本当に素敵な恋愛小説。 恋愛小説のリアル活用法

30代からの素敵な恋愛の始め方。まずはあなたの気持ちを変えていくことです

本当に素敵な恋愛小説

小説家を目指し、バイト生活を送る30代後半の男性鏡史郎が主人公。 仙台の高校生の同級生の時に初恋に落ちた相手の美咲に会いたい為、同窓会に参加するのですが、そこに居たのは美咲でなく妹の裕里だった。 鏡史郎は直ぐに妹の裕里だと気づくのだが周りの同級生は20年振りの再会に本人だと勘違いをしてしまいます。 なぜ、妹の裕里は姉の美咲を偽って同窓会に参加したのか?それを機会に美咲を偽り妹の裕里と鏡史郎の文通が始まるのだが鏡史郎は驚愕の真実を裕里に告げられてしまう。 小説家を目指していた鏡史郎だったが・・・ 最後のラストは深く考えさせられる作品でした。 この作品は、2020年1月に実写映画化される予定です。 更に気になる方は記事も書いていますのでどうぞ 陽だまりの彼女 半世紀後の東京、人型ロボットを使った極秘プロジェクトが進む中で、操作官の健は想いを寄せる咲を守れるのか? ラストに驚愕必至の感動大作! 2060年、三度目のオリンピック開催が迫る東京で、人型ロボットを使った国家的極秘プロジェクトが進んでいた。 プロジェクトメンバーの健は、幼なじみで同僚の陽一郎、そして彼の妹の咲に助けられながら奮闘する。 ところが、咲の勤務先にテロ予告が届き事態は急変した。 目的を達するために、はてしなく暴走する研究者の狂気。 はたして健は、テロを防ぎ、想いを寄せる咲を守れるのか? そしてラストに待ち受ける衝動と、涙の結末は? 男の打った最後の一手が、開けてはいけない扉を開ける!

