中村 医師 なぜ。 アフガン支援に人生捧げた中村哲医師 なぜ悲劇は起きたのか|NEWSポストセブン

中村哲医師の家族や経歴と生い立ち数々の功績・勲章や名言も

中村 医師 なぜ

中村医師(哲)さん殺害が酷すぎる。 事件詳細と感想 殺害された中村医師ですが、 多くの人が 「ありえない」「酷すぎる」と 多くの悲しみで溢れています。 中村医師が殺害されなぜ「酷すぎる」?その理由とは 理由として、中村医師の 今までの功績、現在やっていることが 善人そのものなのが上げられますね。 そもそも今回 アフガニスタンに行ったのも 医者として人道支援「ペシャワール会」として 任務を遂行するためでした。 つまり、アフガニスタンのあらゆる問題を 考え、解消し、支援していこうという 組織の実質トップにいるのが、 中村哲さん。 そんな中村医師がアフガニスタンで 現地の集団に殺害されたということで 世間の反応は 「酷すぎる」 になるのです。 中村医師殺害事件の詳細 事件が起きたのは12月4日の朝8時 突然、中村医師を乗せた車を白い車が妨害。 短銃を持った男性が助手席にち近づき 助手席にいた中村医師を発砲。 その後、白い車から仲間が降りてきて 運転席や護衛していた警備も殺害され 中村哲さんを含む6人が殺害されました。 犯人は7人以上いたとされており、 発砲された後、まだ意識のあった 中村医師が顔をあげると 「まだ日本人が生きているぞ」 と犯人グールプの1人が叫ぶ。 それとほぼ同時に再度発砲され 中村哲さんは帰らぬ人となりました。 あまりにおぞましい事件。 なぜ中村哲さんが、、、 なぜ日本人が、、、、 大変心苦しい事件ですが、 中村医師の功績を犯人グループも 知っているはずです。 今後どういった対応になるのか わかりませんが、捕らえてしっかりと 罰してほしいものです。 中村哲殺害と、憲法9条に関するネットの声 中村医師の件が美談文脈で埋め尽くされていくことに懸念を感じる。 世界が称賛しようと、家族や友人を悲しませた事実は消えない。 他の人が真似して第二第三の犠牲が出たらどうすんだ。 9条は守ってくれないぞ。 体で感じた想いですよ。 」 これは、日本国内向けのポーズと考えるべきでしょう — プー太郎さん shiba92341152 9条が無ければ中村医師は死ななかったかもしれないが。 自衛隊がアフガニスタンの人を逆に殺していた。 そして優秀な自衛隊員にも戦死者は出ていた。 しかし、9条を掲げておきながら皮肉にもボディーガードをつけ銃撃により亡くなられたのは人笑わせな話かと。

次の

中村哲医師経歴学歴!海外の反応やクリスチャン精神や功績

中村 医師 なぜ

中村哲医師が死去 中村哲医師が死去したのは2019年12月4日の事。 アフガニスタン東部、ナンガルハル州ジャララバードからクナール州に車で向かう途中。 襲撃を受けて中村哲医師、そしてボディーガードや運転手らあわせて6人が死去。 中村哲医師は当初は意識があり、治療を受けるために米空軍基地に搬送される途中で息を引き取りました。 中村哲医師の死去をアフガニスタンのガニ大統領はテロであると断定。 現地の反政府武装勢 タリバンは関与を否定。 理由としては「国家建設に携わるNGOとの関係は良好」であるためとしています。 しかし中村哲医師の車が集中的に狙われた事からアフガにスタンの当局は中村哲医師が標的であったと断定。 他の武装組織は現在のところ 犯行声明を出してもいませんし否定をしてもい ません。 現地ではイスラム国とタリバンが互いに勢力争いをしている状況ですが…。 中村哲医師について 出典: 名前 中村哲 なかむら てつ 生年月日 1946年9月15日 出身 福岡県福岡市 中村哲は昆虫と山登りに興味があったため1978年にヒンズークッシュ遠征隊の山岳退院として現地へ。 そして現地が気に入り、1983年にハンセン病コントロール計画に協力をするために赴任。 1984年にはペシャワール会という、中村哲医師の医療活動を支援する目的で結成された団体の現地代表に。 中村哲は医師として限られた資金で効果を上げるためには少数の高価な薬を用いるよりも 病気にかからないようにするほうが早いと考えました。 そのためまずは水の確保が必要と考え、 きれいな飲み水と農業用水があるだけでも多くの人が助かると考え水路を作るなど実行。 中村哲が水路を作るのにコンクリートを使わない理由 中村哲さんたちによって、アフガニスタンのガンベリ砂漠は、いまでは全長約25キロメートルの用水路として、1万6,500ヘクタールの緑の大地に生まれ変わった。 これによって65万人もの難民たちが用水路の流域に帰農し、定住するようになった。 想像を絶する途方も無い努力があった。 — 😇 aki21st 中村哲はそれまで砂漠であったところに水路を作り植林をしました。 しかしこの技術はコンクリなどを使って水路を作るのではなく、 江戸時代から伝わる古い技術を使用。 中村哲がわざわざ古い技術を使ったのは住民自らが 土木工事をして整備もしなければいけないため。 最初に資金に物を言わせて水路を作ったとしてもそれはその場しのぎ。 アフガニスタンの実情に沿った技術を使わなければ助けにならず、アフガニスタンの実情に沿ったのが日本の伝統技術であったということだと語っています。 1988年:外務大臣章• 2003年: 「ラモン・マグサイサイ賞」平和・国際理解部門 アジアのノーベル賞。 2008年:第三モンベルチャレンジアワード• 2013年:第24回福岡アジア文科賞大賞• 2010年:アフガニスタン国会下院 表彰• 2016年:旭日双光章• 2018年:アフガニスタン国家勲章• 2019年:10月に アフガニスタン名誉市民権授与 中村哲医師が襲撃されたのはアフガニスタン名誉市民権を授与されてから 2ヶ月も経っていません。 中村哲医師の死去に関するネットの反応 中村哲医師はアフガニスタンで長年医師としても活動をし、水路を建設するなどの支援活動もしていた人物。 アフガニスタン政府も 「我が国にとって最も偉大な友人」と表現。 中村哲医師を狙ったのか、人違いであったのかはわかりませんが…。 ネットの感想はこちらとなっています。

