代官巨砲主義。 大艦巨砲主義,日本

大艦巨砲主義対航空主兵論① 大艦巨砲主義とは?

代官巨砲主義

「大艦巨砲主義」ということば 「大艦巨砲主義」ということば 「大艦巨砲主義」ということばは、実は 日本語にしかないのではないか。 その訳語としての表現はいくつかある。 「大艦巨砲」は [big-gun, big-ship] または [big-ship, big-gun] で、それにつく「主義」の方は theory, policy, ism, orthodoxy, strategy, さらには syndrome などもある。 いずれにせよ、ひとつの決まり文句として「これ」という決まったものがあるわけではない。 ネットにおいてそれほど広く見られる表現でもない。 フランス語版、ドイツ語版も同様である。 Google 翻訳を使ってポーランド語も見てみたが、相当する語句はなさそうだ。 そもそも「大艦巨砲主義」とは、 「a. 巨砲を備えた戦艦を海軍の中心戦力、主力とする軍備思想 b. 戦艦同士の艦隊決戦によって戦争の帰趨を決しようとする軍事思想 c. より大きくより大口径の砲を積んだ戦艦を建造しようとする建艦思想」ということだろうが、これを ひとことで表す英語の表現はないように思う。 では、 日本語において「大艦巨砲主義」ということばはどのようにして生まれてきたのだろうか? 「国史大辞典」の「大艦巨砲主義」の項は、出典が野村実・外山三郎・池田清と、すでにこの語が固まってしまったあとの世代の人なので、淵源を探るには用をなさない。 「日本国語大辞典」には「大艦巨砲主義」の 項目はない。 「大艦」の項はあり、1869-71年の 「西洋聞見録」村田文夫 から引いた例として 「故に彼の大艦を製し、巨砲を鋳り、」という一節が載っている。 漢文調の対句として「大艦」「巨砲」の一対はあったらしい。 (該当個所は p260) さらに調べると、「大艦巨砲」はなんと 古賀侗庵とうあんの「海防臆測」(1838、「花燃ゆ」の第一話に出てきたアレ。 )にある語だそうな。 ただ、推察するに、これらは「海に大艦を浮かべ、陸に巨砲を備える」的な感じの対句であり、大戦艦に巨砲を載せる、という意味ではなさそうだ。 「大艦/巨砲」の対句は、 佐久間象山も書簡の中で用いている。 すなわち、 「彼れに大艦あらば我も亦た大艦を作るべし、彼に巨砲あらば我も亦巨砲を造るべし」(嘉永六年)。 から孫引き。 検索すると、他にも幕末の用例がいくつかヒットする。 「当今国家武威を震耀し 大艦を造り巨砲を製し防禦の実を専務とする時に於ては、数理に熟せざれば其功を得べからず」「西算速知」福田理軒、安政四年 これは幕末の算学者が書いた西洋数学の手引書である。 こちらは。 このような例を見るに、この対句は、幕末の洋学者の間ではすでに一般的な修辞だったのではないかと考えられる。 こういった幕末の用例を除いて、近代海軍の文脈での「大艦巨砲主義」を探ると、時代は一気にド級艦時代、大正年間に飛ぶ。 「大正ニュース事典」では、第一次世界大戦のニュースの中に「大艦巨砲主義」の文字が見つかった。 時事新報 1915. 7(大正4) 「すなわち独逸は、毎年戦艦及び巡洋戦艦二隻乃至三隻ずつの起工に対し、潜水艇はわずかに六隻ずつの起工に過ぎず。 