おか わかめ レシピ。 オカワカメとは

おかわかめのおすすめレシピ5選!味噌汁や酢の物など簡単レシピも紹介

おか わかめ レシピ

おかわかめは栄養価の高い野菜の一種 おかわかめは葉に厚みがあり、刻むとぬめりが出てきます。 生のままでは青臭さがあり、抵抗があるという人もいるかもしれませんが、茹でたりすると食感も見た目もわかめにそっくりなのです。 家庭のプランターや緑のカーテンとして育てているという人もいるようですね。 おかわかめは 栄養価がとても高く、人間の体に必要な必須アミノ酸を含んでいます。 血管の生成に役立ち、糖尿病や骨粗しょう症を防いでくれるマグネシウム、細胞分裂や新陳代謝を活性化させてくれる亜鉛、骨や歯の形成をしてくれるカルシウム、免疫力のUPやアンチエイジングにも効果のあるミネラル、目や肌を乾燥から守ってくれるビタミンA…。 おかわかめにはこれだけの栄養素がしっかりと含まれているのでぜひ食べたい食材ですよね。 おかわかめはアレンジの効くレシピ おかわかめの厚みのある葉はとても弾力があり、 茹でると青臭さもなくなり、アレンジしやすい食材です。 シンプルにおひたしで食べてもいいですし、味噌汁の具材やうどん、そばのトッピングとしても合うのではないでしょうか。 また、おかわかめは葉の部分だけではなく、球根やムカゴ、茎も全ての部分を無駄なく食べることができます。 山芋のような食感のする球根やムカゴはすりおろして食べてもいいですし、刻んでサラダにしてもいいでしょう。 てんぷらや煮物にしてもおいしいですね。 おかわかめはアレンジしやすい食材なので食べる部分によって色々と食べ方をアレンジしてみると意外な食べ方や組み合わせが発見できるでしょう。 おかわかめのレシピ『卵とじ』 誰でも簡単に作れるおかわかめの卵とじはいかがでしょう。 材料はおかわかめと卵があればできますが、お好みでしめじやエリンギといったキノコ類やソーセージを入れてもいいかもしれません。 味付けもいたってシンプルに塩コショウやコンソメ、中華の素、めんつゆなどお好みのものを使ってみるといいでしょう。 その日の気分やほかのおかずとのバランスで味付けを変えても楽しめますね。 おかわかめの卵とじは作り方もとても簡単です。 おかわかめは半分ぐらいにカットして10秒ほど炒めれば大丈夫なのですぐに卵を流し入れて混ぜ、卵が固まってくれば完成となります。 本来は生でも食べることができるおかわかめですから、本当にさっと炒めれば良いですね。 時間のないときでもすぐに作れますね。 おかわかめのレシピ『ポン酢和え』 おかわかめは茹でることで見た目も味もわかめにそっくりになります。 そのためアレンジレシピとしておかわかめのポン酢和えはいかがでしょうか。 時間もかけずに簡単に作ることができますし、さっぱりとしていて食べやすいですね。 おかわかめをさっと熱湯にくぐらせて水にさらし、軽く水気を絞ってポン酢をかければ出来上がりです。 熱湯にくぐらせる時間は本当にさっとで大丈夫ですよ。 さらにポン酢だけではなく、ゆずやしょうがを加えて味にアクセントをつけてもいいですね。 おかわかめにちりめんじゃこやきゅうりを一緒に混ぜてもおいしくなりますよ。 夏の食欲のないときなどには 栄養価も高いうえにさっぱりと食べることができていいかもしれませんね。 おかわかめのレシピ『納豆のネバネバ和え』 おかわかめは刻むとネバネバ感が増しますので、それを利用して納豆と合えてみてもいいですね。 ダブルのネバネバでとても体にも良い組み合わせとなります。 さっと熱湯にくぐらせたおかわかめに納豆を混ぜてめんつゆで味を調えるだけですからとても簡単です。 もっとネバネバ感が欲しいという人はおかわかめを刻むといいでしょう。 熱湯にくぐらせたおかわかめを刻んでから納豆と合えて粘り気をマシマシにしてご飯に乗せて食べてもおいしいですよ。 そこへしらすをプラスしたり、トマトをプラスしても意外と合いますよ。 オクラでさらにネバネバさせてみたり、 生卵を入れてもご飯が進みそうですね。

次の

おかわかめの効能や栄養や保存方法は?レシピで人気なのはあの簡単料理?!

