ホオポノポノ。 潜在意識をクリーニングする「ホ・オポノポノ」

「奇跡の癒し」ホ・オポノポノ

ホオポノポノ

ホオポノポノってなに? ハワイ発祥の問題解決法 ホオポノポノって言われてもなんのことかわからないって人もきっといると思うので、ちょっとだけ基本を説明しますね。 まずホオポノポノとは ハワイのネイティブアメリカンの人々が発祥の問題解決の手法の一つです。 現在では様々な書籍が世界中で刊行されていて、それらはイハレアカラ・ヒューレン博士という方が体系的にまとめたものをベースにしています。 ホオポノポノの根本的な考え方は、あらゆる問題は自分の潜在意識にある記憶や感情が現実化したものだという前提に立っています。 だからこそ、その記憶の根源である潜在意識をクリーニングして自分で変えることもできるというのがホオポノポノなんです。 4つの言葉を唱える 問題の解決方法というと、なんだか難しそうな感じですがそんなことはないんです。 ホオポノポノはある4つの言葉を繰り返し何度も唱えるだけでいいのですごく簡単にできます。 だからこそ当時のうつ病で弱っていた僕にもできたんですね。 その4つの言葉とは、以下の言葉です。 ものすごく簡単ですよね? 逆に簡単すぎて、こんなので問題が良くなっていくのかなって疑問に思うほどです。 当時の僕も当然そう感じたのですが、とにかくできることは全部やろうという気持ちだったので、毎日ぶつぶつとこの言葉を唱えていました。 ただ唱えるだけでOK でもやっぱり不安もありますよね。 もしかしたらもっとなにかやらなければならないことがあるんじゃないか?とか、唱え方にコツがるのではとか、効果をもっと高める方法があるのかもとか雑念というかそういうのがすごく湧いてきたんです。 でもですね、 本当にホオポノポノはただ4つの言葉を唱えるだけでいいんです。 当時の僕には時間だけはありましたからホオポノポノについて書かれているサイトやブログを山ほど調べました。 ちょっと調子のいい時に近所の古本屋に出かけてそこで関連書籍も読み漁りました。 様々なことが書かれていましたが、本人がやるべきことはやっぱり唱えることだけ。 それ以外の難しいことはなにもないんです。 ホオポノポノでうつ病から立ち直った体験談 人生のどん底 ホオポノポノを実際にやってみたときの体験談をここでシェアしていきたいと思います。 冒頭にも書きましたが、僕は以前うつ病でした。 病気になったことで仕事も収入も、人間関係もそのほとんどを失ってしまい、まさに人生のどん底状態に落ちてしまったのです。 曲がりなりにもそれまで積み上げてきたものが一瞬で崩れ落ちるというのは、結構恐ろしい体験です。 もう何の希望もないのだと思い込み、完全に塞ぎ込んでいました。 ホオポノポノとの出会い 毎日無気力に過ごして、やることといったらベッドの中でスマホをいじるくらいでした。 本当はそういう行動は余計に脳を疲労させるからやめたほうがいいと言われていたのですが、やめることができませんでした。 そこでいろんなことを検索しているうちに、ホオポノポノと出会ったのです。 それは僕と同じように社会人になってからうつ病になってホオポノポノをやってから立ち直れたという体験談を綴ったブログでした。 同じような立場の人がそこから抜け出せたということで興味を惹かれた僕はそのブログを読んでみることにしたんです。 ホオポノポノってなんだろう? どうしてこの人はこんなひどい状況から抜け出せたのだろう? 様々な疑問を抱えながら、僕はブログを読み、ホオポノポノについての知識を吸収していきました。 たった4つの言葉を唱えるだけなんて、まるで子供のころにしたおまじないのようで、そんなので今の状況が変わるなんてありえないって思ったのです。 よくある霊感商法とか詐欺なんじゃないかとすら思いました。 多分他の人でもそう思うと思います。 ですがこのときの僕はそういう疑いの気持ちと同時に、今の状況から少しでも良くなれるのなら何でもやろうという気持ちもあったので、どうせ唱えるだけだし、ほかになにもお金もかからないわけだからやってみようという結論になったのです。 ひたすら唱え続ける日々の中で その日から僕は以下の4つの言葉をぶつぶつと念仏のように唱えるようになりました。 