虫歯 自力 で 治す。 自分で虫歯を治す方法。自力で虫歯を治した歯医者にいきたくない

歯医者にダマされて はいけない 「削る」「抜く」はもはや時代遅れ 虫歯・入れ歯の常識はこんなに変わっていた(週刊現代)

虫歯 自力 で 治す

> 治療について > 虫歯を治す できるだけ抜かない、削らない治療 虫歯の痛みのあるときだけでなく、歯が黒ずんでいる、掛けてしまった、穴が開いてしまったといった歯の異常を見つけたら、お気軽にご相談ください。 当院では虫歯になる前段階での予防診療(虫歯予防プログラム)に力を入れていますが、虫歯になってしまった場合でも、歯をできるだけ保存していくために極力抜歯を行わない、できるだけ削らない治療を心がけています。 虫歯の治療の場合、発見が早いほど治療回数や治療にかかる期間が少なくなる傾向にありますので、早期発見、早期治療を目指しましょう。 ウィスタリア歯科クリニックでは、定期的な歯の検診をおすすめするだけでなく、虫歯になりにくいお口を目指した虫歯予防プログラムのご利用をお薦めしています。 虫歯の進行度と治療方法 虫歯の進行度 Stage. 6 根尖病巣 根幹治療やインプラント治療の必要がある場合がある。 虫歯にはいろいろな進行度があります。 それによって治療も変わってきます。 虫歯も、症状が進行するほど、治療にかかる時間や費用、抜歯などの身体的な負担が増えていきます。 お口の中を鏡でのぞいてみて、ご自分の歯や、お子様の歯に異常を見つけたら、早い段階で歯科医にご相談ください。 虫歯治療の負担を減らし、いつまでも自分の歯で生活するためにも、早期の治療を心がけることが重要です。 虫歯の治療方法 一般的な治療 虫歯の治療の際には、その進行度合いなどにもよりますが、一般的に次のような流れでの治療となります。 まず、レントゲン等を使った検査と診断を行います。 その後、虫歯になってることが確認できた歯に対し、罹患している部分をすべて削り取った上で、罹患していた部分の大きさや、かみ合わせの状態によって、詰め物(インレー)や、被せ物(クラウン)を行います。 詰め物(インレー)や、被せ物(クラウン)の素材には、保険適応の金属やコンポジットレジン以外にも、保険適応外ではありますが、見た目や強度等の面でも扱っています。 また、虫歯の進行度合いによっては、神経を抜く必要がある場合や、抜歯が必要な場合、削る際に麻酔が必要な場合も有ります。 こういった治療を行う場合、身体的な負担も増えますので、できるだけ初期段階での虫歯の発見と治療、できれば、むし歯予防を心がけていただくことが重要となります。 虫歯の予防と検診 一旦むし歯になると、痛みや違和感に襲われるだけでなく、精神的、身体的、金銭的、時間的にも負担が発生してきます。 また知覚できる症状は突発的(気づかないだけで徐々に徐々に進行しているのですが)に発生することもあり、予想外の事態に大事な予定の変更を余儀なくされるなどという事もあるかもしれません。 そういったリスクを避けるためにも、虫歯予防と定期的な検診を習慣づけていただければと考えます。 虫歯予防プログラム 当院では検診だけでなく、を実施しています。 甘いものをよく食べ、歯磨きも適当なのに余り虫歯になったことが無いといった方のお話を聞いた事はありませんか?「キチンと歯磨きをしているのによく虫歯になる。 」「甘いものは控えていたのに検診で虫歯が見つかった。 」という方は必見の虫歯になりやすい方を虫歯になりにくい方にかえるためのプログラムです。 各種検査や治療についてのご相談 そのほかにも、虫歯が無いかの確認や「歯周病菌検査」なども行っていますので、お口の中のことで気になる事が有りましたら、遠慮なくご相談ください。 以前は治療が難しかったものも、新しい治療法や、新しく開発された材料によって現在なら治療可能なケースも有るかと思います。 いつまでも自分だけで悩んでいるよりも、専門家に相談して適切な治療を受けてみてはいかがでしょうか。 小児歯科への取り組み 小さなお子様でも安心して治療を受けられる環境づくり 生え初めの歯は大変柔らかく虫歯になりやすい状態です。 まだ自分では上手く歯を磨けず、自覚症状も無いので乳歯が深刻な虫歯になってしまうことがあります。 子供の虫歯は進行が早いので特に注意が必要です。 永久歯が生え揃う前でもお子様の歯が生え初めの頃から、定期的な検診をお奨めしています。 お口の中のプラークをコントロールをすることで、ずっと先の将来まで健康な歯で過ごすことができるようになります。 当院ではこれまでたくさんのお子様の歯を診療してきました。 幼少期の歯科での嫌な思い出が元で成人してからも歯医者は苦手だという方は多くいらっしゃいます。 当院ではお子様とのコミュニケーションに特に気を配り、怖くない、苦手にならないように安心して受けられる治療を心がけています。 その為お子様によっては治療開始まで歯科自体に慣れて頂く練習期間を設ける場合があります。 お子様が協力的に歯科治療に取り組む事は安全な治療を提供する上でも重要であると考えているからです。 その為に数回お越し頂く回数が増えてしまう事をご了承の上ご協力お願いいたします。 キッズスペースの完備 当院ではキッズスペースを完備しております。 お子様連れで来院いただいても安心して治療をうけていただけます。 なかなか歯医者に通う時間が取れないとお悩みへ環境を整えております。 お子様の歯を守る虫歯予防 シーラント シーラントは奥歯のかみあわせの部分の溝にプラスチックを埋め込み、その部分を虫歯予防するという方法です。 性質上、子供の第一大臼歯に施されることが多く、これは、第一大臼歯が6歳頃には生え始め、その時期のお子様が自分では満足のゆくケアができずに虫歯になってしまう事が多い為、その予防の為に行われているからです。 生え始めの歯はエナメル質が弱く虫歯になりやすい傾向にあります。 きちんと自分でケアができればよいのですが歯ブラシだけではなかなかケアしきれない部分もあるかと思います。 こういった理由からもシーラントはおすすめです。 シーラントは保険適用となり、東京都内在住の方は、中学3年3月末まで 負担金なしで治療していただけます。 注意点 リスク : 虫歯予防の効果が期待できるのは、あくまでもシーラント処理を施された部分のみになります。 シーラント処理を行ったからと言ってもケアをおこたれば他の部分から虫歯になる事はあります。 何らかの原因でシーラントがはがれる事も有ります。 万が一はがれた際にはその部分から虫歯になってしまう可能性が有りますので、追加してゆく必要があります。 定期的な健診をおすすめします。 歯科の訪問診療.

