ファイナンシャルプランナー 通信講座。 【2019年度】徹底11社比較!FP・ファイナンシャルプランナー通信講座

FP(ファイナンシャル・プランナー)講座

ファイナンシャルプランナー 通信講座

仕事をしながらの学習でしたので、「必ず毎日少しずつでも勉強をする」というルールを決めました。 隙間時間を有効に使わなくてはなりませんでしたが、携帯で学びオンラインの基礎固め問題集や頻出テーマ得点力アップテストをやりました。 最も効率的に学習が進んだ要因は、講師陣の方への質問機能です。 私の抽象的な質問から的を得ない問いかけまで、かなり親切、具体的に回答を頂き、周辺知識までカバーしていただいた事でかなり理解が深まりました。 メールを全て保存して、読み返すだけでもかなりの知識の定着につながりました。 通信教育とは思えないフォローだと思います。 全くの未経験からのスタートで、ユーキャン以外全くやっていませんが、本番では9割以上得点できました。 本当にありがとうございました。 毎日子どもと一緒に寝落ちして、深夜に起きだし家事をしてから30分問題を解いて、30分復習しました。 集中力が無かったので30分と区切って勉強するのが私には合っていたようです。 そんな感じでマイペースにやっていたので、試験前の1ヶ月では過去問を3回解くことは出来なかったのですが、ギリギリ合格できました。 ユーキャンに書いてある通り、満点を取る必要は無く、6割で合格できました。 試験前日に届いたユーキャンからのメールに勇気をもらった事を覚えています。 自分は1人じゃないんだなと支えてくれる人達がいると思えました。 嬉しかったです。