次の

今すぐ恋がしたくなる!本当におすすめできる恋愛小説ランキング

本当に素敵な恋愛小説

プラトニックな恋愛を選ぶ理由 では、プラトニックな恋愛を選ぶ理由を見ていきましょう。 プラトニックな恋愛を選ぶ理由には下記のものがあります。 この項目でのプラトニックとはプラトニック・ラブのことを意味します。 安心することができる• お互いに努力することができる• セックスに関する悩みがない• 体だけが目的の悪い男をふるいにかけることができる• 心から相手を好きでいることを実感できる• 妊娠や性病の心配も必要ない• 体じゃなく心を繋げることができる• 恋する相手というだけでなく友人や仲間として付き合える 続いてプラトニックな恋愛を選ぶ理由をそれぞれ詳しくみていきます。 不安がないため、精神的にも安定してイライラすることがありません。 相手の愛を疑うことなくお互いに無償の愛を注ぐことができる恋愛を理想とするカップルにおすすめです。 「性格は合わないけど、体の相性が良いから別れられない」というようなことを聞いたことはありませんか? プラトニックなな二人だと上記のようなパターンは決して起こり得ません。 「気持ちよくない」「満足できない」「へたくそ」「早い」等の言葉は伝え方を間違えてしまうと、最悪な場合は別れにも繋がってしまう可能性も否定できません。 プラトニックな関係で結ばれているとそのようなデリケートな夜の悩みで困ることがないという点も良いですね。 過去に夜のことでトラウマがある男女もプラトニック・ラブなら安心して関係を築くことができます。 「お互いに好きだと思っていて肉体関係を結んだ途端、彼が冷たくなった」「そもそも付き合っていると思ってたのは私だけだった」 そんな悲しい結末を最初から避けることができます。 愛する恋人とは体の繫がりも大切にしたい!そんな女性も最初の数か月間はプラトニックな関係でいても良いかもしれませんね。 これは特に男性に言えることですが、流れやノリで付き合ったパターンだと最初はそれが本当の愛なのか、 単純に相手とセックスしたいだけなのか自分でもわからない場合があります。 プラトニック・ラブの場合だと、肉体関係を持つことがないので本当の恋でない時は、早々にお別れすることになるでしょう。 反対に、セックスできなくてもずっと一緒に居たいと思うことで相手への愛を自分で強く実感することができます。 「生理が来ない」とストレスを感じることもないのです。 過去に痛い思いをした方からプラトニック・ラブが良いと言われる理由の一つでもあります。 自分を大切にすることにも繋がりますね。 プラトニックな関係だと「体は繋げても心が繋がっていなかった」という悲しい事態を避けることができます。 長い時間をかけて相手を理解し、心が繋がっている関係性は簡単には揺らぐことはないのです。 反対に体だけが繋がった状態は脆く、他の女性の出現や喧嘩などですぐに壊れてしまう可能性も高くなります。 よき恋人だけでなく、よき友人として時に思いっきりはしゃいだり、 場合によってはよき同僚としてお互いに切磋琢磨することができます。 そしてそんな関係は恋人としてだけ付き合うよりも、飽きることなく長い人生を共に楽しむことができるでしょう。 プラトニックな関係でも浮気になる? 愛する恋人や結婚している相手にとても親しい異性がいると気になりますよね。 プラトニックとは肉体的な結びつきのない関係のことを表します。 そのため、二人の距離がとても近かったとしてもそれがプラトニックな関係であるのなら二人でラブホテルから出てきた!などの決定的な証拠も掴めないため、相手に詰め寄るのは簡単ではありません。 もしかしたら本当に二人はただのお友達で自分の被害妄想である可能性もなきにしもあらずです。 このプラトニックな関係が浮気になるのか否かは一人一人の価値観にゆだねられる部分と言えます。 たまに耳にする「どこからが浮気?」というテーマと同じです。 判断が難しい故、悶々と悩み続けた片方が最終的に精神的に疲れてしまったり病んでしまう可能性もゼロではありません。 そうならない為にも、日ごろから異性との関わり方について話をしておくことをおすすめします。 プラトニックとは? 意味 プラトニックとは、そのまま訳すと「プラトンのような」になります。 「プラトン」という名詞が形容詞化した言葉です。 プラトンとは過去に実在した人物の名前です。 ではプラトニックとはどのような意味のことを表すのか、より詳しくみていきましょう。 プラトニックとは? 