前田 敦子 鬼 の 形相。 前田敦子が夫・勝地涼にブチギレ激怒。路上で夫婦喧嘩し暴走の理由は…情緒不安定でトラブル多発? 画像あり

前田敦子と勝地涼の馴れ初め〜離婚危機を時系列でまとめ!

前田 敦子 鬼 の 形相

「私は芸能界のことは詳しくないのですが、彼女はAKB48で活躍していたそうですね。 実際にあった印象? とても可愛らしいお嬢さんでした」と微笑みながら語るのは、俳優・勝地涼(31)の母。 7月31日に、女優・前田敦子(27)との結婚を発表した勝地。 勝地の母に取材を申し込むと「あまりお話ししないように言われているのですが、まぁ、おめでたいことですからね、少しだけなら……」と、応じてくれた。 ですから結婚も、急に決めたわけではなくて、2人でじっくり話し合った結果だと思いますよ」 テレビ局関係者らの間では、前田が最近、出演予定だったドラマを降板したという情報が流れているという。 「子供については2人で決めていくことですから私は何も聞いていません。 テレビ局がロケをおこなったのですが、たまたま息子が見に来ていて、その後、芸能界に入ることになったんです。 2人とも、これからも仕事は続けていくようです。 生花店は私が植物好きで始めたものですし、夫もまだ仕事をしています。 息子の結婚により、特に家族に変化があるということはないと思います」 勝地の父は不動産業を営んでおり、母が経営する生花店が入っている5階建てビルやその土地も父の名義になっている。 「ビルは坪単価300万円という一等地に建っており、土地・建物あわせておよそ3億円ほどの価値があります」(付近の不動産関係者) 勝地家はほかにも5階建てオフィスビル、閑静な住宅街にある実家、現在は勝地の兄が生活しているという一戸建てなど、本誌が確認できただけでも、東京都内に4件の不動産を所有していた。 いずれも名だたる一等地にあり、前出の不動産関係者によれば「しめて7億円はくだらないと思います」とのこと。 勝地の知人は言う。 「NHK朝ドラ『あまちゃん』では、前髪クネ男というチャラチャラしたキャラクターを演じて話題になりましたが、実際の勝地は友情に厚い、男らしい性格です。 その彼がいちばん尊敬しているのがお父さんなのです。

次の

前田敦子の別居理由に衝撃!離婚はある?勝地涼が我慢できない性格がヤバすぎる!

前田 敦子 鬼 の 形相

(C)まいじつ 女優の前田敦子と俳優の勝地涼夫妻が別居していると、6月25日発売の『女性セブン』が報じている。 前田と勝地は2018年7月に、交際わずか4カ月で〝デキ婚〟し、翌年3月に第1子となる男児が誕生しているナイスカップル。 同誌記事によると、勝地は母親のサポートを受けやすいようにと前田の実家と同じマンションに引っ越し、家族ぐるみで1歳の息子の育児をしていたという。 しかし、なぜか今年の3月に、別のマンションに転居。 これから育児が大変な時期を迎えるにもかかわらず、現在の2人は別居状態にあるという。 出産してわずか1年の別居に、ネット上では驚きの声が上がったが、一方で前田の性格を知る関係者からは、「いつかはこうなると思っていた」などという声も聞こえてくる…。 「勝地は今どきのパパらしく、熱心に育児に協力していたようです。 前田も勝地のイクメンぶりを『すごく協力的に育児に参加してくれていました。 3日間撮影が詰まっていたら向こう(勝地)が3日間全部見てくれて。 あらためて感謝ですね』などと明かしていましたからね。 ただ、前田は情緒不安定な部分があり、自分が気に入らないことがあると、急に激昂することがあるのです。 前田の逆鱗に触れ、勝地がマンションから締め出されたこともあり、さすがに我慢の限界だったんじゃないでしょうか。 「前田はこのとき、自宅作業中に膝の靭帯を損傷したため車椅子でした。 勝地は子どもを抱っこしながら、前田の車椅子を押して歩いていたのですが、突然、前田は立ち上がると夫の静止を振り切り50メートルほど走って歩道に倒れ込み、立ち上がると夫をニラみつけたのです。 その激怒した形相は〝パパ喝〟といわれて話題になりました。 2人はこのような修羅場を何度となく繰り広げているのです」(芸能記者) かつて、泥酔した前田を俳優の佐藤健が〝お姫様抱っこ〟するという衝撃的な写真がスクープされたことがある。 このときも前田は号泣で、裸足の上、ワンピースの肩ひもがズリ落ちているという、とてもアイドルとは思えない惨状だった。 元国民的トップアイドルだって人間だもの…。 夫から呆れられてしまうこともあるのだろう。

次の

前田敦子、路上で夫・勝地に“鬼の形相”で激怒にネット騒然…現場で有名な不機嫌ぶり

前田 敦子 鬼 の 形相

24日付「NEWSポストセブン」は、元AKB48で女優の 前田敦子が、夫で俳優の 勝地涼と別居状態にあると報じた。 「前田は昨年、路上で夫の勝地に激怒している様子を収めた写真が『週刊文春』(文藝春秋)で報じられ、そのあまりにスゴい鬼の形相と、その傍らで赤ちゃんを抱いて呆然と立ち尽くす勝地の姿が話題になりました」 そうした性格は前田本人も理解しているようで、以前、前田は出演したテレビ番組で、普段の生活のなかでも感情をコントロールできなくなって取り乱してしまうことが多いと明かし、それでもいつもやさしく接してくれる勝地に感謝の言葉を口にしていました。 勝地も、そんな前田の性格に耐えきれなくなったのかもしれません」(週刊誌記者) また、業界関係者は語る。 「AKB時代の前田は、とにかく気難しくて面倒な性格だというのは業界では有名な話でした。 現場でも機嫌を損ねると立ち直るのに時間がかかり、撮影やリハーサルなどがストップしてしまうことも珍しくなく、とにかくスタッフは前田が気分を害さないように気を遣って大変でした。 さすがに最近は仕事の現場ではそんなことはないようなので、昔に比べれば随分マシになったと思いますよ。 もっとも、AKB時代の前田を知っている人間からすれば、今回の別居報道を聞いても驚きは感じないというか、よく2年近くも勝地は耐えて結婚生活が続いているなあという印象を抱いたのではないでしょうか」 もっとも、即離婚とはならないという声も聞かれる。 「『ポストセブン』の記事によれば、勝地は今、前田と子どもとは違う住居で生活しながら仕事に通っているということですが、特に女優さんに多いのですが、自宅とは別に仕事部屋を借りているケースは珍しくありません。 なので、そうした仕事の期間だけ夫婦別々に生活するというのは、よくあるパターンです。 (文=編集部).

次の