次の

FP合格のための通信教育・学校の比較ランキング/総合比較ジャパン

ファイナンシャルプランナー 通信講座

フォーサイトの教材は図表を効果的に使ったこだわりのフルカラーテキスト・高品質講義動画・高機能な学習システムを持っており、通信講座が備えている要素を兼ね備えているため、 学習の進めやすさはNo. 1と言えます。 教材に対する受講者の評判は高く、全国平均以上の 高い合格率を毎年コンスタントに叩き出している点からも、講座のクオリティの高さを伺い知る事が出来ます。 充実した講座にも関わらず企業努力により低価格を実現しており、 初学者・主婦の方でも手が届く受講料を実現している点も評価できます。 FPの通信講座として文句なくおすすめできると思います。 講座のおすすめ度 対応学習レベル• 初学者• 学習経験者 学習スタイル DVD+オンラインWEB通信スタイル。 全講座コースでeラーニングシステムが利用可能。 教材一覧 テキスト オリジナルフルカラーテキスト 講義動画・音声 講座専用環境で撮影された高解像度・高音質動画 e-Learningシステム 多機能学習システム「道場破り」 サポート体制• メール質問サポート コース別に一定回数まで無料質問可能• サポートメールマガジン配信• twitter・facebookアカウントによる情報発信• 受講生サポートブログ• E-Learningシステム「道場破り」 割引・キャンペーン等 不定期で割引キャンペーン実施 AFP認定研修対象講座• バリューセット1:2級FP技能士+AFP [基礎講座+過去問講座]• バリューセット2:2級FP技能士+AFP [基礎講座+過去問講座+直前対策講座]• 単科講座:2級FP技能士+AFP [基礎講座] 教育訓練給付制度の指定講座• バリューセット2 DVDコース• ただ、自分の性格を考えると、独学では挫折しそうだったので、通信教育で勉強できるところを探しました。 フォーサイトは、テキストがフルカラーで見やすく、理解しやすかったのが選んだ第一の理由です。 それから、講義動画を見たり、問題演習をしたりということが、すべてスマートフォンでできるのが便利で、決め手になりました。 また、資料請求時にいただいた合格体験記を読んだところ、多くの方がいろいろなやり方で勉強されているのを知ることができて、自分もできるかもと思えたのも良かったです。 でも自分ですべてやるのは不安で、通信講座にしました。 その中でフォーサイトにしたのは、ホームページを見て、すごくシンプルでわかりやすいつくりになっていたことと、合格率が平均よりも2倍くらい高かったという2点が理由です。 最初は3級から勉強したので、価格も安かったですし、試しに買ってみたという感覚でした。 それで勉強しやすかったので、そのまま2級も受講しました。 3級を取得していない場合、2級を受験するためにはAFP研修の修了が必要でしたので独学は考えられませんでした。 仕事の都合に左右されず、自分の時間で夜でも朝でも勉強できる通信教育を選びました。 通信教育は受講料が安いことも大きな要因でした。 会社の福利厚生で割引が適用される通信教育が他にもありましたが、高い合格率を信頼してフォーサイトを選びました。 英会話スクールとして既に実績・信頼のある、ECCビジネススクールが展開するFP通信講座です。 途中離脱者究極の0 ゼロ 人を講座コンセプトに掲げ、豊富な教育ノウハウに裏付けされた講座は、全国平均を大きく上回る合格率を誇る講座に仕上がっています。 業界No. 1のコストパフォーマンスを自負するだけあって、3級FP講座及・WEB通信講座が無料で付いて来るにも関わらず、 受講料は低価格を実現していますので、社会人・主婦・学生でも手が届きやすいと思います。 人柄の良い講師を起用したわかり易い講義を展開しており、FPの将来性・有用性のビジョンを前面に押し出した、確かな実績と信頼のあるFP通信講座です。 講座のおすすめ度 対応学習レベル• 初学者• 学習経験者 学習スタイル WEB通信 教材一覧 テキスト ECCビジネススクールオリジナルテキスト モノクロ 講義動画・音声 講座専用環境で撮影された高解像度・高音質動画 DVD&WEB e-Learningシステム 講義動画視聴 マルチデバイス対応 サポート体制• メール・FAX・電話質問サポート 回数制限無し• E-Learningシステム 割引・キャンペーン等• 不定期で割引キャンペーン実施 公式サイト・メルマガ・SNSでチェック! AFP認定研修対象講座 通信コースはAFP認定研修対象講座です 教育訓練給付制度の指定講座 通信コースは教育訓練給付制度の指定講座です 公式サイト 受講者の 評判・口コミをチェック 女性 4ヶ月ちょっとで一発合格 私がECCビジネススクールを選んだ理由は、安価で合格率が高いという口コミが良かった事、わからないところは電話等で無料で聞く事が出来る事、そしてDVDの講義と同じ内容をスマホで学習できるところでした。 