ダイエット 太もも お腹。 太ももの痩せ方|短期間で太ももを細くする簡単ダイエットメニューを解説!

1日5分でお腹、お尻、太ももまで一気に鍛えられる! 1ポーズ筋トレ【ヒップリフト】

ダイエット 太もも お腹

「最近、ポッコリお腹が気になる」「下腹が出てきている気がする」「昔履けてたズボンのファスナーが上がらない」・・・。 なんてお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか? これからの季節、できるだけ早くポッコリお腹とさよならしたい方も多いはず! 今回は、そんな下腹問題を解決するためにおすすめの方法をご紹介します。 [1]下腹がポッコリしてしまう5大原因とは 下腹とは主におへそから下の部分のお腹のことを指します。 ポッコリお腹を解消するためには、まずはそうなってしまった原因を知る必要があります。 ここでは、「ポッコリお腹」の原因となる5大原因についてご説明します。 皮下脂肪は食べ過ぎや運動不足により、お腹周りや太もも、お尻などに徐々に蓄積されていく脂肪です。 一度蓄積してしまうとなかなか落とすのが大変な脂肪でもあります。 内臓脂肪は偏った食事や運動不足により、お腹の中で内臓を支えている腸間膜と呼ばれるあたりに蓄積してしまう脂肪です。 皮下脂肪に比べると蓄積しやすく落としやすい脂肪ではありますが、外からは分かりずらく、痩せているけど内臓脂肪が多くお腹が出ている「隠れ内臓脂肪肥満」という方も意外と多いと言われています。 そのため、お腹周りのインナーマッスルが衰えてしまうと内臓をしっかりと支えることができなくなることで、 内臓の位置が下がり、ぽっこりお腹の原因となってしまいます。 また、猫背になると腰が前に出てしまい、お腹が突き出る格好になりがちです。 姿勢の悪さも、骨盤のゆがみや内臓の下垂を引き起こす原因の1つなので注意が必要です。 ぽっこりお腹の原因が 内臓の下垂の場合は、いくら脂肪を減らしてもそれが解消することはありません。 食生活の乱れや不規則な生活が続くと、「腸内環境が悪化して腸の中が汚れる」、「老廃物が蓄積して悪玉菌が増える」ということが起こります。 腸内環境の悪化により便秘になり、血流も悪くなることで、むくみやポッコリお腹を引き起こしてしまうのです。 お腹周りが冷えると、お腹を守ろうという機能が働き、周りに脂肪が蓄積しやすくなります。 また、むくみが起きている時は体の中の循環や代謝が悪くなっているため、老廃物や脂肪が蓄積しやすい状態になっていることも、ぽっこりお腹の原因の1つです。 その下がった臓器が骨盤の中へ入ってしまうと、下腹が出てしまう原因になります。 [2]下腹ダイエットとは 「くびれはあるのにおへそから下の部分がポッコリ出ている状態」を解消するためのダイエット方法になります。 このポッコリお腹を解消するためには、腹筋ではなく インナーマッスルを鍛えてあげることが必要になります。 [3]下腹ダイエットに効果的な筋トレって? 「お腹の周りの筋肉=腹筋」に は腹直筋や腹斜筋、腹横筋の3種類あります。 ポッコリお腹の解消のためにはこの3種類の筋肉の1つである 腹横筋を鍛えることが効果的だと言われています。 この筋肉は内臓を支えている筋肉なので、鍛えてあげることでぽこっりお腹の解消を期待できます。 (この時、お腹はへこませて、胸を膨らませるようにします。 (息を吐く時にはさらにお腹をへこます感じで吐いてください。 この方法は、座った状態や立った状態、仰向けに寝転んだ状態などお好みの姿勢で行うことが可能です。 呼吸の仕方が慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、お腹に意識を集中させて、へこませた状態でキツイと感じる時間プラス3秒我慢して息を吐き出すことをイメージして行ってみてください。 可能であれば持ち上げた状態で1,2秒キープしてください。 