今日の手は空を切らない。 【シャニマス】SSR【今日の手は空を切らない】芹沢あさひの発生イベントとスキル

【シャニマス】SSRサポートアイドル【今日の手は空を切らない】芹沢あさひの性能評価、ステータス、スキル、イベント、イラスト画像まとめ

今日の手は空を切らない

5月31日、ソシャゲー『アイドルマスター シャイニーカラーズ』で、芹沢あさひの新規サポートSSR『芹沢あさひ【今日の手は空を切らない】』が実装されました。 この記事では、その考察をしたいと思います。 『シャニマス』と言えば、キャラクターの人物描写の緻密さ、シナリオの綿密さでお馴染みです。 今度の新規サポートSSRも、既存のプロデュースSSR『芹沢あさひ【空と青とアイツ】』、サポートSSR『芹沢あさひ【あめ、ゆき、はれ】』に続き、 空・天気がタイトルに使われています(ただし、ここでの「空」は中空の意味ですが)。 そして、芹沢あさひの成長が暗示されています。 もしかしたら、あさひの変化について、「成長」という言葉を使うことに違和感をもたれるかたもいるかもしれません。 「成長」というのは、あくまで便宜的な言いかたです。 ダーウィンの『種の起源』は進化論を提唱したと言われます。 ですが、実際にはダーウィンは、『種の起源』で「進化(evolution)」という表現をほぼ使っていません。 そうではなく、中立的な「変化を伴う遺伝(descent with modification)」という表現を使っていました。 それが、後世では、簡潔な「進化(evolution)」という言いかたが広まりました。 あさひの社会適応を伴う変化について、「成長」という言葉を使うのも、あくまでより簡潔で、便宜にかなうからだと理解していただければ幸いです。 では、その『芹沢あさひ【今日の手は空を切らない】』のなにを考察すると言うのでしょう。 noteでは、『シャニマス』について、キャラクターの複雑な感情やシナリオの深長な意味に関する考察が、数多く投稿されています。 そのどれもが、鋭い洞察によって、『シャニマス』への理解を深めてくれるものです。 ですが、ここでは、そうした本質とは関係のない考察をします。 問題は、『芹沢あさひ【今日の手は空を切らない】』のイベント3『石よりも』です。 あさひが見つけたという橋の下の石の謎は、あさひのなかで、愛依の優先順位が好奇心を上回るようになっていたために、解明されないままで終わります。 結局、橋の下の石は、だれが、どういう意図で並べたのでしょうか。 「…す」 え? 「…ます」 え、だれ? 「わたし、気になります!」 あ、千反田える! の声マネをしたオタク! …千反田えるの決めゼリフは、 オタクがするアニメキャラの声マネ第3位に入選するそうですから、まちがえるのも仕方ありませんね。 ちなみに、第1位は暁美ほむらの 「そう… ねえ、私たち、このまま二人で怪物になって、こんな世界、なにもかもメチャクチャにしちゃおっか? 嫌なことも、悲しいことも、全部なかったことにしちゃえるぐらい、壊して、壊して、壊しまくってさ…。 それはそれで、いいと思わない?」だそうです。 気になっているのがオタクなら、べつに真実が明かされないままでもいいですね。 …とは、いきません。 こうした、謎が解明されないままで終わる物語を 「リドル・ストーリー」と言います。 有名なところでは、『世にも奇妙な物語』の『ズンドコベロンチョ』や、『古畑任三郎』シリーズの小話の「赤い洗面器の男」がそうです。 謎の答えが分からないままで終わると、それがどんな些細な謎でも、モヤモヤして忘れられなくなります。 皆さんも、『石よりも』のシナリオを読んだあと「できれば謎の答えを知りたかったなあ…」と思いましたよね。 ダーウィンだって、このシナリオを読んでいれば、 「芹沢あさひの成長? それより、橋の下の石はどうなったのか、教えてくだサーイ!」と言ったに決まっています。 こうした理由で、だれが、どうして橋の下に石を並べていたか、考察してみました。 とくに意味はない。 もっともありそうな原因です。 子供の手遊びなどですね。 ただ、これだと説明になりません。 石そのものに意味があった。 2-1. 漁撈 川の上流から下流にかけて、石を漏斗状に並べ、魚がかかるのを待ちます。 いわゆるイシグロ漁です。 ただし、石が並べられているのが川だった場合、あさひもそのことを言うでしょう。 2-2. 通行妨害 河原を爆走するバイクの通行妨害など。 そこまで明白な意図で並べられていたら、逆にあさひは関心をもたなさそうです。 石がなにかを表していた。 3-1. 知人へのメッセージ 河原の場所を教えなければならなりません。 そのときに直接、メッセージを伝えればいいので却下です。 3-2. 不特定多数へのメッセージ あさひが気づくはずなので却下です。 3-3. 自分へのメッセージ これが1に次いで、もっともありそうな原因です。 まず考えられることとしては、なにかの運動をするときの目印として、石を置いたということです。 ただ、これだと、あまりにも真相が簡単すぎます。 そこで、次に考えられることとしては… ツイッターID:.