特に回数を決めたり、いつ言うとか決めずに一人の時に思いついたら何度でも言っていました。 正直半信半疑でしたが、特に失うものもないし、損しないんだからと言い聞かせてとにかく続けました。 ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています。 何度も何度も唱えるうちに自然とある考えが浮かんできたのです。 それまでの僕は自分の考えもなく、ただなんとなく周りに合わせて生きていました。 周りが大学に行くから進学して、就職するからそうする。 そしてその結果うつ病になり、今度はその原因を世の中や周りの人間のせいにしていたのです。 もっといい会社だったら。 もっと楽な仕事だったら。 そうやって状況のせいにして人生の主導権を明け渡していたのです。 今までのそうした無自覚な無責任さを、なぜかホオポノポノを実践することでそこに気づくことができたのです。 自分の人生に責任を持つとは、今の人生で起こったこと全てのことは自分が選んできたんだって事実を受け止めるってことです。 ちょっと苦しいかもしれませんが、そうやって責任を引き受けた時から、人生の主導権を取り戻すことができるんです。 自分で選んできたんだから、別のもっといいものも選んでいけるのだって希望が人生の責任を取ったことで湧いてくるようになったのです。 インナーチャイルドとの仲直り ホオポノポノを実践することで僕はそれまでの無責任な生き方を自覚して、もう二度とそんなことはしないと固く誓いました。 そしてまた淡々と4つの言葉を繰り返すうちに、また別の現象が起こってきたのです。 それはインナーチャイルドの癒しでした。 インナーチャイルドとは、簡単に言ってしまえば自分の本音とか本当の気持ちのことです。 大人としてのいろんなしがらみや常識、社会的な地位や責任などによって普段は抑圧している部分で、子供の頃に形作られた自分の本質的な部分なので、チャイルドと呼ばれています。 そのインナーチャイルドは名前の通り子供のように無邪気でそして傷つきやすい存在です。 僕は長年そんな自分のインナーチャイルドをおろそかにしてきました。 でもホオポノポノによってインナーチャイルドの存在に気がつき僕自身の本当の思いや過去に感じてきた心の痛み、悲しみを知り改めてそれらと向き合うことができました。 僕はずっと、心のどこかでもっと大切にされたい、愛されたいと思っていたのです。 ホオポノポノの4つの言葉はまさにこの僕のインナーチャイルドの思いへストレートに届く言葉だったんですね。 ありがとう、愛しています、ごめんなさい、許してください。 この4つを唱えるごとに、おろそかにしてきた自分のインナーチャイルドと仲直りができていったのです。 痛みと悲しみを手放す 過去からの卒業 ずっと抑圧してきたインナーチャイルドという自分の本音に向き合って、僕は自分の心の傷に気がつきました。 そして傷に伴う様々なトラウマという名の悲しみも自覚できました。 過去のいろんな思い出が蘇り、本来その時に感じなければならなかった感情を僕は味わっていきました。 その間も4つの言葉を唱えていると、今度は今この瞬間に感じていたような痛みとか悲しみといった感情がどんどん過去のもののように思えるようになってきたのです。 過去に感じておかなければならなかった悲しみと痛みをしっかりと感じきった結果、止まっていた心の時間が動き出したんだと思います。 過去に囚われていた僕の心はあらゆるトラウマから解放されていき、過去そのものから卒業して今この瞬間に生きることができるようになったのです。 もう大丈夫なんだ この体験を通して僕は自分の現状が何も変わっていないにもかかわらず、こう考えることができるようになりました。 ホオポノポノでは現実に起こる問題は潜在意識にある良くない記憶やネガティブな感情が原因とされているので、この根拠のない安心感っていうのはすごく大事なことで、問題解決のための最初の一歩なんです。 実際この時の安心感、もう大丈夫だっていう感覚は後々の僕の行動の支えになり、うつ病から立ち直り自分の人生を変えていくためにとても重要な役割を果たしてくれました。 