あ つもり イースター。 復活祭

【画像アリ】これがないと始まらない!イースターに食べたい7つの食べ物

あ つもり イースター

で発行された、復活祭を祝う家族が描かれた絵葉書。 左上には「」とで書かれている。 多くの教会で特別な礼拝(・)が行われるほか、様々な習慣・習俗・行事がある。 ではから「 」とも呼ぶ。 では「 の」 とも呼ばれ、、などでは「 復活日」(ふっかつび) や、英語から「 イースター」とも呼ぶ。 「 復活節」(ふっかつせつ)は、において復活祭からの一定期間を指す用法の他、プロテスタントの一部で復活祭(復活日)当日を指す用法がある。 つまり、キリスト教の復活祭が時代の「過越の祭り」を雛形とした祝い日であることを示している。 においてもなどのの国では「パスカ」 : Pascha 、ではパスクワ Pascua の呼称が一般的である。 はその語源説明の誤りを正した。 イースター、オースタン [ ] 復活祭を表す英語「イースター Easter 」およびドイツ語「オースタン Ostern 」はの春の女神「エオストレ Eostre 」の名前、あるいはの用いた春の月名「エオストレモナト Eostremonat 」に由来しているともいわれる。 の教会史家がこれに言及し、ゲルマン人が「エオストレモナト」に春の到来を祝う祭りをおこなっていたことを記録している。 ただしこの説も確実ではない。 復活祭に連動する教会暦・礼拝・典礼・奉神礼 [ ] 復活祭(、復活日)は教会暦において、移動祭日と呼ばれ (移動祝祭日 もしくは移動祝日 とも)、最も重要な祭り(祝日)と位置づけられるとともに 、復活祭によって教会暦における他の移動祭日(移動祝祭日、移動祝日)が決められる。 大斎(四旬節) [ ] 詳細は「」および「」を参照 、、、においては、復活祭(復活大祭、復活日)の前にイエスの荒野での試みや十字架の受難を記念する「40日間」が設けられている。 ラテン語でQuadragesima、英語では古ドイツ語の「断食」を語源とするLentと標記されるが、日本語においては四旬節(カトリック、ルーテル他)、大斎節(たいさいせつ、日本聖公会)、大斎(おおものいみ、正教会)のように呼び名が異なる。 また、開始日や数え方も教派ごとに違いがある。 カトリック教会、聖公会、ルーテル教会などのでは、四旬節はに始まる。 カトリック教会では主の晩さん(聖木曜日)の夕べのの前までを四旬節とするが 、聖公会、ルーテル教会では復活日前日までを四旬節とする。 復活祭前の一週間は「聖週」「受難週」等と呼ばれ、教会暦の中で非常に重要な位置を占めている。 復活祭前の日曜日は(復活前主日、など)と呼ばれ、重要な主日のひとつとされている。 ルーテル教会以外の(、、など)にも、教義又は伝統的に四旬節を取り入れている教派があるが 、概して現代のプロテスタントには四旬節をはじめとする教会暦にあまりこだわらない傾向がある。 他方、プロテスタント内でも四旬節の意義を見直そうとする意見もある。 正教会においては、大斎(おおものいみ)は復活祭の7週前の主日である断酪の主日()の日没後から始まり 、前日の「ラザリのスボタ」(の土曜日)の前日金曜日に一応の区切りを迎える。 ラザリのスボタ、聖枝祭を経て、がある。 それぞれの日を、聖大月曜日、聖大火曜日、聖大水曜日、、、と呼び、毎日特別の礼拝を行い、イエスの入城から受難を経て復活するまでのそれぞれの日を象り記憶する。 大斎期間中には祈りと食事の節制が行われ 、喜びと浄化の時とされる。 復活祭当日 [ ] 「」および「」も参照 では、キリストの受難と復活からなる過越の聖なる3日間は、全暦年の頂点と位置づけられ、復活の祭日は典礼暦年の中で最高位を占める主日であると位置づけられる。 「過越の聖なる3日間」は、始まりを「主の晩さんの夕べのミサ」とし、中心は「復活徹夜祭」であり、終わりは「復活の主日の晩の祈り」としている。 復活徹夜祭は夜から明け方にかけて行われるよう定められている。 この日、が配られる。 また毎年、から復活祭のメッセージが発表される。 では、復活日前日にイースターヴィジル礼拝(復活日前宵礼拝)、復活日当日には復活を祈念する式が行われる。 また、復活日の聖餐式後に祝会やイースター・エッグ配布を行う教会も多い。 においては、教会暦にあまりこだわらない場合もあるなど 、内実の多様性から一概に言えない。 しかし、特別に復活日(復活祭)を祝う礼拝を行い、正教会、カトリック教会、聖公会と同様、イースター・エッグが配られる場合もある。 それぞれの教会のにおいて、読まれるべきの箇所や、特別に行われる、、が定められている。 正教会においては、復活祭期にはとの挨拶が信者間で交わされる。 復活大祭からの一週間はと呼ばれる。 この一週間には(食品の制限をはじめとする精進)は行われず 、この一週間にが行われる場合は全て復活大祭と同様の形式で行われる。 光明週間は復活大祭翌(翌日曜日)である、「の主日」とも呼ばれる「アンティパスハ(代逾越節)」まで続く。 