北斗天昇 天気。 【パチスロ北斗の拳 天昇】

北斗の拳 天昇(北斗天昇) スロット

北斗天昇 天気

この秋一番の注目作と言えるのが 『パチスロ北斗の拳 天昇』です。 パチンコパチスロ問わず大人気の「北斗シリーズ」最新作ということで、注目していた方も多いのではないでしょうか。 導入開始はちょっと前の11月5日。 なので、もう打たれた方もいるのではないでしょうか。 今回はそんなほっかほかの新台の内部に迫っていきたいと思います。 3枚のAT機。 AT突入時の期待枚数は設定1で約1000枚、設定6で約800枚。 高設定は一撃性がないと言われる昨今のAT機ですが、本機は高設定でも一撃性は十分あります。 ちなみに設定1のAT出現率は1103. 3分の1とのこと。 8 97. 2 99. 1 100. 5 105. 7 110. 4 114. 出玉率は設定5が110. 1%、設定6が114. 0%と高設定域がかなり魅力的です。 5 現時点で判明している小役確率は、設定1のレア役のみ。 打ち方については機種ページを参考にしていただければと思います。 50枚あたりのゲーム数は約50G。 通常時はまず激闘ボーナスを目指します。 その激闘ボーナスの契機となるのが、 2種類のCZです。 1つ目はCZ「世紀末ゾーン」。 液晶右下の世紀末ポイントが1000Pに到達すると突入するもので、世紀末ポイントはレア役やリプレイで貯まります。 世紀末ポイントの特化ゾーン「七星チャージ」も存在します。 七星チャージは1セット7Gの間、毎ゲーム世紀末ポイントを獲得します。 そんな流れで世紀末ポイントを1000P貯めるとCZ「世紀末ゾーン」に突入します。 消化中は全役でバトルを抽選し、拳王の帯が出現するラオウステージは大チャンスです。 バトルに発展すればチャンス到来となり、バトルに勝利すれば激闘ボーナスへ突入します。 バトル中もレア役による勝利書き換え抽選があるので成立役にも注目です。 もう1つのCZは「断末魔ゾーン」です。 こちらは規定ゲーム数消化時の抽選から突入となります。 液晶左下に現在の消化ゲーム数が表示されています。 CZ天井到達時は、CZ突入はもちろん激闘ボーナスへの突入も確定します。 モードを示唆する演出も存在し、通常画面で雨か雪が降れば通常B以上が確定します。 この天候変化は上位モードほど発生しやすいようです。 また七星チャージ終了時にサブ液晶をタッチし、発生したセリフでモード示唆も行なっています。 「あべし!! 」は通常B以上、「ひでぶ!! 」は通常C以上、「ヘブン!! 」はチャンスモードが濃厚です。 ゲーム数消化契機で突入するCZ「断末魔ゾーン」。 強敵図柄は停止個数が多いほど勝利期待度がアップします。 バトル発展前のカウントダウン演出は進むほどチャンス。 バトルに発展すればチャンス到来となり、バトル勝利で激闘ボーナスへと突入します。 通常リプレイからカウントダウン演出に発展した時点で勝利濃厚となる法則性もあります。 CZ「世紀末ゾーン」同様、バトル中もレア役による勝利書き換え抽選があります。 これは現在獲得している「昇舞魂」の個数を表し、この昇舞魂が多いほど激闘ボーナスが有利になります。 昇舞魂の獲得契機は、世紀末ポイント1000P到達時、レア役成立時など。 レア役による獲得抽選は、強チェリーなら獲得濃厚です。 CZでのバトル勝利を経て、いよいよ ATの最大関門となる「激闘ボーナス」が始まります。 スタート時はまず演出モード(世紀末or修羅)を選択します。 選択した演出モードによって戦う相手が変わる以外、ゲーム性は変わりません。 その後、通常時に貯めた昇舞魂をバトルレベルと小役レベルに変換します。 ・バトルレベル……バトル突入時に抽選される勝利期待度 ・小役レベル……バトル中の小役による勝利期待度 昇舞魂1個あたりのレベルアップ期待度はそれぞれ50%。 最終的な各レベルはサブ液晶で確認できます。 どちらもレベルが高くなればなるほど勝利期待度がアップし、小役レベルがMAXのレベル10ならその時点でATも確定します。 昇舞魂によるレベルアップがなくても、レベルアップのチャンスはまだあります。 それはバトルの準備状態です。 