大丈夫なんだという前提のおかげで、失敗や挫折を恐れず望むもののために行動できるようになっていったんです。 ホオポノポノによって潜在意識のトラウマやネガティブな感情をクリーニングできたことで、表面的な恐れや不安というものが明らかに減っていきます。 それによって行動が変わります。 行動が変われば当然結果も変わり、結果が変われば人生全体の状況も確実に変わっていくのです。 そしてその安心感は、ホオポノポノによって潜在意識をきれいさっぱい掃除することで思っているよりも簡単に得ることができるんです。 ホオポノポノで人生を変える体験を 誰でも変えられる 僕はホオポノポノと出会いそれを実践して間違いなく人生を変えることができました。 うつ病で無職になり、体力も落ちてダメダメ状態から数年ほどで完全に回復し、仕事や収入面でも充実したものになることができました。 もちろんそれなりに大変でしたし、失敗やうまくいかない時期もあって落ち込んだこともあります。 でもその度にホオポノポノの4つの言葉を唱えては自分自身の潜在意識をクリーニングしていき安心感を取り戻していきました。 その過程は決して難しいものではなく、僕個人は誰でもできることだと思います。 なんといってもホオポノポノはただ4つの言葉を唱えるだけでいいので、できないなんてありませんよね。 その後のことはもう自然な流れの中でうまく動くようになるので心配いりません。 うつ病で半分寝たきり状態だった僕がどんどんアクティブになってやりたいことをガンガンやれるようになったのですから、普通の人はもっと短期間ですごいことになるんじゃないでしょうか。 人生を良くしたい、変えていきたいという思いがあれば、誰にでもそういう変化は起こせるんです。 とりあえずやってみるということ ホオポノポノはただ4つの言葉を唱えるだけのシンプルなものです。 それゆえにホオポノポノを知っても結構な人が結局実践しません。 そんな言葉を唱えるだけで自分の問題はよくなんかなるもんかという謎の頑なさが邪魔しているのか、こんな簡単なことさえもやらない人が本当に多いんです。 どんなことでも言えますが、 とりあえずやってみるというマインドはすごく大事だと思います。 やってみないことにはいかに優れた方法でも結果は出ないし、なにも変わりません。 人はなぜか簡単にできることをおそろかにして、なにかもっとすごい裏技的なものがないだろうかと考えています。 でもそういうことを考えている間に、誰にでもできる簡単なことを誰にもできないくらいちゃんと続けていく人は、大きく自分の人生を変えていくのだと思います。 ありがとう、ごめんさない、愛しています、許してください 誰でもできる、4つの言葉を唱えるだけ。 今この瞬間からやってみて、そして人生を変える体験を始めてください。 まとめ ホオポノポノが教えてくれたものは、 人生における問題は、すべての自分の内面の問題だということです。 僕は運良くホオポノポノというものに出会いそれに気がついて生き方を変えることができました。 結果的にうつ病から立ち直って人生を取り戻せたのです。 あなたも今まさに何か解決した問題を抱えているかもしれません。 その解決のためにノウハウや知識を求めてもいるでしょう。 でも自分の内面を見つめて根本的な原因を取り除かないといずれまた問題は起こります。 表面的な対処療法では、何度も何度も同じ問題にぶち当たってしまい、その度に解決策を求めないといけません。 ホオポノポノを実践し、そんな連鎖から抜け出して人生を主体的に生きるきっかけを作ってみてください。 「」も合わせてどうぞ。 - わたしの人生の転機 - ここまでお読みいただきありがとうございます!ライターの高橋と申します。 一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。 私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。 信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。 人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。 ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤 想一郎 ( そういちろう )さんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。 まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。 そんな想一郎さんのメルマガを読んで、次々と奇跡のようなことが起こりました。 今は、過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会たんです! もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。 「人生を変えたい!」という人は、ぜひこの下の案内を読んでみてください。 佐藤 想一郎(さとう そういちろう) 株式会社ホロスパートナーズ代表取締役 ライフアドバイザー・ストーリーライター SPIRAL主催・講師 21歳でオンラインビジネスで起業。 文章を使った情報発信を研究し、1年間で1人で1000万円の利益を出す。 その実績と経験を元に、ウェブマーケティングのコンサルタントをするようになる。 26歳になると、節税のためだけに会社を設立し、その後も売上は上がり続け、年間で1億円近い結果を出す。 ビジネスを教えるようになるも、ビジネスだけ教えていても人生は良くならない人がいることに葛藤。 精神世界、自己啓発、哲学、心理学、宗教、教育などの分野を学び、それを分かりやすく教えるようになる。 お金と時間の自由を手に入れ、毎週のように旅行に行くようなセミリタイア生活を実現。 しかし、それに溺れてしまい、トラブルを引き寄せるようになる。 華やかな結果と真逆に、不幸になり、どん底の最中で「人生を学びたい」と切望。 その後、奇跡の縁を次々と引き寄せ、人生の本質(グランドセオリー)を学ぶ。 今までの知識を統合。 特に、ストーリーを使ったセールスコピーライティングに精通。 感情を煽る文章ではなく、魂に響かせる文章を研究中。 現在は、心から信頼できる仲間と共に、情報発信やセミナー講師などの活動を通して、人々の次元を上げる手伝いをする。 2020年からは「影響力がある人を増やし、本当に良いものを広げられる人を増やす」という理念のコミュニティ「SPIRAL(スパイラル)」を開始。 好きなことは、写真撮影・マジック・神社参拝・ガジェット・神秘的なもの・アニメ・ストーリー・ご縁繋ぎ。

次の

ホ・オポノポノの神髄。なぜ効果があるのか?

ホオポノポノ

ホ・オポノポノとは? ホ・オポノポノはもともとは、 ハワイにおける伝統的な解決法や考え方、病気からの回復法・予防法のことを意味しています。 ハワイ語においてホ・オポノポノは「心の洗浄。 祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義されています。 これをハワイ伝統医療のスペシャリストであるモーナ・ナラマク・シメオナ女史 1913-1992 が、現代社会で活用できるようアレンジしたのが「セルフアイデンティティ スルー ホ・オポノポノ SITH 」です。 モーナ・ナラマク・シメオナ 州宝 Sith-Hooponopono創始者 1913-1992 出典: 近年、日本でも広く認知されつつあるホ・オポノポノは「セルフアイデンティティ スルー ホ・オポノポノ SITH 」のことを指します。 以後、当メディアではSITHのことをホ・オポノポノと呼びます。 ホ・オポノポノは国連やUNESCO、WHO 世界保健機関 、ハワイ州立大学ほか、さまざまな国際会議や高等教育の場でも紹介されています。 その目指すところは「この地球上に人間として生を受けたことの個人的な意味」をより豊かに理解し、さらなる気付きへと歩みを深めること。 ホ・オポノポノは国籍、年齢、性別、宗教を問わず、誰でも、誰の力も借りずに実践できる問題解決メソッド。 その教えはハワイから飛び出し、世界中に広く共有されています。 