足は床につくまでおろすのではなくスタート時のかかとを数センチ床から離した状態までにしてください。 この動きを1回につき10回それを1日3セットくらい行うことをおすすめします。 体を一直線に保つことを意識しながら、繰り返しこの動きを行ってみてください。 姿勢を保ち、自分の体重を支えることを腹横筋が鍛えられて下腹を引き締める効果を期待できます。 [4]下腹ダイエットに効果的な運動とは? 他にも下腹ダイエットに効果的な運動はいくつかあります。 メインは筋トレですが、余裕があればこちらを試してみても良いでしょう。 また、筋トレがなかなか続かないという方もまずは手軽に行えるこちらの運動から試してみるのも良いかもしれません。 そして、息を吐きながら、対角線上のひざとひじを近づけ、お腹をひねります。 これを繰り返し行います。 その姿勢を保ちながら、自転車をこぐ動作を繰り返します。 逆回転も行います。 [5]下腹ダイエットの食事のポイントとは 下腹ダイエットには運動がとても有効ですが、同時に食事にも気をつけることでより効果を得やすくなります。 特に、脂肪の蓄積や便秘が原因でポッコリお腹になっている場合には、食事を改善することが必須です。 とはいえ、過剰な食事制限をする必要はありません。 現在のご自身の食生活を見直しながら、まずはできることから改善していってください。 おやつや食後のデザートの多くは カロリーが高く、糖質や脂質がたっぷり含まれているものがほとんどですが、残念ながら栄養素として必要なものはほとんど含まれていません。 下腹を引っ込めたいのであれば、まずはおやつや食後のデザートをやめまてみましょう。 また、野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘改善にの効果もあり、ぽっこりお腹の改善にもつながります。 たんぱく質は筋肉をはじめとする体の組織を作るために必要な栄養素であり、また、敬遠されがちな糖質や脂質も、生きていく上で必要なエネルギー源として利用される大切な栄養素になります。 どちらも過剰に摂りすぎることはよくありませんが、逆に過剰に制限することも体にとってはよくありません。 野菜たっぷりの 和食を基本としたメニューを食べることをおすすめします。 [6]間違えやすい下腹ダイエットとは 下腹ダイエットにはさまざまな方法があります。 たくさんの方法の中には間違った下腹ダイエット方法があり、きちんとした効果を得るためには、正しい方法で行うことがとても大切です。 そこで、今回は気をつけてもらいたい下腹ダイエットについてご紹介します。 腹筋は自己流で行われることも多いので、行う場合には、鍛えたい場所に適した正しいやり方で行わないと効果を得ることはできません。 腹筋同様、どこの筋肉に作用しているのかを考えながら、正しい方法で行うことが大切です。 もんだり、マッサージすることで細くなったという話を聞くこともありますが、それは脂肪が減ったわけではありません。 ほとんどがむくみの解消によるものです。 むくみの解消は下腹ポッコリの解消にもつながりますが、直接的にはお腹をもむことで下腹ポッコリの解消にはつながらないことを知っておきましょう。 骨盤の歪みを矯正することは悪いことではありませんが、骨盤を矯正したところで、直接下腹に作用し急激に痩せるということはないので注意が必要です。 お腹が冷えると内臓機能が低下し、体の冷えやむくみを引き起こしてしまうため、お腹を温め全身の血液の流れを良くすることで、老廃物や余分な水分の排出を促すことは健康な体作りという面ではとても大切なことです。 しかし、ポッコリお腹の解消という面では、あまり効果を得ることはできません。 [7]正しい下腹ダイエットを取り入れて、健康的で美しいお腹周りをゲットしよう 誰もが気になるポッコリお腹。 下腹ダイエットできちんとした効果を得るためには、まずは正しい方法を知り、継続することが大切です。 自分に合った正しい方法を見つけて、まずは毎日コツコツできることから始めてみましょう。 毎日続けることできっと少しずつ効果を実感することができるはずです。 取り組む際にはぜひ、食事と運動の両方をバランスよく取り入れてみてくださいね! 無理なく続けて、健康的で美しいお腹周りを手に入れましょう。

