プリズン ブレイク 漫画。 プリズンブレイクシーズン5の8話衝撃恐怖展開!マイケルと息子が!&Tバッグが父!?

プリズン・ブレイク シーズン1

プリズン ブレイク 漫画

こんにちは!カラアゲさんです! あの大人気海外ドラマ「プリズンブレイク」が復活!続編のシーズン5をやっと観る事ができたのでざっくりネタバレ込みでレビューしたいと思います! 一度ファイナルを迎えた大好きだった海外ドラマの続編は本当に嬉しいですね! プリズンブレイクの復活は今年1番の喜びです。 フォックスリバーを出所するティーバッグのもとに7年前に死んだはずのマイケルの生存をにおわす封書が届く。 すっかり荒れ果てた生活を送っていたリンカーンにティーバッグが接触して封書を見せる。 リンカーンはティーバッグを疑いつつも、サラのもとにむかい、マイケルの写真を見せる。 サラは再婚して新しい旦那がおり、マイケルは間違いなく死んだと言って信じない。 リンカーンはマイケルが本当に死んだか確かめる為、墓を掘る。 するとマイケルの遺体は棺の中に無く、その後すぐに命を狙われ殺されかける。 その事をサラに伝えると直後にサラ宅にも暗殺者が! リンカーンはマイケルの生存を確かめる為にかつての仲間シーノートに協力を仰ぎ、マイケルがイエメンのオギュギア刑務所にいるらしいことを突き止めた。 更にまさかのスクレも登場!しかしリンカーンにいきなり殴られる(敵と見間違いで)スクレはマイケルを助けに一緒に行くと言うが、結局一緒には動かない事に。 途中でリンカーンとシーノートは命を狙われるが撃退。 協力者のシバの助けもあり、脱出する。 そしてマイケルがいる「イエメン」は過激派組織によるテロが頻発する、内戦で崩壊寸前の国だった。 やっとの思いで刑務所でマイケルとの面会を依頼すると「そんなやつはいない」と一蹴。 写真を見せると「カニエルオーティスのことか」と言われる。 )すっかり悪い生活に戻っているのは、悲しい7年間を過ごして荒れてしまった事を表現しているんだろうなと思いました。 そしてサラがまさかの再婚!マイケルの息子「マイク」と新しい夫「ジェイコブ」と幸せな生活を送っている様子は正直マイケルの気持ちを考えるとやるせなくなりましたね。 そしてやはりマイケルは生きていた!リンカーンに自分はマイケルじゃないと言ったのは、記憶喪失か? もしくは作戦か? 7年間の空白で何があったのか色々と想像を掻き立てられました!やっぱりプリズンブレイクは中毒性ナンバー1の海外ドラマですね!久しぶりに続きを見たい!と感じました。 その動画をサラに送り、マイケルの生存をしったサラはマイケルの生存の喜びと旦那に対しての罪悪感で複雑な様子。 マイケル視点では過激派組織の攻撃が激化する中、マイケルと同房のウィップたちは脱獄のため停電を待っていた。 やはりマイケルは脱獄する為仲間を集め、準備をしていた様子。 しかし停電は起きず、脱獄を断念して房に戻る。 (刑務所の仲間のシドの父親が停電させるはずだった) リンカーンはマイケルの使い(子供)から折り鶴のメッセージを受け取り、暗号を解読する為シバに協力を仰ぐ。 シバの父親がカギだとわかり会いに行くが、父親は会社におらず、娘を探す為検問所の先(紛争遅滞の危険地域)に行ったまま戻らないとのこと。 彼を探しに行くが、過激派の戦闘員に包囲される。 サラはマイケル生存の事で相談に訪れた国務省でケラーマンと再会し、マイケルが名乗るカニエル・オウティスという男は殺人犯だと告げられる。 また、実際はどうかわかりませんが、サラの現旦那のジェイコブが凄くいい人そうなのがまた辛い!! そして相変わらずムチャするリンカーン、しかし子供達を救うシーンはカッコいい!シバとリンカーンが恋に落ちそうなシーンもあり。 また、第2話ではマイケルの登場シーンも多く、記憶喪失ではありませんでした!ただ「カニエル・オウティス」という人物がどういう悪人なのかわかってくるのでマイケルはこの7年間で変わってしまったのか? と疑心暗鬼になる話でもありますね。 マイケルが脱獄する為に子供を使ってリンカーンにメッセージを届けたり、脱獄仲間と一波乱あったりします。 また、マイケルは相棒のウィップ(利き腕)とともにポセイドン(黒幕)の指示の元、過激派の指導者アブ・ラマールを脱獄する為に刑務所に入ったよう。 リンカーンは1話目にマイケルと面会する取引をした為、パスポートを失くしている。 マイケルとリンカーン2人分の偽造パスポートの入手を試みるが、同行したシバが過激派の戦闘員に襲われてしまい、リンカーンも気絶して囚われる。 アメリカではスマホをハッキングされたサラが携帯屋さんに調査を依頼する。 するとジェイコブを撃った2人組に追跡され追われるが何とか逃げ切る。 そして何とティーバッグがサラとコンタクトをとるため病院に現れる!! シーノートはサヌアの街を停電させることに成功した。 かっこいい。 サラもハッキングされた後、2組を出し抜く為に機転を利かして逃げる所は場数を踏んでいる感じがしてただの医者じゃない感がかっこよかったです。 刑務所周辺では過激派組織の戦闘員が街に侵入し、サヌアは崩壊寸前になり、刑務所から看守が逃げだしてしまう。 刑務所の中は無法地帯となり、マイケルたちは他の囚人たちに命を狙われ、独房からの脱出試みる。 リンカーンはシバを救出した後、シバの父親から感謝され、マイケル出所の為の赦免状を手に入れてくれる。 リンカーンはマイケルを出所させる為に刑務所へ向かうが、看守が逃げ、中に入れない。 鍵を手に入れる為にリンカーンは看守を追いかけるが、看守は戦闘員に殺されてしまう。 アメリカではサラから協力依頼を受けたティーバッグが、ポセイドン(マイケルを操り刑務所に送りこんだラスボス)の正体を探るためケラーマンの元へ。 ケラーマンとティーバッグが話していると例の2組が襲撃してくる!ここはかなり衝撃的な展開・・・ その後ティーバッグが2組を尾行してある人物との密会を激写。 絶望的な状況からマイケルたちがどうやって窮地を脱するのか気になります。 そしてティーバッグが大活躍。 何かやらかすのではとドキドキしていましたが、見事な探偵っぷりでした。 というかポセイドンの正体は謎に包まれているはずが、こんなに簡単に激写できてしまった事は拍子抜けでしたね。 まあ9話しかないので引っぱれないのでしょうが・・・ ジェイコブは良い旦那過ぎて胡散臭かったのですが、果たして本当にポセイドンで確定なのかどうかはまだ明かされていませんので今後の展開に注目ですね。 ショックで唖然とするサラ。 そして息子のマイクが心配になり駆け出す。 サラはジェイコブを疑うが、密会していたのはサラを救う為、二人組みと連絡をとったのだと言い訳する。 信じなかったサラだが、ジェイコブは警察と協力して2組をあっさり捕まえてしまう。 マイケルたちは独房から脱出して脱獄に成功するも、ラマールの罠にはまる。 マイケルたちが殺されそうになった瞬間、リンカーンが助けに現れ、ラマールをウィップが殺害して逃亡する。 しかしラマールを殺したことで過激派組織から追われることになったマイケルたち。 