次の

自力で虫歯治す方法ありますか?

虫歯 自力 で 治す

歯磨きを毎日欠かさず、「日課」として行っている人はとても多いですよね。 虫歯になるのは嫌ですし、歯磨きを怠ると口臭が発生する原因になるなど、お口のトラブルが起こりやすくなります。 そんな歯磨きをしていても、虫歯になってしまうケースは多いものです。 そこで、「虫歯は歯磨きをすれば治るの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。 この記事では、 歯磨きで治る虫歯と治らない虫歯を理解しつつ、虫歯の治療に効果的な歯磨きの仕方を紹介していきます。 1.歯磨きで治る虫歯と治らない虫歯の違いとは? 虫歯ができたら歯科を受診して、麻酔をかけられて歯を削り取られて…。 この工程を思い描くだけで歯科への足が遠のいてしまい、 治療するのが億劫になりますね。 できれば毎日の歯磨きで虫歯を治したいと思ってしまいますが、果たして可能なのでしょうか? 実は歯磨きで虫歯が治るには、「条件」があります。 スポンサーリンク その条件とういのは、 ごく初期の虫歯(C0)です。 ごく初期の虫歯は、歯に黒い点のようなものがなく、痛みなどの自覚症状もない状態を指します。 自分で見分けるのが難しい程度の虫歯ですが、この虫歯であれば歯磨きをすることで自然治癒が可能です。 それ以上の虫歯になると、 特に進行中の虫歯は歯磨きで治療はできません。 痛みを感じるなら猶更ですから、必ず歯科を受診してしかるべき処置を受けましょう。 2.歯磨きで虫歯を治療する方法 ごく初期の虫歯(C0)であれば、歯磨きで虫歯の治療が可能だと前章で分かりました。 虫歯菌が増殖すると少しずつエナメル質を溶かしていくので、 毎日口内を清潔に保っておく必要があるのです。 それには「その日に付着した歯垢は、その日に落とす」を徹底し、いつもキレイな状態を作るようにします。 スポンサーリンク そのため、正しい歯磨きの仕方を身に付けるのは必須と言えるでしょう。 正しい歯磨きの仕方は個人差があるので、自己流ではなく 歯科衛生士に相談するなどして覚えてください。 歯磨きの時間は寝る前を15分と長めにし、食後は3分程度で十分です。 エナメル質が少し溶けている初期の虫歯は、フッ素入りの歯磨き粉を使用することで再石灰化の効果でエナメル質が再コーティングされるのです。 すると少し溶けていたエナメル質が固まるので、内部にいた虫歯菌は死滅しそれから先に進行できなくなります。 つまり虫歯の進行が止まり、 自然治癒が成功するのです。 市販されているほとんどの歯磨き粉には、フッ素が配合されていますが、歯科医から紹介してもらうフッ素入りの歯磨き粉が特にオススメとされています。 配合されているフッ素量が、歯科医から購入できる歯磨き粉のほうが多いので、自然治癒を目指すならこちらを使用しましょう。 歯磨きでは完全に歯垢や汚れを取り除くことはできないので、デンタルフロスなどを使って磨き残しを丁寧に取ります。 また キシリトールガムも効果的。 キシリトールは唾液の分泌を促すのと同時に、歯と同じ成分と言われている「リン酸カルシウム」が配合されています。 つまり歯の再石灰化を促進する効果が期待できるので、 歯磨きをする前にキシリトールガムを噛み、それから歯磨きをすると効果的でしょう。 3.歯磨きで虫歯を治す際の注意点 歯磨きで虫歯を治す際の注意点として、「 歯の磨きすぎ」には注意してください。 正しく歯磨きをするなら、歯を傷付けるほど力強くゴシゴシと擦ることはないでしょうが、自己流で磨いていると力を入れすぎる傾向があります。 強く磨くと、「歯磨きをした!」という感覚が強くなりスッキリした気持ちになりますが、 力強く磨けば歯垢が取れる訳ではありません。 逆に傷付いたところに溝が生じ、食べかすや歯垢がその溝に入り込みやすくなり、虫歯になるリスクを高めてしまいます。 これでは 歯磨きで虫歯になるリスクを高めているだけなので、磨きすぎには要注意。 また重曹を使って歯磨きをするのも効果がありますが、毎日続けていると研磨作用によって歯のエナメル質に傷がついてしまうでしょう。 使う際は、一週間に一度ぐらいで十分です。 まとめ ここでは、歯磨きで治る虫歯と治らない虫歯を理解しつつ、虫歯の治療に効果的な歯磨きの仕方などについて、紹介していきました。 ごく初期の虫歯であれば、 正しく歯磨きを用いれば自然治癒させることが可能です。 ただし進行している虫歯に関しては、歯磨きでどうにかできるレベルではないので、すぐに歯科を受診して処置してもらいましょう。

