映画 ネタバレ。 コンテイジョン映画のネタバレあらすじ!結末で判明する感染源は何?

コンテイジョン映画のネタバレあらすじ!結末で判明する感染源は何?

映画 ネタバレ

どーも、おっさん999です。 特に北原里英さんのファンでもない、ただのおっさんが、彼女が主演しているホラー映画『映画 としまえん』を観に行って参りました。 キャスト陣は特に知っている人はおらず、「なんか、としまえんで怖い目に遭遇する」という簡単なあらすじだけを読んで鑑賞してみましたよっと。 もちろん、予告編も観ていませぬ。。 今も元気に営業している遊園地「としまえん」を舞台に、「としまえんの呪い」を巡るストーリーなホラームービー。 メインのロケ地をとしまえんに絞り、一体どんな映画なのかと鑑賞したところ、 「なんじゃこりゃ」という気持ちになりました。 一体、この映画の何がダメだったのか。 今回は『映画 としまえん』の ネタバレあり 感想を書いていきたいと思います。 まだ本作を見ていない人は、今回の感想をスルーしてください。 ネタバレなし感想 単なる復讐劇やないか! おっさんは、てっきり「としまえんの呪い」って、としまえんに縁のある怪異が襲ってくるとばかり思っておりました。 しかし、本作では「としまえんの呪い」の正体も不明で、しかも本作でフォーカスされるのは、死んだ同級生の復讐劇という、なんともお粗末的展開でした。 いじめられていた女子の幽霊が復讐するって、そんなの遊園地である「としまえん」でやる必要ナッシング! これが「ハハッ!」っていう夢の国が舞台なら、まだ良いですよ。 あの場所の都市伝説って、色々ありますからね。 けれど、「としまえん」には残念ながら、みんなが知る都市伝説も怪談もありません。 だからこそ、どのように「架空の怪談」「架空の都市伝説」を生み出すのかに興味があったんですが。 もっと面白くできたはずなのに、残念です。 主人公たちの神経を疑う 映画の前半で、昔に行方不明になった同級生の話をする場面があります。 ここでは、主人公たち、彼女の失踪には関わっていないばかりか、理由も何も心当たりがないって感じで描写されています。 ところが、彼女が消えた原因を作ったのは、他ならぬ主人公たちでした。 いくらなんでも、超常現象を知らないとはいえ、自分たちが「肝試し、やりなよ」とけしかけた事、その後に失踪し、自分たちが最後の目撃者であるのだから、その段階で何かしら疑問に思う事もあるはず。 であるにも関わらず、主人公たちは能天気に日々を過ごしていたようです。 これは警察とかにも「わたし知りません」って言ってる可能性が高いし、そもそも、その日は会っていませんとか言ってそうですね。 とにかく主人公たちのクズっぷりが、みるに耐えないという不思議な映画でした。 だったら、主人公たちが壮絶に絶命してもいいのに、そうはならないのも含めて、この映画は、ダメダメです。 レビューや評価 何の演出工夫も無い。 北原里英さんの表情だけを撮りたかったのか。 この映画の犯人はいじめられっ子の両親だと仮定すると、怖いです。 期待してなかったということもあるが、 良く出来てる! 今回のネタバレあり感想のまとめ そもそも、なんでPOV形式、フェイクドキュメンタリーの映画にしなかったんだろう? 実在する場所をロケ地に設定できるなら、モキュメンタリーで現実と映画をクロスするような不気味な映画にできたはずなのに。 その場のノリで作っちゃいました!みたいな、大学生のサークルで作るような映画。 こんなのばかり作っているから、日本のホラー映画は、どんどんダメになっていくんだ!! という事で、『映画 としまえん』のネタバレあり感想でした。 それでは、しーゆー!! DVD.