ホ・オポノポノは潜在意識のセルフクリーニングツール? ホ・オポノポノの考え方のベースは 「私たちに起こる様々な問題は他人のせいではなく、自分の 「潜在意識」の中にある「記憶」が現実化したもの。 記憶を手放し消していくこと、つまり記憶の消去 クリーニング を行うことで問題を解決しよう!」 というもので、潜在意識のセルフクリーニングツールとして紹介されています。 思い出すことがないような遠い過去の体験であっても、潜在意識の中にはしっかりと蓄積されていて、私たちの思考や選択に大きな影響を及ぼしています。 潜在意識の中に悪い記憶があれば悪いことが現実におきるし、良い記憶があれば良いことが現実におきます。 引き寄せの法則の考え方と共通するものがあるでしょう。 ホ・オポノポノのクリーニングを実践することで、 悪い記憶がクリアリングされ、私たちに起こる問題 悪いこと も解消されていく、と考えられています。 ホ・オポノポノのやり方はシンプルで簡単! ホ・オポノポノのやり方はとても簡単です。 具体的にやることは次の4つの言葉を唱えるだけ。 この4つの言葉を繰り返し唱えることが、ホ・オポノポノの基本のクリーニング方法とです。 ホ・オポノポノの良いところは、この言葉を繰り返し唱えていれば効果があるというシンプルさにあります。 たったこれだけ? と思うほどに簡単でシンプルな実践方法なので、「本当に効果があるのか?」と心配になるかもしれませんが、効果を実感している人はたくさんいるので、騙されたと思ってやってみましょう。 誰 何 に向けて唱えるのか? 誰 何 に向けて唱えるのか?というと、自分の潜在意識や、潜在意識の中の記憶です。 ホ・オポノポノでは潜在意識のことを 「ウニヒピリ Unihipili 」と呼んでいます。 声に出しても良いですし、心の中で唱えるのでも構いません。 繰り返し繰り返し唱えることで、潜在意識の中にある悪い記憶をどんどん消去していきます。 インナーチャイルド 子供のころの記憶 を癒すことができます。 朝起きた時、食事前、寝る前、入浴中、通勤中など、ルーティン化すると良いかもしれません。 4つの言葉はアレンジしても大丈夫! 「ごめんなさい」「許してください」に違和感や苦しさを感じる人もいるようです。 その場合は、省略して「ありがとう」「愛しています」だけにしたり、 「最終的には愛していますだけ言えばOK!」とする考え方もあります。 また、順番を入れ替えるのもOK。 あなたにとって「言っていて心地良いように」「しっくりくるように」アレンジしても構いませんので、ベストな言い回しを見つけましょう。 さらに具体的なやり方については、次の記事が参考になるでしょう。 神聖なる存在・・・ディヴィニティー divinity 超意識・・・アウマクア Aumakua 表面意識・・・ウハネ Uhane 潜在意識・・・ウニヒピリ Unihipili この4つが1つの共同体として働いています。 ディヴィニティー 神聖なる存在 「宇宙の根源エネルギー」「天地宇宙のすべて」「神」のように言い換えることができるでしょう。 アウマクア 超意識 高次な自己と言われています。 「神我 真我 」「アートマン」「直霊 なおひ 」「モナド」「ハイヤーセルフ」のようなもの。 「自分自身の本体」「自分自身のエネルギーの根源」と言ったら分かりやすいかもしれません。 アウマクア 超意識 は潜在意識の影響を受けず、常にディヴィニティー 神聖なる存在 と一体です。 ウハネ 表面意識 普段、思考している私たちの 日常的な意識のこと。 アウマクア 超意識 からのインスピレーション、または潜在意識の記憶の指示にしたがいますが、たいていは潜在意識の記憶に支配されています。 ウニヒピリ 潜在意識 幼少期のトラウマなどの「インナーチャイルド」にも対応しますが、それだけにとどまらず、地球の誕生から陸海空に存在するすべての動植物、生命体、無機質までの記憶、アカシックレコードを含んだものの総称とされています。 魂のメモリーバンク。 ホ・オポノポノで潜在意識のクリーニングができるまでの6ステップ を見ると、ホ・オポノポノの実践により、次の6つのステップをたどることで、潜在意識のクリーニングができるとされています。 