逃亡中にマイケルが何故カニエル・オウティスになったかの全貌が明かされる。 そして駅に向ったが過激派と2話でシバを襲った片目の男にみつかり。 空港に向う。 シーノートは出国する為にシバたちと空港に向うが過激派が空港を占拠してしまう。 何とか飛行機とパイロットを確保して空港でマイケルたちを待つ。 ですよね。 ファイナル・ブレイクと話がここでやっと繋がります。 ファイナル・ブレイクではサラが突然刑務所に入れられ、マイケルが助けてから死ぬ・・・という流れでした。 実はこれ、サラを刑務所に入れたのはポセイドンだったのです。 マイケルの才能を利用したかったポセイドンはマイケルを勧誘したがそれを断るとサラを刑務所に!そしてリンカーンも同じ目にあわせると脅したのです。 マイケルは家族を二度と刑務所には入れたくないと、死を偽装してポセイドンの下で働く事に。 その後CIAの中でもポセイドンは異質な存在と知り「サイコパス」とマイケルが表現していますね。 ポセイドンは人を操る事に長けてるようですが、これからマイケルは反撃していくのか!? こっからがプリズン・ブレイクの醍醐味ですね。 マイケルの不敵な笑みがきっとまたみえるでしょう! そして2人組みを捕まえたジェイコブ、胡散臭すぎるぜ。 あんな一流の殺し屋が簡単に捕まるか? 絶対黒ですね、はい。 マイケル達は飛行機に乗ることができず、シバの助言でイエメンから出国するため、オマールとともにサヌアから500キロ離れたファイーシャを目指すことに(オマールと一悶着あった後)。 その様子を2人組がNSAの偵察衛星で見ており、過激派組織に密告、ガソリンスタンドで襲われることに。 道を把握していたオマールが殺され、マイケルたちは地図もないまま砂漠を疾走し、片目の男に追跡される。 マイケル達はファイーシャを探す役と敵をひきつける役の2手にわかれることに。 あえて敵をひきつける役になったマイケルは見事片目の男を撃退するもこの時に刺され重症をおってしまう。 撃たれたのも演技でしょ? プリズン・ブレイクファンなら勘繰るパターンですよね。 マイケルはリンカーンと再会したが、重症でファイーシャには医者がいない。 リンカーンはサラに助けを求める。 サラはマイケルが生きてみつかった事に感激し、逃亡中でまともな医者に診てもらえないマイケルを救う為には自分が行くしかないと、マイケル達が向っているクレタ島に行く事を決意する。 ジェイコブは反対するが、結局許す。 7年ぶりの再会を果たした2人だったが、マイケルはサラと一緒に写っている男の写真をみてジェイコブ(ポセイドンで確定)がサラの現旦那だと知る。 サラは息子のマイクを取り戻す為、まだジェイコブの正体に気付いていないフリをしてマイクを迎えに行くとマイケルに告げ家へ帰る。 マイケルたちは人目を避けて帰国するため、スクレが働く貨物船に乗せてもらうが、ジェイコブの策略で特殊部隊に突入される。 マイケルとスクレが「相棒!」って言い合うのが凄く嬉しい(笑) そしてついにジェイコブがポセイドンで確定します。 ただ何故サラと結婚までしたのか? って部分なんですが、マイケルを操る目的の為サラに近づいたはずが、サラとマイクを本当に愛してしまった。 邪魔になったマイケルを排除する為に4年前に裏切ったみたいなんですよね。 本心はわかりませんが、黒幕としてはちょっと浅いかなと感じました。 (将軍のようなラスボス感がない) これからクライマックスに向けて知略・戦略の攻防が始まるのでしょうか!? マホーンとのバトルのような駆け引きが楽しみですね。 携帯メッセージのやり取りでサラの身に危険が迫っていることを感じ取ったマイケル。 帰国の手段をリンカーンが提案する。 ジョン・アブルッチの息子ルカ(1話でリンカーンを追っていた悪党)に10万ドル返済するから密航させてアメリカに戻らせるように頼み、帰国する。 ルカとマイケル・リンカーンが対峙し、作戦を立てシーノートとシバの協力でルカを騙して難を逃れる。 マイケルの作戦でジェイコブを追跡するが車を捨て逃走されてしまう。 車の中にはマイクが書いたであろう絵が残っており、暗号が隠されている事に気付く。 同じDNAだからきっとマイクが残したに違いないと絵が示す座標に向う。 (前話でマイクが絵に暗号を描いている事をジェイコブに話しているシーンあり)到着するとマイクが家の中におり、ジェイコブが出た後を見計らってマイケルが家の中へ。 マイクに絵の事を話すと「何のこと? 」といった瞬間、サラに扮した手下が銃をもって登場。 更にリンカーンはルカに襲撃されて撃たれてしまう。 家の中では銃声と血しぶきが・・・ ウィップはマイケルの指示で単身シカゴへ。 なんとウィップとティーバッグがそれぞれマイケルの指示で同じ場所に。 ここで今までのメッセージや義手、ウィップ(利き腕)という全ての点が線で結びつき、2人が親子だったということが判明する。 これは想像してなかったわ。 ちょっと照れてるのか嬉しそうなティーバッグをみれて俺も嬉しい。 また、1話でリンカーンを追いかけていた奴が何気にアブルッチの息子。 しかも金を借りていた理由が判明。 ルカの元で働いていたリンカーンが積荷をみて、正義感からその中身を全部捨てた為、その弁償代を請求されていたようです。 やっぱリンカーンは落ちぶれていなかったんですね! しかしマイクの絵の暗号を利用するというジェイコブの策略にはまったマイケル。 やはり子供のこととなると焦って裏をかかれてしまったのでしょうか、らしくないですね。 この先ティーバッグ親子はマイケル達と合流するのか、リンカーン、マイケルの生死は? 2人組の女が待ち構えていたが、仲間の男と言い争いになり、男は撃たれる(血しぶきは男のものだった)マイケルは外にリンカーンがいるから行けとマイクを逃がします。 マイケルは窮地にたたされるが自力で脱出したサラの助けもあり、家の外へ。 しかしマイクはジェイコブに連れさられてしまう。 リンカーンは病院に運ばれ、一命を取り留めた彼は決着をつけるべく傷ついた体でルカの元へ行き決着をつける。 ティーバッグとウィップはマイケルと合流しポセイドンを倒す為、マイケルの協力者のもとに向う。 マイケルはジェイコブの基地に侵入してデータを盗み、取引材料として使う(マイケルのタトゥーが侵入の為のカギだった) 最終決戦の地で両者退治するもジェイコブに銃を奪われFBIに包囲するマイケル。 ウィップが銃をもって出てくるが手下の女に撃たれ隠れていたティーバッグも登場。 ウィップは更に撃たれ、瀕死に。 マイケルはジェイコブと奥に進み、ティーバッグは息子を失った悲しみから女を殺しFBIに捕まる。 奥に進んだ先にはマイケルが用意した策(協力者に用意して貰った)でジェイコブを追い詰める。 ジェイコブの正体「ポセイドン」としての罪が暴かれフォックスリバー刑務所に収監される(何と同室にはあの男が) マイケルはCIAの長官に勧誘されるが職探しはしていないと一蹴する。 マイケル・リンカーン・マイク・サラ・シバの公園での平和なシーンでフィナーレ。 早かったです。 幸せそうなティーバッグ親子の時間も束の間、ウィップが死んでしまうのは悲しすぎます。 そりゃまた捕まうとしても殺しますよね、ティーバッグなら。 そしてマイケルのタトゥーであんな事が!最後の作戦はこうゆう事か!ってシーンが9話には多く、プリズン・ブレイクらしい驚きがありました。 9話ながらも非常にコンパクトにまとめられていて楽しめました! 欲を言うなら短いがゆえにプリズン・ブレイクらしいあっと驚く伏線や策略が全体的に少なく感じたこと、黒幕がキャラが弱かったことですね。 シーズン6も期待したい所ですが、このハッピーエンドを壊してまた脱獄させるの酷すぎるかなとも思います。