カトリック教会においては、復活節の最初の8日間を「主の復活の8日間」と呼び、この期間内には主日(日曜日)ではない平日でも主の祭日のように祝われる。 なおの一部では、復活祭・復活日当日を「復活節」と呼ぶこともある。 復活祭に関する習俗 [ ] 復活祭のあいさつ [ ] ドイツの復活祭の卵、オスターブロート(復活祭のパン)、オスターハーゼ(ウサギ型のパン) 西方教会と東方教会では、伝統的に四旬節および大斎の期間中禁じられていた肉、乳製品、卵(東方教会では魚肉も)が復活祭の日に初めて解禁になるため、復活祭の正餐の食卓にはこれらの動物性食品が並ぶ。 また、卵、、乳などをふんだんに使った復活祭独特のやが作られる。 家禽を飼っている家庭では、四旬節および大斎の期間中に生まれたために食べられずにたまっていた卵をまとめて消費するという理由もある。 では、 ()という円形のパンを食べる。 パン生地をの形に成形するとオスターハーゼ Osterhase となる。 の圏のオスターフラーデンは、とのである。 の復活祭の伝統料理は地方によって異なるが、主菜にはが好まれる。 もっとも有名な食品は(復活祭のハト)という、ハトをかたどった菓子パンであろう。 に卵を殻ごと入れて焼いた、クッドゥーラ cuddura やプッドリーケ puddhriche というパンを作る地域も多い。 シチリア島ではペコレッレ pecorelle と呼ばれるでできた子羊が食べられる。 はパスクエッタ(pasquetta、小復活祭の意)と呼ばれる祝日で、戸外でをする日となっている。 の神々の信仰が盛んだったでは、復活祭の伝統行事の中に死から蘇るキリストとから帰還するの習合と、や信仰の名残りが見られる。 スウェーデンでは、をの酢漬けやなどと供する。 主菜は家庭によっての脚またはが供される。 では、子羊肉またはのと、またはのミルクプディングを食べる習慣があった。 の復活祭の正餐には、ゆで卵、、乳飲み豚の、ハム、おろしたなどが並ぶ。 デザートには ()やに似た ()を食べる。 には、朝食に、昼食に卵とまたは塩漬け、夕食にはかフラン()にかメープルシュガーをつけて食べる習慣があった。 イースター・エッグ(復活祭の卵) [ ] 詳細は「」を参照 イースター・エッグ、または復活祭の卵とは、復活祭に出される、彩色や装飾を施されたゆで卵である。 卵は()に節制される食品である(ただしこうした断食・節食の習慣は、では大幅に簡略化されるかもしくは消滅している)。 卵が使われる意義については、見た目には動かない卵から新しい生命が生まれ出ることから、死と復活を象徴しているとされる。 赤く染められる事が多いが、その赤い色は上で流されたの血の色と、血は生命を表すことから( 17:11)復活の喜びを表すとされる。 には表面に模様を描いていくと呼ばれる復活祭の卵がある。 には卵の表面をビーズで装飾する復活祭の卵がある。 国や地域によっては、復活祭の際に庭や室内のあちこちに隠して子供たちに探させるといった遊びもおこなわれる。 また、上記のイースターエッグの探し物遊びにちなんで、ソフトウェアの中に開発者がまぎれこませたメッセージ(開発チームスタッフへの謝辞やスタッフロール)のことも「」と呼ばれる。 この習慣の起源については様々な説がある。 教会の伝承の一つとして、が、のを知らせるためにに謁見した際、赤い卵を献上したことに由来するというものがある。 他方、その由来を春の到来を祝う異教に求める見解もある(ただしこの見解をとる教会においても、上述の意義付けは同様である)。 詳細は「」を参照 で、またその影響を受けた日本のキリスト教会でも、復活祭にを教会の祭壇に飾るなどする習慣があり、これをその英語名から(=復活祭のユリ)と呼ぶ。 日本とイースター [ ] によると、日本での復活祭はにの()で行われていた(ルイス・フロイス『』第50章より)。 4月2日の復活祭ではたちはいちばん上等な着物に身を包み、行列をつくって島内を練り歩いた。 また3月21日にキリシタン大名・統治下ので行われた復活祭は、畿内のキリスト教信者1万数千名が集う大規模な祭典であった。 に入った頃、「イースター」(復活祭)の要素を取り入れたイベントの開催や商品展開が各業界で模索され始める。 その例としてでは毎年4月〜6月期のイベントとしてから「」(より「」に改称)を開催 、また(USJ)でもより「ユニバーサル・ イースター・セレブレーション」を開催している。 のイベント以外でも、よりイースター限定商品を展開している の他、時点でイースターに力を入れるやメーカーが出てきており、イースターはや、に続く第4のイベントとして注目されている。 日本はキリスト教国ではないため、これらのイベントと同様に的色彩は大幅に薄められている。 