名古屋 市 瑞穂 区 ハザード マップ。 名古屋市16区ハザードマップまとめ編

名古屋市都市計画情報提供サービス|ポータル

名古屋 市 瑞穂 区 ハザード マップ

[ お知らせ ] ・ NEW 2020. 10 都市計画の決定に伴い、都市計画情報を更新しました。 更新した情報は、「用途地域」、「地区計画(平針黒石第二地区)」、「道路」です。 ・2019. 6 都市計画の決定に伴い、都市計画情報を更新しました。 更新した情報は、「特別緑地保全地区」、「道路」、「生産緑地地区」です。 ・2019. 22 都市計画の決定に伴い、都市計画情報を更新しました。 更新した情報は、「用途地域」、「特別用途地区」、「高度地区」、「都市再生特別地区」、「防火地域及び準防火地域」、「風致地区」、「特別緑地保全地区」、「道路」、「公園」、「緑地」、「地区計画(大高瀬木南地区)」、「地区計画(太閤地区)」、「地区計画(打越地区)」です。 ・2019. 15 都市計画の決定に伴い、都市計画情報を更新しました。 更新した情報は、「都市再生特別地区(栄四丁目1番地区)」です。 ・ [ 各種地図について ] ・名古屋市 -建築協定等の指定状況が調べられます。 [ 住宅都市局建築指導部建築指導課 ] -建築基準法上の道路種別が調べられます。 [ 住宅都市局建築指導部建築指導課 ] -名古屋市が管理する道路の路線名、幅員等が調べられます。 [ 緑政土木局路政部道路利活用課 ] -南海トラフ地震の被害予測を示したハザードマップをご覧になれます。 [ 防災危機管理局地域防災室 ] ・愛知県 -愛知県が保有するさまざまな地理情報が閲覧できます。 [ 愛知県地域振興部情報企画課インターネット運用グループ ] ・国土交通省 -関係各機関が作成した防災情報をまとめてご覧になれます。 [ 国土地理院 ] -国土地理院が整備した地図や空中写真、公共測量で整備された地図を検索して閲覧することができます。 [ 国土地理院 ].

次の

地域学区ガイド 名古屋市瑞穂区の地域学区・不動産住宅情報

名古屋 市 瑞穂 区 ハザード マップ

下記に名古屋市16区の『洪水ハザードマップ』を掲載してみました。 図は、国土交通省が平成19年度に公表した浸水想定区域図を基に作成したものです。 現在の河川状況で、各河川の計画規模の雨が降った場合に発生が予想される洪水について、想定される浸水区域と浸水深をシュミレーションによって求めたものです。 *実際の浸水区域や浸水深が図と大きく異なることもあります。 このように図は、浸水深で色分けしてあります。 CONTENTS. 名古屋市千種区 今池から池下のエリアは南北に浸水範囲が広がっています。 愛知学院大学と椙山女学園高校と城山中学校のエリアは、たびたび浸水する地域です。 また愛知大学や東海中があるエリアも集中豪雨で浸水したことがある場所です。 東区で浸水被害が少ないエリアは東区の1番西側。 西区全域が浸水被害のキケンがあります。 中村区全体の土地が低いので浸水しやすくなっています。 あとは壇渓通周辺の土地が低いですので、 浸水しやすいです。 山崎川周辺も大雨やが集中豪雨になると、浸水する可能性があります。 そのため大雨が降ると浸水したり、大きな地震が起こると液状化が起こりやすいのです。 日比野とイオン熱田千年を結ぶ道路の西側は平成12年の東海豪雨で浸水しています。 東海豪雨をはじめ、過去に何度か親水被害を受けています。 天白川周辺は平たんな低い土地になっています。 大雨が降ると浸水しやすいです。 また、出水時の水防活動や避難行動等に活用しましょう。