次の

プリズンブレイクを見終わった感想

プリズン ブレイク 漫画

-目次-• 最悪の凶悪犯セオドア・ティーバッグ・バッグウェル 少年少女を6人レイプし殺害。 さらに殺した後に死姦までするなど常軌を逸しているキャラクターです。 異性愛者であり 同性愛者であり 小児愛者という、めちゃくちゃ濃すぎる設定。 これだけでインパクト半端じゃない。 役者が作り出す細かい仕草がグッとくる 役者であるロバート・ネッパーさんは息子さんに毎日絵を描いてFAXしていたりと、悪役ティーバッグとは正反対。 その作りこまれたキャラクターが本当にすごい。 独特かつ魅力的すぎるためコアなファンを獲得しました。 自分もその1人w キャップを斜めにかぶる。 なんか最初はだらしない感じだけど、シーズン2で道端で出会った親子の父親を殺して帽子を奪って斜めに被った時は恐ろしい狂気を感じた。 画像がその瞬間のもので、殺した父親の娘さんと視線を合わせているシーン。 恋人にポケットの内側を握らせる。 恋人は刑務所内の同性愛者の方です。 気に入った男性がいると「かわいこちゃん〜」や「べっぴんさん」などと言いながら、ポケットの内側をペロッと出しチラつかせます。 狡猾さが表現された舌使い。 何か考え事をしている時や狂気をチラつかせる時に出るクセだと思うんですが、とにかくセオドア・ティーバッグ・バッグウェルというキャラクターの全てがつまっている仕草。 視聴者がみんなこの仕草が大好きで、途中から毎回出てくるようになったとか。 精神に異常を持ったバックボーン 犯罪者のバックボーンでありがちな虐待の過去はもちろん持ってます。 父親がとんでもないやつで、さらにスゴい事実があります。 実の父親が精神障害の妹をレイプして生まれたのが「セオドア」という恐ろしい事実です。 やはり凄惨な背景を持っていると、さらにキャラクターが濃くなりますね。 こういった同情を誘うキャラ作りをすることで、「可哀想な奴だこんなことしても仕方ない。 」「現状の自分を過去のせいにしてるクソ野郎」など読者に様々な映り方を見せますね。 自分が生き残るために一体何人殺してるかわからないレベルで罪のない人を殺してます。 イカれてはいるんですが、狡猾で悪知恵がとにかく働くため誰でも出し抜くところも素敵。 主人公のマイケルもそうとう賢いですが、毎度毎度一杯食わされます。

次の

プリズン・ブレイクを学園物にしたら「監獄学園

プリズン ブレイク 漫画

プリズン・ブレイク ジャンル アクション スリラー サスペンスドラマ 監督 出演者 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 PRISON BREAK Season1 放送期間 2005年8月29日 - 2006年5月15日 放送時間 月曜日20:00 - 21:00 放送分 43分 回数 22 PRISON BREAK Season2 放送期間 2006年8月21日 - 2007年4月2日 放送時間 月曜日20:00 - 21:00 放送分 43分 回数 22 PRISON BREAK Season3 放送期間 2007年9月17日 - 2008年2月18日 放送時間 月曜日20:00 - 21:00 放送分 43分 回数 13 PRISON BREAK The Final Season 放送期間 2008年9月1日 - 2009年5月15日 放送時間 月曜日21:00 - 22:00 放送分 43分 回数 22 PRISON BREAK The Final Break 放送期間 2009年5月24日 PRISON BREAK Season5 放送期間 2017年4月4日 - 2017年5月30日 放送時間 木曜日21:00 - 22:00 回数 9 『 プリズン・ブレイク』(Prison Break)は、の製作で、世界各国で放映されている()である。 アメリカでの本放送はに開始し以降シーズン4まで放送 、5月24日放送のファイナル・ブレイクで完結したが 、2017年に9話構成の新シリーズを放送。 概要 [ ] 最初にFOXテレビで企画に上がったのは。 、、のような脱獄ものをドラマでやりたいと希望したが [ ]、FOXテレビがこの長期化しそうなシリーズに不安を感じ、棚上げとなった。 その後、全10話程度の短い期間のシリーズドラマとしてや等が興味を示したが、実現されなかった。 に『』や『』のようなテレビドラマシリーズが大好評を得たことでFOXネットワークは方向転換し、製作に入った。 FOXは、アメリカ国内で大規模なキャンペーンを展開し、初回プレミア放送で1,050万の視聴者を獲得した。 初日は第1話と第2話連続で放映し、その週の調査ではアメリカにおいて7番目の視聴率だった。 毎週平均1,000万人の視聴者を集めていて、秋のアメリカ新番組をリードした。 夏期月曜枠ドラマでは『』や『』等の人気作品以来のヒット作品で、9月以来の成功作となった。 また、日本では『24 -TWENTY FOUR-』や『LOST』と並び『三大海外ドラマ』のひとつといわれる。 当初は13のエピソードのみ計画されたが、その人気により9つのエピソードが追加された。 アメリカでは最初の13のエピソードは8月から同年11月まで放映し、残り9つは3月から同年5月まで放映された。 物語はさらに続き、シーズン7まで製作される予定だった。 しかし、若者のテレビ離れが加速したことと、脚本の無理な引き延ばしをしたことによって、視聴者数はシーズン1から減り続けており、 以降のシーズン4の平均視聴者数は500万人とシーズン1(1210万人)の半分以下を記録、、 はシーズン4での打ち切りを発表した。 他のドラマは現実と同じ年数で経過することが多いが、本作では第1シーズン1話目から第4シーズン終盤の事件解決までは数か月以内の出来事に収まっている設定。 シーズン1の撮影はのでのロケがメインで行われている。 オーストラリアでは、民放テレビ局であるでも大きな宣伝活動を背景にに放映された。 209万人の視聴者をピークに平均194万人視聴者を獲得している。 日本では、5月11日より発売・レンタルが開始され、同年10月より日本テレビ系列24局(放送時間は各局別)で放送開始となった。 2011年から翌年にかけては、アメリカでの『ブレイクアウト・キング』が放送された。 