カナダ 人 性格。 日本人好きなカナダ人男性に聞いてみた。日本人女性の魅力とは

カナダと日本の共通点!実は優柔不断!?

カナダ 人 性格

カナダ人の性格 何となく穏やかで優しいという印象のあるカナダ人ですが、実際にはどのような性格をしているのでしょうか? カナダ人の性格を探っていきたいと思います。 穏やかで寛容• 真面目でマナーを守る• 異性に優しい• 自然を大切にする• 協調性とチームワークを大切にする• 人権を尊重する• 自分の意見をはっきりと言う• 海外では融通が効かないことや、一方的にNOと切り捨てられるといったことも良くありますが、カナダ人にはこちらの意見を考慮したり、受け入れるという寛容さがあります。 カナダは多民族国家であるため、 様々な文化を受け入れながら人々がともに生活をしてきました。 そういった背景から他者に対してとても優しいです。 英語が苦手でも丁寧な対応をしてくれるので、とても紳士的と言えるでしょう。 ですがカナダ人は日本人ほど厳しくないにせよ、 とても真面目でマナーを守る国民性です。 ただし自然の中で暮らしているだけあって、とてものんびりとした性格をしていて時間にはルーズです。 待ち合わせに時間通りに来ない、電車やバスは時間通りに来ない、宅配物が指定時間に来ないというのは日常茶飯事です。 約束もかなり大雑把に決めるようですが、裏を返せばその 大雑把さを受け入れられるおおらかさがあると言えるでしょう。 カナダは男女平等の国ですが、それでも多少なりと対応の違いを感じることがあるでしょう。 ただ決して同性に冷たいわけではなく、 異性に優しいというだけです。 もしカナダで困ったことがあれば、異性に話しかけると優しく対応してくれますよ。 栄えている都市部にも公園は数多くあり、道端や家の庭にも国営の木が植えてあったります。 そのため庭の木とは言え勝手に切ることはできず、木の管理をしっかりとしなくてはなりません。 カナダは国をあげて自然を大切にしています。 移民の多いカナダでは異なる文化や価値観を受け入れていかなくてはならないので、自然と協調性が身についていたのではないでしょうか。 またとても寒い国なので、お互いに協力し合って生きていかないといけないという背景もあり、とても チームワークを大切にする国民性です。 薬物依存症の人に手厚い保証があったる、家のない人々が住むためのシェルターと呼ばれる集合住宅があります。 また多民族国家であるため多様性を受け入れ尊重するのも特徴です。 アメリカやヨーロッパとは違い 人種差別や偏見も少なく、男女平等のが考えが徹底されています。 多民族国家で人権を尊重するため、自分の意見を発言したからといって人格を決められることはまずありません。 むしろはっきり言わないと行動してくれませんので、遠慮はせずに意見を述べたり意思表示をすることが大切です。 そのため祝日は必ず休み、休日出勤やサービス残業はしません。 カナダ人にとってもちろん仕事は大切ですが、プライベートを充実させてこその仕事。 家族を第一に考え、休みの日は家事や育児を協力したりしながら家族と一緒に過ごします。 カナダ人あるある カナダ人は人権を尊重する穏やかで優しい性格であるということがわかりました。 次にカナダ人の国民性をより理解できるよう、カナダ人あるあるをご紹介したいと思います。 それは すぐ謝るところです。 日本人は何かとすぐ「すみません」と言いますが、カナダ人もよく「Sorry」や「Excuse me」を使います。 日本もカナダも謝罪という意味以外に、相手を敬う気持ちから「すみません」という言葉を使うことが多いようです。 また企業側も残業代を払わなくてはならないので、残業をされるのを嫌がります。 カナダ人にとって家庭を持っていてもいなくても、 家での暮らしが最優先です。 残業で高い給料をもらうよりも勤務時間で仕事は終わらせて、プライベートや家族を大切にする方が重要なのです。 カナダの国技であるアイスホッケーは、カナダ人にとって小さいときから身近にあるスポーツです。 日本で子どもがプロ野球選手に憧れるのと同じように、カナダの子どもはプロのアイスホッケー選手に憧れて成長をしていきます。 カナダでは冬になると街のあちこちにアイススケートリングができて、 子どもも大人もみんながアイスホッケーで遊びます。 仕事終わりや週末には試合の観戦に行くこともよくあり、カナダ人の生活の一部と言えるほど根付いています。 カナダ人男性の恋愛傾向 カナダ人男性の恋愛傾向は日本とはかなり違うようです。 もしあなたがカナダ人男性とお付き合いすることになったら、驚かされることがたくさんあるかもしれませんね。 カナダ人男性はシャイで控えめ• 自立した女性が好き• 告白という文化はない• また何度もデートを重ね、付き合うまでにはそれなりの期間がかかるようです。 