バトルの前には必ず準備状態へ突入します。 準備状態はベルナビ3回(初回は4回)発生するまで継続し、この間、レア役や強敵図柄でバトルレベルの昇格が期待できます。 強敵図柄は1個出現につき1レベルアップとなり、強敵図柄揃いは当該バトルの勝利濃厚です。 また、強チェリーも当該バトルの勝利濃厚、チャンス目はレベルアップ濃厚、スイカや弱チェリーは50%でレベルアップとなります。 準備状態を経て、バトルに突入となります。 バトル突入時はまずバトルレベルに応じて勝利抽選を実施し、5G継続のバトル中は成立した小役の小役レベルに応じて勝利抽選を実施します。 それぞれのレベル別期待度はサブ液晶に表示され、勝率(トータル期待度)も一目瞭然です。 どちらも最低のレベル1でも勝利期待度は50%あります。 バトル中は赤文字セリフや「拳に力を!」が発生すれば大チャンス。 見事勝利すれば、次戦へと進みます。 勝利後にPUSHを押すと勝利契機も確認できます。 次戦も準備状態を経てバトルに発展。 そのバトルに勝利すればラストとなる3戦目へと突入です。 そして、その3戦目に勝利できればATへ突入となります。 バトル3連勝というハードルを乗り越えるとリール上で7が揃い、いよいよ AT「真・天昇ラッシュ」がスタートです。 AT突入時も激闘ボーナス同様、演出モード(世紀末or修羅)を選択します。 ただし、AT中の演出モードは登場キャラだけじゃなくゲーム性も大きく変化する特徴があり、世紀末モードは王道バトルタイプ、修羅モードは完走型STタイプとなっています。 ラウンドパート後は引き戻しパートに移行しそこで継続当選なら再度ラウンドパートへと突入します。 その継続率は約85%を誇り、突入時の平均獲得枚数は約1000枚(設定1)。 システムは目押し不要の押し順ATで、減少区間のないストーレート型ゆえ当たっているのに減るというストレスは皆無です。 演出モード選択時、ラウンドパート&引き戻しパートともに遊技カスタムをすることができます。 「世紀末モード」 ・ラウンドパート……デフォルトは基本となるゲーム性、シンプルはステージ昇格・ラウンド・キャラ告知・レア役成立時・ザコ押し順ナビ以外で演出が非発生 ・引き戻しパート「バトルゾーン」……完全告知はレバーから各停止のタイミングで勝利演出が突如発生(一部最終ゲームへ)、後告知はチャージが貯まるほど勝利期待度がアップし最終ゲームで決着 「修羅モード」 ・ラウンドパート……デフォルトはキャラ配列をそのまま表示、???はキャラ配列や昇格が非発生となり、引き戻しパートで当該ゲームになるまでどのキャラに発展するかわからない ・引き戻しパート「転生ゾーン」……デフォルトは演出結果による勝敗告知、完全告知は勝利時にレバーで告知音(+風)が発生、PUSH発生時の信頼度も変更可能 演出モード&遊技カスタム終了後は本機一番の楽しいところAT「真・天昇ラッシュ」となります。 AT中の解説は、わかりやすい 演出モード「修羅モード」から始めていきましょう。 修羅モードは、継続期待度が目に見える保留タイプです。 画面下には引き戻しパートで使用する保留が表示され、ラウンドパート1Gごとに保留の昇格を期待します。 消化1Gが1個の保留に対応し、1G消化するごとに対象保留が右にズレていく格好です。 ラウンドパートは7G(初回8G)ですが、ラウンドストックによるラウンド継続もあり、2セット目3セット目と継続することもあります。 そうなると、再度保留の昇格抽選が2周3周とされることになり、ATの継続期待度はグッと高まります。 保留別の期待度は色が示唆し、キャラによっても期待度が変化します。 保留別勝利期待度 保留 平均値 ムカデ(白) 5. 金保留(ファルコ)はその時点で継続確定です。 ラウンドパート後は、引き戻しパート「転生ゾーン」へ移行します。 引き戻しパートは1G(保留1個)ごとにバトルが発生しバトルに勝利すれば継続確定です。 レア役成立時はチャンスとなり、黄保留以下なら50%で勝利、緑保留以上なら勝利濃厚。 強チェリーはどの保留でも勝利濃厚となり、さらに追撃が発生します。 