家事をする時間を利用してスマートフォンで講義を聞いたり、丁寧な解説がついた過去問を何度も学習する事で初心者でしたがこの講座を購入して4月ちょっとで合格する事が出来ました。 男性 一歩ずつ着実にステップアップ FP資格を取得しようとおもい、各社の通信来ずあを検討する中、リーズナブルな料金からECCの講座にしました。 良かったのは、3級講座がついて来ることでした。 FP3級受験 合格 から一歩ずつ着実にステップアップ出来ました。 また、FP2級に合格して思うのは、ECCの講座はAFP認定研修である事も良い点だと思います。 AFP認定研修であるため、提案書作成演習が入るのですが、この演習によってFPとしてのモノの考え方やアプローチが修得出来ます。 女性 他社よりもお手頃で、必要なものはきっちり揃っている ECCのFP通信講座は他社に比べてお手頃で、しかも必要なものはきっちりと揃っているので良かったです。 DVDは家ではもちろん、通勤の車内 往復1時間 で聞くことにより反復学習が出来ました。 WEB視聴もあるので、外出先でちょっとしたあ空き時間があるときでも学習できました。 KIYOラーニングのFP通信講座「STUDYing」では、紙媒体のテキストやDVD等のメディアが無く、PC・スマホ・タブレット等のマルチデバイスで、 オンラインで学習が完結します。 STUDYingでは、スマホで手軽に取り組める問題集や、学習履歴・計画の管理などのシステムサポートも完備する、 優れた学習システムを提供していますので、場所や時間によらずFPの学習に取り組む事が可能です。 STUDYingは、手軽に無理なく取り組むことが出来る学習スタイルで、忙しい主婦・社会人にマッチした次世代の学習方法を提供しています。 講座のおすすめ度 対応学習レベル• 初学者• タブレットレンタルサービス• メルマガ配信• twitter・facebookアカウントによる情報発信• オンラインセミナー 割引・キャンペーン等• 初回無料講座登録でクーポン 期間限定• スキルアップ割引制度• 2019年度更新版各コースは大幅割引• 2019年度更新版各コースの場合、合格お祝い金あり• ボリューム・ディスカウント・プログラム 法人の申し込み人数に応じて割引率UP AFP認定研修対象講座 該当なし 教育訓練給付制度の指定講座 該当なし 公式サイト 受講者の 評判・口コミをチェック 女性/FP2級合格 身構えて勉強時間を確保しなくても、自然と一日数時間の勉強時間になっていたように思います 3級でもお世話になりその余韻が残ってたため、半年以上空きましたが、2級は3週間の期間で9割以上の正答率で合格できました。 お風呂や洗い物中、洗濯物を干している時なども講義を流しっぱなしで聞いていました。 身構えて勉強時間を確保しなくても、自然と一日数時間の勉強時間になっていたように思います。 男性/FP2級合格 最後の過去問演習まで一通りこなせれば、十分合格レベルに達せると思います 書店にはたくさんのテキストが並び、またWeb上には高額な通学講座紹介など多くの学習方法の選択肢がありますが、私のように初めから「高得点ではなく、合格点」を目指すならスタディングは最適な学習方法だと思います。 しかもリーズナブルでお財布に優しい。 スタディングはインプット&アウトプットがバランス良く構成されてます。 学習の時間帯は「通勤」ではなく「就寝」前のスキマ時間がメインでしたが、最後の過去問演習まで一通りこなせれば、十分合格レベルに達せると思います。 女性/FP2級合格 スマートフォンでどこでも繰り返し解くことができたことが最大の勝因 学科の問題をスマートフォンでどこでも繰り返し解くことができたことが最大の勝因だったと思います。 また、講義ビデオの倍速再生も繰り返しの大きな手助けとなりました。 電車の中では通信環境のせいか、講義ビデオをほとんど見られなかったので、週末自宅で講義ビデオを繰り返し見て、平日は通勤中と昼休みにひたすらスマホで問題を解くというスタイルが自分には適していたと思います。 人気の通信講座の評価を一覧で記載しています。 教材の充実度、内容のクオリティ• カリキュラムのラインナップ• コストパフォーマンスを総合評価• サポートの特色・手厚さ• 資格学校の運営実績・合格率 貴方の本当に欲しいところを抑えた通信講座はあるのか?!是非チェックしてみてくださいね。 資格学校名 教材内容 カリキュ ラム コスパ サポート 運営実績 総合 評価 フォーサイト 20点 20点 20点 10点 15点 85点 ECC 15点 10点 20点 15点 20点 85点 KIYOラーニング 15点 10点 20点 5点 10点 75点 ヒューマンアカデミー 15点 10点 15点 20点 10点 75点 L・A エル・エー 15点 10点 20点 10点 15点 70点 資格の学校TAC 15点 15点 5点 20点 20点 70点 ユーキャン 10点 10点 15点 15点 15点 65点 アガルート 15点 10点 20点 5点 10点 60点 クレアール 10点 5点 15点 10点 15点 55点.

