メンマ 材料。 メンマの原料になる竹・たけのこ・原料が割り箸という元ネタ

「メンマ(シナチク)」の原料はタケノコ

メンマ 材料

タケノコを乳酸発酵させる• 発酵させたタケノコを塩漬け、乾燥させる• 水で戻し塩抜きする• 場合によってはさらに味付けをする 塩漬けや乾燥をしているので、元は保存食として食べられていたのかもしれませんね。 メンマの発祥国は台湾 中国 メンマは、もともとは日本食ではなく、台湾が発祥と言われています。 ただ、台湾に関しては大人の事情もあるので、中国発祥という人もいますが… ラーメンのトッピングでお馴染みのメンマ。 ですが、台湾や中国には日本のようにラーメンのような汁麺の上に乗せる文化はありません。 ラーメンのトッピングにメンマを使うのは 日本独自の文化です。 まだラーメンが、中華そばと呼ばれていた時代にトッピングで使われたことが始まりのようです。 スポンサーリンク メンマという名称の由来 メンマという名称は、実は日本独自の名称です。 メンマが日本に伝わった当初はメンマではなかったのです。 「中国の竹」ということで、「支那竹 シナチク 」と呼ばれていました。 しかし何故、「シナチク」ではなく「メンマ」と呼ぶようなったかと言うと、国際上の問題が大きく関係しています。 台湾政府による抗議 現丸松物産の前身の会社が使用していた商標が『SHINACHIKU』でした。 台湾から輸入していたものです。 これに対し、台湾政府が 『台湾の商品なのに、商品名に「SHINA 中国の意 」を付けるとは何事だ!』と抗議があったそうです。 そのため、当時の丸松物産会長は、「ラーメンに乗せるマチク」と言う言葉を短縮し、メンマと名付けたのが名称の由来となります。

次の

発酵食品であるメンマに含まれる成分とその効能は?

メンマ 材料

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

メンマの材料は何?自家製メンマの作り方・保存期間はどのくらい?

メンマ 材料

『改訂 調理用語辞典』 (社団法人全国調理師養成施設協会編) メンマ 【麺媽】 中国料理に用いられるタケノコの加工品。 中国の華南または台湾産のマチクが用いられる。 別名 シナチク,中国名 干笋(ガンスン)。 マチクを細く切って蒸し,塩漬けにして乳酸発酵させた後,天日で乾燥させて作る。 もどしてから中華そばの具などに用いる。 ------------ 消費者相談 (農林水産省) マチク(麻竹)とその加工品について教えてください。 回答 マチクはイネ科マチク属の植物で、ミャンマー(ビルマ)原産で、中国大陸南部や台湾、ベトナムで栽培されている大型の竹です。 その葉は大型のためチマキを包んだり、笠などの材料になります。 また、そのタケノコは直径が20cmにもなり、これを使った食材がラーメンの具材によく使われる「メンマ(シナチク)」です。 メンマは、マチクのタケノコを煮たり蒸したりし、乳酸発酵させた後に、乾燥させます。 料理に使う際には温水で戻してから使います。 ------------ こういうメンマも。 (日付注意).

次の