あらすじ [ ] 詳細は「」を参照 物語の前半では、ホームランドセキュリティのエージェント、ドンセルフの指示の下、マイケルらは、カンパニーから「 Scylla 」と呼ばれるデータカードを奪うため、カンパニー幹部メンバーが持つデータカードをひとつずつ盗んでいく。 スキュラの獲得成功後、ドンセルフが、スキュラを売るためにマイケル達を利用していたことが判明。 スキュラを失ったカンパニーは、脳の病気を患っていたマイケルを治療する代わりに、リンカーン達にスキュラの奪還を命じた。 スキュラを巡る争いには、以前カンパニーのメンバーだったマイケル達の母親がカンパニーの敵として登場。 争いの中、スキュラは、再生可能なエネルギー技術のデータであることが分かる。 最後にマイケル達は、スキュラの奪還に成功し、カンパニーや母親に渡すことなく、全員無罪放免となることとなる。 4年後、死去したマイケルの墓を仲間たちが訪れたところで物語は幕を閉じる。 ファイナル・ブレイク [ ] 詳細は「」を参照 物語は、ファイナル・ブレイクのラストシーンで、マイケルが亡くなった7年後から始まる。 ある日、フォックスリバー刑務所からティーバッグが出所する。 その際、看守から手渡された封筒には、マイケルの写真が入れられていた。 リンカーンはティーバッグから写真を入手し、シーノートの協力を得て、マイケルがイエメンの『オギュギア刑務所』に収監されていることを知る。 一方ティーバッグは謎の人物"オウティス"から筋電義手の手術を受ける。 リンカーンは事実を確かめるため、シーノートと共にイエメンに向かう。 そこは過激派組織によるテロが頻発する、内戦で崩壊寸前の国だった。 中東を舞台に新たな脱獄が始まる。 登場人物(キャスト) [ ] 詳細はそれぞれの役名を、他の登場人物は「」を参照 演:、吹替: 元建築。 死刑執行を待つ無実の兄を助けるため、全身に刑務所の地図を模したタトゥーを入れている。 演:、吹替: マイケルの兄。 喧嘩っぱやく直情的だが弟や息子との絆を大切にしている。 演:、吹替: 州知事の愛娘で、フォックスリバー刑務所の女性医師。 演:、吹替: 気のいい人。 刑期は5年。 マイケルの同房者。 "C-note" とはが描かれた『100ドル紙幣』を意味するスラング。 演:、吹替: フォックスリバー刑務所刑務長で、所内の実質的な管理者。 演:、吹替: レイノルズ副大統領の専属として15年付き従う、のエージェント。 演:、吹替: 脱獄犯「フォックスリバー8」追跡捜査の指揮を執るの敏腕捜査官。 エピソード一覧 [ ] シーズン一覧 [ ] シーズン エピソード 米国での放送日 初回 最終回 22 2005年8月29日 2005-08-29 2006年5月15日 2006-5-15 22 2006年8月21日 2006-08-21 2007年4月2日 2007-4-2 13 2007年9月17日 2007-09-17 2008年2月18日 2008-2-18 24 2008年9月1日 2008-09-01 2009年5月15日 2009-5-15 9 2017年4月4日 2017-04-04 2017年5月30日 2017-5-30 シーズン1 (2005年 - 2006年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 1 1 Pilot 2005年8月29日 2005-08-29 1,051 2 2 Allen Michael W. End of the Tunnel Sanford Bookstaver 2005年11月28日 2005-11-28 1,218 14 14 密告者 The Rat 2006年3月20日 2006-03-20 928 15 15 計画変更 By the Skin and the Teeth Fred Gerber 2006年3月27日 2006-03-27 1,007 16 16 フォックスリバーへの道 Brother's Keeper 2006年4月3日 2006-04-03 810 17 17 J-CAT J-Cat 2006年4月10日 2006-04-10 812 18 18 ブラフ Bluff ジェイス・アレクサンダー 2006年4月17日 2006-04-17 818 19 19 鍵 The Key 2006年4月24日 2006-04-24 863 20 20 トゥナイト Tonight ボビー・ロス 2006年5月1日 2006-05-01 854 21 21 壁の向こうへ… Go Dean White 2006年5月8日 2006-05-08 913 22 22 脱出! Flight ケヴィン・フックス 2006年5月15日 2006-05-15 1,024 シーズン2 (2006年 - 2007年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 23 1 Manhunt 2006年8月21日 2006-08-21 937 24 2 オーチス Otis 2006年8月28日 2006-08-28 944 25 3 スキャン Scan 2006年9月4日 2006-09-04 929 26 4 罠の代償 First Down ボビー・ロス 2006年9月11日 2006-09-11 896 27 5 ダブルK農場 Map 1213 Peter O'Fallon 2006年9月18日 2006-09-18 955 28 6 再会 Subdivision Eric Laneuville 2006年9月25日 2006-09-25 841 29 7 埋蔵金 Buried 2006年10月2日 2006-10-02 899 30 8 デッド・フォール Dead Fall 2006年10月23日 2006-10-23 853 31 9 シークレット・ガーデン Unearthed ケヴィン・フックス 2006年10月30日 2006-10-30 894 32 10 めぐり逢い Rendezvous 2006年11月6日 2006-11-06 863 33 11 ボリショイ・ブーズ Bolshoi Booze 2006年11月13日 2006-11-13 921 34 12 家族の肖像 Disconnect 2006年11月20日 2006-11-20 962 35 13 反撃開始! Brown 2008年10月6日 2008-10-06 537 65 8 代償 The Price ボビー・ロス 2008年10月20日 2008-10-20 545 66 9 大いなる成就 Greatness Achieved 2008年11月3日 2008-11-03 523 67 10 レジェンド The Legend 2008年11月10日 2008-11-10 538 68 11 賽は投げられた Quiet Riot ケヴィン・フックス 2008年11月17日 2008-11-17 552 69 12 セルフレス Selfless Michael Switzer 2008年11月24日 2008-11-24 525 70 13 裏切りの応酬 Deal or No Deal ボビー・ロス 2008年12月1日 2008-12-01 584 71 14 取引の極意 Just Business 2008年12月8日 2008-12-08 540 72 15 記憶の中で Going Under カレン・ガヴィオラ 2008年12月15日 2008-12-15 537 73 16 マイアミ The Sunshine State ケヴィン・フックス 2008年12月22日 2008-12-22 498 74 17 母 The Mother Lode Jonathan Glassner 2009年4月17日 2009-04-17 334 75 18 VS VS. ドワイト・H・リトル 2009年4月24日 2009-04-24 306 76 19 S. Garry A. 