次の

下半身ダイエットに毎日5回【太もも&お腹ほっそり】が一気に叶う簡単習慣 (2020年6月18日)

ダイエット 太もも お腹

「最近、ポッコリお腹が気になる」「下腹が出てきている気がする」「昔履けてたズボンのファスナーが上がらない」・・・。 なんてお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか? これからの季節、できるだけ早くポッコリお腹とさよならしたい方も多いはず! 今回は、そんな下腹問題を解決するためにおすすめの方法をご紹介します。 [1]下腹がポッコリしてしまう5大原因とは 下腹とは主におへそから下の部分のお腹のことを指します。 ポッコリお腹を解消するためには、まずはそうなってしまった原因を知る必要があります。 ここでは、「ポッコリお腹」の原因となる5大原因についてご説明します。 皮下脂肪は食べ過ぎや運動不足により、お腹周りや太もも、お尻などに徐々に蓄積されていく脂肪です。 一度蓄積してしまうとなかなか落とすのが大変な脂肪でもあります。 内臓脂肪は偏った食事や運動不足により、お腹の中で内臓を支えている腸間膜と呼ばれるあたりに蓄積してしまう脂肪です。 皮下脂肪に比べると蓄積しやすく落としやすい脂肪ではありますが、外からは分かりずらく、痩せているけど内臓脂肪が多くお腹が出ている「隠れ内臓脂肪肥満」という方も意外と多いと言われています。 そのため、お腹周りのインナーマッスルが衰えてしまうと内臓をしっかりと支えることができなくなることで、 内臓の位置が下がり、ぽっこりお腹の原因となってしまいます。 また、猫背になると腰が前に出てしまい、お腹が突き出る格好になりがちです。 姿勢の悪さも、骨盤のゆがみや内臓の下垂を引き起こす原因の1つなので注意が必要です。 ぽっこりお腹の原因が 内臓の下垂の場合は、いくら脂肪を減らしてもそれが解消することはありません。 食生活の乱れや不規則な生活が続くと、「腸内環境が悪化して腸の中が汚れる」、「老廃物が蓄積して悪玉菌が増える」ということが起こります。 腸内環境の悪化により便秘になり、血流も悪くなることで、むくみやポッコリお腹を引き起こしてしまうのです。 お腹周りが冷えると、お腹を守ろうという機能が働き、周りに脂肪が蓄積しやすくなります。 また、むくみが起きている時は体の中の循環や代謝が悪くなっているため、老廃物や脂肪が蓄積しやすい状態になっていることも、ぽっこりお腹の原因の1つです。 その下がった臓器が骨盤の中へ入ってしまうと、下腹が出てしまう原因になります。 [2]下腹ダイエットとは 「くびれはあるのにおへそから下の部分がポッコリ出ている状態」を解消するためのダイエット方法になります。 このポッコリお腹を解消するためには、腹筋ではなく インナーマッスルを鍛えてあげることが必要になります。 [3]下腹ダイエットに効果的な筋トレって? 「お腹の周りの筋肉=腹筋」に は腹直筋や腹斜筋、腹横筋の3種類あります。 ポッコリお腹の解消のためにはこの3種類の筋肉の1つである 腹横筋を鍛えることが効果的だと言われています。 この筋肉は内臓を支えている筋肉なので、鍛えてあげることでぽこっりお腹の解消を期待できます。 (この時、お腹はへこませて、胸を膨らませるようにします。 (息を吐く時にはさらにお腹をへこます感じで吐いてください。 この方法は、座った状態や立った状態、仰向けに寝転んだ状態などお好みの姿勢で行うことが可能です。 