依頼内容はウハネ 表面意識 からウニヒピリ 潜在意識 に降りていきます。 以上の6ステップによって、潜在意識の記憶のクリーニングがなされるとのこと。 ホ・オポノポノのことが書かれている他のブログやサイトでは、潜在意識ウニヒピリのみに焦点が当たっていることが多いですが… 高次元の自分であるアウマクア 超意識 を通し、ディヴィニティー 神聖なる存在 のエネルギーによって記憶がクリーニングされている、というのが重要なポイントでしょう。 何も考えずに4つの言葉を唱えるだけでも十分に効果はありますが、このような背景があることを認識しておくことで、より効果を実感できるかもしれません。 ホ・オポノポノの実践は神道の『禊 みそぎ 』と同じ? ホ・オポノポノで潜在意識をクリーニングことは、神道における『禊』に通ずるものがあります。 神道は禊に始まり、禊に終わるといいます。 禊の神話的起源は、伊邪那岐命 イザナギノミコト が死者の国である黄泉国から帰ってきたときに、死者の国の穢れを祓うために、筑紫日向橘小戸の阿波岐原で禊祓 みそぎはらい を行ったことにあるとされています。 禊というと滝に打たれることをイメージされるかもしれませんが、海や川に入るというのもありますし、祝詞を唱えるのも禊になりますし、神社参拝の行為自体も禊になります。 禊の方法はたくさんあるのです。 禊をすることで 「自分の不要なもの、エゴ、感情、怒り、悲しみ、苦しみ、悔い、罪悪感、執着」などをクリアリングできます。 禊を続けることで 御霊が顕現し、神我一体の境地にたどり着くことができます。 ウハネ 表面意識 ・ウニヒピリ 潜在意識 をクリアリング 禊 することで、アウマクア 超意識=御霊 へとつながり、ディヴィニティー 神聖なる存在=神 と一体になれる。 ホ・オポノポノの実践は神道の禊ととても似ていると思いませんか? ホ・オポノポノの効果~記憶のクリーニングでどうなる? ホ・オポノポノで潜在意識の記憶をクリーニングすることで、どんな効果があるのでしょうか。 私たちは本来、ディヴィニティー 神聖なる存在 から、人生に必要なインスピレーションを与えられているとホ・オポノポノは考えます。 しかし、ほとんどの人は潜在意識の記憶が混在しており、それが邪魔をしてインスピレーションが入る隙間がないのです。 潜在意識の記憶は私たちの考え方や習慣などに、大きな影響を与えています。 幼い頃に両親から十分に手をかけてもらえなかったという記憶。 両親を許せないという思いがあり、その影響でそんな自分を責め、自分は幸せになってはいけないと思ってしまい、幸せになれない選択肢ばかりを選んでしまう。 幼い頃にお金で苦労したという記憶。 お金に対する嫌悪感をもっていて、経済的に豊かになれないことばかりしてしまう。 幼い頃に仲間外れにされたという記憶。 人から拒否されるのを極度に恐れてしまい、自分がやりたいことよりも人を優先してしまう。 などなど、たくさんのネガティブな記憶が混在し、私たちの人生にネガティブな影響を与えています。 そんな記憶を消去していくことで、雲の隙間から光がさすようにインスピレーションがやってくるようになります。 インスピレーションは必要なときに必要なタイミングで届くもの。 インスピレーションを当たり前のように受け取れるようになると、 必要なときに必要な人・モノ・コトが手に入るので、自然に幸せになっていくのです。 ホ・オポノポノで「ほんとうの自分」を生きよう! 以上、ホ・オポノポノがどんなものなのか解説させていただきました。 ありがとう ごめんなさい 許してください 愛しています この4つの言葉を繰り返し唱えるだけで、潜在意識の記憶がクリーニングされ、私たちに起こる問題を解消することができます。 ホ・オポノポノの公式サイトには次のように書かれています。 問題は、外にはありません。 問題の本当の原因は、あなたの内にいるもう一人の自分『ウニヒピリ』が、 これまで溜め込んできた記憶です。 「ホ・オポノポノ』であなたは、記憶を消去する方法を学びます。 そして、もともとあなたが そうであったはずの完璧で美しい 「ほんとうの自分」を生きるのです。 イハレアカラ・ヒューレン博士 参照: 「ほんとうの自分」というのは、.