追撃は勝利すればラウンドストックを獲得できるため激アツです(追撃抽選は強チェリー以外のレア役でもあり)。 バトル勝利後も残りの保留でバトルが継続し、勝利するごとにラウンドストックを獲得していきます。 引き戻しパートで1個でも勝利すればラウンドパートに再度移行。 そして引き戻しパートで獲得していたラウンド分を消化しながら保留を昇格。 その後引き戻しパートへという流れを繰り返します。 引き戻しパートでは1Gごとにバトルが発生し勝てば継続確定となる反面、1度も勝てなければATは終了となります。 勝利できなかった場合、最終画面でレア役が引ければ引き戻し濃厚となるほか、それ以外でも引き戻し抽選が実施されます。 次は、 演出モード「世紀末モード」の場合について。 内部システムは修羅モードと同じですが、世紀末モードのラウンドパートでは保留が確認できない代わりにステージの昇格で継続期待度を示唆するシステムです。 ラウンドパート終了後は引き戻しパートへ。 アミバは出現した時点で勝利濃厚です。 バトル勝利で継続が確定し、終了後ラウンドパートへ再度突入します。 バトルに負けるとATは終了です。 以上のように、世紀末モードは修羅モードと比べるとシンプルな作りとなっています。 ここまでがAT中の流れとなります。 激闘ボーナスを突破したときは基本的に7が揃いますが、それが北斗揃いなら「バトルボーナス」へと突入します。 このバトルボーナスはラウンドストック高確状態で、ラオウとケンシロウの激闘が繰り広げられます。 バトルボーナスはケンシロウが負けるまで継続し、終了後はATへと移行します。 継続率は93%超を誇り、突入時はかなりのラウンドストックが期待できます。 これは昇天演出。 獲得枚数が一定数に到達すると発生し、約2400枚に到達すると終了となります。 以上、通常時からAT中までゲームの詳細をお伝えしてきました。 最後に、設定推測ポイントや立ち回りのポイントについて。 トロフィーの色が設定を示唆し、銅は設定2以上、銀は設定3以上、金は設定4以上、キリン柄は設定5以上、虹は設定6確定です。 そのキャラで設定を示唆しています。 演出モード(世紀末or修羅)でキャラは変化。 金は設定4以上、赤は条件付きとなり5連以内かつラウンド上乗せなしなら設定4以上が確定します(6連以降は継続示唆)。 ここで激闘ボーナスに当選すればバトル1勝のアドバンテージが得られるためAT期待度が大幅アップします。 また、七星チャージ終了時にサブ液晶をタッチすればセリフでモードを示唆しますが100Gまでは発生率がアップしています。 セリフは、「あべし!! 」は通常B以上、「ひでぶ!! 」は通常C以上、「ヘブン!! 」はチャンスモードが濃厚です。 モードを特定できればCZ天井(=激闘ボーナス確定)のゲーム数もわかるため、七星チャージ終了時は忘れずチェックしておきたいところです。 ヘブン!! 発生時は200GのCZ天井までヤメずに続行しましょう。 この閉店QRは18時以降なら誰でも遊技台の履歴を閲覧&記録できる機能で、パスワードなど一切必要ないため気軽に試すことができます。 また、ホールごとの高設定投入状況などは、アプリ「カチナビ」で確認できます。 高設定のないところでいくら探しても見つかるはずはないので、カチナビでの実績を参考に店選びするのも一つの手です。 以上が今回お伝えできる情報となります。 これまで6号機市場をリードしてきたリゼロが失速し、ほかの新機種もまた伸び悩んでいる現状です。 この北斗天昇に懸ける期待はプレイヤーのみならずホール関係者も同様で、設定投入具合など扱いはきっと良好になると考えられます。 12月にはさらなる導入も決まっていますし、年末にかけ5号機の大量撤去などもあるため年末年始のエースとして活躍することをみんな期待&祈願しています。 新しい情報が入手できたら、解析第2弾としてまたお伝えしますね。 (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2007 版権許諾証YAF-420 (C)Sammy.

次の

【北斗の拳 天昇】銅トロフィー+高設定示唆の画面で捨てられてる台を打ったら真天昇ラッシュ突入率100%!?