このデート期間がとても重要で、恋愛に発展するかどうかはデートの数に比例していきます。 仕事をバリバリとこなし、家庭もしっかりとみる、そして自分の意見がはっきりと言える、そんな自立した女性が人気があります。 やはりカナダ人男性はシャイで控えめな分、自分をしっかりと持っていてリードしてくれるような女性が合うのかもしれません。 いつも一緒にいるけど、付き合っているのかいないのかはわからないという関係が続きます 日本人からすると考えられませんが、それでは一体いつ恋人になるのでしょうか? よく海外ではホームパーティーなどで、家族や友人と集まることが多いですよね。 そのときに家族や友人に 自分の恋人と紹介されて、恋人になるという流れが多いようです。 またホームパーティーに招かれるということは、とても大切にされている証拠でもあります。 恋人に黙って付き合うのではなく、あらかじめパートナーに確認をして同意を求めるため、浮気や二股ではありません。 カナダでは恋愛に関しても寛容的で、こういった付き合い方をする人も少なくありません。 カナダ人男性の結婚観 次にカナダ人男性の結婚観をみていきましょう。 恋愛傾向と同じように、結婚観もカナダと日本では違いがあるようです。 結婚という形式にこだわらない• 家族を大切にする• 長く付き合っていて一緒に暮らしていても、2人のあいだに子どもがいても、結婚はしないということがよくあります。 カナダ人はお互いの生活をとても大切にするため、2人にとって結婚しないほうが良いのであれば、パートナーとして一緒にいるという選択を取ります。 またカナダには コモンローという事実婚のような制度があり、コモンローには結婚している人たちとほぼ同等の権利があります。 そのため結婚という形式にこだわる必要がなく、結婚をしない人も多くいる理由となっています。 家族がいてこその仕事なので残業や休日出勤は絶対にせず、家族と一緒に過ごします。 家庭に対する責任感も強くまた男女平等という考えから、 男性でも家事や育児をするのは普通のことです。 しかも離婚原因はほぼ浮気のようで、これまでの内容から考えると少し驚きです。 また結婚においても オープンマリッジと言って、オープンリレーションシップの結婚版のようなもがあります。 全員がそうというわけではありませんが、カナダ人は本当に恋愛や結婚においては日本人が想像できないくらい寛容的ですね。 カナダ人男性へのアプローチ方法 ここまでカナダ人男性の性格や恋愛観をご紹介してきました。 カナダ人男子とお付き合いしてみたくなりましたか? 最後にカナダ人男性へのアプローチ方法をご紹介します。 恥ずかしがらず積極的に• 自己主張はしっかりとする• デートに誘うならアウトドア• ウインタースポーツに興味を持つ• カナダ人男性は家族優先であることを理解する• またカナダ人男性はナンパをすることはほとんどなく、初めて会う人に気軽に話しかけたりすることも少ないため、 知り合いを通して仲良くなることがおすすめです。 共通の知り合いをきっかけに仲を深めていくことで、交際に発展するケースが多くあります。 どうしても日本人は遠慮がちで遠回しに伝えることが多いですが、カナダ人男性が相手のときは直球勝負が大切です。 自分の意見をちゃんと言えないと、なかなか相手にはしてもらえません。 それでいて日本人特有の聞き上手な部分も発揮すれば、好感度はかなり高まるでしょう。 もしあなたからデートに誘うなら山登りやピクニックなどを提案すると良いでしょう。 日本のアウトドアについて教えてあげるのも良いかもしれません。 自然の中で身体を動かしながら、お互いの共通点を見つけることで親密な関係が築けるでしょう。 アイスホッケー、カーリングとカナダはウインタースポーツが盛んなため、デートでスポーツ観戦をすることはよくあります。 かなり熱狂的でいつもとは違う彼の姿に驚いてしまうかもしれませんが、そこは受け入れて一緒に楽しみましょう。 ウインタースポーツはカナダ人にとって 日常の一部ですので、決して否定的な態度や言動は取らないようにしてください。 デートに家族が絡んでくることもよくあり、家族で行うイベントに参加させられる場合もあります。 家族から迎えられてこそ2人の関係はより良いものになるため、自分よりも家族優先であるということを理解する必要があります。 あなたも家族を大切にする姿を見せれば、彼はもっとあなたのことを好きになるでしょう。 もちろん扉は男性が開けて女性を先に通したりと紳士的な部分もありますが、極端なレディファーストはありません。 お会計は基本的に割り勘ですが、決してケチというわけではないので理解しておきましょう。 また男性だからと思って世話を焼きすぎると、自分でできるから子ども扱いしないでと怒られてしまうこともあります。 常に 対等に接することで相手の信頼を得られるでしょう。