呼吸の仕方が慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、お腹に意識を集中させて、へこませた状態でキツイと感じる時間プラス3秒我慢して息を吐き出すことをイメージして行ってみてください。 可能であれば持ち上げた状態で1,2秒キープしてください。 足は床につくまでおろすのではなくスタート時のかかとを数センチ床から離した状態までにしてください。 この動きを1回につき10回それを1日3セットくらい行うことをおすすめします。 体を一直線に保つことを意識しながら、繰り返しこの動きを行ってみてください。 姿勢を保ち、自分の体重を支えることを腹横筋が鍛えられて下腹を引き締める効果を期待できます。 [4]下腹ダイエットに効果的な運動とは? 他にも下腹ダイエットに効果的な運動はいくつかあります。 メインは筋トレですが、余裕があればこちらを試してみても良いでしょう。 また、筋トレがなかなか続かないという方もまずは手軽に行えるこちらの運動から試してみるのも良いかもしれません。 そして、息を吐きながら、対角線上のひざとひじを近づけ、お腹をひねります。 これを繰り返し行います。 その姿勢を保ちながら、自転車をこぐ動作を繰り返します。 逆回転も行います。 [5]下腹ダイエットの食事のポイントとは 下腹ダイエットには運動がとても有効ですが、同時に食事にも気をつけることでより効果を得やすくなります。 特に、脂肪の蓄積や便秘が原因でポッコリお腹になっている場合には、食事を改善することが必須です。 とはいえ、過剰な食事制限をする必要はありません。 現在のご自身の食生活を見直しながら、まずはできることから改善していってください。 おやつや食後のデザートの多くは カロリーが高く、糖質や脂質がたっぷり含まれているものがほとんどですが、残念ながら栄養素として必要なものはほとんど含まれていません。 下腹を引っ込めたいのであれば、まずはおやつや食後のデザートをやめまてみましょう。 また、野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘改善にの効果もあり、ぽっこりお腹の改善にもつながります。 たんぱく質は筋肉をはじめとする体の組織を作るために必要な栄養素であり、また、敬遠されがちな糖質や脂質も、生きていく上で必要なエネルギー源として利用される大切な栄養素になります。 どちらも過剰に摂りすぎることはよくありませんが、逆に過剰に制限することも体にとってはよくありません。 野菜たっぷりの 和食を基本としたメニューを食べることをおすすめします。 [6]間違えやすい下腹ダイエットとは 下腹ダイエットにはさまざまな方法があります。 たくさんの方法の中には間違った下腹ダイエット方法があり、きちんとした効果を得るためには、正しい方法で行うことがとても大切です。 そこで、今回は気をつけてもらいたい下腹ダイエットについてご紹介します。 腹筋は自己流で行われることも多いので、行う場合には、鍛えたい場所に適した正しいやり方で行わないと効果を得ることはできません。 腹筋同様、どこの筋肉に作用しているのかを考えながら、正しい方法で行うことが大切です。 もんだり、マッサージすることで細くなったという話を聞くこともありますが、それは脂肪が減ったわけではありません。 ほとんどがむくみの解消によるものです。 むくみの解消は下腹ポッコリの解消にもつながりますが、直接的にはお腹をもむことで下腹ポッコリの解消にはつながらないことを知っておきましょう。 骨盤の歪みを矯正することは悪いことではありませんが、骨盤を矯正したところで、直接下腹に作用し急激に痩せるということはないので注意が必要です。 お腹が冷えると内臓機能が低下し、体の冷えやむくみを引き起こしてしまうため、お腹を温め全身の血液の流れを良くすることで、老廃物や余分な水分の排出を促すことは健康な体作りという面ではとても大切なことです。 