北斗天昇 天気

機種概要 通常時は「世紀末ポイント」獲得を目指していき、1000PT到達すると「世紀末ZONE」へと突入。 バトル発展するとCZ「激闘BONUS」に突入。 こちらで強敵バトルに突破することができればAT「真・天昇RUSH」へ当選濃厚となる。 世紀末ポイントを貯める箇所は多数あり、通常時のレア役に加えてポイント獲得の特化ゾーンとなる「七星CHARGE」が存在。 こちらでは毎ゲームポイントを加算される上に、レア役成立ならば一挙大量のポイント獲得のチャンスとなっている。 また、通常時は世紀末ポイントと「昇舞魂」獲得が鍵を握っており、こちらを貯めておくと「激闘BONUS」で有利に勝負の展開を進めることができる。 貯めた「昇舞魂」を小役レベル、バトルレベルに変換しバトルレベルに応じた確率で毎ゲーム抽選していく。 その他、規定ゲーム数到達による断末魔ZONEがあり、カウントダウンが進むほど激闘BONUSのチャンスとなり、成功すれば激闘BONUSに突入する。 見事「激闘BONUS」で勝利すればAT「真・天昇RUSH」となり修羅モードor世紀末モードから選択する。 修羅モードでは保留が昇格するほど継続期待度がアップし、昇格させた保留で毎ゲーム継続バトルとなる「転生ZONE」をループさせながら出玉を獲得していく。 世紀末モードでは強敵との1対1の継続バトルにて勝利を重ねながら出玉を積み重ねていく。 チェックポイント• 打ち方• グランドリニューアルしたホールに2日間突撃してきました!今回はその時の模様をお届けしていきます。 多分、この2日間が今年最後の朝イチ実戦となります。 果たして勝利を掴むことができたのか。 〇1日目グランドリニューアル初日で、12時開店。 11時から抽選開始となるため、抽選の約30分前にホールに到着。 20円スロット約380台で、並びはザっと300人いるかどうか。 早い番号を引ければイイのですが・・・最後尾から数えたほうが早い番号を引いてしまいました。 何台か狙い台はあるのですが、これじゃ狙い台は取れないかな。 とりあえずホールに入ってから何を打つか決めようと思います。 【数分後】狙い台の1つである北斗天昇を抑えることができました。 マジか。 まさか空いているとは。 遅い番号で取れたので、ちと怖い面もありますが、一先ずは北斗天昇を打っていこうと思います。 239G 激闘ボーナス 投資5k・1戦目敗北297G 激闘ボーナス 追加4k・2戦目敗北・銀トロフィー開始早々に設定3以上が確定。 激闘ボーナス2スルーしたもののこのまま続行していきましょうかね。 そして、次の当りはA天である704Gでした。 ここまでの総投資は23k。 ここは是が非でもATをモノにしたい。 バトル開始時に布袋さんの歌が流れて勝利確定、すなわちATゲット!ここは強AT 出玉約1200枚でるAT でいいんだよ?あべし・・・オイ、ケンシロウよ、自分はこんな結果を望んではいない。 500枚も獲得できないとは。 トホホ。 A天を喰らってしまったものの、銀トロが確認できたため続行していきます。 もしもまた、激闘ボーナスが2スルーするようならばヤメますがね。 そして、432Gで激闘ボーナスに当選するも2戦目で敗北し、レバー叩いた時でした。 これにて、本日全ツッパがすることが確定しました。 きっとここからいい展開になるハズだ。 勝利に期待して閉店の約30分前まで打った結果がコチラです。 投資 35. 0k回収 18. 5k収支 -16. 5k一度もプラス差枚に行くことはなく負けましたよ。 ATが重すぎ、それでいて出てくるATは弱AT 出玉約750枚ですAT ばかり。 これじゃ勝てません。 まぁ、設定6ではないでしょうな。 偶数示唆が若干多かったので設定4だったのかなと。 高設定確定台を終日打ちましたが、確定演出が出ていなければ途中で絶対にヤメていたでしょう。 5スルーするとかわかりたくはなかったですがね。 こんちきしょう。 初日は負けてしまったので、2日目は勝ちたい。 〇2日目この日の並びは前日よりもだいぶ減って約70~80人が抽選に参加しました。 そして、自分が引いた番号は「68番」。 2日連続で後ろから数えたほうが早い番号を引いてしまいましたよ。 