しかし、というイベントの少ない時期に行われる、商売閑散期のハロウィンと比べると、イースターはちょうど()の、・、歓送迎会シーズンに当たり、それらに合わせて既存の販売促進イベントも集中するため、イースター商戦が入り込む余地がないことに加え、前述の3つのイベントにはない日付が毎年変動し、宗派によって日付も違う要素もあり 、イースターイベントが日本では定着しない一因となっている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「パスハ」表記の大本はギリシア語である。 新約時代以降のギリシア語の発音はアクセントやイ音化、各種子音の発音等、かなり現代ギリシア語に近くなっていた。 正教が優勢な地域における系言語、等における、ギリシア語に由来する教会関連の語彙の発音は、中世以降のギリシア語発音に則っている。 「祭」の表記がにおいて頻繁に使われる教会(、など)では「復活祭」の表記が使われ、「祭」と位置づけられ呼ばれるが、「祭」の表記が比較的もしくはあまり使われない教会(、プロテスタントなど)では「復活日」という表記が一般的であり、「祝日」といった説明がなされる。 プロテスタントの参照元である『』でも項目名は「復活日」となっていて、その説明冒頭において「祝日」としており「祭」とは書かれて居ない。 の扱いが異なること、正教会では復活祭をのとともに祝わないという古い規定をそのまま守っていること、これら二つの違いが間にある。 古典ギリシャ語再建音:パスコー、現代ギリシャ語転写:パスホ• 卵が配られる習慣は正教、カトリック、聖公会、プロテスタントに広くみられるが、正教会では「イースター・エッグ」とはあまり呼ばれない(先述の通り、復活祭が「イースター」とはあまり呼ばれないため)。 ただし日本正教会公式サイトには記述が無いものの 、地方教会のウェブサイトでの用例はある。 ちなみに日本のイースターでも一般的に採用されている西方教会の日付の場合、日本のの始まりであるを挟んで毎年変動するため、復活祭が1回ある年度だけでなく、2回ある年度(2015年度)、1回もない年度(2016年度)が混在する(参照)。 出典 [ ]• 2011年4月30日, at the. ( 2010年7月27日, at the. 2013年8月1日閲覧• ホプコ、小野 p39• (日本キリスト改革派伊丹教会西谷伝道所)• ( 尾陽教会)• 名古屋ハリストス正教会• ホプコ、小野 p47• ホプコ、小野 p49 - p57• (中西裕一)• 改訂増補日本聖公会祈祷書解説編集委員会『改訂増補 日本聖公会祈祷書解説』5頁、管区事務所(1994年2月)• Mimi Sheraton. The German Cookbook. Random House, 1966年。 452-453頁• Nika Standen Hazelton. The Swiss Cookbook. Hippocrene, 1998年。 164頁• Carol Field. Celebrating Italy. Harper Perennial, 1997年。 410頁• Natur och Kultur. The Best of Swedish Cooking. 1995年。 159頁• Beatrice A. Ojakangas. The Finnish Cookbook. Crown Publishers, 1989年。 230頁• Icelandic Food and Cookery, Hippocrene. 2002年。 12頁• Polish Heritage Cookery. Hippocrene, 2005年。 A Taste of Acadie. Goose Lane, 1991年。 16頁• (2020年5月7日閲覧)• (舞浜新聞 2015年6月22日)• (株式会社ユー・エス・ジェイ:ニュース 2012年12月18日)• (マイナビニュース 2012年3月19日)• (日本経済新聞 2015年3月31日)• (神戸新聞NEXT 2015年4月4日)• (株式会社富士経済 2014年10月16日)• ネットアイビーニュース. 2013年3月25日. 2020年2月26日閲覧。 参考文献 [ ]• トマス・ホプコ著・イオアン小野貞治訳『正教入門シリーズ2 奉神礼』西日本主教区()2009年8月1日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (コンプトゥス)• - イースターに発見された事にちなんだ名称であるといわれている。 - 1916年のイースターである4月24日から4月30日にかけて、で発生した反英武装蜂起。 - イースターに巨大オムレツを作る町として有名。 (14日遵守派)• - アラビア語で預言者モーゼという意味の地名であり、同名のムスリムによる祭祀と巡礼の名前。 の前の金曜日から1週間に渡って執り行われる。 同様の祭祀には、エジプトで東方教会の復活祭の次の日から、宗教を問わず祝われるがある。 イースター・エッグに似た卵も作る(参照)。 - 卵の木曜日ともいう。 のキリスト教徒とイスラム教徒が共に祝う、復活祭時期の木曜日の日。 墓参りや、菓子や黄色く塗った卵を配る。 - の「復活の主日」に、の教会などで発生した爆弾テロ事件。

