名言 英語。 英語名言警句——法律篇

英文佳句名言50句

名言 英語

こんにちは、カナダ在住のちひろです。 本日は、「英語の名言(ことわざ)」をテーマに書き進めていきます。 あえて説明する必要もないかもしれませんが、世の中で「名言」とされるものは「物事の本質をうまく捉えた言葉」です。 「なるほど!うまいこと言うな!」と誰もが納得するような言い回しが、いわゆる「名言」というワケですね。 「名言」はさらに細かく分類でき、細分化したグループのひとつに「ことわざ」があります。 「ことわざ」は昔の人々が得た知識や教訓を短文にしたもので、世代を越えて語り継がれてきた文言です。 「犬も歩けば棒に当たる」や「石の上にも三年」などのことわざなら、みなさんも耳にしたことがあるかもしれません。 実は、これらのことわざは日本語だけの文化ではなく、英語でも存在しています。 そこで今回は、英語の名言(ことわざ)に注目して、いくつかの言い回しやその意味をご紹介していきます。 どの名言も単語のひとつひとつは簡単ですが、それ以上の深い意味合いを持つことがお分かりいただけるはずです。 普段の英語学習においても英語から日本語へ翻訳する際には、表面的な言葉だけでなく文章に込められた発言者や著者の意図までしっかりと汲み取る必要があります。 名言の翻訳作業はその良い訓練になるはずですので、今回のコラムがみなさんにとって、世に溢れる名言に興味を持つきっかけにもなると嬉しく思います。 A picture is worth a thousand words. 1枚の絵(写真)は1,000の言葉に値する。 「worth」は「価値がある」や「値する」を意味する単語で、文章全体を自然な表現に直すならば「1枚の絵(写真)の方が、たくさんの言葉で説明されるより分かりやすい。 」となります。 日本語では 『百聞は一見にしかず』ということわざになります。 「誰かから100回聞くよりも実際に自分の目で見た方が確かだ。 」と解釈でき、どちらも視覚情報の優位性を表しています。 「worth」自体は日常生活の中でも便利な言葉です。 シンプルな表現で相手の自尊心を高められる言葉なので、使い勝手が良いと感じます。 The early bird catches the worm. 早起きの鳥は虫を捕まえる。 鳥にとって虫の捕獲は労力をかけて活動した成果なので、「朝早く起きると成果(良いこと)がある。 」というニュアンスを持ちます。 日本語のことわざでは 『早起きは三文の徳』となります。 「三文」はお金を意味する単語ですが、そこから転じて「早く起きれば健康・仕事・勉強の面で良い影響がある。 」ともされています。 英語のことわざ『The early bird catches the worm. 』の場合は、単に早起きだけを勧める表現ではなく、「人よりも先に行動したり、目の前の事柄にすぐ取り組んだりすることが成功の秘訣である。 」という意味も含まれています。 ちなみに、英文中の「worm」は虫全般ではなく、ミミズなど手足がない細長い虫を指します。 本を表紙で判断するな。 本はカバーが立派だからと言って内容も素晴らしいとは限りませんし、表紙が簡素でも良書なパターンもあります。 見た目だけでは判断してはいけないことの例えで、 『人は見かけによらぬもの』という日本のことわざが該当します。 真剣なトーンで言われると「私のことを悪く決めつけないで!」と言っているように取れますし、カジュアルな雰囲気だと「私を変に思わないでね。 笑わないでよ?」と聞こえます。 こぼれたミルクを見て泣いても無駄である。 日本語版のことわざは 『覆水盆に返らず』になります。 「一度してしまったことは取り返しがつかない状態」を意味します。 同様の名言で 『後悔先に立たず』も当てはまります。 ことわざには、英語が先発で日本語に翻訳された表現があれば、中国語や日本語が英語に訳出されたもの、またほぼ同時に生まれた名言など様々なパターンがあります。 昔からの言い伝えであったり、概念が世界共通だったりするので起源が定かではないものも存在します。 『覆水盆に返らず』に関しては、中国の逸話の歴史が古いとされています。 中国語の「盆」は日本語で言うところの平らな「お盆」ではなく「ボウル状の容器」を指します。 』と『覆水盆に返らず』では、液体をこぼす共通点があるものの、英語で表現した際には水がミルクになっていて、英米人の生活が表れているようで面白みを感じる部分でもあります。 「~しても仕方がない、無駄である。 」と言いたい時に使うフレーズです。 孵化(フカ)する前に、ニワトリ(ヒナ)を数えるな。 「hatch〈孵化(フカ)〉」は卵がかえることです。 「卵がかえる前に、ヒナを数えるな。 」は、卵を数えてもそれら全てが孵化するとは限らないので、「ヒナを数えるなら、卵からかえってからにしろ。 」という表現です。 「確実に手に入るかどうか分からないものを当てにして、計画を立てるのは良くない。 」と言い表しています。 日本語では 『取らぬ狸(タヌキ)の皮算用』です。 「狸をまだ捕らえていないうちから、狸の毛皮を売って儲ける計算をするのは愚かだ。 」という考え方が由来しています。 