次の

コメント/【今日の手は空を切らない】芹沢あさひ

今日の手は空を切らない

爪を切らせない猫 黒猫とキジトラの男の子4歳が2匹います。 3か月で愛護団体から引き取ったのですが、キジトラは来た時から人懐こく、どんな触り方をしても怒ることなく触られるままです。 今もです。 爪切りは主人がしてくれているのですが、おとなしく切らせてくれます。 問題は黒猫で、来た時から警戒心が強く、ケージの隅で震えながら固まっていて、ケージから出しても人間のそばにはなかなか近づかない猫でした。 人間になれるのに時間がかかりました。 黒猫は何かが例えば食器とかベッドとか、トイレが変わったくらいで臆病で食べたり寝たりトイレをなかなかしません。 爪切りも、主人が特に嫌いで主人がそばを通っただけで逃げます。 なので、主人が捕まえて爪を切ろうとすると子猫の間は力がないので、主人に抑えられると仕方なく叫びながら爪を何とか切っていました。 ところが去年あたりから力がついてきたのか、少し切ったところで体をくねらせて暴れて逃げてしまいます。 とにかく、黒猫だけ爪を切らせてくれません。 仕方ないので、3月に一度だけ病院で切ってもらいました。 さすがに先生であっという間に爪を切りました。 というより、病院嫌いなので、固まっていて動けなかっただけなのですが。 私が抑えているのですが、それを上手にすり抜けて逃げます。 (唯一黒猫は私にだけ甘える) 私が爪を切ればいいのでしょうが、私は不器用で、もし肉を切ったらと怖くて、とても切れません。。 皆さんの猫ちゃんで爪切りをものすごく嫌がる場合、どのようにしていますか。 病院で爪を切った後、しばらく黒猫が情緒不安定になり、しばらくおかしかったので、病院では切れません。 キジトラもその時黒猫が病院のにおいがしたのか、しばらく威嚇していました。 何とか黒猫の爪を切りたいのですが、何かいい方法ないでしょうか。 黒猫は逃げるので、寝ているときに抱っこして切っているのですが、今日もものすごく嫌がり、眠いのを起こされたからか、うろうろ歩き回っています。 何かアドバイスあればお願いします。