内容は、 プリズン・ブレイク第7話までのストーリーの要約や特別のエピソード、主な出演者による解説であった。 ウェントワース・ミラーおよびドミニク・パーセルは「彼らの役であるマイケル・スコフィールドとリンカーン・バローズの関係」や「マイケルの計画に不可欠なタトゥーに」ついて語った。 ロバート・ネッパー、ピーター・ストーメアおよびウェイド・ウィリアムズはそれぞれ「ティーバッグ、アブルッチおよびベリックの悪党としての役割」。 アマウリー・ノラスコ、ステイシー・キーチおよびミューズ・ワトソンは「良き仲間としての役割」。 ロビン・タニーおよびサラ・ウェイン・キャリーズは「ベロニカ・ドノバンおよびサラ・タンクレディーとしての役割」。 マーシャル・オールマンは「LJおよび家族の愛」を語った。 各キャストは実際に存在する刑務所で撮影する重要性を強調し、将来のエピソード上の予測を語った。 The Road to Freedom [ ] これもアメリカでの話であるが、シーズン2第13話終了後のに特別編" The Road to Freedom"を放映した。 内容は、シーズン2の第1話から第13話までのストーリーの要約や特別のエピソードである。 今回も主な出演者のインタビューがあり、シーズン2で初登場のマホーン役であるや、人気急上昇のヘイワイヤー役であるも登場している。 Access All Areas [ ] アメリカでは、シーズン3第2話の放送前日、に特別編" Access All Areas"を放映した。 演出 [ ] ロケ地 [ ] シーズン1で主なロケ地となった プリズン・ブレイクのシーズン1のほとんどはの中で撮影された。 外部の場面は、の、及び近郊地域で撮影された。 他では、、の・等があった。 シーズン2の撮影はに・で再開した。 スタッフ [ ]• 製作総指揮 -• 製作 -• 製作 -• 製作 -• 製作 -• 製作 -• 撮影 -• 音楽 -• 編集 - 挿入曲の一覧 [ ] シーズン1 [ ] 各話 邦題 曲 2 アレン• "Willing To Die" by Black Toast Music• "This Is War" by Black Toast Music 5 イングリッシュ、フィッツ、パーシー• "Orange Sky" by 6 7 8 悪魔の孔part1 悪魔の孔part2 ルート66• "Nine Thou" by 11 七人の壁• "Sweet Emotion" by• "After Dark" by Tito and the Tarantulas 13 決行!• "The Outsider" by 18 ブラフ• "Share The Land" by 20 トゥナイト• "Teardrop" by シーズン2 [ ] 各話 邦題 曲 3 25 スキャン• "Hush" by 4 26 罠の代償• "" by 5 27 ダブルK農場• "Under the Milky Way Tonight" by 6 28 再会• "Sirtaki" by 8 30 デッド・フォール• "Roll on big mama" by 10 32 めぐり逢い• "Walking on Sunshine" by 11 33 ボリショイ・ブーズ• "The Only Hell My Mama Ever Raised" by 16 38 シカゴへ…• "Give Me Just a Little More Time" by• "Home" by シーズン3 [ ] 各話 邦題 曲 1 45 ようこそジャングルへ• "Pas Le Temps" by 4 48 フェンス• "Shocking Blue" by 8 52 強行突破• "Don't Fear the Reaper" by 10 54 裏切り者に死を• "Put 'Em In Their Place" by 13 57 駆引きの行方• 贈収賄などが横行し腐敗している。 マイケルは、改修工事の際ここの設計に携わった。 カンパニー マイケルと敵対している組織。 その規模は巨大で、各界の重鎮や資産家等もメンバーであり、それとは別の工作員も多数抱えている。 データ 組織の録音データで、リンカーンをハメた証拠となる品。 ダブルK農場 ウエストモアランドが500万ドルを埋めたとされるトゥエレにある農場。 ゴシキヒワ・ドット・ネット フォックスリバー刑務所を脱獄後に、マイケルたちが連絡を取り合ったの。 SONA刑務所 シーズン2の終盤に登場し、シーズン3の舞台となるの刑務所で、かつての暴動以来看守がいない真の無法地帯。 リーダー格の囚人・麻薬王ルチェロが仕切っている。 実在したブラジル・のがモデルとされている。 鳥の本 ウィスラーが持っている鳥の図鑑。 何か重要なことを示す暗号が書かれているらしいが・・・。 スキュラ ファイナル・シーズンにて争奪されるキーアイテム。 当初は組織の機密情報だと思われたが・・・。 GATE社 ティーバッグがコール・ファイファーの名を騙り潜入した会社。 デイド刑務所 サラ、グレッチェン、ティーバッグ、クランツが収監されたの刑務所。 この節のが望まれています。 