しかし、ポッコリお腹の解消という面では、あまり効果を得ることはできません。 [7]正しい下腹ダイエットを取り入れて、健康的で美しいお腹周りをゲットしよう 誰もが気になるポッコリお腹。 下腹ダイエットできちんとした効果を得るためには、まずは正しい方法を知り、継続することが大切です。 自分に合った正しい方法を見つけて、まずは毎日コツコツできることから始めてみましょう。 毎日続けることできっと少しずつ効果を実感することができるはずです。 取り組む際にはぜひ、食事と運動の両方をバランスよく取り入れてみてくださいね! 無理なく続けて、健康的で美しいお腹周りを手に入れましょう。

次の

本当に効果があった「ながらダイエット」方法11選!お腹・太もも・お尻に

ダイエット 太もも お腹

減量には成功したのに、お腹と太ももの脂肪が気になるなんて人も多いのでは?全体的に細くなったからこそ、余計にお腹と太ももの脂肪をなんとかしたいですよね。 「スラリ」編集長ほそみんこと、私細見すらりも、初めは全体的なダイエットをすれば、自ずとお腹や脚も細くなるだろうと思っていた時期がありました。 でも、痩せにくいパーツと言われるお腹と太ももは、経験からただダイエットするだけでは細くならないことが分かったんです。 だからと言って、お腹と太もものダイエットを諦める必要はありません!確かにお腹と太ももは痩せにくいパーツですが、 正しい方法で努力を続ければ、確実に細くなるんです。 今回は、 お腹や太もものダイエットを成功に導く食事法と運動法をほそみんが徹底解説しちゃいます!本気でお腹と太ももダイエットを成功させたい人必見ですよ。 このうち、 お腹につきやすいのが内臓脂肪です。 内臓脂肪は、 その場所から代謝が活発だという特徴があるので、 脂肪がつきやすく落としやすい傾向があります。 でも、正しい方法でダイエットしなければ、脂肪がつきやすい場所だけに、なかなか痩せないだけでなく、余計に脂肪がついてしまうなんてことにもなりかねないんです。 皮下脂肪は、お腹を中心とした太ももやヒップにつきやすい脂肪で、洋ナシのように下半身がどっしりしてしまうという特徴があります。 この皮下脂肪は、先で少し触れたとおり、 いざというときのエネルギー源として備蓄されている脂肪なので、 一度ついてしまうとなかなか落とせないという大きな特徴があるんです。 スタイルを崩す原因ともなる皮下脂肪は、まさに女性にとってやっかいな脂肪と言えるでしょう。 だからこそ、食事制限や筋トレでダイエットに励んでいる人も少なくないですよね。 確かに、食べ過ぎや運動不足は肥満に直結するので、これらが原因で脂肪がついてしまった場合には、食事制限や筋トレで痩せることができますが、 食事や筋トレをしても思うように痩せないという場合には、 毎日の生活習慣や日ごろ何気なくしている動作が原因かもしれませんよ。 気がつくと脚を組んでいる• 立っているときはいつも同じ脚に重心をかける• 重いものを持つとき、いつも同じ方の手で持つ• 片側の歯だけを使って噛む• 鞄をいつも同じ肩にかける• 無意識に頬杖をつく• いつも同じ席でテレビを観ながらご飯を食べる• 骨盤が歪むと、 それにともない内臓の位置に乱れが生じ、太ったように見えてしまうんです。 さらに、 骨盤が歪むことで姿勢が悪くなり、血流にも悪影響が出ます。 これにより、 代謝が低下して、脂肪が蓄積しやすい体質になってしまうんです。 まずはお腹痩せに効果のあるダイエット法の中から、運動に関する項目をご紹介していきますよ。 ウエストひねりで体を伸ばし、 血流を改善して脂肪燃焼効果をアップさせましょう。 これを1日に2~3セット行うと効果的です。 さらに効果を高めたいという人は、寝る前にベッドの上でできるエクササイズをプラスしてみて。 このときのポイントは 上半身を動かさないことと、 息を止めないことのふたつ。 