次の

ホオポノポノの効果|私がホオポノポノでうつ地獄から生還した体験談|GLOBO

ホオポノポノ

ホオポノポノとはなにかご存知でしょうか。 この言葉を初めて聞いた方もいらっしゃるかもしれませんね。 ホオポノポノとはハワイで昔から伝わる潜在意識をクリーニングする方法です。 ホオポノポノは「目の前の現実は全て自分の潜在意識が造っている」という考え方がベースになっています。 1985年にマリー・カウェナ・プクイによる著書がホポノポノの実践法の始まりと言われています。 その後、現代社会でも活用できるように「セルフアイデンティティ スルー ホオポノポノ」としてアレンジされ広まりました。 ホポノポノは本当の自分を知る、この地球に生まれた本当の意味を知る、手段として世界中に広まっています。 そして4つの言葉を唱えるだけでその潜在意識をクリーニングし、人生をより良いものにするという目的でも提唱されております。 本もありますのでより詳細を知りたい方はご購読なさって下さい。 ホポノポノは潜在意識をクリーニングする方法の一種ですが「潜在意識」とはなんでしょうか。 一度は誰もが「潜在意識」という言葉を聞いたことがあると思います。 人の意識は「顕在意識」と「潜在意識」に分かれています。 意識の割合としては健在意識が3割、潜在意識が7割と言われており、潜在意識は人の記憶、経験に基づく感情、知識や見聞による思考などを司り、あなたの行動パターンをつくっている中枢です。 梅干しを思い出して下さい、と言われたら唾が出てくるのも潜在意識の力です。 なので潜在意識を書き換えたり、クリーニングすると行動パターンや物事の受け止め方、解釈方法が変わり、結果的に人生が大きく変わるという風に言われています。 ホポノポノは潜在意識をクリーニングする方法の一種なので実践することで今までの悩みから解放されたり、杞憂な出来事が良い方向へ変わるなどの変化が望めます。 ホオポノポノの効果とはどんなものがあるのでしょうか?「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」と4つの言葉を繰り返し唱えることで自動的に潜在意識の中にある要らない記憶が消去されます。 例えば過去に裏切られた経験から人を信じることが難しかったり、頑張っても報われない経験から最初から投げやりに物事に取り組んだり…そんな経験はありませんか?これらも過去の傷から真っ白な未来の行動を黒く塗りつぶしてしまっているんですね。 潜在意識をクリーニングすればそんな過去の経験則や感情が手放されます。 ホオポノポノは基本的に「目の前の現実は自分が造っている」という思想なので自分が変われば現実も変わります。 潜在意識をクリーニングすることで過去の経験則や感情から開放されまっさらな気持ちで「今」に取り組むことが出来ます。 それはお金・恋愛・仕事・人間関係・美容など全てに効果を発揮するでしょう。 ホオポノポノのやり方は「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」と4つの言葉を繰り返し唱えることだけです。 口に出してもいいですし心の中でも唱えてもいいし場所も時間も限りません。 こんなに簡単でシンプルな方法でどうして潜在意識をクリーニング出来るのでしょうか。 ホオポノポノは自分に向かって4つの言葉を唱えます。 この4つの言葉は誰かに向けて言ってる訳でも何かの物事に対して言ってる訳でもありません。 主語がないのです。 「ごめんなさい」は誰かに謝っている訳ではありません。 しかし、もしかしたら幼い頃、謝りたい誰かに素直に謝れず後悔した経験があるかもしれません。 潜在意識はそういった過去の経験則や感情をキャッチし「ごめんなさい」という言葉を届けてくれるんですね。 傷ついた過去や後悔した感情などを「ごめんなさい」「許して下さい」と癒し、自分に「ありがとう」「愛しています」という言葉を届けて力を与えます。 