蚊 いなくなったら。 ある動物がいなくなると、生態系が崩れるといいますが、ゴキブリが...

ある動物がいなくなると、生態系が崩れるといいますが、ゴキブリが...

蚊 いなくなったら

スポンサードリンク 蚊が絶滅して崩れるバランスの予想• ボウフラの餌の植物プランクトンが増えて、他の害虫が増える。 ボウフラを餌とする魚や昆虫が、別の食べ物を探し生態系が崩れる。 植物の受粉がうまくいかなくなり、絶滅する植物が増える。 成虫を餌とするトンボやクモなどの昆虫が他の生物の捕食を初めて生態系が崩れる。 これらはあくまで一説で必ずこの通りになるとは限りません。 蚊は生態系の中ではかなり下位の存在ですが、それを餌にしている生物も多いので、いなくなれば代わりを探すしかないですよね。 もしかすると蚊は私たちの気付かないところで何か別のウイルスなどに関わっていて、人間に影響を及ぼさないような役割があるのかもしれません。 良くも悪くも蚊が生態系の中に大きくかかわっているのは確かなので、どうなるかというのは絶滅してみないとわからないところでしょう。 蚊の存在意義って何なの? この 蚊の存在意義ですが、人間の血を吸いかゆみや腫れを引き起こすだけではなく、デング熱やマラリアなどの伝染病を媒介したり、犬や猫のフィラリアの病気を運んできます。 蚊の存在は人間にとっては邪魔な生き物で、 最も恐ろしい生物は蚊と言う学者も多いくらいです。 日本はまだ比較的安全ですが、アフリカなどの地域では年間で何万人も感染者を出しています。 人間にとっては厄介な蚊ですが、先ほども触れたように生態系の中ではいろんな生き物のタンパク源となっているので、それだけでも存在意義はありますね。 また植物の受粉にもかかわっているため、植物の種の保存にも一役買っているのでしょう。 だから蚊の存在意義は、地球規模で考えると大きな意味を持っていると思います。 人間に対する蚊の存在意義は? 人間にとっては存在意義がなかなか感じられないかもしれませんが、実は蚊の血液を吸う針にヒントを得た 無痛針というのも開発されました。 いま家の周りにたくさんいる蚊に刺されたくない こっちの方が切実な願いじゃないでしょうか。 まずは家の周りに蚊を発生させない、発生しそうなポイントを潰していく。 といったことが大切になってきますよね。 蚊の発生には水場が必ず必要で、家の近くに田んぼや池があると蚊が発生しやすくなります。 その場合はさすがに駆除や対策するのは難しいですが、住宅街などで蚊が発生しそうな場所が、実は結構身近にあります。 例えば、• 雨水の水たまり• 鉢受けの皿• タイヤの中• 空き缶の中• バケツやジョウロの中 こういった場所にも水がたまることってありますよね。 だから近くに田んぼや川がなくても、家のそばにこういった水場があれば蚊の発生原因になってしまうんです。 雨上がりの日とか水が溜まりそうな場所がないか確認して、できるだけ発生原因を作らないようにしましょう。 また、蚊が発生する水場のポイントとして、• 薄暗い場所• 風通しの悪い場所• 落ち葉や草木の多い場所 こんなジメジメした場所にある水場に発生しやすいようです。 また、家の中にも蚊が産卵しそうなポイントはたくさんあります。

次の

地球上から全ての虫が死滅したらどうなるの?

蚊 いなくなったら

まずはこの記事から。 海外の記事で、世界で最も危険な生物という記事がありましたので紹介いたします! 参考URL: 参考画像: 危険な動物というと、サメやライオンのような凶暴な生き物を想像しがちですが 驚くことにそれらを抑えて蚊が第一位という結果でした。 私たちにとって身近が蚊が世界的にも危険とみなされているようです。 "なぜ蚊はこんなに危険なのか?蚊は深刻な病気を媒介するからである。 最悪なのがマラリアで、毎年200万人もの人が罹病し、うち60万人もの人が亡くなっている。 世界人口の半分を脅かし、毎年この病気のせいで何兆円という経済上の損失を生じさせている。 ほかにも、蚊は、デング熱や黄熱病、脳炎などを媒介する。 " 参考URL: 昨年騒動になったデング熱や、その他マラリアなど 私たちにとって非常に危険な病原を運んでくる蚊。 こんなにも身近な存在が人間にとって一番危険だと思うと、 前回蚊の数を減少させようとしている研究者たちの気持ちも少し理解できるような・・・。 でも、そんな蚊ですがいなくなると私たちの生活に大きな影響を及ぼすんです。 仮にヌカカを撲滅すると、その結果、世界からはチョコレートが姿を消すことになってしまうとも考えられるのです。 バクテリアも有機物を分解するのですが、排泄物で水を汚してしまいます。 さらにバクテリアが増えすぎると水中の酸素がなくなり生物が住めなくなってしまうことも。 ボウフラは、バクテリアを食べ呼吸は空気中から行うので、水を浄化しながら生物が住める環境を作っているのです。 " - 蚊がいなくなるとチョコレートも無くなってしまうなんて信じられませんね。。

次の

世界の昆虫種40%減少…虫がいない世界とは?不潔で食糧難かも

蚊 いなくなったら

皆さんこんにちは。 虫が飛んでいる音を聞くとムズムズしてくるすずめです。 今回は蚊がいなくなったらどうなってしまうのかを書こうと思います。 1 人間を最も殺している生き物 皆さんは人間を一番苦しめている生き物は何だと思いますか?それは蚊です。 実際に マラリアやデング熱によって年間75万人の方が亡くなっています。 マラリアとは高熱などの発作を起こす伝染病のことです。 デング熱はデングウイルスというウイルスに感染することによって発症する感染病です。 この二つの病のほかにも蚊に関する病はまだまだあるんだそうです。 2 1週間後、、、 蚊がいなくなって1週間が経過すると川が汚れはじめ、魚の値段が高くなります。 川が汚れるのは蚊の幼虫、 ボウフラが減ったから。 ボウフラとは汚水や溜水、清水などに住み種類は様々なんだとか。 そんなボウフラの役割は水の汚いものを分解してそれを保つことです。 ボウフラが減ったことにより、汚染され死んだ魚しかいない川になってしまったんですね。 それだけではありません。 蚊がいなくなったことにより、今までそれを食べてきた 蜘蛛や鳥、カエルやトンボなどが激減します。 なのでそれを食べる哺乳類や鳥類、魚などにも影響が出てきます。 まだあります。 蚊がいなくなって花粉を運ぶ量が減ったので野菜やカカオなどの生産量も激減します。 蚊の主食は花の蜜や草の汁です。 人間の血が必要なのはメスの蚊が産卵に必要なエネルギーを摂取するときだけだそうです。 これには私も驚きました。 つまり蚊がいなくなってたった1週間で 生態系が崩れてきます。 いかがでしたか?蚊は生態系を保つための必要不可欠な生き物だということをお分かりいただけたでしょうか。 少しでもいいなと思って頂けたらスキ、フォローをお待ちしております。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の