次の

イースター(復活祭)の由来とは?2020年はいつ?

あ つもり イースター

クリスマスにハロウィン、バレンタイン。 日本でも、海外生まれのイベントが毎年当たり前のように開催されています。 特に、つい数年前まではそこまでにぎわっていなかった「ハロウィン」が、最近では仮装パーティで盛り上がったりと、一大人気イベントになっていますよね。 でも実は、海外のキリスト教圏ではハロウィンよりも、クリスマスよりも、大事にしているイベントがあるんです…。 それが「イースター」!でもイースターって、日本ではまだあまり馴染みのないイベント。 言葉は聞いたことがあっても、詳しくは知らない人が多いと思います。 そこで今回は、イースターの意味と楽しみ方をご紹介!新しいイベントをみんなで楽しみましょう! クリスマスよりも大事なイースター!? 日本では、まだあまり広まっていないイースターですが、キリスト教圏の国ではキリストの誕生日を祝うクリスマスよりも大事なイベント。 そもそもイースターとは、十字架にかけられて亡くなったキリストが、その3日目に復活したことを祝う「復活祭」なんです。 宗教的にもとても意味のある日で、イースターを祝って、学校が数週間休みになる国もあるそうですよ。 ちなみにイースターという名前の由来は、ゲルマン神話の春の女神「Estore」からきているという説があります。 イースターっていつ? ハロウィンは毎年10月31日、クリスマスは12月25日と決まっていますが、イースターは日にちが定まっていません!決められているのは、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」ということ。 ずばり今年のイースターの日にちは… 2020年のイースターは4月12日! キリスト教のなかでも、西方教会と東方教会とでは日にちが異なりますが、西方教会が4月12日、東方教会は4月19日が2020年のイースター。 「春のお祭り」として、海外では盛大にお祝いされます。 お店でよく見る「タマゴ」と「うさぎ」の意味 日本でも、春になるとお店で可愛らしい卵型の飾りや、うさぎの置き物を見かけたことはありませんか? クリスマスツリーがクリスマスのシンボル、かぼちゃがハロウィンのシンボルであるように、イースターにもシンボルがあります。 それが、「イースターエッグ」と「イースターバニー」!お店で見る卵やうさぎは、イースターグッズだったんですね。 イースターエッグとは、最近ではプラスチックやチョコレートでつくられたものが多いですが、卵そのものを指します。 卵は生命のはじまりの象徴であり、殻のなかにいる時間を経て、殻を割って生まれてくる様子が、キリストの復活を表していることからシンボルとなっています。 続いてイースターバニーは、うさぎが多産であることから、豊穣や繁栄のシンボルとされていることがもとになっているそうです。 ちなみに、モアイ像で知られるイースター島。 1722年、オランダ海軍がこの島を発見した日がイースターだったため、「イースター島」という名をつけたそうですよ。 島の名前になってしまうほど、昔から特別な祝祭だったんですね。 イースターの楽しみ方6選! ではここからは、海外で人気のイースターの楽しみ方をご紹介!この春、みんなで楽しめる遊びが盛りだくさんです! その1:イースターエッグペイント イースターには欠かせない、イースターエッグ。 卵に絵を描いたり色を塗ったりして、オリジナルのイースターエッグをつくりましょう!海外では出来たイースターエッグを家族や友だちと見せ合ったりと、ホームパーティーのひとつとして楽しんでいるんだとか。 その2:イースターデコレーション 海外では、バレンタインが終わるとイースターの飾り付けが始まるそうです。 家のなかや庭を、イースターエッグやイースタバニーで可愛く飾り付け!春の訪れを祝って、身のまわりを明るくデコレーションしましょう。 その3:イースターエッグロール イースターエッグを割らないようにスプーンで転がしつつ、ゴールまで走る遊び。 アメリカでは、毎年開催されるホワイトハウスでのイースターパーティでも行われるほど、イースターを象徴する遊びだそうです。 その4:イースターエッグハント イースターエッグを庭や公園に隠して、みんなで探しに行くエッグハント。 海外では、家族みんなで探しに行くそうですよ。 春を感じながら、家族の絆を深める時間になりそうですね。 その5:ボンネットパーティー ボンネットとは、帽子のこと。 イースターの日に、イースターの飾りをつけた帽子を被ったり、仮装をして街をパレードします。 特に、ニューヨークのマンハッタンで開催されるイースターボンネットパーティーが有名!陽気な春を告げるお祭りとして愛されています。 その6:イースターメニュー 海外では特別な日というだけあって、普段よりも豪華な食事をするそうです。 春の食材を使った料理を大皿に盛ったり、デザートには卵やうさぎをかたどったケーキを焼いたり。 特別なメニューで、イースターをお祝いするんですね。 いかがでしたか?イースターの楽しみ方がこんなにもたくさんあったとは、少し驚きですよね。 イースターは、世界で愛される春の祝日。 新しいイベントを、家族と、友だちと、恋人と、みんなでお祝いしましょう!「ハッピーイースター!」•