次の

【ネタバレ解説】映画『セブン』七つの大罪と衝撃的ラストシーンを徹底考察

映画 ネタバレ

CONTENTS• 【公開】 2011年(オーストラリア映画) 【原題】 Sleeping Beauty 【原作】 川端康成『眠れる美女』 【監督・脚本】 ジュリア・リー 【キャスト】 エミリー・ブラウニング、レイチェル・ブレイク、ユエン・レスリー、ピーター・キャロル、クリス・ヘイウッド 【作品概要】 監督はオーストラリア出身、本作が長編映画デビュー作となるジュリア・リー。 主演は、『エンジェル ウォーズ』 2011 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』 2014 の女優エミリー・ブラウニングが務め、大胆なヌードも披露。 これまで国内外で何度か映画化されてきた川端康成の中編小説『眠れる美女』をベースにした官能サスペンス。 2011年、第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。 大学生のルーシーは奨学金の返済のため、カフェで働いたり、会社で書類のコピーをしたり、時にはバーで高所得者の男性をひっかけコカインを吸い、売春婦のようなことをする生活を送っています。 彼女は居候させてもらっており、家賃を催促されたり家事を押し付けられたりと、家にも居場所がありません。 会社には酒癖の悪い占い師の母親から電話がかかってきて、冷たい目で見られることも。 そんなルーシーの支えは、アルコール中毒で不安定ながらも繊細な心を持つ友人バードマンだけでした。 ある日ルーシーは、普通のアルバイトよりもかなり高額な仕事の広告を見て応募します。 面接にやってきたルーシーを迎えたのは、クララという中年のエレガントな女性。 彼女はルーシーに幾つかの質問をします。 ピルは服用しているか。 煙草は吸うか。 仕事は指定の下着をつけ、シルバーサービスの女給をするというもの。 時給は250ドルでした。 ルーシーはサラという名前を与えられました。 出勤日になり、厳しいメイクのチェックも終え、裕福な老人たちに下着姿で酒を注いで回るルーシー。 しかしこれは本来の募集されていた仕事ではありませんでした。 次にルーシーに与えられた仕事は、睡眠薬を飲み、瀟洒な館の広々とした部屋にあるキングサイズのベッドで、服を身につけず眠ること。 実はここは性的倒錯の嗜好を持つ裕福な老人たちを相手にした秘密クラブだったのです。 彼らは眠っている美しい女性たちの裸体に、彼女たちが眠っている間何でもすることができます。 眠らされる女性たちは薬の力で、目覚めた時には何も覚えていません。 1人目の客はルーシーの美しさを褒めちぎり、クララに一線を越えてはならないと釘を刺されます。 眠っているルーシーを投げたり、煙草を耳に近づけたり、舐めまわしたり…自分の中の欲望を無抵抗のルーシーにぶつける老男性たち。 働いている途中、ルーシーは住んでいたアパートを追い出され、稼いだお金で高級マンションに引っ越します。 心の拠り所であったバードマンは自死してしまい、ルーシーは一人ぼっちになってしまいました。 彼女は自分が眠っている間に何が起こっているか一度でいいから知りたいと言い、クララに懇願しますが教えてもらえるわけもありません。 クララは翌日、ルーシーの隣で老人が死んでいるのを発見します。 目が覚めたルーシーは死体を見つけ、泣き叫びます。 原作の川端康成による『眠れる美女』は、本作とはかなり異なるものとなっています。 主人公は1人の老人。 亡くなった母、自分の娘、忘れられない過去の恋人、自分の人生に携わってきた女性たちを思いながら若い美女達を思い返す老人。 そして最後の夜、彼は隣で若い女性が死んでいるのを発見します。 彼は眠っている間に自分が殺してしまったのではと震えますが、女主人は動じずに、「 気にせず、お休みになってください。 隣にもう一人、娘がおりますでしょう」と彼に言いました。 老人の夢と妄想を行き来し、女性たちの美しさを緻密に描いたデカダンス文学の名作です。 あどけなさと甘い官能を併せ持つエミリー・ブラウニングの魅力が光り、映像は美しく官能的なだけでなく、緊張感にあふれています。 彼女をじっと 観察し続けたロング・ショットや、 無音が占める映像は、いつ何が彼女に起こるか分からない不穏さを駆り立てます。 生活と奨学金返済のため、バイトをいくつも掛け持ちしていることを序盤では描かれています。 そんな ルーシーはいつも無表情で、観客は彼女の感情を読み取ることができません。 男性といきずりの関係を持ち、1人の時は汚いアパートで眠る。 彼らは若い女性の裸体を見つめ、いくら自分の欲求をぶつけてみようとも、人形に話しかけているような虚しさが残り、自分たちの老いを実感します。 日本のデカダンス文学の傑作が、海外で新たな視点を交え生まれ変わった美しい作品『スリーピング ビューティー 禁断の悦び』。 官能と鋭利な恐ろしさが渦巻く本作を、ぜひお楽しみください。