次の

虫歯を自分で治す方法はありますか?

虫歯 自力 で 治す

また、40代以降は、虫歯や歯周病が急速に悪化しやすい。 これは、歯の表面や舌などにこびりつくプラーク 細菌の温床となる食べ残し を洗い流す唾液の分泌量が、加齢とともに少なくなるからだ。 神経を抜くのは時代遅れ また、歯が健康であることが、寿命をも左右することがわかってきた。 ある調査によれば、80代以上で自分の歯が10本以上残っているか否かで、前者のグループは、その後15年間の生存率が、男性の場合は約2倍、女性の場合は約1・5倍も高くなるという結果が得られた。 中高年こそ、虫歯・歯周病対策に力を入れ、できる限り自分の歯を残していかなければならない世代と言えるだろう。 「削る」や、「神経を抜く」「歯を抜く」というのが、これまでのスタンダードな歯科治療だった。 その上で、歯を失ってしまった場合に行われるのが、次頁の表1で紹介している「入れ歯・差し歯・ブリッジ・インプラント」である。 歯を失ってしまった場合は、確かにこれらは最適な治療法だ。 だが、虫歯があっても、できるかぎり自分の歯を温存する—これが、歯科治療の新常識になってきている。 「6年ほど前までは、虫歯に対する厚生労働省の考え方は『虫歯は全て取り除き、そこから治療を考える』というものでした。 でも今は、『場合によっては神経を残し、無菌化して治す』という治療法に変わってきたのです」 こう語るのは、鶴見大学歯学部保存修復学講座教授の桃井保子医師だ。 厚労省の方針が変わったのには、歯の「自衛」の仕組みが、歯科治療をする上で重大だということが見直されてきたからだという。 「歯の中には神経のほかに、血管やたくさんの細胞が詰まった歯髄という組織があります。 この歯髄は、虫歯も含めていろいろな刺激から歯を防御しています。 歯髄の細胞が残っていると、虫歯ができても歯の組織を変化させ、虫歯にならないように守ったり、修復する働きをする。 自力でカルシウムなどを患部に詰め、菌が外から入らないようにすることができるのです。 しかし、歯が死んでしまうと、そうした働きは失われてしまいます。 そのため、虫歯は進行する一方になるのです。 また、歯髄があることによって、歯に水分が供給されます。 弾力性のある、割れにくく、欠けにくい歯であり続けるためには、この水分の供給が必要です。 ところが、神経を抜いてしまうと、それも失われるのです」 削らないでも治ります 神経を抜くことには、ほかのリスクもある。 桃井医師が続ける。

次の