ファンタ プレミア。 LINEポイント40P ファンタプレミアグレープ1本購入でLINEポイント40ポイント必ずもらえる!

ファンタプレミアグレープの最安値通販はココ!送料やポイントも徹底比較♪

ファンタ プレミア

ファンタは初の大人向けフルーツ炭酸飲料「ファンタ プレミアグレープ」を2020年3月2日から全国で発売する。 収穫後24時間以内に絞った果汁と濃厚なピューレを使用し、果汁13%とこれまでのファンタ製品で最も高濃度なのが特徴だ。 価格は税別150円で、ボトルサイズは380ミリリットルと定番である「ファンタ グレープ」の500ミリリットル(税別140円)よりも小さい。 コカ・コーラシステムによると、フルーツ炭酸の市場規模は15年以降縮小しているという。 炭酸飲料市場は高炭酸や無糖炭酸が人気で、新製品やリニューアルで各社しのぎを削る成長カテゴリーだ。 しかし日本コカ・コーラマーケテイング本部炭酸&エナジーカテゴリーバイスプレジデントの島岡芳和氏は、「フルーツ炭酸は炭酸飲料自体をおいしく楽しく飲みたいニーズに密接につながる市場なので、なんとか活性化していきたい」と主力ブランドであるファンタに懸ける思い述べる。 フルーツ炭酸不況の要因として、カロリーや甘さを嫌って30~40代が離脱している点を踏まえながらも、「価値を認めたものにはしっかりお金を払う」「大人でも15時以降は甘いものが欲しくなる」「疲労がたまってリフレッシュしたいときなどのデザート需要がある」の3つの共通嗜好性を強調する。 今回ぜいたくな素材を使った大人向けファンタを投入することで、共通嗜好性のほうをプッシュする考えだ。 事前の消費者調査では同社新製品の平均を大きく上回る評価を得たという。 「今は炭酸を飲まない、炭酸を飲むがファンタを飲まなくなったなど、炭酸嫌いでなければすべての人にアプローチできる商品」と島岡氏は新製品に自信を持つ。 東京2020は10代へアピール 東京2020に向けては、各国での知見から五輪の開催直前にならないと盛り上がらないことが分かっているとのこと。 そこで特にオリンピック・パラリンピックへの関心が高い10代に向けて一体感をアピールし、開催数カ月前から機運を盛り上げる施策を取る。 手売りチャネルでは全50種の競技デザインボトルを販売する。 各競技の代表が発表されるタイミングを見計らい、ツイッター上で該当競技のボトルデザインを紹介し、購買意欲を高める。 同社の主要販路である自販機チャネルでは、特殊な印字技術により、ラベルの一部がめくれてリストバンドになるボトルデザインを採用する。 そのラベルを持って各地の聖火リレーイベントに参加すると、先着100人にシリコン製のリストバンドをプレゼントするなど、商品と五輪とのつながりを意識させる仕掛けで盛り上がりを持続させる狙いだ。 デジタルアプリの「コーク・オン」とも連動させる。 五輪関連以外では、通年の新規顧客開拓施策として家庭外での飲用シーンを訴求する。 「コークミックス」は、コカ・コーラを使った見た目にも映えるさまざまなメニューを展開し、飲用機会の創出を図る。 単身世帯の増加に合わせて19年に導入した1人向けの350ミリリットル、2人向けの700ミリリットルのペットボトルについては好調に推移しているそうで、島岡氏は「今後は個別にSKU(商品管理の最小単位、品目)が異なる時代がやってくる。 それぞれのニーズに合わせたラインアップをそろえていきたい」と語る。 日経クロストレンドの人気連載『「刺さる」プレゼンの極意』が書籍になりました。 アフターコロナ時代に求められるのは、リモート会議を通したオンラインのプレゼン技術。 ネット越しにいかに聞き手の心を瞬時につかむか。 多数のプレゼン関連書籍を手がけてきた戸田覚氏が、これまで培ってきたプレゼン技術を集大成。 プレゼンの目的と原則、構成の作り方、デザイン手法、話し方、次世代のリモートプレゼン術と、現代のビジネスパーソンに求められる「勝てる」プレゼンスキルの全てを収録しました。 キリンビバレッジ「午後の紅茶」、ライオン「バスタブクレンジング」など最新ヒット商品のプレゼン資料も一挙公開します。

次の

「ファンタ プレミアグレープ」はお酒と割っても最高! 色んなお酒と混ぜてみたら…どれも美味しい結果に!