次の

【シャニマス】SSRサポートアイドル【今日の手は空を切らない】芹沢あさひの性能評価、ステータス、スキル、イベント、イラスト画像まとめ

今日の手は空を切らない

Contents• 写経を始めるキッカケ 毛筆の手習いをしたくて 「何かいいものはないかな?」と探していましたら、目に止まったのが写経。 般若心経といえば、日本人なら誰でも一度は耳にした事がありますよね。 実家でいつもお経をあげてくださるお坊様が 「御先祖様が喜ばれますから、一緒に唱えて下さいね」 と言われ唱えてみるもチンプンカンプン。 読経も一瞬、目を離せば どこを読んでいるのか付いて行けず… 中学英語のように数え切れない程、聴き慣れているはずの般若心経ですが 全く読めない。 そして、その意味も知らない。 これからの人生 まだまだ幾度となく聞いていくであろう般若心経を知っておくのもいいのではないかと思いました。 人間、10年もあったら大抵のことは習得できると私は思っていますし、学び始めるのに年齢は関係ありません。 般若心経くらいはマスターしてみるのもいいかなと 笑 有言実行!!! まっ。 書き順から学び直しながら 笑 1頁ずつ丁寧に練習。 少し難しいですが、解釈も付いていていますよ。 1時間かけて書き上げた写経は 父のお墓参りの際に、父への誕生日プレゼントとして護摩焚きして頂きました。 なので、今 100枚写経にチャレンジ! 来年までは書き上げたいと思います。 般若心経の 歴史 宗派の垣根を超えて唱えられる般若心経を漢訳(かんやく したのは中国唐時代の僧 あの「西遊記」の三蔵法師のモデルになった 玄奘 げんじょう 様です。 玄奘法師は、天竺 てんじく・インド に有難いお経を貰いに行き、サンスクリット語のお経を漢訳されたという訳経僧だったのですね。 ごめんね。 ですが、この般若心経600巻の中に、般若心経は含まれていません。 しかし、全ての経典の心髄 エッセンス が般若心経に込められているので 書写したり、読誦 どくじゅ すれば大きな功徳があると言われています。 般若心経に触れ、理解しようとすればする程、その奥深さに感銘を受けました。 260程の文字で、たった3分間程で読み上げる事が出来る般若心経は 本来、お葬式や法事で亡くなった方の為だけに読むものではなく 「今」生きている私たちに 今日一日をいかに生きればいいのかを示して下さったものです。 幸せに生きるための智慧 ちえ・真偽を見極める知恵)がたくさん詰まっています。 ただ、「空 ・くう」の意味が理解しにくい為、人それぞれ様々な解釈がされています。 こう読まなければいけない こうでなければいけない という 思い込みを手放し 肩の力を抜いて 世の中を広く見て生きていきましょう というスタンスで触れてみて下さい。 般若心経を調べていく内に なるほどなぁ…と思った文章たちを抜粋してご紹介したいと思います。 観世音 かんぜのん 世界と観自在 かんじざい の世界 泥沼に落ちていく人を助けるために 崖から手を伸ばし、声を掛けて励まし その人が岸まで辿り着ける力を信じて引き上げる。 それが 「観世音」の世界。 泥沼に落ちていく人を助けるために 自ら泥沼に入り、その人の身体を下から持ち上げ、岸に押し上げようとする。 それが 「観自在」の世界。 本当の経典の意味を知るために、自らインドまで旅した玄奘三蔵は「観自在」の人だった。 人の役に立ちたいと思う時 どちらの方法もあり、その時々で在り方を選ぶことができる。 どちらも同じであることは 相手を助けたいという思いと 人と自分が持つ可能性を信じているということ。 行 ぎょう 「とにかく今日だけは生きていこう」 頑張って生きていたあの頃。 毎日が辛かったあの頃。 確かに修行のようであったと あの時に学んだ事は多かったと 過去を振り返る。 誰にも身を切られるような「修行」の時期がある。 耐えられなければ逃げてもいい。 いつかまた同じ修行がやってきた時 今度こそ立ち向かえばいい。 何度でもやり直せばいい。 般若 はんにゃ 自分のことは置いておいて 「あの人の行動は許せない」とか 「あれはよくないね」とか。 