2020 エリザベート キャスト。 山崎育三郎が“黄泉の帝王”トートに!2020年版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表

『エリザベート』2020年 チケット・先行・キャスト情報 東京/大阪/名古屋/福岡

2020 エリザベート キャスト

2000年の初演以来、日本のミュージカル史を塗り替え続ける大ヒット作『エリザベート』。 エリザベート役は、今年に引き続き花總まりさんと愛希れいかさんがWキャストで。 そして、エリザベートを愛する黄泉の帝王トート役はトリプルキャスト。 井上芳雄さん、古川雄大さんに加え、今回、山崎育三郎さんが初挑戦。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! 製作発表には、キャストを代表してエリザベート役、トート役の5名が登壇。 同作では2015年から暗殺者ルキーニ役を演じ、今回満を持してトート役での参加となる山崎育三郎さんは「ルキーニとして誰よりも近くでトートを見てきたので、ルキーニをやった自分だからこそ出来るトートを作りたい」と、気合十分。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! 山崎育三郎さんのトートは、センター分けのヘアスタイルがポイントとのことで「 演出の 小池先生のこだわりです。 今までのトートにいない真ん中分けなので、視覚的にも注目して頂きたいなと!」。 同じトート役の井上芳雄さんが「僕たちも真ん中分けにしようかな。 育三郎だけっていうのもね!」と古川雄大さんに声をかけていた姿も。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! また、囲み取材では山崎育三郎さんから「実は、今年のルキーニも真ん中分けにしていたんです」という衝撃発言が。 これには「嘘!」「全然気づかなかった」と顔を見合わせていたキャスト陣。 「まあ、6:4くらいだったのを5:5に 笑 」と笑いつつ、「トートとルキーニの関係性、繋がりを意識していた役作りをしていたので」という育三郎さんには、井上芳雄さんが「でも今年の公演は僕たちのトートに寄せてくれればいいのに」とツッコミを。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! さらに、「今年はいつも以上にずっとトートを見ていましたね。 舞台から袖にはけてもトートの動きを確認していました」と、ルキーニを演じながらもトート役を意識していたという山崎育三郎さん。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! 「確かに見られてるっていうのは感じていましたね」と今年の公演を振り返る井上芳雄さんの姿もあったが、トート役の先輩としてアドバイスは? という質問には「企業秘密なんで!」とニヤリ。 さらに、「ライバル?」と問いかけられると「そりゃそうでしょうね!」と即答。 そんな井上芳雄さんには、「アドバイスください!先輩!」と山崎育三郎さんがリクエスト。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! 「でも、全然違うトートになると思うんですよ。 トートってやればやるほど形が捉えられない。 概念なので。 それゆえの難しさっていうのはありますよね」と続ける井上芳雄さんには、古川雄大さんも「公演を重ねれば重ねるほど離れていくという気持ちもありますね」と同意の声。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! 井上芳雄さんからは「そういえば、今年は『歌い方変えましたね』って言われたりして。 自分だったら…って考えているのかなって思いましたし。 きっと育三郎は育三郎で、独自のトートを作ってくるのかなと」とエールの言葉も。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! 長くエリザベート役を演じている花總まりさんが「トートは皆さん結構自由にやられていて。 初日が開いてしばらくするとどんどんヒートアップしてくるので面白いです」と語るように、2020年度版もトリプルキャスト、三者三様のトートに注目といったところ。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! また、2020年度版は東京・大阪・名古屋・福岡と四大都市での上演。 「これまでも各地でやってほしいという声を頂いていたので、来年やっと行ける。 キャストも各地で変わってくるので、盛りだくさんというか華やかなカンパニーとなると思うので楽しみです」という花總まりさんに、愛希れいかさんも「お客様の作品に対しての愛情を感じながら、精いっぱいやりたいと思います」と全国での公演に気合たっぷり。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! さらに、「日本全国にエリザベート旋風を起こしたい!」 井上芳雄さん 、「20周年という節目の年にふさわしい内容になるように演じたい」 古川雄大さん 、「ルキーニをやっていた役者だというのを忘れてもらえるくらいのトートを作りたい」 山崎育三郎さん と改めて意気込む一幕もあった。 2020年度版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表! 製作発表では、エリザベート、トート以外のキャストも発表に。 出演スケジュールや全国公演詳細は東宝サイトにて確認を。