慣れたら徐々に回数を増やしてくださいね。 後ろに傾いた骨盤の歪みにも役立つほか、猫背の改善や基礎代謝アップにもつながるので、クランチで腹直筋を鍛えましょう。 慣れないうちは回数を減らしてもOK。 両手を耳元に添えると、効果がアップします。 慣れてきたら試してみてくださいね。 腹直筋下部を鍛えるクランチ ぽっこりとした下腹を解消するには、腹直筋の下部を鍛えるのが効果的です。 下腹部の力だけで腰を浮かせることを意識するのがコツです。 2~4の動作を10~15回で1セットですが、慣れないうちは1セットの回数を減らして挑戦しましょう。 慣れないうちは5回から、慣れてきたら少しずつ回数を増やしていきましょう。 ここでのポイントは、 伸ばした脚が 床と平行になることと、 頭や脚を少しだけ浮かせた状態で行うことです。 難しいテクニックを必要としないので、誰でも簡単に始められますよ。 両脚を下ろしたときに床につけないことがポイントです。 慣れてきたら回数とセット数を徐々に増やしていきましょう。 飲みやすくするために、牛乳や豆乳、ヨーグルト、はちみつなどを使うこともありますが、ダイエットの場合は、 水で割るのが基本!青臭さや葉野菜の苦みが気になる人は 野菜とフルーツの比率が4:6になるように作ってみて。 慣れてきたら少しずつ葉野菜の比率を上げていきましょう。 効率の良い取り入れ方のポイント• ファスティングにはさまざまな種類があり、その種類によって、水、酵素ドリンク、野菜スープなど断食期間に口にしても良いものが異なります。 その中から今回は 、酵素ドリンクを取り入れたファスティングをご紹介します。 デトックス効果もあるので美容効果が期待できるのも嬉しいポイント! ファスティングは、ただ一定期間何も食べないようにすることではありません!正しい方法で行わないと、 リバウンドのリスクが高まるだけでなく、健康そのものも脅かされてしまうことがあるので、 正しい方法を把握した上で実践しましょう。 それがこの準備期間。 3日間ファスティングするなら3日、1日ファスティングなら1日というように、 最低でもファスティングする日数と同じ日数をかけて準備しましょう。 少しずつ体を慣らしておくことが成功の秘訣です。 この期間は、 固形物の摂取はNG!水と酵素ドリンクだけで過ごします。 一般的な日数は1~3日。 自分の都合に合わせて期間を決めましょう。 ただし、 これ以上のファスティングは、素人には危険が伴うので、 必ずファスティングに専門的な知識を持つ人の指導を受けながら行ってくださいね。 コーヒーや紅茶など カフェインが含まれるものを摂取しない• そんな 空腹感を少しでも紛らわせる方法を伝授しちゃいます。 ただし、 激しい運動をすると熱中症などを引き起こすことがあるので避けましょう。 無理をしてファスティングを続けると危険なので、酵素ドリンクや水の摂取量を増やしても 症状が改善しない場合は、 無理をせずに中止して、 回復期に移行しましょう。 ファスティング中は、 お腹に固形物が入っていないので、胃腸が活動を休んでいます。 この状態ですぐにいつもの食事に戻してしまうと、 リバウンドしたり、太りやすくなったりなどファスティングが失敗に終わってしまうことも・・。 せっかく空腹感と戦ったのですから、最後まで気を抜かないようにしましょう。 この回復期は、 準備期間と同じように、ファスティングを行った日数と同じだけかけて、少しずついつもの食事に戻していくことがポイントです。 病気回復期• このプチファスティングは、 寝る前4時間を毎日何も食べずに過ごすだけ。 これで、 睡眠時間と合わせて10~12時間のファスティングになります!たったこれだけで 太りにくい体質を手に入れることができるので、ファスティング初心者にオススメですよ。 実は、この健康茶、 ダイエットにもオススメなんです。 