次の

中村哲医師、銃撃されたアフガニスタンで願っていたこと。遺した言葉から生涯を振り返る

中村 医師 なぜ

中村哲医師は医者としてアフガニスタンを治療した 1984年からパキスタン・アフガニスタンでハンセン病などの治療に従事していました。 11が起こるはるか前から、中村哲医師はパキスタンやアフガニスタンで活動していたのです。 2003年からは食糧事情、水事情が悪くなっているアフガニスタンで、用水路建設に乗り出します。 中村哲医師は医者として「100の診療所より一本の用水路が必要」だと考えたのです。 彼の業績は途方もありません。 医療活動と並行して2006年までに井戸を1600本、灌漑用の井戸も13本掘る• 2003年からマルワリード用水路を建設。 2010年に完成する• ペシャワール会は、中村哲さんの活動により16500ヘクタール、65万人の生活が救われたとしている 診療所の仕事だけでは限界を感じ、中村哲医師は畑違いの土建業に乗り出したのです。 中でもマルワリード用水路は、福岡県朝倉市の江戸時代の建設物、山田堰をモデルとして建設されました。 なぜ現代の工法を用いなかったのか? というと、現地の人達でもメンテナンスができるようにとの配慮からでした。 中村哲医師の活動によって、ペシャワール会は「アフガニスタンの16500ヘクタールの農地と、65万人の生活が維持された」としています。 中村哲氏は医師として、アフガニスタンそのものを治療しようとしたのです。 2019年12月4日、テロと思われる襲撃で凶弾に倒れる ニュースを見た瞬間に、目の前が真っ暗になるような感覚に襲われました。 ドキュメンタリー映像で見た中村哲医師は、非常に温厚で気さくそうな人物に見えました。 そしてその活動から、強い信念を持っていたことも伺えます。 現代日本で、最も偉大な日本人のうちの1人が殺害されたのです。 残念なのか、それとも悔しいのか。 筆者の胸中は複雑です。 ナンガルハール州で中村哲医師が乗ったトラックが襲撃され、同乗していた運転手や警備員なども含めて殺害されました。 目撃証言によれば犯人は複数人の男性で、自動小銃で武装していたそうです。 ナンガルハール州ではタリバンに加え、IS イスラム国 も活動しており、治安は非常に悪かったようです。 アフガニスタンの情勢の悪化と、中村哲医師の揺るぎなき信念 アフガニスタンの情勢は、2014年以降は好転していませんでした。 ここ数年に至っては、むしろ悪化していたと指摘されます。 特にタリバンの勢力がここ数年、増していたとのことです。 タリバンの支配地域では、識字率や貧困率が著しく悪いのです。 これはタリバンの責任ではなく、むしろアフガニスタン政府の復興への意思と能力の問題だと指摘されています。 つまり政府が放置している地域に、タリバンが住民サービスなどを提供して支配地域としているというのが実情です。 上述したように、アフガニスタンの情勢は極めて危険でありました。 中村哲医師はなぜ、帰国しなかったのでしょうか。 報道によれば中村哲医師の死を悼むアフガン人は「アフガン人として生き、アフガン人として死んだ」と評します。 「アフガン人は彼を守ることができなかった」と悔やむコメントも報じられています。 中村哲医師が信念の人であったからこそ、帰国という選択肢はなかったのではないでしょうか。 中村哲医師は沖縄で公演した際に「照一隅 いちぐうをてらす 」というメッセージを、自著にサインとして残しました。 これは「自身が置かれた場所で、一つのことに最善を尽くす」という意味だそうです。 一所懸命とも似た言葉かと思います。 そして中村哲医師は、アフガニスタンという世界の一隅を見事に照らしたのです。 中村哲医師死亡のニュースを聞いて なぜ、どうして。 そんな感情が胸中を駆け巡りました。 1人の偉大な日本人が、この世を去ったからです。 中村哲氏を襲撃した武装勢力には、強い怒りを感じます。 アフガニスタンのような問題に突き当たったとき、人はどのように行動したら良いのでしょうか。 中村哲医師のように、信念を持って殉じるべきでしょうか。 それともアフガニスタンを自身の世界から切り離し、見なかったことにすればよいでしょうか。 中村哲医師の死は、我々日本人に問いを投げかけているようにも思えます。 誰がどう見ても、どうひいき目に見ても危険地帯であるアフガニスタンにおいて、人の為に従事された中村医師には敬意を表します。 人助けをしたいという言葉は誰しもはける言葉ではありますが、それを本当に命をかけておこなえる人は、本当に本当にごく少数だと思います。 中村医師の信念と、その忠義の人に、敬意と哀悼の意を表します。 アフガンの治安悪化には、米軍の撤退も関係していると聞きます・・。 それは昨今のアメリカのユーラシアからの干渉低下の方針の影響の1つかとも思いますが・・、こうやって世界はどんどんローカルなものとなっていくのに、それでもこうやって影響と言うのはグローバルに関わりあっていくんだなと思いますと、なんとも言えないものを感じますね・・。

次の