人の評価なんて出来ないのに 「あの人はいいね」とか 「ああいう人は伸びるね」とか。 勝手な判断ばかりだね。 みんなの人気を集めていた人が小さなスキャンダルをきっかけに 「いい人」から「許せない人」になっていく。 智慧もない者が無責任な判断をするから 簡単にそんなものはひっくり返る。 それでもまだ人を裁こうとする 私たちはなんと愚かで仕方なく 罪深いのだろう。 波羅蜜多 はらみった 心身安楽 しんしんあんらく。 身体が楽な事を楽身 らくしん という。 楽身がなまってラクチン 不安を感じさせない事を安心という。 ラクチンでアンシンなのは幸せのひとつの形。 幸せの定義を 「〇〇があること」で考えていると 新しい何かを手に入れるために ドンドン欲張りになっていく。 持っているものを守ろうとすがりついてしまう。 心配が ない 迷いが ない つらく ない 怒って ない 「〇〇がない」ことは 本当に幸せなこと 何もない一日は、幸せな日。 空 くう とは 「空」を「からっぽ」ではなく 「そら」だと考えてみる。 常に頭上にある空の存在を否定する人はおらず その誕生や死を正確に語れる人はおらず その変化をコントロールできる人はいない。 人々の生活を包むように ただそこにあって 常に姿を変え続けているが 一瞬たりとも「そら」でなかった時はなく、必ず「そら」である。 「空」とは 私たちを包み込むものであり 常に姿を変えていくものであり 自然に受け入るものであり 絶対的な何かである と考えてみる。 私たちはそんな 何かを受け入れ いつも守られている。 色不異空 色は空に異らず 「変わらないもの」は この世に存在しない。 生物は誕生すると同時に成長しはじめ、やがて衰えていく。 体内では休むことなく細胞分裂が行われ 一瞬たりとも現状維持はない。 頑強な建物も 風や紫外線や雨にさらされ 見えないけれど少しずつ、風化を続けている。 自分の日常を振り返り 「何も変わらない日々」と嘆かないで。 気づいていないかもしれないけど こんなにも変わっているのだから。 「いつまでもこのままの生活で」 と現状維持を望まないで。 あなたの希望に関係なく 環境はどんどん変わっていくのだから あなた自身も変わり続けている。 般若心経のエッセンスを、分かりやすく 心に落とし込める内容にまとめられています。 気持ちが落ち着かない 心がざわつく そんな時、皆さんに読んで頂きたい一冊です。 般若心経の一文字、一文に込められた教えは 人それぞれ受け方が違います。 ここからは私が思う般若心経について述べていきたいと思います。 私の般若心経の解釈 とこれから 人の心は、見えないし 形も色も匂いもない。 海のさざ波のように 固有の形を持たず 常に変化しながら 物質世界の中で、物質として存在しないもの。 空のように、どこまでが空で どこから地上なのか分からないように どこまでが心で どこまでが心でないのかも分からない。 その心の入れ物である身体がないと心は存在しない。 心だけ、身体だけでは存在しない。 だけど、必ずここにあり 私たちの中に存在している。 その心を決める要素は 五蘊 ごうん という感覚の影響も関係している。 目で見て、耳で聴き 鼻で香りを嗅ぎ別け 肌で感じ、口で味を知る。 その感覚で得た事を頼りに、感情を変化させる。 身体は 限りある命の灯火を感じながら 刻を刻む事で、「生きている」という事を実感する。 もし、永遠の命があるのなら もっと時間を大切にしないだろう。 いずれ返さなくてはいけない限りある借り物の身体だから その限られた時間を惜しみなく使わせて頂くことに気づいた時 「お前はその身体で何を学んでいくんだい?」 そんな問いかけをされた気がする。 この世は、此岸 しがん の世界という みんな生きている者が目指すのは彼岸 ひがん・悟りに至るという意味 の世界。 生まれ落ちた時の記憶はないし、 それ以前の記憶もない。 だけど、何度も何度も輪廻転生を繰り返して ここまで来たことの意味は 必ずどこかで繋がっていく。 この感覚と、これまでの出来事が答え合わせするかのように目まぐるしく起こってきているのは確か。

次の