引用 純粋に精神的なさま。 特に恋愛において肉欲を伴わず、純粋に相手を思うさま。 由来 プラトニックとは古代ギリシャの哲学者であるプラトンの名前からきている言葉です。 しかし、プラトン本人がプラトニックのことを熱く語ったわけではありません。 プラトンは純潔を貫いたわけではないのです。 ちなみに男色家で人と肉体関係も持っていました。 そして彼は「外見に惹かれる愛よりも内面に惹かれる愛の方が優れている」と考えていました。 時は流れ、ルネサンス期にマルシリオ・フィチーノによりプラトンが書いた作品がラテン語へと翻訳されると、彼の思想が世間に一気に広まりました。 現在では、プラトンが当初に考えていた意味とは少し異なり、プラトニックとはセックスをしない恋愛のことだと多くの方に認識されています。 対義語 プラトニックとは「精神的な」の意味があります。 その対義語は「肉体的な」です。 プラトニックの意味する「純粋」という点だけでみると「不純」も対義語の1つとして思われそうですが、 決して「肉体関係がある恋愛=不純」ではないので、プラトニックの対義語として使用するには不自然です。 使い方 現在では「プラトニック」の後に「ラブ」を足して、性交渉のない関係という意味で使われることが多いです。 例えば、付き合ってからすでに三年が経っていても、肉体関係のない男女がいたとすれば、精神的な繋がり(プラトニック)の二人と言えます。 具体的な例文については後で詳しくご紹介致します。 プラトニックを使った例文 プラトニックとはどのようなシチュエーションで使う言葉なのでしょうか?例となる文章として下記をご紹介致します。 優衣と彼はまだプラトニックな関係のようで安心した。 悠斗くんはどうやらプラトニックな関係を好んでいるようだ。 肉体的な欲求に囚われない精神的な愛のことをプラトニック・ラブと言う。 プラトニックな恋愛関係に憧れを抱いていた時期が私にもあった。 真奈美によると鈴木君はいつもプラトニックな恋をしているらしい。 友人からどれだけプラトニック・ラブが素晴らしいか説明された。 次に「プラトニック」を用いた文章をそれぞれ詳しくご紹介します。 この優衣が恋愛相手と まだ肉体関係を持っていないという意味で使用されています。 本人ではなく親や友人など第三者から二人の関係性を見た時に、用いることのできる文章ですね。 「プラトニックな関係」という文言を頭の隅にいれておくと便利でしょう。 プラトニックな関係を好む=セックスはせずに精神的に相手を愛したいと思っている時に使える文言です。 ちなみに、キスやハグなどの軽いスキンシップはプラトニックな関係の二人でも交わします。 プラトニックラブって何?プラトニックとはどんな意味?そんな質問をされた時に使用できる例文です。 この例文で上手く伝わらない時は「セックスをしない関係」と教えてあげましょう。 セックスありきではない恋愛に憧れていたという意味ですね。 ここでいう「プラトニックな恋愛関係」とは「プラトニックな愛情」とも言い換えることができます。 プラトニックな関係に憧れる女性は意外と多いのではないでしょうか。 小説の一文に出てきそうな例文ですね。 鈴木君はいつも恋する相手とセックスをしないようだという意味になります。 「彼はセックスしない」よりも「彼はプラトニック」の方が普段のカフェなどでする日常会話では、使いやすい言葉ですね。 プラトニック・ラブ=肉体関係を伴わない愛のことなので、肉欲を持たず純粋に相手を愛し合うことがいかに素晴らしいのか、聞かされたということです。 確かにプラトニック・ラブには、それ故のメリットがたくさんあります。 付き合って間もない頃はプラトニックな恋愛がおすすめ いくらプラトニックな恋愛に憧れていても、実際に好きな人ができるともっと彼に近づきたい!相手のことを知りたい!という気持ちからお泊りをする人も多いでしょう。 実際のところ現代ではプラトニックな関係を続けているカップルは少数派です。 しかし「体目的の男をふるいにかける」「相手と精神的な部分で繫がることができる」「本当に好きだということに気が付く」などメリットも多くあります。 いつかは肉体関係を結ぶことになったとしても、最初の数か月間プラトニックな関係を保つことは決して悪いようにはならないはずです。 特に女性は自分を守るためにも、相手を充分に信用できるまでの期間はプラトニックな恋愛をすることがおすすめです。 プラトニックとは女性が身体を守る手段としても大いに有効的なのです。