ですが、抽選に参加した人数はそこまで多くはないので、狙い台は取れるかなと。 ~3時間後~・リゼロ 設定狙い -27. 5k・サラ金 天国狙い -3. 0k・ゆゆゆ 1周期狙い -2. ヤバいぞ。 このままだと2日間で大負けしてしまいます。 店を移動しようかなと考えているときでした。 狙い台であったSLOTまどか新編が空き台になっていたのでデータを見てみることに。 【台の状況】ボーナス1回のAT0回、99Gヤメ。 これ、まだ全然高設定の可能性あるでしょ!狙おうとしていた台ですし、コイツで起死回生の一発を狙っていきましょうかね。 さてと、今回のブログで岐阜での出来事は完結となります。 果たして岐阜での収支はどうなったのか。 そして、カナちゃんとハッピーエンドになったのか。 きっと後者の方が気になっている人もいることでしょう 多分。 ・11月28. 29日 岐阜10. 11日目この二日間はスロットを休んで、親とご飯食べに行ったり、高校からの友達と飲みに行ったりしました。 で、友達と飲んだ時に岐阜ならではの食べ物を食べましたよ。 「ケイちゃん」岐阜名物のケイちゃんです。 知っている方いるかな?どんな料理かというと、味噌をベースにしたタレに漬け込んだ鶏肉をキャベツなどと一緒に炒めたシンプルな料理です。 ケイちゃんは店によって味が違うので、これを食べたからといって岐阜に帰ってきたって感じはしないのですがね。 基本的には味噌味ですが、しょうゆ味や、塩味なんかもあります 個人手には塩味が好き。 18時半ごろから合流して終電ギリギリまで飲み、楽しいひと時でしたよ。 ・11月30日 岐阜12日目昼過ぎからホールに行くも打つ台がなく、車でホールを転々としていました。 埼玉だと自転車での移動なため、車だと楽ですわ。 そして、ようやく打てそうな台を発見します。 「沖ドキ 天国5スルー 513Gヤメ」天国5スルーしているため、早いゲーム数から天井狙いしてもいいでしょう。 〇打ち始め513G~961G BB 投資19k33G ヤメ天国移行せず終了。 まぁ、こんなもんですよね。 グスン。 同時点滅すれば続行しましたが、今回は通常点滅だったのでヤメ。 この実戦で岐阜での沖ドキ実戦は終了となりました。 「岐阜での沖ドキ収支 -127. 6k」岐阜のカナちゃんに貢ぎすぎましたよ。 トホホ。 ・12月1日 岐阜13日目実はこの日に埼玉へ戻る予定でした。 が、急遽ヤメることにしたんですよ。 理由は「日曜で新幹線が混んでいる」から。 いつ帰ってもいいので、それならば空いている日に帰りたいじゃないですか。 という事で帰るのを1日ズラしました。 帰るのをズラしたものの、特にやることはなかったのでいつものごとく昼過ぎにホールへGO。 と、思いましたがお腹が減っていたので岐阜で有名なラーメン屋「くねくね」にまずはいく事にしました。 とんこつスープにガッツリニンニクが入っていて食欲がそそります。 一口食べた瞬間に懐かしさがこみ上げてきましたね。 あ~、これこれ。 これこそ岐阜に帰ってきた感じがする。 個人的に、とんこつラーメンで一番おいしいと思っています。 さらに、ここのお店はキムチが食べ放題なんですよね。 キムチ食べ放題って中々なくないですか?よくここでお酒も飲んだな~。 今回は運転しないといけないのでビールは飲めませんがね。 お腹を満たし、今度こそホールへGOGO。 ホールにつくなり北斗昇天の前で足が止まりました。 0 」何これ。 高設定じゃない?履歴を見てみると最大スルーは2回が1回で、後は全部1回目の激闘ボーナスでATに当選しています。 これは打ってもイイでしょ!と、いう事で打ち始めていく事にしました。 〇打ち始め83G~北斗天昇1台目613G 激闘ボーナス 投資14k・1戦目敗北102G 激闘ボーナス 追加1k・2戦目敗北442G 激闘ボーナス 追加10k・1戦目敗北239G 激闘ボーナス 追加3k・1戦目敗北ヤメじゃい!4スルーって・・・自分が打つまですこぶるいい挙動をしていたじゃないか。 解析も何も出ていませんが、4スルーすると実戦上、高設定期待度はガクッと下がってしまうイメージです。 したがって、ここは無理せずヤメることにしましたよ。 