ただし、ひと言で健康茶と言っても、 使用されている原料が異なれば含まれる栄養素も異なるので、 効果や効能にも違いがあります。 便秘は女性に多い悩みのひとつ。 便秘は、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こすだけでなく、ぽっこりお腹の原因になることも。 そんな気になるぽっこりお腹の解消に役立つ健康茶は、ダイエット茶とも呼ばれる ダイエット効果を持つお茶と、 便秘解消効果を持つお茶です。 さらに、ポリフェノールの働きによって、中性脂肪を分解する効果も。 食物繊維も含まれているので、便秘解消効果も期待できるのも嬉しいですね。 まずは、背もたれのある椅子を用意します。 そのままゆっくりと膝を曲げ、お尻を突き出すように太ももと床が平行になるまで腰を落とす• ここでのポイントは、 膝を曲げるときに膝がつま先より前に出ないこと。 膝がつま先より前に出てしまうと、 太もも前面の筋肉「大腿四頭筋」が鍛えられることになり、 太ももが太くなるだけでなく、見た目も悪くなりがちです。 日ごろあまり使っていない 太もも裏側の「大腿二頭筋」を鍛えることが太もも痩せにつながるので、膝を曲げるときには、 つま先より前に出ないように注意しましょう。 5~1. バランスが取りにくいという人は、 胸の前で両手を握るようにしてみて。 内ももの筋肉を意識しながら行うことがコツです。 下半身の筋肉群を鍛えることで 基礎代謝がアップするので、太もも痩せだけでなく、 太りにくい体質に改善できるのも嬉しいポイント!では、さっそく ランジのやり方をチェックしていきましょう。 息を吸いながら、右脚を1. 左右それぞれ10回を1セットとして、3セット行います。 腰を落としていくとき、後ろの脚の膝が床についてもOK。 でもそれは 一時的なこと。 筋肉がつき、 基礎代謝が上がってくると、徐々に脂肪が燃焼して脚が細くなってきますよ。 スロージョギングのポイント• この状態では、十分な酸素を取り込めないので、かえって 脂肪燃焼効果が下がってしまうんです。 脂肪は、酸素と結びつくことで初めて燃焼するので、息が切れない、苦しくならないペースを保ちましょう。 正しいフォームで走らないと、かえって脚が太くなってしまうことがあるので、最初に正しいランニングフォームを覚えることが大切です。 ところが、この インスリンが過剰分泌されると、摂取し過ぎた糖質を体内で中性脂肪に変えてしまうんです。 血糖値を上げる働きを持つのは糖質だけなので、 糖質を制限すれば、 インスリンの過剰分泌が抑えられ、ダイエットにつながるというわけです。 実際に、糖質を制限することで体重を落とすことができますが、 自己流の糖質制限は、筋肉を落としたり、体調に悪影響が出たりすることがあるので危険です!ポイントを押さえて 安全な糖質制限ダイエットをしましょう。 すべての食事でバランス良く減らすのがうまくいくコツですよ。 脂質制限ダイエット 私たちが生きていくために必要な3大栄養素と言えば、炭水化物と脂質、たんぱく質ですよね。 このうち、 炭水化物とタンパク質1gのカロリーが4kcalに対して、 脂質は1gで9kcalと倍以上!基本的に、 摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ痩せるので、脂肪がつきすぎた太ももをスッキリさせるには、摂取カロリーを大幅に減らせる脂質制限ダイエットがおすすめです。 とは言え、肉類や油ものをすべてカットするのは考えもの。 脂質も私たちが生きていくために必要な栄養素。 すべての脂質をカットしてしまうと、ストレスが溜まるだけでなく、体調にも悪影響がおよぶので、正しい方法で脂質を制限しましょう。 脂質制限ダイエット のポイント• オススメはキャノーラ油やオリーブオイルに含まれる オメガ9系脂肪酸です。 脂質制限ダイエットは、どうしてもストレスが溜まりやすい傾向がありますが、 ストレスはダイエットの大敵!