでも郊外や地方にならマンションを買えるだけの給料が手に入ったのです。 現在は待遇が急降下したのに、職場環境は厳しくなるばかり。 もちろん大手企業や公務員は異なる場合もありますが、日本全体の国際競争力が落ちている以上、急に改善することはないと予想されます。 そういったなかでユーチューバーをやってみようという若者が増えているようですが、ママが書かれた通り厳しいのが現状です。 youtube. ヒカキンやはじめしゃちょーなどのトップクラスなら100万単位、中堅のシバターでも10万単位の数字が映し出されるところです。 なお「オワ吉 ADULT」は規定上リンクは張れませんが、男子向けにかなり過激なことをやっていますので検索してみられたら面白いと思いますよ。 逆に言うとここまでやってもメインチャンネルの登録者数がわずか4421人(登録者数順位は圏外)。 本当に厳しいというのが実情です。 youtube. 就職できない(したくない)からユーチュバーというのはやめたほうがいい 少し厳しいことを言うようですが就職できない(したくない)からユーチュバーというのはやめたほうがいいと思います。 現在の就職活動では学歴以上に「コミュニケーション力」がネックになっている人が多いようです。 ただ、トップユーチューバーをよく見てください。 ヒカキンは、非常に滑舌が良く分かりやすい表現ができるからこそ継続して見ようという人が多いのだと思います。 また、はじめしゃちょーも非常に人当りが良く少し鍛えれば一流の営業マンになることができます。 動画はカメラに向かって撮るものですが、画面の向こうにはリアルな人間がいます。 当然コミュニケーション力が求められてくるのです。 コミュニケーション力を要求されるのが面倒で、ユーチューバーになったとしても、そこでは現実のビジネス以上に高いコミュニケーション力が求められます。 ママさんは各都道府県県で5位レベルの人気でなければ食べていけないのではないかと試算しています。 とういうことは現状でもクラスで1位、学校で1位の人気が当たり前のように要求されてしいると言わざるを得ません。 VINEで人気だったけみおは、クラスで1位、高校で1位という人気であったことは明らかです。 ユーチューバーでなく芸能人を進路として選びましたが、現状でも高校時代のけみお程度の人気を持っていなければユーチューバーとしての大成は厳しそうです。 むろん私はスネ夫君のパパが社長をしている貿易会社に勤める一介のサラリーマンですから、ユーチューバーに挑戦する人を止める権利はありません。 それに動画の市場はママが想定している現在の5倍といったレベルでなく、50倍の市場に成長すると予測することも可能です。 20年前に誰が日本一のCDショップであった渋谷のHMVが、ネット配信に押されて閉店すると予想できたでしょうか?ネットの世界は想像以上のスピードで拡大していますから、夢をあきらめる必要はないと思います。 ただ次のことはぜひやってほしいと思います。 ・普通にコミュニケーション力もつけておいたほうが良い 参考サイト: ・一度は普通に正社員就職してみたほうが経験値は上がる ・ユーチューバーだけでなく、さまざまなビジネスを組み合わせて生計を立てる 例えば地方では数万円で借りられる畑付の貸家があります。 そこで農業を習いながら、動画を撮るような生き方もよいと思います。 TOKIOのダッシュ村ではありませんが、需要は間違いなくあると思います。 好きなことを仕事にするために、ユーチューブを道具の一つとして使われてはどうかと私は考えます。 がんばって夢を実現してください。 (貿易会社広報部) 関連記事 稼げない底辺ユーチューバーの将来は悲惨なニートざます -.