「流した枚数45枚」そして、店内を見て回ると再び北斗天昇の前で足が止まりました。 今度こそATを射止めたい。 〇打ち始め0G~240G 激闘ボーナス 投資8k・1戦目敗北ヤメじゃい 2度目 !この狙い方で勝ったためしがないのだが。 勝てないのは自分のヒキのせいなので仕方ない部分でもありますがね。 「流した枚数34枚」そして、その後は打てそうな台もなく、岐阜での実戦は終了となりました。 【この日の結果】・北斗天昇 2台 -34. 6k岐阜でのパチスロ実戦はダメダメでしたよ。 トホホ。 北斗の高設定をツモれたぐらいしか見せ場はなかった気がします。 あ、沖ドキでフリーズを引いたっけな 遠いところを見つめるように言う。 パチスロはダメダメでしたが、それ以外は昔の友達や上司と飲んだり、親父の手術が無事に終わったりと満足でしたがね。 【岐阜での総収支 -138. 6k】埼玉に帰ったら仕事を頑張ろうと思います。 どうも、今回も岐阜からお届けしていこうと思います。 岐阜、超寒いんですけど。 やはり山の中は寒いっす。 きっと埼玉の方が暖かいんだろうな。 「埼玉午前中の気温8度、岐阜午前中の気温11度」あ、岐阜の方が暖かい。 ・11月26日 岐阜8日目この日は朝から母親と病院にいました。 なぜ病院にいたのか。 それは、親父が手術するから。 実は親父が肝臓がんにかかってしまいましてね。 手術の日にちを聞いて急いで帰省したんですわ。 これが帰省した一番の理由。 自分の場合、お酒が大好きですし、気を付けないといけないのかなと。 これからはベロベロになるまで飲むのは控えようと思います。 そして、手術が終わり2日後には歩けるまで回復したので安心しましたよ。 ・11月27日 岐阜9日目この日は愛知県のホールに朝からGO。 コチラのホール、7の付く日が特定日でしてね。 岐阜にいた時は通っていたホールですわ。 前回の7の付く日のデータをチェックしてみると「30パイ」と「北斗天昇」には設定を使っていそう。 という事で、北斗天昇を打つことにしました。 開店と同時に北斗天昇のシマへと向かい、台をキープすることに成功。 14台設置しており、朝イチすぐに埋まったのでこの選択は間違ってはいないのかな。 マイスロを起動させていざ実戦開始。 実戦開始して392G目のことでした。 レバーON時に台から「ブウーン」という普段聞きなれない音が鳴り響く。 392G 直撃AT 7揃い・投資6k7揃いから本日初ATをゲットし、このATでは646枚の出玉を獲得で終了する。 そして、終了画面にサミートロフィー「銅」が出現し、設定2以上が確定となった。 こんなあっさりと4以上が確定するとは。 写真で収めたかったのですが、スグに消えてしまったため無理でしたわ。 これで閉店まで打つことが確定。 ここまで岐阜での成績は散々なので、この北斗天昇で少しは挽回したいところ。 バトルレベル10時に強チェリーを引くといった剛腕が炸裂する。 2度目 左リール角にチェリーが止まり、右リール中段にボーナス絵柄が停止すれば強チェリー2確目。 これもまた2度目 7揃いからの直撃ATには設定差がないとの噂アリ。 昇舞が4つしか溜まっていなかったのに、バトルレベル10。 というか、AT当選が濃厚になっている 実戦上、対戦相手のところに「百裂」の文字があればAT濃厚。 これが高設定の挙動?低設定しか打ったことがないため、こんな挙動見たことがない。 3度目のバトルレベル10時に強チェリー。 デキすぎ。 小役レベル1でもサクッと勝ってくれる。 ノーマルタイプの高設定を打っているかのようなグラフとなりましたよ。 設定4以上の示唆はでたものの、設定5以上を示唆するものは何も出ませんでしたわ。 【AT終了画面の振り分け】・奇数示唆画面 46. なぜそう思うのか。 それは、AT1回あたりの平均出玉が少なかったからです。 奇数設定ならば、15回もATを消化すれば強ATに何度か入ってもいいハズ。 したがって、今回打った設定は4or6かなと予想しました。 6k】岐阜に帰ってきてようやく快勝することができましたわ。 予定では12月の頭には埼玉に戻るので、岐阜での実戦はあと1日か2日かな。 この北斗の流れで最後も勝って終えたい。 鍋が美味しい季節になりましたね。 この時期になると2. 