次の

ファイナンシャルプランナー2級の難易度

ファイナンシャルプランナー 通信講座

FP2級の難易度 FP2級は根気強く勉強を継続してできる人であれば、そこまで難しいものではありません。 また、他の国家試験と比べても決して難しい試験ではありません。 出題の難易度は基本的には高くありませんので、いかに幅広く勉強、対策ができているかが合格の分かれ道になってきます。 難易度の理由 難易度の理由は次の通りです。 日本FP協会と金財が主催の2級FP技能士検定は学科・実技試験は両方とも、高いときには合格率が40%を超える時もあります。 参考までに他の国家資格の合格率を紹介しますと、行政書士や社会保険労務士の合格率は、毎回10%にも届きません。 また、比較的合格しやすいといわれる宅地建物取引士の試験も、合格率は毎回15%前後です。 2級FP技能検定の合格率は、群を抜いて高い数値を示しています。 しっかり試験勉強をして臨めば、初学者の方でも突破できるでしょう。 年度別の難易度 では具体的にFP2級の年度別の難易度はどれくらいなのでしょうか。 日本FP協会のFP2級学科試験と実技試験の同時受験者に関する過去5年分の合格率は以下の通りです。 2019年の合格率は41. 49%、2018年は39. 比較的高い合格率で推移していることがわかります。 他の資格と難易度を比較 ここではFPとのダブルライセンスを検討したい資格と難易度を比較しています。 宅地建物取引士、行政書士、社会保険労務士、税理士との比較は以下の通りです。 読んでいただければ、FP2級は他の資格と比較しても、取得しやすい国家資格ということがわかります。 宅地建物取引士とFP2級の難易度を比較 2級FP技能士と宅地建物取引士試験はどちらが難しい? 宅地建物取引士の方が少し難しいと言えそうです。 合格率を比べてみますと、2級FP技能士の平均40%に対して宅地建物取引士は約15%です。 しかし当社が提供する教材など適切な教材を使って学習する場合、合格までに必要な時間はどちらの資格も300時間程度です。 この2つの資格については、難易度の差はそんなに気にする必要がないでしょう。 金融系の仕事が希望ならFP2級、不動産業界を目指すなら宅地建物取引士と、シンプルに考えてください。 またダブルライセンスを目指す方は、試験頻度(宅地建物取引士は年1回、FPは年3回)から考えますと、試験のチャンスが少ない宅地建物取引士を取得しておく方が、将来の働き方のプランも立てやすいと思います。 行政書士とFP2級の難易度を比較 2級FP技能士と行政書士試験はどちらが難しい? 行政書士に合格するには、1,000時間以上の学習が必要とされています。 行政書士の試験では、憲法、行政法、民法などの法令科目や政治・経済・社会などの一般常識を幅広くかつ深く学びます。 FP2級より難しいといえます。 なおFPの資格は就職・転職と独立のどちらにも活かせますが、行政書士の資格を取るということは、独立開業を目指す人も多くなります。 そしてこのダブルライセンスは、法律から金融まで幅広い知識を習得することになりますので、開業をする上で非常にメリットがあることに異論の余地はありません。 行政書士として独立の意欲がはっきりしているのでしたら、こちらの勉強に専念した方がいいでしょう。 社会保険労務士とFP2級の難易度を比較 2級FP技能士と社会保険労務士試験はどちらが難しい? 社会保険労務士の試験科目は、労働基準法、労働安全衛生法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法ほか全8科目です。 そして社会保険労務士も行政書士と同様、1,000時間の勉強が必要な国家資格といわれています。 合格までの道のりはFPに比べはるかに険しいと言えるでしょう。 このように難易度には大きな開きがあります。 しかし、どちらの資格を優先した方がいいかは、今後の働き方を想定した上での検討も必要です。 この2つの資格を比較する場合は、難易度と活用度のバランスを把握しておくことが必要です。 独立開業を目指す場合、仕事に結び付きやすい資格はもちろん社会保険労務士の方です。 しかし会社で資格を生かすことを考えると、FPと社会保険労務士のどちらの資格が有利であるとは一概にはいえないのです。 業界・職種によっては、FP資格の方がずっと役立つ場合もあります。 特に営業や経理などの就活に活用できます。 社会保険労務士なら、人事や総務の就活に向いています。 また、ジェネラリストを優遇する会社なら、営業や経理に加えて、人事や総務にも専門性がある人材は重宝されるでしょう。 合格しやすい試験であることから考えますと、FP2級を目指す方が効率的であるといえるかもしれません。 税理士とFP2級の難易度を比較 2級FP技能士と税理士試験はどちらが難しい? 税理士合格までの道のりは、平均3~4年といわれる程の難関資格です。 税理士試験の試験科目は、必須の会計2科目 簿記論、財務諸表論 と、税法9科目の合計11科目。 このうち5科目に合格すると資格を取得できます。 税理士試験では一度合格した科目は一生有効であるため、平均3~4年をかけ1科目ずつ揃えて合格を目指すのが一般的です。 難易度だけから合格がより現実な試験を二者択一するなら、もちろんFP2級です。 しかし、FP2級と税理士とのダブルライセンスを本気で狙うのでしたら、税理士を中心に学習計画を立てた方がいいでしょう。 税理士合格までの平均年数を考えますと、税理士になるまでの過程で、FP資格を取得するといった対策も十分可能なはずです。 FP2級の効率的なテキストと過去問の勉強法・コツ 合格のコツはズバリ、過去問中心の勉強です。 FP2級はポイントを押さえて勉強すれば、合格することができます。 資格試験としては平均的な難易度なので、しっかりと勉強を行いましょう。 FP2級は幅広い範囲を学習することになるので、テキストを中心として一つの分野を理解できるまで深く学習すると時間がかかってしまいます。 分野によっては不得意な科目もでてきます。 満点を狙った完璧主義も良いですが、不得意な科目のことも考えると全てを理解するのは時間的にも難しいです。 それよりも過去問を中心として間違った問題について、質の高い解説と質の高いテキストにより理解を深める方が、効率的な学習といえるでしょう。 理解できている箇所はテキストを使って何度も勉強せず、過去問を中心に理解できていない分野について復習していくことが、短期間で合格できる秘訣です。 まとめ ここでは合格率による難易度について、他の資格との比較を中心に行ってきました。 各試験による受験者層はそれぞれ違うので、難易度について一概には比較できないと思います。 ただし、FP2級は合格のコツを実践しながらしっかりと勉強をしていれば、合格することができる資格といえるでしょう。 関連記事•

次の