次の

カナダ人の特徴は?国民性は?その全てを大解説!|Canarie

カナダ 人 性格

みんなアウトドアは大好きだと思う!サイクリングとかハイキングとかみんな大好き!これは男女関係なくみんな好きだと思う!山も本当に近いし、街もサイクリング用の道路があるぐらい環境も整っているしね。 カナダは緯度が高いから夏なら10時ぐらいまで明るくて、たくさんの人が平日でも仕事終わりにビーチに行って、家族でピクニックしたり太陽を楽しんでる。 僕はそれがすごく素敵だと思う。 でもみんなが太陽を愛している理由として、バンクーバーって1年の半分くらいは雨とか曇りが多いからってのはあるかも。 だから晴れてる日にハイキングとかピクニックに行ったりしてるのかも。 ちなみにバンクーバーは「レインクーバー」って呼ばれるくらい雨が多いからね。 とにかくカナダ人はアウトドア好きのようですね。 自然が広がってるだけあって、常に生活に自然が一体となっているからなんでしょう。 — 2018年12月月27日午後3時25分PST では次に、カナダの女性について。 留学先で彼女を見つけてグローバルな恋愛を目標の1つにあげている人もいるのではないでしょうか。 どんな女性が多いのか気になるところですよね。 カナダ人女性は• 仕事に家事に子育てに、全てをこなすパーフェクト• メイクは ナチュラルな感じ。 自然に囲まれているから?• のんびりしている人が多く、一緒にいるだけで癒される• 喜怒哀楽がはっきりしているので、考えていることがわかる• 完全菜食主義者のビーガン女性も多くいる カナダ人女性は比較的にのんびりしていてナチュラルな方が多いようです。 でも喜怒哀楽がはっきりしているという情報もありました。 有名人でいえば、アヴリル・ラヴィーンがいます。 これは日本が少ないだけじゃないかな。 いろんな国を回ったけど日本はすごく変わってるよね。 ベジタリアンはもちろん、ビーガンの人も当たり前にいる。 それを変わってるねって思うことは、もはや左利きの人に対してわざわざ変わってるねって思うようなことな気がする。 笑 レストランでもベジタリアン、ビーガン用の料理はほとんどのところで置いてあるね。 あと基本的にメニューにはどんな食材が使われてるか載ってて、そこも日本とは違うかな。 日本の場合は料理として紹介される場合が多いけど、それって個々人の価値観が似てることが前提にあって、こっちではみんなの価値観がバラバラだから、「食材」っていう確かな情報の方が料理を決める時に価値があるのかもね。 カナダ人全体的でいうと• 家族第一であり、あまり残業はしない。 5時にはきっかり仕事を終えて、家路につく、が当たり前。 日本人も見習うべきですね。 離婚率は高いが、再婚率も高い。 穏やか、おおらかな性格の人が多い。 日本人も共感できるところが多いかも。 広大な面積が関係していることでしょう。 留学生にも優しく、英語があまり上手でなくてもきちんと聞いてくれようとする。 それも留学先として人気な理由の1つでしょう。 非常に アメリカを意識する。 スポーツでもそれは顕著。 時間にルーズ。 宅配物が届かない、バスが来ないなどは日常茶飯事• 差別には厳しい。 民族差別のみでなく性差別にも厳しく、2005年以降はカナダ全土で同性婚が合法化されている。 冬が寒いことが関係しているのか、太っている人が多い(かも)• なんとなく古風で地味• 男女平等。 男性が家事をするのは当たり前。 女性だからといってあまり尊重しすぎると、逆にバカにしないで、ということになるかも• 自然を愛する。 広大な土地には大自然が広がっているため、自然とともに生きているという感覚があるよう。 言葉にしなかれば動かない。 察するということはしない。 日本人に期待するようにしてはいけない。 あくまでも物事ははっきり言って欲しいというたちです。 食べたいもの、やりたくないこと、考えていることははっきり言いましょう。 国民全員が人生で一度はアイスホッケーの選手に憧れていると言っても過言ではないほど、国民的スポーツに定着しているのがアイスホッケー。 カナダ人に限らずだね。 俺もよく海見に行くし。 寂しくなったら海に行ったり(笑)。 僕は海に行くと楽になれる。 周りで大勢で騒いでる人いて、みんなハッピーそうで。 それ見てるとこっちもハッピーになれる。 あと日本の感覚とは違うんだろうなっていうのが、夫婦で半日ゆったり海で時を過ごす、みたいなことをやってる人が多いよ。 普通日本だとゆったりするって一人でのイメージだけど、カナダだとみんなでゆったり時を過ごしてる。 以上、実際に海外に住んでいるMr. 大出に聞いたカナダ人の国民性でした。 仕事はきっちり終えてプライベートを大事にする、というところは日本とは似てませんが、性格的におおらかで変に傲慢さなどがないようなところは似ているのかもしれませんね。 だからこそ、日本人にも留学先として人気があるということかもしれません。 日本人と近いとわかるとなんだか親近感が湧いて来てカナダが近く感じます。