英語ではニワトリ(ヒナ)、日本ではタヌキな部分にも文化の違いが反映されているようで面白いと思いませんか? Kill two birds with one stone. 1つの石で2羽の鳥を仕留める。 「1つの石」と「2羽の鳥」というキーワードでピンと来た方もおられるかもしれませんが、日本語のことわざでは 『一石二鳥』に該当する表現です。 「1つの動作で2つの物事を成し遂げる。 」という意味ですね。 同じニュアンスで 『一挙両得』と言うこともできます。 同様の意味合いで複数のことわざが日本にあるように、「Kill two birds with one stone. 」にも単語が異なる形で「一石二鳥を」表す表現があります。 例えば、ヨーロッパでは国境を越えると「Kill two flies in one hit. 」や「Roast two pieces of meat in one fire. 」といったように変化し、国柄や地域性が出ている点を興味深く感じました。 (下図参照) Where there is a will, there is a way. 意思が存在しているところに方法(道)はある。 日本では 『意志あるところに道は開ける。 』として認知されています。 女子プロゴルファーの宮里藍さんが座右の銘としていたことわざでもあるので、耳にした記憶がある方もおられるかもしれません。 英文中の「will」はこの文脈では「意志」という意味を持つ名詞です。 より丁寧に訳出するならば、「何かをすると心に決めたなら、(目の前に障害があろうとも)目的を成し遂げる方法を見つけられる。 」と表現できます。 ちなみに、「意志」は仕事や勉強、日常生活など生涯を通じてあらゆる場面で人に影響を与える重要な要素であるため、子供たちの宿題に含まれるエッセイのテーマとしても頻出だそうです。 The squeaky wheel gets the oil. きしむ車輪は油をもらう。 「squeaky」はキーキーと音を立てる様子を表す単語です。 車輪がきしむと油をさす事象を人に転じて、「きしむ車輪のように声をあげて主張している人は、周囲からの注目や助けを得やすい。 」という意味になります。 これとは反対の意味を持つ日本のことわざは 『言わぬが花』や 『出る杭は打たれる』です。 日本の場合は、あえて言わないことに値打ちがあるとされたり、でしゃばった言動が非難されたりする風習がありました。 ちなみに私は、カナダで働き始めたばかりの頃、「〈出る杭は打たれる〉の精神ではカナダで生きていけないよ。 」とマネージャーから言われたことがあります。 評価を得たり出世をしたりするためには、「目立ってなんぼの世界」というワケです。 もちろん協調性も大切ですが、あまりにも控え目な言動を取りすぎていると人に利用されたり付け込まれたりします。 【まとめ】 ことわざの面白さとは? ことわざは、最小限の単語で物事を上手く言い表している点に面白みを感じます。 私にとって言語学習は難しい単語を覚えるだけでなく、 「表現の豊かさ」を学ぶ時間でもあります。 従って、英語の名言集も学習素材のひとつです。 なぜ表現の豊かさを大切にしているかと言うと、話し相手に合わせて使う言葉を変えるべきだと考えるからです。 例えば、目上の方や学術・ビジネスパートナーと会話をする際は、洗練された単語や専門用語を使用する必要性があります。 けれども、子供や他の留学生とコミュニケーションを取る時は、「誰もが理解できる言葉」を選ぶことが望ましいでしょう。 ことわざは誰でも理解しやすく覚えやすいからこそ、長い歴史の中で言い伝えられてきた代物でもあります。 ですから、ことわざには 「物事をうまく抽象して言語化するヒント」が含まれているように思うのです。 また、日本のことわざの由来を辿ると中国に行き着いたり、英語の名言はアメリカ生まれのものだけでなく、ヨーロッパからの言い伝えも混在していたりします。 言葉の面白さだけでなく歴史に触れる機会にもなるので、普段とは違った角度で異文化理解が進むでしょう。 みなさんも日本語で座右の銘やお気に入りの名言があるならば、「英語表現ではどうなるのか?」を調査してみると意外な発見があるかもしれません。 ぜひ一度、調べてみてはいかがでしょうか。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 ワーキングホリデー(1314)• 2カ国留学(1385)• 社会人留学(1408)• 大学生留学(1389)• シニア留学(1027)• 親子留学・ジュニア留学(683)• お稽古・資格取得(101)• パスポート・ビザ(155)• マンツーマン授業(152)• 英語学習(501)• TOEIC(99)• 学校紹介(237)• 格安留学(326)• 節約留学(431)• キャリアアップ(471)• アルバイト(231)• 海外就職(192)• 就職活動(171)• 帰国後(215)• インターンシップ(93)• ボランティア(41)• アクティビティ(221)• 英語プラスアルファ(515)• 留学豆知識(1399)• 携帯・インターネット(177)• オススメ情報(1195)• トラブル(306).