ファンタ プレミア

ファンタは初の大人向けフルーツ炭酸飲料「ファンタ プレミアグレープ」を2020年3月2日から全国で発売する。 収穫後24時間以内に絞った果汁と濃厚なピューレを使用し、果汁13%とこれまでのファンタ製品で最も高濃度なのが特徴だ。 価格は税別150円で、ボトルサイズは380ミリリットルと定番である「ファンタ グレープ」の500ミリリットル(税別140円)よりも小さい。 コカ・コーラシステムによると、フルーツ炭酸の市場規模は15年以降縮小しているという。 炭酸飲料市場は高炭酸や無糖炭酸が人気で、新製品やリニューアルで各社しのぎを削る成長カテゴリーだ。 しかし日本コカ・コーラマーケテイング本部炭酸&エナジーカテゴリーバイスプレジデントの島岡芳和氏は、「フルーツ炭酸は炭酸飲料自体をおいしく楽しく飲みたいニーズに密接につながる市場なので、なんとか活性化していきたい」と主力ブランドであるファンタに懸ける思い述べる。 フルーツ炭酸不況の要因として、カロリーや甘さを嫌って30~40代が離脱している点を踏まえながらも、「価値を認めたものにはしっかりお金を払う」「大人でも15時以降は甘いものが欲しくなる」「疲労がたまってリフレッシュしたいときなどのデザート需要がある」の3つの共通嗜好性を強調する。 今回ぜいたくな素材を使った大人向けファンタを投入することで、共通嗜好性のほうをプッシュする考えだ。 事前の消費者調査では同社新製品の平均を大きく上回る評価を得たという。 「今は炭酸を飲まない、炭酸を飲むがファンタを飲まなくなったなど、炭酸嫌いでなければすべての人にアプローチできる商品」と島岡氏は新製品に自信を持つ。 東京2020は10代へアピール 東京2020に向けては、各国での知見から五輪の開催直前にならないと盛り上がらないことが分かっているとのこと。 そこで特にオリンピック・パラリンピックへの関心が高い10代に向けて一体感をアピールし、開催数カ月前から機運を盛り上げる施策を取る。 手売りチャネルでは全50種の競技デザインボトルを販売する。 各競技の代表が発表されるタイミングを見計らい、ツイッター上で該当競技のボトルデザインを紹介し、購買意欲を高める。 同社の主要販路である自販機チャネルでは、特殊な印字技術により、ラベルの一部がめくれてリストバンドになるボトルデザインを採用する。 そのラベルを持って各地の聖火リレーイベントに参加すると、先着100人にシリコン製のリストバンドをプレゼントするなど、商品と五輪とのつながりを意識させる仕掛けで盛り上がりを持続させる狙いだ。 デジタルアプリの「コーク・オン」とも連動させる。 五輪関連以外では、通年の新規顧客開拓施策として家庭外での飲用シーンを訴求する。 「コークミックス」は、コカ・コーラを使った見た目にも映えるさまざまなメニューを展開し、飲用機会の創出を図る。 単身世帯の増加に合わせて19年に導入した1人向けの350ミリリットル、2人向けの700ミリリットルのペットボトルについては好調に推移しているそうで、島岡氏は「今後は個別にSKU(商品管理の最小単位、品目)が異なる時代がやってくる。 それぞれのニーズに合わせたラインアップをそろえていきたい」と語る。 日経クロストレンドの人気連載『「刺さる」プレゼンの極意』が書籍になりました。 アフターコロナ時代に求められるのは、リモート会議を通したオンラインのプレゼン技術。 ネット越しにいかに聞き手の心を瞬時につかむか。 多数のプレゼン関連書籍を手がけてきた戸田覚氏が、これまで培ってきたプレゼン技術を集大成。 プレゼンの目的と原則、構成の作り方、デザイン手法、話し方、次世代のリモートプレゼン術と、現代のビジネスパーソンに求められる「勝てる」プレゼンスキルの全てを収録しました。 キリンビバレッジ「午後の紅茶」、ライオン「バスタブクレンジング」など最新ヒット商品のプレゼン資料も一挙公開します。

次の

ファンタプレミア / Fanta Premier Official Site

ファンタ プレミア

1000万本で成功の炭酸飲料で1800万本 炭酸飲料の成功の基準は「出荷本数が発売から1000万本」(コカ・コーラシステム)という。 ところが「ファンタ プレミアグレープ」(以下、プレミアグレープ)は2020年3月2日の全国発売からわずか2カ月で1800万本を超えた。 ファンタ製品では過去10年で最大のヒットで、購買層もターゲットとした30代以上を捉えた。 ボトルサイズは380ミリリットルで、定番の「ファンタ グレープ」の500ミリリットル(税別140円)よりも小さい上、価格は税別150円。 大人が求める高級志向にうまく刺さった。 「通常のファンタユーザーである10~20代のほうが新製品への感度は高いが、プレミアは狙い通り30~50代の大人の消費者が最も多かった」(日本コカ・コーラマーケティング部フレーバー炭酸グループシニアマネージャー・河野公紀氏) 関連記事: ファンタ プレミアグレープの開発に乗り出したのは2016年。 15年以降、フルーツ炭酸市場は高炭酸や無糖炭酸に押され、縮小傾向にあった。 少子化が続く日本で、若年層向けの製品開発だけを続けていれば頭打ちになるのは明らかだった。 一方、ファンタは16~59歳の8割以上が「一度は飲んだことがある」と答えるほどの認知度がある。 だがその半面、甘さやカロリーの高さが敬遠され、30代以降になると離脱してしまうことが分かった。 「価値を認めたものにはしっかりお金を払う」「大人でも15時以降は甘いものが欲しくなる」「疲労がたまってリフレッシュしたいときなどのデザート需要がある」という、ターゲット層が抱く3つの共通嗜好性を強調し、大人向けファンタの開発がスタートした。 最初に着手したのは、大人が満足するリッチな味わいだ。 通常のファンタは果汁1%のところ、プレミアグレープは収穫後24時間以内に搾った果汁と濃厚なピューレを使って13%と高濃度にした。 従来の製造法ではここまで高濃度なフルーツ炭酸飲料を作るのは難しかったため、新製法を開発して対応した。 「ファンタは歴史が長く、消費者のブランドイメージも強い。 そのイメージを崩さず今までとは違った大人向け製品を目指し、60回以上試作を重ねた。 自信を持って市場へ出したが、予想をはるかに上回る売り上げになった。 2カ月半の間、反復購買(リピート)率も過去製品より高く、長い間にわたって手に取ってもらえそうな製品を生み出せた」と、河野氏は新たな看板商品への期待を抱く。 パッケージデザインも従来製品のカラフルでポップな若者向けから、リッチな果汁感と高級感を演出するシンプルなものへ変更した。 イメージキャラクターにはターゲットと同年齢層の永山瑛太と松田龍平を起用。 テレビCMは2人の会話がメインの落ち着いた内容にすることで、乃木坂46を起用した従来CMとの差別化を図った。

次の