次の

名古屋市16区ハザードマップまとめ編

名古屋 市 瑞穂 区 ハザード マップ

震度7のイメージ・耐震性の強い木造建物もまれに傾く ・耐震性の低い鉄筋コンクリート造の建物が倒れる 大地震が起こると名古屋はこうなる 予想 地震ハザードマップから分かることは、「どこでどのくらい揺れるのか?」という情報をマップで示しただけです。 なので揺れ以外でどんな被害があるのかわかりません。 あくまで予想ですが以下のような2次被害も予想してみました。 ・名古屋市内は全域で停電しそう ・古い家やマンションは倒壊しそう ・お店の看板とかも倒れてきそう ・マンションやアパートの屋上にある給水タンク 超重いやつ が落ちきそう ・高速道路とかも倒れたりするのかな? ・人が多すぎて避難所に避難できなくなりそう ・水も食料も足りなくなりそう 巨大地震が起こると、想像以上にヤバイ被害になりそうです。 津波ハザードマップ 名古屋市の津波ハザードマップには、南海トラフで地震が起きたときに発生する津波の到達エリアが書かれています。 30cmの津波で人は亡くなると言われていますが、30cm以上の津波が来るエリアは多いです。 大地震のとき津波の被害を受けるリスクがある区 港区・南区・緑区・瑞穂区・中村区・熱田区・中川区にがあります。 つまり、 大地震が発生したとき上記の7区に津波は来るよ!ってことです。 名古屋市は 想像以上に土地が低く、埋め立て地も多いです。 名古屋駅ですら、海抜2mくらいなので津波は来そう! 地震が起きたら遠くに逃げずに高台へ逃げてください。 大地震で津波が発生しても津波の影響を受けにくい区 守山区・名東区・北区・中区・西区・東区・天白区・昭和区・千種区に津波ハザードマップがありません。 なので津波の被害を受けにくいと考えても問題なさそうです。 ただし川の近くに住んでいる方は念のために津波に注意してください。 津波は川を上ってきます。 液状化のハザードマップ 名古屋市は東海地震・東海東南海連動地震が発生したときに起こる 液状化が起こると家やビルが傾いたり沈んだりします。 ななめに傾いた家に住むと、 健康被害が起きやすいです。 めまいや睡眠障害などになりやすいので要注意。 名古屋市の半分近くは液状化しやすいエリアです。 西区・中村区・中川区・港区・熱田区の東側・南区の東側は液状化しやすいエリアです。 いずれも埋め立てたエリアなんですよね。 名古屋城の西と北側 中村区・西区など は湿地だったので、攻めにくい城でした。 また熱田区にある七里の渡しより南 熱田区・南区・港区など は、かつて海でした。 湿地と海をムリヤリ埋め立てたので、大きな揺れが起こると液状化が発生しやすいのです。 あとは 川周辺も要注意。 名古屋市で液状化が起こりにくいエリア 名古屋市で液状化が起こりにくいエリアをざっくりまとめました。 中区・東区・守山区・名東区・緑区・瑞穂区の東側・昭和区の東側・天白区の川から遠いエリア。 液状化が起こりにくいエリアは名古屋の山や丘です。 なので 坂が多い地区ばかり。 山以外で液状化しにくいエリアを探すときはを使うと見つかります。 地図を拡大したときに現われる、 オレンジ色の部分が台地・段丘エリアです。 台地・段丘エリアは坂が少なく液状化のリスクも小さいと言われています。 洪水・内水ハザードマップ 洪水は「大雨による川の氾濫」で内水は「大雨によって排水路や下水道から水があふれる現象」です。 雨もりや床下浸水で車が使えない・家に住めない状態になったり、トイレが使えなくなったり泥水が乾いて舞ったりします。 衛生面が最悪な街になるので注意 短い時間に大量の雨がふる「集中豪雨」や「ゲリラ豪雨」があると洪水も内水も起こりやすくなります。 あとは雨が多い台風が来た時も被害が大きいですね。 庄内川・新川・天白川は大きい河川なので、浸水対策の事業所もあるくらい警戒されています。 もありますが、過去に浸水した場所が分かるの方が使いやすいです。 2000年から今まで名古屋は何度も浸水しています 名古屋市がを公開しています。 2000年に起きた東海豪雨をはじめ、集中豪雨や台風による浸水被害6回分を掲載。 色が付いてる地区は浸水したことがあるので、 家の1階や新車が水浸しになるリスクがあります。 堤防決壊の原理は超えるだけではないので注意 — シン tokyu4004 浸水被害を受けないエリアは山と丘 を見て色がついてないエリアは安全です。 ざっくりと浸水しないエリアをまとめました。 名古屋で災害が少ないエリアまとめ 地震、津波、液状化、浸水の災害を受けにくいエリアを名古屋市16区ごとにまとめました。 災害が少ないほど安心して住める 死ぬリスクが低い エリアです。 名古屋で4つの災害 地震・津波・液状化・浸水 の被害が少ないエリア 守山区 北西部:地震OK、津波OK、液状化OK、北東部:浸水OK 昭和区 西側:地震OK、津波OK、東側:液状化OK、東部:浸水OK 地震、津波、液状化、浸水 すべての自然災害を受けにくいエリアです。

次の