おか わかめ レシピ

「おかわかめ」を食べたことがありますか。 サッと茹でて食べると美味しいですね。 「おかわかめ」は、ツルムラサキ科のつる性植物の葉になります。 「おかわかめ」の正式な和名は「アカザカズラ」で、別名には「雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)」があります。 アカザカズラ(おかわかめ)の原産地は、南アメリカの熱帯地域とされています。 アカザカズラ(おかわかめ)は、栄養成分に富んだ食材として注目されています。 アカザカズラ(おかわかめ)は、ツルムラサキ科なので葉に厚みがあります。 葉を触った感じはシットリしていてゴムのような感触です。 生のまま食べると青臭みが感じられますが、サッと茹でると美味しくなります。 「おかわかめ」という名前の由来は、茹でた状態の見た目や食感がワカメとよく似ているからのようです。 次に、「おかわかめ」の栄養成分・「おかわかめ」の食べ方・「おかわかめ」のレンジを使ったレシピ、などの紹介をします。 「おかわかめ」の栄養成分 「おかわかめ」は栄養豊富なので美味しく食べて、健康・美容に役立ててください。 アカザカズラ(おかわかめ)の栄養成分では、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維が豊富です。 ビタミン類では、ビタミンAが他の食材と比べても多く含まれています。 ビタミンAは目の疲れを改善するのに役立ちます。 ドライアイが気になる人はビタミンAの摂取をおススメします。 ミネラル類では、亜鉛・マグネシウムが多いですね。 亜鉛は多くの酵素になる成分です。 亜鉛には細胞に新しくつくるのをサポートして傷の治りをサポートします。 マグネシウムは骨粗鬆予防にも効果が期待できます。 次に、「おかわかめ」の食べ方・「おかわかめ」のレンジを使ったレシピ、などの紹介をします。 「おかわかめ」の食べ方 アカザカズラ(おかわかめ)の栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。 「おかわかめ」は生食もできますが少しの青臭みと苦みがあります。 「おかわかめ」の食べ方は、サッとゆでてクセを軽減させると食べやすくなります。 細かく刻むとヌメリがでてきます。 サッと熱湯を通して水気を切ってサラダにします。 「わかめ」と合わせて海藻サラダにしても良いですね。 下茹でした「おかわかめ」はいろいろな和え物に使えます。 ポン酢をかけるだけでも良いですが、「おかか」や「納豆」と和えるとさらに美味しく食べられます。 「おかわかめ」の天ぷらや炒め物もおススメです。 次に、「おかわかめ」のレンジを使ったレシピなどの紹介をします。 「おかわかめ」をレンジ調理 「おかわかめ」の豊富な栄養成分を美味しく摂取してください。 「おかわかめ」の食べ方には、サラダ・和え物・炒め物・天ぷら、などがあります。 「おかわかめ」のレンジを使ったレシピには酢の物があります。 「おかわかめ」は電子レンジを使うと、簡単に酢の物ができます。 電子レンジで30秒~1分加熱して、三杯酢に合わせれば完成です。 電子レンジを使って加熱すれば、クセを取り除きながらシャキシャキ感も残せます。