3日に1回は鍋になってしまいます。 お腹も満たされ、お酒のおつまみにもなるので最高ですわ。 さて、今回は「パチスロ北斗の拳 天昇」の地下通路ステージ中の演出について感じたことを書いていこうかなと思います。 リンがセクシー。 マリリンモンローを思い出す。 って、これちゃう。 こちらが「地下通路ステージ」です まぁ、リンがマリリンモンローしている写真も地下通路ステージですが。 このステージは「断末魔ゾーン」の前兆ステージとなっています。 実戦上、以下の演出が発生すれば本前兆に期待ができましたよ。 〇リンが敵に反撃する コチラの演出はリンがクローゼットの中に隠れる演出で、「敵が寝ている」「何もなし」「リンが見つかる」の3パターンが基本演出かなと。 この時リンが斧?で敵に反撃すれば本前兆期待度がアップしているイメージがもてました。 実戦では、この演出が絡んで断末魔ゾーン非当選は1度しかありませんでしたよ。 〇リンがセクシーポーズ2度目の登場「マリリンモンロー:リン」。 うむ、やはりセクシーだ。 こちら、ただセクシーなだけではありません。 この演出が発生すれば本前兆期待度がアップしますよ。 複数回確認できれば本前兆に期待していいかなと。 あと、胸をアップする演出もアツいです。 レア役否定で本前兆に期待ができました レア役否定時はすべて断末魔ゾーンに当選している。 胸がアップになる時リンが「アツいわ」っていうのですが、これもまたエロい。 頻発すれば本前兆に期待ができます。 話しかけなかった時はすべて本前兆でしたよ。 2回とサンプルは少ないですが、ボロ登場時は話しかけるかにも注目してみて下さい。 写真を見るとボロがストーカーみたく見えるの自分だけだろうか。 〇リンミッション時の2択リンミッション発生時は扉か階段のどちらかを選択します 2回発生する。 この時、階段に行けばチャンスアップです。 1回でも階段を選択すればチャンス、2回とも階段ならば実戦上すべて本前兆でした。 また、1回でミッション失敗した場合は必ず復活してくれましたよ。 以上が地下通路ステージ滞在時の演出で感じたことです。 リンのセクシーな部分に目がいきがち 自分だけかもしれない ですが、些細な演出にも注目してみてくださいな。 あくまでも実戦での経緯を基にしたものですが、打つ際の役にたてれば幸いです。 ギザギザにコツコツと伸びるグラフ。 しかしラッシュに入っても入っても1000枚行かない。 調べると高設定の方が枚数が行かないとか?確かに周りは1000枚超えてもその後が続かない。 とにかく疲れてもうこれは、皆さんご存知のあの狙いしかなく…そのうち誰も打たなくなり、ついにはバラエティー島へ。 そんなこんなで全く打つ機会がなかったのですが…今日は会社近くのイベントにて良い台が拾えてラッキーでした。 とりあえず昨夜は新都会ホールのイベントにて、今日本で一番危険な場所ですがのぞいてみると、かぴちゃんがエビゾリ280度愛する蒼天が4ぱち空いてて座りました。 うち一台だけ天井に一度も行ってなかった。 この台は絆で言うところのBC二回スカってましたがいずれも200G台と300G台グラフ的にも6はないにしてもペタビンではないと思いまして、ま、最初の絆で言うところのBCはスカったけど、感触は無茶苦茶良かった。 次の絆で言うところの(その絆で言うところのBCってなんやのん?)BCを100ゾーンでゲットし、今度はラッシュインから、ポイントは900枚手前なんですよね。 700枚超えたあたりからシンしか出てきませんwその前のピンチもラストにレア役引いて『けーん!』からの復活。 そしてこのピンチに中チェ引いて勝ち、その後のシンとの対決中にも中チェ引いて1500枚超えてからはもう、なーんもなくても勝ちまくりは既に天昇確定?んで、こりゃー継続せにゃあかんやつや!と言う事で二回目のラッシュですが、これはまあ毎度のこの枚数。

次の

【北斗の拳天昇】サラリーマン必見!?仕事終わりのハイエナ厳しくなってきたので設定狙ってみた結果・・・

北斗天昇 天気