次の

ミュージカル 『エリザベート』|公演ご案内ラインアップ|御園座

2020 エリザベート キャスト

<返送先> 〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター『エリザベート御園座公演』宛 <返送時の必要事項> チケット返送時に必ず下記の内容を記載したメモを同封いただきますようお願いします。 ご返金先の住所• お名前• 連絡可能な電話番号(メモの内容と同封内容に相違がある場合、お電話にてご確認させていただくことがあります。 返送チケットの単価• 返送チケットの枚数 <返送時のご注意> 必ずチケットを入れて、返送をお願い致します。 メモのみの送付では払い戻しできませんのでご注意ください。 <返送先> 〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター『エリザベート御園座公演』宛 <返送時の必要事項> チケット返送時に必ず下記の内容を記載したメモを同封いただきますようお願い致します。 ご返金先の住所• お名前• 連絡可能な電話番号(メモの内容と同封内容に相違がある場合、お電話にてご確認させていただくことが あります。 返送チケットの単価• 返送チケットの枚数 <返送時のご注意> 必ずチケットを入れて、返送をお願い致します。 メモのみの送付では払い戻しできませんのでご注意ください。 「郵便振替払出証書」にてご返金いたします。 ご返金は、お手続きの都合上、払い戻し受付期間が終了してから3~4週間程となります (返送時期目安:8月末から9月末頃)• 郵便振替払出証書は、郵便貯金事務センターより緑色の封筒にて届きます。 本人確認証をご持参のうえ、郵便局で換金してください。 <返送先> 〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター『エリザベート御園座公演』宛 <返送時の必要事項> チケット返送時に必ず下記の内容を記載したメモを同封いただきますようお願い致します。 ご返金先の住所• お名前• 連絡可能な電話番号(メモの内容と同封内容に相違がある場合、お電話にてご確認させていただくことが あります。 返送チケットの単価• 返送チケットの枚数 <返送時のご注意> 必ずチケットを入れて、返送をお願い致します。 メモのみの送付では払い戻しできませんのでご注意ください。 夜17:30• 昼12:30• 夜17:30• 昼12:30• 昼12:00• 夜17:00• 昼12:00• 昼12:30• 夜17:30• 昼12:30• 昼12:30• 夜17:30• 昼12:30• 昼12:00• 夜17:00• 昼12:00• 昼12:30• 夜17:30• 昼12:30• 昼12:30• 夜17:30• 昼12:30• 昼12:00• 夜17:00• 昼12:00•

次の

速報 エリザベート ミュージカル 2020 キャスト 決定11月12日発表

2020 エリザベート キャスト

ついにロミジュリ化したエリザベート、進撃のキャスト発表!!【2020年 東京・大阪・名古屋・博多公演】 さて、昨日2020年「エリザベート」キャスト発表がありました。 皆様はキャストラインナップをご覧になっていかがでしたか?• エリザベート:花總まり、愛希れいか• トート:山崎育三郎、古川雄大• フランツ・ヨーゼフ:田代万里生、佐藤隆紀• ルドルフ:三浦涼介• ゾフィー:剣幸、涼風真世、香寿たつき• ルイジ・ルキーニ:尾上松也、上山竜治、黒羽麻璃央 シュガーさんのカムバック、花總さんやちゃぴ、ゆんの続投など、嬉しいキャスティングもありましたが。 正直、作品全体としての面白さを求めているファンはのけ者にされているというか、、、 あえて辛辣なことを言うと、「エリザベートならどんなキャスティングでも客はチケット買うだろ」「個人のファンさえくれば良い」という制作側からの挑発なのでは?と思うような配役の印象もあり、、 「ロミジュリ」のキャスト発表かと思いました。 井上芳雄が全国ツアーだけ出演するのは東宝の元々の狙いか 井上さんは地方だけでも出てくれることを喜ぶべきでしょうか? これで、 東京組が今まで以上に地方に流れ、地方公演の売れ行きは安泰ですから。 (元々地方公演は売り切れるとは思いますが、、) ナルシスト全開のトートで物語は成り立つのか。。 山崎育三郎のトートは、ファンにとっては「待望の、」と言うべきなのでしょう。 ただ、自分しか愛せないナルシスト全開のイクサブトートで物語が成り立つのでしょうか。 「レディ・ベス」ではベスへの愛情をあまり感じられなかったので、「エリザベート」でも同じことになるのか心配です。 ただ、そんなイクサブトートでさえ恋に落ちてしまう。 そんな萌えな演技が見られれば良いなぁと思います。 松也さんは歌舞伎役者として培ってきたものや場数が違いますし、ルキーニ初登板の時もそつなくこなしていたので心配はしていませんが… 今回抜擢された面々には、大役ルキーニに対する熱い気持ちだけでなく、 実力も伴ったものを見せて欲しいです。 ルキーニに粗があると作品が崩れる予感。。。 りょんは正直のどが心配。。 また、驚きだったのはルドルフのシングルキャストという決断。 3~4か月に渡るエリザベート、歌という面では、最後のダンスで高音があまり聞き取れなかったりょんルドルフだけで大丈夫なんですかね(のどが心配) 僕の愛する木村ルドルフはどこに行ってしまったんですかね? あ、ブリリアホールで主演ですか、それはめでたい! え、結局イケコのお気に入り見本市? 妻は、「ロミジュリのキャスティングには色々思うところがあって離れたのに、同じことがエリザベートでも起こってしまった。 」とショックを受けていました。 かつてイケコは「自分にはエリザベートのキャスティング権はない」と言っていましたが、あの蘭乃はなはイケコにオーディションを受けるように勧められ、結果エリザベートに抜擢されています。 直接的な決定権は無いとしても、忖度を感じずにはいられません! イケコのお気に入り見本市かよ!! 共感できるTweetが多かったので、最後に共有したいと思います。 — きなこ kiiiinaco1213 何をして東宝やイケコは客がびっくり玉手箱で喜ぶと思うと思ったのか、それはどの部分なのか、膝付き合わせて尋問して説教したいですww チケットが売れればそれでいいのか??今だけじゃないのか、今後の業界のことは考えてないのか??? — maiko macobacchi しかし…一応ロミジュリ出てたのに、この東宝界隈の民たちの「え?だれ?聞いたことないんだけど」な反応が、最高に笑えるどんだけスルーされてたかって話。 オファーかオーデか知らんが何を以てそこに置いたのか公演通じて見えないし今季エリザについては演出放棄した感さえあった。 各々好きにやって?とでも言ってそうな。

次の