次の

カナダ人と恋愛する場合の進行ペースは?

カナダ 人 性格

例えばもし先約があったとしたら、たとえ後からもっと楽しそうな誘いがあったとしても、礼儀として断るのが「普通」だと少なくとも私は思っていた。 そりゃもちろん誰しも、私だって、当日疲れていることもあるし、直前になって気分が乗らないということもある。 一度した約束を、なにがなんでも絶対に守らなければならないとは全然思わない。 しかしそれが何度も続くと、 ・・カナダ人の気の変わりやすさ、ハンパない! ていうか、 自由すぎ〜! と思った。 大学で学んだことを基に、 通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われている Wikipedia )を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。 だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは 「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を 「経験」して 「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。 そして先生は、 海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため ・ 英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」 と ・ ワーキングホリデーや留学の「サポート」 が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。 先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の 6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。 また大学時代に文部科学省奨学金留学生として 筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に 早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。 とはいえいつもドタキャンする人は信用を失う カナダではドタキャンが日本よりは許されるとは言っても、もちろん時と場合と重要度によるし、いつもいつも約束を破ったりドタキャンしていると、「そういう人」だと思われて信用もされなくなってしまう。 ある時など、カナダのトロント出身の友達がハイキングを計画して、当日天気がいまいちだったので私は行くのを少し悩んだが、とにかく、行った。 しかし 他のバンクーバー出身の人たちはほとんどドタキャンをしていて、そのカナダ人主催者はとても怒っていた。 またバンクーバー出身の友達のうちの一人は、私が何か遊びを企画する度に 行くよ! と言いながら、当日になってキャンセルしてきた。 5回も6回も連続して・・。 それで、それ以上その人を誘うのが面倒になってしまったことも、実際にある。 もう少し心に余裕をもって「自分もカナダ式を楽しんでみよう」と思った.

次の