皆様の応援のおかげでブログが更新できています! ありがとうございます!! お疲れ様です。 ミヤチェケです。 最近では家にいる時間が長くなったので何かこの時間を有効に使おうと思い ベースを取り出しました。 取り出したといってもずっと部屋の片隅には置いてあったんですけどね。 完全に オブジェと化していたので 久しぶりに音を奏でてみると見事に チューニングがイカレていました。 ひとまずチューナーが見当たらなかったのでなんとなくでチューニングしました。 (この辺がO型) ワタクシには 絶対音感なんて洒落たものはないので多分音は合っていません。 しかし音階なんてものに捉われていたら パンクスではありません。 しかし弾いてみると妙に指が痛い(ミヤチェケはフィンガーピッキング) 何故なら弦がものすごく錆びていたからです。 しかしそんな事を気にしていたらパンクスではありません。 キッズに笑われてしまいます。 そのままベースをかき鳴らしていたら1弦が音を立てて切れました。 そしてそっとベースを片付けベースを眺めながら思いました。 あぁスロットが打ちたいなと。 黄7五連って意外と出ないよね 今日もマイホに元気に参上。 神々のシマでこんな台を発見したので打ってみます。 ミリオンゴッド神々の凱旋 前日170G 当日708G 何気に結構なハマリ台です!当日ゲーム数だけでも打てる台ですからね。 こんな台が拾えるとは普段の行いがいいからですかね!普段から家の周りのごみ拾いをしていた甲斐がありました。 まぁうそなんですけどね。 そんな事を言っていたら 当日976Gで当選です! 凱旋もなかなか天井まで到達できませんよね。 なんやかんやで当たってしまいます。 逆に天井までハマるって相当すごい事な気がしますね。 すごい事といえば 黄七5連しました! これもそんなには出ないですよね。 何気に久しぶりに引いた気がします。 黄七が連続してくれるだけでストックしてくれるわけですからやはり凱旋は神台な気がします。 そのまま2連で終了。 うーむ凱旋で爆発できるのはいつの日か。 天昇でAT終了画面ジャギ背景は設定2を否定 お次はこちらを打ってみます。 北斗の拳 天昇 前回当たり456G 5G さぁ北斗はスピード勝負なのでガンガン回していきましょう。 結局 うりゃ! 440Gで当選です。 天井まで連れてかれてしまいましたね。 今回の小役レベルは まずまずです。 これならなんとかなるかもしれないと思っていたら 初めてバー揃い(強敵)しました。 強チェリーと同じ扱いなんですね。 これで初戦は突破確定です。 バトル中に強チェリーが引ければ美味しいなと思っていたのですがそううまく強チェリーは引けませんでした。 それでも 3戦突破したけどね! なんとかATに繋げることが出来ました!今日は調子いいなぁ。 出玉はやれなかったですけどね! それでもATに入ってくれただけでも良しとしましょうか。 そして何気なくボタンをプッシュしてみると ジャギ背景が出ました! これはもしや高設定示唆か!?と思いましたが 恩恵は設定2を否定でした。 つまり設定1という事ですね。 そうとも限りませんが。 偶数示唆が頻発しているときに出てくれたら嬉しい背景なんでしょうね! 天井からの直撃ラッシュ! 次は久しぶりにこいつを打ってみましょう。 ガンダムクロスオーバー 前日512G 当日0G この台は面白いんですけどなかなかハマった状態では落ちていません。 1周期目狙い出来る台ならたまにあるんですけどね。 まあよっぽど他に打てる台が無いと打たないんですけど。 今回は 312GでWIN! 天井ですかね?宵越しだと天井周期かどうかよくわかりません。 まぁ当たったのでよかったなと思っていると 直撃ラッシュです! これは助かりました。 ボーナスからはラッシュに繋がる気がしませんからね。 このATは継続期待度が高いのでなんやかんや出玉がついてくるイメージなのですが 何故こんな事に・・・。 全く勝てそうな気配もないまま単発で終了しました。 まぁこういう時もあるよねと自分を慰めて稼働終了です。 まとめ トータル収支-8K やばい。 まさかの3台とも負けました。 なんなら天昇はAT入ったのに負けました。 運の流れだとかそう言うものは信じない主義ですが少しだけ運の流れが悪い気がします。 そんなことはないと大きな声で言える大人になりたいので次回も頑張ります! それでは次の更新まで アリーヴェデルチ!!.

次の