次の

恋愛小説の書き方 豆知識編

本当に素敵な恋愛小説

恋愛小説の恋愛をする• まとめ 恋愛小説の恋愛に憧れる 恋愛小説のような「恋愛」に憧れる男性・女性も多くいます。 運命的に出会い「別れ」を経験して「また出会い」と言う流れの恋愛を求めている人もいます。 小説の中では、最終的には「ハッピーエンド」になるパターンが多いですが、実際の恋愛では、中々波乱万丈の恋愛から「ハッピーエンド」になる事は、難しいでしょう。 でも憧れを持つことは、決して悪い事ではありません。 理想の恋愛の憧れは、決して捨ててはいけません。 憧れを捨ててしまうと「恋活・婚活」をしていても上手くいく恋愛も上手くいかない傾向があります。 恋愛小説の様な恋愛 恋愛小説の様な恋愛をしてみたいですか?誰でも「ドキドキ」する恋愛をしてみたい「相手に求められ」たいと思う事でしょう。 自分から好きだと言うよりも「相手から好き」と言われた方が断然精神的には、楽な恋愛だと言えます。 そんな事から「自分でストリー」をある程度想像出来る恋愛に誰でも憧れと安心感を求めてしまうのです。 恋愛小説オススメ 恋愛小説を読む事をお勧めはしています。 それは、参考になる部分もあるからになります。 特に「少し時間」がある夜寝る前とかに読むと精神的にも安心感や「恋愛に対して」前向きになれる事が出来ます。 恋愛をする上で「心の充実感」は非常に大事になります。 心が「安定」していると「異性」に騙されてしまう事もなくなるのです。 人は、誰でも「心に余裕」がないと「心の隙間」に付け込まれてしまい「恋愛」でかなりの傷を負ってしまう事も非常に多くあるのです。 そんな「心」を落ち着かせる為にも恋愛小説を上手く活用して参考にするも1つの方法と言えます。 恋愛小説家 恋愛小説家に憧れを抱く事はありますか?私は、毎日恋愛や婚活のブログを書いていますので「恋愛小説」も書いて見たいなと思う事もあります。 でも私には、そんな才能はありませんので・・・!!!! 恋愛とは、自分が小説家になったつもりで「恋愛」をすると面白い事も見えてきます。 次の展開を自分の頭の中で考えて見ると「気持ちが刺激」されて「男性や女性」のホルモンを刺激する事により「感情豊かな」恋愛出来るでしょう。 大人の恋愛小説 大人の恋愛小説を参考になる内容があります。 大人の恋愛と聞くと少し「H」なイメージを持つ人もいると思いますが決してそんな事は、ありません。 期待していた人「すみません!!!」 大人の恋愛とは、どんな恋愛なのでしょうか?大人の恋愛とは「余裕のある恋愛」を言います。 恋愛で余裕と言う言葉を聞くと「あまり相手」に関心がないから「恋愛で余裕」でいられると思う人もいると思います。 本当は、大人の恋愛とは「余裕」がある事ではありません。 大人の恋愛とは、「求める時には激しく求め」「求めない時には優しい気持ち」で見守る事が出来る人が大人の恋愛をしている人と言えます。 大人の恋愛に憧れる 大人の恋愛に憧れを抱く男性も女性います。 では何故大人の恋愛に憧れを抱くのでしょうか? 恋愛に失敗すると余計「大人の異性」を求めるでしょう。 特にこの傾向は、女性に多く現れます。 1度男性で失敗すると今度は、「大人の男性」がいいと聞いた事はありませんか? 大人の男性なら「今の自分を受け止めてくれる」と女性なら思うからになります。 そんな気持ちから「年上で大人の男性」に憧れを抱き恋活や婚活を始める事になります。 次の恋愛は、絶対失敗しないで「大人の男性」と大人の恋愛をしたいと思うのです。 恋愛小説の恋愛をする 恋愛小説の恋愛をしてみたらいったいどうなるのでしょうか?小説の中にある「運命的な出会い」「運命的な別れ」を乗り越えて新しい出会いに巡り会える・・! とこんな恋愛ではいかがでしょうか?恋愛の小説をもし作るなら「私が考える内容」になります。 一見非現実的な内容かもしれませんが、実際問題「誰でも体験出来る恋愛ストーリー」なのです。 まず!「運命的な出会い」になりますが、運命とはどんな時に思うのでしょうか?道ですれ違った時に「出会う」なら運命的な出会いなのでしょうか? 運命的な出会い 運命的な出会いとは、出会いたいと思わないと中々出会う事はありません。 いい出会いをしたいとか「いい人と出会い」たいと思わないと現実にそんな事はありません。 出会いは、運命ではなく「必然」なのです。 出会うべくして「異性と出会う」のです。 必然とは、「行動」とも言えると思います。 結論から言うと行動した人だけが「運命的な出会い」を手に入れてその後の恋愛や結婚まで進んでいけるのです。 運命的な別れ 運命的な別れについて考えていきましょう。 どんなに「愛し合っている2人」でも「別れて」しまう時もあります。 別れとは、突然訪れる事もあるのです。 どうしてだろう?と思う時もあるでしょう!突然の別れてとは、本当に突然訪れるのです。 突然の別れが訪れると「立ち直れない」事もあります。 自分が別れを切り出したのなら問題ありませんが相手に別れを切り出されると「心に少しの傷」が残る事もあります。 そんな運命的な別れを乗り越えれば次の出会いが待っていますので前向きに進んでいく事をお勧めします。 まとめ 最後まで読んで頂きましてありがとうございます。 今回は、小説のそうな話になってしまいましたが恋愛小説を参考にして自分の恋愛をしていく事も1つの方法になるのです。 恋愛小説にのめり込み過ぎると「現実」と妄想の区別がつかなくなってしまうので十分に気を付けましょう。 最後に恋愛小説が好きで参考にしたいけど、どうしていいか解らない人に参考になれば幸いになります。

次の