さ かじり あい 結婚。 日記: 芸能・まるかじり

あいにゃん結婚!こーちゃんの神プロポーズに涙…インスタ画像あり

さ かじり あい 結婚

2か月前に元彼になった彼と、2か月ぶりにデートした。 二人の間には、毎日メールのやりとりがあり、なんにも変ってないけど、 彼氏でなくなり、いまや親友となった元彼とのデートは、ほんとうに 気楽で前よりも気を使わなくていいので、楽しかった 笑 ただ、変わったのは、歩くときに手をつながなくなったのと、 イチャイチャしながら、キスしたりしないこと、、はっは ランチのあと、けっこうそっけなく、「これからどうするの?」って ランチしたらすぐ分かれて帰るみたいな・・・演技??ははは したら・・・「これから、何するの?」って逆に聞かれて、 「これから、ギャラリー巡りしながら、散歩するの」って答えたら、 「あいかわらず、優雅だなあ〜」って言いながら、三歩帰ろうとしてたのに、 ついてきた元彼。 そうだろう〜 だって、彼はデザイナーだもん。 その言葉に反応しないわけがない。 一緒にギャラリーを回って、気に入った小物を買って、 小腹がすいたから、おいしいタルトを買って、二人でかじり合いながら 散歩して、、、ははは、まだまだ恋人同士ですよね。 観葉植物を買いたいと、お店に入ったら、欲しい植物があったので、 即購入。 しかし、電車でどうやって持って帰るんだあ〜 かかえて帰るのか??? そしたら、彼が「一緒に電車に乗って。 恥ずかしいから、一緒に 俺の家に帰ろう」 はあ?まあいいけど。 新しい家でしょ?1か月前に引っ越しした。 いいのか?新しい彼女の出入りしてる部屋に私を入れて、、、 新しい家には、彼女とのチュー写真なんかも飾ってあって。 しかし、、、、わたしは、まったく嫉妬も感じなくて。 まったく心は乱れない。 新しい彼女が、羽野晶に似たさみしそうな女で、 バツイチの年上彼女だって知ったからか、、、 彼女がわたしより美人じゃなかったからか、、、、笑 いえいえ、愛情がもう、まったくなかったから。 いえいえ、いまのわたしが、ほんとうに幸せだから。 でも、ひとつうれしかったのは、ほんとうに、二人に 幸せになって欲しいと思う自分がいたこと。 これは、ほんとう。 1 archives.

次の

あいにゃん結婚!こーちゃんの神プロポーズに涙…インスタ画像あり

さ かじり あい 結婚

1983年初舞台の69期生の男役、海峡(かいきょう)ひろき(52)と曙真八(あけぼの・まや=51)の退団後の人生行路が似ている。 海峡は新人の頃から、強烈なダンス力が魅力の個性派だった。 星から雪、花組と異動。 ブラックスーツにソフト帽姿の凄みなど、独壇場のかっこよさだ。 だが、本人いわく「性格は正反対、おとなしいほうでした」。 3拍子そろった主演級の位置にいたが、「結婚したくてしたくて…」と97年に退団。 女優業をかじりながら見合いを繰り返すうち、友人の紹介で、柔道整復師の資格を取るために専門学校に通っていた現在のご主人と出会い、彼が国家試験に合格したのを機に結婚した。 2008年、神戸市東灘区で「ひろの整骨院」を開業。 「ひろのは旦那さんの名前、年下です。 かわいいでしょ」とノロける。 タカラジェンヌ経験を生かし、筋肉の使い方、正しい姿勢の保ち方などを指導、夫唱婦随の生活ぶりだ。 元宝塚をうたっているわけではないが、聞きつけた元ファンが遠方からはるばる治療に来たり、現役生も訪れる。 「先輩の所という安心感もあるのでしょう。 100期生の子が今、通っています」 一方、曙は花組の男役で、ソフトで愛嬌(あいきょう)ある役柄を楽しんで6年目に退団。 「結婚準備で辞めましたが、その気になれず、社会的地位も高くて、女性でも独立して働ける場はないかと探していたら、司法書士の職を見つけたんです」。 専門学校に通う日々は、元宝塚として過酷と屈辱の連続だった。 「どこの大学?」「法学部出身でしょ?」との質問が相次ぎ、「女子…短大出身で…なんてごまかしてました」。 3回目で見事に合格、晴れて司法書士となった。 専門学校時代の先輩と結婚したのは、9・11同時多発テロの年。 翌年、夫婦で「北埜司法書士事務所」を大阪市西区で開設した。 「頑張り精神というか弱音を吐かないことは、宝塚で教え込まれた。 子供2人にも教え、2人とも学校は皆勤賞ですよ」。 100年の歴史を刻んだ宝塚精神は、めんめんと生きている。 69期生の人生いろいろを折に触れ、採り上げる。 (演劇コラムニスト・石井啓夫).

次の

結婚したいです。

さ かじり あい 結婚

響子の初婚を考えると、響子は高卒でいきなり惣一郎に押しかけて結婚しています。 両親の大反対があったでしょう。 惣一郎も一方的に激しい響子に押されて結婚したと思われます。 惣一郎と響子の両親は形だけ婚姻を認めたでしょうが、内心では和解していないと思われます。 その証拠に響子は惣一郎死後、旧姓に戻すのを躊躇います。 両親とほぼ絶縁状態で一刻館に就職します。 三鷹はテニスコーチという一種モラトリアムな生活をしています。 本職テニスコーチというよりは、親、親戚の脛をかじりながら、気楽な独り暮らしを楽しんでいます。 お手伝いさんを雇っているぐらい普通ではありません。 こんな生活をしていても、いつかは親戚の経営する会社の取締役が約束されていますから、悠々自適に遊んでいます。 ですから三鷹は親戚を切り離して生きていくことができません。 当然です、親戚への裏切りは安穏な将来設計をぶち壊す事になるのですから。 結婚をして好きな人と暮らす為なら全てを捨てる覚悟のある響子と、親戚に逆らう事も出来ず、親戚無しに生きていくことも出来ない三鷹では、結婚してもいずれ意見が合わず別れることになるでしょう。 お金では買えないものもあるのです。 五代は響子に一途であるし、資格を取得し自立した男です、収入こそ低いのですが。 その上響子の両親にも認められ、響子と両親の断絶を和解に向かわせています。 三鷹ならお金と世間体で誤魔化すのでしょうから、響子と両親は真の和解はしないでしょう、それは響子にとっても不幸でしょうね。

次の