これがホポノポノの効果です。 ホオポノポノでは潜在意識をクリーニングし、経験則や感情を手放します。 人は生まれた時の潜在意識は空っぽで生きていく上での経験や感情で記憶が蓄積し何かを考えたり判断するときの材料にします。 振られた経験があれば告白するのを躊躇ったり、人と付き合うこと自体が怖くなったりしますよね。 振られた経験で傷ついた気持ち(感情)や振られたことでまた付き合って、振られたら…と未来をマイナスに捉える思考は潜在意識にインプットされます。 そして恋愛が上手くいってダメになり傷つくのを防ぐために敢えて上手くいかないような恋愛ばかり無意識に選んでしまう、という事態があります。 これも潜在意識の力です。 しかしホオポノポノで恋愛で傷ついた気持ちや間違った思考パターンを手放すことで恋愛に対して恐怖心がない状態で向き合うことが出来るのです。 恋愛に限らず、仕事の失敗や見た目でいじめられた記憶なども同様の効果を発揮するでしょう。 経験則から出来た思考パターンや感情を手放せば、新しいものを入れることも可能です。 ホオポノポノで経験から得た感情や行動パターン・思考などを手放すことができると書きました。 前章と少し内容が被りますが、これらを手放した時にどのような効果を得ることが出来るのか説明致します。 潜在意識は過去の経験から得た知識や感情を司り今の現実を造っています。 なぜか不倫や二股など上手くいかないと分かりきっている恋愛を選んでしまうのは「無意識に上手く恋愛を恐れている」可能性があります。 それは潜在意識に過去、振られた経験から派生した感情や思考が記憶されて上手くいく恋愛を恐れ避けているからです。 しかし、ホオポノポノで「上手くいかない恋愛を選んでいた思考・感情」の記憶が消えます。 すると、現実でも上手くいかない恋愛を選ぶのをやめ、幸せな恋愛が出来るようになるかもしれません。 手放すとゼロ視点で物事を見ることができます。 今までの経験則から解放され新しい視点で物事を解釈し行動も変わるはずです。 ホオポノポはあらゆる面に効果的です。 なぜなら今のあなたの行動のほとんどは過去の経験から得た知識や感情、思考から判断されパターン化されているからです。 思考が行動を促し、行動が現実を造っているのなら、その思考のもととなっている記憶を消せば、自ずと思考が変わり、行動が変わり、現実が変わります。 恋愛で苦しんでいるのなら今の苦しい現実を起こしている自分の記憶を消すことです。 恋愛が上手くいかなくて傷ついている感情を癒し、そのような現実を起こしている記憶を消すことで、今の現状をありのあままに受け止め、物事をフラットに見ることができます。 今もしあたなが恋愛で苦しんでいるのなら、是非ホオポノポを試してみてください。 ホオポノポは潜在意識をクリーニングする方法ですが、この4つの言葉はきっと今、苦しんでいるあたなの感情や思考も癒してくれるでしょう。 ホオポノポノで自分が変わる? 現実を造っているのがあなたの行動で、行動は思考によって促され、思考は今までの記憶から判断をします。 つまり、潜在意識はあなたの行動のおおもとになっているのです。 ホオポノポで潜在意識をクリーニングすれば、そのおおもとが変わるわけですから思考も変化し、行動も自ずと変わります。 思考や行動が変われば今までのあなたとは違うあなたになっている筈です。 違うあなたにはどんな恋愛や仕事が待っているのでしょうか。 きっと過去に囚われず軽やかで素敵な自分に変身し未来を謳歌しているでしょう。 ホオポノポノは口に出して言ってもいいし心の中で唱えてもいいです。 もし詳しいやり方を知りたい場合は、第一章で本も紹介してますのでお読みになってみて下さい。 また手帳も発売されておりレビューでも高評価ですので、新しい年に向けて購入してみてもいいかもしれません。

次の