次の

おかわかめの栄養とその効能はどんなもの?|良好倶楽部

おか わかめ レシピ

おかわかめという野菜を聞いたことがありますか。 野菜としての知名度はあまりなく、スーパーでなかなか見ることはありませんが、コリコリした食感でとってもおいしいんですよ。 また、家庭栽培も容易で、育てればグリーンカーテンにもなってくれます。 茹でると粘りが出てワカメに似た食感となり、おひたしや味噌汁の具に用いられることが多いです。 珍しい野菜のため ・おかわかめを長期保存したい ・栄養素を最大限に摂取したい ・どのように調理したらいいか分からない と、悩みが出てきます。 そこで、おかわかめの冷凍、冷蔵の保存方法、保存期間を紹介していきます。 おかわかめは冷凍、冷蔵で保存できます。 また、適切な保存方法をすれば保存期間を伸ばすこともできます。 保存期間や保存食レシピも一緒にご紹介していきますので、ぜひご活用ください。 正しいおかわかめの保存方法を知り、ぜひ、おかわかめで料理をしてみましょう。 茹でてから冷凍保存をすると、おかわかめ本来の粘りがなくなってしまいます。 そのままの状態で冷凍保存しましょう。 おかわかめの冷凍保存の際の保存期間 おかわかめを冷蔵で保存した際の期間は、約3週間です。 おかわかめの冷凍保存の際の栄養素は? おかわかめには、そのまま冷凍するので栄養素は変わりません。 骨や筋肉の機能を正常にする働きや、善玉コレステロールを増やしてくれるので、体の不調を全体的に改善してくれます。 また、美肌やアンチエイジングにも効きます。 おかわかめを冷凍したあとの解凍方法 おかわかめを冷凍した際の解凍方法は、そのまま調理できますので、茹でて和え物にするといいです。 スポンサードリンク おかわかめを干す保存方法 おかわかめを干す保存方法はありません。 おかわかめのカット(切った)後の日持ちする保存方法は? おかわかめをカット(切った)してしまったときの保存方法を紹介します。 おかわかめの保存方法 使いかけ おかわかめをカット(切った)してしまったら、茹でてしまいましょう。 そのままにしておくと、粘りがでてくるので、保存するなら、湿ったキッチンペーパーを容器の底にしき、おかわかめを置いたら、その上に湿ったキッチンペーパーをかぶせます。 おかわかめをカットしたときの保存期間 おかわかめは、冷蔵で保存容器に入れ約1〜2日です。 早めに使いましょう。 おかわかめの長持ちさせる保存方法 おかわかめの長持ちさせる保存方法をご紹介します。 おかわかめの夏と冬の保存の違い 夏が旬の野菜なので、夏は冷蔵保存にします。 冬は出回りませんので、冬の保存はありません。 おいしく食べるには、早めに使い切りましょう。 おかわかめの外の保存 温度変化を与えると痛むので、冷蔵保管にしましょう。 おかわかめの保存容器や保存袋 おかわかめの保存には、保存容器の方が潰れる心配がないのでおすすめです。 おかわかめの洗い方(下処理)• 葉の緑色が鮮やかなもの おかわかめについて 丘で育ちわかめにそっくりなので、「おかわかめ」と呼ばれています。 ツルムラサキ科アカザカズラ属の野菜です。 主に熱帯アメリカや熱帯アジアに自生していて、日本には長寿の薬草として中国から伝わりました。 実際におかわかめを夏にグリーンカーテンとして栽培したことがありますが、あまり手間がかからないので簡単にできました。 モロヘイヤが好きな我が家ですが、粘りもあるのでさっと15秒ほど茹でるだけで食べることことが出来ます。 別名で雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)とも呼ばれ、健康野菜の一つになりつつあります。 おかわかめの旬 春先の5月から秋に葉が枯れ始める10月頃まで収穫されます。 スポンサードリンク おかわかめの保存食と常備菜人気簡単レシピの作り方 おかわかめの保存食と常備菜人気簡単レシピの作り方を紹介します。 おかわかめの保存食の種類.

次の