次の

ユーチューブライブ配信は儲かる?収益は?投げ銭で稼げてるか検証

ユーチューブ 稼げない

ユーチューブはよくみていたけど、最近面白いと思うのがどうしても海外のものが多い。 ゲーム実況はどこの国も似ているが、ナレーションや実況などではなくオリジナルのアニメーション、ゲーム、パロディなどの動画を製作している人は日本で少ない傾向にあると思う。 著作権の問題もあるが黙認されている例えば、マリオ。 マリオを使ったパロディなどは日本ではほとんどみられない。 海外からパクッてきたものは見つけられるし、マリオメーカーが山のようにでてくる。 ゲーム実況は日本のフリーゲームを使っているのは日本っぽくて面白いけど、ゲームそのもののレベルが低い。 アニメーションも例えば青鬼TVは内容がしょぼくても見られているのはやっぱり日本に自作のアニメコンテンツが少ないからだと思う。 海外では例えばsuperman vs Hulk の自作ビデオはそれなりにすごいと思うし、もちろんしょぼい自作ビデオもある例えばスーパーマンVSゴクウとか見ていえるとこれもしょぼいけど面白いと思える。 いろいろ自作があるわけだ。 日本でも自作アニメーションはあるけど数が少ないと思う。 またゲームといえば日本と言われていた時代はあっただろうに今のゲームは面白いものが少ないと感じる。 あまり力を入れてないっていうか、手抜き感が溢れているゲームが多い。 このユーチューブみていても面白くないなーっていう傾向は日本のゲーム市場でインディゲームがアメリカほど作られていない、フリーゲーム、同人ゲームというレベルが多いというのにも似ていると思う。 同人ゲームやフリーゲームにもレベルの高いものはあるが、多くのもがインディゲームほどのレベルではない。 ユーチューブにアップされている創作したアニメーション、ゲーム、パロディなどは学生の文化祭レベルやら安っぽおもしろみに欠ける動画がとても多いと感じる。 しかもユーチューバーになるために指導しているところもあるというから驚いた。 みんな同じようなことさせて何が面白いのだろうか。 日本の良さは海外では出てこない発想の面白いコンテンツがあることだと思うが、その良さがユーチューブにはあまり出てない。 面白いと言われている東海オンエア。 僕はあまり面白さを感じない。 いろんなことにチャレンジしているのはわかる。 こういうチャンネルはバカなことしているから面白いんだと思う。 例えば昔で言うアメリカのジャッカス。 始めてみたときは面白かった。 でもその面白さに慣れると面白くないんだ。 東海オンエアとかそのほかのユーチューバーがやっていることのバカさ加減にもう飽きたんだよ。 もっと本当に狂ったほどのバカなことしてくれない面白くないんだ。 それが日本にはないんだよ。 もしかしたら日本のユーチューブの視聴者は経験が乏しい子供が多いのかもしれないけど、これでは子供番組に飽きた人には面白くない思うのも当然。 日本の少女マンガがアメリカで物足りないと言われる理由に、アメリカではそんなキスなんてもっと小さいころからやっててもっと激しいことしてくれないと面白くないっていうのもある。 でもこの面白くない中に純粋さも感じられてそこは楽しんだけどね。 日本以外のコンテンツも安っぽいものがたくさんあるけど、日本の場合安っぽいのが多すぎると感じた。 これらは日本の労働に関する認識と海外の労働に関する認識の違いということも言える。 日本では学生はたくさん勉強する人もいるし、働いている人も仕事以外の時間におもしろいものを作る時間がないほど忙しい人が多いと思う。 時間のある仕事をあまりしていない人、勉強をあまりしてない人が上げる動画はどうしてもレベルの低いものになってしまうのだと思う。 面白いものを作ろうとすれば時間をかけないといけないし、スキルアップもしていかないといけない。 でも日本のユーチューブでは時間をかけずにちょろっと作って稼いだほうが、時間かけて稼げないよりいいという考えが溢れていると思う。 バーチャルユーチューバーを見てもそう思う。 けっしても面白いわけでもない雑談がたくさんの人に見られているを見ていて日本語で見られる面白いユーチューブチャンネルが少ないんだろーなーと思った。 日本ではダラダラ仕事を夜遅くまでするより生産的に効率的にしないと時間なんて取れないというのはわかる。 