賞 [ ] 受賞 [ ]• 2006• お気に入りの新しいテレビドラマ ノミネート [ ]• 2006• 作品賞• 主演男優賞 -• 2006 エディー賞• 民放テレビでベストな編集の1時間シリーズ番組 - (第1話 Pilot)• 2006 サターン賞• 主演男優賞(テレビ部門) -• 作品賞(テレビ部門)• 2006 テレビ批評家協会賞 Award• 作品賞• 2006 (プライムタイム・エミー賞) Award• メインタイトルテーマ部門 - ラミン・ジャワディ• 2006 サテライト賞• 助演男優賞(テレビ部門) - T-bag リリース [ ] DVD [ ] シーズン1• 2006年 05月11日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 1 FOX 第1話・第2話収録• 2006年 06月16日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 2〜7(DVDコレクターズ・ボックス1) FOX 第3話〜第13話収録• 2006年12月16日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 8〜12(DVDコレクターズ・ボックス2) FOX 第14話〜第22話収録• 2007年 04月27日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) FOX 第1話〜第22話収録• 2010年 05月28日 プリズン・ブレイク シーズンI(DVDコンパクト・ボックス) FOX 全話収録• DVDレンタル開始日• 2006年 05月11日 vol. 1〜3(第1話〜第6話)• 2006年 06月 02日 vol. 4〜5(第7話〜第10話)• 2006年 06月16日 vol. 6〜7(第11話〜第13話)• 2006年12月 02日 vol. 8〜10(第14話〜第19話)• 2006年12月16日 vol. 11〜12(第20話〜第22話) シーズン2• 2007年6月 02日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 1〜7(DVDコレクターズ・ボックス1) FOX 第1話〜第13話収録• 2007年9月14日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 8〜12(DVDコレクターズ・ボックス2) FOX 第14話〜第22話収録• 2008年7月 02日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) FOX 第1話〜第22話収録• 2010年8月 04日 プリズン・ブレイク シーズンII(DVDコンパクト・ボックス) FOX 全話収録• DVDレンタル開始日• 2007年5月 02日 vol. 1〜2(第1話〜第4話)• 2007年5月19日 vol. 3〜4(第5話〜第8話)• 2007年6月 02日 vol. 5〜7(第9話〜第13話)• 2007年8月 04日 vol. 8〜10(第14話〜第17話)• 2007年8月25日 vol. 11〜12(第18話〜第22話) シーズン3• 2008年8月13日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 1〜7(DVDコレクターズ・ボックス) FOX 第1話〜第13話収録• 2010年8月 04日 プリズン・ブレイク シーズンIII(DVDコンパクト・ボックス) FOX 全話収録• DVDレンタル開始日• 2008年7月 02日 vol. 1〜3(第1話〜第6話)• 2008年7月16日 vol. 4〜5(第7話〜第10話)• 2008年8月13日 vol. 6〜7(第11話〜第13話) シーズン4(ファイナル・シーズン)• 2009年 06月3日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 1〜6(DVDコレクターズ・ボックス1) FOX 第1話〜第11話収録• 2009年12月2日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 7〜12(DVDコレクターズ・ボックス2) FOX 第12話〜第22話収録• DVDレンタル開始日• 2009年 05月2日 vol. 1〜3(第1話〜第6話)• 2009年 06月3日 vol. 4〜6(第7話〜第11話)• 2009年 09月2日 vol. 7〜8(第12話〜第15話)• 2009年10月2日 vol. 9〜10(第16話〜第19話)• 2009年11月6日 vol. 11〜12(第20話〜第22話) ファイナル・ブレイク• 2010年2月3日 プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク FOX• DVDレンタル開始日• 2010年2月3日 ファイナル・ブレイク Blu-ray [ ] シーズン1 2008年 07月 02日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 1〜6 BOX FOX 第1話〜第22話収録 シーズン2 2009年12月18日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 1〜6 Blu-ray BOX FOX 第1話〜第22話収録 シーズン3 2009年12月18日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 1〜4 Blu-ray BOX FOX 第1話〜第13話収録 シーズン4(ファイナル・シーズン) 2009年12月18日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 1〜6 Blu-ray BOX FOX 第1話〜第22話収録 ファイナル・ブレイク 2010年 02月 03日 ファイナル・ブレイク FOX CD [ ]• 2007年10月13日 プリズン・ブレイク オリジナル・TV・サウンドトラック ノベライズ [ ] いずれも訳。 本編と比較すると時系列や脇役の名前などが異なっていることがある。 シーズン1• 2006年 05月11日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 1()• 2006年 06月 08日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 2(竹書房)• 2006年12月 02日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 3(竹書房)• 2006年12月12日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 4(竹書房) シーズン2• 2007年 04月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 1(竹書房)• 2007年 05月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 2(竹書房)• 2007年 06月26日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 3(竹書房)• 2007年 07月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 