次の

英語の名言(ことわざ)を日本語に翻訳!ことわざの言い回しと、その意味をご紹介します!

名言 英語

スナフキン(Snufkin)の英語&和訳のおすすめ名言と人物像 スナフキンの言葉-お気に入りBEST3 【価値を真に理解するには】You must go on a long journey before you can really find out how wonderful home is. (家がいかに素晴らしいものなのか本当に理解するには、長い旅に出なければならない。 (さっさと下に降りてきなよ、怒らないでさ。 これから僕らはとても特別なことをするんだ。 - トーベ・ヤンソンによる本「たのしいムーミン一家」より) 【己を知ることが一番大事】The main thing in life is to know your own mind. (人生で大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ。 - トーベ・ヤンソンによる本「ムーミン谷の夏まつり」より)• スナフキンってどんな人? フィンランドの画家・作家・児童文学作家であるトーベ・ヤンソンの「ムーミン・シリーズ」に出てくる架空のキャラクター。 スナフキンは、主人公「ムーミントロール」の親友で、ヨクサルとママミムラ(ミムラ夫人)の息子である。 ちびのミイ(リトルミイ)とミムラねえさんの異父弟でもある。 (人間のように見えるがムムリク族という妖精で、しっぽが描かれた挿絵も存在する) いつも冷静で知的、物を所有することを嫌い、人に指図されるのを嫌う音楽を愛する自由な旅人。 実は人間ではなく、トロールの仲間。 スナフキンの荷物は、リュックサックひとつ。 ハゲワシの羽根を挿した帽子と着古した服を身にまとい、パイプをくわえ、愛用のハーモニカを吹いて、詩と曲を作り、釣りをしする。 友人と過ごす楽しい時間も好きだが、一人で過ごす孤独な時間も大切であり、暖かい季節はムーミン谷の川辺にテントを張って生活している。 ムーミン谷の住人が冬眠に入る頃、南に旅たち暖かくなった春にまた戻ってくる。 ムーミン谷やその近くに住む小さな生きものたちにとって、スナフキンは憧れの存在として描かれている。 モノに執着せず、必要最低限の所有で暮らすスナフキンの生き方は、ミニマリストの先駆けとも言えるかもしれない。 作者トーベヤンソンは、スナフキンのキャラクターは、彼女の友人でありかつての婚約者であったアトス・ウィルタネンをベースにしたものとしている。 「スナフキン」という名前は英語のsnufkinからの音訳で意味は嗅きタバコ。 原作のスェーデン語でいう「スヌスムムリク」は、「スヌス」=嗅ぎタバコ、「ムムリク」=(親しみを込めて)あいつ、野郎という意味で、合わせると「嗅ぎタバコ野郎」といったところ。 非商用利用の範囲内でご利用ください。 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。 スナフキン(Snufkin)の名言・格言・言葉 一覧 The main thing in life is to know your own mind. 人生で大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ。 僕のモノの見方は、地球上のモノは何であれ所有できる。 僕が僕のモノだと言えば、たとえ地球そのものでもね。 - トーベ・ヤンソンによる本より Today we must do something very special, for it will be a glorious day. 今日、僕らは、とびっきり特別なことをしなくっちゃ!だって、すばらしい天気になりそうなんだから。 Like father always says; when one door closes, choose a nearby wall and bash it in with brute force. 父さんがいつも言うように、一つのドアが閉まったなら近くの壁を選んで力づくでぶっ叩くんだ。 Now, I just look at them, and when I go away I carry them in my head. しかし、それがモノを所有したいと思い始める時なんだ。 今、僕はただモノを見てるだけだ。 そして立ち去る時、モノを僕の頭の中に留める。 そうすれば、スーツケースを運ぶ必要がなくなり、僕の両手は自由になる。 心配しなくていい。 僕らは素晴らしい夢を見るから。 そして目覚めたらもう春だよ。 - トーベ・ヤンソンによる本「たのしいムーミン一家」より One can never be truly free if one admires others too much. だれかを崇拝しすぎると、ほんとうの自由は得られないんだよ。 