ストレスを溜めずに脂質制限ダイエットを続けるためにも「10日に1度は揚げ物を食べても良い」「月に1度は焼肉デー」などのように、 ストレスを緩和する自分だけのルールを作っておくと安心ですよ。 そんなときには、 リンパの流れを良くするマッサージがオススメです。 ひどくなると、コラーゲン繊維にくっつき、 塊になってしまうことも。 脚はもともと 重力の関係でむくみやすく、血液を押し戻しにくいため、老廃物が溜まりやすい場所。 つまり、セルライトができやすいんですね。 セルライトができると、毛細血管が圧迫され、血流を悪化させ、新陳代謝まで悪くなるという悪循環に陥ってしまうので、老廃物の排出を促すためにも、リンパの流れを良くするマッサージを取り入れましょう。 ポイントは、 溜まっている老廃物や水分を下から上へ押し上げること。 効果を高めるためにも お風呂上がりがオススメです。 肌を傷つけてしまうことがあるので、 マッサージ用のオイルやクリームを塗ってから始めましょう。 自分の原因に合った方法を試してみてくださいね。 お腹・太ももダイエットのサポートアイテム5選 気になるお腹や太ももをスッキリさせるには、 努力を続けることが大切です。 もちろん、自分好みにアレンジできるというメリットもありますが、 毎日手作りともなれば、負担に感じることもありますよね。 シェイカーに付属のスプーン2杯分(約6g)の粉末を入れる• 出来あがりが200ccになるように、水または牛乳、豆乳などを加える• シェイカーのフタを閉めて、よく混ぜる• 【おすすめポイント】• およそ 180種類もの野菜やフルーツが使われている• 1食あたりのカロリーは、およそ 23kcalと低カロリー• ファスティングする場合には、安全のためにも市販の酵素ドリンクを使いましょう。 とは言え、酵素ドリンクにはたくさんの種類があるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。 そんな人にオススメしたのが『お嬢様酵素』です。 これを1回分として、ファスティング1日で5~6回分飲む。 美味しいことも人気の秘訣なんですね。 【おすすめポイント】• 長期間かけて発酵させることにより、苦み成分カテキンが変化した 重合カテキンと没食子酸がダイエットをサポートしてくれます。 もちろん、クセがなくて飲みやすいのも人気の秘密です。 ズボンも2サイズ変更し大満足です これからも続けて行こうと思います プーアル様様です 健康茶には即効性がないので、効果を実感するのには時間がかかります。 まさに続けることが大切だということですね。 【おすすめポイント】• だからこそ、糖質制限ダイエットや脂質制限ダイエットは、ストレスがつきもの。 もう手放せません! すぐに汗をかくということは、代謝がアップしているサイン。 つまり、 むくみやセルライトを改善するには、温めながら揉みほぐすことが重要なんです。 そこでオススメしたいのが、超温感と保湿成分が配合された「バンビウォーター」。 気になるむくみやセルライトの改善に役立つだけでなく、お肌までキレイにしてくれるんです。 使用してから2週間たったころに、母から「ちょっと足細くなった?」と言われ、はけなかったスキニーパンツがはけるようになりました! 周りの人が見て分かるほどの引き締め効果。 満足度が高いの頷けます。 【おすすめポイント】• ダイエットと言えば、手っ取り早く食事制限なんて考えを持っている人もいますが、食事を摂らないダイエットは、リバウンドのリスクを高めたり、健康に悪影響をおよぼしたりなど、良いことはひとつもありません。 健康的に美しく痩せるためにも、 筋肉量を増やしたり、お腹の中から太りにくい体質を作ったりなどの努力を続けることが大切です。 とは言え、 運動や食事の見直しは、つらいと感じる場面も多いもの。

次の