4(竹書房) シーズン3• 2008年 06月19日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 1(竹書房)• 2008年 07月10日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 2(竹書房)• 2008年 07月30日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 3(竹書房) シーズン4(ファイナル・シーズン)• 2009年 04月23日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 1(竹書房)• 2009年 05月28日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 2(竹書房)• 2009年 08月27日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 3(竹書房)• 2009年 09月30日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 4(竹書房) 公式ガイドブック [ ]• 2007年 06月26日 プリズン・ブレイクFBI捜査ファイル(竹書房)• 2009年12月 02日 PRISON BREAK 舞台裏の真実 AC Books 脚注 [ ] []• 2009年5月1日. 2016年3月27日閲覧。 2009年9月22日. 2016年3月27日閲覧。 クランクイン! 2016年5月17日. 2016年5月19日閲覧。 海外ドラマNAVI 2016年5月18日. 2016年5月19日閲覧。 HotTrash. com 映画ニュース 2011年1月6日• 2008年3月26日. 2016年3月27日閲覧。 2009年1月15日. 2016年3月27日閲覧。 The Futon Critic. 2017年3月7日閲覧。 Medianet 2005年9月7日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年9月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年9月20日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年9月27日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年10月4日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年10月11日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月1日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月8日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月15日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月22日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月29日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年12月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年3月28日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年4月4日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年4月11日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年4月18日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年4月25日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年5月2日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年5月9日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年5月16日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年5月23日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年8月29日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月12日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月19日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月26日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月3日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月10日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月31日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月7日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月14日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月21日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月28日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年12月5日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年1月30日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月27日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月27日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