これ云うまでもなく 大艦巨砲主義を表明するものにして、今日の如く潜水艇の活躍に期待しあらざりしを証するに足るものなり。 」 これ以降、神戸大学の新聞データベースなどにも、主にワシントン軍縮条約がらみの記事に「大艦巨砲主義」の語は散見される。 大阪朝日新聞 1919. 9 大正8 「右は帝国海軍が 大艦巨砲主義を採用したる結果将来建造する超弩級艦は四万噸級に増大すべく之が速力の関係上二千五百馬力以上の機関を要すれば従来の如く石炭を使用燃料としては積載不便を感じ……」 しかし「明治ニュース事典」をはじめとする明治期の新聞記事には、「ドレッドノート」がらみのものにも「大艦巨砲主義」の語は見られないので、この連語は第一次世界大戦開戦を去ることそれほど久しからざる頃に新聞紙上に登場したものではないかと推察される。 「大艦巨砲主義」に先立って新聞紙上に現れるのが 「大艦主義」ということばである。 これは1914年の新聞にみられる。 報知新聞 1914. 20 大正3 「近年列国の海軍は何れも 大艦主義に傾き独逸も亦た大艦主義を執るに至りたる結果キール運河の拡張に迫られ数年前より其工事に従事したり」 大阪朝日新聞 1914. 16 大正3 「然るに、日露戦争後、世界に於ける製艦技術の突飛的発展と、 大艦主義の激烈な競争とが、遂にドレッドノート型戦艦本位の世の中と化せしめたと思うて居る内に、更に又一歩を進めて、超ドレッドノート型戦艦本位の世の中と化し去った。 」 こうして見てくると、 「大艦巨砲主義」という用語には、まず幕末からの 「大艦/巨砲」という対句の用例が下地としてあった。 それが「ドレッドノート」以来の近代戦艦の発達の時代にいわば「復活」して、 「大艦主義」という用法がまず出現した。 それが、 超ド級戦艦時代の到来、日本海軍への超ド級艦の導入(「金剛」、「扶桑」)を迎えて、世界大戦前後に 「大艦巨砲主義」という用語として確定した。 こういうことなのではないだろうか。 こういう下地の上にできあがった用語ゆえ、日本語圏以外に例を見ない用語が今に至るまで使われ続けているのだろう。 内容は日本海海戦からはやや離れて、戦艦の大型化の傾向とドレッドノートの出現について述べたものである。 この章題を訳すならばまさに「大艦巨砲主義」になるわけだが、はたして当時この記事がどれだけ注目されていたか。 あまり決定的な手がかりではないのが歯がゆいところである。 確かに戦艦の発達について述べてある部分はあるが、原文とを見てみても、具体的にそのような語句はなさそうである。 やはりこの方面に興味のある方は、前から考えておられるのだなあ。 マハンの国において「艦隊決戦 decisive naval battle」という思想すらも、用語としては人口に膾炙したものではないということらしい。 そして、日本における「航空主兵主義」は、井上成美などの主張を見ると、「空母主戦主義」ではなく、かなりの部分基地航空隊にその重点が置かれていたものであるが、そういった意味での「航空主兵主義」というものもまた日本独特の概念であるらしい。 アメリカにあったのはであり、「大艦巨砲主義」から「航空主兵主義」への転換ではない。 Apr. 2015 Daimyoshibo 17. Apr. 2015 加筆).