次の

【画像アリ】これがないと始まらない!イースターに食べたい7つの食べ物

あ つもり イースター

イースターイベント 種類 季節イベント 発生条件 更新データVer. 1が適用済みで、開催日以降に本体をインターネットに接続した状態でソフトを起動するとVer. 1aが適用されます。 開催期間 4月1日(水) ~ 4月12日(日) 訪問時間 朝5時 ~ 出現場所 島全体 報酬 イースターアイテムのDIYレシピ 内容 イースターエッグを集めて、イースターアイテムを作る イベント内容 4月1日から、島のいたるところで「イースターエッグ」と「イースターアイテムのDIYレシピ」が入手できるようになります。 4月12日のイースター当日になると広場でイースターのお祭りが開催されるので、当日に向けてイースターアイテムを集めていきましょう。 ぴょんたろうに話しかけるとイースターイベントについて説明してくれた後、「イースターなベッド」のレシピをくれます。 イースター当日に向けて、イースターのアイテムを用意していきましょう。 また、この日は6種類のたまごと交換で「イースターなバスケット」がもらえるほか、たまご3つを別のたまご1つに交換することもできます。 おきあがりこぼしも作成してぴょんたろうに報告すると、「イースターなステッキ」のレシピがもらえます。 イースターエッグの入手方法 木を揺する(はっぱのたまご) はっぱのたまごは「広葉樹」に成っているので、木を揺すれば入手できます。 木を叩く(ウッディなたまご) ウッディなたまごは木をオノで叩くと入手できます。 岩を叩く(いわのたまご) いわのたまごは白い岩をスコップやオノで叩くと出現することがあります。 水場で釣る(サカナのたまご) サカナのたまごは釣りで入手できます。 地面を掘る(じめんのたまご) じめんのたまごは地面に物が埋まっている印のある場所を「スコップ」で掘ると入手できます。 風船を落とす(そらとぶたまご) そらとぶたまごはカラフルな風船を「パチンコ」で撃ち落とすことで入手できます。 たまごを効率よく集める方法 ぴょんたろうに交換してもらう イースター当日(4月12日)になると、ぴょんたろうに たまご3つと別のたまご1つを交換してもらえます。 はっぱのたまご、ウッディなたまごなど、集めやすいたまごを多めに集めて、不足しているたまごと交換してもらうと効率よく集まります。 マイル旅行の離島で集める そらとぶたまご以外はマイル旅行券で行ける離島でも入手できます。 マイル旅行券さえあれば1日何回でも行けるので、自分の島で足りない場合は離島でたまごを集めましょう。 隠されたDIYレシピの見つけ方 たまごのメッセージボトル 浜辺に流れ着いているカラフルなメッセージボトルから、イースター家具のDIYレシピが入手できます。 風船 カラフルな風船をパチンコで撃ち落とすと、イースター家具のDIYレシピが入手できることがあります。 (そらとぶたまごの場合もあります) 住民と話す 住民に呼び止められた時に話すと、イースターアイテムのDIYレシピがもらえることがあります。 10~20個前後) はっぱのたまごx2 はっぱのたまごのふく [DIYレシピ] はっぱのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) はっぱのたまごx3 はっぱのたまごのくつ [DIYレシピ] はっぱのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) はっぱのたまごx2 じめんのたまごのから [DIYレシピ] じめんのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) じめんのたまごx2 じめんのたまごのふく [DIYレシピ] じめんのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) じめんのたまごx3 じめんのたまごのくつ [DIYレシピ] じめんのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) じめんのたまごx2 いわのたまごのから [DIYレシピ] いわのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) いわのたまごx2 いわのたまごのふく [DIYレシピ] いわのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) いわのたまごx3 いわのたまごのくつ [DIYレシピ] いわのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) いわのたまごx2 ウッディなたまごのから [DIYレシピ] ウッディなたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) ウッディなたまごx2 ウッディなたまごのふく [DIYレシピ] ウッディなたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) ウッディなたまごx3 ウッディなたまごのくつ [DIYレシピ] ウッディなたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) ウッディなたまごx2 サカナのたまごのから [DIYレシピ] サカナのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) サカナのたまごx2 サカナのたまごのふく [DIYレシピ] サカナのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) サカナのたまごx3 サカナのたまごのくつ [DIYレシピ] サカナのたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) サカナのたまごx2 そらとぶたまごのから [DIYレシピ] そらとぶたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) そらとぶたまごx2 そらとぶたまごのふく [DIYレシピ] そらとぶたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) そらとぶたまごx3 そらとぶたまごのくつ [DIYレシピ] そらとぶたまごを一定個数集める (ひらめく個数は人によって差がある。 10~20個前後) そらとぶたまごx2 たまごのパーティーハット [DIYレシピ] 6種類のたまごレシピをすべて習得 じめんのたまごx2、いわのたまごx2、はっぱのたまごx2、ウッディなたまごx2、そらとぶたまごx2、サカナのたまごx2 たまごのパーティーワンピ [DIYレシピ] 6種類のたまごレシピをすべて習得 じめんのたまごx3、いわのたまごx3、はっぱのたまごx3、ウッディなたまごx3、そらとぶたまごx3、サカナのたまごx3 イースターなバスケット 4月12日に6種類のたまごと交換 全種類の作成に必要なたまご数 地 岩 葉 樹 空 魚 イースターなスツール 3 イースターなテーブル 4 イースターなクロゼット 4 イースターなドレッサー 4 イースターなベッド 1 1 1 1 1 1 イースターなランプ 4 イースターなバルーンA 1 1 1 イースターなバルーンB 1 1 1 イースターなアーチ 2 2 2 2 2 2 イースターなウォールクロック 3 イースターなライトガーランド 1 1 1 1 1 1 イースターなリース 1 1 1 1 1 1 イースターなかべがみ 2 2 2 2 2 2 イースターなゆか 2 2 2 2 2 2 イースターなラグ 1 1 1 1 1 1 イースターなかんむり 1 1 1 1 1 1 イースターなバッグ 1 1 1 1 1 1 イースターなさく 1 1 1 1 1 1 ぴょんたろうのおきあがりこぼし 4 4 4 4 4 4 じめんのたまごのから 2 じめんのたまごのふく 3 じめんのたまごのくつ 2 いわのたまごのから 2 いわのたまごのふく 3 いわのたまごのくつ 2 はっぱのたまごのから 2 はっぱのたまごのふく 3 はっぱのたまごのくつ 2 ウッディなたまごのから 2 ウッディなたまごのふく 3 ウッディなたまごのくつ 2 そらとぶたまごのから 2 そらとぶたまごのふく 3 そらとぶたまごのくつ 2 サカナのたまごのから 2 サカナのたまごのふく 3 サカナのたまごのくつ 2 たまごのパーティーハット 2 2 2 2 2 2 たまごのパーティーワンピ 3 3 3 3 3 3 合計 x34 x34 x34 x34 x33 x33.

次の