年4月3日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年4月10日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年9月25日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年10月2日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年10月9日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年10月16日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年10月30日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年11月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年11月20日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2008年1月23日. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年1月22日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年2月6日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2008年2月20日. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年2月19日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年9月10日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年9月17日. TV by the Numbers. 2012年1月26日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年9月23日. TV by the Numbers. 2012年1月24日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年9月30日. TV by the Numbers. 2012年1月27日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年10月7日. TV by the Numbers. 2010年11月21日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年10月14日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年10月29日. TV by the Numbers. 2011年2月8日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月11日. TV by the Numbers. 2012年1月28日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月18日. TV by the Numbers. 2012年1月24日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月25日. TV by the Numbers. 2012年1月30日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月3日. TV by the Numbers. 2012年1月28日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月9日. TV by the Numbers. 2012年1月26日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月16日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月23日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月30日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年4月21日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年4月28日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年5月6日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年5月12日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年5月19日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月5日. TV by the Numbers. 2017年4月5日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月12日. TV by the Numbers. 2017年4月12日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月19日. TV by the Numbers. 2017年4月19日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月26日. TV by the Numbers. 2017年4月26日閲覧。 Porter, Rick 2017年5月3日. TV by the Numbers. 2017年5月3日閲覧。 Porter, Rick 2017年5月10日. TV by the Numbers. 2017年5月10日閲覧。 Porter, Rick 2017年5月17日. TV by the Numbers. 2017年5月17日閲覧。 The Futon Critic. 2017年5月3日閲覧。 The Futon Critic. 2017年5月10日閲覧。 関連項目 [ ]• (英語)• (英語)• (英語)• (英語) 外部リンク [ ]• (日本語)• (日本語)• 20世紀フォックス オフィシャルサイト• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• - プレイリスト.

次の