次の

映画「こおろぎ 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

映画 ネタバレ

モダンホラーの傑作として名高い、1980年公開作品『』。 の狂気に満ちた演技は観る者すべてを震撼させ、監督による理知的な演出は観る者すべてを恐怖に陥れる。 この映画を観ずしてホラーは語れない! かつてロンドンの数学者が「ショックの度合い」「サスペンス」「ゴア描写」などさまざまな項目から『シャイニング』を統計学的にデータを分析したところ、そのバランスが適切だったことから「完璧な恐怖映画」と結論づけたという逸話もあるくらいだ。 というわけで今回は、ホラー映画の金字塔『シャイニング』についてネタバレ解説していきましょう。 映画『シャイニング』あらすじ 豪雪のため、冬の期間だけ閉鎖されるオーバールック・ホテル。 かつてここでは、精神に異常をきたした管理人が一家を惨殺した挙句に自殺するという、痛ましい事件が起きていた。 そんないわくつきのホテルに、小説家志望のジャック()、その妻のウェンディー()、息子のダニー()が新しい管理人一家としてやってくる。 やがてこの一家に、かつてない恐怖が襲いかかる…。 コムズカシイ作品ばかり撮ってきた彼が、のベストセラー娯楽小説『シャイニング』を映画化することはやや意外でもあったが、それには理由があった。 秘書の談話によれば、キューブリックは次回作のネタ探しのために片っ端から小説を読みまくり、少しでも気に入らないとオフィスの壁に本を投げつけるという悪癖があったが、「シャイニング」を読み終わった時は本を投げつけなかったため、「次回作はこの小説になるんだな」と直感的に分かったそうな(すごい話だ)。 だが、出来上がった映画は原作を大きく改変した独自のストーリー展開に。 スティーヴン・キングは今に至るまでキューブリックに対して批判を繰り返している。 この映画は、大きくて美しいけれど、モーターのないキャデラックのようなものです。 座ることができるし、革張りの匂いを楽しむこともできるけど、そもそも走ることができない。 問題なのは、ホラーというジャンル特性をはっきりと理解していないまま、ホラー映画を作ろうとしていたことにあるのです。 (1986年のインタビューより抜粋) かなり辛辣なコメントだが、それもむべなるかな。 しかし、映画ではその理由がよく分からない。 さらに、息子ダニーの超能力シャイニングが発揮されることもあまりなく、コックのハロラン()に至ってはホテルに戻ってきた早々にジャックに殺されてしまい、活躍する機会が全く与えられない。 原作の重要なエッセンスがゴッソリと抜け落ちているのだ! 結果的にキューブリック版『シャイニング』は 超常現象の因果関係が判然とせず、単に狂ったジャックの妄想話のようにも見えてしまう。 『シャイニング』における、その演出方法の一端を3つご紹介しよう。 左右対称のシンメトリーな構図 出典元: キューブリックの全フィルモグラフィーに共通する特徴として、まず「 左右対称のシンメトリーな構図」が挙げられる。 ハロランが自宅で寝そべっているシーンは、中央にテレビ、真上に黒人女性の写真、左右にランプという構図だし、オーバールック・ホテルの内部も、左右対称の幾何学模様が施されたカーペットを中央にして、左右に部屋のドアが配置された構図だ。 あまりに人工的で整然とした世界は、厳格なまでに左右対称すぎるがゆえに、かえって冷え冷えとした非現実感を醸成する。 その際たるものが、あの有名な双子の少女だろう。

次の