次の

日本は大艦巨砲主義だから負けたという風潮

代官巨砲主義

50代だが、ゲームは、インディーズのマニアックなものを見つけてする。 逆にメジャータイトルは、やる気さえしない。 本は、昔は、猛烈によんでいたが、老眼が進んで、まるで読めなくなった。 音楽は、1980年代のアメリカンハードロックで血が逆流するほど燃える!テレビは、災害報道時以外、まるで見なくなってしまった。 世の中の仕組みが、わかってきたのでなにか達観してしまったようだ。 老後の趣味を考えて、釣りを始めた。 とても良い感じ。 最近、神聖かまってちゃんの音楽を知り、その斬新に触れ、心湧きたつ感じが半端ない。 仕事だけの人生から自分のための人生に切り替え中。 仕事ができる商売仲間たちが、会社若返りのため仕事を外されるのを見て、仕事ばかりの人生は、損な人生かもしれないとおぼろげに思う。

次の

大艦巨砲主義

代官巨砲主義

その節目とあってか、いくつかのメディアで大和を題材にした記事を見かけましたが、その一つにこんなのがありました。 世界最大の46センチ主砲が敵戦艦に火を噴くことはなく、この最後の艦隊出撃で、撃墜したとされる敵機はわずか3機だった。 出典: 毎日新聞の記事では、宗教家の言葉を引く形で「大艦巨砲主義の誇大妄想」とそれが生んだ「浮沈戦艦への信仰」と、批判的・否定的なトーンで伝えています。 NHKでも過去に歴史ドキュメンタリー番組「その時歴史が動いた」で『戦艦大和沈没 大艦巨砲主義の悲劇』を放映していましたし、ざっと例を挙げられるだけでも、戦艦大和を大艦巨砲主義の象徴として批判的に扱うメディアは多いようです。 このように、「第二次大戦では強力な戦艦を主力とする大艦巨砲主義を空母機動部隊を中心とする航空主兵思想が真珠湾攻撃、マレー沖海戦で打ち破ったが、初戦の勝利に囚われた日本は大艦巨砲主義に固執し、逆に初戦の失敗から学んだアメリカは航空戦力で盛り返した」のような説明をする本や人はよく見られますね。 真珠湾攻撃で日本海軍機の攻撃を受ける米戦艦() ところで、この大艦巨砲主義という言葉。 大雑把に言えば、敵を撃破するために大きな戦艦に巨砲を積むという思想ですが、現在でも時代遅れの考えを批判する際に使われています。 近年、メディアでどういう風に使われたのか、ちょっと見てみましょう。 「安倍政権の原発政策は、時代遅れの大艦巨砲主義」(マスコミ市民,2013年8月)• 「生産部門におもねる豊田家--復活する「大艦巨砲主義」 」(選択,2011年4月)• 「時代錯誤の「大艦巨砲主義」か「日の丸」製造業の大再編」 月刊ベルダ,1999年10月) 製造業に関わる批判例が多いですね。 重厚長大な製造業イメージが、大きいフネに巨砲を載せる大艦巨砲主義と重ねて見えるので、このような批判的意味合いを持った比喩表現として使われているのだと思います。 いずれにしても、現代において「大艦巨砲主義」とは、敗北のイメージを持った、ネガティブな言葉と言えるでしょう。 大艦巨砲主義ニッポン。 戦艦何隻建造した? では、第二次大戦中の日本はどのくらい大艦巨砲主義に毒されていたのでしょうか? 第一次大戦後、列強各国は重い財政負担となっていた建艦競争を抑えるため、海軍軍縮条約を結び各国の戦艦建造・保有に制限をかけ、軍拡競争に歯止めをかけました。 この軍縮条約以前の時代こそ、大艦巨砲主義と言える思想が世界に蔓延っていたと言っても良いかもしれません。 この海軍軍縮条約は1936年末に失効を迎えたため、以降は自国の好きなだけ戦艦を建造出来ます。 大艦巨砲主義の日本は、きっとどこよりも大量に建造している事でしょう。 軍縮条約失効以降に建造された戦艦を、日米英の3カ国で比較しました。 海軍軍縮条約失効以降の日米英戦艦建造一覧 ……あれ? 建造数・進水数共に日本がブッちぎりで少ないですね。 アメリカは12隻起工して10隻進水、イギリスは6隻起工して全て進水させているのに対し、日本は大和型を4隻起工して大和と武蔵の2隻進水、信濃1隻は空母に転用、もう1隻は建造中止で解体されています。 戦艦として進水した数で見ると、日米英で2:10:6です。 アメリカの5分の1、イギリスの3分の1の数です。 さらに言えばイタリアが建造した戦艦(3隻)より日本の建造数は少なく、列強国の中で最低の数です。 こうして各国の戦艦建造実績を比較すると、日本が戦艦に偏重していた訳ではない事が分かります。 もっとも、これは多国間の比較であり、工業力の差が現れただけ、という見方もあるかもしれません。 しかしながら、開戦に先立つ1941年11月には大和型戦艦3番艦、4番艦の建造は中止され、後に3番艦は空母に変更されている事からも、開戦準備の段階で戦艦以外の艦艇が優先されているのが分かります。 よく見られる言説に「真珠湾攻撃やマレー沖海戦で航空機が戦艦を撃沈し、大艦巨砲主義の時代が終わった」というものがありますが、それらの戦闘が行われる1ヶ月前に日本はこれ以上戦艦を建造しない方針が取られているのです。 太平洋戦争開戦時、日本は戦艦を10隻保有していましたが(大和型2隻は戦中に就役)、いずれも軍縮条約以前に建造された戦艦で、最も新しい戦艦陸奥でも就役から20年が経過していました。 中でも低速で威力の劣る35. 6センチ(14インチ)砲搭載の扶桑型・伊勢型の4隻は、戦艦戦力として期待されておらず、伊勢型2隻は航空機を搭載する航空戦艦に改装され、扶桑型2隻は航空戦艦あるいは空母への改装が計画されるほどでした。 航空戦艦改装後の伊勢。 後部の主砲が撤去されてる() このように戦力価値の低い戦艦は航空戦艦・空母に転用が計画されていた訳ですが、このような方針を大艦巨砲主義を掲げる組織が行うでしょうか? 空母4隻を失ったミッドウェー海戦後も空母や補助艦艇の建造はされますが、戦艦建造は一顧だにされません。 対して、イギリスは戦争が終わっても戦艦を作り続けましたし、アメリカに至っては1991年の湾岸戦争でも戦艦を出撃させてますが、別に大艦巨砲主義と呼ばれる事はありません。 何かヘンですよね? 湾岸戦争でイラク軍を砲撃する戦艦ミズーリ().

次の