矛盾しているようだけど、僕は生産的じゃないことにも価値があると思う。 生産的に効率的にをモットーにすると安っぽいユーチューブ動画みたいになりかねない労働になるのだと思う。 時間はかかるけどいいものを作る、お金にならないかもしれないけどそれを作るというチャレンジにも価値がある。 でもこの非効率的な挑戦ができるのは効率的に仕事をして時間をつくり収入がある場合だと思う。 面白いものは非効率的にしないと出来ないと思う。 例えばジブリ。 この人たちはもともとサークルみたいなノリでダラダラ作っていたと思うんだけどそのノリが面白いものを作ったんだと思うんだよ。 宮崎駿は理屈で動く人じゃないとも聞くし、職人って言うのは効率、理屈、生産的っていうよりいいものを作ろうっていう気持ちが重要なんだよ。 宮崎駿についてはいろいろ語られている本があるので興味にある人は読んでみるといい。 プログラマーも職人みたいなものだけど、効率、生産的にを押し付けられるといい結果になる仕事につながらないんじゃないかと思う。 バグが多いとか。 いいものを見ないといい物は作れないと思うし、おいしいものを食べないとおいしいものがわからないと思う。 ネコが同じペットフード食べておいしいって思っているけどもっとおいしいものを上げると前のペットフードは食べなくなるみたいな。 お金がないといいものを作る時間さえとれないとは思うが、ユーチューブで安っぽいのが多いことは日本のデフレということも関わっているのかもしれない。 労働の仕方を変えて、良いものに触れる時間、考える時間など増やさないといろんなことが安っぽい方向に向かっているように思う。 ユーチューバーも当たり障りのない話題やあまりにもテキトウに作ったような短い動画も多くなっていると思うし最初は力入れてやっているけど途中から手抜きすぎるだろっていう動画も増えていると思う。 時間って有限なんだからコンテンツを作る側が真面目にやってくれないといつか飽きられると思う。 ユーチューブの面白さってテレビでもやらないこと出来ないことを素人クオリティでやっていたってことだと思う。 だからそもそもクオリティが高いわけじゃなくてそれってイノベーションのようなもので新鮮味があって衝撃を与えたと思うんだよね。 今では色んな人がユーチューブに参入してきて、同じようなテレビ番組に飽きてユーチューブが面白かったのにユーチューブが同じようなものも増えてて面白さが減っている。 横文字を使うとコモディティ化ってやつだと思う。 テンプレに従って作っているような動画の差別化ってユーチューバーがかわいいか面白いかかっこいいかっていうぐらいでキャバクラとかAKBビジネスとあまり変わらないんじゃないかなって思う。 最初は珍しいとか、変わったもの見たさにみるかもしれないけど中身がないなら他の動画と同じようなゴミみたいに思ってきてそのうち飽きる。 飽きられたらいけないから過激なことしたりする人もいるけど、その発想がもうユーチューブの動画の多くが新しいことをできないって言っているようなもの。 ネタがコモディティ化してくると差別化できるところって見た目か話しぐらいで人間的な魅力がないといけないとか言い出すわけだけど、僕は人間的な魅力もそうだけど発想、ネタがつまらなくなりすぎているってところが重要だと思う。 そもそも素人ユーチューバーに人間的な魅力を求めるのは無理があると思う。 ユーチューバーの面白さは素人感でコモディティ化されていたテレビに革命を起こしたことだったと思うから、人間力とかは別に一番じゃない。 つまらないものから脱出するには全く違うことをしていくしかないんだと思う。 みんなに人気になる動画じゃなくてもいいとは思うけど中身があるかないかが重要なんじゃないかなって思う。 中身があって面白くてパクリじゃなくて配信者の意見、考えも含まれているっていうのは少ないかなって思う。 特にお金を稼いでいるユーチューバーが低クオリティなコンテンツを出しているのを見ると、根本的につまらない人なのかなって思う。 ガッツリお金かけて面白いものつくればいいのに。 アメリカなんてユーチューブチャンネルが面白ければテレビ会社に買われたりするわけで他とは違う面白いコンテンツって多くなりやすいんだと思う。 僕はユーチューブにはまったときがあるからこそ、またそういう面白さをまた見たいとも思っている。

次の