「もう泣かないでスニフ」- トーベ・ヤンソンによる本「ムーミン谷の彗星」より Oh my, oh my. ああ大変だ。 とても多くの感情を抱いてるんだ。 このムーミントロールは。 - トーベ・ヤンソンによる本「ムーミン谷の仲間たち」より I like stars more than anything else. I watch them as I fall asleep and wonder who lives on them and how to get there. The night sky looks so friendly with all those little twinkling eyes. 僕は何よりも星々が好きだ。 眠りにつく時に星を見て、そこに誰が住み、どうやってそこへ行くんだろうと思うんだ。 すべての小さなきらめく視線で、夜空はとてもフレンドリーに映るんだ。 The Hemulen, moaning piteously, thrust his nose into the sand. 「これは行き過ぎだ!」「かわいそうで純真な植物学者はなぜ静かで平和な生活を送れないのか?」悲しそうにうめくヘムレンは、鼻を砂に突き刺してそう言った。 「人生は平和ではないのだよ。 」スナフキンは満足げに答えた。 ペチコートで鼻をかむのさ。 もしくは君が持ってるものなら何でも。 さっさと下に降りてきなよ、怒らないでさ。 これから僕らはとても特別なことをするんだ。 「だけどそれは恐ろしいほどに新しくてきれいだね」とスナフキンは悲しそうに言った。 「もっと古いものはないのかい?」- トーベ・ヤンソンによる本「ムーミン谷の彗星」より I own everything that I see and everything that pleases me. I own the entire world. 僕を楽しませるモノは、なんでも所有できる。 その気になれば、 世界中でもね。 It would be awful if the world exploded. It is so wonderfully splendid. もし世界が爆発したら、それは凄まじいだろうね。 それはもう驚くほど素晴らしいことだ。 もし誰かに強く憧れていたら、本当に自由になることはできないよ。 「そのうち」なんてあてにならない。 今が「その時」だよ。 You must go on a long journey before you can really find out how wonderful home is. 家がいかに素晴らしいものなのか本当に理解するには、長い旅に出なければならない。 - トーベ・ヤンソンによる本「ムーミン谷の彗星」より It does not matter at all to have the idea that unlike people. But, it should not be forcibly pressed against the other people the idea. 人とは違った考えを持つことは一向にかまわない。 でも、その考えを無理やり他の人に押し付けてはいけないなよ。

次の

短い英語の名言・格言集。覚えやすく心に残る言葉!

名言 英語

英語の名言・格言【短文】は、全12ページございます。 英語の名言・格言【短文】(1) 英語の名言・格言 There is always light behind the clouds. - Louisa May Alcott(ルイーザ・メイ・オルコット) - 雲の向こうは、いつも青空。 - Jack Welch(ジャック・ウェルチ) - 変革せよ。 変革を迫られる前に。 - () - 夢見ることができれば、それは実現できる。 Live the life you love. - () - 自分の生きる人生を愛せ。 自分の愛する人生を生きろ。 - () - 私の人生は楽しくなかった。 だから私は自分の人生を創造したの。 - () - 何事も成功するまでは不可能に思えるものである。 - () - 平和は微笑みから始まります。 - Pearl S. Buck(パール・バック) - 愛が死ぬのは、愛の成長が止まる、その瞬間である。 - () - 速度を上げるばかりが、人生ではない。 - () - すべては練習のなかにある。 - () - 人は喜んで自己の望むものを信じるものだ。 - () - 幸せになりたいのなら、なりなさい。 - () - 急がずに、だが休まずに。 - () - 下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。 - () - 考えは豊かに、見た目は貧しく。

次の